有機ELディスプレイ(OLED)の開発・生産・販売を手掛けるJOLEDは11月25日、同社能美事業所(石川県)に構築した、印刷方式による有機ELディスプレイの量産ラインを稼働させたことを発表した。

  • 有機EL

    JOLED能美事業所 (提供:JOLED)

同事業所の量産ラインは、第5.5世代(G5.5)のガラス基板(1300mm×1500mm)に対応し、月産2万枚の生産能力(ガラス基板投入ペース)を有している。真空プロセスを用いない印刷法を採用することで安価にできるほか、高精細な印刷による高性能・高品質化も両立できることが特徴で、10~32型の中型サイズのハイエンドモニターや医療用モニター、車載向けなどの高精細・高品質が求められる分野を主なターゲットとしてパネルの提供を行っていくとする。

  • 有機EL
  • 有機EL
  • 有機EL
  • 印刷方式で製造された32型、27型、21.6型有機ELディスプレイ/ディスプレイシート (提供:JOLED)

なお、量産ラインにおける本格的な量産開始は2020年を予定しており、それまでは顧客に提供するサンプルの試作を順次行っていく予定としている。

  • 有機EL

    ガラス基板投入工程 (提供:JOLED)

  • 有機EL

    フォトリソ工程 (提供:JOLED)

  • 有機EL

    インラインストッカー (提供:JOLED)