NECは、2020年9月14日に、アナリストを対象にオンラインで開催した「NEC IR Day 2020」において、アビームコンサルティングとの連携によるDX事業への取り組みについて説明した。

アビームコンサルティングとは

アビームコンサルティングは、NECグループの1社で、2019年度の売上高は932億円、従業員数は6646人、アジアを中心に13の国と地域に29拠点を展開。提携パートナーは36の国と地域、76拠点に広がっている。約2割を海外売上げが占めるという。

全業界、全業務領域をカバーし、戦略立案からプロセス変革、システム構築、運用までを提供。経営診断、戦略立案、M&A、アライアンスなどの「マネジメントコンサルティング」、業務改革、組織改革、アウトソーシングなどの「ビジネスプロセス コンサルティング」、IT戦略、企画立案、システム開発、パッケージ導入、保守などの「ITコンサルティング」が主要な事業の柱となっている。

  • アビームコンサルティング概要

2020年4月には、日本IBMの常務執行役員や、マーサージャパンの代表取締役社長を経て、NECシニアコーポレートエグゼクティブに就任していた鴨居達哉が、同社の社長に就任している

NEC 執行役員常務兼CDOの石井力氏は、「2004年にNECと戦略資本提携を行ったときのアビームコンサルティングの売上高は約274億円、従業員数は約2000人。現在では、売上高で3.4倍、従業員数は3.3倍になっている。2015年度以降の年平均成長率は9.1%と高い水準を維持し、業界のなかでも高い成長率を誇る企業となっている」と説明。

  • NEC 執行役員常務兼CDOの石井力氏

  • アビームコンサルティングの成長の軌跡

「2004年には、ERPを中心とした企業の基幹システムの導入がアビームコンサルティングの提供価値であったが、現在は、日系多国籍企業をグローバルに支援し、トータルなデジタル変革を支援する総合コンサルティングファームに進化。ERPに加えて、変革マネジメントにより事業の幅を広げている。2025年に向けては、日系企業だけでなく、グローバルに展開するアジアのトップ企業のDXパートナーになることを目指している」とした。

  • アビームコンサルティングの今後の方向性

アビームコンサルティングの最大の価値

アビームコンサルティングの最大の提供価値にあげたのが「人材」だ。

「2018年度および2019年度の2年間で、約1600人の社員が純増している。調査では、教育研修に熱心な企業として、国内で2位にランクされている。優秀な人材が集まってくる理由のひとつが、徹底的な働き方改革を進めている点である。働き方改革などでは、経済産業省などからも評価されている」とした。

また、SAP認定コンサルタントの資格取得数は日本国内で第1位であり、3920人という規模は、2位に約2000人の差をつけて圧倒的な数となっていることにも触れ、「SAPにおけるアビームコンサルティングの強さは際立っている。いまは、ERPの更新需要が旺盛であり、そこに実装力を持つNECのリソースを活用することで、さらにオポチュニティが高まる」などとした。

アビームコンサルティングが手掛ける具体的なユースケースも示してみせた。

ERPの強みを生かしたグローバル経営基盤の構築では、三井物産が、1万を超える業務プロセスの標準化を行い、世界規模での導入および展開を行ったほか、DXにおけるエコシステムの形成では、東京海上日動が、衛星画像やSNSなどのデータ解析をAIで行い、保険金支払いの迅速化を実現。ここにスタートアップ企業とのエコシステムを活用したという。データドリブン経営では、エーザイの事例を紹介。非財務情報の顕在化による企業価値のさらなる向上を実現。ESGという観点からも貢献することができたという。

3つのの強化ポイント

NECの石井執行役員常務は、アビームコンサルティングの今後の強化ポイントとして、3つの要素をあげた。

ひとつは、エンド・トゥ・エンドのデジタル変革を支援する「ABeam DXエコシステム」の拡充だ。「デジタル時代はテクノロジーが重要になる。テクノロジーを持った先端技術企業との資本提携も模索しながら、ソリューションデザインやアーキテクト力の強化を図ることになる」とする。

2つめは、新たなグローバルモデルを支える「アジア発のグローバルコンサルティング会社としての差別化」である。

「今後は、アジア各国において、コンサルティングの市場が伸びていくとみている。だが、欧米のコンサルティングファームは、まだアジア市場にはリーチしていない。日本で培ったナレッジを生かしながら、アジアの企業にフォーカスし、欧米のコンサルティングファームとの差別化を図りたい」とする。

そして、3つめが、提供価値の深化と幅を高めるための「人材ポートフォリオの多様化」である。ここでは、ストラテジーとITの専門性を持つコンサルタントの拡充や強化、ソリューションを拡大する多様な能力を持つ人材の育成、獲得に取り組むという。

NECグループのDX戦略についても

その一方、NECグループのDX戦略についても説明した。

「ニューノーマルの世界となり、人の移動や働き方、暮らし方など、人それぞれに価値観が変わり、それに対応するためにパーソナライズ化が進むことになる。また、遠隔医療や遠隔授業などが、都市部だけでなく地方でも公平に実現できるようになるなど、社会の変化に対応していくことが求められる。こうした人の変化、社会の変化に伴って、NECは、DX実現に向けて、5つのテーマに取り組んでいくことになる」とした。

  • NECグループのDX戦略

リアルとデジタルを融合したワークスタイル変革を行う「Remote」、デジタルの接点による場所や時間にとらわれないサービス、体験の提供を行う「Online」、衛生的で安心感を与える生活様式を実現する「Touchless」、人が本質的な力を発揮するための効率化、自動化を行う「Automation」、社会の透明性と信頼性を兼ね備えたデジタル技術の活用を行う「Transparency/Trust」である。

「これらは、NECグループが持っているテクノロジーで実現する領域である。これらのテーマから、ライフスタイル、ワークスタイル、ビジネススタイルといった場面でのデジタルシフトを、テクノロジーの力、コンサルティングの力を使って加速させたい」と述べた。

また、社会と暮らしのDXを「NEC Safer Cities」、企業や産業のDX化については、「NEC Value Chain Innovation(VCI)」によって提供することになると定義したほか、これらを支えるベースとなるテクノロジーとして、ネットワークの「NEC Smart Connectivity」、AIの「NEC the WISE」、生体認証の「Bio-IDiom」、セキュリティでは「Cyber Security」を有しており、エンド・トゥ・エンドのケーパビリティとして、コンサルティング、インプリメンテーション、オペレーションの能力を組み合わせて、安全、安心、効率、公平な社会の実現を図る姿勢を強調。

「顧客接点、従業員接点において、高度なイノベーションを起こしていく。NECは、DXの実現に向けて、上流からオファリングの提供までをワンストップのソリューションとして提供していく」とした。

  • NECグループのDXのさらなる加速に向けた取り組み

NECとアビームコンサルティングが共同で取り組むテーマ

NECとアビームコンサルティングが、共同で取り組むテーマとしては、「ビジネスプロセスとテクノロジーの融合による提供価値の高度化」をあげた。

「NECでは、ビジネスプロセスにおいて、構想企画、全体デザインアーキテクチャー、デジタル化領域設定、テクノロジーデザインアーキテクチャー、インプリメント、運用オペレーションといった点で力を持っており、とくに、運用オペレーションは、他のSIerに比べてもNECが強いところである。日本では、5万点を超えるコンピニエンスストアにおいても、1店舗ずつにリーチできるアセット能力、数10万カ所を超える基地局の設置や施工業務に多くの人が携わってきたプロセスの実行、管理の経験もある。そして、プロセスを可視化し、高度化し、デジタルを採用して、人手不足にも対応していくことができる。ここで発生するインシデントを確実に、ナレッジとして蓄えて、分析することで、さらに高度な構想企画につなげることができる」とし、「アビームコンサルティングが持つ力を1とすれば、それを50、100にできる領域を選んで、両社のシナジーを加速したい。NECグループとして持っている力を組み合わせて、レバレッジできる領域を選んで、アビームとの協業を加速したい」とした。

  • ビジネスプロセスとテクノロジーの融合による提供価値の高度化

加えて、アビームコンサルティングのコンサルティング力、コンサルタント育成力と、NEC の技術力、大規模SI力、保守およびBPO力といったケーパビリティを相互補完することによって、NECグループとしての価値の最大化を目指すとし、「NECは、実装や運用が得意であり、2万人を超えるSEや約3000人のフィールドエンジニアを生かす」とした。

  • ケーパビリティの相互補完

また、アビームコンサルティングが持つコンサルタントを育成するメソドロジーをNECに移行させ、大規模な開発な案件やSI案件を行えるNECのメソドロジーをアビームコンサルティングに移転することで、相互にケーパビリティのシナジーを図る姿勢をみせた。

「従来のコンサルティングは、深い専門知識が求められていたが、不確実で、不透明な時代においては、見えていない潜在的な課題や、組織や業界が抱えている見えていない課題をあぶりだす人材の強化が重要になってくる。そうした人材の獲得や育成を期待している」とした。

だが、「そうしたなかでも、アビームコンサルティングは、コンサルティングファームとしての中立性や独立性を担保しなくてはならない」とも述べた。

協業事例としてのセブン-イレブン

NECとアビームコンサルティングの協業事例としては、セブン-イレブンの事例を紹介した。

「セブン-イレブンでは、1000店舗超える新規出店に、数100店以上の閉店、数100店以上の改装があり、常に数1000店舗単位で流動している。また、オペレーションの自動化、効率化のために、1店舗あたり約200台の什器が入っている。2万店あれば、400万台の規模になる。本部から貸与する什器の量も多く、業務プロセスが莫大になっている。これらの業務のデジダル化、効率化を、NECとアビームコンサルティングの連携によって実現した。数100万件超えるアセットのマネジメント、電気を使用する什器の稼働管理、プロセスのアウトソーシングがポイントであり、工数削減やペーパーレス化といった価値に加えて、IoT化による機器の稼働状況の把握や最適化を実現。経済価値だけでなく、環境価値の向上にも貢献できた」という。

  • セブン-イレブンの事例

さらに、今後の取り組みとして、5G化の進展によるモバイルネットワークの基地局設置に向けても両社の連携が活かされることを示した。ここでは、コンサルティングからインプリメンテーション、オペレーションメンテナンスまで一貫したサービスを提供。さらに、これらの業務から得られるデータを収集し、分析し、高度化することで、さらにコンサルティングにつなげるといった仕組みを構築するという。

また、Society 5.0の実現に向けて、ニューノーマル時代のサスティナブルな社会を支えるエコシステムを形成したいとし、「コロナ禍において、日本のデジタル化の遅れが顕在化し、6月には、スーパーシティ法が制定され、各省庁から多くの交付金が用意されている。だが、ここではランニングコストには交付金がつかない。そこで、都市のプロセスの最適化に着目し、そこにアビームコンサルティングが持つケーパビリティを使って、業種や業態を超えた新たなエコシステムの形成、都市経営の最適化を目指す」などとした。

今後の取り組み

今後の両社による取り組みとして、アビームコンサルティングによる「デジタル変革の上流アセット」と、NECの「デジタル技術」の融合により、デジタルプロセスイノベーションを実現。「NECグループとしてのケーパビリティを最大化し、ニユーノーマル社会における社会や企業の課題を、構想から実装、定着までエンド・トゥ・エンドで解決する」といった方針のほか、NECグループをあげたリソースシナジーや人材獲得、育成への積極投資によって「顧客価値の最大化実現に向け、多様な人材への積極投資を実行」する方針に加え、課題先進国である日本において、コンサルティングの力、テクノロジーの力で課題を解決するとともに、日本発で、アジアからグローバルへ社会ソリューションを展開することで、「Society5.0実現への貢献を通した、競争力の強化とグローバル展開」という方向性も示した。

  • NECとアビームコンサルティングによるSociety5.0実現