Tom Clancy's The Division(グラフ84~87)

Ubisoft
http://www.ubisoft.co.jp/division/

またしてもCrossFireに厳しいゲームとなった。平均フレームレートを見ると、明白にRX 480 CFはRX 480単体よりもフレームレートを下げている。最大フレームレートも低め安定といった傾向だ。

最小フレームレートはさらに低く推移しており、RX 480単体の方が優秀に見えるほどだ。実際Full HDでRX 480単体は平均フレームレートで60fps近く、最小フレームレートも26fpsほどあるから、多少描画オプションを調整すれば十分プレイできる。

4Kでのフレームレート変動(グラフ87)を見ると、とにかくRX 480 CFは妙にスパイクを多発しており、これはかなりカクカクした動きになると思われる。スパイクを除いた性能はおおむねRX 480と同等で、GTX 970を上回ってはいるものの、CrossFire構成のメリットは感じられない。