通信講座

Shikaku Passの基本情報技術者講座の評判・口コミは?費用も他の予備校・通信講座と比較

[PR]

通信講座
本ページはプロモーションが含まれています。

Shikaku Pass基本情報技術者講座の評判が気になる」

「Shikaku Passの基本情報技術者講座と他の通信講座の違いは?」

基本情報技術者の試験は、エンジニアの登竜門といわれ、例年10万人以上が受験する人気の資格です。

合格率は20~40%前後を推移し、難易度も高いので、試験対策には長時間・長期間に及ぶ学習が必要です。

効率よく試験対策を進めるためには、綿密な学習計画と自分に合った通信講座選びが欠かせません。

数ある通信講座の中でも「Shikaku Passの基本情報技術者講座」は、効率性の高いオンライン完結型の通信講座として、注目を集めています。

この記事では、Shikaku Passの基本情報技術者講座の特徴やメリット・デメリット、口コミ、他通信講座・予備校との違いを詳しく紹介します。

Shikaku PassのHPで講座詳細を見る

受講料
  • 基本情報技術者講座:60,720円(税込)
    月々5,060円(税込)×12回【分割払い】
特徴
  • 実力派講師による分かりやすい映像講義
  • 最速合格を目指す学習カリキュラム
  • インプット・アウトプット・学習管理まで、スマホ一つで完結
  • 重要問題を厳選した過去問演習
講師
  • 丸山紀代(まるやま・のりよ)講師/著書「この1冊で合格!丸山紀代のITパスポートテキスト&問題集」(KADOKAWA)
公式サイト https://shikakupass.com/fe/

徳永浩光
【キャリアコンサルタント】

【キャリアコンサルタントとして経験を活かし、キャリア関してのサイトの監修】

国家資格キャリアコンサルタント所持。キャリア支援の観点から、理想のキャリアや働き方を実現するためのヒントとなる情報を発信。

マイベストプロ掲載ページ
キャリコンサーチ掲載ページ

  1. Shikaku Passの基本情報技術者講座について
  2. Shikaku Passの基本情報技術者講座のポイント
    1. Shikaku Passの基本情報技術者講座の教材
    2. Shikaku Passの基本情報技術者講座の学習カリキュラム
    3. Shikaku Passの基本情報技術者講座の講師
  3. Shikaku Passの基本情報技術者講座の口コミ・評判を紹介
    1. Shikaku Passの基本情報技術者講座の良い口コミ・評判を紹介
    2. Shikaku Passの基本情報技術者講座の悪い口コミ・評判を紹介
  4. Shikaku Passの基本情報技術者講座を利用して学習してみた
    1. 良かったポイント:講師による映像講義が分かりやすい
    2. 良かったポイント:インプット・アウトプット学習を短時間で完結できる
    3. 残念なポイント:学習サポートが少ない
  5. Shikaku Passの基本情報技術者講座のキャンペーン情報・割引制度
  6. Shikaku Passの基本情報技術者講座を他の予備校・オンライン講座と比較
    1. Shikaku Passと他の通信講座・予備校の基本情報技術者講座を受講料で比較
    2. Shikaku Passと他の通信講座・予備校の基本情報技術者講座を教材で比較
    3. Shikaku Passと他の通信講座・予備校の基本情報技術者講座をフォロー体制で比較
  7. Shikaku Passとフォーサイトの基本情報技術者講座を徹底比較
  8. Shikaku PassとTACの基本情報技術者講座を徹底比較
  9. Shikaku Passで基本情報技術者資格を取得するメリット・デメリット
    1. Shikaku Passで基本情報技術者資格を取得するメリット
    2. Shikaku Passで基本情報技術者資格を取得するデメリット
  10. Shikaku Passの基本情報技術者講座がおすすめの方・おすすめできない方
    1. Shikaku Passの基本情報技術者講座がおすすめの方
    2. Shikaku Passの基本情報技術者講座をおすすめできない方
  11. 学研のオンライン資格講座Shikaku Passとは
    1. Shikaku Passの基本情報技術者講座の受講手続きの流れ
  12. 基本情報技術者試験のおすすめスクール・通信講座ランキング
    1. Shikaku Passの基本情報技術者講座
    2. スタディングの基本情報技術者試験講座
    3. フォーサイトの基本情報技術者通信講座
    4. アイテックの情報処理技術者試験対策講座
    5. TACの基本情報技術者講座
    6. 独習ゼミの基本情報技術者試験対策コース
    7. BizLearnの基本情報技術者試験対策通信講座
  13. 基本情報技術者試験の学習が通学でできるスクール
    1. TACの基本情報技術者講座
    2. 資格の大原の基本情報技術者講座
  14. 基本情報技術者試験の個別指導スクール
    1. Tech Teacher
    2. Winスクール
  15. 基本情報技術者試験の科目A免除(午前免除)制度対応のおすすめ講座・e-ラーニング
    1. 基本情報技術者試験の科目A免除(午前免除)制度について
    2. 資格の大原
    3. BizLearn
    4. 独習ゼミ
  16. 基本情報技術者資格とは?年収や資格が活かせる仕事を紹介
    1. 基本情報技術者とは
    2. 基本情報技術者にはどのような求人がある?
    3. 基本情報技術者の年収
  17. 基本情報技術者は取得する意味がない?合格を目指すメリット
    1. 基本情報技術者は役に立たない・時代遅れといわれる理由
    2. 基本情報技術者資格を持ってないSEが資格に向けて学習するメリット
    3. 大学生が就職のために基本情報技術者を取得するメリット
    4. 基本情報技術者試験は転職に有利になる?
  18. 基本情報技術者試験について解説
    1. 基本情報技術者試験の概要
    2. 令和5年度基本情報技術者試験の試験日
    3. 2023年4月からの基本情報技術者試験の申し込み方法
  19. 基本情報技術者の価値が下がるといわれた2023年4月の試験制度の変更点
  20. 基本情報技術者試験に合格するとすごい?試験は難しすぎる?難易度を解説
    1. 基本情報技術者試験の合格率
    2. 基本情報技術者試験2023年はどうだった?簡単になった?2023年度の合格率
    3. 基本情報技術者試験の勉強時間
  21. Shikaku Passの基本情報技術者講座に関するよくある質問
    1. 基本情報技術者試験はオンライン受験が可能?
    2. 基本情報技術者試験2023年の難易度は?
    3. 無料で利用できる基本情報技術者のeラーニング学習はある?
    4. 応用情報技術者は取得しても意味ない?
  22. Shikaku Passの基本情報技術者講座の評判・口コミ:まとめ

Shikaku Passの基本情報技術者講座について

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

Shikaku Passの基本情報技術者講座は、オンライン完結型の通信講座です。

スピード合格が目指せる学習カリキュラム質の高い映像講義厳選された過去問演習を組み合わせて、試験合格に必要な知識を効率よく習得できます。

講座の概要は以下の通りです。

受講料
  • 基本情報技術者講座:60,720円(税込)
    月々5,060円(税込)×12回【分割払い】
特徴
  • 実力派講師による分かりやすい映像講義
  • 最速合格を目指す学習カリキュラム
  • インプット・アウトプット・学習管理まで、スマホ一つで完結
  • 重要問題を厳選した過去問演習
カリキュラム
  • レクチャー動画73本(合計:約17時間)
  • 過去問演習212問
  • 演習解説文144問
  • 演習解説動画68問分(合計:約6時間)
フォロー体制
  • 学習進捗管理
講師
  • 丸山紀代(まるやま・のりよ)講師/著書「この1冊で合格!丸山紀代のITパスポートテキスト&問題集」(KADOKAWA)
公式サイト https://shikakupass.com/fe/

Shikaku Passの基本情報技術者講座は、初心者でも短期間で合格を目指せる効率性重視の学習教材・学習カリキュラムがあります。

学習教材

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

映像講義によるインプット学習から、過去問を利用したアウトプット学習まで、全てオンラインで完結できます。

スマホ一つで学習でき、移動時間や休憩時間など、隙間時間を有効活用して試験対策を進められるのが魅力です。

また、映像講義や問題演習など、各学習教材は、合格に必要なポイントだけ学習対象を厳選して作られています。

繰り返し出題されない、重要度の低い問題を学習対象から外すことで、問題数や講義時間を最小限に抑えています。

さらに、映像講義は短時間に集中して視聴できるよう、約5~20分に集約されているのが特徴です。

教育工学に基づき、学習しやすい速度や解説の順序、図表のレイアウトなど、細部にまでこだわって作られているので、短時間でも十分な知識を得られます。

そのほかに、過去問演習は、丁寧な解説文や解説動画付きで、演習後に反復学習が可能です。

映像講義と過去問を利用した問題演習、さらに解説による復習の3ステップを繰り返すことで、着実にスキルを習得できるでしょう。

学習カリキュラム・サポート

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

Shikaku Passの基本情報技術者講座は、最短合格を目指す無駄のない学習カリキュラムで、短期間・短時間に集中して学習できるのが特徴です。

網羅性の高い学習カリキュラムは、基礎から丁寧に学べるメリットがありますが、勉強時間が長時間に及び、重要ポイントを掴みにくい問題点があります。

一方で、Shikaku Passは、無駄を徹底的に省いた学習カリキュラムで、重要項目を集中的に学べるので、短期間・短時間でも合格に必要な実力を身につけられるのが魅力です。

また、学習サポートとして、学習進捗管理の機能を利用できます。

各項目の学習進捗度が一目みて分かるので、予定を立てやすく、目標に向かって計画的に学習を進められるでしょう。

「Shikaku Passの基本情報技術者講座」は、厳選された学習教材を利用し、オンラインで効率よく試験合格を目指せる通信講座です。

勉強の効率性を重視したい方や、eラーニングを活用できる通信講座を選びたい方コスパ重視の方にもおすすめできます。

学習教材・カリキュラムを有効活用することで、最短ルートでの合格を目指せるでしょう。

Shikaku Passの基本情報技術者講座のポイント

Shikaku Passの基本情報技術者講座の特徴を以下の3つのポイントから解説します。

  • 学習教材
  • 学習カリキュラム
  • 講師

Shikaku Passの基本情報技術者講座の学習教材は、全てオンラインに対応しています。

実力派講師が担当する映像講義は、分かりやすさはもちろん、短時間に集約されているので、隙間時間にも活用しやすいのが魅力です。

また、Shikaku Passでは、短期集中型の学習カリキュラムで、最速合格を目指せます。

厳選された学習教材と、スピード合格の学習カリキュラムを組み合わせれば、試験までに十分な勉強時間が取れない方でも無理なく受講できるでしょう。

効率よく学び、試験に合格するためにも、自分の学習スタイルや学習計画に合っているのか、受講前によく確認しておくことが大切です。

Shikaku Passの基本情報技術者講座の教材

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

Shikaku Passの基本情報技術者講座の教材は、全てオンラインに対応しています。

講座で使用する教材の特徴は以下の通りです。

  • 基礎学習から問題演習までオンライン完結
  • スマホがあればいつでもどこでも学習できる

Shikaku Passの基本情報技術者講座では、講義動画の視聴や問題演習が全てeラーニングで利用でき、時間・場所を問わず、隙間時間を有効活用して、学習に取り組めます。

短時間に集約された映像講義や、一問一答形式の問題演習を活用すれば、移動中や休憩中、就寝前の時間など、数分の空き時間も無駄なく試験対策を進められるでしょう。

Shikaku Passでは「1回5分、スマホで。合格をもっと気軽に」をコンセプトとしています。

学習教材の利便性を高め、合格に必要なポイントだけ学習対象を厳選することで、効率性の高い試験対策を実現しています。

また、教育工学に基づき、学習しやすい速度や解説の順序、図表のレイアウトや強調方法まで、細部にこだわって設計されているのも、Shikaku Passの学習教材の特徴です。

視覚的に分かりやすく構造されているので、短時間の学習でも十分な知識・スキルを習得できます。

「Shikaku Passの基本情報技術者講座」は、講義の受講から過去問演習まで、インプット学習・アウトプット学習をスマホ一つで完結できる利便性の高い学習教材が魅力です。

十分な学習時間が確保できない方や自宅学習に不安がある方でも無理なく学習を継続できるでしょう。

Shikaku PassのHPで講座詳細を見る

Shikaku Passの基本情報技術者講座の学習カリキュラム

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

Shikaku Passの基本情報技術者講座の学習カリキュラムは、最短合格を目指す効率性の高い学習カリキュラムです。

徹底的に無駄を省き、莫大な試験範囲の中から、合格に必要な内容だけを集中的に学べます。

Shikaku Pass基本情報技術者講座の学習カリキュラムの特徴は、以下の通りです。

  • 近年の試験傾向を徹底的に分析して学習カリキュラムと過去問集が作成されている
  • 必要最低限の内容を無駄なく学べる

Shikaku Passでは、近年の試験傾向や過去問を徹底的に分析し、学習カリキュラムと問題演習を作成しています。

網羅性の高い学習は、基礎から丁寧に学び着実に知識を習得できるメリットがありますが、試験勉強が長時間・長期間に及ぶリスクがあり、学習計画を立てにくいのがデメリットです。

一方で、Shikaku Passの学習カリキュラムに沿って学習すれば、プロが厳選した必要項目を集中的に学べるので、無駄がありません。

学習時間の短縮や試験対策の効率化にもつながるでしょう。

Shikaku Pass基本情報技術者講座の学習カリキュラムは以下の通りです。

  • レクチャー動画73本(合計:約17時間)
  • 過去問演習212問
  • 演習解説文144問
  • 演習解説動画68問分(合計:約6時間)

インプット学習では、短時間に集約された計73本の講義を受けられます。

問題数や内容を厳選した過去問演習は計212問、難解な問題には演習解説動画が付き、復習に活用できます。

講義の合計時間も短く、学習カリキュラムがコンパクトにまとめられているので、短期間でも学習計画を無理なく立てられるのがメリットです。

学習の進捗管理機能と併せて、計画的に学習を進められるでしょう。

Shikaku PassのHPで講座詳細を見る

Shikaku Passの基本情報技術者講座の講師

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

Shikaku Passの基本情報技術者講座では、実力派の人気講師が講義の監修・解説を担当しています。

Shikaku Passの基本情報技術者講座を担当する専任講師は以下の通りです。

講師名 経歴
丸山紀代(まるやま・のりよ)
  • JavaやPythonのプログラミング研修や基礎情報・応用情報の資格試験研修の経験が豊富
  • システム開発会社のWebアプリケーション開発に携わる
  • 著書「この1冊で合格!丸山紀代のITパスポートテキスト&問題集」(KADOKAWA)

丸山講師は、プログラミング研修や各資格試験対策の指導経験豊富な実力のある講師です。

ポイントを分かりやすく、明確に伝える講義スタイルに定評があり、受講生の支持を集めています。

また、指導経験が豊富なだけでなく、自身の体験談を元に、試験に向けた学習方法のポイントや試験取得後も役立つ情報や知識を発信しています。

試験対策や実践的なスキル、さらにモチベーション管理にいたるまで、講師から手厚いトータルサポートを受けられるでしょう。

「Shikaku Passの基本情報技術者講座」は、在籍する講師の数は少ないものの、試験合格に必要なポイントを熟知したベテラン講師から、質の高い講義が受けられる通信講座です。

公式HPでは、講師紹介動画を公表しているので、講師や講義の雰囲気が自分に合っているのか、事前に確認しておきましょう。

Shikaku Passの基本情報技術者講座の口コミ・評判を紹介

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

Shikaku Passの基本情報技術者講座の良い口コミ・悪い口コミを紹介します。

良い口コミでは、動画講義の分かりやすさ、eラーニングの使い勝手の良さに関する意見が多くみられました。

口コミから、eラーニングが使いやすく、講師や動画講義の質が高いことが分かります。

一方で、講義視聴の機能面に不満がある意見もみられました。

eラーニングの機能面は、勉強の効率性にも関わる部分なので、必要な機能が備わっているのか受講前に確かめておくことが大切です。

口コミ・評判から、Shikaku Passの基本情報技術者講座が、質の高い動画講義とeラーニングを活用して、効率よく学習できる通信講座ということが分かります。

しかし、機能面をさらに充実して欲しいという意見もあり、利用したい機能が備わっていない可能性もあります。

Shikaku Passの基本情報技術者講座の受講を検討している方は、良い口コミ・悪い口コミどちらも併せて確認しましょう。

Shikaku Passの基本情報技術者講座の良い口コミ・評判を紹介

Shikaku Passの基本情報技術者講座の良い口コミや評判を紹介します。

良い口コミでは、動画講義の質が高く、eラーニングも使いやすいという意見が多くみられました。

以前参考書で勉強したが分からなかったところがあったが、Shikaku Passの動画で理解できるようになった。

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

理解したと思っていたが、Shikaku Pass の問題を解いてみると分かっていないことに気づけた。

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

口コミから、講師・動画講義の質の高さが分かります。

Shikaku Passの基本情報技術者講座では、指導経験豊富なプロの講師から講義を受けられます。

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

難解な内容も分かりやすく解説してくれるので、独学で挫折してしまった方でも、スムーズに理解できるようになるでしょう。

また、問題演習機能では、知識の定着度を確認できるので、苦手な箇所を残さず、合格に必要な知識を着実に身につけられるのが魅力です。

移動時間なども学習に当てられるので、効率があがった。

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

さらに、効率よく学習を進められたという意見も多くみられました。

短時間で動画講義を視聴し、問題演習に取り組めるので、移動時間や隙間時間にも学習を進められるのが魅力です。

口コミから、Shikaku Passの基本情報技術者講座が、利便性の高い学習教材と動画講義を利用して、効率よく試験対策を進められる通信講座ということが分かります。

Shikaku PassのHPで講座詳細を見る

Shikaku Passの基本情報技術者講座の悪い口コミ・評判を紹介

Shikaku Passの基本情報技術者講座の悪い口コミや評判を紹介します。

受講を検討している方は、良い口コミと併せて、確認しておきましょう。

問題をランダムで抽出して出題する、といった機能が欲しい

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

演習問題を増やしてほしい

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

悪い口コミ・評判では、機能面をさらに充実してほしいという意見がありました。

厳選した過去問演習で効率よく学習できるメリットがありますが、一方で問題数が少なすぎる、出題方法のバリエーションを増やして欲しいと感じた方もいるようです。

試験範囲を網羅的に学習したい方には不十分に感じる部分もあるので、自分の学習スタイルと合っているのか検討するといいでしょう。

動画の解説が速すぎるので、止めながらメモするのが大変

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

また、短時間にまとめられた動画講義は手軽に視聴でき、効率よく学習を進められる一方で、スピードが早くて、ノートへの書き込みが難しいという意見がありました。

メモを取ったり、机に向かって学習したり、じっくり丁寧に学びたい方には学習教材が合っていない可能性もあります。

Shikaku Passの基本情報技術者講座では、無料体験で動画を視聴できるので、講義の雰囲気やスピードが自分に合っているのか事前にチェックしておきましょう。

Shikaku PassのHPで講座詳細を見る

Shikaku Passの基本情報技術者講座を利用して学習してみた

(引用元:Shikaku Pass)

Shikaku Passの基本情報技術者講座を実際に利用し、学習してみました。

Shikaku Pass基本情報技術者講座を試して分かった、良かったポイント・残念なポイントは以下の3点です。

良かったポイント 残念なポイント
  • 講師による映像講義が分かりやすい
  • インプット・アウトプット学習を短時間で完結できる
  • 学習サポートが少ない

Shikaku Passの映像講義は、重要ポイントが分かりやすく、メリハリのある講義内容が特徴的でした。

また、図表や解説が表示されるので、頭に入りやすく、情報を整理するのに役立ちます。

さらに、講義を受講した後はすぐに、問題演習に入れることも使い勝手の良さを感じたポイントです。

項目ごとで学習を進めやすく、10~15分の休憩時間でも十分に学習できました。

隙間時間で効率よく学べるメリットを感じた一方で、分からない箇所があった場合に、質問制度がなく、自分で解決しなくてならない点は残念だと感じました。

解説動画を見て、解決できたものもありますが、サポート面が限られているのはデメリットといえます。

そのほかにも、実際に使用して感じたことをレビューしますので、参考にして下さい。

良かったポイント:講師による映像講義が分かりやすい

指導経験豊富な丸山講師の講義は、ハキハキとした口調で聞き取りやすく、重要なポイントも分かりやすい表現を使って丁寧に解説してくれました。

短時間でも視聴できるので、途中で区切ったり、集中が途切れたりすることなく学べたことがShikaku Passの学習教材のメリットだと感じました。

また、講義の中では図表や学習ポイントも表示されます。

(引用元:Shikaku Pass)

聞くだけでは理解しにくいところも、図表でまとめられているので、情報を整理しながら学べます。

Shikaku Passの映像講義は、講師の指導力が高く、合格に必要なポイントを集中的に学べることがメリットだと感じました。

短時間で視聴できるので、移動時間・休憩時間・就寝前の時間にも手軽に見られるのも便利に感じた点です。

Shikaku PassのHPで講座詳細を見る

良かったポイント:インプット・アウトプット学習を短時間で完結できる

講義内のカリキュラムは、項目ごとで分かれています。

映像講義を視聴した後に、すぐに問題演習に入れるので、バランス良くインプット・アウトプット学習を進められます。

(引用元:Shikaku Pass)

各項目によって動画の視聴時間は異なりますが、約15~30分程度の短時間で動画視聴と問題演習が完結します。

学習の進捗状況は管理画面で確認でき、学習計画が立てやすく、学習の進度をすぐに確認できるのもメリットだと感じました。

(引用元:Shikaku Pass)

正解・不正解の数もチェックできるので、学習の習熟度も分かります。

残念なポイント:学習サポートが少ない

実際に使用してみて、効率よく学習を進められたことはメリットだと感じましたが、一方でサポートが必要に感じる場面もありました。

例えば、問題演習で分からない箇所があった時、質問サポートがないと理解に時間がかかることもあります。

解説文や解説動画で解決できたものもありますが、個別指導や質問サポートなど、サポート制度がないことは、デメリットだと感じました。

Shikaku Pass基本情報技術者講座を試して分かった、良かったポイント・残念なポイントは以下の3点です。

良かったポイント 残念なポイント
  • 講師による映像講義が分かりやすい
  • インプット・アウトプット学習を短時間で完結できる
  • 学習サポートが少ない

Shikaku Passの基本情報技術者講座は、実際に利用して学習してみたところ、映像講義の質が高く、オンラインで効率よく試験対策を進められる通信講座ということが分かりました。

短時間で集中して学べるので、忙しい社会人の方や短期合格を目指すにもぴったりです。

一方で、サポート面が不十分に感じた部分もあったので、自分の学習スタイルやスケジュールに合っているのか事前に確かめておくといいでしょう。

Shikaku Passの基本情報技術者講座のキャンペーン情報・割引制度

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

Shikaku Passの基本情報技術者講座の割引制度・クーポン情報をまとめました。

キャンペーン名 適用期間/対象者/割引内容
合格応援キャンペーン
  • 2025年3月31日まで
  • 期間内に基本情報技術者講座を受講、試験合格後にアンケートに回答した方
  • 10,000円分のQUOカードPayをプレゼント
リリース記念キャンペーン
  • 2023年11月30日まで
  • 期間内に基本情報技術者講座を受講する方
  • 受講料20,000円割引
興味関心のある資格についてのアンケート
  • 人数が上限に達したため、終了
  • 期間内に興味関心のある資格についてのアンケートに回答
  • 300円分のQUOカードPayをプレゼント

(参考:Shikaku Pass公式HP)

Shikaku Passの基本情報技術者講座は、期間限定の割引キャンペーンや合格祝いなど、割引制度・キャンペーンを実施しています。

合格応援キャンペーンは、試験に合格し、アンケートに回答するとお祝い金がもらえるキャンペーンです。

合格者だけでなく、不合格者にもクーポンが配布され、合格者・不合格者どちらもお得になる内容です。

そのほかに、アンケート回答者全員を対象にQUOカードPayをプレゼントするキャンペーンやリリース記念キャンペーンも実施していました。

よりお得に講座を受講したい方は、キャンペーンの実施状況を公式HPでチェックしましょう。

合格応援キャンペーン

合格応援キャンペーンは、利用条件を満たすと、合格後に10,000円分のお祝い金(QUOカードPay)がもらえるお得なキャンペーンです。

万が一、不合格になってしまった場合も、次回の講座受講費が半額になる、再チャレンジ価格のクーポンコードをもらえます。

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

合格応援キャンペーンの利用手順は以下の通りです。

  • キャンペーン期間中に対象講座に申し込み
  • 講座受講後、試験を受験し、アンケートに回答する
  • メールでプレゼントの案内を受け取る

(参考:Shikaku Pass公式HP)

合格応援キャンペーンの利用には、講座受講後、合否など試験結果に関するアンケートに回答する必要があります。

アンケートの回答URLは、登録メールアドレスに送信されるので、面倒な手続きはなく、短時間に回答できます。

合格・不合格問わず利用できるお得なキャンペーンを利用したい方は、事前に利用条件を確認しておきましょう。

Shikaku PassのHPで講座詳細を見る

リリース記念キャンペーン

リリース記念キャンペーンは、期間内に講座を受講するだけで、20,000円が割引になるお得なキャンペーンです。

2023年11月30日まで実施され、対象期間が終了しました。

基本情報技術者や、そのほかの講座リリースを記念して実施されていたので、今後も新講座がリリースしたタイミングで再開する可能性があるでしょう。

興味関心のある資格についてのアンケート

アンケートキャンペーンは、オンラインでアンケートに答えるだけで、QUOカードPayのプレゼントがもらえるお得なキャンペーンです。

募集人数の上限に達したため、終了していますが、Shikaku Passでは、手軽に利用できる割引キャンペーンが数多く実施されていました。

活用方法次第では、受講料の大幅カットが可能です。

講座費用を抑えたい方や、コスパ重視の方は今後実施されるキャンペーン内容を確認し、有効活用しましょう。

Shikaku Passの基本情報技術者講座を他の予備校・オンライン講座と比較

Shikaku Passとその他予備校・オンライン講座の講座料金・特徴・フォロー体制は以下の通りです。

会社名 コース名・受講料 特徴・フォロー体制
Shikaku Pass
  • 基本情報技術者講座:60,720円(税込)
    月々5,060円(税込)×12回【分割払い】
  • 実力派講師による分かりやすい映像講義
  • 最速合格を目指す学習カリキュラム
  • インプット・アウトプット・学習管理まで、スマホ一つで完結
  • 重要問題を厳選した過去問演習
資格の大原
  • 基本情報技術者合格コース:67,900円(税込)
  • 基本情報技術者合格コース【科目A免除制度対象】:80,800円(税込)
  • 科目A試験の免除制度が利用可能
  • 豊富なコース選択

【フォロー体制】

  • 模擬試験
  • 質問対応
  • 教室聴講制度
スタディング
  • 【2023年+2024年合格目標】基本情報技術者合格者コース:36,800円(税込)
  • 【2023年+2024年合格目標】基本情報技術者初学者コース:43,800円(税込)
  • オンライン完結型の学習教材
  • リーズナブルな講座料金

【フォロー体制】

  • 学習フロー
  • 学習レポート
  • 学習仲間機能
フォーサイト
  • 【基本情報技術者スピード合格講座2024年度試験対策】スピード合格講座:35,800円(税込)
  • 最短2ヶ月で試験合格を目指せる短期集中型の学習カリキュラム
  • 分かりやすいフルカラーテキスト

【フォロー体制】

  • 質問制度
  • 個別カウンセリング
  • フォローメルマガ
TAC
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目A試験+科目B試験対策コース本科生プラス・Web通信講座+DL:78,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目A試験+科目B試験対策コース本科生プラス・DVD通信講座+DL:90,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目A試験+科目B試験対策コース本科生・Web通信講座+DL:62,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目A試験+科目B試験対策コース本科生・DVD通信講座+DL:72,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目A試験対策コース科目Aマスターコース・Web通信講座+DL:49,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目A試験対策コース科目Aマスターコース・DVD通信講座+DL:57,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目B試験対策コース科目Bマスターコース・Web通信講座+DL:36,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目B試験対策コース科目Bマスターコース・DVD通信講座+DL44,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】オプション講座アルゴリズムセット・Web通信講座+DL:26,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】オプション講座アルゴリズムセット・DVD通信講座+DL:29,500円(税込)
  • 自習室やスクーリングが利用可能
  • 豊富なコース選択

【フォロー体制】

  • スクーリング
  • 自習室利用
  • 質問制度
アイテック
  • プレミアムコースIT初心者向け:37,950円(税込)
  • スタンダードコース:29,150円(税込)
  • プラクティスコース・模試付き:18,700円(税込)
  • 科目A免除突破コース・修了証付き:24,000円(税込)
  • 科目B試験対策コース:19,250円(税込)
  • 科目A免除+科目B試験対策コース・修了証付き:43,250円(税込)
  • 40年の指導実績があるIT資格指導のパイオニア
  • 科目A試験の免除制度が利用可能

【フォロー体制】

  • 質問回答サービス

Shikaku Passは、eラーニング教材を利用して効率よく試験対策を進められる通信講座です。

資格の大原・TACは、講座費用が高いものの、科目A試験の免除制度が利用でき、スクーリング・質問制度などフォロー体制が充実しています。

スタディングやフォーサイトは、どちらも短期間で試験合格が目指せる通信講座です。

アイテックは、40年の指導実績を持つ通信講座で、長年の指導ノウハウを活かした質の高い講義を受講できます。

各通信講座を比較したところ、Shikaku Passの基本情報技術者講座は、インプット学習・アウトプット学習をスマホ一つで完結できる利便性の高い学習教材があり、短期間・短時間に資格取得が目指せる通信講座ということが分かりました。

費用を抑えながら効率性の高い試験対策を進めたいならShikaku Passがおすすめです。

Shikaku Passと他の通信講座・予備校の基本情報技術者講座を受講料で比較

Shikaku Passとその他通信講座・予備校の基本情報技術者講座の受講料をまとめました。

会社名 コース名・受講料
Shikaku Pass
  • 基本情報技術者講座:60,720円(税込)
    月々5,060円(税込)×12回【分割払い】
資格の大原
  • 基本情報技術者合格コース:67,900円(税込)
  • 基本情報技術者合格コース【科目A免除制度対象】:80,800円(税込)
スタディング
  • 【2023年+2024年合格目標】基本情報技術者合格者コース:36,800円(税込)
  • 【2023年+2024年合格目標】基本情報技術者初学者コース:43,800円(税込)
フォーサイト
  • 【基本情報技術者スピード合格講座2024年度試験対策】スピード合格講座:35,800円(税込)
TAC
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目A試験+科目B試験対策コース本科生プラス・Web通信講座+DL:78,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目A試験+科目B試験対策コース本科生プラス・DVD通信講座+DL:90,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目A試験+科目B試験対策コース本科生・Web通信講座+DL:62,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目A試験+科目B試験対策コース本科生・DVD通信講座+DL:72,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目A試験対策コース科目Aマスターコース・Web通信講座+DL:49,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目A試験対策コース科目Aマスターコース・DVD通信講座+DL:57,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目B試験対策コース科目Bマスターコース・Web通信講座+DL:36,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目B試験対策コース科目Bマスターコース・DVD通信講座+DL44,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】オプション講座アルゴリズムセット・Web通信講座+DL:26,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】オプション講座アルゴリズムセット・DVD通信講座+DL:29,500円(税込)
アイテック
  • プレミアムコースIT初心者向け:37,950円(税込)
  • スタンダードコース:29,150円(税込)
  • プラクティスコース・模試付き:18,700円(税込)
  • 科目A免除突破コース・修了証付き:24,000円(税込)
  • 科目B試験対策コース:19,250円(税込)
  • 科目A免除+科目B試験対策コース・修了証付き:43,250円(税込)

基本情報技術者講座の相場は、約3~9万円ですが、単科講座・オプション講座を約1~2万円で開講している通信講座もあります。

コースの受講料が最もリーズナブルな通信講座はアイテックです。

アイテックのスタンダードコースは、科目A・科目B試験の対策がセットになって、3万円以下で受講できるコースがあります。

一方で、TACや資格の大原の初学者向けコースを選択した場合、約8~9万円の費用が必要であり、受講料はやや高めです。

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

Shikaku Passは、低価格帯のアイテック・フォーサイト・スタディングと比較するとやや高めですが、大手資格学校より1~2万円程度、費用を抑えて受講できます。

講座料金の分割払いにも対応しているので、初期費用を抑えて受講することも可能です。

学習教材の利便性が高く、短期間で合格を目指せることから、コストパフォーマンスに優れた通信講座といえるでしょう。

最もリーズナブルな通信講座はアイテックですが、コストを抑えながら、効率よく試験対策を進めたい方は、Shikaku Passがおすすめです。

Shikaku PassのHPで講座詳細を見る

アイテックのHPで講座詳細を見る

Shikaku Passと他の通信講座・予備校の基本情報技術者講座を教材で比較

Shikaku Passとその他通信講座・予備校の基本情報技術者講座の学習教材の特徴をまとめました。

会社名 教材の特徴
Shikaku Pass
  • 実力派講師による分かりやすい映像講義
  • 最速合格を目指す学習カリキュラム
  • インプット・アウトプット・学習管理まで、スマホ一つで完結
  • 重要問題を厳選した過去問演習
資格の大原
  • 試験範囲に基づいて作成された網羅性の高いテキスト
  • 講師陣の試験研究・分析によって作成されたオリジナル演習ドリル・ミニテスト・過去問題集を活用した充実度の高いアウトプット学習
スタディング
  • 動画講義からWebテキストまで、オンライン完結型の学習教材
  • AI復習機能とスマート問題集・セレクト過去問題集を利用した効率性の高い学習が可能
フォーサイト
  • 合格点主義の学習教材・学習カリキュラムを組み合わせ、効率性の高い試験対策が可能
  • オリジナル学習ツール「ManaBun」を活用したオンライン学習
TAC
  • 学習スタイルに合わせて、Web講座とDVD講座が選択可能
  • 実力派講師による質の高い映像講義で初学者でも受講しやすい
アイテック
  • 40年の指導ノウハウを基に作られた学習教材・学習カリキュラム
  • テキストとeラーニングを組み合わせたハイブリッド学習法

資格の大原とTACは、ボリュームのある学習教材と体系的な学習カリキュラムで初学者でも無理なく学べるのが特徴です。

映像講義・問題演習・過去問・模擬試験を活用し、網羅性の高い試験対策ができます。

一方で、Shikaku Pass・スタディングは、オンライン完結型の通信講座で、隙間時間を活用し、効率性を重視した試験対策が可能です。

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

映像講義によるインプット学習から問題演習まで、スマホ一つで取り組める利便性の高さが魅力といえます。

学習環境に合わせて、教材を使い分けたい方は、eラーニングとテキスト学習のどちらにも対応したフォーサイト・アイテックがおすすめです。

フォーサイトは、合格に必要な重要ポイントに的を絞り、集中的に学べるので、試験まで十分な学習時間を確保できない方でも短期間・短時間で試験合格を目指せます。

各通信講座・資格学校では、メインとなる学習方法や学習教材のボリュームが大きく異なります。

自分に合った通信講座を選択するためには、学習スタイル・学習期間・教材内容を考慮して選択することが大切です。

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

効率性が高く、短期間・短時間で試験合格を目指せるおすすめの通信講座は、Shikaku Passスタディングです。

スマホ一つで勉強できるので、テキストを持ち運ぶ必要がなく、状況に応じて自分に必要な学習内容をピンポイントで学べます。

最適な教材・カリキュラムを組み合わせることで、最速合格が目指せるでしょう。

Shikaku PassのHPで講座詳細を見る

スタディングのHPで講座詳細を見る

Shikaku Passと他の通信講座・予備校の基本情報技術者講座をフォロー体制で比較

Shikaku Passとその他通信講座・予備校の基本情報技術者講座の学習フォロー体制をまとめました。

会社名 フォロー体制
Shikaku Pass
  • 学習進捗管理
資格の大原
  • 模擬試験
  • 質問対応
  • 教室聴講制度
スタディング
  • 学習フロー
  • 学習レポート
  • 学習仲間機能
フォーサイト
  • 質問制度
  • 個別カウンセリング
  • フォローメルマガ
TAC
  • スクーリング
  • 自習室利用
  • 質問制度
アイテック
  • 質問回答サービス

講座内で質問制度に対応しているのは、資格の大原・フォーサイト・TAC・アイテックです。

通信講座では、分からない箇所があっても講師にすぐ確認できない点がデメリットですが、質問制度が整っていれば、手軽に質問でき、スムーズに学習を進められるでしょう。

通信講座を受講しながら通学並みのサポートを受けたい方は、資格の大原やTACがおすすめです。

(引用元:TAC公式HP)

スクーリング制度や教室聴講制度を利用することで、教室での対面講義も受講できます。

初めて通信講座を利用する方や、モチベーション管理に不安がある方は、通学や自習室を利用できる資格学校が最適です。

そのほかに、学習の進捗管理機能が利用できる通信講座もあります。

試験勉強を効率よく計画通りに進めるためには、学習の進捗状況の管理が欠かせません。

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

Shikaku Passとスタディングでは、eラーニングの機能を活用し、スマホで手軽に進捗状況を確認できます。

進捗状況や試験までのスケジュールをまとめて管理することで、通信講座でもペース配分を間違えず、計画的に学習を進められます。

自己管理能力に自信がない方や、手軽に学習の管理をしたい方は、Shikaku Passスタディングがおすすめです。

一方で、通学並みの手厚いサポートを受けながら、安心して試験勉強を進めていきたい方は、資格の大原やTACがいいでしょう。

Shikaku PassのHPで講座詳細を見る

スタディングのHPで講座詳細を見る

資格の大原のHPで講座詳細を見る

TACのHPで講座詳細を見る

Shikaku Passとフォーサイトの基本情報技術者講座を徹底比較

(引用元:フォーサイト公式HP)

Shikaku Passとフォーサイトの基本情報技術者講座を受講料・学習教材・フォロー体制・合格率の4つのポイントから比較します。

項目 Shikaku Pass フォーサイト
受講料
  • 基本情報技術者講座:60,720円(税込)
    月々5,060円(税込)×12回【分割払い】
  • 【基本情報技術者スピード合格講座2024年度試験対策】スピード合格講座:35,800円(税込)
教材の特徴
  • 実力派講師による分かりやすい映像講義
  • 最速合格を目指す学習カリキュラム
  • インプット・アウトプット・学習管理まで、スマホ一つで完結
  • 重要問題を厳選した過去問演習
  • 合格点主義の学習教材・学習カリキュラムを組み合わせ、効率性の高い試験対策が可能
  • オリジナル学習ツール「ManaBun」を活用したオンライン学習
フォロー体制
  • 学習進捗管理
  • 質問制度
  • 個別カウンセリング
  • フォローメルマガ
合格率
  • 公表なし
  • 公表なし
公式サイト https://shikakupass.com/fe/ https://www.foresight.jp/fe/

Shikaku Passの基本情報技術者講座は、コンパクトにまとめられた学習カリキュラムと、効率性が高いeラーニングを利用して、最短合格を目指せる通信講座です。

インプットからアウトプット、学習の進捗管理までスマホ一つで完結でき、隙間時間にも手軽に学習できます。

また、指導経験豊富なプロ講師が担当する映像講義は、要点を分かりやすく明確に指導してくれるので、無駄がなく、短時間に集中して学習できるのも魅力です。

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

映像講義はほとんどが約5~20分にまとめられているので、移動中や休憩時間など、短時間でも途切れることなく、集中して講義を受けられます。

さらに、eラーニングには学習の進捗管理機能があるので、スケジュールを管理しながら、試験日に向けて計画的に試験対策を進められるでしょう。

Shikaku Passの基本情報技術者講座は、インプット学習からアウトプット学習まで、スマホ一つで完結できるので、隙間時間を有効活用して学習したい方や、短期間・短時間で合格を目指す方におすすめです。

フォーサイトは、冊子版のテキストと映像講義・eラーニングなど、学習教材の充実度が高く、状況に応じて教材を使い分けられるのが魅力です。

(引用元:フォーサイト公式HP)

フルカラーテキストは、図表を多用して、分かりにくいポイントも整理して解説してくれるので、初学者でも学習しやすいメリットがあります。

試験内容を網羅的に学ぶことで、着実に知識を習得できることも魅力です。

そのほかに、フォーサイトは質問制度、個別カウンセリングなど学習フォローが充実しています。

オンラインで気軽に講座内容や学習方法の疑問点や悩みを相談でき、スムーズに学習を進められるでしょう。

Shikaku Passとフォーサイトの基本情報技術者講座は、学習方法やフォロー体制、学習カリキュラムに違いがあり、効率よく学習を進めるためには、自分の学習スタイルや学習計画に合った通信講座を選択することが大切です。

利便性の高いeラーニングを利用して、隙間時間に効率よく試験勉強を進めたい方はShikaku Passの基本情報技術者講座がおすすめです。

厳選された学習教材・学習カリキュラムを利用して学べば、初学者でも短時間・短期間に合格が目指せます。

Shikaku Passをおすすめできる方は、以下の通りです。

Shikaku Passをおすすめできる方
  • 隙間時間に効率よく学習したい方
  • 短期間・短時間で資格取得を目指したい方
  • eラーニングを利用して試験対策を進めたい方

最短ルートで合格を目指す方や、まとまった学習時間を確保できない方、仕事と勉強を無理なく両立させたい方にも最適です。

Shikaku PassのHPで講座詳細を見る

フォーサイトをおすすめできる方は以下の通りです。

フォーサイトをおすすめできる方
  • 冊子版のテキストを利用して学習したい方
  • 学習フォローが充実した通信講座を選びたい方

一方で、冊子版のテキストを活用したい方や、学習教材やフォロー体制の充実度を重視する方はフォーサイトを選択するといいでしょう。

フォーサイトのHPで講座詳細を見る

Shikaku PassとTACの基本情報技術者講座を徹底比較

(引用元:TAC公式HP)

Shikaku PassとTACの基本情報技術者講座を受講料・学習教材・フォロー体制・合格率の4つのポイントから比較します。

項目 Shikaku Pass TAC
受講料
  • 基本情報技術者講座:60,720円(税込)
    月々5,060円(税込)×12回【分割払い】
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目A試験+科目B試験対策コース本科生プラス・Web通信講座+DL:78,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目A試験+科目B試験対策コース本科生プラス・DVD通信講座+DL:90,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目A試験+科目B試験対策コース本科生・Web通信講座+DL:62,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目A試験+科目B試験対策コース本科生・DVD通信講座+DL:72,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目A試験対策コース科目Aマスターコース・Web通信講座+DL:49,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目A試験対策コース科目Aマスターコース・DVD通信講座+DL:57,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目B試験対策コース科目Bマスターコース・Web通信講座+DL:36,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目B試験対策コース科目Bマスターコース・DVD通信講座+DL44,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】オプション講座アルゴリズムセット・Web通信講座+DL:26,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】オプション講座アルゴリズムセット・DVD通信講座+DL:29,500円(税込)
教材の特徴
  • 実力派講師による分かりやすい映像講義
  • 最速合格を目指す学習カリキュラム
  • インプット・アウトプット・学習管理まで、スマホ一つで完結
  • 重要問題を厳選した過去問演習
  • 学習スタイルに合わせて、Web講座とDVD講座が選択可能
  • 実力派講師による質の高い映像講義で初学者でも受講しやすい
フォロー体制
  • 学習進捗管理
  • スクーリング
  • 自習室利用
  • 質問制度
合格率
  • 公表なし
  • 公式HPにて、合格者の声を多数掲載
公式サイト https://shikakupass.com/fe/ https://www.tac-school.co.jp/kouza_joho.html

Shikaku Passの基本情報技術者講座はスマホ学習に特化した通信講座で、インプット・アウトプット学習や過去問対策まで、全てがオンラインで完結できます。

ほとんどの講義は、約5~20分に集約されているので、映像講義から問題演習まで、短時間に集中して取り組めるのが魅力です。

問題演習で分からないところがあれば、解説動画で確認でき、難解なポイントも分かりやすく指導してもらえます。

また、学習の進捗管理機能を活用すれば、進捗状況や習熟度まで、スマホで手軽に確認や管理ができる点も、Shikaku Pass基本情報技術者講座のメリットです。

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

隙間時間を活用して、時間・場所問わず学習したい方や、便利な機能を活用して学習の進捗状況まで一貫して管理したい方に最適な通信講座といえるでしょう。

一方のTACは、体系的な学習カリキュラムに沿って学び、網羅性の高い学習を進められます。

指導経験豊富な実力派講師が担当する講義は、難解なポイントも分かりやすく丁寧に解説してくれるので、初心者でも無理なく学べます。

そのほかに、TACの通信講座では自習室やスクーリング制度を利用できるのが魅力です。

スクーリングを有効活用することで、講師や同じ目標を持つ仲間と交流でき、モチベーションアップにもつながります。

(引用元:TAC公式HP)

Shikaku Passと比較して、費用が高いことはデメリットですが、手厚いサポートを受けたい方や基礎から丁寧に学びたい方におすすめの通信講座といえます。

コスパや効率性重視の方は、リーズナブルな費用で学べるShikaku Passの基本情報技術者講座がおすすめです。

利便性の高いeラーニングを活用し、短期間・短時間でも効率よく学び、試験合格を目指せます。

効率よく学習し、確実に資格を取得するためにも、自分の学習スタイルに合った通信講座を選択しましょう。

なお、Shikaku Passをおすすめできる方は、以下の通りです。

Shikaku Passをおすすめできる方
  • 隙間時間に効率よく学習したい方
  • 短期間・短時間で資格取得を目指したい方
  • コスパ重視の方

実力派講師による質の高い講義と厳選された過去問演習を組み合わせれば、初学者でも無理なく知識を習得できるでしょう。

Shikaku PassのHPで講座詳細を見る

学習教材・カリキュラムの充実度を重視したい方や自己管理能力に不安がある方は、TACが合っています。

TACをおすすめできる方は、以下の通りです。

TACをおすすめできる方
  • 学習教材・カリキュラムが充実した通信講座を選びたい方
  • スクーリングを利用したい方

スクーリングも利用でき、通信講座と通学のハイブリッド学習が可能です。

TACのHPで講座詳細を見る

Shikaku Passで基本情報技術者資格を取得するメリット・デメリット

Shikaku Passの基本情報技術者講座のメリット・デメリットは、以下の通りです。

メリット デメリット
  • 人気講師の講義で学習できる
  • 隙間時間に学習しやすい
  • 申し込むとすぐに学習を開始できる
  • カリキュラムに沿って進めると短期合格が目指せる
  • 新しいサービスである
  • 質問システムがない
  • デジタル教材のみである

Shikaku Passの基本情報技術者講座は、指導経験豊富なベテラン講師の講義と、効率性重視の学習カリキュラムを組み合わせ、スピード合格が目指せます。

また、eラーニングを利用して、時間・場所問わず、隙間時間で勉強できることもメリットです。

さらに、テキストなど学習教材の到着を待つ必要がないので、申し込みをすればすぐに学習をスタートできるところも魅力といえるでしょう。

一方で、Shikaku Passのデメリットとしては、新しいサービスであり、提供されている講座や情報が少ないことが挙げられます。

さらに、質問制度がないので、疑問点があってもすぐに解決できず、勉強に行き詰ってしまう場合もあるでしょう。

「Shikaku Passの基本情報技術者講座」は、厳選された学習教材とカリキュラムで効率よく学べるおすすめの通信講座ですが、実績が浅く、サービス内容が限られるので、試験対策が不十分に感じる可能性もあります。

学習方法・教材・カリキュラム・サービスの内容が自分に合っているかデメリットもよく見て受講を検討しましょう。

ここでは、Shikaku Passの基本情報技術者講座のメリット・デメリットを紹介します。

Shikaku Passで基本情報技術者資格を取得するメリット

Shikaku Passの基本情報技術者講座のメリットは、以下の4点です。

  • 人気講師の講義で学習できる
  • 隙間時間に学習しやすい
  • 申し込むとすぐに学習を開始できる
  • カリキュラムに沿って進めると短期合格が目指せる

学習教材・カリキュラムの効率性が高く、隙間時間に学習できる機能が備わっているので、忙しい方や、試験までの学習期間が短い方でも利用しやすい通信講座です。

Shikaku PassのHPで講座詳細を見る

人気講師の講義で学習できる

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

Shikaku Passの基本情報技術者講座を担当する講師は、IT系資格の指導経験が豊富な丸山紀代講師です。

講師名 経歴
丸山紀代(まるやま・のりよ)
  • JavaやPythonのプログラミング研修や基礎情報・応用情報の資格試験研修の経験が豊富
  • システム開発会社のWebアプリケーション開発に携わる
  • 著書「この1冊で合格!丸山紀代のITパスポートテキスト&問題集」(KADOKAWA)

丸山講師はIT系資格の参考書・問題集の監修に携わる、資格指導のスペシャリストです。

また、システム開発会社のWebアプリケーション開発に携わるなど、実務経験も豊富にあります。

試験対策だけでなく、資格取得後に活用できる実践的なスキルまで、分かりやすく明確に指導してくれるので、即戦力になるスキルも併せて習得できるでしょう。

指導経験豊富な丸山講師の講義は、難解なポイントもスムーズに理解できると、受講生からも絶大な支持を集めています。

人気講師による質の高い講義を受け、合格に必要なポイントを効率よく習得できることは、Shikaku Pass基本情報技術者講座のメリットといえます。

Shikaku PassのHPで講座詳細を見る

隙間時間に学習しやすい

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

Shikaku Pass基本情報技術者講座の学習教材・学習カリキュラムは利便性が高く、隙間時間を活用して学習を進められます。

映像講義の再生時間は、ほとんどが5~20分前後であり、短い休憩時間や移動時間でも、講義の視聴が可能です。

長時間に及ぶ映像講義は、網羅性が高く、幅広い知識を習得できる一方で、受講するためには学習環境を整える必要があり、重要ポイントを掴みにくいデメリットがあります。

一方で、短時間の映像講義であれば、項目ごとのポイントをしっかり押さえられ、効率よく知識を習得できるのがメリットです。

また、映像講義だけでなく、eラーニングを活用して、問題演習・過去問対策などアウトプット学習も可能です。

短時間の学習でも、講義の受講と問題演習を完結できるので、忙しい方でも無理なく学習を継続できます。

学習教材の機能面や講義時間など、細部に至るまで工夫が凝らされたShikaku Passの学習教材は、隙間時間を有効活用したい方や効率性重視の方におすすめです。

Shikaku PassのHPで講座詳細を見る

申し込むとすぐに学習を開始できる

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

オンライン完結型のShikaku Passは、申し込み後すぐに学習をスタートできるのがメリットです。

冊子版のテキスト・問題集がある通信講座の場合、申し込みが完了しても教材が届くまで学習を始められません。

また、資料請求やコース選択の相談など、資格学校への問い合わせも含めて1週間以上かかるケースもあります。

一方で、Shikaku Passは、申し込み後すぐに教材を利用できるので、教材待ちのストレスがなく、すぐに試験対策を始められるでしょう。

最短ルートで資格取得を目指す方にもおすすめです。

Shikaku PassのHPで講座詳細を見る

カリキュラムに沿って進めると短期合格が目指せる

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

Shikaku Passの基本情報技術者講座の学習カリキュラムは、最短合格を目指した短期集中型のカリキュラムです。

カリキュラムの詳細は以下の通りです。

  • レクチャー動画73本(合計:約17時間)
  • 過去問演習212問
  • 演習解説文144問
  • 演習解説動画68問分(合計:約6時間)

講義・問題演習は項目ごとで分かれているので、インプット・アウトプット学習をバランスよく進められます。

また、問題演習には、それぞれ解説文や解説動画が付いているので、復習や苦手な箇所を集中的に学ぶことも可能です。

効率よくインプット・アウトプットの反復学習を繰り返せば、短時間でも合格に必要な実力を身につけられるでしょう。

「Shikaku Passの基本情報技術者講座」は、効率性の高い学習カリキュラムに沿って学び、最短ルートで合格が目指せる通信講座です。

忙しい方や、勉強時間が限られている方でも使いやすく、無理なく合格が目指せます。

Shikaku Passで基本情報技術者資格を取得するデメリット

Shikaku Passの基本情報技術者講座のデメリットは、以下の3点です。

  • 新しいサービスである
  • 質問システムがない
  • デジタル教材のみである

効率性の高い学習教材やカリキュラムを活用して、短期合格が目指せるShikaku Passの基本情報技術者講座ですが、デメリットもあるので、受講前に必ず確認しておきましょう。

新しいサービスである

Shikaku Passの基本情報技術者講座は、2023年に開講したばかりの新しいサービスです。

現在提供している講座は、基本情報技術者・ITパスポート・FP3級の3種類で、そのほかの通信講座・資格学校と比較しても、講座数は少なく、受講できる講座が限られています。

また、Shikaku Passの基本情報技術者講座は、合格率や合格者数など、実績の公表をしていません。

Shikaku Passを提供する学研は、長年学習指導に携わってきた歴史や実績がありますが、基本情報技術者講座における実績が浅いことは不安要素であり、デメリットといえるでしょう。

質問システムがない

Shikaku Passの基本情報技術者講座は、質問システムに対応していません

講座内容で疑問点があった場合には、自分自身で調べて、解決する必要があります。

IT資格に初めて挑戦する方や、自宅学習に不安を感じている方にはフォロー体制が不十分に感じることもあるでしょう。

質問制度や相談窓口を利用したい方は、そのほかの通信講座を併せて検討することをおすすめします。

デジタル教材のみである

インプット学習からアウトプット学習、学習の進捗状況管理まで、スマホ一つで完結できるのは、Shikaku Passのメリットですが、学習方法によっては、使いにくいと感じる場合もあります。

冊子版のテキストは、自分が使いやすいようにカスタマイズできるのがメリットですが、デジタル教材の場合は書き込みができません。

自分が使いやすいようにアレンジできない点はデメリットといえるでしょう

eラーニングのメリット・デメリットを考慮し、学習方法や教材が自分の学習スタイルに合っているのか事前に確認しておくことをおすすめします。

Shikaku PassのHPで講座詳細を見る

Shikaku Passの基本情報技術者講座がおすすめの方・おすすめできない方

Shikaku Passの基本情報技術者講座がおすすめの方・おすすめできない方を紹介します。

Shikaku Passの基本情報技術者講座がおすすめの方 Shikaku Passの基本情報技術者講座がおすすめできない方
  • 隙間時間や通勤時間を活用して学習したい方
  • スマホ学習に抵抗がない方
  • すぐに試験に向けて学習を始めたい方
  • 紙ベースの教材を利用して学習したい方
  • 合格実績を重視している方

eラーニングを活用して効率よく学べるShikaku Passの基本情報技術者講座は、隙間時間を利用して学びたい方や勉強時間の確保が難しい方、スマホ学習に抵抗がない方におすすめです。

また、申し込み後にすぐ教材を利用できるので、短期間で合格を目指したい方にも向いています。

一方で、オンライン完結型のShikaku Passは、紙ベースの教材を利用して学習したい方や、書き込みをしながら学習したい方には向いていません。

さらに、合格実績を発表していないので、実績重視の方は不安に感じることもあるでしょう。

「Shikaku Passの基本情報技術者講座」は、スマホ学習を希望する方や短期間・短時間に合格を目指す方におすすめですが、テキストを使用してじっくり学びたい方にはおすすめできません。

試験合格に向けて、通信講座を有効活用するためにも、学習教材や内容が自分に合っているのか、事前に確認することをおすすめします。

Shikaku Passの基本情報技術者講座がおすすめの方

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

Shikaku Passの基本情報技術者講座の利用をおすすめできる方は、以下の通りです。

  • 隙間時間や通勤時間を活用して学習したい方
  • スマホ学習に抵抗がない方
  • すぐに資格に向けて学習を始めたい方

スマホ一つでインプット・アウトプット学習が完結できるShikaku Passの基本情報技術者講座は、勉強時間の確保が難しい社会人の方におすすめの通信講座です。

映像講義は短時間にまとめられているので、短い休憩時間や移動時間にも視聴でき、隙間時間を有効活用して学習を進められます。

忙しい社会人の方でも、隙間時間を組み合わせれば、学習量を確保でき、短期間でも十分な試験対策ができるでしょう。

また、インプット学習やアウトプット学習が全てオンラインで完結できるので、机に向かって勉強する必要もありません。

学習環境を整えるのが難しい方でも、受講しやすいのは、Shikaku Passのメリットといえるでしょう。

学習時間の捻出が難しく、受験を諦めていた方でも合格を目指せるおすすめの通信講座です。

隙間時間や通勤時間を活用して学習したい方

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

Shikaku Passの基本情報技術者講座は、短時間にまとめられた動画講義と、利便性の高いeラーニングを組み合わせて、隙間時間にも効率よく学習を進められます。

約5~20分前後に集約された動画講義は、短時間に集中して視聴できるので、通勤時間や移動時間など、空き時間を活用して、試験対策を進めたい方におすすめです。
また、オンライン完結型の学習教材を活用すれば、机に向かって学習する必要もありません。
時間・場所問わず、いつでも学習できるので、まとまった学習時間を確保できない方でも無理なく学習を継続できるでしょう。
スマホ学習に抵抗がない方

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

Shikaku Passは、スマホ一つで試験対策を完結したい方におすすめです

テキストを持ち運ぶ必要もないので、荷物を最小限に抑えたい方やいつでもどこでも手軽に勉強を始めたい方にも合っています。

また、Shikaku Passのeラーニングは、インプット・アウトプット学習だけでなく学習の進捗管理の機能も備わっています。

試験までに必要な情報をスマホで管理できるので、自己管理能力に不安がある方にも最適です。

スマホ学習に抵抗がない方や、普段からスケジュール管理をスマホで行っている方は、Shikaku Passの機能も有効活用でき、効率よく学習を進められるでしょう。

Shikaku PassのHPで講座詳細を見る

すぐに資格に向けて学習を始めたい方

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

申し込み直後から教材を利用できるShikaku Passの基本情報技術者講座は、すぐに学習を始めたい方におすすめです。

一般的な通信講座の場合は、申し込み後に教材の到着を待つ必要があり、すぐに学習を始められないのがデメリットです。

一方で、オンラインで申し込みが完結するShikaku Passであれば、教材の到着を待たなくても、必要なタイミングで始められます。

最速で資格を取得したい方も、即日学習を始められ、短期間・短時間で合格を目指せるでしょう。

Shikaku PassのHPで講座詳細を見る

Shikaku Passの基本情報技術者講座をおすすめできない方

Shikaku Passの基本情報技術者講座の利用をおすすめできない方は、以下の通りです。

  • 紙ベースの教材を利用して学習したい方
  • 合格実績を重視している方

Shikaku Passの学習教材は、オンライン完結型で利便性がよいメリットがある一方で、紙ベースの教材を利用して学習したい方には合っていない可能性があります。

また、オンライン教材には書き込みもできないので、メモをしたり、チェックを入れたりしながら学習教材を使いやすいようカスタマイズしたい方にも不向きです。

さらに、開講して間もない講座であり、実績が浅いことから、合格実績重視の方は不安に感じる部分もあるでしょう。

Shikaku Passの基本情報技術者講座は、学習教材の利便性・効率性が高いおすすめの通信講座ですが、紙ベースの学習教材で学びたい方や実績を見たい方にはおすすめできません。

効率よく学び、資格を取得するためにも、講座内容が合っているか事前にチェックしておきましょう。

紙ベースの教材を利用して学習したい方

Shikaku Passの学習教材は、オンライン完結型であり、テキストも全てeラーニングを利用して閲覧します。

時間や場所を問わず、効率よく学べるメリットがありますが、オンラインテキストに慣れていないと、使いにくさを感じることもあるでしょう。

紙ベースのテキスト学習に慣れている方や、書き込みをしながら学習したいと考えている方は、Shikaku Passの学習教材が合っていない可能性もあります。

学習教材が上手く活用できるのか不安に感じている方は、無料体験でオンライン教材の使い勝手を確かめておくといいでしょう。

合格実績を重視している方

Shikaku Passの基本情報技術者講座は、2023年にサービスを開始した通信講座であり、合格実績を公表していません。

指導実績や合格実績を重視する方は、不安に感じることもあるでしょう。

実績や評判が気になる方は、口コミや評判を参考にする方法があります。

実際に利用した方の声を聞くことで、安心して受講できるでしょう。

通信講座を有効活用し、短期間・短時間で効率よく試験合格を目指すためには、自分に合った通信講座選びが欠かせません。

講座内容や学習方法・カリキュラムの詳細を確認し、自分に合っているのか見極めることが大切です。

Shikaku PassのHPで講座詳細を見る

学研のオンライン資格講座Shikaku Passとは

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

オンライン資格講座Shikaku Passは、学習指導に実績のある株式会社Gakken LEAPがサービスを提供する通信講座です。

2023年6月21日にサービスを開始した新しい資格講座で、現在は基本情報技術者講座のほか、ファイナンシャルプランナーとITパスポート講座の計3講座を開講しています。

各講座の詳細は以下の通りです。

講座名 受講料
基本情報技術者講座 60,720円(税込)
月々5,060円(税込)×12回【分割払い】
ITパスポート講座 23,760円(税込)
ファイナンシャルプランナー講座
  • 3級:19,800円(税込)
  • 2級:40,920円(税込・キャンペーン価格)
  • 3級・2級パック:52,800円(税込・キャンペーン価格)

オンライン資格講座Shikaku Passでは、全ての講座が10万以下のリーズナブルな料金で受講できます。

また、インプット学習・アウトプット学習が全てオンラインで完結でき、隙間時間を利用して効率よく学習できるのが魅力です。

ITパスポート講座

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

ITパスポート講座は、基本情報技術者講座・ファイナンシャルプランナー3級に続き11月1日にリリースされた資格講座です。

初心者でも取得しやすいITパスポートの資格取得に向け、ITの基礎から丁寧に学べます

映像講義を担当するのは基本情報技術者講座と同じく、丸山講師です。

ITパスポート試験の参考書・問題集の監修にも携わる、資格指導のスペシャリストから質の高い講義を受けられるのがITパスポート講座の魅力といえます。

3講座の中で最も受講料が安く、コストパフォーマンスにも優れています。

Shikaku PassのHPで講座詳細を見る

ファイナンシャルプランナー講座

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

ファイナンシャルプランナー講座は、人気実力派講師の講義が受けられる通信講座です。

3級コース・2級コース・3級2級コースの3種類のコースがあり、自分のレベルや目標に適したコースを選択できるのが魅力です。

講義を担当する小田講師は、書籍の監修・執筆や、FP試験対策を発信する人気Youtubeチャンネルを運営しています。

初学者でも分かりやすい表現を使い、基礎から丁寧に解説してくれるので、専門知識がない方でも理解しやすく、無理なく学習が進められるでしょう。

学研のShikaku Passは、開講して間もない資格講座であり、現在は講座数も限られていますが、順次サービス・講座内容を拡充していくと発表しています。

Shikaku PassのHPで講座詳細を見る

Shikaku Passの基本情報技術者講座の受講手続きの流れ

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

Shikaku Passの基本情報技術者講座の受講申し込み手続きの流れは以下の通りです。

  1. 公式HPにて「お申し込み」「今すぐ学ぶ」をクリックする
  2. 申し込み講座の選択(基本情報技術者講座)する
  3. 「支払い方法を選択する」をクリックする
  4. 案内に従って決済する
  5. 申し込み完了後、受講開始

Shikaku Passの基本情報技術者試験講座は、公式HPから手軽に申し込みできます。

申し込み画面で、受講講座を選択後、決済を完了するだけで、すぐに講座が受講できます。

支払い方法は、クレジットカードとPayPalの2種類に対応、クレジットカードはVISA・MASTER・JCB・AMEXが使用可能です。

申し込みの注意点としては、Shikaku Passの利用にGakkenIDへの登録が必要なことです。

GakkenIDとは、株式会社Gakken LEAPが提供するサービスを利用するための会員IDサービスであり、無料で登録できます。

GakkenIDで利用できるサービスは以下の通りです。

GakkenMall 学研が発行する書籍や教材を購入できる公式オンラインショップ
GakkenGoodsGallery 学研が研究・開発した知育玩具や文具を購入できる公式セレクトショップ
学研のプライム講座 高校生向けの学習コンテンツ・サービス
マナビスタ プレゼントキャンペーンを実施する家庭学習応援サイト
キッズクラス 幼児向けデジタル教材
GakkenONAIR 授業が受講できるオンライン学習塾
こそだてまっぷ 子育ての情報を発信する子育て応援サイト
科学あそぶんだ研究所 科学を学ぶ会員制のオンラインコミュニティ
学研教室 学研のオンライン教室

(参考:株式会社Gakken LEAP公式HP)

GakkenIDを利用すれば、Shikaku Passの利用のほか、書籍や文具の購入など、公式オンラインショップの利用が可能です。

そのほかの講座に関しても、GakkenIDを利用してオンラインで手軽に申し込みできます。

基本情報技術者試験のおすすめスクール・通信講座ランキング

基本情報技術者試験におすすめのスクール・通信講座をランキング形式で紹介します。

会社名 コース名・受講料 特徴・フォロー体制
Shikaku Pass
  • 基本情報技術者講座:60,720円(税込)
    月々5,060円(税込)×12回【分割払い】
  • 実力派講師による分かりやすい映像講義
  • 最速合格を目指す学習カリキュラム
  • インプット・アウトプット・学習管理まで、スマホ一つで完結
  • 重要問題を厳選した過去問演習
スタディング
  • 【2023年+2024年合格目標】基本情報技術者合格者コース:36,800円(税込)
  • 【2023年+2024年合格目標】基本情報技術者初学者コース:43,800円(税込)
  • オンライン完結型の学習教材
  • リーズナブルな講座料金

【フォロー体制】

  • 学習フロー
  • 学習レポート
  • 学習仲間機能
フォーサイト
  • 【基本情報技術者スピード合格講座2024年度試験対策】スピード合格講座:35,800円(税込)
  • 最短2ヶ月で試験合格を目指せる短期集中型の学習カリキュラム
  • 分かりやすいフルカラーテキスト

【フォロー体制】

  • 質問制度
  • 個別カウンセリング
  • フォローメルマガ
アイテック
  • プレミアムコースIT初心者向け:37,950円(税込)
  • スタンダードコース:29,150円(税込)
  • プラクティスコース・模試付き:18,700円(税込)
  • 科目A免除突破コース・修了証付き:24,000円(税込)
  • 科目B試験対策コース:19,250円(税込)
  • 科目A免除+科目B試験対策コース・修了証付き:43,250円(税込)
  • 40年の指導実績があるIT資格指導のパイオニア
  • 科目A試験の免除制度が利用可能

【フォロー体制】

  • 質問回答サービス
TAC
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目A試験+科目B試験対策コース本科生プラス・Web通信講座+DL:78,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目A試験+科目B試験対策コース本科生プラス・DVD通信講座+DL:90,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目A試験+科目B試験対策コース本科生・Web通信講座+DL:62,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目A試験+科目B試験対策コース本科生・DVD通信講座+DL:72,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目A試験対策コース科目Aマスターコース・Web通信講座+DL:49,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目A試験対策コース科目Aマスターコース・DVD通信講座+DL:57,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目B試験対策コース科目Bマスターコース・Web通信講座+DL:36,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目B試験対策コース科目Bマスターコース・DVD通信講座+DL44,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】オプション講座アルゴリズムセット・Web通信講座+DL:26,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】オプション講座アルゴリズムセット・DVD通信講座+DL:29,500円(税込)
  • 自習室やスクーリングが利用可能
  • 豊富なコース選択

【フォロー体制】

  • スクーリング
  • 自習室利用
  • 質問制度
独習ゼミ
  • 総合コース:43,780円(税込)
  • 午前コース:27,280円(税込)
  • 科目A試験の免除制度が利用可能
  • 定評のある市販参考書とオリジナルテキスト
  • 316本の映像講義を組み合わせた網羅性の高いインプット学習

【フォロー体制】

  • 学習進捗管理
BizLearn
  • 【科目A免除制度対応】2024年度版「合格ナビ付」基本情報技術者試験総合対策コース:47,300円(税込)
  • 【科目A免除制度対応】2024年度版・基本情報技術者試験総合対策コース:36,300円(税込)
  • 科目A試験免除の合格率93%(2020年7月)の高い合格実績

【フォロー体制】

  • 担任チュータ制度
  • 学習進捗管理表

オンライン学習の充実度が高いShikaku Passスタディングは、学習の効率性が高く、最短合格を目指す方におすすめの通信講座です。

厳選された学習教材を活用し、合格に必要なポイントを無駄なく学習できます。

eラーニングの利便性が高く、隙間時間を活用して、無理なく学習を継続できるでしょう。

一方で、フォーサイト・アイテックは、eラーニングだけでなく、テキスト学習にも対応しています。

豊富な学習教材から、状況に応じ、最適な教材を選択できる点が魅力です。

TAC・独習ゼミ・BizLearnは、映像講義・問題演習など、各教材の学習量が多く、学習フォローも充実しています。

TACは、スクーリング制度も利用できるので、学習環境を整え、万全の体制で試験に臨みたい方に最適です。

試験に確実に合格するためには、各通信講座の学習スタイル・講座内容・費用・学習フォローの内容を比較し、自分に合った通信講座を選択しましょう。

効率よく学習し、最短ルートで合格を目指したい方におすすめなのがShikaku Passの基本情報技術者講座です。

利便性の高い学習教材と、厳選された学習カリキュラムを組み合わせ、短期間・短時間でも知識を習得できるでしょう。

Shikaku Passの基本情報技術者講座

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

受講料
  • 基本情報技術者講座:60,720円(税込)
    月々5,060円(税込)×12回【分割払い】
教材の特徴
  • 実力派講師による分かりやすい映像講義
  • 最速合格を目指す学習カリキュラム
  • インプット・アウトプット・学習管理まで、スマホ一つで完結
  • 重要問題を厳選した過去問演習
カリキュラム
  • レクチャー動画73本(合計:約17時間)
  • 過去問演習212問
  • 演習解説文144問
  • 演習解説動画68問分(合計:約6時間)
フォロー体制
  • 学習進捗管理
合格率
  • 公表なし
講師
  • 丸山紀代(まるやま・のりよ)講師/著書「この1冊で合格!丸山紀代のITパスポートテキスト&問題集」(KADOKAWA)
公式サイト https://shikakupass.com/fe/

基本情報技術者試験におすすめの通信講座は、Shikaku Passです。

厳選されたオンライン教材と最短合格を目指す学習カリキュラムを組み合わせ、効率性の高い試験対策ができます。

実力派講師が担当する映像講義は、分かりやすさはもちろん、短時間に集約されているので、隙間時間にも活用しやすいのが魅力です。

また、Shikaku Passでは、過去問を徹底的に分析し、試験に頻出するポイントや重要項目に的を絞って学習教材が作られています。

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

映像講義によるインプット学習と、厳選された過去問演習、さらに過去問の解説動画を繰り返すことで、合格に必要な知識を効率よく習得できます。

効率性重視の学習カリキュラムによって、勉強時間を大幅にカットでき、試験までに時間がない方でも十分に合格を目指せるでしょう。

効率性が非常に高く、短期間・短時間で合格が目指せるおすすめの通信講座です。

スタディングの基本情報技術者試験講座

(引用元:スタディング公式HP)

受講料
  • 【2023年+2024年合格目標】基本情報技術者合格者コース:36,800円(税込)
  • 【2023年+2024年合格目標】基本情報技術者初学者コース:43,800円(税込)
教材の特徴
  • オンライン完結型の学習教材
  • リーズナブルな講座料金
フォロー体制
  • 学習フロー
  • 学習レポート
  • 学習仲間機能
合格率
  • 公表なし
公式サイト https://studying.jp/kihonjoho/

Shikaku Passの次におすすめできる通信講座は、オンライン完結型の学習教材を提供するスタディングです。

インプット・アウトプット学習をスマホ一つで完結できるので、学習時間が限られている方でも効率よく試験対策ができます。

科目A・科目Bどちらの試験対策にも対応している合格コースは、36,800円(税込)と費用も安く、コスパ重視の方にもおすすめできます。

また、スタディングでは学習フローや学習レポートなど、進捗状況を確認できるツールが充実していることも特徴です。

サポートツールを有効活用することで、管理能力を高め、自宅学習でも計画的に試験対策を進められるでしょう。

フォーサイトの基本情報技術者通信講座

(引用元:フォーサイト公式HP)

受講料
  • 【基本情報技術者スピード合格講座2024年度試験対策】スピード合格講座:35,800円(税込)
教材の特徴
  • 合格点主義の学習教材・学習カリキュラムを組み合わせ、効率性の高い試験対策が可能
  • オリジナル学習ツール「ManaBun」を活用したオンライン学習
フォロー体制
  • 質問制度
  • 個別カウンセリング
  • フォローメルマガ
合格率
  • 公表なし
公式サイト https://www.foresight.jp/fe/

フォーサイトは、オンライン完結型のShikaku Pass・スタディングと異なり、冊子版のテキストを使って学習できます。

テキストは、フルカラーで図表を多用し、分かりやすさにこだわって作られています。

映像講義とテキスト学習を組み合わせれば、難解な内容も理解しやすく、初学者でもスムーズに学習を進められるでしょう。

また、フォーサイトでは質問制度やカウンセリングなど、個別指導も充実しています。

通信講座の利用や自己管理能力に不安がある方でも、学習サポートを利用することでモチベーションを維持しやすく、計画的に学習を進められるでしょう。

学習教材とサポートの充実度が高いフォーサイトは、eラーニングだけでは不十分に感じている方におすすめの通信講座です。

アイテックの情報処理技術者試験対策講座

(引用元:アイテック公式HP)

受講料
  • プレミアムコースIT初心者向け:37,950円(税込)
  • スタンダードコース:29,150円(税込)
  • プラクティスコース・模試付き:18,700円(税込)
  • 科目A免除突破コース・修了証付き:24,000円(税込)
  • 科目B試験対策コース:19,250円(税込)
  • 科目A免除+科目B試験対策コース・修了証付き:43,250円(税込)
教材の特徴
  • 40年の指導実績があるIT資格指導のパイオニア
  • 科目A試験の免除制度が利用可能
フォロー体制
  • 質問回答サービス
合格率
  • 公表なし
公式サイト https://www.itec.co.jp/examination/fe/

アイテックは長年IT系資格の指導に携わってきた、実力派の通信講座です。

書籍とeラーニングを組み合わせた学習が可能で、学習環境に合わせ、最適な学習方法を選択できます。

また、模試を実施しているので、試験前に知識の定着度をチェックし、直前対策も強化できるでしょう。

さらに、アイテックでは、科目A試験の免除制度が利用できるので、制度を有効活用し、効率よく資格を取得できます。

学習教材の充実度が高く、講座料金もリーズナブルなので、コスパを重視する方におすすめの通信講座といえるでしょう。

TACの基本情報技術者講座

(引用元:TAC公式HP)

受講料
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目A試験+科目B試験対策コース本科生プラス・教室講座+DL:84,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目A試験+科目B試験対策コース本科生・教室講座+DL:67,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目A試験対策コース科目Aマスターコース・教室講座+DL:53,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目B試験対策コース科目Bマスターコース・Web通信講座+DL:40,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目B試験対策コース科目Bマスターコース・DVD通信講座+DL44,000円(税込)
教材の特徴
  • 豊富なコース選択
  • 網羅性の高い学習教材と学習カリキュラム
フォロー体制
  • 自習室利用
  • 質問制度
校舎
  • 新宿校
合格率
  • 公式HPにて合格者の声を多数掲載
公式サイト https://www.tac-school.co.jp/kouza_joho/joho_crs_idx.html

TACは、通信講座と通学を組み合わせた、ハイブリッド学習が可能な通信講座です。

学習カリキュラムが充実し、基礎から丁寧に学べるので、IT資格の初学者でも無理なく学べます。

スクーリンク制度を利用すれば、講師の直接指導を受けたり、受験生と交流したりすることも可能です。

学習サポートが手厚く、モチベーションを高めながら、試験対策を進められるでしょう。

学習教材・カリキュラム・サポートの充実度が高いTACですが、受講費用が高いことはデメリットといえます。

自己管理能力に不安がある方や、基礎から丁寧に学びたい方におすすめできますが、コスパ重視の方は、そのほかの通信講座も併せて検討するといいでしょう。

独習ゼミの基本情報技術者試験対策コース

(引用元:独習ゼミ公式HP)

受講料
  • 総合コース:43,780円(税込)
  • 午前コース:27,280円(税込)
教材の特徴
  • 科目A試験の免除制度が利用可能
  • 定評のある市販参考書とオリジナルテキスト、316本の映像講義を組み合わせた網羅性の高いインプット学習
フォロー体制
  • 学習進捗管理
合格率
  • 81.3%(2022年度修了試験)
公式サイト https://www.seplus.jp/dokushuzemi/doku_zemi/

独習ゼミは、科目A試験の免除制度が利用できる通信講座です。

科目Aの免除試験合格率は83%と非常に高く、実績を重視する方にもおすすめできます。

教材との特徴としては、市販参考書とオリジナルテキスト、計316本の映像講義を組み合わせて、網羅性の高い試験対策ができます。

十分な学習量があり、初学者でも基礎から丁寧に学べるでしょう。

科目A試験を有効活用したい方や、網羅性の高い学習をしたい方におすすめです。

BizLearnの基本情報技術者試験対策通信講座

(引用元:BizLearn公式HP)

受講料
  • 【科目A免除制度対応】2024年度版「合格ナビ付」基本情報技術者試験総合対策コース:47,300円(税込)
  • 【科目A免除制度対応】2024年度版・基本情報技術者試験総合対策コース:36,300円(税込)
教材の特徴
  • 12ヶ月間の学習カリキュラムで試験範囲を網羅的に学習
  • 担任チュータによる個別指導が受けられる
フォロー体制
  • 担任チュータ制度
  • 学習進捗管理表
合格率
  • 科目A試験免除合格率93%(2020年7月)
公式サイト https://www.bizlearn.jp/

BizLearnは、科目A試験免除の合格率93%(2020年7月)の高い合格実績があり、カリキュラムに沿って学ぶことで、科目合格を着実に達成できる通信講座です。

映像講義や問題演習の学習量も多く、教材・カリキュラム共に充実しているので、集中して学習に取り組みたい方におすすめできます。

また、BizLearnでは、担任チュータによる学習サポートを受けられます。

学習の進捗状況管理や勉強方法の相談もできるので、長期間に及ぶ学習もモチベーションを高めて無理なく継続できるでしょう。

専門性の高いスキルが求められる基本情報技術者試験の勉強を効率よく進めるためには、映像講義の質や、教材の利便性が高いShikaku Passやスタディングがおすすめです。

冊子版のテキストとeラーニングを活用し、状況に応じて効率よく試験対策を進めたい方は、フォーサイトやアイテックが合っています。

TAC・独習ゼミ・BizLearnは、学習教材やサポートの充実度が高いことが特徴であり、学習期間や費用に余裕がある方におすすめです。

各通信講座の特徴を掴み、自分の学習スタイルに合った講座を選択することで、試験合格に向けた学習を無理なく継続できるでしょう。

基本情報技術者試験の学習が通学でできるスクール

基本情報技術者試験を通学スタイルで学習できる資格学校・スクールは以下の通りです。

会社名 コース名・受講料
TAC
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目A試験+科目B試験対策コース本科生プラス・教室講座+DL:84,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目A試験+科目B試験対策コース本科生・教室講座+DL:67,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目A試験対策コース科目Aマスターコース・教室講座+DL:53,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目B試験対策コース科目Bマスターコース・Web通信講座+DL:40,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目B試験対策コース科目Bマスターコース・DVD通信講座+DL44,000円(税込)
資格の大原
  • 2023年度受験対策(2023年4月~2024年3月受験対策)基本情報技術者科目Bアルゴリズム対策講義【映像通学】:16,700円(税込)

TACでは、科目A・Bに対応した総合コースと、科目別コースを開講しています。

網羅性の高い学習カリキュラムを活用して、初学者でも基礎から丁寧に学べるのが特徴です。

一方で、資格の大原では、映像通学による科目Bアルゴリズム対策講義を開講しています

映像通学は、自分のスケジュールに合わせ、無理なく学習を継続できるのがメリットです。

通学講座を開講する資格学校は限られていますが、自分に必要な講座が開講しているのか、通学範囲や予算も併せて確認しましょう。

TACの基本情報技術者講座

(引用元:TAC公式HP)

項目 内容
受講料
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目A試験+科目B試験対策コース本科生プラス・教室講座+DL:84,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目A試験+科目B試験対策コース本科生・教室講座+DL:67,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目A試験対策コース科目Aマスターコース・教室講座+DL:53,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目B試験対策コース科目Bマスターコース・Web通信講座+DL:40,000円(税込)
  • 【2024年上期合格目標・基本情報技術者】科目B試験対策コース科目Bマスターコース・DVD通信講座+DL44,000円(税込)
教材の特徴
  • 豊富なコース選択
  • 網羅性の高い学習教材と学習カリキュラム
フォロー体制
  • 自習室利用
  • 質問制度
校舎
  • 新宿校
合格率
  • 公式HPにて合格者の声を多数掲載
公式サイト https://www.tac-school.co.jp/kouza_joho/joho_crs_idx.html

TACの基本情報技術者講座は、初学者向けの本科生プラス、学習経験者向けの本科生、またA・B科目別コースの4種類のコースがあります。

自分のレベルや経験、目的に合わせてコースを選択できるので、無駄がなく、効率よくスキルを習得できるのがメリットです。

また、ビデオブースを利用した学習にも対応しています。

ビデオブースを利用した受講であれば、スケジュールを自由に変えられるメリットがあり、自宅とは違った学習環境で、集中して講義を受けられるでしょう。

さらに、TACのカリキュラムは、試験範囲を網羅的に学べる充実度の高い講座内容が魅力です。

初学者向けの本科生プラスを選択すれば、入門講義10回分を含めた全42回に及ぶ講義を受講できます。

基礎から丁寧に指導してもらえるので、初学者でも安心して学べるでしょう。

資格の大原の基本情報技術者講座

(引用元:資格の大原公式HP)

受講料
  • 2023年度受験対策(2023年4月~2024年3月受験対策)基本情報技術者科目Bアルゴリズム対策講義【映像通学】:16,700円(税込)
教材の特徴
  • 基礎講義によるインプット学習とWebテストによるアウトプット学習を組み合わせた学習カリキュラム
  • ミニテストや実力判定テストで習熟度を可視化できる
フォロー体制
  • 自習室の利用
校舎
  • 全国36校
合格率
  • 公表なし
公式サイト https://www.o-hara.jp/course/joho

資格の大原では、科目A合格者向けに、映像通学による科目Bアルゴリズム対策講義を開講しています。

映像通学スタイルのコースは、学習ブースで個別にビデオ講義を受講できるので、自分のペースやスケジュールに合わせて効率よく学習できるのがメリットです。

自宅では学習に集中できない方や、自己管理能力に不安がある方におすすめです。

資格の大原では、基本情報技術者の講義を教室での対面スタイルでは行っていません。

また、映像通学に関しても単科講座のみ、対象となっています。

科目A・Bどちらも対象とした総合コースを受講したい方は、Web通信を利用しましょう。

基本情報技術者試験の個別指導スクール

基本情報技術者試験の個別指導を受けられるおすすめのスクールは以下の通りです。

会社名 コース名・受講料
Tech Teacher
  • 授業料【学生教師コース】30分/3,980円(税込)
  • 授業料【社会人教師コース】30分/4,400円(税込)
Winスクール
  • プログラミングマスター/398,200円(税込)
  • プログラミングスペシャリスト/382,800円(税込)
  • プログラミングマスター+データベース/460,900円(税込)
  • 基本情報技術者言語問題対策/128,000円(税込)

Tech Teacherは、ITの個別指導に特化したスクールで、指導経験豊富な講師から、オンラインや自宅で、質の高いマンツーマン指導を受けられます。

Winスクールは、全国展開するパソコンスクールですが、オンラインでの個別指導にも対応してます。

コースを選択すれば、プログラミングの基礎から試験対策まで、カリキュラムに沿って段階的に学び、知識を習得できるのが魅力です。

Tech Teacherは、自宅やカフェで手軽に個別指導を受けたい方効率よく短期間で試験対策を進めたい方におすすめです。

一方で、基礎から丁寧に学び、ITスキルを総合的に身につけたい方は、Winスクールが合っています。

プロによる個別指導を受けたい方は、各スクールの特徴を比較し、自分の学習方法に合ったスクールを選択しましょう。

Tech Teacher

(引用元:Tech Teacher公式HP)

受講料
  • 授業料【学生教師コース】30分/3,980円(税込)
  • 授業料【社会人教師コース】30分/4,400円(税込)
教材の特徴
  • 科目A・科目Bの科目別指導が可能
  • 担当講師がオーダーメイドカリキュラムを作成し、目的や習熟度に合わせたレッスンが受けられる
フォロー体制
  • オーダーメイドカリキュラムの作成
  • 60分の無料体験授業
校舎
  • オンライン
  • 自宅・カフェ
合格率
  • 公表なし
公式サイト https://tech-teacher.jp/

Tech Teacherでは、試験対策の指導経験豊富な講師から、マンツーマンの個別指導が受けられます。

生徒へのヒアリングを基に、講師自らカリキュラムを作成し、最適な学習内容・スケジュールを提案してもらえるので、試験まで無駄なく、計画的に学習を進められます。

また、授業外でも、勉強方法や試験情報のアドバイスを受けられるのがメリットです。

受講スタイルはオンラインや自宅・カフェなど、自分の都合がよい場所を指定できます。

時間や場所問わず、試験対策を効率よく進められるので、短期間で試験合格を目指したい方独学に行き詰っている方におすすめです。

Winスクール

(引用元:Winスクール公式HP)

受講料
  • プログラミングマスター/398,200円(税込)
  • プログラミングスペシャリスト/382,800円(税込)
  • プログラミングマスター+データベース/460,900円(税込)
  • 基本情報技術者言語問題対策/128,000円(税込)
教材の特徴
  • ITエンジニアとして必要な情報処理技術の習得と、試験対策を組み合わせた学習カリキュラム
  • 豊富なコース選択(単科講座あり)
フォロー体制
  • 個別カウンセリング
  • 無料体験
校舎
  • 全国50箇所以上
合格率
  • 公表なし
公式サイト https://www.winschool.jp/

Winスクールは、全国各地に教室を持つ大手パソコン教室です。

初心者向けのパソコン指導から、プログラミング、資格指導まで、幅広い内容・レベルに対応しています。

基本情報技術者向けのコースは、プログラミングのマスター・スペシャリスト・マスター+データベースの3コースです。

マスターコースは、90分のレッスンが56回、計86時間に及ぶ個別のプログラミングレッスンを受講できます。

マンツーマンで基礎から丁寧に指導してもらえるので、IT初心者でも無理なくプログラミング技術が習得できます。

試験対策はもちろん、実務で活かせるスキルを習得できるのが魅力です。

学習カリキュラムの充実度が高く、個別カウンセリングなどのサポート体制も整っているので、自宅学習に不安がある方や、試験範囲を網羅的に学習したい方におすすめです。

基本情報技術者試験の科目A免除(午前免除)制度対応のおすすめ講座・e-ラーニング

基本情報技術者試験には、科目免除制度があります。

制度を利用すれば、科目Aの試験が免除され、効率よく資格を取得できますが、事前に対象講座の受講と修了試験の合格が必要です。

科目A免除の対象講座を開講するおすすめの通信講座・資格学校を紹介します。

学校名 コース・費用 特徴・フォロー体制
資格の大原
  • 2023年度受験対策(2023年4月~2024年3月受験対策)基本情報技術者・合格コース:67,900円(税込)
  • 2023年度受験対策(2023年4月~2024年3月受験対策)基本情報技術者・科目A対策講義・47,000円(税込)
  • 修了試験合格率81.0%(2022年下期受験対策認定対象コース)の高い合格実績
  • 試験範囲の網羅性が高いオリジナルテキスト
独習ゼミ
  • 総合コース:43,780円(税込)
  • 午前コース:27,280円(税込)
  • 科目A試験の免除制度が利用可能
  • 定評のある市販参考書とオリジナルテキスト、316本の映像講義を組み合わせた網羅性の高いインプット学習

【フォロー体制】

  • 学習進捗管理
BizLearn
  • 【科目A免除制度対応】2024年度版「合格ナビ付」基本情報技術者試験総合対策コース:47,300円(税込)
  • 【科目A免除制度対応】2024年度版・基本情報技術者試験総合対策コース:36,300円(税込)
  • 科目A試験免除の合格率93%(2020年7月)の高い合格実績

【フォロー体制】

  • 担任チュータ制度
  • 学習進捗管理表

資格の大原では、科目A免除制度に対応した単科講座と、科目B対策を組み合わせた合格コースを開講しています。

テキストの網羅性が高く、科目Aの修了試験はもちろん、科目Bの対策も充実しているのが特徴です。

独習ゼミは、5万円以下のリーズナブルな受講料で科目A免除・科目Bの試験対策ができます。

計316本にも及ぶ映像講義を活用して、隙間時間にも効率よく学習を進められます。

BizLearnは、科目A試験免除の合格率93%の高い合格実績を誇る通信講座です。

サポート体制の手厚く、初めて通信講座を利用する方でも安心して学べるでしょう。

科目A免除制度を有効活用するためには、自分の学習スタイルやスケジュール・予算に合った学校を選択することが大切です。

各資格学校・通信講座の特徴を紹介するので、参考にしてください。

基本情報技術者試験の科目A免除(午前免除)制度について

科目A免除(午前免除)制度とは、対象講座を受講し、試験合格などの認定基準を満たすことで、科目A試験が免除される制度です。

修了認定後1年間、科目A試験(午前試験)が免除されます。

科目A免除制度の認定条件は以下の通りです。

  • 情報処理推進機構(IPA)が認定する対象コースを受講し、修了試験までに68時間の学習時間を満たす
  • 修了試験の受験・合格

まずは、情報処理推進機構(IPA)が認定する対象コースを受講し、認定基準となる計68時間の講義を受講します。

講義受講後、修了試験の申し込み・受験を済ませ、合格基準を満たすことで、認定を受けられます。

各通信講座で、申し込み方法やカリキュラムが異なるので、制度を利用したい方は受講前に詳細を確認しておきましょう。

資格の大原

(引用元:資格の大原公式HP)

受講料
  • 2023年度受験対策(2023年4月~2024年3月受験対策)基本情報技術者・合格コース:67,900円(税込)
  • 2023年度受験対策(2023年4月~2024年3月受験対策)基本情報技術者・科目A対策講義・47,000円(税込)
教材の特徴
  • 試験範囲の網羅性が高いオリジナルテキスト
  • 講師陣の試験研究・分析によって作成されたオリジナル演習ドリル・ミニテスト・過去問題集を活用した充実度の高いアウトプット学習
フォロー体制
  • 自習室の利用
  • Webフォローサービス
合格率
  • 修了試験合格率81.0%(2022年下期受験対策認定対象コース)
公式サイト https://www.o-hara.jp/course/joho

資格の大原では、厳選された学習教材を使用して、科目Aの修了試験・科目B試験の合格に向けた効率性の高い試験対策が可能です。

合格コースは、科目A対策として、全16回の基礎講義で、ITの基本的なスキルと試験に頻出する重要項目を学びます。

講義を受講した後は、項目ごとに確認テストが実施されるので、自分の実力や苦手な箇所を確かめながら試験対策を進められるのが特徴です。

科目B対策は、学習カリキュラムに沿って、初級から上級まで、段階的に学習できます。

学習教材・カリキュラムの充実度が高く、基礎から丁寧に学習を進められるでしょう。

資格の大原は、学習教材の質が高く、初学者でも試験合格に必要な知識を無理なく習得できる通信講座です。

安定した高い合格実績もあるので、実績を重視して講座を選びたい方にもおすすめです。

BizLearn

(引用元:BizLearn公式HP)

受講料
  • 【科目A免除制度対応】2024年度版「合格ナビ付」基本情報技術者試験総合対策コース:47,300円(税込)
  • 【科目A免除制度対応】2024年度版・基本情報技術者試験総合対策コース:36,300円(税込)
教材の特徴
  • 12ヶ月間の学習カリキュラムで試験範囲を網羅的に学習
  • 担任チュータによる個別指導が受けられる
フォロー体制
  • 担任チュータ制度
  • 学習進捗管理表
合格率
  • 科目A試験免除合格率93%(2020年7月)
公式サイト https://www.bizlearn.jp/

BizLearnは、オンライン完結型の通信講座です。

講義の視聴から問題演習まで、時間・場所問わず隙間時間に効率よく学べます。

また、基本情報技術者試験総合対策コースは、12ヶ月の学習期間が設けられ、余裕を持って試験対策を進められるのが特徴です。

さらに、担任チュータによる個別指導があるので、自宅学習に不安がある方や初学者でも、モチベーションを維持し、計画的に学習を進められるでしょう。

学習カリキュラムや個別指導が充実したBizLearnの基本情報技術者講座は、学習サポートの充実度を重視する方におすすめです。

独習ゼミ

(引用元:独習ゼミ公式HP)

受講料
  • 総合コース:43,780円(税込)
  • 午前コース:27,280円(税込)
教材の特徴
  • 科目A試験の免除制度が利用可能
  • 定評のある市販参考書とオリジナルテキスト、316本の映像講義を組み合わせた網羅性の高いインプット学習
フォロー体制
  • 学習進捗管理
合格率
  • 81.3%(2022年度修了試験)
公式サイト https://www.seplus.jp/dokushuzemi/doku_zemi/

独習ゼミは、リーズナブルな費用で質の高い指導を受けられるおすすめの通信講座です。

市販教材と映像講義を組み合わせたインプット学習と、Webテストを繰り返し、着実に知識を定着できます。

また、学習管理機能が充実し、自宅でも計画的に学習を進められるのが魅力です。

午前免除修了条件達成確認機能を活用すれば、進捗状況や目標がすぐに確認でき、修了試験を意識しながら学習を進められるでしょう。

独習ゼミは、コストを抑えながらも自宅学習を計画的に効率よく進めたい方におすすめの通信講座といえます。

基本情報技術者資格とは?年収や資格が活かせる仕事を紹介

基本情報技術者の資格は、経済産業省が認定するITスキルの国家資格です。

システムエンジニアやプログラマーとして活躍するために必要な、ITの基礎知識を習得している証明となり、就職・転職でも役立ちます。

システム管理会社や一般企業の就職・転職のほか、フリーランスとして独立・開業も可能です。

基本情報技術者の資格内容や、求人・給料・年収を紹介しますので、資格取得を考えている方は参考にして下さい。

基本情報技術者とは

(引用元:スタディング公式HP)

システムエンジニアやプログラマーの登竜門といわれ、ITの専門知識・技術を習得できる国家資格です。

難易度が高い試験ですが、資格を取得すれば、IT業界での就職・転職に役立ちます。

IT業界で働いている方や、今後働く予定がある方など、基礎的なITスキルを持っている方が対象となる試験です。

同じくIT系資格の中には、ITパスポート試験があります。

情報処理技術者試験のレベル分けでは、ITパスポート試験がレベル1、基本情報技術者試験はレベル2に分類されています。

ITパスポート試験は、初めてIT資格の取得を目指す方が対象です。

一方で、レベル2に分類される基本情報技術者試験は、より専門的なスキルが求められます。

試験に合格するためには、ITの基礎スキルはもちろん、システムやソフトウェアの開発スキルや経営・マネジメントまで、幅広いスキルの習得が必要となるでしょう。

基本情報技術者は、IT系資格の中で難易度が高く、確実に資格を取得するためには、綿密な学習計画と徹底的な試験対策が求められます。

初学者でも効率よく資格取得を目指したい方は、通信講座を利用した試験対策がおすすめです。

「Shikaku Passの基本情報技術者講座」は、厳選された学習教材を使用して、短期間・短時間でも資格取得を目指せます。

基本情報技術者にはどのような求人がある?

(引用元:ユーキャン公式HP)

基本情報技術者の主な求人は、以下の通りです。

  • システムエンジニア
  • プログラマー
  • ネットワークエンジニア
  • アプリケーションエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • Webデザイナー
  • データサイエンティスト

基本情報技術者の求人は、多岐に渡り、IT業界で幅広く活躍できます。

主な就職先は、IT企業・ソフトウェアの開発会社・一般メーカーで、システムの開発や設計に携わります。

また、独立・開業し、フリーランスとして活躍する方法もあります。

基本情報技術者の資格は、さまざまな職種で活用でき、就職・転職先の選択肢も豊富です。

進化し続けるIT業界の中で、将来性がある資格といえるでしょう。

基本情報技術者の年収

基本情報技術者として、正社員雇用・フリーランスで働いた場合の年収は以下の通りです。

正社員雇用の場合 約350~600万円
独立・開業した場合(フリーランスSE) 約600~900万円

基本情報技術者の給料・年収は、職種や雇用形態、就職先によっても大きく異なりますが、正社員として雇用されて働く場合には、約350~600万円といわれています。

基本情報技術者資格を持っている方の平均的な年収は350~600万円程度と言われています。

(引用元:フォーサイト公式HP)

企業によっては、資格取得によって5,000~10,000円の資格手当てがもらえる可能性もあります。

また、独立・開業した場合には、さらに年収アップが期待できるでしょう。

一例として、システムエンジニア(SE)として独立した場合の年収を紹介します。

フリーランスSEの平均年収は600~900万円ほどが一般的です。月額にすると、45~85万円ほどになるため、正社員SEの月給は上回る傾向があります。

(引用元:コエテコキャリアbyGMO)

システムエンジニアとして独立・開業した場合は、1,000万円以上の年収を得る方もいます。

高収入が期待できる仕事であり、IT業界の発展に伴い、今後も需要が高まっていくと予想されます。

基本情報技術者の給料・年収は、職種や雇用形態によっても大きく異なりますが、安定した収入や高水準の給料・年収も期待できるでしょう。

基本情報技術者は取得する意味がない?合格を目指すメリット

(引用元:フォーサイト公式HP)

基本情報技術者の資格は、実践的なスキルが習得でき、就職・転職にも役立つ人気の資格ですが、意味がない、役に立たないという意見もあります。

理由としては、基本情報技術者が業務独占資格でなく、知識があれば実務に携われることが一因として挙げられます。

しかし、基本情報技術者の資格は有効活用すれば、スキルアップ・キャリアアップが期待でき、業務に直結する実用性のある資格です。

資格取得の価値は、資格取得の目的や活用方法次第ともいえます。

基本情報技術者の資格取得のメリット・デメリットを確認し、目的や必要性を確認しておきましょう。

基本情報技術者は役に立たない・時代遅れといわれる理由

基本情報技術者の資格が役立たない・時代遅れといわれるのは以下の3つの理由が考えられます。

  • 独占業務資格ではない
  • 資格取得者が多く、希少性が低い
  • 基本的な内容が多く、実務であまり使用しない内容も含まれる

まず、基本情報技術者の試験が、独占業務資格ではないことが挙げられます。

資格を取得していなくても、システムエンジニアやプログラマーとして活動できるので、知識・技術の習熟度によっては、資格が必要ないケースもあります。

基本情報技術者試験についても、「持っていなければ就職できない」ということはあまりありません。入社後に取得を勧められることはありますが、持っていないからといって就職・転職活動時にフィルターにかけられてしまうことはないでしょう。

(引用元:スタディング公式HP)

また、基本情報技術者は資格取得者が多く、希少価値が低いことも理由として考えられます。

就職・転職・キャリアアップで、ライバルと差別化が図れないこともあるでしょう。

さらに、試験内容においても、基本的な内容が多いので、専門性を高めるためには、上位資格の「応用情報技術者」の資格取得が合っている場合もあります。

基本情報技術者の試験は、今後IT業界で活躍するためには必要な資格ともいえますが、活用方法やレベルによっては資格を有効活用できない可能性があり、注意が必要です。

資格選択のミスマッチを防ぐためにも、自分のITスキルや今後のキャリアを考え、資格取得の必要性を見極めましょう。

基本情報技術者資格を持ってないSEが資格に向けて学習するメリット

(引用元:スタディング公式HP)

基本情報技術者資格を持ってないシステムエンジニア(SE)が資格取得を目指すメリットは以下の3点です。

  • 資格手当てやキャリアアップにつながる
  • 高度なIT資格を目指すための基盤となる
  • ITスキルの習熟度を確かめられる

基本情報技術者の資格を取得することで、会社から資格手当てや報奨金をもらえる場合があります。

企業によっては、基本情報技術者試験の合格者に対して資格手当を支給しているケースがあります。平均では5,000円の資格手当が支給されているようです。

(引用元:スタディング公式HP)

収入アップにつながることは、資格取得のメリットであり、キャリアアップにつながるきっかけにもなるでしょう。

また、今後「応用情報技術者」など、上位資格を目指すための知識・技術の基盤を作れることも資格取得のメリットといえます。

基本情報技術者試験は、あくまでIT関連の基礎的な内容を取り扱う試験です。試験対策の学習では知識を浅く広く、体系的に身につけることができます。身につけた知識は、どのIT業界で働くうえでもベースになるはずです。

(引用元:スタディング公式HP)

基礎固めを徹底しておくことで、今後の資格対策がスムーズに進められ、効率性の高い試験対策ができます。

さらに、自分のITスキルを可視化し、習熟度を確かめられるメリットもあります。

プログラミングへの理解を深めて、SEとしてのスキルを磨き、活躍の場を広げることも可能です。

基本情報技術者資格はSEの登竜門といわれている試験ですが、すでにSEとして活動している方にも、資格取得のメリットがあります。

今後のキャリアアップのためにも、資格取得の必要性は高いといえるでしょう。

大学生が就職のために基本情報技術者を取得するメリット

大学生が基本情報技術者の資格を取得すると、就職・転職で有利になります。

社会人と異なり、就業経験が少ない、もしくは全くない場合、就職時にアピールできる実績がありません。

しかし、資格を取得していれば基本的な知識・技術を習得している証明となるので、ライバルと差別化が図れます。

情報処理に関心を寄せていることを示す証明になるでしょう。求人において資格取得者を優遇している企業は少なくありません。

(引用元:スタディング公式HP)

大学生が基本情報技術者の資格取得すれば、就職活動でアピールポイントとなり、自信にもつながるでしょう。

基本情報技術者試験は転職に有利になる?

(引用元:スタディング公式HP)

基本情報技術者の資格は、就職だけでなく転職にも有利になります。

異業種からの転職を考えている方は、ITの基本的な知識・技術を習得している証明としても役立つでしょう。

特に、IT以外の業界からIT業界に転職する場合、基本情報技術者試験に合格しておくと好印象を与えます。また、実績や経験など条件が同じであれば、当然資格取得者のほうが優遇されるでしょう。

(引用元:スタディング公式HP)

同業での転職の場合にも、実績と資格を併せてアピールできるメリットがあります。

また、資格取得者を優遇する企業も多いので、就職先の選択肢を広げられる可能性もあり、転職においても資格を十分に活用できるでしょう。

就職・転職・キャリアアップに役立つ基本情報技術者の資格を効率よく、短期間で取得したい方は「Shikaku Passの基本情報技術者講座」がおすすめです。

オンライン完結型の学習教材を活用し、仕事・学業と両立しながら資格取得を目指せるでしょう。

基本情報技術者試験について解説

基本情報技術者の試験は2023年4月から通年で受験できるようになりました。

試験の実施方法は、CBT方式が採用され、全国各地の会場で受験が可能です。

また、試験科目は科目A・科目Bの2種類に分かれ、試験合格のためには各科目の合格基準を満たす必要があります。

科目Aに関しては、指定講座の受講と修了試験の合格で試験が免除になる制度を利用できます。

基本情報技術者試験は、2023年に試験実施方法の変更があるので、受験を希望する方は、申し込み方法や受験方法など、最新の試験情報を確かめておきましょう。

基本情報技術者試験の概要

基本情報技術者試験の試験概要は以下の通りです。

試験実施方法
  • CBT方式(Computer Based Testing)
試験期間
  • 通年
受験資格
  • 誰でも受験可能
試験時間/出題数
  • 科目A試験(四肢択一)
    試験時間:90分
    出題数:60問
  • 科目B試験(多肢択一)
    試験時間:100分
    出題数:20問
試験範囲 科目A
  • テクノロジ系
  • マネジメント系
  • ストラテジ系

科目B

  • アルゴリズムとプログラミング(擬似言語による出題)
  • 情報セキュリティ
受験料
  • 7,500円(税込)
合格基準
  • 科目A・科目Bともに1,000点満点中600点以上(IRT方式)

基本情報技術者試験は、2023年4月よりCBT方式(Computer Based Testing)を採用しています。

試験は通年で実施され、全国47都道府県で受験が可能です。

受験資格はなく、学歴や実務経験も問われません。

試験科目は科目A・科目Bに分かれ、それぞれ1,000満点中600点の基準を満たすことで合格できます。

科目Aは四肢択一の全60問、科目Bは多肢択一の全20問が出題されますが、試験内容や試験方式が異なるので、各科目に特化した試験対策が必要です。

令和5年度基本情報技術者試験の試験日

令和5年度の基本情報技術者試験は、各会場で随時実施されています。

全国47都道府県の試験会場では、それぞれ実施回数や開催状況が異なるので、事前に確認が必要です。

注意点は、科目A・科目Bは同日受験が必須であり、別日に受験ができないことです。

以前は、科目A・科目Bが午前試験・午後試験に分かれ、別日での受験も可能でしたが、2023年以降は対応していないので、注意しましょう。

2023年4月からの基本情報技術者試験の申し込み方法

基本情報技術者試験は、オンラインで申し込みをします。

CBT-Solutionsの受験者ポータブルサイトを利用した申し込み方法を採用し、郵送や窓口での申し込みには対応していません。

申し込み手順は以下の通りです。

  1. CBT-Solutionsの受験者ポータブルサイトにて利用者ID(マイページアカウント)・パスワードの設定
  2. マイページにログインし、試験会場・試験日時・受験料の支払い方法を選択

試験の申し込みには、利用者IDの作成が必要です。

利用者IDは、試験の申し込みのほか、試験結果の確認や試験会場・日時の変更、その他資格試験の受験時にも利用します。

また、試験の申し込みは、受験申し込み月から起算して3ヵ月後まで選択可能です。

基本情報技術者試験は、全国の会場で通年実施されていますが、会場ごとで開催状況が異なります。

確実に受験したい方は、学習の進捗状況やスケジュールと合わせながら、早めに申し込みを済ませておくといいでしょう。

基本情報技術者の価値が下がるといわれた2023年4月の試験制度の変更点

(引用元:スタディング公式HP)

基本情報技術者試験は2023年4月に試験制度を大きく変更しました。

基本情報技術者の価値が下がるといわれた主な変更点は以下の通りです。

  • 試験の通年実施
  • 採点方法をIRT方式に変更・合格基準の変更
  • 試験時間の短縮化・試験問題数の変更

試験方法としての大きな変更点は、試験が通年実施になったことです。

以前は年2回の開催でしたが、1年を通して、いつでも受験が可能となりました。

また、採点方法はIRT方式を採用し、合格基準は、科目A・Bともに共通の600点以上の合格ラインが設けられました。

さらに、科目A・Bの試験の出題数が減り、試験時間が約30%削減されています。

出題範囲や割合も変更があり、従来の試験と比べて内容が大きく変化しています。

試験の通年実施

以前は、上期・下期の一定期間、年2回実施されていた基本情報技術者試験が、通年開催に変更されました。

ITパスポート試験と同様に、いつでも受験できるようになり、合格しやすくなったという意見が多くみられます。

いつでも受験できて、試験時間と問題が減り、科目 B 試験(変更前の午後試験)の問題が短くなるのですから、受験しやすく合格しやすい試験に変わると言えます。

(引用元:独習ゼミ公式HP)

スケジュールや学習状況に合わせ、手軽に受験できるようになったメリットがある一方で、受験者数が増え、資格の希少性が低くなる可能性は十分にあるでしょう。

採点方法をIRT方式に変更・合格基準の変更

以前は、素配点式が採用されていましたが、2023年4月より、IRT方式へと変更されました。

また、合格基準も100点満点中60点以上から、1,000満点中600点以上に変わっています。

IRT方式の採用により、試験の通年開催が可能となり、試験を短期間に複数回受験することが可能になりました。

従来試験は年 2 回の受験に限定されていたものが、受験日が 30 日後から再受験可能になり、大きくハードルが下がりました。

(引用元:独習ゼミ公式HP)

試験の終了後、再申し込みができるので、以前のように次回の試験日まで待つ必要がありません。

合格できなかった受験者も、再受験しやすくなり、試験に挑戦する機会が増えたことで、受験のハードルが大きく下がりました。

そして、結果的に合格者の増加につながることが「資格の価値が下がる」といわれる理由と考えられます。

試験時間の短縮化・試験問題数の変更

科目A・科目Bの試験時間・問題数の変更点は以下の通りです。

科目 変更前 変更後
科目A
  • 試験時間:150分
  • 出題数:80問
  • 試験時間:90分
  • 出題数:60問
科目B
  • 試験時間:150分
  • 出題数:11問(選択問題あり)
  • 試験時間:100分
  • 出題数:20問

トータルの試験時間が300分から190分と大幅に短縮されました。

また、科目A・科目Bがどちらも小問形式となり、大問の選択問題が廃止された点も大きな変更点です。

変更前の問題と比べて大幅に短くなっていて、大幅に解きやすくなっています。アルゴリズムとプログラミングの問題を苦手としている受験者にとって、これは正に朗報です。

(引用元:独習ゼミ公式HP)

試験時間や出題数がコンパクト化された一方で、全問必須化によって、網羅性が高い試験勉強が必要になりました。

基礎知識が総合的に習得できるメリットはありますが、専門性が身につきにくいという指摘もあります。

基本情報技術者の試験は、2023年4月から試験内容が大幅に変更され、最新の試験情報を基にした対策が求められています。

価値が下がったという意見がある一方で、通年開催により受験できる機会が増え、試験対策やスケジュールを調整し、最適な状態で受験できるようになったことは、メリットといえます。

受験を考えている方は、最新の試験情報をチェックし、効率よく試験対策を進めていきましょう。

最新の試験傾向を踏まえ、短期間・短時間の試験対策で合格を目指したい方は「Shikaku Passの基本情報技術者講座」がおすすめです。

効率性の高い学習教材・学習カリキュラムを活用して、最短ルートで合格を目指せるでしょう。

基本情報技術者試験に合格するとすごい?試験は難しすぎる?難易度を解説

(引用元:フォーサイト公式HP)

基本情報技術者の試験は、情報技術者試験のなかで「レベル2」に位置付けられています。

レベル1に相当するITパスポート検定と比較して難易度は高く、レベル3の応用情報技術者よりも取得しやすい試験です。

合格率は、約20~30%を推移していましたが、2021年以降は40%以上の合格率を記録しています。

合格率は以前と比べて上昇しているものの、試験合格のためには、長時間に及ぶ試験対策が必要であり、綿密な学習計画と最新の試験情報を基にした対策が欠かせません。

基本情報技術者の試験は、合格率が低く、長時間に及ぶ試験対策が必要なことから、難易度が高い試験といえるでしょう。

基本情報技術者試験の合格率

基本情報技術者試験の合格率は、例年約20~30%を推移していましたが、2021年以降は40%前後の合格率を記録しています。

過去5年間の合格率は以下の通りです。

年度 合格率
令和元年下期 28.50%
令和2年下期 48.10%
令和3年上期 41.90%
令和3年下期 40.10%
令和4年上期 39.58%
令和4年下期 35.64%
令和5年4月 56.39%
令和5年5月 54.73%
令和5年6月 52.53%
令和5年7月 49.57%

(参考:IPA情報処理推進機構)

2023年4月に試験制度が改訂されてから、合格率がさらに上昇し、50%を超えています。

しかし、徐々に合格率が下がり、7月の試験では、再び改訂前の40%台に戻ってきたので、今後も合格率は下がる可能性があります。

引き続き徹底した試験対策が必要でしょう。

基本情報技術者試験2023年はどうだった?簡単になった?2023年度の合格率

2023年度4月以降の合格率は、改訂前と比較して大幅に上昇しました。

改訂前(2022年)・改訂後(2023年)の合格率を比較しました。

年度 合格率
改訂前 2022年上期 39.58%
2022年下期 35.64%
改訂後 2023年4月 56.39%
2023年5月 54.73%
2023年6月 52.53%
2023年7月 49.57%

(参考:IPA情報処理推進機構)

試験制度改訂前の2022年下期に35.64%だった合格率は、改訂直後の2023年4月に約20%上昇しました。

50%を越す高い合格率は、2023年6月まで3ヶ月間継続しています。

合格率の数字だけを追うと、難易度が下がったといえますが、試験範囲の変更や選択問題が廃止され、全問回答になったことを踏まえると、油断せずに、新制度に合った試験対策を進めていく必要があるでしょう。

基本情報技術者試験の勉強時間

(引用元:スタディング公式HP)

基本情報技術者試験に必要な勉強時間は、約200時間といわれています。

基本情報技術者試験の合格に必要な勉強時間は、200時間程度が目安といわれています。ただし、これはITの基礎知識がない場合の目安です。

(引用元:ユーキャン公式HP)

既にITスキルをある程度習得している方や、実務経験がある方は、50~100時間程度の学習時間で合格を目指せる場合もあります。

一方で、IT初心者や基礎知識がない方は、200時間以上必要な場合もあり、学習方法やレベルによって差があります。

短時間に効率よく資格を習得したい方は、通信講座の利用がおすすめです。

「Shikaku Passの基本情報技術者資格取得講座」は、オンライン完結型の学習教材で、隙間時間を活用し、効率よく試験対策を進められます。

短期間・短時間で集中的に試験対策を進めたい方におすすめです。

Shikaku Passの基本情報技術者講座に関するよくある質問

Shikaku Passの基本情報技術者講座に関するよくある質問をまとめました。

  • 基本情報技術者試験2023年の難易度は?
  • 無料で利用できる基本情報技術者のeラーニング学習はある?
  • 応用情報技術者は取得しても意味ない?

資格や講座選択の参考にしてください。

基本情報技術者試験はオンライン受験が可能?

基本情報技術者は、CBT方式の受験方法であり、全国の会場で受験が可能です。

自宅でのオンライン受験には対応していません。

2023年4月以降、CBT方式が採用され、全国47都道府県で随時試験が受けられるようになりました。

会場ごとで開催状況が異なりますが、受験を希望する場合は、事前申し込み等、必要な手続きを忘れずに行いましょう。

基本情報技術者試験2023年の難易度は?

基本情報技術者試験は、2023年4月に試験制度が改定して移行、40~50%台の合格率を推移し、以前と比較して10%以上の合格率の上昇がみられます。

改訂前(2022年)・改訂後(2023年)の合格率は、以下の通りです。

年度 合格率
改訂前 2022年上期 39.58%
2022年下期 35.64%
改訂後 2023年4月 56.39%
2023年5月 54.73%
2023年6月 52.53%
2023年7月 49.57%

(参考:IPA情報処理推進機構)

合格率として比較すると、難易度が下がったといえますが、合格率は改訂直後をピークに徐々に下降しています。

今後も、合格率が下がり続け、従来の40%前後の水準に戻る可能性もあるでしょう。

確実に合格するためには、最新の試験情報に沿った受験対策が必要です。

無料で利用できる基本情報技術者のeラーニング学習はある?

(引用元:Shikaku Pass公式HP)

基本情報技術者のeラーニングを無料で利用するには、通信講座の無料体験を受講する方法があります。

継続的に利用することはできませんが、通信講座選びにも役立ちます。

Shikaku Passの基本情報技術者講座では下記の講義を無料で視聴できます。

  • コンピュータ構成要素
  • システム構成要素
  • ソフトウェア
  • ハードウェア

各講義の視聴時間は約10~20分、プロ講師による質の高い講義を受けられます。

講義受講後には、項目別の演習問題にも挑戦できます。

無料で講義を視聴したい方や、通信講座選びでお悩みの方は、通信講座の無料体験を有効活用し、自分に合った学習教材を選択しましょう。

Shikaku Passは、eラーニングの動画講義・問題演習を無料で体験できるおすすめの通信講座です。

プロ講師による分かりやすい解説で、初心者でも無理なく知識を習得できるでしょう。

応用情報技術者は取得しても意味ない?

応用情報技術者の資格は、意味がないという意見がありますが、スキルアップ・キャリアアップに役立つなど、取得するメリットが多くあります。

資格を取得すれば、情報処理における高度な技術を身につけている証明となり、就職・転職やキャリアアップにも直結するでしょう。

一方で、独占業務資格ではないことや、資格取得までに長時間に及ぶ学習時間が必要であり、難易度が高いことから、難しすぎる、取得しても意味がないという意見もみられます。

応用情報技術者の試験は、レベル3に位置付けられ、基本情報技術者と比較して難易度が高い試験です。

合格率は20%台を推移し、試験合格のためには長時間に及ぶ試験対策が必要です。

活用方法次第では、仕事やキャリアアップに結びつかず、費用対効果が低いと感じることもあります。

資格取得前に、目的や活用方法を明確にし、自分のレベルに合った資格を選択すれば、資格取得後も習得した知識・スキルを有効活用できるでしょう。

Shikaku Passの基本情報技術者講座の評判・口コミ:まとめ

Shikaku Passの基本情報技術者講座の詳細は以下の通りです。

受講料
  • 基本情報技術者講座:60,720円(税込)
    月々5,060円(税込)×12回【分割払い】
特徴
  • 実力派講師による分かりやすい映像講義
  • 最速合格を目指す学習カリキュラム
  • インプット・アウトプット・学習管理まで、スマホ一つで完結
  • 重要問題を厳選した過去問演習
カリキュラム
  • レクチャー動画73本(合計:約17時間)
  • 過去問演習212問
  • 演習解説文144問
  • 演習解説動画68問分(合計:約6時間)
フォロー体制
  • 学習進捗管理
講師
  • 丸山紀代(まるやま・のりよ)講師/著書「この1冊で合格!丸山紀代のITパスポートテキスト&問題集」(KADOKAWA)
公式サイト https://shikakupass.com/fe/

Shikaku Passの基本情報技術者講座はeラーニングを利用して、効率性の高い学習ができる通信講座です。

  • 人気講師の講義で学習できる
  • eラーニングを利用してすきま時間に効率よく勉強できる
  • カリキュラムに沿って進めると短期合格が目指せる

指導経験豊富な人気講師による動画講義は、合格に必要なポイントを分かりやすく、明確に理解できます。

また、動画講義だけでなく、機能面が充実したeラーニングを活用すれば、勉強の効率性も最大限に高められるでしょう。

さらに、短期集中型の学習カリキュラムに沿って学べば、最短ルートで合格を目指せることも魅力です。

Shikaku Passの基本情報技術者講座は、短期集中型の学習カリキュラムと利便性の良いeラーニングを活用して、効率よく知識を習得できる通信講座です。

効率性の高い学習で短期合格を目指す方や、スマホ学習中心で通信講座を選択したい方にもおすすめできます。

徳永浩光

キャリアコンサルタントの国家資格を所有しています。実際に資格取得で役に立った情報をお届けしていきますので、これから資格取得を考えているあなたの手助けができれば幸いです。

マイベストプロ掲載ページ

キャリコンサーチ掲載ページ

徳永浩光をフォローする
[PR]
◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
おすすめの資格や通信講座を比較|マイナビニュース資格
タイトルとURLをコピーしました