ウォーターサーバーは下置きがおすすめ?ボトル交換がラクな厳選5社を徹底比較!

比較・ランキング

「ウォーターサーバーは下置きの方がいいって聞くけど本当?」
「下置きのウォーターサーバーでおすすめのモデルが知りたい」
「下置きのウォーターサーバーのメリットとデメリットを知りたい」

上記のようにお考えの方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回の記事では厳選したおすすめの下置きのウォーターサーバー5選をご紹介します。下置きのウォーターサーバーのメリットやデメリットについても詳しく記載しているので是非ご参考にしてください。

下置きウォーターサーバーのおすすめ5選

下置きのウォーターサーバーは数多く存在しますが今回は下記の5つに厳選しました。

  • コスモウォーター smartプラス
  • プレミアムウォーター cado×PREMIUM WATER
  • フレシャス Slat(スラット)
  • ワンウェイウォーター smart
  • アクアクララ アクアウィズ

上記のウォーターサーバーはいずれも使いやすくメリットの大きいウォーターサーバーになっています。

機種名コスモウォーター
「Smartプラス」
cado×PREMIUM WATERフレシャス
「Slat」
ワンウェイウォーター
「smart」
アクアクララ
「アクアウィズ」
水の種類天然水天然水天然水天然水,RO水RO水
水の値段2,052円/12L1,987円/12L〜1,626円/9.3L1,350円/12L〜1,404円/12L〜
レンタル料+その他1,100円/月(レンタル料)
※PREMIUM WATER MOM CLUB加入で550円/月〜
990円/月(レンタル料)
※前月3箱以上利用でレンタル料無料
2,200円/月(あんしんサポート料)
カラー5種類3種類2種類5種類1種類
サイズ幅:300mm/奥340mm/高1,100mm幅:300mm/奥386mm/高1,160mm幅:290mm/奥350mm/高1,110mm幅:300mm/奥340mm/高1,100mm幅:320mm /奥:320mm /高:1,344mm
(ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ50「Fifty」搭載時)
幅:320mm /奥:320mm /高:1,335mm
(ネスカフェ ドルチェ グスト ジェニオ アイ搭載時)
チャイルドロック
エコモード
その他機能・クリーンエア
・クリーンサイクル
・静音設計
・弱冷水モード
・再加熱機能
・ 加熱クリーンシステム
・温度過昇保護装置(バイメタル)
・リヒート機能
・常温水機能
・静音設計
・フレッシュ機能
・クリーンエアシステム
・静音設計
・HOT BOOSTER(加熱)
・UV除菌ランプ
・SIAA/SEK抗菌マーク認証
(冷水タンク用樹脂部材、エアフィルター)

コスモウォーター smartプラス

スペック
  • 水(24L) 4,104円
  • レンタル代 0円
  • その他 0円
  • カラー:ホワイト、ピンク、ブラック、ウッド、ライトウッド
  • サイズ:(幅)30cm×(奥行き)34cm×(高さ)110cm
  • 主な機能:クリーンエアシステム、クリーンサイクルシステム、エコモード、チャイルドロックシステム

コスモウォーター smartプラスのおすすめポイント3選

  • 専用のバスケットで水ボトルを手軽に交換可能
  • デザインがシンプルでインテリアとしてもおすすめ
  • チャイルドロックシステムもあるので安心

ポイント(1):専用のバスケットで水ボトルを手軽に交換可能

専用のバスケットで水ボトルを手軽に交換できるので利便性も非常に高いです。お水ボトルを専用バスケットに入れれば、片手でスライドできるくらい簡単に設置出来ます。力が弱い高齢者に特におすすめのウォーターサーバーです。

ポイント(2):デザインがシンプルでインテリアとしてもおすすめ

コスモウォーターsmartプラスはグッドデザイン賞を受賞したシンプルながらもデザイン性も高いウォーターサーバーです。カラーバーリエーションも5種類あるので、自宅のインテリアに合わせて選ぶことができますね。デザイン性を重視する下置きウォーターサーバーが欲しい方は特におすすめです。

ポイント(3):3つのモードで使えるチャイルドロックシステム

コスモウォーターsmartプラスのチャイルドロックシステムは3つのモードが選択可能です。小さな子どもがいる家庭でも安心して使うことが出来ますし、子どもの成長に合わせてモード選択が出来るのも嬉しいポイントです。

プレミアムウォーター cado×PREMIUM WATER

スペック
  • 水(24L): 3,974円〜
  • レンタル代:1,100円/月
  • その他:682円/月(任意加入:プレミアム安心サポート)
  • カラー:ホワイト、ブラック、ボルドー
  • サイズ:(幅)30cm×(奥行き)38.6cm×(高さ)116cm
  • 主な機能:温度過昇保護装置、エコモード、加熱クリーンシステム、チャイルドロックシステム

プレミアムウォーター cado×PREMIUM WATERのおすすめポイント3選

  • シックで品の高いデザイン性
  • タッチパネルで直感的な操作が可能
  • 加熱クリーンシステムで衛生的に使える

ポイント(1):シックで品の高いデザイン性

プレミアムウォーター「cado×PREMIUM WATER」はデザイン性に非常に優れたウォーターサーバーです。現代的なすっきりとしたデザインで、キッチンやリビングを華やかさを与えてくれるデザイン。色もホワイト・ボルトー・ブラックの3種類から選べます。高級感を求める方にピッタリな仕上がりになっています。

ポイント(2):タッチパネル搭載で簡単操作

また、ボトル残量をランプで知らせてくれたり、エコモードも充実しているためきちんと量を見極めた使い方ができます。さらにタッチパネルで基本操作ができるため、初めてウォーターサーバーを触る方でも安心です。

ポイント(3):加熱クリーンシステムで衛生的に使える

温水タンクのお湯を冷水タンクに循環させ、タンク内を熱殺菌する加熱クリーンシステムで冷水タンク内を、約70℃の状態にし、約2時間維持することで、タンク内を衛生的に、清潔に保ちます。ウォーターサーバーの衛生面が気になっている方、赤ちゃんのミルクに使いたいと考えている方におすすめです。

フレシャス Slat(スラット)

スペック
  • 水(18.6L): 3,252円
  • レンタル代 :990円/月(※前月3箱以上の注文でレンタル代無料)
  • カラー:マットブラック、マットホワイト
  • サイズ:(幅)29cm×(奥行き)35cm×(高さ)111cm
  • 主な機能:エコモード、スリープ機能、リピート機能、チャイルドロック

フレシャス Slat(スラット)のおすすめポイント3選

  • 軽量ボトルで交換が楽チン
  • スリムサイズで省スペース
  • 豊富な機能で便利に使える

ポイント(1):軽量ボトルで交換が楽チン

フレシャスSlat(スラット)は9.3Lの軽量ボトルなので他メーカーの12Lボトルよりも簡単に交換できます。ボトル1本1本が軽量なので、玄関からの持ち運びも楽チンですね。

ポイント(2):スリムサイズで省スペース

slatはお水ボトルがコンパクトなので、サーバー本体も非常にスリムです。本体サイズは、幅290mm、奥行350mm、高さ1,110mmです。ボディが縦に長いスリムタイプなので、幅を取らないという点が魅力的です。

置く場所を選ばず、できるだけ幅を取らないウォーターサーバーを探している方におすすめです。

ポイント(3):豊富な機能で便利に使える

slatは給水ボタンが子どもの届きづらい上部に位置していたり、チャイルドロックも備わっているため、子どもがいる家庭でも安心して使えます。

さらに、エコモードやスリープ機能も充実しているため、電気代を節約したいという方にもおすすめです。

ワンウェイウォーター smart

スペック
  • 水(24L): 2,700円
  • レンタル代 :0円
  • カラー:ホワイト、ピンク、ベージュ、ブラック、グリーン
  • サイズ:(幅)30cm×(奥行き)34cm×(高さ)110cm
  • 主な機能:クリーンエアシステム、省エネモード、静音機能、チャイルドロックシステム

ワンウェイウォーター smartのおすすめポイント3選

  • 専用のバスケットでスムーズにボトル交換可能
  • リビングや寝室にも置ける静音設計
  • クリーンエアシステムで衛生的に使える

ポイント(1)専用のバスケットでスムーズにボトル交換可能

ワンウェイウォーターsmartは専用のバスケットがあるため、他の下置きモデルのウォーターサーバーよりもスムーズにボトルを交換できます。さらに空のボトルはご家庭で処分できるため非常に利便性も高いです。

ポイント(2):リビングや寝室にも置ける静音設計

ウォーターサーバーの利用で気になる点の一つに「音」があります。冷水・温水を作るときに、内部でコンプレッサーが作動する音やサーバー内に給水するときの「ゴボゴボ」という音が気になるサーバーがあります。「smart」は静音設計されているので、リビングや寝室で使っても気になりにくいという特徴があります。

ポイント(3):クリーンエアシステムで衛生的に使える

smartの「クリーンエアシステム」は外気を取り込む際にクリーン処理を行うことによって、冷水タンク内を清潔に保ちます。そのため、お水が衛生的に使えるのでウォーターサーバーの衛生面が気になっている方や赤ちゃんのミルクに使いたいと考えている方にもおすすめです。

アクアクララ アクアウィズ

スペック
  • 水(24L):2,808円
  • レンタル代:0円
  • その他:2,200円/月(あんしんサポート料)
  • カラー:ブラック
  • サイズ:(幅)32cm×(奥行き)32cm×(高さ)132cm
  • 主な機能:UV除菌ランプ、エコモード、チャイルドロックシステム、HOT BOOSTER(加熱)

アクアクララ「アクアウィズ」のおすすめポイント

  • コーヒーパックの「バリスタ」とカプセル式の「ドルチェグスト」の2種類から選べる
  • あんしんサポート料で急なトラブルにも対応
  • ブラックが基調となっているため高級感に溢れている

ポイント(1):「バリスタ」と「ドルチェグスト」の2種類から選べる

アクアウィズはコーヒーパックの「バリスタ」とカプセル式の「ドルチェグスト」の2種類から選べるようになっています。「バリスタ」は専用のコーヒーパックを入れ替えることで様々な種類のコーヒーを味わえるのが特徴的です。

カプセル式の「ドルチェグスト」もカプセルごとに中身が違うので、抹茶ラテ、コロンビア、カプチーノなど気分に合わせて変えることができます。そのため、気分に合わせて様々なコーヒーを飲みたいという方におすすめです。

ポイント(2):あんしんサポート料で急なトラブルにも対応

アクアクララはサーバー毎に設定されている「あんしんサポート料」が毎月かかってしまいますが契約後のサポートが手厚いという特徴があります。「サーバーの定期メンテナンス」「故障時の修理対応」「専門スタッフによる設置配達」など、利用開始後のトラブルへの対応が手厚いので安心して使い続けることが出来ます。

ポイント(3):高級感あふれるデザイン

さらに、デザイン面においてはブラックが基調となっているので高級感があるのもアクアウィズの強みです。インテリアとしても機能してくれるので、見た目を気にする方にもオススメなモデルとなっています。

下置きボトルは交換が楽?メリットとデメリットについて

下置きボトルタイプのウォーターサーバーにはメリットとデメリットがあります。そのため、下置きボトルタイプのウォーターサーバーを購入する前にあらかじめメリットとデメリットを理解しておくと、使い勝手がイメージできるでしょう。

したがって、ここからは下置きボトルを搭載するタイプのウォーターサーバーのメリットとデメリットについて詳しく解説します。

メリット

下置きボトルは交換が非常に手軽

下置きボトルは交換が非常に手軽というメリットがあります。上置きモデルと違って水ボトルを持ち上げる必要が無いため、持ち運びや交換が楽です。特に女性の方にとっては非常に嬉しい仕様と言えるでしょう。

また、上置きモデルの場合は誤って水ボトルを落とす危険性がありますが、下置きモデルではそういったリスクもないため安全です。足を怪我したり、周りの人にけがをさせる心配もありません。

さらに、水ボトルを交換する際に使える専用バスケットがあるウォーターサーバーもあるのでそちらを活用するとさらに楽です。

ボトルが見えないためインテリアとしておしゃれ

下置きモデルのウォーターサーバーは自然とボトルが内部に収納されて隠れるため、インテリアとしてのルックスも高まります。自宅にも馴染みやすくなるため、部屋の雰囲気を大切にする方にもおすすめです。

また、下置きモデルのウォーターサーバーはグッドデザイン賞を受賞しているものも存在します。そのため、自宅の雰囲気をさらに良くしたいという場合は、グッドデザイン賞を受賞している下置きモデルのウォーターサーバーを選ぶと良いでしょう。

ウォーターサーバーが転倒しづらくなる

上置きモデルと異なり、下置きモデルのウォーターサーバーは水ボトルが下部に置かれるため高い安定感が生まれます。そのため、転倒してしまうというリスクを大幅に軽減できるでしょう。

ボトル搭載時のサーバーは、機種によっても変わりますが約30~40kgの重さになり、倒れると怪我をする可能性があります。そのため、安全性を考慮する場合は下置きモデルのウォーターサーバーがおすすめです。

ただ、下置きモデルのウォーターサーバーが必ず倒れないとは限らないので、倒れないための対策は必ず施しておきましょう。

ボトル分の高さを考慮する必要が無い

下置きタイプのウォーターサーバーはボトルを内部に置くのでボトル分の高さを考慮する必要が無くなっています。サーバーの高さとボトルの高さを考慮する必要がある上置きのウォーターサーバーとは大きく異なったポイントです。

下置きのウォーターサーバーであればボトルの高さを考えなくても購入することが可能なので、上置きのものと違って「思ったより大きい」といったミスも防げます。そのため、初めてウォーターサーバーを買う際でも安心です。

デメリット

ボトル交換時にしゃがむ必要がある

下置きタイプのウォーターサーバーはボトル交換時に楽ですが、しゃがむ必要があるため姿勢を低くする必要があります。また、下置きタイプ独特の交換のコツがあるため、習得するのに時間が掛かる場合もあるのが難点です。

ただ、下置きタイプのウォーターサーバーは軽量モデルもあれば、専用バスケットを用いるモデルもあります。そのため、より手軽にボトルを交換したい場合は専用バスケットのある下置きタイプのウォーターサーバーを選びましょう。

上置きタイプよりも水漏れしやすい

下置きタイプのウォーターサーバーは、ボトルをサーバー内部に設置するのでセットが少し難しい場合があります。セットする際にはボトルとサーバーの設置部分をしっかりと確認しながら確実にセットする必要があるのです。

上置きタイプのウォーターサーバーはボトル部分が露出しているので、水漏れの確認がしやすいですが、下置きタイプの場合はサーバー内部にボトルがあるため危険です。気付かないうちに水漏れを起こしている場合があります。

したがって、下置きタイプのウォーターサーバーを導入する際は、水漏れを起こさないためにも必ずボトルの設置方法をマスターするようにしましょう。

上置きタイプと比べて動作音がしやすい

下置きタイプのウォーターサーバーは上置きタイプと比べて動作音がしやすいというデメリットがあります。というのも、上置きタイプと異なり水を下からくみ上げる必要があるからです。

また、下置きタイプは水をくみ上げる際にボトルがへこむことがあるのでその際にも音が発生します。使用時にしか発生しないのでそこまで問題にはなりませんが、細かいところまで気にする方は静音性の高い下置きタイプのウォーターサーバーを選びましょう。

停電すると使えなくなる

下置きタイプのウォーターサーバーは、モーターを使ってボトル内の水をタンクに組み上げているので電力が必要となっています。そのため、停電すると、タンクにある分の水しか給水できません。

一方で、上置きタイプは、ボトルが上部にあるので電力が無くても重力の力で水が出ます。したがって、急な停電や計画停電まで考慮してウォーターサーバーを選びたい場合は、下置きのウォーターサーバーは不向きと言えるでしょう。

まとめ

今回の記事では下置きタイプのウォーターサーバーを5つご紹介しました。5つのサーバーはどれも使いやすく高性能なウォーターサーバーなので、どれにしようか迷ってしまうかもしれません。

  • お子さんがいる家庭なら⇒コスモウォーター smartプラス
  • デザイン性を重視したいなら⇒プレミアムウォーター cado×PREMIUM WATER
  • スリムさにこだわるなら⇒フレシャス Slat(スラット)
  • 値段が安い下置きタイプなら⇒ワンウェイウォーター smart
  • コーヒーマシンも欲しいなら⇒アクアクララ アクアウィズ

迷っている方はこちらのポイントを参考にしてみてくださいね!

この記事を監修した人
水メガネ

大手企業で6年間ウォーターサーバーの営業を経験し、そこで得たお客様からのダイレクトな意見を活かして本当におすすめ出来るウォーターサーバーについての日々研究しています。これまでに複数のウォーターサーバーを自ら試した経験からニーズに合わせた最適なウォーターサーバーをご提案します。

水メガネをフォローする
比較・ランキング
水メガネをフォローする
ウォーターサーバー比較
タイトルとURLをコピーしました