PR

【2023年4月】格安車検が安い理由は?業者別料金比較とメリット・デメリットを解説

格安車検が安い理由は?業者別料金比較とメリット・デメリットを解説

本ページはプロモーションが含まれています。

車検業者を探していると中には「激安!」だったり「格安車検!」と謳っている業者などを目にすることがあると思います。

そういった安さを売りにしている車検業者はどうして他に比べて料金が安くできるのでしょうか?また安心して車検が行えるのでしょうか?

本記事ではそんな激安で車検を提供している業者の安さの理由や、激安または格安車検を受ける選ぶ際のメリット・デメリットを解説していきます!

\ 簡単無料見積もりでポイントもGET♪ /
格安車検業者を検索する!

当サイトがおすすめする車検、車買取に関するコンテンツは、総務省ならびに消費者庁が管轄する関連諸法およびWebサイトにて公表している情報を参考にし、実際の利用者や第三者による調査結果などの客観的事実を根拠として作成しております。コンテンツ制作ポリシーはこちら , 広告掲載ポリシーはこちら

車検費用が安い業者はどこ?業者別のメリット・デメリットも解説

激安、格安に分類される車検業者は主に「車検専門業者」「ガソリンスタンド」「カー用品店」の3業者が挙げられます!

その中で今現在最も安いのは「楽天Car車検」の28,830円〜になります。

車検激安・格安店の価格表

区分 業者名 最低価格
ポータルサイト 楽天Car車検 28,830円〜
車検専門業者 ホリデー車検 47,960円~
車検館 46,530円〜
車検のコバック 38,280円〜
アップル車検 45,430円〜
ガソリンスタンド コミっと車検 49,730円〜
Dr.Drive車検 57,530円〜
カー用品店 オートバックス 43,400円〜
イエローハット 42,076円〜
ジェームスJMS 58,510円~

※「オートバックス」と「イエローハット」の料金は平均価格となります。こちらの業者は店舗によって料金が異なりますので詳細の料金は直接店舗にお問い合わせください。

車検業者ごとの特徴とメリット・デメリット

車検が受けられる業者は一般的に、

  • 車検専門店
  • ガソリンスタンド
  • カー用品店
  • カーディーラー

の4つに分類され、車検業者によって車検費用の相場が大きく変動する場合があります。

そもそも車検費用は法定費用+車検基本料で決まります。
重量税・自賠責保険料・印紙代からなる法定費用は車体重量ごと決っており、どの車検業者でも車検を行っても費用は一律です。

一方車検基本料は業者ごとに価格を設定出来る部分となり、それによって相場に差が出ます。

つまり激安車検、格安車検などはこの車検基本料が抑えられていることで安価な価格で車検を行っている業者ということになります。

車検専門業者の特徴とメリット・デメリット

車検に特化した業者であるため品質やサービスのムラが少ない、短時間で車検が受けられる、低価格で車検が受けられる
車種によって対応していない場合がある、必要最低限の点検のみ

車検を専門的に扱っている業者であるため店舗間のムラが少なく、スピーディー・低価格で車検が受けられる場合が多い点が大きな特徴です。

各車検コースがわかりやすくプラン化されているため、はじめての車検でよくわからないという方も安心してコース選択ができる仕組みになっています。

ただし、車種によって車検ができない・必要最低限の点検のみという場合がありますので車の状態を把握することや業者への相談といった事前確認が必要になります。

ガソリンスタンドの特徴とメリット・デメリット

低価格で車検が受けられる、24時間受付対応している店舗が多い、給油ついでに相談ができる、給油クーポンや洗車サービスといった付帯特典が多い
車検に時間がかかる場合が多い、サービスや品質が店舗間で異なる場合がある、代車を取り扱っていない場合がある

店舗数が多く、給油ついでに車検の相談や見積もりが受けることが可能です。24時間受付対応している場合があるので日中は仕事等で忙しい方にもおすすめです。

また車検基本料金を低価格に抑えていたり洗車サービスや給油クーポンを付帯する特典が多い傾向があり、車検費用が還元されるようなお得感があります。

ただし、店舗に整備施設が無い場合が多く、車の整備工場への移動等で車検の時間がかかってしまう場合があります。

また、店舗によって対応可能車種や代車の有無といったサービスの内容が異なることが多いので事前確認が必要になります。

カー用品店の特徴とメリット・デメリット

取扱部品・パーツが豊富で自由に選択できる、低価格で車検が受けられる、アフターサービスが充実している、即日車検に対応している

繁盛期は予約が取りづらい、サービスや品質が店舗間で異なる場合がある

カー用品店の最大の特徴は、店舗に豊富な部品を取り揃えており好きな部品を自由に選べるメリットがあります。質の良い部品を使いたい・できるだけ費用を抑えたい等のニーズに幅広く対応しているので相談しながら整備内容を決められる安心感があります。

また、タイヤ・オイル交換や車検後点検といったアフターサービスが充実している店舗が多いのもメリットの一つです。

ただし、タイヤ交換時期等の繁忙期は混雑が予想されるので事前予約が必要です。

ディーラー車検の特徴とメリット・デメリット

大手車メーカーと提携しているため高品質な車検が受けられる、純正部品を取り扱っている、車検後の不具合に素早く対応してくれる
車検費用が高くなってしまう、スピーディーな車検が受けづらい

新車購入時に利用した店舗での車検。

新車購入の際に築いた信頼関係や大手車メーカーとの提携があり絶対的な安心感があります。車検内容についても、点検項目が多く純正部品を使用した整備点検による高い品質の車検が受けられ安心して車に乗れるというメリットがあります。

またアフターフォローも手厚く、保証期間内の不具合には迅速に対応してくれます。

しかし、高品質な作業を行うための車検基本料金、純正部品を使用した整備になるため費用が高くなってしまう傾向があります。車検費用を安くしたい方は事前確認・見積もりが必要です。

車検専門業者、ガソリンスタンド、カー用品店が安い理由

車検専門業者、ガソリンスタンド、カー用品店といった格安車検業者がなぜディーラー車検などに比べて安くできるのか、その理由は、

車検基本料金(車検を行う際の人件費、手間賃)」と「整備費用(パーツ交換費用)」の2点を格安に抑えているからです。

車検とは、安全に車に乗るために国で定められた保安基準を定期的に検査点検するものですが、故障や事故に繋がる不具合がなければ必要以上の点検やパーツ交換が必要なく検査が通せます。

カーディーラーの場合は車検を通すための基本的な点検に加え、問題は無いけれど使用期間が長い部品を純正部品で交換し車の安全性を高めるといった点検が主流なので、車検費用が高くなってしまう傾向があります。

その反面、格安車検業者は必要最低限の点検・パーツ交換で済ませられるので車検費用を安く抑えられます。

店舗数が多く作業の効率化を図ってコストダウンしている

また上記に挙げたような民間車検業者は複数の店舗展開、複数人での整備作業などの共通点があります。短時間で作業が終わるのもそれが要因です。

多くの店舗で多くのお客さんを効率よく捌くことで回転数を上げ、さらに多くのお客さんに対応出来るので車検基本料などを安く設定できます。

\ 簡単無料見積もりでポイントもGET♪ /
格安車検業者を検索する!

車検費用の相場と内訳

車検費用は車種や業者によって大きく違い、車の状態によっても変動するので一概に相場をお伝えするのは難しいですが平均的に見ると安い場合は4万円台〜15万円前後となります。

費用に含まれるのは、

  • 法定費用
  • 車検基本料
  • 整備費用

があります。

法定費用とは

「法定費用」は国によって定められた最低限かかってくる費用となるため、どの業者に依頼してもかかる費用は同じです。

そこに含まれる内訳は、

  • 自賠責保険料
  • 自動車重量税
  • 印紙代

法定費用の料金表

軽自動車 小型自動車 中型自動車 大型自動車 特大自動車
0.5〜1t未満 1〜1.5t未満 1.5〜2t未満 2〜2.5t未満
自賠責保険料 17,540円 17,650円 17,650円 17,650円 17,650円
重量税 6,600円 16,400円 24,600円 32,800円 41,000円
(エコカー) (5,000円) (10,000円) (15,000円) (20,000円) (25,000円)
(13年経過車) (8,200円) (22,800円) (34,200円) (45,600円) (57,000円)
(18年経過車) (8,800円) (25,200円) (37,800円) (50,400円) (63,000円)
印紙代 1,500円 1,800円 1,800円 1,800円 1,800円
法定費用合計 25,640円 35,850円 44,050円 52,250円 60,450円
(エコカー) (24,040円) (29,450円) (34,450円) (39,450円) (44,450円)
(13年経過車) (27,240円) (42,250円) (53,650円) (65,050円) (76,450円)
(18年経過車) (27,840円) (44,650円) (57,250円) (69,850円) (82,450円)

※印紙代は業者によって多少前後する場合があります。

車検基本料は業者によって異なる

「基本車検料」は車検を通すための予備検査代金や車両の整備料金、車検代行料などを指します。

こちらの料金に関しては相場こそあるものの最終的な計算は各車検店舗に任されているので、車検費用が高い業者と安い業者に分かれる理由の一つと言えます!

整備費用が必要な場合もある

整備費用は車検時のパーツ交換費用に当たるため、車検基本料金と同様に整備費用も車検業者によって異なります。

パーツ自体の値段、パーツ交換数によって費用が変わるため、車検費用を安くしたいなら複数の業者から見積もりを受けることをおすすめします。

車検費用の相場を車種毎にご紹介

上記のことを踏まえて、次に車種毎に実際いくらくらい必要なのかをご紹介します。

軽自動車の車検費用の相場

軽自動車の主な車種はN-BOX、タント、スペーシアなどが挙げられます。

安い場合では3万円台〜、高い例で言うと10万円以上の場合もあります。

 

小型自動車の車検費用の相場

小型自動車は車体重量が500〜1,000kgの乗用車を指し、主な車種としてはアクアやヤリス、ノートなどが挙げられます!(コンパクトカーとも呼ばれます。)

こちらは安い場合では3万円台で済む場合もありますが基本的には4万円台〜、高い方で10万円以上が相場と言えます。

中型自動車の車検費用の相場

中型自動車は車体重量が1,000〜1,500kgの乗用車を指し、主な車種としてはヴェゼル、ウィッシュ、ストリームなどが挙げられます!

こちらは安い場合は6万円台〜、高い方だと20万円以上の例もあります。

大型自動車の車検費用の相場

大型自動車は車体重量が1,500〜2,000kgの乗用車を指し、主な車種としてはクラウンやアルファードなどが挙げられます!

安い場合では7万円台〜、高い例で言うと20万円以上の場合もあります。もちろん業者や車の状態によりますが平均的には15万円くらいは想定しておいた方が良いかと思います。

特大自動車の車検費用の相場

大型自動車は車体重量が2,000kg以上の乗用車を指し、主な車種としてはランクルなどが挙げられます!

こちらは楽天Car車検での最安値は8万円台となっていますが、20万円以上かかってしまうことが多いイメージです。

車検費用を安く抑える3つの方法を解説

車検の目的は車が故障せず安心安全に乗れるかを点検するということです。しかし数万〜数十万という高い費用がかかってしまうため出来ればなるべく安く済ませたいですよね!

車検を安く抑えるためには、

  • 日頃からのメンテナンスを怠らない
  • 見積もり内容をよく理解する
  • 車検専門業者・ガソリンスタンド・カー用品店で車検を受ける

が挙げられます!

日頃からのメンテナンスを怠らない

交換パーツが増えてしまうことは車検費用が高くなってしまうということです。特にエンジン等は車の安全性に大きく影響するため交換となってしまうと莫大な費用がかかってしまいます。

  • オイル交換(エンジンを長持ちさせ走行性能を上げる)
  • 洗車(パーツの劣化、錆防止)

といった簡単メンテナンスを日頃から行いパーツの劣化を防止しましょう。

見積もり内容をよく理解する

見積もりを受け、内容を確認した際に自分に本当に必要な点検、パーツ交換なのかを理解する必要があります。

例えば、車検を受ける直前に自分でワイパーゴムを交換したのに車検見積もりに「ワイパー交換費用」が含まれていたら「交換の必要はない」ということがわかりますよね。

このように点検内容の確認をしっかりすることで車検費用を安くすることができます。

車検専門業者・ガソリンスタンド・カー用品店で車検を受ける

法定費用はどの車検業者でも変わりませんが、車検基本料金・整備費用は車検業者によって異なります。

カーディーラーの場合は細かな点検や純正部品を使用した整備を行うのでどうしても車検費用が高くなってしまう傾向があります。

車検専門業者・ガソリンスタンド・カー用品店では必要最低限の点検、パーツ交換で車検を受けれるため車検費用が安くなる場合が多いです。

車検を激安・格安で依頼するためのお店選び6つのポイント

車検を激安に、安心に受けるためにはお店選びが重要です!

  • 複数の車検業者で見積もりを取り検討する
  • 点検のクオリティ・質はどうか
  • スピーディーに車検が受けられるか
  • クーポン付帯や特典サービス等のキャンペーンの有無
  • 車検後の保証・アフターケア
  • 本当に安心な業者なのか

この6つのポイントを解説していきます!

複数の車検業者で見積もりを取り検討する

車検業者によって点検、整備内容が異なりますので車検費用も変わってきます。

複数の車検業者で相談や見積もりを受けることにより車検費用を比較できるので車検業者選びの大きなポイントになります。

そこで、ネットで簡単に車検業者の見積もりを受けられる楽天car車検がおすすめです。お住まいの地域の車検業者を検索することが可能になっており、見積もりの比較を簡単にするのに最適です。

点検のクオリティ・質はどうか

車検は安心安全に車に乗ることが目的なので、せっかく車検を受けたのにすぐに車が故障してしまったら本末転倒です。

車検業者の口コミや評判を事前確認して点検内容が良いのか、自分にあっているのかを確認しましょう。

スピーディーに車検が受けられるか

車検業者によって点検期間が異なります。数時間程度で終わる場合、1週間程度かかってしまうなど様々です。

事前に点検時間がどのくらいかかるかの確認が必要です。

クーポン付帯や特典サービス等のキャンペーンの有無

車検業者によってはガソリンクーポン、洗車サービス、オイル交換サービスといった特典が付く場合があります。給油、洗車は車を持っていたら必ずかかる費用なのでこういった部分で還元されれば結果的にはお得ですよね。

車検後の保証・アフターケア

車検業者によっては、「車検を受けた直後に不具合が発生してしまった」、「心配だから点検して欲しい」等の補償を行うサービスがあります。

基本的に追加料金は発生しないのでアフターケアが受けられる車検業者はかなりお得だと言えます。

本当に安心な業者なのか

いくら車検費用が安いといってもサービスの質が悪かったり、担当者の態度が悪かったら気持ちよく車検を受けられません。

複数者からの見積もりを受けると同時に口コミ、評判も確認して安心して車検を任せられるか事前確認することが重要です。

車検を激安・格安に依頼する際の2つの注意点

次に価格帯の安い車検業者で車検を行う際の注意点を見ていきましょう!

パーツの消耗による車の故障に繋がる場合がある

車検はあくまで車が事故や故障に繋がらないよう点検するのが目的です。

車検業者に見積もりを受けた際にパーツの交換をアドバイスされた際はしっかりと精査する必要があります。

必要最低限の車検は費用を安くできるというメリットがありますが、車の寿命を短くしてしまう可能性があるというのも忘れないようにしましょう。

車種、パーツによっては対応できない業者もある

輸入車や車検の点検項目以外のパーツ交換等、格安業者によっては対応できない場合があります。

基本的に格安業者は必要以上の点検や車の修理を積極的に行わないため、万が一即対応できないパーツ交換が発生してしまった場合は取り寄せに大幅な時間がかかってしまう可能性があります。

自分の車が業者に対応しているのかという意味でも事前見積もりは重要になります。

車検を激安・格安で受けたいなら楽天Car車検がおすすめ!

車検費用をとにかく安くしたい!」という場合は、車検基本料金が安く必要最低限の点検のみを行い整備費用を抑えてくれる車検専門店・ガソリンスタンド・カー用品店がおすすめです!

特典やアフターサービス等の付帯サービスが業者によって異なるので複数の業者から見積もりを受け自分に最適な車検業者選びをすることで、激安車検を受けることができます。

楽天Car車検を利用することで、それらの業者をまとめて比較し、気になる店舗にはネットからすぐに見積もりを申し込みが可能です!

郵便番号を入力するだけでお住まいの地域の車検業者を検索することが可能になっており、料金が安い順に検索出来たりその店舗を実際に利用した方の口コミ・評判も確認出来ます!

\ 簡単無料見積もりでポイントもGET♪ /
格安車検業者を検索する!

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。本記事でそれぞれの車検業者の特徴やメリット・デメリット、車検費用の内訳を知り、車検費用を安くする方法をご理解頂けたかと思います!

そして重要なのは車検業者の見積もり比較をし、自分が納得する業者選びをすることです。

費用を抑え、安心安全なカーライフを送るためにもあなたにとって最適な車検業者を見つけて納得の車検を行ってください!

本当に!?車検をやめて「車を高く売る」ほうが得なの?

はい、正解のこともあります!車検前は、車を高く売る最後のチャンスです。

車検費用が高額なら、この機会に車を高く売ることを検討してはどうでしょうか?車検が近い時期は、車を高く売って新車買い替えの軍資金を手にするチャンスです!当然ながら、【車検が切れる前の時期が買取価格は最大になります!】

愛車を少しでも高く売りたいなら、業界大手の【MOTA車買取】がおすすめです!査定費用は無料で、最高買取金額がすぐにチェックできます。入力はたったの30秒!いますぐ愛車の最高査定相場を無料で確認しましょう。
※もちろん、無料一括査定をしても車を必ず売却する義務はありませんのでご安心ください。
※しつこい営業電話なし!交渉は高額査定店だけ!

しつこい営業電話なし!“2度目に選ばれる”一括車買取査定【MOTA車買取】 ”2度目に選ばれる”一括車買取査定 MOTA車買取はこちら 【徹底比較】車検業者おすすめベスト10!料金相場や費用を抑えるコツも解説!
PR
◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
この記事を書いた人
店長

カー用品店の店長を6年務める中で、お客様から車検に関する多くの悩みをいただきました。その経験から、多くの方が車検に対して抱いている「不安や疑問を解決したい」と思い執筆活動を開始。プロだからこそわかる視点で「技術力が高く」「安い」おすすめの車検屋さんや、車検の豆知識やノウハウをお伝えします!

車検
マイナビ車検ガイド
タイトルとURLをコピーしました