ITSearchMAツールを比較するなら

製品掲載数“日本一”に挑戦中マイナビニュースが厳選する
注目の「MAツール」18選!!


マイナビニュース全面監修

MA(マーケティング・オートメーション)は、その名のとおり、マーケティング活動の自動化を目的としたツールです。膨大なマーケティング情報の処理を自動化する仕組みを備え、主に見込み客を獲得し、その見込み客から購入に至るようなビジネスで利用されています。数々のMAツールが提供され、急速に進化・普及していますが、ツールごとに得意分野が違うことにも注目しましょう。最適なMAツールを選定するために、MAが支援する主な分野の概要と、その代表的な機能をまとめてみました。

図

支援する分野 具体的な機能
①顧客情報管理 顧客の情報を一元的に把握できます。獲得情報をDB化し、顧客の基本企業が知りたい情報のほか、行動履歴などもまとめて把握することが可能です。 データ統合、スコアリング、ラベリング、カスタムフィールド、セグメンテーション、名刺連携
②1on1コミュニケーション 顧客とのコミュニケーションや、そのシナリオを設計するために必要となります。顧客・見込み顧客とのコミュニケーションを最適化するために、多くの機能が盛り込まれています。 メール配信、シナリオ設計、Webプッシュ配信、ネイティブプッシュ配信、フォーム作成、ポップアップ
③レポーティング 実施した施策の結果をわかりやすいレポートで見ることができます。レポーティングの多くを自動化することで、意思決定にかかわる分析により時間を割けるようになります。 広告レポート、キャンペーンレポート、アトリビューション、トラッキングレポート

上で挙げた分野は、BtoB向けかBtoC向けかでも毛色が変わってきます。各MA製品が得意とする分野をグルーピングし、さらにBtoB、BtoCのどちら向けの製品なのかを整理しながら紹介します。また、近年、「MAツールを導入したが中々使いこなせない」という声がよく聞こえるようになりました。各製品がどのような活用支援のサポート体制を敷いているのかについても、簡単に紹介します。

TOP