PR資格試験

スポーツフードの資格のおすすめは?通信講座や費用・仕事内容も紹介!

[PR] 本ページはプロモーションが含まれています。

「スポーツフードの資格を取得したい」

「スポーツフードの資格におすすめの通信講座を知りたい」

スポーツフードの資格とは、アスリートの食事管理に役立つ実践的なスキルを習得できる資格です。

資格を取得すれば、家族やアスリートの食事・健康管理に役立つだけでなく、講師として教室やセミナーも開講できます。

スポーツフードの基礎から応用まで、効率よく学習し資格を取得するには、通信講座の受講がおすすめです。

この記事では、スポーツフードの資格やおすすめの通信講座について紹介します。

併せて、スポーツフード資格の難易度や仕事内容も紹介するので、興味がある方はぜひ参考にしてください。

スポーツフードの資格を効率よく短期間で取得したい方には、SARAスクールのスポーツフード®資格取得講座がおすすめです。

最短2ヶ月で「スポーツフードマイスター®」と「アスリート栄養食インストラクター®」の資格が取得できます。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

徳永浩光
【キャリアコンサルタント】

【キャリアコンサルタントとして経験を活かし、キャリア関してのサイトの監修】

国家資格キャリアコンサルタント所持。キャリア支援の観点から、理想のキャリアや働き方を実現するためのヒントとなる情報を発信。

マイベストプロ掲載ページ
キャリコンサーチ掲載ページ

  1. スポーツフードとは?
  2. スポーツフードにおすすめの資格11選
    1. スポーツフードマイスター®
    2. アスリート栄養食インストラクター®
    3. スポーツフードアドバイザー®
    4. スポーツ栄養プランナー
    5. アスリートフードアドバイザー
    6. スポーツフードスペシャリスト
    7. アスリートフードマイスター
    8. スポーツスーパーフードマイスター
    9. 公認スポーツ栄養士
    10. 管理栄養士
    11. 認定スポーツ栄養医学指導士
  3. スポーツフードの資格の取り方は?
    1. 独学でスポーツフードの資格を取得する
    2. 通信講座でスポーツフードの資格を取得する
    3. 大学・専門学校でスポーツフードの資格を取得する
  4. スポーツフードにおすすめの通信講座
    1. SARAスクール・スポーツフード資格取得講座
    2. 諒設計アーキテクトラーニング・スポーツフードマイスター®W資格取得講座
    3. キャリカレ・スポーツフードアドバイザー®講座
    4. ユーキャン・スポーツ栄養プランナー講座
    5. ラーキャリ・アスリートフードアドバイザー資格取得講座
    6. フォーミー(formie)・スポーツフードスペシャリスト資格取得講座
    7. 日本アスリートフード協会・アスリートフードマイスター講座
    8. NPO法人日本統合医学協会・アスリート栄養学講座
    9. 臨床栄養医学協会・スポーツ栄養医学指導士コース
  5. スポーツフードにおすすめの通信講座の口コミ・評判
    1. SARAスクール・スポーツフード資格取得講座
    2. 諒設計アーキテクトラーニング・スポーツフードマイスター®W資格取得講座
    3. キャリカレ・スポーツフードアドバイザー®講座
    4. ユーキャン・スポーツ栄養プランナー講座
    5. ラーキャリ・アスリートフードアドバイザー講座
    6. フォーミー(formie)・スポーツフードスペシャリスト講座
    7. 日本アスリートフード協会・アスリートフードマイスター講座
    8. NPO法人日本統合医学協会・アスリート栄養学講座
    9. 臨床栄養医学協会・スポーツ栄養医学指導士
  6. スポーツフード資格の失敗しない選び方
    1. どこでどのように資格を活用したいか考える
    2. 資格取得の費用や学習方法を比較する
    3. 資格取得者の口コミ・評判を参考にする
  7. スポーツフード資格の試験概要
  8. スポーツフード資格の合格率・難易度
    1. スポーツフード資格の合格率
    2. スポーツフード資格の難易度
  9. スポーツフードの資格取得にかかる費用
  10. スポーツフードの資格を取得するメリット
    1. スポーツフードの知識を効率よく習得できる
    2. 自分や家族の健康管理に役立つ
    3. スポーツ・食事に関係する仕事に活かせる
  11. スポーツフードの資格取得が向いている方
    1. 料理・スポーツの分野で働いている方・興味がある方
    2. プロスポーツに関係する仕事に就きたい方
    3. 自分や家族の健康管理を考えている方
  12. スポーツフードの資格取得が向いていない方
    1. スポーツに興味がない方
    2. 人とのコミュニケーションが好きではない方
  13. スポーツフード資格の仕事内容・活躍分野
    1. スポーツチームや企業に所属して働く
    2. 医療機関・スポーツジムで働く
    3. スポーツフードに関係するセミナーや教室を開く
  14. スポーツフードの資格に関するよくある質問
    1. スポーツフードの資格は意味がない・役立たないって本当?
    2. スポーツフードの資格は独学で取得できる?
    3. スポーツフードの資格に国家資格はある?
    4. スポーツフードマイスター®の資格取得に必要な費用は?
    5. スポーツフードマイスター®の難易度・合格率は?
    6. スポーツフードマイスター®の過去問はある?
    7. スポーツフードマイスター®とアスリートフードマイスターの違いは?
    8. スポーツフードマイスター®・スポーツフードアドバイザーの仕事内容は?
    9. フードマイスター資格の種類はどのくらいある?
    10. スポーツフード資格におすすめの本・テキストは?
    11. スポーツフード資格の年収・給料は?
  15. スポーツフード資格のおすすめ:まとめ

スポーツフードとは?

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

スポーツフードとは、アスリートやスポーツをする人に適した食事のことを指します。

スポーツフードとは、アスリートだけでなくスポーツをしている方にとって、必要な栄養や質量などを考えたスポーツをする上で最適な食事やメニューです。

(引用元:日本インストラクター技術協会HP)

運動やトレーニングに取り組むアスリートは、健康的に体力・筋力を維持するために、栄養バランスやエネルギーに配慮した食事が欠かせません。

また、スポーツの内容やコンディション・体格によっても必要な食事内容が異なるので、食生活を管理するには専門的な知識や技術が必要です。

スポーツフードの知識を習得することで、スポーツを継続する上で必要な、筋力や持久力・疲労回復を高める栄養素と食事方法を理解し、適切な食事管理が可能になるでしょう。

スポーツフードは、プロアスリートだけでなくスポーツをする全ての人に役立つ学問です。

専門的な知識を習得することで、日々の食事管理や仕事にも直結する実用的な学習分野といえます。

スポーツフードにおすすめの資格11選

スポーツフードにおすすめの資格は以下の11種類です。

スポーツフードにおすすめの資格11選
  • スポーツフードマイスター®
  • アスリート栄養食インストラクター®
  • スポーツフードアドバイザー®
  • スポーツ栄養プランナー
  • アスリートフードアドバイザー
  • スポーツフードスペシャリスト
  • アスリートフードマイスター
  • スポーツスーパーフードマイスター
  • 公認スポーツ栄養士
  • 管理栄養士
  • スポーツ栄養医学指導士

数あるスポーツフード資格の中でも、特におすすめなのが「スポーツフードマイスター®」です。

スポーツフードの基礎知識から食事管理で役立つ実践的な内容まで、幅広く学べます。

また、初心者でも学びやすく、通信講座を利用すれば短期間で資格が取得できるでしょう。

ここでは、スポーツフードに関連する資格の特徴を紹介するので、どの資格が自分にとって必要な知識を習得できるのか、参考にして下さい。

SARAスクールのスポーツフード資格取得講座では、「スポーツフードマイスター®」と「アスリート栄養食インストラクター®」の資格が取得できます。

アスリートの栄養管理を目指す方や、家族の食事管理に役立てたい方にもおすすめです。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

スポーツフードマイスター®

(引用元:日本安全食料料理協会)

スポーツフードマイスター®は、日本安全食料料理協会(JSFCA)の認定資格です。

スポーツフードマイスター®として、スポーツ栄養の基本から毎日の献立・レシピなど実践レベルまで十分に身に付けた方へ認定される資格です。

(引用元:日本安全食料料理協会HP)

栄養学の基本から学び、選手のコンディションに適した主食・副菜・汁物のレシピなど、調理ですぐに活かせる知識とスキルを習得できます。

スポーツフードマイスター®の試験内容は以下の通りです。

  • トレーニング期の食事
  • メンテナンス期の食事
  • 試合前日の食事
  • 試合当日の食事
  • 試合後の食事
  • 練習中、試合中の水分補給
  • オフ期の食事
  • 間食・補食のとり方
  • サプリメントの使い方

(引用元:日本安全食料料理協会公式HP)

スポーツ栄養の基礎から丁寧に学べるので、栄養学や料理の専門知識がない方でも無理なく資格取得が目指せます。

また、トレーニング期やメンテナンス期、試合前後の最適な食事の知識を習得することで、選手の体作りとパフォーマンス向上を総合的にサポートできるでしょう。

資格を取得すれば、選手のコンディションに合わせた食事管理ができるようになり、仕事にも活用できます。

スポーツの仕事に就きたい方はもちろん、家族の食事や栄養管理に役立てたい方にもおすすめの資格です。

スポーツフードマイスター®の資格試験概要は以下の通りです。

主催団体 日本安全食料料理協会
受験資格 特になし
受験料 10,000円(税込)
受験方法 在宅受験
合格基準 正答率70%以上
試験日程 年6回(2・4・6・8・10・12月)
サイトURL https://www.asc-jp.com/diet/sportsfood/

(参考:日本安全食料料理協会HP)

スポーツフードマイスター®の資格試験は、在宅受験が可能です。

2ヶ月ごとに試験が開催されているので、勉強の進捗状況に合わせて試験が受験できます。

また、通信講座を利用すれば試験免除で資格が取得できる制度もあります。

確実に資格を取得したい方や、最短ルートで資格を取得したい方にもおすすめの資格です。

「SARAスクールのスポーツフード®資格取得講座」を利用すれば、最短2ヶ月でスポーツフードマイスター®の資格取得が目指せます。

学習サポートも充実しているので、通信講座を初めて利用する方でも資格取得に向けた学習を継続しやすいでしょう。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

アスリート栄養食インストラクター®

(引用元:日本インストラクター技術協会)

アスリート栄養食インストラクター®は、日本インストラクター技術協会(JIA)の認定資格です。

アスリート栄養食インストラクターとは、スポーツ選手に必要な栄養素や食事のあり方に精通した、アスリート栄養食のプロです。

(引用元:日本インストラクター技術協会HP)

アスリートに必要な栄養素や食事の考え方、持久力アップ・疲労回復の食事内容など、アスリートの食事と健康管理に役立てる知識やスキルを習得できます。

アスリート栄養食インストラクター®の試験内容は以下の通りです。

栄養素の働き/糖質/タンパク質/脂質/ビタミン/ミネラル/水/競技特性に合わせた食事の考え方/持久力アップのための栄養と食事/筋力アップのための栄養と食事/球技系スポーツのための栄養と食事/技術系スポーツのための栄養と食事/疲労回復のための栄養と食事/風邪予防のための栄養と食事/夏バテ予防のための栄養と食事/貧血防止のための栄養と食事/疲労骨折を防ぐための栄養と食事/減量のコツ/増量のコツ/ジュニアのための栄養と食事/高校生・大学生のための栄養と食事/女子スポーツ選手のための栄養と食事

(引用元:日本インストラクター技術協会HP)

「球技系スポーツのための栄養と食事」や「技術系スポーツのための栄養と食事」「疲労回復のための栄養と食事」など、競技・目的別のスポーツフードの栄養と食事について、幅広く習得できます。

資格を取得することで、選手のコンディションやさまざまな競技に対応できる食事指導の実践的なスキルが身につくでしょう。

また、資格取得後は、スポーツフードのプロとして独立・開業し、講師活動も可能です。

アスリート栄養食インストラクター®の資格試験概要は以下の通りです。

主催団体 日本インストラクター技術協会(JIA)
受験資格 特になし
受験料 10,000円(税込)
受験方法 在宅受験
合格基準 正答率70%以上
試験日程 年6回
サイトURL https://www.jpinstructor.org/shikaku/sportsfood/

(参考:日本インストラクター技術協会HP)

アスリート栄養食インストラクター®の資格試験は、年6回開催されています。

在宅受験が可能で、教材の持ち込みも許可されているので、落ち着いた環境で試験が受けられるでしょう。

また、通信講座を受講し、卒業課題を提出することで資格を取得する方法もあります。

学習スケジュールや学習環境に合わせ、資格取得方法を自由に選択できるのも魅力です。

「諒設計アーキテクトラーニングのスポーツフードマイスター®W資格取得講座」では、スポーツフードマイスター®とアスリート栄養食インストラクター®の資格が取得できます。

試験免除制度を利用して、アスリート栄養食インストラクター®の資格を確実に取得したい方におすすめです。

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

スポーツフードアドバイザー®

(引用元:日本能力開発推進協会)

スポーツフードアドバイザー®は、日本能力開発推進協会(JADP)の認定資格です。

アスリートの栄養管理を学び、食事指導やメンタルケアまで、選手をトータルサポートするスキルを習得できます。

スポーツフードアドバイザー®の資格試験概要は以下の通りです。

主催団体 日本能力開発推進協会(JADP)
受験資格 指定講座の修了者(キャリカレ・スポーツフードアドバイザー®資格取得講座)
受験料 5,600円(税込)
受験方法 在宅受験
試験日程 随時

(参考:日本能力開発推進協会HP)

スポーツフードアドバイザー®の資格を取得するには、指定講座(キャリカレ・スポーツフードアドバイザー®資格取得講座)の受講が必要です。

講座の修了者は、いつでも試験を受けられるので、短期間で資格取得を目指せるでしょう。

スポーツをする家族の食事管理に役立てたい方やスポーツフードを初めて学ぶ方にもおすすめの資格です。

スポーツ栄養プランナー

(引用元:ユーキャン公式HP)

スポーツ栄養プランナーは、OfficeLAC-Uが認定する、スポーツ栄養の基礎知識が習得できる資格です。

ジュニア期の栄養サポートや疲労回復・健康維持・ダイエットに効果的な食事など、日常生活で活かせる身近なスポーツフードが学べます。

家族への適切な栄養管理を目指す方や食生活を見直して、運動のパフォーマンスを上げたい方におすすめです。

スポーツ栄養プランナーの資格試験概要は以下の通りです。

主催団体 OfficeLAC-U
受験資格 指定講座の修了者(ユーキャン・スポーツ栄養プランナー講座)
受験料 ー(講座費用のみ)
受験方法 在宅受験
試験日程 随時

(参考:ユーキャン公式HP)

スポーツ栄養プランナーは、ユーキャンのスポーツ栄養プランナー講座で課題を提出後、検定試験に合格することで資格が取得できます。

指定講座を受講する必要がありますが、資格試験はいつでも受験できるので、短期間で資格取得したい方にもおすすめの資格といえるでしょう。

アスリートフードアドバイザー

(引用元:日本技能開発協会)

アスリートフードアドバイザーは、日本技能開発協会が認定するスポーツフード資格です。

スポーツをする家族の食事管理からプロアスリートを支える栄養サポートまで、目的・対象別の最適な食事管理法を習得できます

アスリートフードアドバイザーの資格試験概要は以下の通りです。

主催団体 日本技能開発協会
受験資格 特になし
受験料 11,000円(税込)
受験方法 在宅受験
試験日程 随時

(参考:日本技能開発協会HP)

アスリートフードアドバイザーの資格は、独学でも目指せますが、効率よく取得したい方は通信講座の利用がおすすめです。

資格取得後は、食事管理の指導だけでなく選手の体調管理など、スポーツの仕事で役立つ専門的なスキルが身につくでしょう。

スポーツフードスペシャリスト

(引用元:日本能力教育促進協会)

スポーツフードスペシャリストは、日本能力教育推進協会(JAFA)の認定資格です。

子どもから大人まで年齢別の食事管理や疲労回復方法・サプリメントとの付き合い方まで、日常生活でも活用できるスポーツフードの実践的スキルを習得できます。

スポーツフードスペシャリストの資格試験概要は以下の通りです。

主催団体 日本能力教育推進協会(JAFA)
受験資格 指定講座の修了者(fomie・スポーツフードスペシャリスト資格取得講座)
受験料 ー(講座費用のみ)
受験方法 在宅受験
試験日程 随時

(参考:日本能力開発推進協会HP)

スポーツフードスペシャリストの資格を取得するには、指定講座(fomie・スポーツフードスペシャリスト資格取得講座)の受講が必要です。

受験料は講座費用に含まれているので、費用を抑えて資格取得を目指せます。

費用を抑えながら、子どもやパートナーの食事サポートに役立つスポーツフードの知識を習得したい方におすすめです。

アスリートフードマイスター

(引用元:日本アスリートフード協会)

アスリートフードマイスターは、日本アスリートフード協会が認定する民間資格です。

レベル別に1~3級の3段階に分かれ、資格取得の目的に合わせて選択できます。

3級は、家族や自分の食事管理や健康維持に関する基礎知識を、1級はトップアスリートのサポートに必要なコーチング・フードプランニングスキルを習得できます。

アスリートフードマイスターの資格試験概要は以下の通りです。

等級 1級 2級 3級
主催団体 日本アスリートフード協会
受験資格 アスリートフードマイスター2級の有資格者 アスリートフードマイスター3級の有資格者 特になし
受験料 242,000円(税込・受講料込み) 121,000円(税込・受講料込み) 73,700円(税込・受講料込み)
受験方法 会場・在宅受験 会場・在宅受験 会場・在宅受験
試験日程 年4回(1月・4月・7月・10月) 公表なし 公表なし

(参考:日本アスリートフード協会HP)

アスリートフードマイスターの資格を取得するには、指定講座(日本アスリートフード協会・アスリートフードマイスター1~3級講座)の受講が必要です。

会場受験と在宅受験が可能で、自由に選択できます。

スポーツフードの知識を段階的に学習できるので、基礎から丁寧に学びたい方やトップアスリートの食事サポートに携わりたい方におすすめです。

スポーツスーパーフードマイスター

(引用元:日本スーパーフード協会)

日本スーパーフード協会が認定する、唯一のスポーツスーパーフード資格です。

スポーツ食にスーパーフードをどのように取り入れていけばいいのか、アスリート向けのスーパーフードの取り入れ方を学び、習得できます。

スポーツスーパーフードマイスターの資格試験概要は以下の通りです。

主催団体 日本スーパーフード協会
受験資格 ジュニアスーパーフードマイスター講座の修了者で、スポーツスーパーフードマイスター資格取得講座の受講者
受験料 66,000円(税込・講座費用を含む)
受験方法 会場受験(日本スーパーフード協会・表参道オフィス)
試験日程 未定

(参考:日本スーパーフード協会HP)

スポーツスーパーフードマイスターの資格を取得するには、日本スーパーフード協会のジュニアスーパーフードマイスター・スポーツスーパーフードマイスターの講座受講が必要です。

講義・試験の開催日が限られてしまうので、受験を希望する方は日程を事前に確認しましょう。

食事にスーパーフードを取り入れたい方、効率よく栄養を摂取してスポーツフードの効果を高めたい方におすすめです。

公認スポーツ栄養士

(引用元:日本栄養士会)

公認スポーツ栄養士は、日本栄養士会と日本スポーツ協会が共同認定する民間資格です。

スポーツ栄養のプロとして、スポーツの現場で求められている栄養面の専門的なサポートや栄養教育に必要なスキルを習得します。

資格取得後は、スポーツチームや選手を対象に、スポーツ栄養に関係する講習会・セミナーを開くなど、講師としても活躍できます。

公認スポーツ栄養士の資格試験概要は以下の通りです。

主催団体 日本栄養士会・日本スポーツ協会
受験資格
  • 管理栄養士の有資格者
  • 公認スポーツ栄養士養成講習会の受講者
  • 講習会の参加時点で満22歳以上であること
  • スポーツ栄養指導の経験がある、または予定があること
認定登録料 23,300円(税込)
受験方法 会場・在宅受験
2024年度試験日程(講習会) 2024年7月~11月(会場によって異なる)

(参考:日本栄養士会・日本スポーツ協会HP)

公認スポーツ栄養士の受験資格を満たすためには、管理栄養士の資格が必要です。

また、資格取得には指定の講習会に参加する必要があり、全国の8会場とWEBのどちらかを選択できます。

受験資格を満たすためにも、管理栄養士の資格取得が必須となるので、資格取得に向けて長期的な学習計画が必要な資格といえるでしょう。

管理栄養士

(引用元:厚生労働省HP)

管理栄養士はスポーツフード資格の中で唯一の国家資格であり、栄養指導・管理の専門家です。

スポーツに関係する栄養管理だけでなく、療養者や高齢者まで、特別な配慮が必要な方を対象とした栄養管理や食事指導の専門的なスキルを習得できます。

管理栄養士の資格試験概要は以下の通りです。

主催団体 厚生労働省
受験資格
  • 栄養士免許を取得している
  • 管理栄養士養成施設(4年)の修了者
  • 栄養士養成施設(4年)の修了、かつ栄養士の実務経験1年以上
  • 栄養士養成施設(3年)の修了、かつ栄養士の実務経験2年以上
  • 栄養士養成施設(2年)の修了、かつ栄養士の実務経験3年以上
受験料 6,800円(税込)
受験方法 会場受験(北海道・宮城・埼玉・東京・愛知・大阪・岡山・福岡・沖縄)
2023年度試験日程 2024年3月3日(日)

(参考:厚生労働省HP)

管理栄養士の受験資格を満たすためには、4年制の管理栄養士養成施設を修了する、もしくは栄養士養成施設の修了と実務経験が必要です。

資格取得には、長期的な学習計画が必要であり、どのルートで受験資格を取得するかによって実務経験の有無や年数が異なります。

試験の合格率は60%台を推移しているので、国家資格の中でも比較的取得しやすい資格といえるでしょう。

認定スポーツ栄養医学指導士

(引用元:臨床栄養医学協会)

認定スポーツ栄養医学指導士は、臨床栄養医学協会が認定する民間資格です。

臨床栄養医学に基づき、アスリートへに必要な栄養学や食事指導のノウハウを習得できます。

認定スポーツ栄養医学指導士の資格試験概要は以下の通りです。

主催団体 臨床栄養医学協会
受験資格 指定講座の修了者(臨床栄養医学協会・認定スポーツ栄養医学指導士コース)
受験料 198,800円(講座費用を含む)
認定方法 コース終了後に認定
試験日程 随時

(参考:臨床栄養医学協会HP)

認定スポーツ栄養医学指導士の資格を取得するには、認定スポーツ栄養医学指導士コースの受講が必要です。

コース内容は、動画講義だけでなく、実際にトップアスリートを2ヶ月間サポートするなど、実践的な内容まで含まれています。

本格的な指導を受けて、トップアスリートの食事指導に携わりたい方におすすめの資格です。

スポーツフードの資格の取り方は?

スポーツフードの資格を取得するには以下の3つの方法があります。

  • 独学でスポーツフードの資格を取得する
  • 通信講座でスポーツフードの資格を取得する
  • 大学・専門学校でスポーツフードの資格を取得する

独学は、最小限の費用で資格を取得できますが、講習会や指定科目の受講が必要な資格があり、独学で受験できない場合もあります。

通信講座は、初心者でも手軽に始められ、短時間で効率よく学べるのがメリットです。

一方で、大学・専門学校は、費用が高く、学習期間も長期間に及びます。

複数の資格取得が目指せますが、継続して通える学習環境が必要です。

それぞれメリット・デメリットがありますが、費用を抑えながら、効率よくスポーツフード資格を取得したい方には、通信講座の利用がおすすめです。

確実に資格を取得するためにも、予算や自分の学習計画に合った方法を選択しましょう。

短期間・短時間で資格取得を目指したい方は「SARAスクールのスポーツフード資格取得講座」がおすすめです。

最短2ヶ月で、スポーツフードマイスター®・アスリート栄養食インストラクター®の資格が取得できます。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

独学でスポーツフードの資格を取得する

独学の場合は、最小限の費用で資格を取得でき、自分のペースで無理なく勉強が進められるメリットがあります。

本やインターネットの情報も豊富にあり、自分に合った教材を選択して学べます。

書籍やウェブ上の情報などからは、栄養に関する基礎的な知識を学ぶことができます。とはいえ、選手の体づくりをサポートするには、一人ひとりに合わせた食事メニューを組み立てていくことが必要です。競技特性や個人のコンディションごとに最適な食事を考えるには、完全独学だけでは難しいかもしれません。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

一方で、学習内容や取得できる資格が限られてしまうことは独学のデメリットです。

指定科目・指定講習会の受講・履修が必要な資格もあります。

例えば、公認スポーツ栄養士は、認定条件として管理栄養士の資格と指定講座の受講が必要であり、独学では受験できません。

独学は、費用を抑えながら自分のペースで学習できる自由度の高い学習方法ですが、学習内容や受験できる資格に偏りがあるので、注意が必要です。

独学を希望する方は、自分が目指す資格が独学でも受験できるのか事前に必ず確認しましょう。

通信講座でスポーツフードの資格を取得する

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

通信講座を利用すれば、短期間・短時間で効率よくスポーツフードの知識を習得できます。

講座の受講から試験まで、自宅で完結できる講座もあるので、仕事や育児と両立しながら資格取得を目指す方にもおすすめです。

通信講座なら自分のペースで勉強できるので、「仕事と両立しながら学びたい」「あまり時間や費用をかけずに資格を取りたい」という人でも無理なく資格取得を目指せます。通学に比べて費用も抑えられるため、初心者でも気軽に挑戦できるでしょう。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

分かりやすい解説と充実した学習教材で、初心者でも無理なく学べるのが通信講座の特徴です。

さらに、添削指導や質問制度・アフターフォローなどのサポート体制が整っていることもメリットといえます。

通信講座は、費用を抑えながら短期間で集中的に学習し、初心者でも無理なく資格取得を目指せる、効率性の高い学習方法です。

学習時間が限られている方や、学習が継続できるのか不安な方は、学習サポートが手厚く、最短2ヶ月の学習期間で資格が取得できる「諒設計アーキテクトラーニングのスポーツフードマイスター®W資格取得講座」がおすすめです。

短期間で資格を取得でき、スポーツの現場で即戦力となるスキルが習得できるでしょう。

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

大学・専門学校でスポーツフードの資格を取得する

スポーツフードの知識を本格的に学びたい方には、大学・専門学校がおすすめです。

大学・専門学校では、解剖学や栄養学・運動生理学などスポーツフードを多角的に学び、実習を通して実践的なスキルを習得できるメリットがあります。

幅広い人を対象に食を通して健康サポートを行うために、スポーツ医学・臨床医学や運動生理学などを学び、身体のしくみを科学的に理解して、根拠(エビデンス)にもとづく健康サポートができる力を身につけます。

(引用元:神戸女子大学公式HP)

一方で、場所や期間の条件によっては通うのが難しい・費用が高額になるなどのデメリットもあります。

大学・専門学校は、スポーツフードに関係する知識を幅広く習得できる充実した学習環境が魅力ですが、費用や学習期間の条件で受講できる対象が限られてしまいます。

将来を見据え、複数の資格取得を目指す方・トップアスリートのサポートを目指す方におすすめです。

スポーツフードにおすすめの通信講座

各通信講座の費用と取得できる資格・講座内容・学習期間を比較し、スポーツフードにおすすめの通信講座9選をご紹介します。

学校名 費用 取得できる資格 学習期間
SARAスクール スポーツフード資格取得講座
  • 基本コース:59,800円(税込)
  • プラチナコース:79,800円(税込)
  • 日本安全食料料理協会「スポーツフードマイスター®」
  • 日本インストラクター技術協会「アスリート栄養食インストラクター®」
6ヶ月(最短2ヶ月)
諒設計アーキテクトラーニング スポーツフードマイスター®W資格取得講座
  • 基本講座:59,800円(税込)
  • スペシャル講座:79,800円(税込)
  • 日本安全食料料理協会「スポーツフードマイスター®」
  • 日本インストラクター技術協会「アスリート栄養食インストラクター®」
6ヶ月(最短2ヶ月)
キャリカレ
  • スポーツフードアドバイザー®講座:49,600円(税込)
    ※キャンペーン価格:29,760円(税込)
    【4月1日まで】
  • 日本能力開発推進協会「スポーツフードアドバイザー®」
3ヶ月
ユーキャン
  • スポーツ栄養プランナー講座:38,000円(税込)
  • OfficeLAC-U認定「スポーツ栄養プランナー」
4~8ヶ月
ラーキャリ
  • アスリートフードアドバイザー資格取得講座:49,500円(税込)
    ※キャンペーン価格:39,500円(税込)
  • 日本技能開発協会認定「アスリートフードアドバイザー」
3週間~
フォーミー(formie)
  • スポーツフードスペシャリスト資格取得講座:37,400円(税込・一括)
  • スポーツフードスペシャリスト資格取得講座:3,980円(税込・月額)
  • 日本能力教育推進協会(JAFA)認定「スポーツフードスペシャリスト」
1ヶ月~
日本アスリートフード協会
  • アスリートフードマイスター1級コース:242,000円(税込)
  • アスリートフードマイスター2級コース:121,000円(税込)
  • アスリートフードマイスター3級コース:73,700円(税込)
  • 日本アスリートフード協会「アスリートフードマイスター」
公表なし
NPO法人日本統合医学協会
  • アスリート栄養学講座:55,000円(税込)
    ※キャンペーン価格:21,780円(税込)
  • NPO法人日本統合医学協会「アスリート食生活マイスター」
2.5ヶ月
臨床栄養医学協会
  • スポーツ栄養医学指導士コース:109,000円(税込)
  • 認定スポーツ栄養医学指導士コース:198,000円(税込)
  • スポーツ栄養医学講師コース:330,000円(税込)
  • 臨床栄養医学協会「スポーツ栄養医学指導士」
4~6ヶ月

スポーツフードの通信講座は、それぞれ取得できる資格や費用・学習期間が異なります。

自分に合った通信講座を選択するために、講座内容をよく確認しておきましょう。

数あるスポーツフードの通信講座の中でも、特におすすめなのが「SARAスクールのスポーツフード資格取得講座」です。

段階的に学べる学習カリキュラムと充実した学習教材で、初心者でも無理なくスポーツフード資格が取得できます。

短期間・短時間で効率よく資格を取得したい方や、仕事・プライベートどちらでも活用できるスポーツフード資格を取得したい方におすすめです。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

SARAスクール・スポーツフード資格取得講座

(引用元:SARAスクール公式HP)

SARAスクールのスポーツフード資格取得講座は、スポーツフードマイスター®とアスリート栄養食インストラクター®の2資格が取得できる講座です。

講座名 SARAスクール・スポーツフード資格取得講座
取得できる資格
  • 日本安全食料料理協会「スポーツフードマイスター®資格」
  • 日本インストラクター技術協会「アスリート栄養食インストラクター®資格」
費用
  • 基本コース:59,800円(税込)
  • プラチナコース:79,800円(税込)
教材
  • ガイドブック
  • 学習テキスト01・02
  • 練習問題集/解答
  • 模擬試験/解答
  • 添削課題(5回分)
  • 卒業課題(プラチナコースのみ)
サポート
  • 回数無制限の質問サポート
  • 添削指導
学習期間 6ヶ月(最短2ヶ月)
サイトURL https://www.saraschool.net/syoku/sportsfood/

スポーツフード資格取得講座では、スポーツ栄養学の基礎から、競技やコンディション・スケジュールに合わせた献立・レシピなど、実践的な知識・スキルを幅広く習得できます。

また、初級から上級までの段階的な学習カリキュラムは、初心者でも取り組みやすく、基礎から丁寧に学べます。

学習カリキュラムの詳細と学習スケジュール例は以下の通りです。

初級編(1~2ヶ月目)
  • スポーツ選手にとって食事がなぜ重要か
  • スポーツ選手が知っておきたい栄養素
  • 糖質・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルの働きや役割
  • 水分補給の必要性
中級編(3~4ヶ月目)
  • 競技特性に合わせた食事の考え方
  • 持久力・筋力アップのための栄養と食事
  • 球技系・技術系スポーツのための栄養と食事
  • 疲労回復・風邪予防・夏バテ予防・貧血防止のための栄養と食事
  • 減量のコツ
  • ジュニア・高校・大学生・女子スポーツ選手のための栄養と食事
上級編(5~6ヶ月目)
  • トレーニング・メンテナンス・オフ期の食事
  • 試合前日や当日・試合後の食事
  • 練習中や試合中の水分補給
  • バランスの取れた献立の基本
  • 主食・副菜・汁物・スープのレシピ
  • お弁当を用意する際のポイント
  • 加工食品やアルコール・サプリメントとの付き合い方

(参考:SARAスクール公式HP)

基本的な学習スケジュールは、6ヶ月間で資格が取得できるように組まれています。

十分な学習時間を確保できる方・短期間に集中して学びたい方は、最短2ヶ月で学習可能です。

まず、初級編では、栄養素の働きや必要性など、栄養学の基礎知識を学びます。

そして、中級編・上級編で、競技やコンディションに合わせた食事内容を学び、スポーツの現場で役立つ実践的なスキルを身につけます。

さらに、ジュニア・高校・大学生のための栄養と食事など、子どもがいる家庭で役立つ学習内容もあり、学んだことを日常生活ですぐに実践できるでしょう。

スポーツの仕事で、スキルアップ・サービス向上を目指す方や、家庭での日々の食事管理に活かしたい方におすすめです。

(引用元:SARAスクール公式HP)

また、SARAスクールのスポーツフード資格取得講座では、基本コース・プラチナコースの2種類のコースが選択できます。

プラチナコースでは、卒業課題を提出することで資格が取得できる試験免除システムが利用できます。

講座の受講から資格取得まで含まれたオールインワンカリキュラムで、短期間に効率よく資格を取得したい方や、確実に資格を取得したい方におすすめです。

一方で、基本コースは、検定試験を受験する必要がありますが、初期費用を抑えて資格勉強に取り組めるメリットがあります。

その他に、SARAスクールでは、自宅学習をサポートする質問制度と添削指導を利用できます。

通信講座では自分の理解度や実力が分かりにくいのがデメリットですが、添削指導を有効活用することで、知識の定着度を見える化できるでしょう。

SARAスクールのスポーツフード資格取得講座は、仕事やプライベートで役立つスポーツフードの資格が短期間で効率よく取得できるおすすめの講座です。

資格を取得することで、講師活動も可能となり、セミナーや教室を開くなど、スポーツフードのプロとして、活躍の場を広げられるでしょう。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

諒設計アーキテクトラーニング・スポーツフードマイスター®W資格取得講座

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

諒設計アーキテクトラーニングのスポーツフードマイスター®W資格取得講座は、最短2ヶ月で、スポーツフード資格が取得できる講座です

講座名 諒設計アーキテクトラーニング・スポーツフードマイスター®W資格取得講座
取得できる資格
  • 日本安全食料料理協会「スポーツフードマイスター®資格」
  • 日本インストラクター技術協会「アスリート栄養食インストラクター®資格」
費用
  • 基本講座:59,800円(税込)
  • スペシャル講座:79,800円(税込)
教材
  • ガイドブック
  • 学習テキスト01・02
  • 練習問題集/解答
  • 模擬試験/解答
  • 添削課題(5回分)
  • 卒業課題(スペシャル講座のみ)
サポート
  • 回数無制限の質問サポート
  • 添削指導
学習期間 6ヶ月(最短2ヶ月)
サイトURL https://www.designlearn.co.jp/sportsfood/

諒設計アーキテクトラーニングでは、1日30分の学習を6ヶ月継続することで、スポーツ栄養の基礎知識やアスリートの栄養・食事管理に必要な応用知識を習得できます。

スポーツフードマイスター®W資格取得講座は、スポーツフードの知識を応用した実践的な知識を、明確に分かりやすく学べるのが特徴です。

具体的には「疲労回復のための栄養と食事」「風邪予防のための栄養と食事」「夏バテ予防のための栄養と食事」など、季節・コンディションに合わせた食事内容を学びます。

競技や性別・年齢だけでなく、コンディションや季節を意識した食事管理も可能になるでしょう。

また、学習教材にはインプット学習に役立つテキストとアウトプット学習向けの問題集や添削問題があります。

インプット学習だけでなく、アウトプット用の学習教材も充実していることで、覚えた内容をすぐに確認でき、知識を着実に定着できることがメリットです。

さらに、諒設計アーキテクトラーニングのスポーツフードアドバイザー®W資格取得講座では、基本講座・スペシャル講座の2種類の講座を開講しています。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

スペシャル講座では、卒業課題を提出することで、スポーツフードマイスター®とアスリート栄養食インストラクター®の2資格が試験免除で取得できます。

確実に資格を取得したい方、最短ルートで資格取得を目指したい方におすすめです。

リーズナブルな費用で手軽に学びたい方は、在宅試験が受けられる基本講座がいいでしょう。

基本講座・スペシャル講座の特徴は以下の通りです。

講座名 基本講座 スペシャル講座
費用 59,800円(税込) 79,800円(税込)
教材
  • ガイドブック
  • 学習テキスト01・02
  • 練習問題集/解答
  • 模擬試験/解答
  • 添削課題(5回分)
  • ガイドブック
  • 学習テキスト01・02
  • 練習問題集/解答
  • 模擬試験/解答
  • 添削課題(5回分)
  • 卒業課題(スペシャル講座のみ)
資格取得方法 試験 卒業課題の提出

基本講座・スペシャル講座の違いは、講座費用と学習教材、資格取得方法です。

効率よく学習し、無理なく資格を取得するためにも、自分の予算や学習計画にあったコースを選択しましょう。

その他に、諒設計アーキテクトラーニングでは、添削課題による個別指導も行っています。

定期的に添削指導を受けることで学習の理解度をしっかり把握でき、個別指導によって勉強のつまずきも解消できるでしょう。

諒設計アーキテクトラーニングの通信講座は、初心者にも優しい学習カリキュラム・学習サポートを利用して、短期間で効率よく資格を取得したい方におすすめです。

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

キャリカレ・スポーツフードアドバイザー®講座

(引用元:キャリカレ公式HP)

キャリカレのスポーツフードアドバイザー®講座は、日本能力開発推進協会(JADP)が認定するスポーツフードアドバイザーの資格取得が目指せる講座です。

講座名 キャリカレ・スポーツフードアドバイザー®講座
取得できる資格 日本能力開発推進協会「スポーツフードアドバイザー®」
費用
  • スポーツフードアドバイザー®講座:49,600円(税込)
    ※キャンペーン価格:29,760円(税込)【4月1日まで】
教材
  • テキスト
  • 映像講義
  • キャリカレノート
  • 確認問題
  • 添削問題
サポート
  • 質問制度
  • 添削指導
  • 学習期間の無料延長サポート
  • キャリアコーディネートサポート
学習期間 3ヶ月

スポーツフードアドバイザー®講座では、アスリートをサポートするための、栄養・食事管理のノウハウを、基礎から段階的に学べます。

栄養素の種類や役割など、栄養学の基礎を習得した後は、ライフステージやコンディション別のメニュー作成を学習する、実践的な学習も可能です。

さらに、各カリキュラム終了後には、添削課題があります。

知識の定着度を確認できるだけでなく、作成したメニューをプロの講師に添削してもらえるので、即戦力となるスキルが身につくでしょう。

その他に、キャリカレでは、資格取得後のアフターフォローも充実しています。

専属のキャリアコーディネーターが仕事の提案や面接のアドバイスなど、多方面からバックアップしてくれます。

アスリートをサポートできる実践的なスキルを身につけたい方や、資格取得後に資格を活かして就職・転職を考えている方にもおすすめです。

キャリカレのHPで講座詳細を見る

ユーキャン・スポーツ栄養プランナー講座

(引用元:ユーキャン公式HP)

ユーキャン・スポーツ栄養プランナー講座は、OfficeLAC-U認定のスポーツ栄養プランナーが目指せる講座です。

講座名 ユーキャン・スポーツ栄養プランナー講座
取得できる資格 OfficeLAC-U認定「スポーツ栄養プランナー」
費用 スポーツ栄養プランナー講座:38,000円(税込)
教材
  • メインテキスト3冊
  • アスリート食レシピ集150
  • 食事記録ノート
  • アスリート食作り実践DVD
  • 添削
  • 検定試験
サポート
  • 回数無制限の質問サポート
  • 添削指導
  • 受講期間延長制度
  • デジタル学習サポート
学習期間 4~8ヶ月

図やイラストを多用した分かりやすいテキストは、栄養学を初めて学ぶ方にも分かりやすく、スポーツフードの基礎知識を無理なく習得できます。

レシピ集やDVD、食事記録ノートなどの副教材は、資格学習に役立つのはもちろん、資格取得後も活用できるのが魅力です。

また、ユーキャンのスポーツ栄養プランナー講座は、デジタル学習サポートによるWEBテストなどeラーニングも利用できます。

家族への食事管理に役立てたい方や、すきま時間を活用して、効率よく学習したい方におすすめです。

ユーキャンのHPで講座詳細を見る

ラーキャリ・アスリートフードアドバイザー資格取得講座

(引用元:ラーキャリ公式HP)

ラーキャリのアスリートフードアドバイザー資格取得講座は、日本技能開発協会認定のアスリートフードアドバイザーが目指せる講座です。

講座名 ラーキャリ・アスリートフードアドバイザー資格取得講座
取得できる資格 日本技能開発協会認定「アスリートフードアドバイザー」
費用
  • アスリートフードアドバイザー資格取得講座:49,500円(税込)
    ※キャンペーン価格:39,500円(税込)
教材
  • テキスト
  • 問題集
  • 添削課題
  • 本試験
サポート
  • 質問サポート
  • 添削指導
学習期間 3週間~

スポーツ栄養学の基礎や、サプリメントやプロテイン・食事と体調管理まで、アスリートの食事サポートに必要な知識を幅広く習得できます。

厳選された学習教材は、初心者でも分かりやすく、スムーズに学習が進められるでしょう。

また、ラーキャリの特長は、最短3週間という短期間で資格取得が目指せることです。

最短ルートでスポーツフードの資格取得を目指したい方や、まとまった学習時間を確保するのが難しい方にもおすすめです。

ラーキャリのHPで講座詳細を見る

フォーミー(formie)・スポーツフードスペシャリスト資格取得講座

(引用元:フォーミー公式HP)

フォーミーのスポーツフードスペシャリスト資格取得講座は、スポーツフードスペシャリスト資格が取得できるサブスクリプション型の通信講座です。

講座名 フォーミー(formie)・スポーツフードスペシャリスト資格取得講座
取得できる資格 日本能力教育推進協会(JAFA)認定「スポーツフードスペシャリスト」
費用
  • スポーツフードスペシャリスト資格取得講座:37,400円(税込・一括)
  • スポーツフードスペシャリスト資格取得講座:3,980円(税込・月額)
教材 オンラインテキスト
サポート 回数無制限のメールサービス
学習期間 1ヶ月~

月額3,980円のリーズナブルな価格で、スポーツフードの知識を手軽に学習できます。

学習教材は、オンラインテキストのみですが、講座の受講から試験までオンラインで完結する手軽さが魅力です。

オンラインテキストは、全14章、51のレッスンに分かれています。

栄養素の基礎から始まり、競技別・目的別・世代年齢別の食事管理や間食・サプリメントのとり方まで、スポーツフードの関連知識を総合的に学習できます。

短期間で資格取得を目指す方や、費用を抑えて資格を取得したい方におすすめです。

フォーミーのHPで講座詳細を見る

日本アスリートフード協会・アスリートフードマイスター講座

(引用元:日本アスリートフード協会)

日本アスリートフード協会のアスリートフードマイスター講座は、日本アスリートフード協会が認定するアスリートフードマイスター1~3級が取得できる講座です。

講座名 日本アスリートフード協会・アスリートフードマイスター講座
取得できる資格 日本アスリートフード協会「アスリートフードマイスター」
費用
  • アスリートフードマイスター1級コース:242,000円(税込)
  • アスリートフードマイスター2級コース:121,000円(税込)
  • アスリートフードマイスター3級コース:73,700円(税込)
教材
  • テキスト
  • 動画講義
サポート
  • 補講サポート
  • スキルアップサポート
学習期間 公表なし

1~3級までのコースに分かれ、スポーツフード初心者からプロの世界で活躍するスポーツ栄養のスペシャリストまで、幅広いレベルに対応しています。

ステップアップしながら講座を受講できるので、無理なく学習を継続できるでしょう。

また、通信講座だけでなく、希望者は通学もできるので、自分に合った学習方法が選択できることもメリットです。

プロのアスリートを対象とした実践的なフードプランニング実習もあるので、プロスポーツの業界で通用する上級者向けの知識・スキルを習得したい方にもおすすめです。

日本アスリートフード協会のHPで講座詳細を見る

NPO法人日本統合医学協会・アスリート栄養学講座

(引用元:日本統合医学協会)

NPO法人日本統合医学協会のアスリート栄養学講座は、アスリート食生活マイスターが取得できる講座です。

講座名 NPO法人日本統合医学協会・アスリート栄養学講座
取得できる資格 NPO法人日本統合医学協会「アスリート食生活マイスター」
費用
  • アスリート栄養学講座:55,000円(税込)
    ※キャンペーン価格:21,780円(税込)
教材
  • テキスト
  • 解説動画
  • 確認テスト
  • オンライン試験
サポート
  • 補講サポート
  • スキルアップサポート
学習期間 2.5ヶ月

分かりやすいフルカラーテキストと動画講義で、アスリート食の基礎から丁寧に学習できます。

また、東洋医学を取り入れた健康的な伝統食をベースに、スポーツ栄養学を応用した献立作りのノウハウも習得できるでしょう。

資格を取得した後は、アスリートの食生活アドバイザーやセルフメディケーションの教室・セミナーを開くなど、講師としても活躍できます。

スポーツフードのレシピも学べるので、料理のスキルアップを目指す方にもおすすめです。

日本統合医学協会のHPで講座詳細を見る

臨床栄養医学協会・スポーツ栄養医学指導士コース

(引用元:臨床栄養医学協会)

臨床栄養医学協会のスポーツ栄養医学指導士コースは、協会が認定するスポーツ栄養医学指導士の資格が取得できる講座です。

講座名 臨床栄養医学協会・スポーツ栄養医学指導士コース
取得できる資格 臨床栄養医学協会「スポーツ栄養医学指導士」
費用
  • スポーツ栄養医学指導士コース:109,000円(税込)
  • 認定スポーツ栄養医学指導士コース:198,000円(税込)
  • スポーツ栄養医学講師コース:330,000円(税込)
教材
  • 動画配信+リアルセミナー
  • 選手サポート実践
サポート
  • 質問タイム
  • 24時間グループチャットサポート
  • ビジネスコンサル
  • 有料イベント
学習期間 4~6ヶ月

計55時間にも及ぶ動画講義で、スポーツ栄養の基礎が徹底的に学べる通信講座です。

また、オプションの認定スキルアップ動画では、追加で計115時間の映像学習が可能となり、スポーツフードの理解をより深められます。

さらに、認定スポーツ栄養医学指導士コースでは映像講義と合わせて、約2ヶ月間トップアスリートの栄養サポートを行う実践学習も可能です。

継続してサポート実習に取り組むことで、即戦力となるスキルが習得でき、自信にもつながるでしょう。

トップアスリートを対象とした第一線で活躍したい方におすすめです。

臨床栄養医学協会のHPで講座詳細を見る

スポーツフードにおすすめの通信講座の口コミ・評判

スポーツフードにおすすめの通信講座の良い口コミ・悪い口コミをまとめました。

良い口コミとしては、学習教材が分かりやすいという口コミや、仕事やプラーベートで役に立ったという、資格取得後の活動に関する口コミが多く見られました。

一方で、学習教材が不十分に感じた方や、通信講座で学習が継続できるか不安に感じた方もいます。

スポーツフードの通信講座は、無理なく資格が取得でき、活動の幅を広げられるメリットがありますが、学習教材や学習スタイルが合っていないと継続が難しいこともあるので、事前の確認が必要です。

ここでは、学習教材・カリキュラム・学習サポートに関する評判や、資格取得後の活動に関する口コミを中心に紹介するので、資格選択の参考にして下さい。

SARAスクール・スポーツフード資格取得講座

(引用元:SARAスクール公式HP)

SARAスクール・スポーツフード資格取得講座の良い口コミ・悪い口コミを紹介します。

スポーツをする子どものためになにか力になれることはないかと思い受講しました。テキストはわかりやすく問題も見直しが簡単にできるようになっていたのでとてもやりやすかったです。

(引用元:SARAスクール公式HP)

スポーツクラブを運営してる事もあり、今後はお客様に栄養アドバイスをする際も自信を持って出来るなと思ってます。

(引用元:SARAスクール公式HP)

難しいところや身体への栄養の効果などはWEBでも授業があればなお良かったと思いました。

(引用元:SARAスクール公式HP)

テキストが分かりやすく、学習が進めやすかったという口コミから、学習教材の質の高さや使い勝手の良さが分かります。

また、講座を受講することで、子どもの食事管理で役立ったという意見や仕事ですぐに活かせる実用的なスキルが習得できたという意見も多く見られました。

一方で、動画講義などオンラインでできる学習ツールが欲しいと感じた方もいるので、学習スタイルが自分に合っているのか確認することが大切です。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

諒設計アーキテクトラーニング・スポーツフードマイスター®W資格取得講座

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

諒設計アーキテクトラーニング・スポーツフードマイスター®W資格取得講座の良い口コミ・悪い口コミを紹介します。

子供がスポーツをするにあたって、少しでもサポートできたらと思い、受講しました。期間中、自身が病気になり中断してましたが、何とか期間内に卒業することができました。自分のペースで勉強できるのが良かったです。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

夫がサッカー選手です。試合前日、直前、当日など、タイミングに合わせた食事や必要な栄養素が分かり勉強になりました。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

教材にイラストや図などがあればもっとよかったと思いますが、卒業後もテキストを読み込んで参考にしたいと思います。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

受講者の口コミから、プロスポーツ選手の食事管理にも役立つ、スポーツ栄養の専門的な知識を習得できることがわかります。

また、テキスト中心の学習教材は、自分のペースで無理なく学習が進められる・資格取得後も見返して参考にできるメリットもあります。

一方で、テキストに図やイラストがあれば、より分かりやすかったという意見もあったので、受講前には学習教材の内容も確認しておきましょう。

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

キャリカレ・スポーツフードアドバイザー®講座

(引用元:キャリカレ公式HP)

キャリカレ・スポーツフードアドバイザー®講座の良い口コミ・悪い口コミを紹介します。

学習内容は資格試験にとても役立ちました。基礎から練習問題、実践編のテキスト、講座の動画、テキストの質問対応などがとても分かりやすくて良かったです。受講料も良心的です。

(引用元:キャリカレ公式HP)

とても役に立ちました。添削問題で、どのような問題が出るのかも理解できましたし質問にも真摯に答えていただいたので、わかりやすく学習することができました。

(引用元:キャリカレ公式HP)

競技生活を行いながら会社員でもあるため、勉強時間については不安な点が多くありました。

(引用元:キャリカレ公式HP)

キャリカレは、添削指導やテキストの質疑応答など、手厚いサポートに定評があります。

学習教材の充実度も高く、コストパフォーマンスに優れた講座であることが分かります。

一方で、仕事や子育てと両立できるのか、学習が継続できるのか不安に感じた方もいるので、学習スケジュールに無理がないか事前に確認しておきましょう。

キャリカレのHPで講座詳細を見る

ユーキャン・スポーツ栄養プランナー講座

(引用元:ユーキャン公式HP)

ユーキャン・スポーツ栄養プランナー講座の良い口コミ・悪い口コミを紹介します。

口コミから、アスリートの食事管理からダイエットまで、実用的な知識が身につく講座であることが分かります。

また、期間限定のキャンペーンを利用すれば、費用を抑えて受講できるメリットもあるでしょう。

テキストは、図やイラストを多用して、分かりやすくまとめられていますが、物足りなさを感じた方もいるので、資料請求などで教材内容を確認しておくのがおすすめです。

ユーキャンのHPで講座詳細を見る

ラーキャリ・アスリートフードアドバイザー講座

(引用元:ラーキャリ公式HP)

ラーキャリ・アスリートフードアドバイザー講座の良い口コミ・悪い口コミを紹介します。

トレーニング時とオフ、試合前と試合後の気をつけるところが違ったり、食事のポイントが違ったり、学校では学べなかったこと学べました。

(引用元:ラーキャリ公式HP)

講座受講前は本やインターネットで調べていましたが、何が正解なのかわからなくてモヤモヤしていました。こちらの講座をうけて資格取得までスムーズに学習を進めることができました。ありがとうございました。

(引用元:ラーキャリ公式HP)

ハードルを高くした方が頑張れるので、もう少しだけ量多めの内容難しくても良かった

(引用元:ラーキャリ公式HP)

ラーキャリの講座では、独学で挫折してしまった方やスキルアップを目指す方も、効率よくスポーツ栄養について学べることが分かります。

スポーツ栄養学をはじめて学ぶ方だけでなく経験者でも、新たな学びにつながり、より理解を深められるでしょう。

内容が少ないと感じた方もいますが、短期間で手軽に資格を取得したい方には最適な講座です。

ラーキャリのHPで講座詳細を見る

フォーミー(formie)・スポーツフードスペシャリスト講座

(引用元:フォーミー公式HP)

フォーミー(formie)・スポーツフードスペシャリスト講座の良い口コミ・悪い口コミを紹介します。

自分と家族の健康な体を保つかどうかは自分の手にかかっていると思うので、責任を持って学習したことを活用していきます!

(引用元:フォーミー公式HP)

自炊が少ない為、栄養不足が原因かと思いサプリメントを大量に飲んでいましたが、サプリメントは、あくまで食事の補助ということをしっかり認識しなければいけないと痛感しました。アスリートになるわけではないのですが、学んだことを生かして毎日元気いっぱいの生活をしていきたいと思います!

(引用元:フォーミー公式HP)

今回合格しましたが、忘れかけていた事や新たに学ばなければいけない項目も見つけれたので、これを機に栄養全般を学び直したいと思います。

(引用元:フォーミー公式HP)

フォーミーでは、アスリートの食事管理だけでなく、自分や家族の健康管理に役立つ身近な栄養学が学べる講座であることが分かります。

サプリメントのとり方など、食事だけでなく、補助食品についても学び、理解を深められるでしょう。

講座の受講をきっかけに、足りない部分は学び直しをするなど、次なるステップへとつなげるきっかけにもなった方もいます。

フォーミーのHPで講座詳細を見る

日本アスリートフード協会・アスリートフードマイスター講座

(引用元:日本アスリートフード協会)

日本アスリートフード協会・アスリートフードマイスター講座の良い口コミ・悪い口コミを紹介します。

資格取得後は講演・セミナーで食事のお話をする機会も増え、活動に広がりができました。

(引用元:日本アスリートフード協会)

野球の男児とフィギュアスケートの女児。作るべき体の目標が全く違い、混乱していたけど、工夫ができるようになって、サポートも楽しみに。

(引用元:日本アスリートフード協会)

アスリートフードマイスターの資格を取得することで、講師活動をしたり、仕事のサービス向上につながったり、活動の幅が広がったという意見が多く見られました。

また、スポーツをする子どもの食事管理など、家族の健康管理に活用している方もいます。

学習教材・学習カリキュラムが充実し、資格取得まで段階的に学習できますが、2級・1級は難易度も高いので、十分な学習期間と徹底した試験対策が必要でしょう。

日本アスリートフード協会のHPで講座詳細を見る

NPO法人日本統合医学協会・アスリート栄養学講座

(引用元:日本統合医学協会)

NPO法人日本統合医学協会・アスリート栄養学講座の口コミを紹介します。

アスリートならではの食事や試合前、試合後の食事など沢山学ぶ事ができこれからの食事作りに活かしていけると思います。

(引用元:NPO法人日本統合医学協会)

今回、アスリート栄養学を勉強してパフォーマンスをより発揮するには、どの栄養素をどのタイミングで摂取するか、どのくらい摂取するかなどを学ぶことが出来ました。これから、ランニングする上で自分自身の栄養管理、そして自分だけでなく、チームの仲間にも栄養管理を聞かれた時はこれらの学んだことを伝えていきたいです。

(引用元:NPO法人日本統合医学協会)

口コミから、アスリートの食事管理に役立つ実践的なスキルが習得できる講座であることが分かります。

スポーツ栄養の知識を短期間で取得できるので、プロアスリートやチームを支える専門的な知識を効率よく取得したい方に適しているでしょう。

日本統合医学協会のHPで講座詳細を見る

臨床栄養医学協会・スポーツ栄養医学指導士

(引用元:臨床栄養医学協会)

臨床栄養医学協会・スポーツ栄養医学指導士の口コミを紹介します。

選手の為にやるべき事をトータルで知ることが出来た初めてのセミナーでした。

(引用元:臨床栄養医学協会)

ただ学ぶだけではなく「どうしたらサポートにつながるのか?」セミナーの構成や資料作成までなんでも相談することができました。

(引用元:臨床栄養医学協会)

スポーツ栄養学の知識の習得だけでなく、実践型のプログラムまで含んだカリキュラムの充実度に定評があります。

学習相談など、サポートも手厚く、疑問点をすぐに解決しながらスムーズに学習が進められるでしょう。

臨床栄養医学協会のHPで講座詳細を見る

スポーツフード資格の失敗しない選び方

スポーツフード資格の失敗しない選び方のポイントは以下の3点です。

  • どこでどのように資格を活用したいか考える
  • 資格取得の費用や学習方法を比較する
  • 資格取得者の口コミ・評判を参考にする

資格選びに失敗しないためには、どのように資格を活用したいのか資格取得の目的を明確にしておくことが大切です。

また、資格取得に必要な費用・学習方法を比較し、無理なく学習を継続できるか確認しておくことも重要なチェックポイントです。

さらに、資格取得者の口コミ・活動内容を確認しておくと、資格取得に向けた学習と資格取得後の活動のイメージが掴みやすく、無理なく学習を進められます。

スポーツフードの資格選びは、資格取得の目的を明確にし、口コミを参考にしながら資格取得後の活用方法を具体化しておくことや、費用・学習方法などの特徴を比較するのが大切です。

スポーツフードの資格は数多くありますが、資格を有効活用するためにも、ポイントを押さえて自分に合った資格を選びましょう。

どこでどのように資格を活用したいか考える

自分に合った資格を選択するためには、スポーツフードの資格取得を目指す目的や活用方法を明確にしておくことが大切です。

目的が不明瞭なまま資格を取得すると、思うように資格を活かせない可能性があります。

スポーツの現場ですぐに役立つ知識やスキルを取得したい方や、スポーツフードの基礎を学び、家族の食事サポートに活用したい方は、「スポーツフードマイスター®」や「アスリート栄養食インストラクター®」がおすすめです。

段階的な学習カリキュラムで短期間に効率よく学び、スポーツフードの基礎知識を習得できます。

一方で、栄養学や解剖学・運動生理学など、スポーツフードを多角的に学び、トップアスリートをサポートするスポーツ栄養のプロを目指す方は「公認スポーツ栄養士」や「スポーツ栄養医学指導士」が適しています。

有資格者は就職にも有利になり、活躍の場を広げられるでしょう。

「諒設計アーキテクトラーニングのスポーツフードマイスター®W資格取得講座」では、スポーツフードマイスターとアスリート栄養食インストラクターの資格が取得できます。

初心者にも優しい学習カリキュラム・学習サポートを利用して、短期間で効率よく資格を取得したい方におすすめです。

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

資格取得の費用や学習方法を比較する

スポーツフードの資格は、民間資格から国家資格まで、さまざまな種類があります。

独学で取得可能なものは、費用を最小限に抑えられますが、大学や専門学校での学習が必要な資格は、費用が高額になり、長期的な学習期間が必要です。

費用を抑えて、短期間に効率よく学習したい方は、通信講座で取得できる資格がおすすめです。

講座から資格取得まで、自宅で完結できる資格であれば、仕事や育児と両立しやすく、自分のペースで資格が取得できます。

一方で、指定科目や講習会の受講が必要な資格は、実施期間・場所・費用を事前に確認し、資格取得までの学習計画を綿密に立てることが大切です。

資格選びに失敗しないためにも、資格内容や活用方法だけでなく、試験の概要を比較して自分に合った資格を選びましょう。

「SARAスクールのスポーツフード資格取得講座」では、リーズナブルな講座費用でスポーツフードマイスターとアスリート栄養食インストラクターの資格が取得できます。

短期間で資格取得を目指す方や、自宅で手軽に資格を取得したい方にもおすすめです。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

資格取得者の口コミ・評判を参考にする

資格取得者の口コミや評判・資格取得後の活動内容を参考にすると、資格取得までの流れや取得後の姿もイメージしやすくなります。

資格取得後の姿をイメージし、目的を明確にしておくことで、モチベーションアップにもつながるでしょう。

資格取得者の口コミには、良い口コミだけでなく悪い口コミもあります。

それぞれの意見を確認しておくことで「イメージしていた内容と違った」「試験対策が大変で継続できない」など、資格選びに失敗するリスクも抑えられます。

資格選びで失敗しないためにも、良い口コミ・悪い口コミ・資格取得後の活動内容を確認し、具体的にイメージしておくことがポイントです。

スポーツフード資格の試験概要

(引用元:日本安全食料料理協会)

スポーツフード資格の試験概要は以下の通りです。

表は左右にスクロールできます。

資格名 スポーツフードマイスター® アスリート栄養食インストラクター® スポーツフードアドバイザー® スポーツ栄養プランナー アスリートフードアドバイザー スポーツフードスペシャリスト アスリートフードマイスター スポーツスーパーフードマイスター 公認スポーツ栄養士 管理栄養士 認定スポーツ栄養医学指導士
主催団体 日本安全食料料理協会 日本インストラクター技術協会 日本能力開発推進協会(JADP) OfficeLAC-U 日本能力開発推進協会(JADP) 日本能力教育推進協会(JAFA) 日本アスリートフード協会 日本スーパーフード協会 日本栄養士会・日本スポーツ協会 厚生労働省 臨床栄養医学協会
受験資格 特になし 特になし 指定講座の修了者
(キャリカレ・スポーツフード
アドバイザー®資格取得講座)
指定講座の修了者
(ユーキャン・スポーツ栄養
プランナー講座)
特になし 指定講座の修了者(fomie・
スポーツフードスペシャリスト
資格取得講座)
1級:アスリートフードマイスター
2級の有資格者
2級:アスリートフードマイスター
3級の有資格者
3級:特になし
ジュニアスーパーフードマイスター講座
の修了者で、スポーツスーパーフード
マイスター資格取得講座の受講者
  • 管理栄養士の有資格者
  • 公認スポーツ栄養士養成講習会の
    受講者
  • 講習会の参加時点で満22歳以上で
    あること
  • スポーツ栄養指導の経験がある、
    または予定があること

 

  • 栄養士免許を取得している
  • 管理栄養士養成施設(4年)の修了者
  • 栄養士養成施設(4年)の修了、
    かつ栄養士の実務経験1年以上
  • 栄養士養成施設(3年)の修了、
    かつ栄養士の実務経験2年以上
  • 栄養士養成施設(2年)の修了、
    かつ栄養士の実務経験3年以上
指定講座の修了者(臨床栄養医学協会・
認定スポーツ栄養医学指導士コース)
受験料 10,000円(税込) 10,000円(税込) 5,600円(税込) ー(講座費用のみ) 11,000円(税込) ー(講座費用のみ) 1級:242,000円(税込・受講料込み)

2級:121,000円(税込・受講料込み)

3級:73,700円(税込・受講料込み)

66,000円(税込・講座費用を含む) 23,300円(税込) 6,800円(税込) 198,800円(講座費用を含む)
受験方法 在宅受験 在宅受験 在宅受験 在宅受験 在宅受験 在宅受験 会場・在宅受験 会場受験
(日本スーパーフード協会・
表参道オフィス)
会場・在宅受験 会場受験
(北海道・宮城・埼玉・東京・愛知・
大阪・岡山・福岡・沖縄)
コース終了後に認定
試験日程 年6回(2・4・6・8・10・12月) 年6回(2・4・6・8・10・12月) 随時 随時 随時 随時 年4回(1月・4月・7月・10月) 未定 2024年7月~11月 2024年3月3日(日) 随時

スポーツフードマイスター®やアスリート栄養食インストラクター®など、スポーツフード資格の一部の試験は、在宅受験が可能です。

一方で、受験資格に指定講座の修了が必要な資格や認定資格もあります。

例えば、国家資格である管理栄養士は、会場受験のみで、在宅では試験が受けられません。

また、受験資格として養成施設の修了が必要です。

スポーツフード資格は、選択する資格によって、試験内容が大きく異なります。

資格取得後の活用方法や受験方法・学習期間を比較し、自分に合った資格を選択しましょう。

「諒設計アーキテクトラーニングのスポーツフードマイスター®W資格取得講座」は、スポーツフードマイスター®とアスリート栄養食インストラクター®の2資格が在宅で取得できます。

試験免除制度も利用できるので、確実に資格を取得したい方におすすめです。

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

スポーツフード資格の合格率・難易度

(引用元:日本インストラクター技術協会)

スポーツフード資格の合格率・難易度は選択する資格によって異なります。

「スポーツフードマイスター®」や「アスリート栄養食インストラクター®」は、在宅受験・教材の持ち込みも可能なので、難易度は低く、初心者でも取得しやすい資格です。

一方で、国家資格である管理栄養士は約55~65%の合格率を推移しています。

受験資格を満たすために専門学校や大学で必要単位を取得する必要もあり、スポーツフード資格の中では難易度の高い試験です。

通信講座で取得できるスポーツフードの民間資格は、難易度が低く、初心者でも取得しやすい傾向があります。

一方で、管理栄養士や公認スポーツ栄養士の資格は、比較的難易度が高く、大学・専門学校での学習を含めた長期的な計画が必要です。

スポーツフードを初めて学ぶ方は、「SARAスクールのスポーツフード資格取得講座」がおすすめです。

段階的な学習カリキュラムで基礎から丁寧に学び、無理なく資格取得が目指せるでしょう。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

スポーツフード資格の合格率

(引用元:日本アスリートフード協会)

スポーツフードの資格の中で、合格率が公表されている資格は、管理栄養士とアスリートフードマイスターの2資格のみです。

管理栄養士の過去3年間の合格率は以下の通りです。

試験年度 合格率
令和5年度試験 56.6%
令和4年度試験 65.1%
令和3年度試験 64.2%

(参考:厚生労働省HP)

管理栄養士の合格率は、約55~65%前後を推移し、国家試験の中でも、比較的合格率が高い試験です。

一方で、アスリートフードマイスターの合格率は3級で約85%、2級で35%と公表されています。

3級は合格率が高く、合格しやすい試験といえますが、2級は合格率が低く、試験合格のためには、徹底的な試験対策が必要です。

スポーツフードの資格は合格率が公表されている試験が限られています。

その中でも、合格率が50%を下回るアスリートフードマイスター2級は難易度の高い試験です。

試験合格を目指すには、最新の試験傾向を踏まえた徹底的な試験対策が求められるでしょう。

スポーツフード資格の難易度

(引用元:日本安全食料料理協会)

通信講座を利用して取得できるスポーツフード資格の難易度は低く、初心者でも無理なく資格が取得できます。

諒設計アーキテクトラーニングの講座で資格が取得できる「スポーツフードマイスター®」と「アスリート栄養食インストラクター®」は、試験免除制度を活用することで、確実に資格を取得できるのがメリットです。

一方で、国家資格の管理栄養士や合格率が低いアスリートフードマイスターは、スポーツフード資格の中でも難易度は高めでしょう。

スポーツフードの資格は、選択する資格によって難易度が多く異なります。

在宅受験や認定制度を活用できる資格は、比較的難易度が低めですが、国家資格やアスリートフードマイスターの上位級は難易度が高い資格といえます。

難易度の易しいスポーツフード資格を取得したい方は「諒設計アーキテクトラーニングのスポーツフードマイスター®W資格取得講座」がおすすめです。

在宅受験でスポーツフードマイスター®とアスリート栄養食インストラクター®の2資格が取得できます。

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

スポーツフードの資格取得にかかる費用

スポーツフードの資格取得にかかる費用は、取得する資格の種類や学習方法によって異なります。

独学・通信講座・大学・専門学校に通う場合の相場は以下の通りです。(試験受験料を含む)

学習スタイル 費用(試験受験料込み)
独学 約1~2万円
通信講座 約4~30万円
大学・専門学校 約100万円~

独学は低コストで資格取得が目指せますが、効率よく短期間で資格を取得したい方には通信講座がおすすめです。

大学や専門学校で学ぶ場合には、十分な費用と学習期間が必要です。

スポーツフードの資格を取得する費用は、選択する学習方法によって大きく異なります。

効率よく学習し、確実に資格を取得するためにも、自分の予算や環境に合った学習方法を選択しましょう。

独学で行動心理資格を取得する場合

独学の場合、必要な費用はテキスト代と試験の受験料のみで、費用を十分に抑えられます。

独学で取得できる各資格試験の受験料は以下の通りです。

資格名 受験料
スポーツフードマイスター® 10,000円(税込)
アスリート栄養食インストラクター® 10,000円(税込)

テキストと試験受験料を合わせても、費用は約1~2万円で十分でしょう。

通信講座で行動心理資格を取得する場合

通信講座は動画講義とテキスト、受験料・認定料がセットになったコースが一般的です。

スポーツフードの資格におすすめの通信講座の費用は以下の通りです。

会社名 講座名・講座料金
SARAスクール スポーツフード資格取得講座
  • 基本コース:59,800円(税込)
  • プラチナコース:79,800円(税込)
諒設計アーキテクトラーニング スポーツフードマイスター®W資格取得講座
  • 基本コース:59,800円(税込)
  • プラチナコース:79,800円(税込)

通信講座で必要な講座料金は約4~30万円です。

選択する通信講座によって費用が異なりますが、一貫性のある学習カリキュラムで、効率よく資格取得を目指せるメリットがあります。

また、学習サポートも充実し、学習スケジュールや内容を管理しながら学習を進められるでしょう。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

大学・専門学校で行動心理資格を取得する場合

大学・専門学校では最低でも年間100万円以上の学費が必要です。

アスリートフード専攻コースを開講する専門学校の費用例を紹介します。

【大原簿記専門学校・アスリートフード専攻コース】

入学金 200,000円(税込)
授業料(1年次) 700,000円(税込)
教材費(1年次) 80,000円(税込)
維持費(1年次) 180,000円(税込)
実習・演習費(1年次) 200,000円(税込)
合計 1,160,000円(税込)

(参考:大原簿記専門学校公式HP)

大学・専門学校で学ぶメリットは、スポーツフードの専門的なスキルを実践から学べることや複数の資格取得が目指せること、学習から就職までのトータルサポートがあることです。

一方で、費用が高く、通学が必要なため、継続して通える学習環境を整える必要があります。

スポーツフードの資格を取得する費用は、選択する学習方法によって大きく異なります。

効率よく学習し、確実に資格を取得するためにも、自分の予算や環境に合った学習方法を選択しましょう。

スポーツフードの資格を取得するメリット

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

スポーツフードの資格を取得するメリットは以下の3点です。

  • スポーツフードの知識を効率よく習得できる
  • 自分や家族の健康管理に役立つ
  • スポーツ・食事に関係する仕事に活かせる

スポーツフードの情報は独学でも入手できますが、資格取得を目指して勉強すれば、効率よく学び、必要な知識・スキルを習得できるのがメリットです。

また、スポーツフードの知識があれば、トップアスリートだけでなく自分や家族の健康や栄養管理にも役立ちます。

さらに、資格があれば、スポーツフードの知識が身についている証明となって、スポーツ関連の仕事の就職や現場でも有効活用できるでしょう。

スポーツフードの資格取得は、正しい知識を効率よく習得できることや、仕事・プライベートで活かせる実践的なスポーツ栄養学のスキルが身につくメリットがあります。

資格を取得するべきかお悩みの方は、取得することでどのようなメリットがあるのか把握しておくことで、学習のモチベーションも高められ、資格を有効活用できるでしょう。

スポーツフードの知識を効率よく習得できる

スポーツフードの知識は、本やネットから入手できますが、適切な情報を選択するのが難しく、どのように実践すればよいのか分からないなど、実践方法に悩むこともあるでしょう。

資格取得を目指して学習すれば、厳選された学習教材を使って、スポーツ栄養学に必要な知識を効率よく習得できます。

また、スポーツ栄養学を身につけるためには、インプットだけでなくアウトプットも必要です。

スポーツフード資格は、添削問題や課題の提出によって個別指導が受けられるものや、プロアスリートの食事指導体験ができる講座もあるので、実践力・応用力も十分養えるでしょう。

一口にスポーツといっても、エネルギー消費量や必要な筋力は競技によって異なります。また、同じ競技であっても、プロ選手とジュニアアスリートでは目指すものがまったく違いますし、試合当日とシーズンオフでは体の使い方も変わってくるものです。スポーツフードに関する資格を取得することで、競技別・目的別に選手のコンディションを整える、最適な食事メニューを組み立てられるようになるでしょう。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

「諒設計アーキテクトラーニングのスポーツフードマイスター®W資格取得講座」では、段階的な学習カリキュラムで、スポーツフードに必要な知識や技術を効率よく習得できます。

スポーツフード初心者や、短期間で効率よく学びたい方は通信講座を利用した資格取得がおすすめです。

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

自分や家族の健康管理に役立つ

スポーツフードの知識は、トップアスリートの食事管理だけでなく、自分や家族の健康・栄養管理にも役立ちます。

スポーツをする子どもや家族の日々の食事内容や栄養バランスを正しく管理することで、怪我を防止し、スポーツのパフォーマンス向上もサポートできるでしょう。

スポーツフードに関する資格を取得すると、パフォーマンス向上やケガ防止のため、いつ何をどの程度食べればいいのかがわかるようになります。部活動やクラブチームでスポーツに励む子供や、趣味で運動をしているパートナーなど、家族や身近な人に適した食事を用意できるようになるでしょう。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

スポーツフードの資格は、競技や年齢・コンディションに合わせたスポーツ栄養学について総合的に学び、実践的なスキルを習得できます。

資格取得によって得た知識を、仕事に活かすだけでなく、家族の健康管理など身近なところでも有効活用できることが資格取得のメリットといえます。

部活動やスポーツに取り組む家族を応援したい方、正しい知識を身につけて家族の健康を管理したい方にもおすすめです。

スポーツ・食事に関係する仕事に活かせる

スポーツフードの有資格者は、専門的な知識・スキルを習得している証明になるので、スポーツや食事に関係する就職・転職で有利になります。

また、資格があれば講師としてスポーツフードに関するセミナーや教室を開くなど、独立・開業も可能です。

スポーツフードに関する資格を活かして、料理教室やセミナー講師として独立することも可能です。また、資格取得後、スポーツトレーナーとして経験を積み、スポーツチームや選手個人と専属契約を結ぶ道もあります。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

既にスポーツ業界で働いている方も、スポーツフードの理解を深めることで、サービスの質を高められるでしょう。

スポーツの分野で活躍したい、スポーツフードに関係するサービスの質を向上させたいと考えている方も資格取得がおすすめです。

スポーツフードの資格取得が向いている方

スポーツフードの資格取得が向いている人・おすすめできる人を紹介します。

スポーツフードの資格取得がおすすめできる人
  • 料理・スポーツの分野で働いている方・興味がある方
  • プロスポーツに関係する仕事に就きたい方
  • 自分や家族の健康管理を考えている方

スポーツフードの資格は、スポーツの仕事で活かせる実践的な知識を習得できるので、スポーツの分野で働いている方・興味がある方におすすめです。

また、競技別の栄養・食事管理の知識は、プロスポーツ選手のサポートにも活用できます。

さらに、スポーツフード資格は、自分や家族の食事と健康管理にも役立ちます。

スポーツ業界で働いている方はもちろん、これからプロスポーツの世界で働きたい方やスポーツをする家族のサポートをしたいと考えている方もスポーツフード資格の適性があります。

習得した知識・技術を最大限に活用するためにも、スポーツフードの資格取得が自分に合っているのか、事前に確認するといいでしょう。

適性を活かして、スポーツフード資格を取得したい方は「SARAスクールのスポーツフード資格取得講座」がおすすめです。

仕事だけでなく、プライベートでも活かせるスポーツフードの知識が習得できます。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

料理・スポーツの分野で働いている方・興味がある方

(引用元:日本インストラクター技術協会)

料理・スポーツの分野で働いている方は、学習した内容をイメージしやすく、習得した知識をすぐに実践・応用できるメリットがあります。

また、実務経験がない方でも、スポーツに興味がある方は意欲的に学べるので、今後の就職や活動の中で資格を活かせる機会があるでしょう。

子供対象のスポーツ教室や中高年世代に人気の健康教室でも、スポーツフードの知識は役立ちます。体力・筋力アップに効果的な食事メニューを提案することで、多くの人々の健康をサポートできるはずです。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

スポーツフードは、食事に関係する資格であり、栄養バランスを考えるだけでなく、実際に調理ができることで活動の幅が広がります。

料理が得意な方や興味がある方も、スポーツフードの適性があるといえるでしょう。

スポーツフード資格は、スポーツ・飲食の分野でスキルアップを目指す方や、今後の仕事・活動を広めたい方におすすめです。

プロスポーツに関係する仕事に就きたい方

スポーツフードの知識は、プロスポーツで活躍する選手の食事管理に役立ちます。

選手たちが怪我を防止し、パフォーマンスを向上させるためには、トレーニングだけでなく、日々の食事管理が欠かせません。

コーチや監督・トレーナー・マネージャーなどのサポート役は、スポーツフードの知識を取得することでパフォーマンスを高める最適な食事をアドバイスできるようになるでしょう。

スポーツフードの知識を身に付けることで、練習だけではカバーしきれない選手の体づくりを食事面から補うことができます。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

スポーツフード資格は、選手の体づくりを支える、実践的な知識・スキルを習得できる資格です。

プロスポーツの世界で、選手のサポートをしたい、食事・健康管理に関係する業務に携わりたいと考えている方は、スポーツフード資格の適性があるでしょう。

自分や家族の健康管理を考えている方

スポーツフードの知識は、子どもから高齢者まで、さまざまな年代の食事管理について学べます。

特に、成長過程にある子どもは、年齢や発達にあった栄養管理が大切です。

栄養バランスが整った食事を提供し、規則正しい生活を促すことで、体力・筋力を高めて、スポーツを怪我なく楽しめるようになるでしょう。

さらにスポーツフード資格は運動だけではなく、子供やお年寄りの方の食事にも大活躍。様々な年代の方を食事の面からサポートしたいと思う方も、スポーツフード資格の取得に向いていますよ。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

また、趣味でスポーツを楽しむ方も、食事内容を工夫することで基礎体力や持久力が上がり、よりスポーツを楽しめるようになります。

家族や自分の食事や健康管理を強化したい方は、スポーツフード資格の取得が向いているでしょう。

「諒設計アーキテクトラーニングのスポーツフードマイスター®W資格取得講座」では、プライベートでも活かせるスポーツフードの基礎から応用まで、効率よく習得できます。

スポーツフードを初めて勉強する方にもおすすめです。

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

スポーツフードの資格取得が向いていない方

スポーツフードの資格取得が向いていない人・おすすめできない人を紹介します。

スポーツフードの資格取得が向いていない・おすすめできない人
  • スポーツに興味がない方
  • 人とのコミュニケーションが好きではない方

スポーツフード資格は、スポーツに適した食事や栄養に特化した資格なので、スポーツに興味がない方は、意欲的に学習できない可能性があります。

また、人とのコミュニケーションが好きではない方も、スポーツフードの資格取得がおすすめできません。

なぜなら、スポーツフードの知識を活かすには、選手とのコミュニケーションが必要であり、コミュニケーションが不足するとスキルを十分に発揮できない可能性があるからです。

人との関わりが好きではない方やスポーツに興味がないタイプの方は、スポーツフードの資格取得が向いていない可能性があります。

スポーツフードを意欲的に学び、実践するためにも、スポーツフード資格が自分に向いているのか、事前に確認しておきましょう。

スポーツに興味がない方

スポーツフード資格は、スポーツに深く関係する学習分野です。

スポーツに興味がない方やスポーツに馴染みがない方は、イメージが掴みにくく、理解が難しい可能性もあります。

スポーツフードの資格は、食事管理に関係する資格なので、スポーツが苦手でも問題ありませんが、興味・関心がない方は意欲的に学習できず挫折してしまうこともあるでしょう。

人とのコミュニケーションが好きではない方

スポーツフードの資格を活かすには、サポートする相手とのコミュニケーションが必要な場面もあります。

コミュニケーションが不足すると、ヒアリングが円滑に進められず、知識を上手く活かせない可能性もあるでしょう。

一方で、コミュニケーションに苦手意識があるからこそ、スポーツ栄養学への理解を深めて、自信を持ちたいと考える方もいるでしょう。

目的によっては、仕事におけるサービス・サポートの質をより良くすることも可能です。

人とのコミュニケーションが好きではない方は、資格を十分に活かすためにも、資格取得の目的を明確にしておくことが大切です。

スポーツフード資格の仕事内容・活躍分野

スポーツフードの資格を取得するとどのような仕事に活かせるのか、具体的な仕事内容・活躍分野を紹介します。

代表的な仕事内容・活躍分野は以下の3つです。

  • スポーツチームや企業に所属して働く
  • 医療機関・スポーツジムで働く
  • スポーツフードに関係するセミナーや教室を開く

スポーツフードの資格は、スポーツチームや企業のクラブチームで働く際に役立ちます。

また、医療機関・スポーツジムでは、スポーツフードの知識がサービス向上にもつながるでしょう。

さらに、講師として開業・独立すれば、スポーツフードに関する教室やセミナーも開講できます。

スポーツフードの資格取得後は、スポーツチームで働くだけでなく、医療機関・スポーツジムで働いたり、講師として活動したりと、幅広い分野で活躍できます。

取得した資格を有効活用するためにも、資格をどのように活かしたいのか、どのような職業に就きたいのかイメージしておくことが大切です。

仕事で活かせるスポーツフード資格を取得したい方は「SARAスクールのスポーツフード資格取得講座」がおすすめです。

資格取得後は、講師活動も可能になり、活動の幅が広げられるでしょう。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

スポーツチームや企業に所属して働く

スポーツフードの資格は、監督やコーチ・トレーナー・マネージャーとして、スポーツチームや企業のクラブチームで働く際に活用できます。

スポーツチームでは、マネージャーが選手の栄養管理を任されることがあります。所属選手に必要な栄養を考えながら食事メニューを組み立てれば、チームの勝利にも大きく貢献できるでしょう。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

スポーツフードの理解を深めることで、選手への正しいケアと食事や健康管理の適切なアドバイスができるようになるでしょう。

具体的な仕事内容は、選手のコンディションや試合前後、トレーニング前後など状況に応じた食事メニューの考案・食事方法のアドバイスです。

資格取得者は、スポーツフードの基礎知識や応用スキルを身に付けている証明になり、スポーツチームやクラブチームのある企業への就職・転職の際にも有利になります。

医療機関・スポーツジムで働く

スポーツフードの資格は、プロスポーツ業界だけでなく、医療機関・スポーツジムでも活用できます。

プロのスポーツチームや実業団、高校・大学のクラブチームなどのほか、トレーニングジムやフィットネスクラブでスポーツトレーナーとして働くことも可能です。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

ジムトレーナーの仕事は、トレーニング方法を指導するだけではありません。

健康管理や食事についてプラスαの知識があれば、健康的な体作りのトータルサポートが可能となり、より良いサービスが提供できるようになるでしょう。

また、スポーツフード資格を取得するためには、高齢者が健康的に過ごすための食事方法や基本的な栄養学についても学習します。

食事や栄養管理に関係するスキルは、医療機関で行う食事指導やアドバイスにも活用できるでしょう。

スポーツフードに関係するセミナーや教室を開く

スポーツフードの資格取得後は、独立・開業し、講師としての活動も可能です。

スポーツフードに関する資格を活かし、料理教室でスポーツフードに特化したクラスを受け持つこともできます。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

部活動やクラブチームでスポーツに励む子どもを持つ家庭では、食事管理に悩む方も多く、プロによる指導が求められています。

スポーツフードに関係する教室・セミナーを開講することで、スポーツをする人やその家族をサポートすることにもつながるでしょう。

スポーツフードへの注目が高まる中で、スポーツフード資格は、活躍の場も幅広く、講師として独立・開業しやすい資格といえます。

スポーツフードの資格に関するよくある質問

スポーツフードの資格に関するよくある質問をまとめました。

  • スポーツフードの資格は意味がない・役立たないって本当?
  • スポーツフードの資格は独学で取得できる?
  • スポーツフードマイスターの資格取得に必要な費用は?
  • スポーツフードマイスターの難易度・合格率は?
  • スポーツフードマイスターの過去問はある?
  • スポーツフードマイスターとアスリートフードマイスターの違いは?
  • スポーツフードマイスター・スポーツフードアドバイザーの仕事内容は?
  • フードマイスター資格の種類はどのくらいある?
  • スポーツフードの資格に国家資格はある?
  • スポーツフード資格におすすめの本・テキストは?
  • アスリートフードマイスターの年収・給料は?

資格取得の際の参考にして下さい。

スポーツフードの資格は意味がない・役立たないって本当?

スポーツフードの資格は意味がない・役立たないという口コミが見られますが、スポーツフードの資格は、仕事やプライベートで有効活用できる資格です。

では、なぜ意味がないといわれているのか、理由として、資格に関係する2つの特徴が挙げられます。

  • スポーツフード資格のほとんどが民間資格であること
  • スポーツフード資格の選択が難しいこと

スポーツフード資格のほとんどは、民間資格です。

中には、認知度が低く、就職・転職で活用できない場合もあります。

また、資格の種類が多いので、自分に合った資格を選ぶのが難しく、知識を上手く活かせないこともあるでしょう。

ミスマッチを防ぐためにも、各資格の試験内容や資格取得の目的を明確にしておくことが大切です。

資格を仕事に活かしたい場合は、必要となるスキルが習得できるのかを判断するため、試験内容や講義の内容、資格取得後の就職先・口コミを確認しておくといいでしょう。

スポーツフードの資格は、スポーツチームやジム、医療機関など幅広い場所で活用できる資格です。

また、独立・開業し、講師として教室やセミナーも開講できます。

資格取得後の活用方法を具体的にイメージし、自分の目的に合った資格を取得することで、スポーツフードの資格が意味のあるものになるでしょう。

スポーツフードの資格を仕事に活用したい方は「SARAスクールのスポーツフード資格取得講座」がおすすめです。

資格取得後に仕事で活かせるスポーツフードの2資格が同時に取得できます。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

スポーツフードの資格は独学で取得できる?

スポーツフードの資格は、独学でも取得できます。

しかし、独学の場合は教材の選択から試験対策まで、自分で行う必要があり、資格取得に時間がかかる可能性もあります。

短時間・短期間で効率よく資格を習得したい方は、通信講座の利用がおすすめです。

通信講座を利用すれば、最短1ヶ月でスポーツフードの資格取得が目指せます。

独学は、費用が抑えられるメリットがありますが、確実に資格を取得したい方や勉強時間が限られている方は、通信講座の受講も検討するといいでしょう。

「諒設計アーキテクトラーニングのスポーツフードマイスター®W資格取得講座」は、スポーツフードの資格が短期間で取得できます。

仕事や育児とも両立しやすく、効率よく試験対策を進めたい方におすすめです。

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

スポーツフードの資格に国家資格はある?

スポーツフードの資格の中で、唯一の国家資格が「管理栄養士」です

管理栄養士は、スポーツフードに特化した資格ではありませんが、スポーツフードに必要な栄養学の専門知識を習得できます。

その他のスポーツフード資格は全て民間資格であり、試験の実施機関もさまざまです。

管理栄養士の試験概要は以下の通りです。

主催団体 厚生労働省
受験資格
  • 栄養士免許を取得している
  • 管理栄養士養成施設(4年)の修了者
  • 栄養士養成施設(4年)の修了、かつ栄養士の実務経験1年以上
  • 栄養士養成施設(3年)の修了、かつ栄養士の実務経験2年以上
  • 栄養士養成施設(2年)の修了、かつ栄養士の実務経験3年以上
受験料 6,800円(税込)
受験方法 会場受験(北海道・宮城・埼玉・東京・愛知・大阪・岡山・福岡・沖縄)
2023年度試験日程 2024年3月3日(日)

(参考:厚生労働省HP)

管理栄養士の資格を取得するためには、管理栄養士の養成機関、もしくは栄養士の養成機関の修了と実務経験が必要です。

受験資格の取得から試験まで、長期的な学習計画が必要な資格といえるでしょう。

スポーツフードマイスター®の資格取得に必要な費用は?

(引用元:日本安全食料料理協会)

スポーツフードマイスター®の資格取得は、独学と通信講座を利用する場合で費用が異なります。

独学の場合、検定費用の1万円とテキスト料金、通信講座の場合は6~8万円ほど必要です。

SARAスクール・スポーツフード資格取得講座では、スポーツフードマイスター®の資格が取得できます。

基本コースは、59,800円(税込)で講座が受講でき、別途検定費用が必要です。

一方で、79,800円(税込)で受講できるプラチナコースは、課題を提出すれば資格が取得できるので検定費用はいりません。

費用を抑えて資格取得を目指す方は、独学がおすすめですが、効率よく資格取得を目指す方は、通信講座の受講がいいでしょう。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

スポーツフードマイスター®の難易度・合格率は?

スポーツフードマイスター®の資格は、合格率が公表されていません。

しかし、在宅受験や教材の持ち込みが許可されているため、試験の難易度は低いことが予想されます。

また、通信講座を受講すれば、課題提出によって試験が免除されるので、確実に資格が取得できるでしょう。

スポーツマイスター®は、スポーツフード資格の中でも比較的易しい試験ですが、スポーツ栄養の幅広い知識が問われるため、試験に向けて計画的に学習を進めていくことが大切です。

スポーツフードマイスター®の過去問はある?

スポーツフードマイスター®には、過去問がありません。

市販のテキストも販売されていないので、通信講座を受講して、テキストや問題集、模擬試験を活用する方法がおすすめです。

通信講座の教材を利用すれば、最新の試験傾向を踏まえた試験のポイントを効率よく学習できるでしょう。

「諒設計アーキテクトラーニングのスポーツフードマイスター®W資格取得講座」は、スポーツフードマイスター®の資格が短期間で効率よく取得できます。

スポーツフードを初めて学ぶ方や学習時間が限られている方にもおすすめです。

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

スポーツフードマイスター®とアスリートフードマイスターの違いは?

(引用元:日本アスリートフード協会)

スポーツフードマイスター®とアスリートフードマイスターは、どちらも民間資格ですが、認定機関や試験内容、受験費用、難易度に違いがあります。

各資格の試験内容は以下の通りです。

資格名 スポーツフードマイスター® アスリートフードマイスター
主催団体 日本安全食料料理協会 日本アスリートフード協会
受験資格 特になし
  • 1級:アスリートフードマイスター2級の有資格者
  • 2級:アスリートフードマイスター3級の有資格者
  • 3級:特になし
受験料 10,000円(税込)
  • 1級:242,000円(税込・受講料込み)
  • 2級:121,000円(税込・受講料込み)
  • 3級:73,700円(税込・受講料込み)
受験方法 在宅受験 会場・在宅受験
試験日程 年6回(2・4・6・8・10・12月) 年4回(1月・4月・7月・10月)

スポーツフードマイスター®は、日本安全食料料理協会(JSFCA)の認定資格であり、アスリートフードマイスターは、日本アスリートフード協会が認定する民間資格です。

また、スポーツフードマイスター®には等級はありませんが、アスリートフードマイスターはレベルや目的別に1~3級に分かれています。

費用面では、スポーツフードマイスター®の検定費用が10,000円(税込)に対し、アスリートフードマイスターは受講料込みで7万円以上必要です。

スポーツフードマイスター®とアスリートフードマイスターは、名称は似ていますが、試験内容が大きく異なります。

受験を検討している方は、それぞれを比較して自分に合った資格を選択しましょう。

スポーツフードマイスター®・スポーツフードアドバイザーの仕事内容は?

(引用元:日本安全食料料理協会)

スポーツフードマイスター®・スポーツフードアドバイザーは、主にスポーツチームやジムなど、スポーツの関連施設で、選手や利用者の食事管理・食事指導を行います。

また、スポーツフードの知識を活かしてセミナーや教室を開講することも可能です。

アスリートが怪我を防止し、パフォーマンス力を上げるために、練習以外の食事面でサポートするのがスポーツフードマイスター®・スポーツフードアドバイザーの仕事です。

その他に、医療施設や子どものスポーツクラブなどで、スポーツ栄養学の知識を活かして指導したり、最適な食事内容を提案したりする仕事もあります。

スポーツフードマイスター®・スポーツフードアドバイザーの資格は、スポーツに関係する幅広い分野で活用できるでしょう。

フードマイスター資格の種類はどのくらいある?

スポーツフードに関係するフードマイスターの資格は、スポーツフードマイスター®・アスリートフードマイスター・スポーツスーパーフードマイスターの3種類があります。

スポーツフードマイスター®・アスリートフードマイスターは、スポーツフードやスポーツ栄養学の知識を総合的に習得できる資格です。

一方で、スポーツスーパーフードマイスターは、スーパーフードに特化した専門的な知識が学べます。

スポーツに関係するフードマイスター資格は複数ありますが、試験内容や学習内容が異なるので内容をよく確認しておきましょう。

「SARAスクール・スポーツフード資格取得講座」では、スポーツフードマイスター®の資格が取得できます。

短期間で効率よくフードマイスターの資格を取得したい方におすすめです。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

スポーツフード資格におすすめの本・テキストは?

スポーツフードの公式テキストは販売されていませんが、スポーツ栄養学の基礎を学べる本・テキストがあります。

「基礎から学ぶ!スポーツ栄養学」は、スポーツ栄養学の入門書としておすすめです。

栄養素の基礎から競技力向上のための栄養まで、幅広く学習できるので、スポーツフードの資格取得を考えている方や栄養学初心者の方におすすめできます。

「理論と実践スポーツ栄養学」も、スポーツフードの基本的な知識を習得するのに適したテキストです。

イラストや図表を多用して、初心者でも分かりやすいように解説されています。

テキストを読めば、資格取得に役立つだけでなく、すぐに実践できる応用知識まで習得できるでしょう。

どちらのテキストも試験対策用の専門テキストではありませんが、スポーツフードの取得を考えている方や基礎を徹底的に学びたい方におすすめです。

スポーツフード資格の年収・給料は?

スポーツフード資格の年収・給料に関する、明確なデータはありません。

取得する資格や働く場所によっても、待遇は大きく変わるでしょう。

一例として、ジムやフィットネスクラブのインストラクターとして働く人の年収を紹介します。

フィットネスインストラクターの年収は、300万円~350万円程度と言われています。月収で換算すると20万円~28万円程度になります。

(引用:FitnessJob公式HP)

インストラクターの平均年収は、300万円~350万円といわれています。

中には、チームと契約し、1,000万円の年収を超えるスポーツ栄養士もいますが、ごく少数です。

スポーツフード資格のおすすめ:まとめ

スポーツフードの資格取得におすすめの通信講座は以下の9社です。

学校名 費用 取得できる資格 学習期間
SARAスクール スポーツフード資格取得講座
  • 基本コース:59,800円(税込)
  • プラチナコース:79,800円(税込)
  • 日本安全食料料理協会「スポーツフードマイスター®」
  • 日本インストラクター技術協会「アスリート栄養食インストラクター®」
6ヶ月(最短2ヶ月)
諒設計アーキテクトラーニング スポーツフードマイスター®W資格取得講座
  • 基本講座:59,800円(税込)
  • スペシャル講座:79,800円(税込)
  • 日本安全食料料理協会「スポーツフードマイスター®」
  • 日本インストラクター技術協会「アスリート栄養食インストラクター®」
6ヶ月(最短2ヶ月)
キャリカレ
  • スポーツフードアドバイザー®講座:49,600円(税込)
    ※キャンペーン価格:29,760円(税込)
    【4月1日まで】
  • 日本能力開発推進協会「スポーツフードアドバイザー®」
3ヶ月
ユーキャン
  • スポーツ栄養プランナー講座:38,000円(税込)
  • OfficeLAC-U認定「スポーツ栄養プランナー」
4~8ヶ月
ラーキャリ
  • アスリートフードアドバイザー資格取得講座:49,500円(税込)
    ※キャンペーン価格:39,500円(税込)
  • 日本技能開発協会認定「アスリートフードアドバイザー」
3週間~
フォーミー(formie)
  • スポーツフードスペシャリスト資格取得講座:37,400円(税込・一括)
  • スポーツフードスペシャリスト資格取得講座:3,980円(税込・月額)
  • 日本能力教育推進協会(JAFA)認定「スポーツフードスペシャリスト」
1ヶ月~
日本アスリートフード協会
  • アスリートフードマイスター1級コース:242,000円(税込)
  • アスリートフードマイスター2級コース:121,000円(税込)
  • アスリートフードマイスター3級コース:73,700円(税込)
  • 日本アスリートフード協会「アスリートフードマイスター」
公表なし
NPO法人日本統合医学協会
  • アスリート栄養学講座:55,000円(税込)
    ※キャンペーン価格:21,780円(税込)
  • NPO法人日本統合医学協会「アスリート食生活マイスター」
2.5ヶ月
臨床栄養医学協会
  • スポーツ栄養医学指導士コース:109,000円(税込)
  • 認定スポーツ栄養医学指導士コース:198,000円(税込)
  • スポーツ栄養医学講師コース:330,000円(税込)
  • 臨床栄養医学協会「スポーツ栄養医学指導士」
4~6ヶ月

この記事では、スポーツフードにおすすめの資格や資格取得が目指せる通信講座を紹介しました。

スポーツフードの資格は、プロアスリートやチーム、またスポーツをする家族の食事管理に役立つだけでなく、講師として独立・開業もできる人気の資格です

資格取得に向けて効率よく学習するには、通信講座を利用するといいでしょう。

中でも、「スポーツフードマイスター®」と「アスリート栄養食インストラクター®」の2資格が取得できるSARAスクールと諒設計アーキテクトラーニングがおすすめです。

スポーツ栄養学の基礎を丁寧に学習でき、仕事でもプライベートでも役立つスポーツフード資格を効率よく取得できるでしょう。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

徳永浩光

キャリアコンサルタントの国家資格を所有しています。実際に資格取得で役に立った情報をお届けしていきますので、これから資格取得を考えているあなたの手助けができれば幸いです。

マイベストプロ掲載ページ

キャリコンサーチ掲載ページ

徳永浩光をフォローする
[PR]
◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
おすすめの資格や通信講座を比較|マイナビニュース資格
タイトルとURLをコピーしました