車検費用が安い業者はどこ?おすすめの選び方と失敗しない方法を解説

車検費用が安い業者はどこ?おすすめの選び方と失敗しない方法を解説
車検業者を選ぶ際に重要視したい部分は人それぞれですが、その中でも多くの方に共通しているのは「出来るだけ費用を安く抑えたい」「微妙な業者に当たって失敗したくない」ということではないでしょうか?

単純に費用を抑えたいだけであれば、地域で一番安い業者を探してそこに依頼すれば解決しますが、当然安い業者には安い業者なりのデメリットが存在します。

では、安い業者で車検を行う際のデメリットとは何か?
そして、それも踏まえた上で自分に一番合っている業者はどこなのか?

本記事では、そんな悩みを解決し、納得のいく車検を受けて頂けるように業者ごとのメリットとデメリットをわかりやすく解説していきます!

・安さ重視ならディーラー車検よりも専門業者やガソリンスタンドがおすすめ
・口コミ評判から希望に沿った業者選びをするのがおすすめ
・そもそも料金は車体重量(車の大きさ)で変わる

\ 郵便番号からカンタン一発検索! /
最寄りの車検最安値を見る >>

車検費用が安い業者はどこ?費用相場とメリット・デメリット

車検を受けられる業者は大きく分けて「ディーラー車検」、車検専門業者や車検が行えるカー用品店、ガソリンスタンドなどの「民間車検業者」、「ユーザー車検」の3種類があります。

まずはそれぞれの料金相場と特徴を見ていきましょう!

ディラー車検
料金相場 90,000〜150,000円
メリット メーカー専門業者なのでメーカーの車に詳しいスタッフが車検を行ってくれる
デメリット 他業者に比べて費用が高くなる傾向がある
民間車検業者
料金相場 35,000〜80,000円
メリット ディーラーに比べて費用が安い・比較的作業時間が短い
デメリット 専門的な作業が出来なかったり、交換パーツの純正品がない場合がある
ユーザー車検
料金相場 40,000〜80,000円
メリット 法定費用のみで車検が行えるので費用が抑えられる
デメリット 全ての検査を自分で行わなくてはいけないので負担が大きい

ディラー車検は費用が高い

当然業者ごとにそれぞれメリット・デメリットがあります。

ディーラー車検はメーカー専門のスタッフに見てもらいたい方やパーツ交換などの必要がある場合に必ず純正品を使用したいという方に向いている一方で、費用重視で業者を選びたい方にディーラー車検は向いていないと言えます。

口コミ等を少し調べただけでも以下のような投稿が目に入ります。

「とにかく車検を安く済ませたい!」という方は民間車検業者でも見積もりを取って比較したのちにご検討されることをおすすめします。

安さで検討するなら民間車検業者とユーザー車検の2択!

車検専門業者やカー用品店、ガソリンスタンドなどの民間車検業者とユーザー車検は、費用だけで見るとそこまで大きな差はありません。

次の項目で詳しく解説しますが、車検費用は国が定めた「法定費用」と、点検や整備の作業料に当たる「車検基本料」の合計で価格が決まります。

ユーザー車検では自ら陸運局に車を持ち込み、点検や検査の全ての項目を自分で行うことになります。その為「車検基本料」は一切必要がなく「法定費用」のみで車検を行えます。

 

そうして費用が抑えられることからユーザー車検を選択される方も多いですが、昨今では業者の増加による価格競争で民間車検業者の「車検基本料」もかなり安くなってきました。

多少の価格差はあれど、そこまで大きな違いでない場合、やはり自分で全ての作業を行う労力と価格差を天秤にかけ、民間車検業者を選択する方は非常に多いです!

車検費用は車のサイズで大きく変わる!価格の内訳を解説

車検は車のサイズ(車両重量)やエコカーか否か、何年経過しているかによって大きく違います。
先ほど触れた国が定める「法定費用」の中に「重量税」が含まれます。つまり重量の重い車になればなるほど料金が高くなるということになります。

細かく説明していきます!

車検費用の内訳

車検の料金は「法定費用」と「車検基本料」から成り立ちます。

  • 法定費用:国によって定められた最低限かかる費用
  • 基本車検料:各店舗に任されたその他の費用

「法定費用」は国によって定められた必ず必要な費用となります。
そのためどの店舗に依頼しても変動はありません。

一方「基本車検料」は車検を通すための予備検査代金や車両の整備料金、車検代行料などを指します。

こちらの料金に関しては相場こそあるものの最終的な計算は各車検店舗に任されています。

分類 項目名 詳細
法定費用
(一律)
自動車重量税 車両重量の増加に応じて課される税金。
自家用乗用車、軽自動車を問わず、新車購入時の初回登録時および継続車検時に、
次回の車検までの3年ないし2年間の税額をまとめて納める。
自賠責保険料 車の所有者が必ず加入しなければならない保険。
加入後に交付される「自賠責保険証明書」は、運転時に携帯する義務が課されている。
印紙代 検査費用や車検証の発行手数料を支払うための印紙と証紙の代金。
印紙は国に、証紙は地方自治体に支払った税金や手数料を納めたことを証明する証票のこと。
車検基本料
(車検店舗によって異なる)
点検手数料 名称は各お店によって異なるが、車検の点検料金のこと。
依頼するお店や内容によって料金も変動する。
その他諸費用 車検に係る書類作成代や整備以外のテスター使用料など。
依頼するお店によって異なる。

重量別法定費用一覧

車両重量ごとの法定費用一覧です。

軽自動車 小型自動車 中型自動車 大型自動車 特大自動車
0.5〜1t未満 1〜1.5t未満 1.5〜2t未満 2〜2.5t未満
自賠責保険料 21,140円 21,550円 21,550円 21,550円 21,550円
重量税 6,600円 16,400円 24,600円 32,800円 41,000円
(エコカー) (5,000円) (10,000円) (15,000円) (20,000円) (25,000円)
(13年経過車) (8,200円) (22,800円) (34,200円) (45,600円) (57,000円)
(18年経過車) (8,800円) (25,200円) (37,800円) (50,400円) (63,000円)
印紙代 1,100円 1,200円 1,200円 1,200円 1,200円
法定費用合計 28,840円 39,150円 47,350円 55,550円 63,750円
(エコカー) (27,240円) (32,750円) (37,750円) (42,750円) (47,750円)
(13年経過車) (30,440円) (45,550円) (56,950円) (68,350円) (79,750円)
(18年経過車) (31,040円) (47,950円) (60,550円) (73,150円) (85,750円)

※印紙代は業者によって多少前後する場合があります。

車検基本料の相場

先述した通り、ユーザー車検であれば法定費用の合計価格で車検を行うことができます。

ディーラー車検と民間車検業者の車検基本料の相場は次の通りです。

ディーラー車検 35,000〜90,000円
民間車検業者 10,000〜30,000

こうした料金の違いから車検費用の価格差が生まれます。
もちろん、基本的な作業以外に追加の整備や点検などを行えばその分料金が上乗せされていきますので、あくまでも最低限必要な料金の相場となります。

「車検基本料」は作業に対する工賃のような位置付けなので業者ごとはもちろん、同じ民間車検業者でも店舗ごとに料金が変動します!

つまり費用を抑えたいなら「車検基本料」が出来るだけ安い店舗を探すのをおすすめします!

民間車検業車ごとの料金比較と実際の口コミ評判

ここまでの説明で車検費用の内容は理解して頂けたかと思いますので、ここからは数ある民間車検業者の料金を比較します!

また、料金などで満足できても作業内容やスタッフの対応がイマイチだったら満足な車検が出来たとは言えませんよね?
そんな不安を解消するのが、実際に利用した方の口コミ評判を確認することが非常におすすめです!
気になる業者があればそちらも合わせてご確認ください!

今回比較するのは、

車検専門チェーン大手の

  • アップル車検
  • ホリデー車検
  • 車検館
  • 車検のコバック

ガソリンスタンド大手の

  • コスモ石油
  • エネオス

カー用品店大手の

  • オートバックス
  • イエローハット
  • ジェームス

全9社になります!

業種 車検専門チェーン ガソリンスタンド
  カー用品店
業者名

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アップル車検 ホリデー車検 車検館 車検のコバック コスモの車検 Dr.Drive車検 オートバックス イエローハット ジェームスJMS
評判 口コミ 口コミ 口コミ 口コミ 口コミ 口コミ 口コミ 調査中 調査中
軽自動車 45,430円〜 47,960円~ 46,530円〜 38,280円〜 49,730円〜 57,530円〜 43,400円〜 42,076円〜 58,510円~
小型乗用車 58,910円〜 58,140円~ 58,910円〜 48,260円〜 60,110円〜 67,910円〜 60,400円〜 52,256円〜 71,110円~
中型乗用車 68,210円〜 66,340円~ 69,310円〜 56,460円〜 68,310円〜 76,210円〜 70,200円〜 60,456円〜 79,310円~
大型乗用車 77,510円〜 74,540円~ 79,710円〜 64,660円〜 76,610円〜 84,410円〜 80,400円〜 68,656円〜 88,610円~
作業時間 最短45分〜 最短60分〜 平均90分〜 最短45分〜 最短1日〜 最短1日〜 最短1日〜 最短1日〜 最短1日〜
店舗数 100店舗以上 220店舗 12店舗 541店舗 多数展開 多数展開 500店舗 738店舗 91店舗

※「オートバックス」と「イエローハット」の料金は平均価格となります。こちらの業者は店舗によって料金が異なりますので詳細の料金は直接店舗にお問い合わせください。

各業者それぞれのメリットがある

民間車検業者も価格はまちまちですが、総じて低価格に設定されていることがわかります。

また車検専門業者であればスピーディーに車検を受けられたり、ガソリンスタンドであればガソリン代の割引があったり、カー用品店ではパーツなどの種類が豊富で購入時の割引もあったりと、それぞれに異なったメリットがあります。

それについては各業者ごとの解説ページでより詳しく説明しているので、気になる業者が見つかれば是非そちらもご確認ください!

車検費用を抑える3つのポイント

車検費用を抑えるポイントは3つあります。

  • 複数の車検見積りを比較して安くお願いできる車検店舗を見つける事
  • 店舗ごとの特典やサービスを最大限活用する事
  • 普段から車のメンテナンスを心掛ける

金額が一定である法定費用に関してはどこの車検屋さんで車検を受けても料金は変わりません。
そのため、もう一方の車検基本料金でいかに差をつけるかがポイントになります。

店舗によって料金の差はもちろん特典やサービスがかなり異なります。
数店舗をピックアップした上で見積もりと併せて特典にも着目することをオススメします。

料金だけで判断すると、ご自宅からの距離が遠すぎたり、不必要な特典しか得られないといった事態も予想できるので、総合的に判断する事が賢明です。

そして当然ながら整備が必要な箇所が少なければ少ないほどコストは安く収まりますので、普段からメンテナンスを心がけることも重要です。

失敗しない車検業者の選び方

車検を受けられる業者は数多くあります。
その中で最も自分にあった車検業者を探すコツはズバリ【 複数の業者を比較すること 】です!

比較する際に重要なポイントは、

  • 価格や作業内容の違い
  • 通える範囲内に店舗があるか
  • その業者や店舗の評判はどうか

の3つです。

そこでおすすめなのは楽天car車検です。
こちらでは郵便番号を入力するだけで最寄りの車検が行える業者を検索でき、該当店舗を「距離が近い順」「価格が安い順」「評価が高い順」に並び替えて検索することが出来ます。

またご自身の車種を選択したり、チェックボタンでサービスを選んでの検索も出来るので数ある車検業者の中から希望に合った業者を簡単に見つけることが出来るほか、独自のネット割や楽天ポイント付与のキャンペーンなどもあるので非常におすすめです!

最寄りでおすすめの車検業者を見つけたい方は是非こちらで検索して見てください!

\ 郵便番号からカンタン一発検索! /
最寄りの車検最安値を見る >>

まとめ

いかがでしたでしょうか?
本記事では数ある車検業者の中で一番良いのはどこ?という疑問を解決すべく、様々な観点から比較し解説してきました。

ここでご紹介した費用を抑えるためのポイントや業者の選び方を参考にしていただき、納得のいく車検を受けて頂けたらと思います!

本当に!?車検をやめて「車を高く売る」ほうが得なの?


はい、正解のこともあります。【車検前は、車を高く売る最後のチャンス】です。

車検費用が高額なら、この機会に車を高く売ることも検討してはどうでしょうか?車検が近い時期は、車を高く売って新車買い替えの軍資金を手にするチャンスです!当然ながら、【車検が切れる前の時期が買取価格は最大になります!】

愛車を少しでも高く売りたいなら、業界最大手の「ガリバー」がおすすめです!
査定費用は無料で、最高買取金額がするにチェックできます。 入力はたったの30秒だけ!いますぐ愛車の最高査定相場を無料で確認しましょう。

※もちろん、無料一括査定をしても車を必ず売却する義務はありませんのでご安心ください。 >> お試し無料買取相場を調べる
この記事を書いた人
店長

カー用品店の店長を6年務める中で、お客様から車検に関する多くの悩みをいただきました。その経験から、多くの方が車検に対して抱いている「不安や疑問を解決したい」と思い執筆活動を開始。プロだからこそわかる視点で「技術力が高く」「安い」おすすめの車検屋さんや、車検の豆知識やノウハウをお伝えします!

車検
マイナビ車検
タイトルとURLをコピーしました