通信講座

賃貸不動産経営管理士のおすすめ通信講座4選と失敗しない選び方

通信講座
  • 賃貸不動産経営管理士の資格を通信講座で取得したい
  • どこの通信講座が自分に合っているのか分からない
  • 賃貸不動産経営管理士の資格は独学でも合格できる?

賃貸不動産経営管理士資格は令和3年に国家資格となり、受験者数が増加している不動産業界で今注目の資格です。

試験の出題数と試験時間が変更されたことから、最新の傾向を踏まえた対策が必要となりました。

賃貸不動産管理士の資格を取得したいけれど、勉強法が分からない、通信講座の種類が多く選ぶ基準に悩むという方も多いのではないでしょうか?

生活スタイルや勉強時間、かけられる費用は人それぞれ違うため、比較をしながら自分に合った教材を選ぶことがその後の勉強の効率や試験の結果を大きく左右します。

おすすめの通信講座とその特徴をランキング形式でお伝えしていくため、賃貸不動産経営管理士資格の取得を考えている方はぜひ参考にしてください。

賃貸不動産経営管理士のおすすめ通信講座ランキング

ここでは、賃貸不動産経営管理士のおすすめ通信講座を4つご紹介します。

通信講座 料金 講義時間 合格率
スタディング
  • 賃貸不動産経営管理士 合格コース[2023年度試験対応]/14,960円
    ※キャンペーン価格12,760円(1月31日まで)
8時間40分 2021年度合格者220名以上
アガルート
  • 賃貸不動産経営管理士試験 総合カリキュラム[2023年度試験対応]/87,780円
44.5時間 70.25%(全国平均31.5%の2.23倍)
TAC ※2023年合格目標コースは、3月から案内開始予定
(以下、2022年度版の講座/料金)
  • 賃貸不動産経営管理士 総合本科生[2022年度試験対応]/100,000円
  • 直前完全パック/32,000円
  • 直前答練パック/20,000円
  • 直前総まとめ講義/13,000円
57時間 公表なし
スタケン(※現在休止中)
  • スタケン賃貸不動産経営管理士講座/21,780円
9時間 公表なし

講座によって、料金や講習時間とその内容、サポート体制も大きく異なります。

自分の生活スタイルや勉強方法をイメージしてから選ぶと失敗が少なく、勉強を効率的に進められるでしょう。

スタディングの通信講座特徴・評判

スタディング 賃貸不動産

通信講座名/料金
  • 賃貸不動産経営管理士 合格コース[2023年度試験対応]/14,960円
    ※キャンペーン価格12,760円(1月31日まで)
カリキュラム
  • 講義時間:約8時間40分
  • ビデオ講座/音声講座/Webテキスト/スマート問題集(一問一答形式)/セレクト過去問題集
教材/テキスト
  • Webテキスト
eラーニング
  • すべての教材をオンラインで利用可能
  • ビデオ講座/音声講座/Webテキスト/スマート問題集(一問一答形式)/セレクト過去問題集
合格率/実績
  • 2021年度合格者220名以上
サポート体制
  • 学習レポート機能:学習の進捗状況をグラフと数値で確認
  • マイノート機能:講座を視聴し、自分だけのオリジナルノートを作成
  • 勉強仲間機能:同じ資格を目指す仲間作り

スタディングはスマートフォンやPC・タブレットを使って効率よく学習できるオンライン通信講座です。

講義から問題演習まですべての学習がオンラインで完結し、スキマ時間を有効活用しながら学習を進められます。

スタディングの最大の魅力はコストパフォーマンスの良さで、14,960円というリーズナブルな料金設定は業界最安値です。

講義動画は1回30分と短く、合計約8時間40分で基礎知識が身に付きます。

倍速版や音声講座など便利なツールもあり、より効率の良い学習が可能です。

圧倒的な低価格で、試験対策に必要な内容を要約したコンパクトで無駄のないテキストや講義、インプット・アウトプットをテンポ良く繰り返す勉強方法がスタディングの特徴といえます。

まとまった学習時間が取れない、とにかく効率重視で勉強したいという方におすすめの通信講座です。

アガルートの通信講座特徴・評判

アガルート 賃貸不動産

通信講座名/料金
  • 賃貸不動産経営管理士試験 総合カリキュラム[2023年度試験対応]/87,780円
カリキュラム
  • 講義時間:44.5時間
  • ビデオ講義/音声講義/過去問分析講座/直前ヤマ当て模試(全2回)
教材/テキスト
  • 冊子版オリジナルフルカラーテキスト
eラーニング
  • 講義視聴(スマートフォン・PC・タブレット対応)
合格率/実績
  • 70.25%(全国平均31.5%の2.23倍)
サポート体制
  • 質問機能:フェイスブックグループ内で講師に直接質問

アガルートは、合格率70.25%(全国平均31.5%の2.23倍)という合格実績を持つ、充実した講座内容が魅力の通信講座です。

オンラインでの講義視聴と、分かりやすい冊子版フルカラーテキストを組み合わせた学習法で、オンラインで完結する勉強方法に抵抗がある方でも安心して取り組めます。

講義で基礎知識を学んだ後は、試験前の模試が2回、分からない箇所はフェイスブックでの質問も可能です。

手厚いサポートを受けながらこつこつと確実に試験準備を進められます。

また早割制度やお祝い金制度など、講座費用がお得になるキャンペーンが豊富なこともアガルートの魅力のひとつです。

合格実績がある通信講座を選びたい、テキストは冊子で欲しい、割引キャンペーンを利用してお得に勉強したいという方にはアガルートをおすすめします。

TACの通信講座特徴・評判

通信講座名/料金 ※2023年合格目標コースは、3月から案内開始予定
(以下、2022年度版の講座/料金)
  • 賃貸不動産経営管理士 総合本科生[2022年度試験対応]/100,000円
  • 直前完全パック/32,000円
  • 直前答練パック/20,000円
  • 直前総まとめ講義/13,000円
カリキュラム
  • 講義時間:57時間
  • 基礎講義/Web講義/基礎答案/直前総まとめ講義/直前答案/全国公開模試
教材/テキスト
  • 冊子版オリジナルテキスト/デジタル教材
eラーニング
  • <デジタル教材/トレーニングアプリ/Web答案
合格率/実績
  • 公表なし
サポート体制
  • 質問メール機能:いつでも講師にメールで質問可能

TACは質と量にこだわった内容の濃いオリジナルテキストで、初心者でも基礎からしっかりできる通信講座です。

冊子版のオリジナルテキストはデジタル版で確認もでき、時間や場所を選ばずに勉強できるメリットがあります。

トレーニングアプリにWeb答案など、オンラインでのサービスが充実していることも魅力のひとつです。

カリキュラムが細かく作られているため、初心者や勉強が長続きしない方でも迷うことなく順を追って勉強できます。

オンラインでの学習をメインに進めていきたい、初心者で何から勉強を始めていいのかさっぱり分からない、基礎からしっかりと学びたいという方におすすめの通信講座です。

2023年度版の講座に関しては、3月ごろに案内が開始されるようなので、TACをご検討の方はホームページで最新情報をチェックしておきましょう。

スタケンの通信講座特徴・評判(※現在休止中)

通信講座名/料
  • スタケン賃貸不動産経営管理士講座[2021年度試験向け]/21,780円
カリキュラム
  • 講義時間:8時間
  • Web講座/音声講座/PDFテキスト/過去問集(一問一答・四択)/予想模試(1回分)
教材/テキスト
  • PDFテキスト
eラーニング
  • すべての教材をオンラインで利用可能
  • Web講座/音声講座/PDFテキスト/過去問集(一問一答・四択)/予想模試(1回分)
合格率/実績
  • 公表なし
サポート体制
  • 学習進捗管理:学習の進行度や弱点ポイントを確認可能
  • コミュニティーボード:受験者同士の情報交換の場

スタケンはスマホを中心に一つのコンテンツで気軽に学習できる通信講座であり、Web講座から過去問まで、時間や場所を選ばずスキマ時間で学習できます。

最大の特徴は「逆回転学習メソッド」と呼ばれる独自の学習方法で、先に問題を解き、疑問や課題が見えてからテキストや講義を利用するその方法は、知識を効率よく確実に身につけるための他社にはない学習メソッドです。

低価格の講座費用や合格特典の全額返金制度など、リーズナブルでお得な料金体制も魅力のひとつでしょう。

スマホひとつで勉強を気軽にしたい、独自の勉強法に興味がある、効率重視でポイントを絞って勉強したいという方におすすめの通信講座です。

※現在スタケンの賃貸不動産経営管理士講座はサービスを休止しています。

失敗しない賃貸不動産経営管理士の通信講座の選び方

効率よく勉強を進めて試験に合格するために、通信講座選びは慎重に行うべきです。

通信講座は種類が多く、特徴を見ただけでは選べないとお悩みの方に、失敗しない通信講座選びのポイントとして以下の3つをお伝えしていきます。

  • 学習スタイルに合わせて選ぶ
  • カリキュラムと教材内容を比較
  • 講座費用と内容とのバランス

学習スタイルに合わせて選ぶ

まず大切なポイントは「自分の学習スタイルに合わせて通信講座を選ぶこと」です。

例えば、仕事や育児をしながらスキマ時間を活用して効率よく勉強したい場合、スタディングやスタケンといったスマホで簡単に学習できる通信講座がよいでしょう。

5分、10分の短い時間でも完結できる講義や問題演習があると、忙しい毎日でも無理なく継続できます。

勉強のためにまとまった時間が確保できる、基礎からじっくり勉強したい方は、丁寧な解説が含まれた冊子型のテキストや、ビデオ・オンライン講義が充実している通信講座がおすすめです。

カリキュラムと教材内容を比較

次にカリキュラムと教材内容を比較しましょう。

ビデオ講義や音声講義の合計所要時間は短い場合で8時間前後、長いもので60時間弱になるため、試験までの期間に余裕がない、ある程度の基礎知識が既にある場合は、効率を重視して短い講座時間のものを選び、要点に絞って勉強を進めていく方法がおすすめです。

反対に試験まで余裕がある、初心者で基礎知識がない方は、基礎からじっくり学習するタイプを選んでください。

講義やテキストの一部を無料で公開しているものもあるため、申し込み前に実際に見て分かりやすさや内容を確認しましょう。

講座費用と内容とのバランス

講座費用と内容のバランスも通信講座選びの大切ポイントです。

オンラインのみの学習は2万前後で受講できるものもあれば、種類豊富なテキスト、安心のサポート体制、ラインナップ豊富な講座で費用が10万円前後のものもあります。

先ほどお伝えした学習スタイル、カリキュラム、教材内容を含めた総合内容と費用を比較し、無理なく勉強できるかじっくり検討しましょう。

賃貸不動産経営管理士は独学でも合格できる?

賃貸不動産経営管理士試験に独学で合格することは、非常に困難です。

理由の一つとして、国家資格化された賃貸不動産経営管理士の試験が年々難化し、最新の傾向を踏まえた試験対策が必要になった点が挙げられます。

独学の場合は、試験に必要な知識や最新の合格基準・試験傾向を自分自身で予測する必要があるため、通信講座を活用して必要な知識を効率よく吸収しつつ、足りない部分、苦手な部分はテキスト学習で補うような学習方法がおすすめです。

当サイト内で掲載している、賃貸不動産会社経営管理士の難易度について紹介した記事もぜひ参考にしてください。

2023年おすすめのテキスト

通信講座と合わせて活用したいおすすめテキストを紹介します。

みんなが欲しかった!賃貸不動産経営管理士の教科書(TAC)

「みんなが欲しかった!賃貸不動産経営管理士の教科書」は書店で誰もが目にしたことがあるベストセラーシリーズのひとつです。

フルカラーのページに要点がコンパクトにまとめられ、初心者でも分かりやすい内容が評判のテキストで、インプットだけでなく、各項目に一問一答形式の過去問が掲載されているため、覚えたことをすぐにアウトプットできます。

さらにテキストと合わせて購入したいのが「みんなが欲しかった!賃貸不動産経営管理士の過去問題集」です。

テキストで学び、過去問を解く学習を繰り返しバランスよく取り入れていきましょう。

賃貸不動産経営管理士 基本テキスト(日建学院)

「賃貸不動産経営管理士 基本テキスト」は、市販テキストを比較した中でも内容が濃く、細かいところまで丁寧に解説しているテキストです。

2色刷りのシンプルなテキストで、分からない部分を徹底的に学びたい、要点に絞った学習の補填や調べものに使いたい方におすすめします。

併せて購入したい「賃貸不動産経営管理士 過去問+賃貸住宅管理業法」では過去6年分の過去問を分野別に分けて出題しており、基本テキストとも連動しているため、問題を解いて苦手な箇所・分からない箇所は基本テキストに戻りながら確認すると良いでしょう。

賃貸不動産経営管理士の5問免除は講習が必要?

賃貸不動産経営管理士試験は「賃貸不動産経営管理士講習」を受講することで試験の5問免除が認められています。

賃貸不動産経営管理士講習(5問免除)とはどのようなものなのか、講習内容や受講資格を詳しく見ていきましょう。

講習内容 ①事前学習(テキストを使用した自宅学習)

②スクリーニングによる講習(1日講習、テスト)

講習日程 6月~9月中旬
受講料 18,150円(別途 公式テキスト4,048円の購入)
受講資格 どなたでも受講可能

合格率が低下し試験が難化している中で、5問免除は有効に活用したい制度です。

講習を受講するにあたっては受講料が必要となり、試験とは別に事前学習や講習、テストがあります。

5問免除講習のメリットやデメリット、現状での必要性を考えて取り入れるかどうかを判断しましょう。

賃貸不動産経営管理士の試験内容や合格率と受験資格

賃貸不動産経営管理士の試験内容を詳しく見ていきましょう。

試験日
  • 令和4年度試験 11月20日(日) 13:00~15:00
合格ライン※
  • 40点
合格率※
  • 31.5%
試験内容
  • 筆記試験(四肢択一・50問)
試験受付期間
  • 8月下旬~9月下旬

※合格ラインと合格率は令和3年度試験の結果より

試験時間は2時間で、四肢択一50問(5問免除の場合は45問)の試験です。

合格ラインと合格率は令和3年度の数値となりますが、試験の難易度が増して合格率は今後更に低くなっていくと考えられています。

賃貸不動産経営管理士合格率の推移

難易度が増している賃貸不動産経営管理士試験ですが、過去5年間の合格率の推移を見ていきましょう。

年度 合格点 合格率
令和3年 40点 31.5%
令和2年 34点 29.8%
令和元年 29点 36.8%
平成30年 29点 50.73%
平成29年 27点 48.32%

50%前後で推移していた合格率は令和2年で30%を下回りました。

今後は更に合格率が低下することが予想されるため十分な対策が必要です。

 賃貸不動産経営管理士の受験資格

賃貸不動産経営管理士の受験資格は特になく、不動産に関する知識や経験がない方でも申し込み可能です。

しかし賃貸不動産経営管理士の登録要件には注意が必要で、試験に合格したあと賃貸不動産経営管理士として登録するためには、一定の条件を満たさなければなりません。

賃貸不動産経営管理士 受験資格 特になし
賃貸不動産経営管理士 登録要件 ①管理業務に関して2年以上の実務経験
②実務経験2年とみなす実務講習の終了①もしくは②を満たす者

試験合格後に上記条件を満たすことで、晴れて賃貸不動産経営管理士として登録が可能です。

賃貸不動産経営管理士と似ている・関連する資格

賃貸不動産経営管理士と相性の良い3つの資格をご紹介します。

既に資格を取得している、ダブルライセンスを考えている、今後もさらなる資格取得を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

資格 受験資格 合格率
宅地建物取引士
  • 誰でも可
15.6%
マンション管理士
  • 誰でも可
9.9%
土地家屋調査士
  • 誰でも可
10.47%

※合格率は令和3年度試験の結果より

賃貸不動産経営管理士と同様に、宅地建物取引士・マンション管理士・土地家屋調査士は受験資格が特になく、学歴や実務経験に関係なく誰でも申し込み可能です。

合格率は10%前後でいずれも低く難易度が高い試験であり、資格取得は容易ではありません。

当サイトでは、宅建士資格でおすすめの通信講座をまとめた記事も掲載しているので、資格取得を検討する際にはぜひ参考にしてください。

宅建を持っているけれど賃貸不動産経営管理士は必要?

賃貸不動産経営管理士と特に相性が良いとされている宅地建物取引士資格ですが、その理由とダブルライセンスのメリットは以下のとおりです。

  • 試験内容が重複している
  • 業務の幅が広がり、給料アップやキャリアアップ、就職活動に有利になる

宅建士になるためには不動産全般の知識が必要ですが、宅建士として身につけた賃貸管理に関する知識は、同時に賃貸不動産経営管理士試験において基礎となる部分です。

内容が重複しているため基礎知識を学ぶ手間が省け効率よく勉強ができるうえに、ダブルライセンスを取得することで業務の幅も広がるでしょう。

宅建士として勉強し身に付けた賃貸管理の知識がさらに広がれば、対応可能な業務が増え給料アップやキャリアアップ、就職・転職で有利になるといったメリットがあります。

国家資格化されたことで、宅建とのダブルライセンスの必要性はますます高まると考えられており、賃貸不動産経営管理士はまさに注目の資格です。

まとめ

賃貸不動産経営管理士におすすめな通信講座は以下の4社です。

通信講座 料金 講義時間 合格率
スタディング
  • 賃貸不動産経営管理士 合格コース[2023年度試験対応]/14,960円
    ※キャンペーン価格12,760円(1月31日まで)
8時間40分 2021年度合格者220名以上
アガルート
  • 賃貸不動産経営管理士試験 総合カリキュラム[2023年度試験対応]/87,780円
44.5時間 70.25%(全国平均31.5%の2.23倍)
TAC ※2023年合格目標コースは、3月から案内開始予定
(以下、2022年度版の講座/料金)
  • 賃貸不動産経営管理士 総合本科生[2022年度試験対応]/100,000円
  • 直前完全パック/32,000円
  • 直前答練パック/20,000円
  • 直前総まとめ講義/13,000円
57時間 公表なし
スタケン(※現在休止中)
  • スタケン賃貸不動産経営管理士講座/21,780円
9時間 公表なし

賃貸不動産経営管理士の通信講座選びは、以下の3点を考慮しながら選ぶことで、失敗が少なく自分に合った通信講座が見つかります。

  • 学習スタイル
  • カリキュラムと教材内容
  • 講座費用と内容のバランス

今後賃貸不動産経営管理士の資格は需要が高まり、難易度も上がることが予想されるため、資格取得を考えている方は自分に合った通信講座を選び、事前対策を万全にして合格を目指しましょう。

徳永浩光

キャリアコンサルタントの国家資格を所有しています。実際に資格取得で役に立った情報をお届けしていきますので、これから資格取得を考えているあなたの手助けができれば幸いです。
キャリコンサーチページ

徳永浩光をフォローする
◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュースに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
資格

コメント

  1. […] オンスク公式サイト […]

  2. […] ここでは、賃貸不動産経営管理士の難易度や試験内容、おすすめの勉強方法をお伝えしていきます。賃貸不動産経営管理士資格の取得を考えている方は、当サイト内に掲載している賃貸不動産経営管理士の通信講座についての内容と併せてぜひ参考にしてください! […]

  3. […] 当サイトには賃貸不動産経営管理士の通&#20…についてもまとめているので、興味のある方はこちらもご覧ください。 […]

タイトルとURLをコピーしました