• QPS研究所

    2号機イザナミの振動試験モデルを囲んで。左が中島浩二さん、右がオガワ機工の伊藤慎二副社長

九州の企業群が日本初の小型SAR衛星を開発

2019年12月11日、インドから日本初の小型SAR衛星が打ち上げられた。その名は「イザナギ」。福岡のスタートアップQPS研究所と北部九州の企業約20社が二人三脚で開発した衛星だ。今後4年間で合計36機を打ち上げ、昼夜天候問わず24時間、世界中を観測し「リアルタイム観測マップ」の実現を目指す。

この「九州産」衛星を全力で応援する男がいる。福岡を中心とする九州全域で「ナカジー」という愛称で呼ばれ、抜群の人気を誇る中島浩二さんだ。FM FUKUOKA「モーニングジャム」では毎朝旬な情報を伝え、TVQ九州放送「ぐっ!ジョブ」では独自の技術等をもつ九州の企業を取材。その他TVやラジオで長年、数々のレギュラー番組をもつ。「毎日、ナカジーさんの声を聴かない日はない」と博多っ子が言うほど、親しまれる存在なのだ。

中島さんは、宇宙が大好き。私は「モーニングジャム」に電話で時々生出演させて頂いているが(2013年11月には、若田飛行士の打ち上げ取材中のカザフスタンのバイコヌール宇宙基地からお話したことも)、中島さんとのトークはいつも超盛り上がる。それは中島さんが心底宇宙が好きで、その魅力を多くの人に知って欲しいという熱い思いがあるからに他ならない。

そんな中島さんと2019年11月、QPS研究所の衛星開発現場を訪ねた。九州産の衛星なら、九州を代表するインフルエンサー、中島さんと一緒に取材したいとお誘いしたのである。中島さんはご快諾下さり、「モーニングジャム」放送用の収録を敢行。取材の様子、中島さんへのインタビューをお届けする。

約20社と二人三脚で作り出した九州産衛星

11月某日。二つのレギュラー番組の間のすき間時間に、中島さんは福岡から車を約1時間飛ばし、久留米市にある「オガワ機工」に駆けつけて下さった。挨拶もそこそこにすぐ、収録が始まった。台本なしのほとんどアドリブ。さすがプロ!

  • QPS研究所

    右端が中島浩二さん、真ん中がディレクターの新田太郎さん、左端がQPS研究所広報の有吉由妃さん

まずQPS研究所の広報担当、有吉由妃さんに衛星の概要についてマイクを向ける。「これまで打ちあがっている衛星の多くはカメラを使って観測しています。光(可視光)で観測するので昼しか観測できないし、地上に雲があると見えません。でもレーダを使えば昼夜問わず観測できます。36機で観測すれば地球上ほぼどこでも、平均10分に1回はデータをとることができます」

  • QPS研究所

    QPS研究所のSAR衛星のイメージイラスト。宇宙で大きく開いたアンテナから地上にレーダーを送信、反射したレーダーを受信することで24時間天候問わず観測可能 (提供:QPS研究所)

すかさず中島さんは「Googleマップはずいぶん前に撮られた画像が使われていますが、(QPS研究所の衛星群なら)10分前のものが見られると。かなりの精度だと聞きました」と解説を加えながら質問を重ねる。「車が認識できる1mの分解能です」(有吉さん)

今回、訪れたオガワ機工とは、いったいどんな会社なのか。「私達QPS研究所は20社ほどの企業さんとパートナーを組ませて頂き、設計の段階から密にやり取りをして衛星を開発しています。そうした協力会社の一つです」(有吉さん)

「せっかく九州で衛星を作るなら、九州の素晴らしい技術がある様々な企業とパートナーを組んでやっていこうというわけですね」と中島さんはオガワ機工の伊藤慎二副社長を紹介。オガワ機工は、重工業からお菓子屋さんまで、様々なお客さんの要望に合わせて、物を運ぶ機械をゼロから作り上げる会社だという。今回の衛星プロジェクトでは、機械設計と組み立てのとりまとめを担当、つまり中心的役割を担っている企業だ。

「これから2号機の振動試験モデルをお見せします」という伊藤副社長の言葉に一同、期待が高まる。いざ、工場の中へ!

銀色に光り輝く物体の正体は?

  • QPS研究所

    2号機「イザナミ」の振動試験モデル。六角柱の本体は対辺80cm、約100kg。上に副鏡がのびている。宇宙ではさらに40cmほどあがりアンテナが展開

「もしかして、これは!!!」衛星に対面した中島さんの声が上ずる。私達を待ち受けていたのは、銀色に光り輝く六角柱の機体。2020年打ち上げ予定の2号機「イザナミ」の振動試験モデルだ。

伊藤副社長によると、実際に飛ぶ実機(フライトモデル)と形や質量、素材は同じ。ただし内部の電子機器類は実物でなく、アルミの削り出しで質量を実機と合わせているとのこと。

「振動試験って…宇宙では振動しないでしょ?」中島さんがリスナー代表として素朴な質問をぶつける。JAXA新事業促進部・事業開発グループ長上村俊作氏は「ロケットの打ち上げではもの凄い振動と音響がします。宇宙には修理に行けないため、できるだけ地上で試験をしておくんです」と回答。

  • QPS研究所

    鹿児島出身のJAXA上村俊作氏(右端)は学生時代から中島さんのファン。「JAXAの人に会うの初めてだけど、全然JAXAっぽくない(笑)」とナカジーさん

「なるほど、内部には精密機器がたくさん入っているから、打ち上げ時に振動してトラブルが起こったりすると、今までの苦労が水の泡になるわけですね。実際の打ち上げ時の振動などは、インドから打ち上げる1号機の結果をふまえて改良していくんですよね?」

中島さんがマイクを向けると伊藤副社長は「本来は1号機のフィードバックを元に2号機を開発するという話でしたが、(打ち上げが予定より遅れて)1号機を打ち上げていないのに2号機の開発をやらないといけないのでけっこう大変です」。

「今の話はNHKだったら『プロジェクトX』作りますよ。『1号機が打ちあがってない状態で2号機の電話が鳴って、えー!』みたいな。林さん、かなりのプロジェクトですね」

中島さんのコメントに笑っている暇はない。その場にいるすべての人に突然マイクが向けられる。私は、「36機もの衛星群を、発注者と下請けという立場でなく対等な『ワンチーム』として作り上げていく関係性は、北部九州ならではの特色ではないか」とコメント。QPS研究所と共に衛星を開発する複数の企業を取材させてもらったが、どの企業も独自の技術をもち、ゼロからのものづくりを楽しんでいたのだ。

取材当時はまだ初号機イザナギは打ち上げられていなかったが、2号機「イザナミ」は初号機から進化している点が多々あった。例えば太陽電池パネル。初号機の7面から10面に増え、衛星が強力なレーダーを出すための電力をより多く取り込めるようにした。これらパネルをどう取り付け、どのように展開させるかについてもQPS研究所と二人三脚で考え、オガワ機工のエンジニアが設計図に落とし込む。

  • QPS研究所

    展開式の太陽電池パネルを説明するオガワ機工の伊藤副社長

「開発はめちゃくちゃ面白い。この衛星には本当にたくさんの人の知恵と思いが詰まっていると思うと、自分たちのプライドになります」。伊藤副社長の言葉に中島さんは「カッコいい! どんな難題があっても、できないと言ったらおしまいで、アイデアをどうカタチにするかを考えるチャレンジ精神とか、聞いていて本当にわくわくします。おれもいっちょかみしておけばよかった~」と興奮。

10分のラジオ番組2回分を、あっという間に収録してしまった中島さんは、その後も衛星から離れない。「ねじ一本にトラブルがあっても衛星はうまくいかないわけですよね」と言いつつ、その手は衛星のねじに…。

  • QPS研究所

「男はボルトとかナットが大好きですよね。小学生の頃は工事現場に入ってボルト類を集めてましたよ。屑鉄屋が学校の横にあって売ってもらったベアリングを磨き粉で綺麗に磨いたりして。工業製品萌えです」と笑うと、伊藤副社長も「男って馬鹿ですよね…」と意気投合。

「いや、それが仕事になってるのが凄い。俺は口を動かしているだけだから」という中島さんだが、工業製品萌えだからこそ、エンジニアの想いに共感しを熱く伝えられるのだろう。

きっかけは民間宇宙旅行を発表したリチャード・ブランソン

オガワ機工での取材を終え、福岡市内に戻る車中で中島さんにインタビューを行った。

―:衛星をご覧になった感想をお聞かせ頂けますか?

中島浩二さん(以下、中島):いやー、まずは興奮しました。九州の技術が詰まったものが宇宙空間に飛び出して、どう役に立って行くのか。まずは「希望の光」ですよね。

  • QPS研究所

―:中島さんは、いつから宇宙に興味をお持ちなんですか?

中島:最初の衝撃は、2004年にヴァージングループの総帥リチャード・ブランソンが「おれ、宇宙旅行やるよ」と言い出したときです。

―:民間宇宙飛行賞金レースで、スペースシップワンが高度100kmの宇宙飛行を達成して、いよいよ民間宇宙旅行が始まるのか~という期待が高まった絶妙のタイミングでしたね。

中島:そうです。リチャード・ブランソンがオレンジ色の宇宙服を着てヘルメットを持っている写真が、世界中に流れたんですよ。それまで宇宙開発って国がやっていたのに、民間の人たちがやり始めたら、相当面白いことになるなって思ったんですよ。

―:宇宙が身近になって、もっと面白くなると?

中島:はい。ぼくは1965年生まれなので、69年のアポロ月面着陸の時は4歳だから、そんなにリアルタイムに興奮したわけではない。アポロチョコレートの方が僕にとっては大切だったんです(笑)。その時に周りの大人たちが「お前たちが大人になったら、新婚旅行は宇宙に行ってるよ」と言っていた。でも実際大人になっても、まったくその兆しはない。宇宙開発でもそんな話を聞かないなと思っていた中でのリチャード・ブランソンの発言だったので、相当衝撃を受けたわけです。

―:やっときたか!と。その文脈で言うと、今日、QPS研究所の衛星の実物を見て、民間宇宙開発に現実感はわきましたか?

中島:QPS研究所は数年前に別の番組のディレクターがたまたま見つけてきて、CEOの大西俊輔さんに取材したことがあったんです。その時は「へー、こんな会社があるんだ」と。その後何回か取材させてもらって、2018年12月には「もうすぐ打ち上げだから衛星のテストをしてきました」と大西さんが興奮していた。その時は2019年3月に打ち上げと聞いていたのに、「打ちあがらないな~」と思っていました。ようやくですね。

―:「九州発宇宙」という点では?

中島:僕は九州の企業をつぶさに追いかける「ぐっ!ジョブ」という番組をずっとやっていますが、九州の人間には「ものづくりの九州」という自負があります。九州のものづくりが結集して衛星になって打ち上がるなんて、本当にわくわくします。実際は大変だと思いますけどね。成功するかどうかわからない中で、皆さん手弁当でやってらっしゃるんじゃないかと。

宇宙開発に平和を願う理由とは

  • QPS研究所

―:九州の方は宇宙開発に興味はあるでしょうか?

中島:まだちょっと遠いかもしれない。宇宙には夢があるというか、夢しかないというか。悪い話があまりないから僕は好きなんですね。九州では九州工業大学が衛星を打ち上げていたり、九州大学には航空工学で素晴らしい先生方がいらしゃって、宇宙飛行士の若田光一さんが九州大学で学ばれていますね。

―:QPS研究所の大西CEOやオガワ機工の伊藤副社長にインタビューされて思うことは?

中島:すごく素敵な人だなと思うと同時に、本当に宇宙のことが好きなんだなと。宇宙が好きな人ってみんな子どものように目を輝かせて話す。そこがいいですよね。かかるお金のことを考えたらそうキラキラもできないと思うのに(笑)。オガワ機工の伊藤さんだって、すごくうれしそうでしたもんね。いい男だな~と思いました。

―:QPS研究所の衛星があがったら、どんな風になるといいなと思いますか?

中島:一番は平和になると良いなと思います。テクノロジーは危ない事にも使われそうだけど、この衛星群があがることで「世界が平和になったね」ってなったら最高だと思います。

―:そう思うきっかけがあったんですか?

中島:テクノロジーが進んでいるのに今の世界はなんだろうって思うことがあるじゃないですか。インターネットだって、本来ならこんなすごい発明ないよと思うのに、良い使い方と悪い使い方と半々だなと思います。

―:SAR衛星は何でも見えてしまいますからね。

中島:宇宙って一番軍事と結びつきやすいところだから、そうじゃないと証明してもらったら嬉しい。九州発の衛星によって平和な世界が実現したら「あの人たちが平和のためにやったことだね、すごいね」となるでしょ。応援しています。ずっと。

2019年12月に打ち上げられたQPS研究所の初号機「イザナギ」は衛星の約95%の機能を実現。初画像取得については、衛星のデータ受信機能部分で不安定な箇所があり、解決に向けて原因調査中だ。2号機の開発は平行して進んでいるという。

レーダーを地上に送信し、反射したレーダーを受けるSAR衛星は大電力を扱う必要もあり、技術的に難易度が高い。それを小型衛星で実現するにはさらにハードルが上がる。衛星の姿勢のコントロールにも想定より時間がかかったようだが、それらはすべて今後に向けての貴重な知見になるだろう。

QPS研究所では「#おうちで人工衛星」として衛星のペーパークラフトの無料ダウンロード企画をスタート。初号機「イザナギ」ステッカーがもらえるチャンスも!(詳しくは同社Webサイトを参照)。おうちで衛星を作りながら、九州チームの奮闘を応援したい。