PR

【徹底比較】プジョーの車検費用は?!安く抑えるためのポイントも解説

【徹底比較】プジョーの車検費用は?!安く抑えるためのポイントも解説

本ページはプロモーションが含まれています。

プジョー愛用者であればプジョーを車検に出した場合の費用がどのくらいなのか気になりますよね?

また、せっかくなら出来るだけ安く済ませたいともお考えのはずです!

そこで本記事では、「楽天Car車検」「EPARK車検」「とことん車検ナビ」の3つの車検専門ポータルサイトに加え、

  • 車検のコバック
  • 車検の速太郎
  • 車検館
  • ホリデー車検
  • オートバックス
  • イエローハット
  • ジェームス

の7社とディーラー車検(相場)を徹底比較し、記事の後半では車検を安く済ませる3つのポイントも紹介していきます!

【2024年4月】安い車検業者人気おすすめランキングBEST10!料金相場とメリット・デメリットもご紹介!
車検は、車を所有している人なら必ず受けなければならない検査です。 新車の場合、「初回は購入から3年後」「それ以降は2年に1回」必要となり、中古車の場合は製造から1年未満の車を除いては2年に1回必ず受けなくてはなりません。 初めて...
 


当サイトがおすすめする車検、車買取に関するコンテンツは、総務省ならびに消費者庁が管轄する関連諸法およびWebサイトにて公表している情報を参考にし、実際の利用者や第三者による調査結果などの客観的事実を根拠として作成しております。コンテンツ制作ポリシーはこちら , 広告掲載ポリシーはこちら

プジョーの車検費用相場!最安値は56,660円〜!

車検費用相場

車検を行う事ができる各業者、またポータルサイト等を比較した結果、プジョーの車検で必要な費用はおよそ56,660〜110,000円前後になります!

最寄りの最安業者を一発検索!

プジョー車検費用の内訳

車検費用は大きく分けて「法定費用」と「車検基本料」から成り立ちます。

  • 法定費用:国によって定められた最低限かかる費用
  • 車検基本料:各店舗に任されたその他の費用

「法定費用」は国によって定められた最低限かかってくる費用となります。
そのためどの店舗に依頼しても変動はありません。

一方「車検基本料」は車検を通すための予備検査代金や車両の整備料金、車検代行料などを指します。

こちらの料金に関しては相場こそあるものの最終的な計算は各車検店舗に任されています。

分類 項目名 詳細
法定費用
(一律)
自動車重量税 車両重量の増加に応じて課される税金。
自家用乗用車、軽自動車を問わず、新車購入時の初回登録時および継続車検時に、
次回の車検までの3年ないし2年間の税額をまとめて納める。
自賠責保険料 車の所有者が必ず加入しなければならない保険。
加入後に交付される「自賠責保険証明書」は、運転時に携帯する義務が課されている。
印紙代 検査費用や車検証の発行手数料を支払うための印紙と証紙の代金。
印紙は国に、証紙は地方自治体に支払った税金や手数料を納めたことを証明する証票のこと。
車検基本料
(車検店舗によって異なる)
点検手数料 名称は各お店によって異なるが、車検の点検料金のこと。
依頼するお店や内容によって料金も変動する。
その他諸費用 車検に係る書類作成代や整備以外のテスター使用料など。
依頼するお店によって異なる。

プジョーの車検で実際にかかる法定費用はこちら!

プジョーの法定費用
法定費用
(一律)
自動車重量税 24,600円
自賠責保険料 20,010円
印紙代 1,800
合計 46,410円

※車種別に異なるエコカー減税などに関しては考慮されていません。
※指定工場(民間車検場)での料金です。認証工場の場合は印紙代が100~700円上乗せされます。

プジョーの車検費用一覧!複数業社を徹底比較!

ポータルサイト毎の料金一覧

次に国内大手ポータルサイトをはじめ、プジョーの車検を受けられる業者の平均相場をまとめました。

サイト名+業者名 相場価格 店舗情報 サイト+業者の紹介
  • ポータルサイト
楽天Car車検 62,320円〜 最寄りの店舗を簡単検索 掲載店数No.1の車検予約サイト。キャンペーン等もあり!
EPARK車検 要サイト確認 最寄りの店舗を簡単検索 日本最大級の車検比較・予約サイト。クーポン等もあり!
とことん車検ナビ 要サイト確認 最寄りの店舗を簡単検索 全国のお得な格安車検情報が満載のポータルサイト。
  • 車検専門業者
車検のコバック 56,660円〜 最寄りの店舗を簡単検索 全国に541店舗展開する大手車検専門業者。
車検の速太郎 60,510円〜 最寄りの店舗を簡単検索 全国展開で、リーズナブルな車検専門業者。
車検館 69,510円〜 最寄りの店舗を簡単検索 首都圏を中心に店舗展開する車検専門業者。
ホリデー車検 66,540円〜 最寄りの店舗を簡単検索 全国に展開する車検専門業者。
  • カー用品店
オートバックス 平均価格
65,000円前後〜
最寄りの店舗を簡単検索 TVCMでもお馴染み!車検も行える大手カー用品店。
イエローハット 平均価格
69,000円前後〜
最寄りの店舗を簡単検索 TVCMでもお馴染み!車検も行える大手カー用品店。
ジェームス 平均価格
65,000円前後〜
最寄りの店舗を簡単検索 全国展開する車検も行える大手カー用品店。
  • ディーラー車検
全国相場価格:100,000〜110,000円前後

※キャンペーン等の関係によって価格は変動致します。詳しくはリンク先にてご確認下さい。

車検費用に差が出る理由!

先述したように「法定費用」は国によって定められていますが、「車検基本料」は業者によって大きく異なります。

また車の状態や整備箇所、メンテナンス箇所によっても料金は変わってきますし、時期によってキャンペーンや割引などがある事も費用に差が出る要因の一つです。

費用に差が出るということは当然その内容も業者によって様々なので安い方が良い!とは一概に言えません。

費用、そして整備内容やサービス面もしっかりとチェックした上で車検業者を決める事が納得のいく車検を受けるのに必要なことと言えます。

お得に車検を行うための3つのポイント

お得に車検を行うための3つのポイント

ここからは実際に車検をお得に行う為に必要なポイントを3つご紹介します!

複数あるポータルサイトを横断的に比較する

車検業者を選ぶ際に大切なのは複数の業者を比較することです!

その際に出来るだけ近く、安くて、信頼出来る車検業者を探すのに便利なポータルサイトというのが複数存在します。中でも「楽天Car車検」「EPARK車検」「とことん車検ナビ」などは掲載数も非常に多く、納得のいく車検業者を見つけられます。

ですが、こうしたサイトを一つ一つ調べるのはとても時間が掛かるのも事実です。

そこで、こちらではそうした複数のポータルサイトの情報を横断的に比較し、紹介しています。このようなサイトを利用するのがとてもおすすめです!

各業者毎のメリット・デメリットを考える

次に業者毎のメリットとデメリットについて見ていきます。

ディーラー車検のメリット・デメリット

まずメリットとして、整備の質が高いことが挙げられます。

車検用の整備はもちろん、その後も安心で快適なカーライフを送る為の「予備整備」を実施することが多いほか、交換部品が必要な際は確実に純正品が使えます。

またメーカー保証が使えるのも大きなメリットと言えます。

一方で費用が高くなる傾向にあります。

車検日数も預けてから1週間前後かかる事が多いので、そうした面はデメリットと言えます。

ガソリンスタンド車検のメリット・デメリット

近年では設備面の充実や専門スタッフの配備などによりガソリンスタンドで車検を行う人も増えてきました。

その大きな要因の一つが料金相場が安いという点です。

実際に一般的な修理工場と比較すると1万円程度、ディーラーとは2万円以上の違いが出る場合もあります。

また通い慣れた場所で車検を行えることも選ばれる理由になっています。

デメリットとしては整備士の能力がわからないということです。

あくまで給油がメインの業者なので、車検経験が浅かったり、知識が少なかったりする場合もあります。近所だし費用が安いから、という理由だけで選ぶと整備面で納得が出来ない場合もあるので口コミなどで評判を確かめる事が必要かもしれません。

カー専門ショップのメリット・デメリット

オートバックスやイエローハットなどTVCMでもお馴染みのカー用品店でも車検を行うことが出来ます。

こちらの良い点はオイル、タイヤ、ワイパー、バッテリーなどのいわゆる消耗品を安く購入出来るところです。

他にも車検スピード自体が早かったり、会員サービスなどが充実していたりするところもメリットと言えます。

デメリットとしては整備士の技術、設備などの理由で重整備に対応出来ないケースがあることが挙げられます。

店舗の規模に差があるので、そういった面の下調べが必要になります。

大切なのは日頃からのメンテナンス

費用が安く信頼出来る業者を見つけることが出来ても、肝心の車の状態が悪ければ当然整備箇所や部品交換などが増え、結果的に高額になってしまう可能性があります。

車検を安く、お得に受けたいのであれば、業者選びと同様に日頃からの手入れやメンテナンスもとても重要です。

気になる箇所があれば車検時期でなくても点検・整備などをし、良い状態を保てば実際の車検実施時も必要最低限で済むので費用を抑えることに繋がります。

結論

複数のポータルサイトや業者を比較した結果、プジョーの車検費用はおよそ56,660〜110,000円前後で、最も安いのは「車検のコバック」ということがわかりました!

ディーラー車検にはディーラー車検のメリットもありますが、車検専門業者やカー用品店と比べるとどうしても割高になってしまいます。

より納得のいく車検を受けるためには口コミや評判、キャンペーン情報や特典なども含めて複数の業者を比較することをおすすめします!

郵便番号から業者を簡単検索!

まとめ

本記事ではプジョーの車検費用を安く抑えるためのポイントをご紹介しました!

一口に車検といっても「価格」「スピード」など、お店によってそれぞれ特徴がありますし、キャンペーンや特典も様々です。

今回の記事を参考に、あなたの予算やライフスタイルにピッタリな車検業者を見つけてください!

本当に!?車検をやめて「車を高く売る」ほうが得なの?

はい、正解のこともあります!車検前は、車を高く売る最後のチャンスです。

車検費用が高額なら、この機会に車を高く売ることを検討してはどうでしょうか?車検が近い時期は、車を高く売って新車買い替えの軍資金を手にするチャンスです!当然ながら、【車検が切れる前の時期が買取価格は最大になります!】

愛車を少しでも高く売りたいなら、業界大手の【MOTA車買取】がおすすめです!査定費用は無料で、最高買取金額がすぐにチェックできます。入力はたったの30秒!いますぐ愛車の最高査定相場を無料で確認しましょう。
※もちろん、無料一括査定をしても車を必ず売却する義務はありませんのでご安心ください。
※しつこい営業電話なし!交渉は高額査定店だけ!

しつこい営業電話なし!“2度目に選ばれる”一括車買取査定【MOTA車買取】 ”2度目に選ばれる”一括車買取査定 MOTA車買取はこちら 【徹底比較】車検業者おすすめベスト10!料金相場や費用を抑えるコツも解説!
PR
◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
この記事を書いた人
店長

カー用品店の店長を6年務める中で、お客様から車検に関する多くの悩みをいただきました。その経験から、多くの方が車検に対して抱いている「不安や疑問を解決したい」と思い執筆活動を開始。プロだからこそわかる視点で「技術力が高く」「安い」おすすめの車検屋さんや、車検の豆知識やノウハウをお伝えします!

車検車種で確認
マイナビ車検ガイド
タイトルとURLをコピーしました