PR通信講座

福祉心理学の資格のおすすめは?通信講座やテキスト・仕事内容も解説

[PR] 本ページはプロモーションが含まれています。

「福祉心理学の資格を取得したい」

「福祉心理学の資格におすすめの通信講座を知りたい」

福祉心理学の資格とは、福祉心理学の基礎を学習し、福祉の現場で役立つ実践的なスキルを習得できる資格です。

資格を取得すれば、福祉関連の仕事で活用でき、スキルアップも目指せます。

福祉心理学の基礎から応用まで、効率よく学習し資格を取得するには、通信講座の受講がおすすめです。

この記事では、福祉心理学の資格やおすすめの通信講座について紹介します。

併せて、福祉心理資格の難易度や仕事内容も紹介するので、福祉心理学に興味がある方はぜひ参考にしてください。

福祉心理学の資格を短期間で取得したい方には、SARAスクールの福祉心理資格取得講座がおすすめです。

最短2ヶ月の講座受講で福祉心理学の資格を取得できます。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。

徳永浩光
【キャリアコンサルタント】

【キャリアコンサルタントとして経験を活かし、キャリア関してのサイトの監修】

国家資格キャリアコンサルタント所持。キャリア支援の観点から、理想のキャリアや働き方を実現するためのヒントとなる情報を発信。

マイベストプロ掲載ページ
キャリコンサーチ掲載ページ

  1. 福祉心理学とは?
    1. 心理学と福祉心理学の違い
    2. 福祉心理学の資格の需要・必要性
  2. 福祉心理学におすすめの資格6選
    1. 福祉心理カウンセラー
    2. 福祉心理アドバイザー
    3. 福祉心理士
    4. 精神保健福祉士
    5. 公認心理師
    6. 臨床心理士
  3. 福祉心理学の資格の取り方は?
    1. 独学で福祉心理学の資格を取得する
    2. 通信講座で福祉心理学の資格を取得する
    3. 大学で福祉心理学の資格を取得する
  4. 福祉心理学の資格の失敗しない選び方
    1. 資格の取得目的を明確にする
    2. Wライセンスを検討する
  5. 福祉心理学の資格の試験概要
  6. 福祉心理学の資格の合格率・難易度
    1. 福祉心理学の資格の合格率
    2. 福祉心理学の資格の難易度
  7. 福祉心理学の資格取得にかかる費用
  8. 福祉心理学の資格を取得するメリット
    1. 福祉心理学の知識が効率よく習得できる
    2. 福祉に関係する仕事に役立つ
  9. 福祉心理学の資格取得が向いている方
    1. 観察力がある方
    2. 福祉の分野で働いている方・興味がある方
    3. 人とコミュニケーションを取るのが好きな方
  10. 福祉心理学の資格取得が向いていない方
    1. 福祉に興味がない方
    2. 人とのコミュニケーションが好きではない方
  11. 福祉心理学におすすめの通信講座
    1. SARAスクールジャパン・福祉心理資格取得講座
    2. SARAスクールジャパン・福祉心理資格取得講座良い口コミ・評判
    3. SARAスクールジャパン・福祉心理資格取得講座悪い口コミ・評判
    4. 諒設計アーキテクトラーニング・福祉心理カウンセラーW資格取得講座
    5. 諒設計アーキテクトラーニング・福祉心理カウンセラーW資格取得講座良い口コミ・評判
    6. 諒設計アーキテクトラーニング・福祉心理カウンセラーW資格取得講座悪い口コミ・評判
  12. 福祉心理学・福祉心理士におすすめの大学
    1. 東北福祉大学
    2. 静岡福祉大学
    3. 東京福祉大学
  13. 福祉心理士の仕事内容・活躍分野・求人
    1. 老人福祉施・児童福祉施設で働く
    2. 教育機関・医療機関で働く
    3. 福祉心理学に関係するセミナーや教室を開く
  14. 福祉心理学の資格に関するよくある質問
    1. 福祉心理学の資格は意味がない・役立たないって本当?
    2. 福祉心理カウンセラーは独学で取得できる?
    3. 福祉心理学の資格に国家資格はある?
    4. 福祉心理カウンセラーの難易度は?
    5. 福祉心理カウンセラーの資格はユーキャンで取得できる?
    6. 福祉心理カウンセラーにおすすめの本・テキストは?
    7. 福祉心理アドバイザーの過去問はある?
    8. 福祉心理学のレポート作成に役立つコンテンツはある?
    9. 福祉心理士の申請方法は?
  15. 福祉心理学のおすすめ資格:まとめ

福祉心理学とは?

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

福祉心理学とは、人々の心理を読み解き、福祉における適切な支援をするための学問です。

福祉心理学は社会福祉領域における実践的な応用心理学の一領域であり、社会福祉の価値や理念、法・制度および理論・支援と心理学における理論・支援を融合した学問でもある。

(引用元:放送大学公式HP)

「福祉」の分野で心理学を応用し、人々の生活の質を向上させるための具体的な対処法や関わり方を習得します。

福祉心理を読み解くことで、福祉サービスを利用する方への理解が深まり、福祉サービスの質の向上につながるでしょう。

福祉心理学は、福祉サービスの現場で幅広く応用できる学問であり、習得することで仕事に直結する実用的な学習分野ともいえます。

心理学と福祉心理学の違い

福祉心理学は、応用心理学の一つといわれています。

心理学としての知識だけでなく、福祉の基礎やあり方を理解する必要があります。

心理学は対象が広く、福祉心理学はより専門性が高い心理学です。

それぞれの学問を活かした職業として代表的な「心理カウンセラー」と「福祉心理カウンセラー」で比較すると、相談者・クライアントの違いも挙げられます。

福祉心理カウンセラーとは、病気を治療中の方、児童生徒、高齢者などを対象に、福祉に関する知識と心理学に関する知識を活かしながらカウンセリングする人を指します。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

心理カウンセラーの活躍の場や相談者の対象は多岐に渡ります。

一方で、福祉心理カウンセラーの主な対象は、福祉サービスを必要とする高齢者や障害を持つ方です。

どちらも心理カウンセラーとして働く内容に違いはないものの、専門性や対象が異なります。

福祉心理学の資格の需要・必要性

高齢化社会が進む中で、福祉のあり方が問われ、社会のニーズに合わせた福祉サービスの提供が求められています。

特に福祉心理学を応用したカウンセリングや支援・介護サポートは、専門性があることから、福祉の現場での需要・必要性が高まっています。

心理系の資格の一つである「福祉心理カウンセラー」。ストレス社会と謳わる昨今、人に自分の素直な気持ちを吐露できず、悩んでいる方が急増していることから、福祉心理カウンセラーは活躍の場を広げています。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

有資格者は、介護施設・医療施設だけでなく教育機関でも活躍できるでしょう。

福祉・医療従事者がより専門性を高め、サービスの質の向上を目指すために必要な学問ともいえます。

福祉心理学におすすめの資格6選

福祉心理学におすすめの資格は以下の6種類です。

福祉心理学におすすめの資格6選
  • 福祉心理カウンセラー
  • 福祉心理アドバイザー
  • 福祉心理士
  • 精神保健福祉士
  • 公認心理師
  • 臨床心理士

福祉心理学の資格の中で、特におすすめなのが「福祉心理カウンセラー」です。

福祉心理学の基礎知識から福祉の現場で役立つ実践的な内容まで、幅広く学べます。

初心者でも挑戦しやすく、通信講座を利用すれば短期間で資格が取得できる点も特徴です。

ここでは、福祉心理学に関連する資格の特徴を紹介するので、どの資格が自分にとって必要なスキルを習得できるのか確認し、参考にしてください。

「SARAスクールの福祉心理資格取得講座」は、短期間で福祉心理カウンセラーの資格が取得できます。

福祉心理学の知識やスキルを効率よく習得したい方におすすめです。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

福祉心理カウンセラー

(引用元:日本メディカル心理セラピー協会)

福祉心理カウンセラーは、日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)の認定資格です。

福祉心理学資格の福祉心理カウンセラー資格とは、福祉に関する知識、また心理学の基礎知識、様々なストレスから起きる症状を理解しており、カウンセラーとして活動するレベルに至っているとされた方へ認定される資格です。

(引用元:日本メディカル心理セラピー協会公式HP)

福祉・心理学それぞれの基礎知識・クライアントや家族への接し方・自立支援のあり方など、カウンセラーとしての知識・スキルを幅広く習得できます。

福祉心理カウンセラーの試験内容は以下の通りです。

  • クライアントと家族の関係性
  • 理解とサポート
  • 心理的な症状
  • 病気の受容
  • 入院までの過程
  • 自宅療養の過程
  • 家族の接し方
  • リハビリテーションと自立支援
  • 障害者の心身の特性
  • 在宅介護での自立支援のあり方

(引用元:日本メディカル心理セラピー協会公式HP)

福祉と心理学の基礎から丁寧に学べるので、福祉心理学を初めて学ぶ方でも取り組みやすく、短期間で効率よく資格取得が目指せます。

また、資格取得後は、介護施設・医療機関など、福祉に関係するさまざまな場所で知識を活かし、活動することも可能です。

福祉に興味がある方や仕事に就きたい方はもちろん、福祉に従事している方のスキルアップにもおすすめの資格といえるでしょう。

福祉心理カウンセラーの資格試験概要は以下の通りです。

主催団体 日本メディカル心理セラピー協会
受験資格 特になし
受験料 10,000円(税込)
受験方法 在宅受験
合格基準 正答率70%以上
試験日程 年6回(2・4・6・8・10・12月)
サイトURL https://www.domap.net/shinri/fukushi/

(参考:SARAスクール公式HP)

福祉心理カウンセラーの資格試験は、年6回の開催で在宅受験が可能です。

また、通信講座の指定講座を利用すれば、試験免除で資格が取得できます。

「SARAスクールの福祉心理資格取得講座」は、最短2ヶ月で福祉心理カウンセラーの資格取得が目指せる通信講座です。

試験免除制度も整っているので、最短ルートで効率よく資格を取得したい方や確実に資格を取りたい方にもおすすめです。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

福祉心理アドバイザー

(引用元:日本インストラクター技術協会)

福祉心理アドバイザーは、日本インストラクター技術協会(JIA)の認定資格です。

福祉についての基本的な知識や様々な心理に関する知識、教える能力が一定以上であるとみなされた人へ認定されます。

(引用元:日本インストラクター技術協会公式HP)

福祉の基礎知識や、心理的ストレスの要因や主な症状・ヘルスプロモーションなど、障害者や高齢者への理解を深めて福祉サービスに役立てる知識やスキルを習得できます。

福祉心理カウンセラーの試験内容は以下の通りです。

カウンセラーとは?/患者の状態を知る/主な症状のタイプ/破瓜型/妄想型/緊張型/発症の原因/健康と自立/健康な一生をおくるために役立つ老化のとらえ方/動作性能力/言語的能力/高齢者運動の目的と方法/ヘルスプロモーション/生活環境/障害者が生活の不自由を克服する道/心理的ストレスが招く特徴的症状/心理的ストレスの主な要因/治療に関して知っておくこと

(引用元:日本インストラクター技術協会公式HP)

「健康と自立」や「健康な一生をおくるために役立つ老化のとらえ方」「高齢者運動の目的と方法」など、カウンセリングやアドバイスをするうえで必要な実践的な内容まで、幅広く習得できます。

資格を取得することで、福祉の現場ですぐに実践できるスキルが身につくでしょう。

また、資格取得後は、福祉心理学のプロとして、自宅やカルチャースクールでの講師活動も可能です。

福祉心理アドバイザーの資格試験概要は以下の通りです。

主催団体 日本インストラクター技術協会(JIA)
受験資格 特になし
受験料 10,000円(税込)
受験方法 在宅受験
合格基準 正答率70%以上
試験日程 年6回
サイトURL https://www.jpinstructor.org/shikaku/fukushishinri/

(参考:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

福祉心理アドバイザーの資格試験は、在宅受験が可能で年6回開催されています。

試験には教材の持ち込みも許可されているので、落ち着いて試験が受けられるでしょう。

また、資格を取得するには、通信講座の卒業課題を提出する方法もあり、資格取得方法が自由に選択できるのも魅力です。

「諒設計アーキテクトラーニングの福祉心理カウンセラーW資格取得講座」は、福祉心理カウンセラーと福祉心理アドバイザーの2つの資格が同時に取得できます。

福祉心理学の資格を効率よく取得したい方や福祉心理の知識を幅広く習得し、仕事に役立てたい方におすすめです。

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

福祉心理士

(引用元:日本福祉心理学会)

日本福祉心理学会が認定する福祉心理学の民間資格です。

福祉サービスの利用者や家族、職員への支援・カウンセリングを行う基礎知識を習得している証明として認定されます。

資格取得には、申請が必要ですが、資格試験はありません。

福祉心理士の資格概要は以下の通りです。

主催団体 日本福祉心理士学会
受験資格 指定大学・専門学校で所定科目を履修
受験料(認定審査料) 20,000円
受験方法
試験日程

(参考:日本福祉心理士学会HP)

福祉心理士を取得するには、指定大学・専門学校で所定科目を履修する必要があります。

福祉心理学の知識・技術を身につけている証明となり、有資格者は就職・転職でも有利になるでしょう。

精神保健福祉士

(引用元:厚生労働省HP)

精神保健福祉士は国家資格であり、精神科ソーシャルワーカーとも呼ばれています。

精神保健福祉士の資格試験概要は以下の通りです。

主催団体 厚生労働省
受験資格
  • 保健福祉系大学で「指定の科目」履修
  • 保健福祉系短大(3年)で「指定の科目」履修、かつ相談援助の実務経験1年以上
  • 保健福祉系短大(2年)で「指定の科目」履修、かつ相談援助の実務経験2年以上
受験料 24,140円
受験方法 会場受験(北海道・宮城・東京・愛知・大阪・広島・福岡)
2023年度試験日程 2024年2月3日・2月4日

(参考:厚生労働省HP)

精神保健福祉士の受験資格を満たすためには、4年制大学で指定科目を履修する、もしくは短大での指定科目履修との実務経験が必要です。

指定科目には、心理学や社会学・社会福祉・障害者福祉など心理学・社会学に関係するさまざまな分野が含まれ、多角的に学び、知識を習得できます。

合格率は60%台を推移しているので、国家資格の中でも比較的取得しやすい資格といえるでしょう。

公認心理師

(引用元:厚生労働省HP)

公認心理師は国家資格であり、資格取得者だけが公認心理師として名乗れる「名称独占資格」です。

公認心理師の資格試験概要は以下の通りです。

主催団体 厚生労働省
受験資格
  • 4年制大学で「指定の科目」履修、かつ大学院で「指定の科目」を履修
  • 4年制大学で「指定の科目」履修、かつ特定の施設で実務経験2年以上
  • 外国の大学で「指定の科目」履修、かつ大学院で「指定の科目」を履修
受験料 28,700円
受験方法 会場受験(北海道・宮城・東京・愛知・大阪・岡山・福岡)
2024年度試験日程 2024年3月3日

(参考:厚生労働省HP)

公認心理師の受験資格を満たすためには、4年制大学で指定科目を履修し、大学院での指定科目履修、もしくは2年以上の実務経験が必要です。

指定科目には、心理学概論や臨床心理学・発達心理学など心理学に関係するさまざまな分野が含まれ、心理学を総合的に学び、習得できます。

合格率は初回(79.6%)を除き約45%~60%を推移しているので、難易度は受験年度によって多少差があるでしょう。

受験資格の取得から試験まで長期的な学習計画が必要な資格です。

臨床心理士

(引用元:日本臨床心理士資格認定協会HP)

日本臨床心理士会が認定する民間資格です。

臨床心理学の基礎や、人々の心の問題と向き合うカウンセリングの技術を習得します。

資格を取得することで、心理カウンセラー・スクールカウンセラー・心理相談員としても活躍できます。

臨床心理士の資格試験概要は以下の通りです。

主催団体 日本臨床心理士資格認定協会
受験資格
  • 第1種指定大学院の修了
  • 第2種指定大学院の修了と心理臨床経験1年以上
受験料 30,000円
受験方法 会場受験(東京)
2023年度試験日程
  • 一次試験:2023年年10月14日(土)
  • 二次試験:2023年年11月11日(土)

(参考:日本臨床心理士資格認定協会HP)

臨床心理士の受験資格を満たすためには、指定大学院を修了する必要があります。

試験は年に1回、東京のみで開催され、一次試験はマークシート式の筆記試験、二次試験は面接試験が実施されます。

受験資格を満たすためにも、大学院卒業が必須となるので、資格取得に向けて長期的な学習計画が必要な資格といえるでしょう。

福祉心理学の資格の取り方は?

福祉心理学の資格を取得するには以下の3つの方法があります。

  • 独学で福祉心理学の資格を取得する
  • 通信講座で福祉心理学の資格を取得する
  • 大学・専門学校で福祉心理学の資格を取得する

独学では、費用を抑えながら学べますが、資格の種類によって独学では受験できないものもあります。

通信講座は、試験合格に必要な知識を、短時間で効率よく学べるのがメリットです。

また、初心者でも無理なく資格が取得できます。

一方で、大学・専門学校は、3つの方法の中で最も費用が高く、学習期間も長期間に及びます。

福祉心理学について多角的に学び、複数の資格取得が目指せるメリットがありますが、学習環境や費用面から通学が難しい場合もあるでしょう。

費用を抑えながらも、短期間で効率よく資格を取得したい方には、通信講座の利用がおすすめです。

それぞれのメリット・デメリットを踏まえて、予算や自分の学習計画に合った方法を選択すると無理なく勉強が継続できるでしょう。

短期間で無理なく資格取得を目指したい方は「SARAスクールの福祉心理資格取得講座」がおすすめです。

福祉心理カウンセラーと福祉心理アドバイザーの2資格が同時に取得できます。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

独学で福祉心理学の資格を取得する

独学の場合は、費用を抑えながら、自分の生活や学習計画に合わせて、無理なく勉強が進められます。

本や動画など、さまざまな学習ツールがあるので、自由に学習教材を選択できるでしょう。

福祉心理学は心理学の中では比較的新しい分野であり、初心者向けに書かれた本はそれほど多くないかもしれません。そのため、書籍による完全独学で資格取得を目指すのは、ややハードルが高いといえそうです。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

一方で、取得できる資格が限られてしまうことや、教材探しが難しいことは独学のデメリットです。

福祉心理学の資格は、取得の条件に大学での指定科目の履修が必要となるケースもあります。

例えば、国家資格である精神保健福祉士は、受験資格として社会福祉系の大学を卒業する必要があり、独学では受験できません。

独学で資格取得を目指したい方は、資格の受験資格を必ず確認しましょう。

通信講座で福祉心理学の資格を取得する

(引用元:SARAスクール公式HP)

通信講座は、テキストや動画・添削指導を利用しながら、初心者でも手軽に福祉心理学が学べます。

最短2ヶ月の講座受講で資格を取得できる通信講座もあり、短期間・短時間に集中して学びたい方におすすめです。

また、1日30分程度の学習で無理なく続けられる学習プログラムもあります。

通信講座の教材を有効活用することで、育児・家事を両立しながらすきま時間を利用して資格取得が目指せるでしょう。

通信講座では福祉・心理系の資格はメジャーなジャンルであり、国家資格だけでなく民間資格の講座も多数存在します。

資格の取得を前提としていることから学びやすい教材であり、講座によっては資格を発行する協会の許可を経た認定講座になっていることもあります。

(引用元:日本メディカル心理セラピー協会公式HP)

心理学や福祉の初心者でも無理なく学べるのが通信講座の特徴です。

さらに、添削指導や質問制度などの学習サポートも充実しているので、分からないことがあっても講師に直接確認できます。

学習時間が限られている方や、学習が継続できるのか不安な方は、最短2ヶ月で資格が取得でき、学習サポートも手厚い「SARAスクールの福祉心理資格取得講座」がおすすめです。

講座を受講することで2つの資格を同時に取得でき、福祉の現場で即戦力となるスキルが習得できるでしょう。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

大学で福祉心理学の資格を取得する

福祉心理学や福祉・心理学全般をそれぞれ本格的に学びたい方には大学・専門学校がおすすめです。

大学・専門学校では、福祉心理学を多角的に学べるだけでなく、福祉に関係する実践的なスキルも磨けるのがメリットです。

大学や大学院には、心理学について専門的に学べる学部や学科があります。福祉心理学をはじめとする心理学全般を深く追求することができるでしょう。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

一方で、大学・専門学校の場所によっては通うのが難しい・費用が高額になるなどのデメリットもあります。

将来を見据え、資格取得だけでなく福祉・心理学の知識を深め、多方面で活用したい方におすすめです。

福祉心理学の資格の失敗しない選び方

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

福祉心理学の資格の失敗しない選び方のポイントは以下の2点です。

  • 資格の取得目的を明確にする
  • Wライセンスを検討する

まずは、資格の活用方法や資格取得の目的を明確にしておくことが大切です。

また、必要に応じて、心理学や福祉に関係するWライセンスを検討すると、更に資格を活用しやすくなるでしょう。

福祉心理学の資格は複数ありますが、資格を有効活用するためにも、ポイントを押さえて自分に合った資格を選びましょう。

資格の取得目的を明確にする

福祉心理学の資格取得を目指す目的、またどこでどのように活用したいのか具体的にイメージしておくことが大切です。

目的が不明瞭なまま資格を取得すると、思うように資格を活かせない可能性があります。

心理系資格はさまざまな場面で活かせる分、どんな場面で資格を活かしたいかが重要です。
似たような内容の心理資格でも、どう活かしたいかにより、選ぶべき資格は変わります。
福祉関係の心理資格であれば、「どこで、だれのためにメンタルケアの力を活かしたいのか」を明確にした上で選びましょう。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

福祉の現場ですぐに役立つ知識やスキルを取得したい方や福祉・心理学を初めて学ぶ方は、「福祉心理カウンセラー」や「福祉心理アドバイザー」がおすすめです。

福祉心理学の基礎から丁寧に学び、障害者や高齢者への理解を深めて福祉サービスに役立てる知識やスキルを習得できます。

一方で、心理学や福祉について総合的に学び、幅広い分野で活躍できる福祉心理学・社会福祉学のプロを目指したい方は「公認心理師」や「精神福祉心理士」がいいでしょう。

どちらも国家資格であり、有資格者は就職にも有利です。

Wライセンスを検討する

福祉心理学の資格は、その他の福祉・心理系との相性が良い資格です。

Wライセンスを検討して資格を選択することで、活躍の場が広げられるでしょう。

福祉の心理系資格とともに、働きたい場所や福祉を行う相手にあわせた福祉系資格を取得すると、両方の資格をより活かせるようになります。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

福祉心理カウンセラーと福祉心理アドバイザーは、どちらも福祉心理の基礎から丁寧に学び、福祉サービスやカウンセリングの実践的なスキルを習得できる資格です。

また、精神福祉心理士と社会福祉士も、共通科目が免除されることから資格を取得しやすいメリットがあり、Wライセンスにおすすめです。

福祉士としての就職・転職を希望している方や、仕事に直結する資格を考えている方にいいでしょう。

福祉心理系の資格は、Wライセンスを取得することで活動の幅が広げられる資格です。

資格によっては、長期的な学習が必要な資格もありますが、短期間でWライセンスの取得を目指す方は、福祉心理カウンセラーと福祉心理アドバイザーの資格が最適です。

「SARAスクールの福祉心理資格取得講座」では、最短2ヶ月で2資格が同時取得できるので、すぐに資格を活用したい方におすすめできます。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

福祉心理学の資格の試験概要

(引用元:日本インストラクター技術協会)

福祉心理資格の試験概要は以下の通りです。

資格名 福祉心理カウンセラー 福祉心理アドバイザー 精神保健福祉士
主催団体 日本メディカル心理セラピー協会 日本インストラクター技術協会(JIA) 厚生労働省
受験資格 特になし 特になし 福祉系4年制大学を卒業(指定科目を履修)

福祉系の短大・専門学校卒業後2年以上の実務経験など

受験料 10,000円(税込) 10,000円(税込) 24,140円(税込)
受験方法 在宅受験 在宅受験 会場受験(北海道・宮城県・東京都・愛知県・大阪府・広島県・福岡県)
試験日程 年6回(2・4・6・8・10・12月) 年6回(2・4・6・8・10・12月) 令和6年2月3日・4日

福祉心理資格の試験には、受験資格がなく、在宅受験が可能な試験もあります。

一方で福祉系大学の卒業や、実務経験が必要な資格もあり、選択する資格によって、試験内容は大きく異なります。

資格取得の目的や受験方法・受験資格を比較し、自分に合った資格を選択しましょう。

「諒設計アーキテクトラーニングの福祉心理カウンセラーW資格取得講座」は、福祉心理カウンセラーと福祉心理アドバイザーの2資格が取得できます。

最短2ヶ月で資格取得が目指せるので、最短ルートで資格取得を目指す方におすすめです。

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

福祉心理学の資格の合格率・難易度

(引用元:SARAスクール公式HP)

福祉心理学の合格率・難易度は選択する資格によって異なります。

「福祉心理カウンセラー」や「福祉心理アドバイザー」は、在宅受験・教材の持ち込みも可能なので、難易度は低く、初心者でも取得しやすい資格です。

一方で、国家資格である精神保健福祉士は約62~65%、臨床心理士は60%台の合格率を推移しています。

受験資格を満たすために4年制大学や大学院を修了する必要もあり、福祉心理資格の中でも難易度が高い試験といえるでしょう。

福祉心理資格の難易度は、選択する資格によって大きな差があります。

通信講座で取得できる民間資格は、難易度が低く、短期間で取得しやすい特徴があります。

一方で、精神保健福祉士や臨床心理士などの資格は、難易度が高く、長期的な学習計画が必要です。

福祉心理学を効率よく学び、無理なく資格取得を目指したい方は「SARAスクールの福祉心理資格取得講座」がおすすめです。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

福祉心理学の資格の合格率

行動心理学の資格の中で、合格率が公表されている資格は、精神保健福祉士・公認心理師・臨床心理士の3つの資格です。

過去5年間の合格率は以下の通りです。

精神保健福祉士 公認心理師 臨床心理士
令和5年度試験 71.1% 73.8%
令和4年度試験 65.6% 48.3% 64.8%
令和3年度試験 64.2% 58.6% 65.4%
令和2年度試験 62.1% 53.4% 64.2%
令和元年度試験 62.7% 46.4% 62.7%

(引用元:厚生労働省HP・日本臨床心理士資格認定協会HP)

精神保健福祉士の合格率は、年度ごとで大きな差はなく、63%前後を推移しています。

一方で、公認心理師の合格率は初回(79.6%)を除き、約45~60%と、開催年度によって10%以上の差があります。

試験合格のためには、最新の試験傾向を把握した、適切な試験対策が必要です。

臨床心理士の試験は、例年60%台の合格率で、精神保健福祉士と大きな差はありません。

しかし、臨床心理士は、一次試験(筆記)・二次試験(面接)が実施されるので、それぞれに特化した試験対策が求められます。

精神保健福祉士・公認心理師・臨床心理士は、合格率が50%を超える試験ですが、確実に試験合格するには最新の試験傾向を踏まえた試験対策が求められるでしょう。

福祉心理学の資格の難易度

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

通信講座で資格取得が目指せる福祉心理資格の難易度は低く、初心者でも取得しやすいのが特徴です。

SARAスクールの講座で資格が取得できる「福祉心理カウンセラー」と「福祉心理アドバイザー」は、在宅受験が可能で、落ち着いて試験に取り組めるメリットもあります。

一方で、4年制大学や大学院卒業後、試験に合格することで資格が取得できる精神保健福祉士・公認心理師・臨床心理士の3資格は、福祉心理資格の中でも難易度は高めでしょう。

短期間で無理なく資格取得を目指したい方や、確実に資格を取得したい方は、試験免除制度を実施している諒設計アーキテクトラーニングがおすすめです。

通信講座を受講し卒業課題を提出することで、「福祉心理カウンセラー」と「福祉心理アドバイザー」の2資格が取得できます。

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

福祉心理学の資格取得にかかる費用

福祉心理学の資格取得にかかる費用は、取得する資格の種類や学習方法によって異なります。

独学・通信講座・専門スクールに通う場合の相場は以下の通りです。(試験受験料を含む)

学習スタイル 費用(試験受験料込み)
独学 約1~2万円
通信講座 約6~8万円
大学・専門学校 約100万円~

独学の場合、必要な費用はテキスト代と試験の受験料のみです。

独学で取得できる各資格試験の受験料は以下の通りです。

資格名 受験料
福祉心理カウンセラー 10,000円(税込)
福祉心理アドバイザー 10,000円(税込)

テキストと試験受験料を合わせても、費用は約1万円~2万円で済むでしょう。

一方で、通信講座は動画講義とテキスト、受験料がセットになったコースが一般的です。

福祉心理学の資格におすすめの通信講座の費用は以下の通りです。

会社名 講座名・講座料金
SARAスクールジャパン 福祉心理資格取得講座
  • 基本コース:59,800円(税込)
  • プラチナコース:79,800円(税込)
諒設計アーキテクトラーニング 福祉心理カウンセラーW資格取得講座
  • 基本コース:59,800円(税込)
  • プラチナコース:79,800円(税込)

通信講座で必要な講座料金は約6~8万円です。

独学と比較すると費用は多少高くなりますが、自分で教材を選ぶ必要がなく、効率よく資格取得を目指せるメリットがあります。

大学・専門学校では最低でも年間100万円以上の学費が必要です。

心理カウンセラー科を開講する専門学校の費用例を紹介します。

【東京福祉専門学校】

(引用元:東京福祉専門学校公式HP)

入学金 50,000円(税込)
授業料(1年次) 790,000円(税込)
施設充実費(1年次) 150,000円(税込)
実習費(1年次) 100,000円(税込)
諸費用(1年間) 62,892円(税込)
合計 1,152,000円(税込)

(参考:東京福祉専門学校公式HP)

大学・専門学校で学ぶメリットは、福祉・心理の分野を多方面から学べることや複数の資格取得が目指せること、就職支援までのトータルサポートがあることです。

一方で、費用が高く、長期的な通学が必要なため、十分に学習環境を整える必要があります。

福祉心理学の資格を取得するには、学習方法の選択によって費用が大きく異なります。

無理なく勉強が継続できるように、自分の予算や環境に合った学習方法を選択しましょう。

福祉心理学の資格を取得するメリット

福祉心理学の資格を取得するメリットは以下の2点です。

  • 福祉心理学の知識が効率よく習得できる
  • 福祉に関係する仕事に役立つ

福祉心理学は、独学でも学べますが、必要な知識を習得するには時間がかかります。

資格取得を目指して勉強すれば、短期間で効率よく学び、スキルを習得できるのがメリットです。

また、資格があれば、福祉心理学の知識が身についている証明となって、福祉関連の仕事の就職や現場でも役立ちます。

福祉心理学の資格は、福祉の仕事に直結する福祉心理学の知識・コミュニケーションスキルを効率よく習得できるのがメリットです。

資格を取得するべきかお悩みの方は、取得することでどのようなメリットがあるのか把握しておくことで、学習のモチベーションも高められるでしょう。

福祉心理学の知識が効率よく習得できる

(引用元:SARAスクール公式HP)

福祉や心理学の知識は、本や動画でも学習できます。

しかし、福祉心理学に特化した書籍は限られているので、全てを独学で学ぶには限界があります。

また、独学では、福祉心理学の知識を、どのように実践すればよいのか分からない可能性もあるでしょう。

資格を取得すれば、福祉心理学の基礎から実践的スキルまで、効率よく学べるのがメリットです。

福祉の現場で即戦力となる、福祉心理学を応用したコミュニケーションスキルも習得できるでしょう。

福祉心理学に関する資格を取得することによって、社会的に弱い立場にいる人々の心の健康をサポートできるようになります。また、福祉心理学を学ぶ過程で実践的なカウンセリングスキルが身に付くため、さまざまなストレスに悩む人のケアも可能に。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

SARAスクールの福祉心理資格取得講座では、福祉心理学の基礎から、実践的なスキルまで一貫して学べるカリキュラムがあり、必要な知識や技術を効率よく習得できます。

特に福祉心理学を初めて学習する方や、何から学べばいいのか分からない方は通信講座を利用した資格取得がおすすめです。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

福祉に関係する仕事に役立つ

福祉心理学の資格を取得することは、専門的な知識・スキルを習得している証明になります。

資格を持っていれば、福祉関係の仕事に就職する際のアピールポイントとなるでしょう。

福祉と心理の両方の知識を得ることで、カウンセラーとしてだけでなく、訪問介護員など福祉に関係したさまざまな働き方ができます。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

また、既に福祉の現場で働いている方も、福祉心理の理解を深めることで、実務にも役立ちます。

福祉心理を応用することで、実践的なカウセリングスキルやコミュニケーションスキルが習得でき、福祉サービスの質の向上にもつながるでしょう。

福祉の分野で活躍したい、福祉サービスの質を向上させたいと考えている方も資格取得がおすすめです。

福祉の仕事で役立つスキルを効率よく短期間で身につけたい方は、「諒設計アーキテクトラーニングの福祉心理カウンセラーW資格取得講座」がおすすめです。

最短2ヶ月で「福祉心理カウンセラー」と「福祉心理アドバイザー」の2資格が取得できます。

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

福祉心理学の資格取得が向いている方

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

福祉心理学の資格取得が向いている人・おすすめできる人を紹介します。

福祉心理学の資格取得がおすすめできる人
  • 観察力がある方
  • 福祉の分野で働いている方・興味がある方
  • 人とコミュニケーションを取るのが好きな方

福祉心理学の資格は、福祉サービスを受ける人々の行動や言動を読み取り、適切なケアやコミュニケーションを取る必要があるので、人を見る観察力に優れた方におすすめです。

また、福祉の現場で働いている方は、資格の取得によって得た知識・スキルを現場ですぐに活かせるでしょう。

さらに、福祉心理学の資格は、福祉サービスを利用する方とのコミュニケーションに活かせる資格なので、根本的に人とのコミュニケーションが好きな方におすすめです。

福祉に興味があり、実際に現場で働いている方はもちろん、普段から人とのコミュニケーションを積極的に取れる方や観察力に優れている方は、福祉心理資格の適性があります。

習得した知識・技術を最大限に活用するためにも、福祉心理学の資格が自分に合っているのか、事前に確認することをおすすめします。

SARAスクールの福祉心理資格取得講座では、福祉心理学の基礎から応用まで、必要な知識や技術を効率よく習得できます。

福祉に興味があり、理解を深めたい方や、スキルアップを目指す方は通信講座を利用した資格取得がおすすめです。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

観察力がある方

福祉心理学の知識を福祉の現場で活かすためには、相手の言動や行動を注意深く観察する必要があります。

高齢者は、自分の悩みを整理して言葉にするまでに、時間がかかることも少なくありません。話に注意深く耳を傾けるとともに、相手の仕草や表情などから、心の動きを読み解く洞察力も必要です。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

小さな変化に気付く・視野を広く持てる・焦らずじっくりと向き合うなどは、福祉の仕事をするうえで、必要なスキルともいえます。

観察力があれば、言葉がなくても、相手のさまざまなしぐさから心理を読み解きやすく、質の高いサービスやカウンセリングを提供できるでしょう。

福祉の分野で働いている方・興味がある方

福祉の分野で働いている方は、テキスト・講義で学んだ内容をイメージしやすく、福祉心理学の学習で得た知識をすぐに実践・応用できるのでおすすめです。

また、実務経験がない方でも、福祉に興味がある方は興味を持って意欲的に学べるので、今後の就職や福祉に関係する活動のなかで十分に知識を活かせるでしょう。

「社会貢献したい」「人々の助けになりたい」という思いを持っている人であれば、大きなやりがいを得られるはずです。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

福祉心理学の資格は、基礎から応用まで、幅広い内容を学び習得できます。

福祉サービスを充実させたい、コミュニケーションスキルをアップさせたい、福祉の理解を深めたい方に適性があります。

福祉の仕事で役立つスキルを効率よく習得したい方は、「諒設計アーキテクトラーニングの福祉心理カウンセラーW資格取得講座」がおすすめです。

福祉の理解が深まる「福祉心理カウンセラー」と「福祉心理アドバイザー」の2資格が取得できます。

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

人とコミュニケーションを取るのが好きな方

福祉サービスを利用する方との関わりについて学ぶ福祉心理学の資格は、コミュニケーションを取るのが好きな方に向いています。

相手の年齢や立場、悩みに合わせてコミュニケーションがとれる人が、福祉心理カウンセラーに向いているといえます。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

福祉心理学の応用は、人との関わりが好きな人ほど積極的に実践しやすく、具体的な例と結びつけて理解を深められます。

また、興味・関心がある分野の学習は、モチベーションを維持しやすく、意欲的に学べるので、心理学を初めて学ぶ方でも無理なく資格取得が目指せるでしょう。

福祉心理学の資格取得が向いていない方

福祉心理学の資格取得が向いていない人・おすすめできない人を紹介します。

福祉心理学の資格取得が向いていない・おすすめできない人
  • 福祉に興味がない方
  • 人とのコミュニケーションが好きではない方

福祉心理学は、福祉に特化した心理学なので、そもそも福祉に興味がない方は、理解を深められない可能性があります。

また、人とのコミュニケーションが好きではない方も、福祉心理学の資格取得がおすすめできません。

なぜなら、人とのコミュニケーションを避けてしまうことで、知識を活用できる場面が限られたり、学習のモチベーションが上がらなかったりする可能性があるからです。

人との関わりが好きではない・福祉や社会貢献に興味がないタイプの方は、福祉心理学の資格取得が向いていません。

福祉心理学を意欲的に学び、実践するためにも、福祉心理学の資格が自分に向いているのか、事前に確認しておきましょう。

福祉に興味がない方

福祉心理学は、福祉に基づく学習分野であり、福祉に関係する心理学や応用技術について深く学びます。

福祉に興味がない方・社会貢献の意識が低い方は、勉強に意欲的に取り組めず、理解が難しいこともあるでしょう。

注意散漫な方・観察力に欠ける方も、福祉心理学の実践的スキルを上手く習得できない可能性もあります。

人とのコミュニケーションが好きではない方

人とのコミュニケーションが好きではない方は、福祉心理学の資格取得によって得た知識を十分に活用できない可能性があります。

福祉心理学の知識を活かすためには、福祉サービスを利用する方とのコミュニケーションが必要不可欠です。

苦手意識がある方や、コミュニケーションを取るのが面倒だと感じている方にとって、福祉心理学の知識を実践することが難しく感じることもあるでしょう。

一方で、コミュニケーションに苦手意識があるからこそ、苦手克服のために資格を取得したいと考える方もいるでしょう。

目的によっては、資格取得が向いていなくても学ぶことでサービスの質を改善することにもつながります。

人とのコミュニケーションが好きではない方は、十分に資格を活かせないリスクがあるので、資格取得の目的を明確にしておくことが大切です。

福祉心理学におすすめの通信講座

各通信講座の費用と取得できる資格・講座内容・学習期間を比較し、おすすめの福祉心理学の通信講座をご紹介します。

学校名 費用 取得できる資格 学習期間
SARAスクールジャパン 福祉心理資格取得講座
  • 基本コース:59,800円(税込)
  • プラチナコース:79,800円(税込)
  • 日本メディカル心理セラピー協会「福祉心理カウンセラー資格」
  • 日本インストラクター技術協会「福祉心理アドバイザー資格」
  • 6ヶ月(最短2ヶ月)
諒設計アーキテクトラーニング 福祉心理カウンセラーW資格取得講座
  • 基本講座:59,800円(税込)
  • スペシャル講座:79,800円(税込)
  • 日本メディカル心理セラピー協会「福祉心理カウンセラー資格」
  • 日本インストラクター技術協会「福祉心理アドバイザー資格」
  • 6ヶ月(最短2ヶ月)

「SARAスクールの福祉心理資格取得講座」は、福祉心理学の2種類の資格が短期間で取得できるおすすめの講座です。

講座を受講することで、福祉心理学の基礎から効率よく学習し、初心者でも無理なく資格取得が目指せるでしょう。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

SARAスクールジャパン・福祉心理資格取得講座

(引用元:SARAスクール公式HP)

SARAスクール福祉心理学資格取得講座は、最短2ヶ月で「福祉心理カウンセラー資格」と「福祉心理アドバイザー資格」2種類の資格が取得できる講座です。

講座名 SARAスクール・福祉心理資格取得講座
取得できる資格
  • 日本メディカル心理セラピー協会「福祉心理カウンセラー資格」
  • 日本インストラクター技術協会「福祉心理アドバイザー資格」
費用
  • 基本コース:59,800円(税込)
  • プラチナコース:79,800円(税込)
教材
  • ガイドブック
  • 学習テキスト01・02
  • 練習問題集/解答
  • 模擬試験/解答
  • 添削課題(5回分)
  • 卒業課題(プラチナコースのみ)
サポート
  • 回数無制限の質問サポート
  • 添削指導
学習期間 6ヶ月(最短2ヶ月)
サイトURL https://www.saraschool.net/mentality/f_shinri/

福祉心理学の基礎知識から、福祉心理学を応用した実践的なスキルまで幅広く習得できる学習カリキュラムです。

1日30分の学習を、約6ヶ月継続することで資格が取得できるので、仕事や育児とも両立しやすく、学習時間が限られた方でも無理なく継続できます。

また、集中的に学習すれば、最短2ヶ月で資格取得が可能です。

さらに、学習カリキュラムは、初級・中級・上級の3ステップに分かれていて、段階的に学び、知識を習得できます。

公式HPで紹介されている学習カリキュラムの詳細と学習スケジュール例は以下の通りです。

初級編(1~2ヶ月目) 【初級編1】
  • カウンセラーとは
  • 患者の状態を知る

【初級編2】

  • 主な症状のタイプ
  • 妄想型
  • 緊張型
中級編(3~4ヶ月目) 【中級編1】
  • 健康と自立
  • 健康な一生をおくるために役立つ老化のとらえ方
  • 高齢者運動の目的と方法

【中級編2】

  • 心理的ストレスが招く特徴的症状
  • 心理的ストレスの主な要因
  • 治療に関して知っておくこと
上級編(5~6ヶ月目) 【上級編1】
  • クライアントと家族の関係性
  • 病気を受容すること
  • 家族の接し方

【上級編2】

  • 障害の捉え方
  • リハビリテーションと自立支援
  • 在宅介護での自立支援のあり方

(参考:SARAスクール公式HP)

初級編では、福祉心理の基礎知識を学びます。

そして、中級編・上級編では、心理的ストレスの症状やクライアントの家族との接し方、自立支援のあり方など実際に福祉の現場で役立つ実践的な知識も取得できます。

段階的な学習カリキュラムは、心理学を初めて学ぶ方にも進めやすく、おすすめです。

また、応用編の内容が充実しているので、福祉サービス向上を目指す方や福祉分野でカウンセリングに活用したい方にも合っているでしょう。

その他の特長として、SARAスクールでは、資格取得の方法や予算・学習スタイルに合ったコースを選択できます。

(引用元:SARAスクール公式HP)

基本コースは、各自で試験を受ける必要がありますが、プラチナコースでは、卒業課題の提出で資格が取得できる試験免除システムが利用できます。

講座の受講から資格取得まで含まれたオールインワンカリキュラムで、短期間に効率よく資格を取得したい方や、確実に資格を取得したい方におすすめです。

また、SARAスクールでは、自宅学習をサポートするために「質問制度」と「添削指導」を用意しています。

通信講座では自分の理解度を確認できないことがデメリットですが、添削指導を有効活用すれば、自分の実力を見える化できるでしょう。

2種類の資格が取得できるSARAスクールの福祉心理資格取得講座は、福祉関連の仕事をしたい方、短期間に資格を取得したい方におすすめの資格です。

資格を取得することで、福祉サービスの現場で活かせるだけでなく、カウンセラーや講師としても多方面で活躍できるでしょう。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

SARAスクールジャパン・福祉心理資格取得講座良い口コミ・評判

福祉と心理学に興味があり受講をしました。高齢化社会に伴う問題を耳にしますが実際に周りのかた達に高齢者が増えてきました。

教材から、どのような関わりが出来るか学ぶことが出来ました。知識を加えたことで心強い対応が出来るようになりました。

(引用元:SARAスクール公式HP)

保育園の子ども達を取り巻く環境に、少しずつですが福祉も関わり始めてきた事が感じられたので、受講しました。自分のペースでじっくり学べ、現場で活かしながら最終試験に臨むことができました。

(引用元:SARAスクール公式HP)

これからどんどん福祉の必要性が高くなると思い、福祉心理についての資格に興味を持ちました。基礎から始まり上級では本格的な内容と段階的な学習だったので初心者でもとても学びやすかったです。

(引用元:SARAスクール公式HP)

良い口コミでは、実際の仕事に役立った、自分のペースで無理なく学べた、初心者でも分かりやすかったなど、学習カリキュラムやテキスト内容に関する意見が大半でした。

基礎から丁寧に学べるので、初学者でも挑戦しやすく、短期間で資格取得が目指せます。

また、初級~上級まで段階的に学び、知識も実践的スキルも身につけられるので、すぐに福祉サービスや家族へのケアに活かせるでしょう。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

SARAスクールジャパン・福祉心理資格取得講座悪い口コミ・評判

資格勉強における感想ですが、テキストは少なかったので、学生や社会人、主婦でも両立して資格勉強できるのではないかな、という印象でした。

(引用元:SARAスクール公式HP)

悪い口コミはほとんど見られませんでしたが、テキストが少なかったという意見もありました。

初学者でも学びやすく、ポイントを押さえて効率よく学べますが、福祉心理学を深く学びたい方や、網羅性を重視する方にとっては、物足りなさを感じるようです。

諒設計アーキテクトラーニング・福祉心理カウンセラーW資格取得講座

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング)

諒設計アーキテクトラーニング福祉心理カウンセラーW資格取得講座は、1日30分の学習で「福祉心理カウンセラー資格」と「福祉心理アドバイザー資格」の資格が同時に取得できる講座です。

講座名 諒設計アーキテクトラーニング・福祉心理カウンセラーW資格取得講座
取得できる資格
  • 日本メディカル心理セラピー協会「福祉心理カウンセラー資格」
  • 日本インストラクター技術協会「福祉心理アドバイザー資格」
費用
  • 基本講座:59,800円(税込)
  • スペシャル講座:79,800円(税込)
教材
  • ガイドブック
  • 学習テキスト01・02
  • 練習問題集/解答
  • 模擬試験/解答
  • 添削課題(5回分)
  • 卒業課題(スペシャル講座のみ)
サポート
  • 回数無制限の質問サポート
  • 添削指導
学習期間 6ヶ月(最短2ヶ月)
サイトURL https://www.designlearn.co.jp/fukushijyuukankyo/

約6ヶ月の学習で、福祉心理学の基礎知識・カウンセリングやサポートに必要な応用知識を習得できます。

基礎から始まり「クライアントと家族の関係性」「リハビリテーションと自立支援」「在宅介護での自立支援のあり方」など、実践的な知識を分かりやすく学べるのが特徴です。

また、心理的なストレスの要因や主な症状についても学べるので、福祉の現場でカウンセリングに活かせる知識も取得できます。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

スペシャル講座では、卒業課題を提出することで、「福祉心理カウンセラー資格」と「福祉心理アドバイザー資格」の2資格が試験免除で取得できます。

確実に資格を取得したい方、最短ルートで資格取得を目指したい方におすすめです。

さらに、諒設計アーキテクトラーニングの福祉心理カウンセラーW資格取得講座では、リーズナブルな費用で手軽に学べる基本講座も開講しています。

基本講座・スペシャル講座の特徴は以下の通りです。

講座名 基本講座 スペシャル講座
費用 59,800円(税込) 79,800円(税込)
教材
  • ガイドブック
  • 学習テキスト01・02
  • 練習問題集/解答
  • 模擬試験/解答
  • 添削課題(5回分)
  • ガイドブック
  • 学習テキスト01・02
  • 練習問題集/解答
  • 模擬試験/解答
  • 添削課題(5回分)
  • 卒業課題(スペシャル講座のみ)
資格取得方法 試験 卒業課題の提出

基本講座・スペシャル講座は、それぞれ試験の取得方法に違いがあるので、自分の予算や学習計画にあったコースを選択しましょう。

その他に、受講サポートとしては、添削課題による個別指導を受けられることが挙げられます。

通信講座は、自分の実力が分かりにくく、モチベーションを維持できずに挫折してしまう方もいますが、定期的に添削指導を受けることで学習の理解度をしっかり把握できます。

また、添削による個別指導が受けられることで、モチベーションも維持できるでしょう。

学習を無理なく継続できる学習サポートがあることも、諒設計アーキテクトラーニングの強みといえます。

手厚い学習サポートと無駄のない学習カリキュラムを活用し、短期間で効率よく資格を取得したい方におすすめです。

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

諒設計アーキテクトラーニング・福祉心理カウンセラーW資格取得講座良い口コミ・評判

このコースでは、一部にスポットを当てた学習ではなく、多種多様の福祉全般が基礎知識として学べるのがとても良かったです。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

福祉の現場で働いています。利用者様の抱えるストレスケアにどのように対応するかと悩んでいたところであった資格です。体の不調につながる心のケアの仕方についてしっかり学べた内容でした。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

福祉課の仕事に携わりたくて勉強を始めました。初心者でしたが、心理学の基礎から学べたので、最後までやり遂げることが出来ました。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

良い口コミ・評判としては、初学者でも福祉心理学の基礎知識が分かりやすく学習できた、実践的なスキルが習得できたという意見が多く見られました。

福祉の仕事に携わる方も、初めて勉強する方も学びやすい充実した学習内容が魅力です。

福祉心理学を、多角的に学び、効率よく習得できるのが諒設計アーキテクトラーニングの魅力といえるでしょう。

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

諒設計アーキテクトラーニング・福祉心理カウンセラーW資格取得講座悪い口コミ・評判

心理カウンセラーを勉強していたので、ダブっているところが多く、覚えることは半分くらいですみました。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

不安なところがまだ多いです。教材を見返しながら復習しようと思います。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

悪い口コミ・評判としては、その他講座と内容が重複していた、一度の学習では知識の習得が不十分だったという意見もありました。

諒設計アーキテクトラーニングでは、心理系の資格が充実しているので、心理学の基礎に関しては内容が重複する部分もあるでしょう。

また、一度の学習で不安がある方は、繰り返し学習する、自分の実力を添削指導で確認するなど、学習方法を工夫することをおすすめします。

福祉心理学・福祉心理士におすすめの大学

福祉心理学・福祉心理士におすすめの大学は以下の3校です。

  • 東北福祉大学
  • 静岡福祉大学
  • 東京福祉大学

福祉心理学の資格のWライセンスを考えている方や、福祉心理士の資格取得が目指せる大学をお探しの方は、ぜひ参考にしてください。

東北福祉大学

(引用元:東北福祉大学公式HP)

東北福祉大学では、総合福祉学部の福祉心理学科で福祉心理学が学べます。

臨床心理士履修コース・発達教育心理学履修コース・認知社会心理学履修コースに分かれ、福祉心理学に関係するオールジャンルの心理学を学習できるのが特徴です。

総合福祉学部・福祉心理学科で取得できる資格(一部)は以下の通りです。

  • 公認心理師(必須基礎条件)
  • 社会福祉士(受験資格)
  • 精神保健福祉士(受験資格)
  • 認定心理士資格
  • 福祉心理士資格

国家資格である公認心理師を始めとする、社会福祉士・精神保健福祉士の指定科目が履修できます。

また、認定心理士・福祉心理士などの認定資格の申請条件も満たせるので、福祉系・心理系のWライセンスやトリプルライセンスも目指せるでしょう。

さらに、心理実験室やデーター分析実習室など、心理学を学習する学習施設も充実しています。

東北福祉大学の総合福祉学部・福祉心理学科は、心理学のプロを育成するための学習カリキュラムや学習環境が整い、福祉心理学を多角的に学べる大学です。

静岡福祉大学

(引用元:静岡福祉大学公式HP)

静岡福祉大学では、福祉心理学が学べる社会福祉学部の福祉心理学科を開設しています。

福祉施設から医療機関・公務員・一般企業まで幅広い分野での就職実績もあります。

社会福祉学部・福祉心理学科で取得できる資格(一部)は以下の通りです。

  • 公認心理師(受験資格単位の一部を修得)
  • 社会福祉士(受験資格)
  • 精神保健福祉士(受験資格)
  • 認定心理士資格

福祉心理学の資格の他に、児童指導員・家庭相談員・児童福祉司などの資格を、卒業と同時に取得できます。

また、児童を取り巻く現代社会の様々な問題へ対応できる、児童福祉学の学習を強化しているのが特徴です。

児童福祉の分野に興味がある方や、心理学を活かして公務員として活躍したい方にもおすすめの大学です。

東京福祉大学

(引用元:東京福祉大学公式HP)

東京福祉大学では、総合福祉学部の社会福祉学科で福祉心理学が学べます。

目的別にコース・専攻が細かく分かれているので、自分に合った専門性の高い学習が可能です。

総合福祉学部の社会福祉学科で選択できるコース・専攻は以下の通りです。

  • 社会福祉コース
  • 介護福祉コース
  • 精神保健福祉専攻
  • 心理福祉専攻
  • 経営福祉専攻

心理福祉専攻では、社会福祉士と精神保健福祉司の資格取得が目指せます。

また、国家試験対策授業もあるので、試験対策に特化した集中的な学習も可能です。

公認心理師や臨床心理士の受験資格も取得できるので、心理系の資格を複数取得したい方にもおすすめの大学です。

福祉心理士の仕事内容・活躍分野・求人

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

福祉心理士の資格を取得するとどのような仕事に活かせるのか、具体的な仕事内容・活躍分野・求人を紹介します。

代表的な仕事内容・活躍分野は以下の3つです。

  • 老人福祉施設・児童福祉施設で働く
  • 教育機関・医療機関で働く
  • 福祉心理学に関係するセミナーや教室を開く

福祉心理学の資格は、老人福祉施設・児童福祉施設で働く際に役立ちます。

また、教育機関・医療機関などで相手の心理を読み解き、サービスを向上させることも可能です。

さらに、資格取得後に開業・独立すれば、セミナーを開くなど活躍の場を広げられるでしょう。

福祉心理学の資格取得後は、老人福祉施設・児童福祉施設で働くだけでなく、教育・医療の現場で役立てたり、講師として活動したりと、幅広い分野で活躍できます。

取得した資格を有効活用するためにも、資格をどのように活かしたいのか、どのような職業に就きたいのかイメージしておくことが大切です。

老人福祉施・児童福祉施設で働く

福祉心理学の資格は、老人福祉施設・児童福祉施設の現場で役立つ知識を習得できます

福祉心理学に関する資格保有者は、高齢者施設や障害者施設といった福祉機関で専門スキルを発揮しています。高齢者施設や障害者施設の利用者の中には、自分の思いをスムーズに言葉に出せない人もいます。言葉だけではなく、相手の表情や仕草も含めて気持ちに寄り添うカウンセリングスキルが必要です。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

福祉心理学の理解を深めることで、正しいケアとアドバイスができるようになり、福祉の現場で求められている高齢者へのメンタルヘルスケアにも応用できます。

資格取得者は、福祉心理学の基礎知識や応用スキルを身に付けている証明になり、就職・転職の際にも有利になるでしょう。

教育機関・医療機関で働く

福祉心理学の知識やスキルは、福祉施設だけでなく教育機関・医療機関でも応用できます。

学校をはじめとする教育現場でも、不登校やいじめなどに悩む子供や保護者は増えています。福祉心理学に関する資格保有者は、子供たちのストレスを緩和し、すこやかな成長に導く役割を担っています。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

相手の心理を読み解くことで、どのようなサービスが求められているのか、どのような対応が適切なのかを、正確に判断できます。

また、子ども達の悩みやストレスに対して、適切なアドバイスが送れるようになり、医療機関では患者の自立支援やリハビリテーションにおけるサポートの強化にもつながるでしょう。

福祉心理学に関係するセミナーや教室を開く

福祉心理学の資格所得後は、福祉心理のプロとして、福祉や心理学に関係するセミナーや教室を開講できます。

専門知識とスキルを活かし、カルチャーセンターやスクールなどで講師として活動する資格保有者もいます。家族の介護問題を抱える人は増えているため、福祉心理学の知識を持つ講師の需要は、今後ますます拡大するでしょう。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

在宅介護において、家族にどのように関わればよいのか、適切なケアやコミュニケーション方法に悩む方も多く、プロによるサポートや指導が求められています。

福祉心理学の資格は、在宅介護にも役立つ知識・スキルを習得できるので、社会のニーズに寄り添った、在宅介護に関係するセミナーや教室も開講できるでしょう。

介護のあり方が多様化する中で、在宅介護に関連するセミナーの需要はますます高まることが予想されることから、講師として独立・開業もしやすい資格といえます。

諒設計アーキテクトラーニングの福祉心理カウンセラーW資格取得講座では、資格取得後に講師活動も可能な「福祉心理カウンセラー」と「福祉心理アドバイザー」の2資格が取得できます。

福祉心理学を仕事で活かしたい方や、独立・開業して講師活動を始めたい方にもおすすめです。

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

福祉心理学の資格に関するよくある質問

福祉心理学の資格に関するよくある質問をまとめました。

  • 福祉心理学の資格は意味がない・役立たないって本当?
  • 福祉心理カウンセラーは独学で取得できる?
  • 福祉心理学の資格に国家資格はある?
  • 福祉心理カウンセラーの難易度は?
  • 福祉心理カウンセラーの資格はユーキャンで取得できる?
  • 福祉心理カウンセラーにおすすめの本・テキストは?
  • 福祉心理アドバイザーの過去問はある?
  • 福祉心理学のレポート作成に役立つコンテンツはある?
  • 福祉心理士の申請方法は?

資格取得の際の参考にしてください。

福祉心理学の資格は意味がない・役立たないって本当?

福祉心理学の資格は意味がない・役立たないという口コミが見られますが、福祉心理学の資格は仕事やプライベートでも幅広く活用できる資格です。

では、なぜ意味がないといわれているのか、理由として、資格に関係する2つの特徴が挙げられます。

  • 福祉心理士の資格が国家資格だけではなく、民間資格もあること
  • 資格取得後の活用方法がイメージしにくいこと

福祉心理学の資格は、国家資格だけでなく民間資格もあります。

就職・転職で有利になることもありますが、選択する資格によっては認知度が低く、上手く活用できないこともあるでしょう。

また、資格の種類が多いので、どれを選んでいいのか分からず、自分の目的に合った資格が見つけられないケースもあります。

資格取得を目指す前に、試験内容や資格取得の目的などを明確にしておくことで、ミスマッチを防げるでしょう。

さらに、具体的な仕事内容や活躍分野をイメージしにくいことも意味がない・役立たないと言われている理由として挙げられます。

福祉心理学の資格を意味があるものにするには、資格取得後の活用方法を明確にしておくことが大切です。

福祉心理学の資格を仕事に活用したい方は、SARAスクールの福祉心理資格取得講座がおすすめです。

資格取得後にカウンセラーとしても活動できる「福祉心理カウンセラー」「福祉心理アドバイザー」の2資格が同時に取得できます。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

福祉心理カウンセラーは独学で取得できる?

福祉心理カウンセラーの資格は、独学でも取得できます。

しかし、独学の場合は教材の選択から、試験傾向の把握まで自分で行う必要があり、試験対策に時間がかかる可能性もあります。

一方で、通信講座を利用すれば、最短2ヶ月で福祉心理カウンセラーの資格取得が目指せます。

短期間で効率よく資格を取得したい方は、通信講座の受講も検討するといいでしょう。

SARAスクールの福祉心理資格取得講座は、福祉心理カウンセラーの資格が短期間で取得できます。

仕事や育児とも両立しやすく、効率よく試験対策を進めたい方におすすめです。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

福祉心理学の資格に国家資格はある?

(引用元:厚生労働省HP)

福祉心理学の資格の中で、公認心理師と精神保健福祉士の2資格が国家資格です。

その他の資格は全て民間資格であり、試験の実施機関もさまざまです。

公認心理師と精神保健福祉士の試験概要は以下の通りです。

資格名 公認心理師 精神福祉心理士
主催団体 厚生労働省 厚生労働省
受験資格
  • 4年制大学で「指定の科目」履修、かつ大学院で「指定の科目」を履修
  • 4年制大学で「指定の科目」履修、かつ特定の施設で実務経験2年以上
  • 外国の大学で「指定の科目」履修、かつ大学院で「指定の科目」を履修
  • 保健福祉系大学で「指定の科目」履修
  • 保健福祉系短大(3年)で「指定の科目」履修、かつ相談援助の実務経験1年以上
  • 保健福祉系短大(2年)で「指定の科目」履修、かつ相談援助の実務経験2年以上
受験料 28,700円(税込) 24,140円(税込)
受験方法 会場受験(北海道・宮城・東京・愛知・大阪・岡山・福岡) 会場受験(北海道・宮城・東京・愛知・大阪・広島・福岡)
2024年度試験日程 2024年3月3日 2024年2月3日・2月4日

(参考:厚生労働省HP)

公認心理師の受験資格を満たすためには、4年制大学で指定の科目を履修し、大学院での指定科目履修、もしくは2年以上の実務経験が必要です。

合格率は初回(79.6%)を除き、約45%~60%を推移しています。

一方の精神保健福祉士も保健福祉系大学で指定科目の履修が必要です。

大学院での履修は必要ないので、公認心理師と比較すると、受験資格を満たすための学習期間は短くなります。

しかし、どちらの国家資格も大学での指定科目の履修が必須であり、受験資格の取得から試験まで長期的な学習計画が必要な資格といえるでしょう。

福祉心理カウンセラーの難易度は?

(引用元:日本メディカル心理セラピー協会)

福祉心理カウンセラーは、在宅受験・教材の持ち込みも可能なので、難易度は低く、初心者でも取得しやすい資格です。

同じく、民間資格の福祉心理アドバイザーも、在宅受験が可能で、比較的易しい試験といえます。

一方で、4年制大学や大学院卒業後、試験に合格することで資格が取得できる精神保健福祉士・公認心理師・臨床心理士の3資格は、福祉心理資格の中でも難易度は高めでしょう。

短期間で無理なく資格取得を目指したい方や、確実に資格を取得したい方は、試験免除制度が利用できる諒設計アーキテクトラーニングがおすすめです。

通信講座を受講し卒業課題を提出することで、「福祉心理カウンセラー」と「福祉心理アドバイザー」の2資格が取得できます。

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

福祉心理カウンセラーの資格はユーキャンで取得できる?

数多くの資格講座を実施しているユーキャンですが、福祉心理カウンセラーに対応した講座はありません。

福祉心理カウンセラーの資格取得が目指せる通信講座は「SARAスクール」と「諒設計アーキテクトラーニング」の2つのみです。

福祉心理カウンセラーの資格取得を考えている方は、SARAスクールの福祉心理資格取得講座諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見るの受講を検討しましょう。

福祉心理カウンセラーにおすすめの本・テキストは?

福祉心理カウンセラーの公式テキストは販売されていませんが、福祉心理学の基礎を学べる本・テキストがあります。

「公認心理師の基礎と実践17福祉心理学」は、福祉心理学の基礎から学べる入門書です。

公認心理師の資格取得向けに作られたテキストですが、福祉心理学の資格取得を考えている方にもおすすめできます。

「公認心理師スタンダードテキストシリーズ福祉心理学」も、福祉心理学の基本的な知識を習得するのに適したテキストです。

見やすく・わかりやすく・使いやすくをコンセプトに作られ、図表を多用して初心者でも理解しやすいように解説されています。

どちらのテキストも公認心理師の試験対策用ですが、福祉心理学を徹底的に学びたい方や福祉心理カウンセラーなど、福祉心理資格の取得を考えている方におすすめです。

福祉心理アドバイザーの過去問はある?

(引用元:SARAスクール公式HP)

福祉心理アドバイザーの過去問に特化したテキスト・問題集は販売されていませんが、SARAスクールの福祉心理資格取得講座を受講することで、学習できます。

テキストでは、過去問を参考にした試験合格のポイントを分かりやすく解説しています。

SARAスクールの福祉心理資格取得講座を受講すれば、過去問を参考にして最新の試験傾向を確認し、合格に必要な知識を習得できるでしょう。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

福祉心理学のレポート作成に役立つコンテンツはある?

福祉心理学のレポート作成に役立つコンテンツとして、書籍がおすすめです。

書籍を手に入れるには、書店で購入する・図書館で借りる・中古本を見つける方法があります。

書店で購入する方法は、自分の目的の本・テキストを確実に購入できるメリットがありますが、専門書の購入は費用が高くなる可能性があります。

図書館で借りる方法は、費用は抑えられますが必要な本・テキストがなかったり、他の方が借りていたりする可能性もあり、必要なタイミングで手に入らないこともあるでしょう。

中古本は、費用を抑えながら自分に必要な書籍を探せるのがメリットです。

オンラインショップを利用すれば、自宅でも手軽に購入できるでしょう。

福祉心理士の申請方法は?

(引用元:日本福祉心理学会)

福祉心理士の申請方法は以下の通りです。

  1. 申請書類をダウンロードする
  2. 申請書を作成し、提出物を揃える
  3. 申請書・提出物を郵便局「レターパックライト」に入れて、資格認定委員会事務局まで郵送する

(参考:日本福祉心理士学会HP)

申請のためには、認定条件を満たす必要があります。

申請書の作成は公式HPに掲載されている「資格申請の手引き」を参考にしましょう。

福祉心理学のおすすめ資格:まとめ

福祉心理学におすすめの資格や、資格取得が目指せる通信講座を紹介しました。

福祉心理学の資格は、福祉施設で働くほか、独立・開業もできる活躍の場が広い人気の資格です。

短期間に効率よく資格を取得するには、通信講座を利用するといいでしょう。

福祉心理学の資格取得におすすめの通信講座は以下の2社です。

学校名 費用 取得できる資格 学習期間
SARAスクールジャパン 福祉心理資格取得講座
  • 基本コース:59,800円(税込)
  • プラチナコース:79,800円(税込)
  • 日本メディカル心理セラピー協会「福祉心理カウンセラー資格」
  • 日本インストラクター技術協会「福祉心理アドバイザー資格」
6ヶ月(最短2ヶ月)
諒設計アーキテクトラーニング 福祉心理カウンセラーW資格取得講座
  • 基本講座:59,800円(税込)
  • スペシャル講座:79,800円(税込)
  • 日本メディカル心理セラピー協会「福祉心理カウンセラー資格」
  • 日本インストラクター技術協会「福祉心理アドバイザー資格」
6ヶ月(最短2ヶ月)

SARAスクールと諒設計アーキテクトラーニングでは、「福祉心理カウンセラー資格」と「福祉心理アドバイザー資格」の2資格が取得できます。

福祉心理学の資格を短期間に効率よく取得したい方におすすめです。

記事を参考にして、自分に合った通信講座を見つけ、福祉心理学の資格取得を目指しましょう。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

徳永浩光

キャリアコンサルタントの国家資格を所有しています。実際に資格取得で役に立った情報をお届けしていきますので、これから資格取得を考えているあなたの手助けができれば幸いです。

マイベストプロ掲載ページ

キャリコンサーチ掲載ページ

徳永浩光をフォローする
[PR]
◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
おすすめの資格や通信講座を比較|マイナビニュース資格
タイトルとURLをコピーしました