資格試験

賃貸不動産経営管理士試験の申し込み方法は?試験内容についてもご紹介!

資格試験
  • 賃貸不動産経営管理士試験の申し込み方法を確認したい
  • 賃貸不動産経営管理士試験の申し込みから試験までの流れを詳しく知りたい
  • 令和4年度賃貸不動産経営管理士試験の試験日・試験内容が気になる

賃貸不動産経営管理士は、令和3年4月21日に発表された国土交通省令で国家資格となった、今注目の不動産関連資格です。

賃貸不動産経営管理士の受験を希望しているけど、申し込み方法が分からない、試験内容について詳しく知りたいという方も多いのではないでしょうか?

今回は、賃貸不動産経営管理士試験の申し込み方法や、試験内容について解説します。

賃貸不動産経営管理士試験を受験予定の方は、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

当サイトには賃貸不動産経営管理士の通信講座についてもまとめているので、興味のある方はこちらもご覧ください。

賃貸不動産経営管理士試験申し込みから試験までのスケジュールは?

賃貸不動産経営管理士試験の受験には、申し込みから受験票の受け取り、本試験を迎えるまでのスケジュールはどうなるのでしょうか?

令和4年度賃貸不動産経営管理士試験の日程についても詳しく解説します。

受験申し込み

賃貸不動産経営管理士試験の受験希望者は、受験申し込み期間内に指定の方法で申し込み手続きを行う必要があります。

令和5年度:受験申し込み期間はまだ発表されていませんが、令和4年度試験の受験申し込み期間を参考としてご紹介します。

  • 令和4年度:賃貸不動産経営管理士試験の資料請求・受験申し込み期間
    受験申し込み期間→令和4年8月15日(月)~令和4年9月29日(木)
    資料請求期間→令和4年8月15日(月)~令和4年9月22日(木)PM12:00

令和5年度試験も、8月中旬~9月下旬に受験申し込み受付を行うと考えられます。

受験希望者は忘れずに来年度のスケジュールを確認しましょう。

受験票の受け取り・本試験

申し込みが正式に受理されると、次は受験票の受け取りです。賃貸不動産経営管理士試験の受験票は毎年11月上旬に郵送されます。

受験票に記載された試験会場を必ず確認し、受験票が届かない場合や受験票の記載に誤りがある場合は、すぐに問合わせをして対応してもらいましょう。

受験票を受け取り、いよいよ本試験です。

  • 令和4年度賃貸不動産経営管理士試験
    令和4年11月20日(日)13:00~15:00

賃貸不動産経営管理士試験合格のためには、申し込み日程や試験日を把握しておきましょう。

賃貸不動産経営管理士試験の申し込み方法

賃貸不動産経営管理士試験申し込み方法は「郵送申し込み」「インターネット申し込み」の2種類です。

それぞれどのような手順で申し込みを行うのか、注意点も含めて詳しく解説します。

紹介する申し込み期間は令和4年度賃貸不動産経営管理士試験の日程であるため、あくまで参考としてご確認ください。

申し込み方法①郵送

まずは、郵送で申し込みを行う場合の具体的な方法や注意点についてご紹介します。

郵送申し込み方法

①賃貸不動産経営管理士試験の資料請求(Web・FAX・書店)
②郵送された受験申込書へ必要事項の記入※写真と押印は忘れないよう注意しましょう
③受験手数料の払い込み
④受験申込書に「払込受付証明書」を貼り付け、簡易書留にて郵送

  • 受験申し込み期間→令和4年8月15日(月)~令和4年9月29日(木)当日消印有効
    資料請求期間→令和4年8月15日(月)~令和4年9月22日(木)PM12:00まで

資料請求期間は、受験申し込み期間より1週間短く設定されています。

受験申し込み期間に関しては当日消印有効ですが、余裕を持って投函しましょう。

申し込み方法②インターネット

インターネット申し込みの方法についても詳しく解説します。

インターネット申し込み方法

①一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会:受付センターHP「インターネットで申し込む」を選択
②メールアドレス登録
③賃貸不動産経営管理士受験申し込みサイトにて、必要事項の入力と受験料支払い手続き(クレジットカード・ペイジー・コンビニ支払い)

  • 受験申し込み期間→令和4年8月15日(月)12:00~令和4年9月29日(木)23:59まで

インターネット申し込みの場合は、申し込み期間9月29日23:59までに申し込みを行う必要があります。

接続トラブルなど不具合が発生する可能性を考え、インターネット申し込みの場合も時間に余裕を持って行いましょう。

賃貸不動産経営管理士試験の試験日・試験内容

賃貸不動産経営管理士の試験日や試験内容を詳しく見ていきましょう。

試験日
  • 令和4年度試験11月20日(日)13:00~15:00
試験会場
  • 北海道、岩手、宮城、群馬、茨城、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、石川、長野、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、島根、岡山、広島、香川、愛媛、福岡、熊本、沖縄(全国25地域)
合格ライン
  • 40点
合格率
  • 31.5%
試験内容
  • 筆記試験(四肢択一・50問)
受験手数料
  • 13,200円(税込)
受験資格
  • 誰でも受験可能
試験範囲
  • 管理受託契約に関する事項
  • 管理業務として行う賃貸住宅の維持保全に関する事項
  • 家賃、敷金、共益費その他の金銭の管理に関する事項
  • 賃貸住宅の賃貸借に関する事項
  • 法に関する事項
  • 管理業務その他の賃貸住宅の管理の実務に関する事項

合格ライン・合格率は令和3年度試験の結果ですが、令和3年に国家資格化されたことによって今後更に低下すると考えられています。

賃貸不動産における経営・管理に関する専門知識全般が出題されるため、ポイントを押さえた効率性の高い学習が必要でしょう。

試験内容は四肢択一・50問の筆記試験になりますが「賃貸不動産経営管理士講習」受講により、試験5問免除が認められています。

講習内容 ①事前学習(テキストを利用した自宅学習)

②スクリーニング講習(1日講習・テスト)

講習日程 6月~9月中旬
受講料 18,150円(別途テキスト代:4,048円)
受講資格 特になし

試験合格のためにも、5問免除は有効的に活用したい制度です。

まとめ

今回は賃貸不動産経営管理士の申し込み方法や試験日程・内容について紹介しました。

国家資格化したことで、賃貸不動産経営管理士試験の合格は今後ますます難易度が高まると考えられています。

試験に合格するためには、綿密な学習スケジュールや最新の試験傾向を踏まえた学習が必要です。

申し込みに関しては、郵送とインターネットそれぞれの手順や注意事項が異なるため、事前によく確認し、不備がないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました