PR

【徹底解説】フロントガラスにヒビがあっても車検に合格出来るのか?【2024年最新】

【徹底解説】フロントガラスにヒビがあっても車検に合格出来るのか?

本ページはプロモーションが含まれています。

高速道路の走行中などに、飛び石が原因でヒビや傷ができてしまうことは意外とよくあることです。

フロントガラスにヒビが入ってしまった場合でも車検に通るのか不安になる方もいるかと思います。

そこで、本記事ではフロントガラスのひびがどの程度車検に影響を及ぼすのかヒビができた場合の対処法などを解説していきます。

 


当サイトがおすすめする車検、車買取に関するコンテンツは、総務省ならびに消費者庁が管轄する関連諸法およびWebサイトにて公表している情報を参考にし、実際の利用者や第三者による調査結果などの客観的事実を根拠として作成しております。コンテンツ制作ポリシーはこちら , 広告掲載ポリシーはこちら

フロントガラスにヒビが入っていると車検に通らないことが多い

フロントガラスにヒビが入っている場合、傷の大きさや箇所にもよりますが、車検に落ちる可能性は非常に高いです。

フロントガラスのひびが、具体的にどのような状態であれば車検で不合格になる、という明確な基準はありません。

傾向としては、運転席側にある傷については不合格になりやすく、助手席側は小さなヒビなどであれば合格できることもあるようですが、判断基準は検査官に拠るところが大きいと言えるので、傷の程度によっては同じ状況でも車検業者や、検査員によって判断が分かれてしまうこともあります。

ですので、フロントガラスにひびが入った状態で何も処置しない場合、車検に通るのは難しいと考えておいたほうが無難でしょう。

車検の審査基準

車検に通すには、定められた基準をクリアする必要があります。

車検の審査基準は、道路運送車両保安基準の第195条に記されています。

第195条による窓ガラスの審査基準は、「ヒビや傷があってもドライバーの視界がしっかり確保できること」「簡単に貫通できない強度を維持していること」です。

サイドガラスと共通する基準としては「透明であること」「視界を遮る歪みがないこと」も求められます。

ドライバーシートの正面付近に目立つヒビがあると、視界の確保が十分にできないと判断されるでしょう。

ヒビが入ってしまった際の2つの対処法

フロントガラスの傷が小さければ、そのまま修理せずに走行し続けることができそうですが、フロントガラスの合わせガラス構造は、走行中の振動などによってヒビが拡大する可能性が高いと考えられます。

ですので、ヒビが入ってしまった場合は早めに処置しておくことをおすすめします。

対処法としては、

  • 業者にリペアを頼む
  • 自分でリペアをする

の2つの方法があります!

対処法1. 業者にリペアを頼む

一つめは専門業者にリペアしてもらう方法です。

専門業者といっても、どんなヒビもリペアしてくれるということはなく、直径約1.5cm以下のヒビが対象と思っておくと良いでしょう。

また、リペアできるヒビの場所も限られており、運転席の目の前やガラスの淵やエアコンの吹き出し口に近い部分はリペアできません。

運転席の目の前だと視界が歪み、走行に支障をきたす可能性がありますし、ガラスの淵やエアコンの吹き出し口は、振動が伝わりやすく温度変化の影響を受けやすいデリケートな箇所なのでリペアは難しいです。

リペアといっても、完璧にヒビを消せるわけではなく、必ず補修痕が残るということも認識しておきましょう。稀なケースですが、リペアした後に急激な温度変化などの環境によって、ヒビが出てしまうことがあります。

かかる費用は、1カ所当たりおよそ15,000円~20,000円前後と考えておくと良いでしょう。

対処法2. 自分でリペアする

ガラスリペアセットと呼ばれる補修キットを使えば、自分でリペアすることもできます。

キットは1,500円程度で売られているので、専門業者に頼むより安い費用で済みます。

仕組みは、透明な物質をヒビや傷に流し込んで、乾燥させて固めるというものです。

しかし、フロントガラスの傷は、素人目には浅く入っているようであっても実は深かったり、補修が不十分だったためにすぐに傷が広がってしまったりするデメリットがあります。

また、リペアキットなどでとりあえずの修復ができたとしても、綺麗な仕上がりにすることは難しく、満足いくほどに仕上げられない可能性は高いです。

ガラス全体の交換しなければいけない基準

自分で修理する場合、業者に依頼する場合ともに、500円玉以上の大きさの傷であればガラス全体の交換が必要になります。

また、小さなヒビであっても、それが深い部分にまで入っていたり、ガラスエッジから10~20㎝の場所にできている傷だったりする場合では、近々傷が拡大する可能性があるので、できるだけ早急にガラスを丸ごと交換しなくてはなりません。

結論

フロントガラスのひびが、具体的にどのような状態であれば車検で不合格になる、という明確な基準はありませんが、ヒビが少しでも入っている場合、傷の大きさや箇所にもよりますが、車検に落ちる可能性は非常に高いと考えておく方が良いです。

また、フロントガラスにヒビが入ってしまった場合は早めに処置しておくことをおすすめします。

 


まとめ

いかがでしたでしょうか?
本記事では、フロントガラスにヒビが入った状態での車検について解説解説させて頂きました!

車検に向けての準備の際の参考にして頂けたらと思います!

そして実際に車検を受ける際は自分に合った最適な業者選びが最も大切です!
楽天car車検」や「EPARK車検」なら、郵便番号を入力するだけで最寄りの店舗を見つけることができ、その中から予算や希望に合ったピッタリの車検業者を見つけることが出来るのでおすすめです!

本当に!?車検をやめて「車を高く売る」ほうが得なの?

はい、正解のこともあります!車検前は、車を高く売る最後のチャンスです。

車検費用が高額なら、この機会に車を高く売ることを検討してはどうでしょうか?車検が近い時期は、車を高く売って新車買い替えの軍資金を手にするチャンスです!当然ながら、【車検が切れる前の時期が買取価格は最大になります!】

愛車を少しでも高く売りたいなら、業界大手の【MOTA車買取】がおすすめです!査定費用は無料で、最高買取金額がすぐにチェックできます。入力はたったの30秒!いますぐ愛車の最高査定相場を無料で確認しましょう。
※もちろん、無料一括査定をしても車を必ず売却する義務はありませんのでご安心ください。
※しつこい営業電話なし!交渉は高額査定店だけ!

しつこい営業電話なし!“2度目に選ばれる”一括車買取査定【MOTA車買取】 ”2度目に選ばれる”一括車買取査定 MOTA車買取はこちら 【徹底比較】車検業者おすすめベスト10!料金相場や費用を抑えるコツも解説!
PR
◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
この記事を書いた人
店長

カー用品店の店長を6年務める中で、お客様から車検に関する多くの悩みをいただきました。その経験から、多くの方が車検に対して抱いている「不安や疑問を解決したい」と思い執筆活動を開始。プロだからこそわかる視点で「技術力が高く」「安い」おすすめの車検屋さんや、車検の豆知識やノウハウをお伝えします!

車検のギモン車検
マイナビ車検ガイド
タイトルとURLをコピーしました