Far Cry Primal(グラフ34~36)

Ubisoft
http://www.ubisoft.co.jp/primal/

CrossFire問題第2弾。ちゃんとベンチマークは起動するしCrossFireも動作するのだが、全画面解像度が何故か4K(3840×2160)pixelしか選択できないという謎の状況に(Windowモードだとより小さい解像度も選択可能)。またその4Kでの画面表示はこんな感じ(Photo05)で、明らかにプログレスバーや"EXIT Benchmark"の位置がおかしい。この問題もやはりCRIMSON Software 16.7.1では解決したのだが、そんなわけで今回RX 480 CFは4K解像度の結果「のみ」を示している。

Photo05:CrossFireのロゴはちゃんと左上に出ているし、画面もちゃんと全画面表示されているのだが、ダイアログなどの位置がおかしい

それでは結果を分析したい。平均フレームレートを見ると相変わらずGTX 1070/1080が圧倒しているが、4Kでの平均フレームレートはRX 480 CFもなかなか悪くない。この傾向は最大フレームレートも同じであり、最小フレームレートも割と似た傾向に落ち着いている。

しかし最小フレームレートを見ると、GTX 1070/1080が4K以外でフラットになっているあたりは、そろそろCPU側のオーバーヘッドがボトルネックになっていることが伺える。やはりこれ以上はDX12が必要と言うことだろうか。なおRX 480単体のスコアも、低めとは言えそう悪くは無いので、CrossFire環境の性能には期待が持てそうだ。