ITSearchBIツールを比較するなら

製品掲載数“日本一”に挑戦中マイナビニュースが厳選する
注目の「BIツール」13選!!


マイナビニュース全面監修

BIツールは、複雑なデータを人間が分析しやすく見える化し、意思決定や課題解決を支援してくれます。成功への近道は、導入目的と必要機能を明らかにし、最適なBIツールを選択すること。データ処理がリアルタイムなのかバッチなのか、状況を把握したいのか新たな知見を発見したいのかの2軸によって、BI製品を4つの型に分類。それぞれに適した用途も交えて、図表にしてみました。

経営 マーケティング 営業
①バッチ_発見型 ・時間をかけて分析予測を行い、戦略を立てたい ・データを可視化し、キャンペーン、チャネルを最適化したい ・ボトルネックをつきとめたい
・「裏付データ」が欲しい
②リアル_発見型 ・市場変化に即応し、短期で戦略をまわしたい ・PDCAを短期間でまわし、マーケティングを最適化したい ・ボトルネックをつきとめたい
・「裏付データ」が欲しい
③バッチ_把握型 ・経営指標、市場状況を定点管理したい ・成果や販売チャネルの動向を定点管理したい ・会議資料の手間をなくしたい
・顧客向けレポートを効率化したい
④リアル_把握型 ・指標や進捗、市場の今の動きを確認したい ・施策や販売チャネルの現状を確認したい ・日々の数値を把握したい
・リアルタイムデータで商談したい

各社のBI製品を、上で挙げた分類ごとにグルーピングして紹介します。またBIでは複数のソース元にあるデータを一元化して分析することが求められます。必要なデータ連携についても、各製品のポイントをまとめています。

TOP