PR通信講座

フラワーアレンジメント資格のおすすめは?通信講座や費用も紹介!

[PR] 本ページはプロモーションが含まれています。

「フラワーアレンジメントの資格を取得したい」

「フラワーアレンジメントの資格におすすめの通信講座を知りたい」

フラワーアレンジメントとは、花を飾ったり、ブーケ・リースにアレンジしたり、花を楽しむための技術です。

資格がなくても始められるので、初めての方でも気軽に挑戦できます。

しかし、知識や技術がない状態では、バランス良くアレンジし、花を綺麗な状態で管理するのが難しい場合もあります。

資格を取得して専門的な技術・技法を身につけることで、フラワーアレンジメントをより楽しめるようになり、活動の幅も広げられるでしょう。

この記事では、フラワーアレンジメントの資格やおすすめの資格講座・費用について紹介します。

合わせて、フラワーアレンジメントの仕事内容や資格取得が向いている方も紹介するので、フラワーアレンジメントに興味がある方はぜひ参考にしてください。

フラワーアレンジメントの資格を短期間で効率よく取得したい方には、通信講座がおすすめです。

SARAスクール諒設計アーキテクトラーニングの講座であれば、6ヶ月の講座受講で2種類のフラワーアレンジメント資格を取得できます。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

SARAスクールの評判はこちら

◆記事公開後も情報の更新に努めていますが、最新の情報とは異なる場合があります。(更新日は記事上部に表示しています)◆本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。

徳永浩光
【キャリアコンサルタント】

【キャリアコンサルタントとして経験を活かし、キャリア関してのサイトの監修】

国家資格キャリアコンサルタント所持。キャリア支援の観点から、理想のキャリアや働き方を実現するためのヒントとなる情報を発信。

マイベストプロ掲載ページ
キャリコンサーチ掲載ページ

  1. フラワーアレンジメントにおすすめの資格9選
    1. フラワーアレンジメントデザイナー
    2. プリザーブドフラワーデザイナー
    3. フラワーデザイナー
    4. プリザーブドフラワーライセンス
    5. フラワーカラーコーディネーターライセンス
    6. フラワーカラー検定
    7. フローリスト検定
    8. FADA認定資格
    9. フラワー装飾技能士
  2. フラワーアレンジメントの資格の取り方は?
    1. 独学でフラワーアレンジメント資格を取得する
    2. 通信講座でフラワーアレンジメント資格を取得する
    3. スクールでフラワーアレンジメント資格を取得する
  3. フラワーアレンジメントの資格取得にかかる費用は?
  4. フラワーアレンジメントの資格を取得するメリット
    1. フラワーアレンジメントのスキルが短期間で効率よく身に付けられる
    2. フラワーアレンジメント関連の就職で有利になる
    3. 自宅でスクールを開講できる
  5. フラワーアレンジメントにおすすめの通信講座
    1. SARAスクール・フラワーアレンジメント講座
    2. 諒設計アーキテクトラーニング・フラワーアレンジメントW資格取得講座
    3. ユーキャン・フラワーアレンジメント講座
    4. FDAフラワースクール
  6. 【地域別】フラワーアレンジメントにおすすめの教室
    1. 関東エリア
    2. 関西エリア
  7. 料金が安いフラワーアレンジメントの教室は?
  8. フラワーアレンジメント資格の通信講座の口コミ
  9. フラワーアレンジメントの資格取得が向いている方
    1. フラワーアレンジメントに関係する仕事に就きたい方
    2. 花や自然が好きな方
    3. 手先が器用な方
  10. フラワーアレンジメントの仕事内容
    1. フラワーデザイナーとして働く
    2. フローリストとして働く
    3. アレンジメントフラワーの教室を開く
  11. フラワーアレンジメントの資格に関するよくある質問
    1. フラワーアレンジメントの国家資格とは?
    2. 趣味で楽しめる花資格は?
    3. 取得する費用が安いフラワーアレンジメントの資格は
    4. フラワーアレンジメントの資格は独学でも取れる?
    5. フラワーアレンジメントの試験対策本はある?
  12. まとめ

フラワーアレンジメントにおすすめの資格9選

フラワーアレンジメントにおすすめの資格は以下の9種類です。

フラワーアレンジメントにおすすめの資格9選
  • フラワーアレンジメントデザイナー
  • プリザーブドフラワーデザイナー
  • フラワーデザイナー
  • プリザーブドフラワーライセンス
  • フラワーカラーコーディネーターライセンス
  • フラワーカラー検定
  • フローリスト検定
  • FADA認定資格
  • フラワー装飾技能士

フラワーアレンジメント資格の中で、特におすすめなのが「フラワーアレンジメントデザイナー」です。

フラワーアレンジメントの基礎知識から技術・技法の実践的な内容まで、幅広く学べます。

初心者でも挑戦しやすく、通信講座を利用すれば短期間で資格が取得できます。

フラワーアレンジメントに関連する資格は種類が多いので、どの資格が自分にとって必要なスキルを習得できるのか、事前に確認しておきましょう。

フラワーアレンジメントデザイナー

(引用元:日本デザインプランナー協会)

フラワーアレンジメントデザイナーは、日本デザインプランナー協会(JDP)の認定資格です。

フラワーアレンジメントの基礎知識・花材の扱い方・切り分け方・アレンジのテクニックなど、基礎から応用まで幅広い知識を習得できます。

フラワーアレンジメントデザイナー認定試験の試験内容は以下の通りです。

  • フラワーアレンジの基礎/フラワーアレンジメントとは/花材の見分け方/用具の種類/花をケアする/花の取り合わせ/水あげとは
  • アレンジのテクニック/花材の扱い方/花材の切り分け方/花材のため方/花留め/茎を曲げる/伸ばす/葉に動きを出す/形/色/バランス
  • ブーケ/リース/コサージュ/グリーンのアレンジ/アレンジの応用/実もののアレンジ/ツルのアレンジ/植物以外でアレンジ/プリザードフラワー/ウェディング

(引用元:日本デザインプランナー協会公式HP)

基礎から丁寧に学べるので、フラワーアレンジメントに初めて挑戦する方でも取り組みやすく、短期間で効率よく資格取得を目指す方にもおすすめです。

資格取得後は、フラワーアレンジメント講師として自宅教室も開けます。

フラワーアレンジメントの知識・技術を幅広く習得できることから、フラワーアレンジメントに関する活動の幅を広げたい方に最適の資格といえるでしょう。

フラワーアレンジメントデザイナーの資格試験概要は以下の通りです。

主催団体 日本デザインプランナー(JDP)
受験資格 特になし
受験料 10,000円(税込)
受験方法 在宅受験(実技試験なし)
合格基準 正答率70%以上
試験日程 年6回
サイトURL https://www.designshikaku.net/syumi/flower/

(参考:SARAスクール公式HP)

フラワーアレンジメントデザイナーの資格試験は、在宅受験が可能です。

試験は年6回(2・4・6・8・10・12月)実施されているので、勉強の進捗状況に合わせて受験しやすく、短期間で資格取得を目指せます。

「SARAスクールのフラワーアレンジメント講座」は、最短2ヶ月で合格が目指せる資格講座です。

最短ルートで効率よく資格を取得したい方や、仕事や家事・育児の合間に勉強したい方にもおすすめです。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

プリザーブドフラワーデザイナー

(引用元:日本インストラクター技術協会)

プリザーブドフラワーデザイナーは、日本インストラクター技術協会(JIA)の認定資格です。

プリザーブドフラワーの基礎知識・花器の選定方法と配色・アレンジのテクニックなど、生花とは違うプリザーブドフラワーの専門知識と技術を習得できます。

プリザーブドフラワーデザイナー試験の試験内容は以下の通りです。

  • プリザーブドフラワーとは/生花との違い/色相環/同色系の組み合わせ/反対色の組み合わせ/ミックスの組み合わせ/パステルカラーの組み合わせ/高さのバランス/花器のもつ印象/ブーケとは/基本のブーケの作り方/ラッピングの手順/リボンの結び方/リースとは/リースの土台/リースの作り方〈生花〉/リースの作り方〈ドライ〉/リースの作り方〈キャンドル入り〉/コサージュとは/ワイヤリング/テーピング/まとめ方

(引用元:日本インストラクター技術協会公式HP)

資格取得後は、講師として活動ができるので、自宅で教室を開講したい方や作品の展示・販売を予定している方にもおすすめの資格です。

プリザーブドフラワーデザイナーの資格は「SARAスクールのフラワーアレンジメント講座」で取得できます。

プリザーブドフラワーデザイナーの資格試験概要は以下の通りです。

主催団体 日本インストラクター技術協会(JIA)
受験資格 特になし
受験料 10,000円(税込)
受験方法 在宅受験(実技試験なし)
合格基準 正答率70%以上
試験日程 年6回
サイトURL https://www.jpinstructor.org/shikaku/flower/

(参考:SARAスクール公式HP)

プリザーブドフラワーデザイナーの資格試験は、在宅受験が可能です。

実技試験はなく、試験には教材の持ち込みも許可されているので、落ち着いて試験が受けられるでしょう。

資格を取得するには、通信講座の卒業課題を提出する方法もあります。

「SARAスクールのフラワーアレンジメント講座」は、フラワーアレンジメントデザイナー・プリザーブドフラワーデザイナーの2つの資格が同時に取得できます。

フラワーアレンジメントの知識を幅広く習得し、資格を仕事に活かしたい方におすすめです。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

フラワーデザイナー

(引用元:日本フラワーデザイナー協会)

フラワーデザイナーは、日本フラワーデザイナー協会(NFD)が認定する、50年以上の歴史ある資格です。

花の「植生」を大切にし、花が好きな人々にフラワーデザインを普及させることや知識・技術のスキルアップを目標にしています。

1級~3級に分かれ、初めてフラワーデザインを学ぶ方から上級者の方まで、幅広いレベルに対応しています。

昭和42年に始まって以降、多くの合格者を輩出していることから、知名度が高い試験です。

フラワーデザイナーの資格試験概要は以下の通りです。

主催団体 日本フラワーデザイナー協会(NFD)
受験資格 【1級】
  • 1級フラワー装飾技能士の有資格者
  • NFD2級正会員として在籍・2級合格後に必須科目30単位以上を履修

【2級】

  • 2級フラワー装飾技能士の有資格者
  • NFD3級正会員として在籍・3級合格後に必須科目20単位以上を履修

【3級】

  • 特になし
受験料
  • 学科2,200円(税込)
  • 実技18,700円~29,700円(税込)
受験方法 会場受験
試験日程 6月~11月(開催場所によって異なる)

(参考:日本フラワーデザイナー協会公式HP)

フラワーデザイナー認定には試験合格の後に、協会への入会と登録が必要です。

体系的なカリキュラムで知識や技術を幅広く習得できるので、資格取得後、活動の幅を広げて、講師として活動したい方におすすめの資格です。

プリザーブドフラワーライセンス

(引用元:フラワーデコレーター協会)

フラワーデコレーター協会が認定する、プリザーブドフラワーとカラーコーディネートの知識・技術を習得する資格です。

アレンジの技法や技術だけでなく、配色テクニックやイメージワードなど色の組合せを大切にした表現豊かなアレンジメントが学べます。

資格取得後は、フラワーデコレーター協会の登録校・登録教室として教室の開講も可能です。

プリザーブドフラワーライセンスの資格試験概要は以下の通りです。

1級 2級
主催団体 フラワーデコレーター協会(FDA)
受験資格 FPF2級対応レッスン課題修了者 FPF2級対応レッスン課題修了者
受験料
  • 10,080円(税込)
  • 認定登録料:17,510円(税込)
  • 年会費:6,600円(税込)
  • 7,840円(税込)
  • 認定登録料:14,250円(税込)
  • 年会費:6,600円(税込)
試験内容
  • 理論試験:30分
  • 実技試験:45分(アレンジメント製作)60分(ブーケ製作)
  • 理論試験:30分
  • 実技試験:45分

(参考:フラワーデコレーター協会公式HP)

資格取得のためには、理論試験と実技試験どちらにも合格する必要があります。

資格取得後に、自宅でフラワーアレンジメント教室を開きたい方やカラーコーディネートに関する専門知識を習得したい方におすすめです。

フラワーカラーコーディネーターライセンス

(引用元:フラワーデコレーター協会)

フラワーカラーコーディネーターライセンスは、フラワーデコレーター協会が認定する資格です。

資格取得者は、フラワーカラーのスペシャリストとして認定されます。

色彩の基本理念から、贈り主のイメージにあわせたフラワーアレンジメント作りやウェディングのトータルコーディネートなど多方面で活用できる実践的な知識も習得できます。

ウェディング業界で活躍したい方、フラワーアレンジメントを中心とする会場やテーブルコーディネートの知識・技術を身につけたい方におすすめの資格です。

フラワーカラーコーディネーターライセンスの資格試験概要は以下の通りです。

1級 2級
主催団体 フラワーデコレーター協会(FDA)
受験資格
  • FCC所定課題履修修了者
  • FCC2級取得後半年以上
  • FCC所定課題履修修了者
受験料
  • 12,520円(税込)
  • 認定登録料:22,000円(税込)
  • 11,000円(税込)
  • 認定登録料:33,000円(税込)
  • 年会費:13,200円(税込)
試験内容
  • 理論試験
  • 実技試験
  • 理論試験
  • 実技試験

(参考:フラワーデコレーター協会公式HP)

ウェディング業界で活躍したい方、フラワーアレンジメントを中心とする会場やテーブルコーディネートの知識・技術を身につけたい方におすすめの資格です。

フラワーカラー検定

(引用元:フラワーデコレーター協会)

フラワーカラー検定は、フラワーカラーアドバイザーとして認定されるために必要な資格です。

花の色彩に関する専門知識を学び、フラワーアレンジメントやガーデニングのカラーアドバイスができるスキルを習得します。

フラワーカラー検定の資格試験概要は以下の通りです。

主催団体 フラワーデコレーター協会(FDA)
受験資格 特になし
受験料
  • 6,800円(税込)
  • 合格証発行料:5,800円(税込)
  • 年会費:4,180円(税込)
受験方法 在宅受験(実技試験なし)

(参考:フラワーデコレーター協会公式HP)

在宅受験が可能で、受験資格は特にないので、初めてフラワーカラーを学ぶ方やフラワーアレンジメントのスキルアップを目指す方にもおすすめです。

フローリスト検定

(引用元:フラワーデコレーター協会)

フローリスト検定は、フラワーショップや冠婚葬祭の生花に関連する基本的な知識と技術が習得できる資格です。

フラワーショップでの基本的な仕事内容を理解するフローリスト5級から、パーティー用のアレンジメント技術を養う1級まで、レベル別・目的別に5つの等級に分かれています。

フローリスト検定の資格試験概要は以下の通りです。

主催団体 フラワーデコレーター協会(FDA)
受験資格 特になし
受験料
  • 1級/5,190円(税込)
  • 2級/3,050円(税込)
  • 3級/5,190円(税込)
  • 4級/4,170円(税込)
  • 5級/3,050円(税込)
受験方法
  • 会場受験(1・2級)
  • 在宅受験(3・4・5級)

(参考:フラワーデコレーター協会公式HP)

フローリスト検定は、課題に沿った実技の提出課題があります。

フローリストとしての基礎知識や実践的な内容をどちらも学べるので、フラワーショップでの仕事やウェディング業界での就職を考えている方にもおすすめです。

FADA認定資格

(引用元:FLOWERアート&デザイン協会)

FADA認定資格は、FLOWERアート&デザイン協会の認定資格です。

レベル別に初級・中級・上級・プロフェッショナルⅠ・プロフェッショナルⅡに分かれ、ステップアップしながら、フラワーアレンジメントの知識と技術を習得します。

他の資格と異なり、試験がなく、認定スクールのカリキュラムを受講することで資格が取得できます。

FADA認定資格の資格試験概要は以下の通りです。

レベル 初級 中級 上級 プロフェッショナルⅠ プロフェッショナルⅡ
主催団体 FLOWERアート&デザイン協会
受験資格 特になし 一段階前の資格を取得していること
認定料 15,000円 20,000円 25,000円 30,000円 30,000円

(参考:FLOWERアート&デザイン協会)

資格を取得するためには、認定スクールでの受講料と各等級の認定料が必要です。

受講料は、各スクールで料金が異なるので事前に確認しましょう。

資格取得後は講師として活動できるので、教室を開きたい方や自分のレベルに合わせてステップアップしながら丁寧に学びたい方におすすめの資格です。

フラワー装飾技能士

(引用元:中央職業能力開発協会)

フラワー装飾技能士は、花の装飾に関連する唯一の国家資格です。

花の装飾に関わる知識だけでなく、維持・管理方法や植物一般にまつわる知識まで、幅広い知識とフラワーアレンジメントの技術が問われます。

フラワー装飾技能士の試験の詳細は以下の通りです。

主催団体 厚生労働省
受験資格 【1級】
  • 実務経験7年以上
  • 2級合格後2年以上・3級合格後4年以上の実務経験

【2級】

  • 実務経験2年以上
  • 3級合格者

【3級】

  • 特になし
受験料
  • 学科試験:3100円(税込)
  • 実技試験:18200円(税込)
受験方法 会場受験
合格基準
  • 実技試験60点以上
  • 学科試験65点以上
試験日程
  • 前期実技試験:6月中旬~9月上旬
  • 前期学科試験:7月末~9月上旬
  • 後期実技試験:11月下旬~翌年2月下旬
  • 後期学科試験:翌年1月末~2月中旬

(参考:中央職業能力開発協会公式HP)

試験は1級~3級まであり、2級以上を受験するには実務経験が必要になります。

1級は、合格率が50%前後で難易度が高い試験です。

学科試験・実技試験のどちらも合格する必要があり、フラワーアレンジメント資格の中でも難易度の高さはトップクラスといえます。

フラワー装飾技能士は、厚生労働省が認定する資格であり、資格を取得することで講師活動や作品作りにおける信用度も高まるでしょう。

フラワーアレンジメントの資格の取り方は?

フラワーアレンジメントの資格を取得するには以下の3つの方法があります。

  • 独学でフラワーアレンジメント資格を取得する
  • 通信講座でフラワーアレンジメント資格を取得する
  • スクールでフラワーアレンジメント資格を取得する

独学では、費用を抑えながら学べますが、試験傾向の把握が難しく、試験勉強に時間がかかってしまう可能性があります。

通信講座は、費用を抑えながら、自宅で自分のペースに合わせて学べるのがメリットです。

短期間で学べる講座もあり、効率よく資格が取得できます。

スクールは、3つの方法の中で最も費用が高額ですが、講師から直接指導してもらえることで技術・技法が習得しやすいでしょう。

また、スクールでは取得できる資格や場所・人数が限られてしまうので、目的や状況によっては、受講が難しい場合があります。

費用を抑えながらも、仕事や家事・育児と両立しながら効率よく資格を取得したい方には、通信講座の利用がおすすめです。

それぞれのメリット・デメリットを踏まえて、予算や自分の生活に合った学習方法を選ぶと無理なく勉強が継続できるでしょう。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

独学でフラワーアレンジメント資格を取得する

独学のメリットは、費用が抑えられることや自分のペースで無理なく勉強が進められることです。

本や動画など、勉強のためのツールが充実しているため、自分に合った学習方法を選択できます。

一方でデメリットは、取得できる資格が限られてしまうことや分からない箇所を気軽に質問できないこと、自分の実力や上達度が見えにくいことです。

フラワーアレンジメント資格の大半は民間資格であり、取得の条件に通信講座やスクールの受講が必要となるケースもあります。

例えば、フラワーデコレーター協会が認定するプリザーブドフラワーライセンスは、受験資格としてレッスンの課題を修了する必要があり、独学では受験できません。

独学では、取得できる資格の種類も限られてしまうので、幅広い選択肢の中から自分に合った資格を選択したい方は、通信講座の受講を検討するといいでしょう。

通信講座でフラワーアレンジメント資格を取得する

(引用元:SARAスクール公式HP)

通信講座は、テキストや動画を活用しながら自宅で手軽にフラワーアレンジメントが学べます。

SARAスクールのフラワーアレンジメント講座では、最短2ヶ月の講座受講で資格を取得できます。

短期間・短時間に集中して学びたい方や仕事や育児・家事を両立しながらすきま時間を有効活用したい方にもおすすめです。

取得できる資格の種類も豊富で、自分に必要な技術や知識を効率よく取得できるでしょう。

通信講座によっては、添削指導や質問制度を利用できるので、講師から個別に指導を受けることも可能です。

フラワーアレンジメントを初めて学ぶ方や、趣味にも仕事にも活かせる資格が欲しい方は「SARAスクールのフラワーアレンジメント講座」「諒設計アーキテクトラーニングのフラワーアレンジメントW資格取得講座」がおすすめです。

講座を受講することで2つの資格を同時に取得でき、多方面で活用できます。

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

スクールでフラワーアレンジメント資格を取得する

動画やテキストの解説では不安な方や、講師の直接指導を受けたい方にはスクールがおすすめです。

スクールでは、知識の習得はもちろん技術に関しても直接見て学べるメリットがあります。

また、お花や道具の準備が必要なく、教室に行けばすぐにレッスンを始められるので、初めてフラワーアレンジメントに挑戦する方でも学びやすいでしょう。

スクールに通えば、同じ目標に向かって勉強する仲間ができるメリットもあり、レッスンを通してよい刺激を受けながら自分の技術が磨けます。

スクールの場所によっては通うのが難しいというデメリットもありますが、サポートを受けながら学びたい方や同じ趣味や目標を持つ仲間を作りたい方にもおすすめです。

フラワーアレンジメントの資格取得にかかる費用は?

フラワーアレンジメントの資格取得にかかる費用は、取得する資格の種類や勉強スタイルによって大きく異なります。

独学・通信講座・専門スクールに通う場合の相場は以下の通りです。(試験受験料を含む)

学習スタイル 費用(試験受験料込み)
独学 約1~3万円
通信講座 約5~40万円
専門スクール 約100万円~

独学の場合、必要な費用はテキスト代と試験の受験料のみです。

試験受験料の相場は約5,000円~20,000円で、資格によっても異なります。

各資格試験の受験料は以下の通りです。

資格名 受験料
フラワーアレンジメントデザイナー
  • 10,000円(税込)
プリザードフラワーデザイナー
  • 10,000円(税込)
フローリスト検定(1級~5級)
  • 3,050円~5,190円(税込)
フラワー装飾技能士
  • 学科試験:3100円(税込)
  • 実技試験:18200円(税込)

テキストと試験受験料を合わせても、費用は約1万円~2万円で済むでしょう。

一方で、通信講座は動画講義とテキスト、受験料がセットになったコースが一般的です。

フラワーアレンジメントにおすすめの通信講座の費用は以下の通りです。

学校名 費用
SARAスクール フラワーアレンジメント資格取得講座
  • 基本コース:59,800円(税込)
  • プラチナコース:79,800円(税込)
諒設計アーキテクトラーニング フラワーアレンジメントW資格取得講座
  • 基本講座:59,800円(税込)
  • スペシャル講座:79,800円(税込)
ユーキャン

現在休講中

  • フラワーアレンジメント講座/38,000円(税込)
FDAフラワースクール
  • フラワーデコレーター講座1級コース/407,000円(税込)
  • フラワーデコレーター講座2級コース/275,000円(税込)
  • フラワーデコレーター講座1級+2級コース/418,000円(税込)
  • プリザーブドフラワー講座1級/198,000円(税込)
  • プリザーブドフラワー講座2級/198,000円(税込)
  • プリザーブドフラワー講座1級+2級/330,000円(税込)

【オプション講座】

  • フラワーカラーコーディネーター1級講座/198,000円(税込)
  • フラワーカラーコーディネーター2級講座/198,000円(税込)
  • アーティフィシャルフラワー講座/110,000円(税込)
  • フローリスト検定対応講座/132,000円(税込)

取得できる資格数・資格の種類・学習教材の充実度によって費用は異なりますが、相場は約4万円~8万円です。

FDAフラワースクールでは、約20万円~40万円の費用が必要ですが、キャンペーンを利用して10万円以下で受講できるオプションコースもあります。

スクールに通う場合、カルチャスクールに通う場合と専門スクールに通う場合で費用が異なります。

専門スクールでは、100万円以上必要とするスクールが大半です。

フラワーアレンジメントコースを開講するスクールの費用例を紹介します。

【JFTD学園:日本フラワーカレッジ】

(引用元:JFTD学園日本フラワーカレッジ公式HP)

費用の種類 金額
入学金 110,000円(税込)
教育施設充実費 110,000円(税込)
授業料 528,000円(税込)
実習費及び実験費 715,000円(税込)
合計 1463,000円(税込)

(参考:JFTD学園:日本フラワーカレッジ公式HP)

スクールで学ぶメリットは、講師から直接指導が受けられることや道具・生花の準備が必要ないこと、就職支援までのトータルサポートがあることですが、一方で費用は高額です。

フラワーアレンジメントの資格を取得するには、どの勉強方法を選択するかによって費用が大きく異なります。

自分の予算に合った学習方法を選択することで、無理なく勉強が継続できるでしょう。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

フラワーアレンジメントの資格を取得するメリット

フラワーアレンジメントには、資格は必須ではありません。

しかし、フラワーアレンジメントの技術を上げるには専門の知識や技法を学び、習得する必要があります。

資格を取得するメリットは以下の3点です。

  • フラワーアレンジメントのスキルが短期間で効率よく身に付けられる
  • フラワーアレンジメント関連の就職で有利になる
  • 自宅でスクールを開講できる

フラワーアレンジメント技術は、市販の本や動画でも学べますが、自分に必要な情報を集めるには時間がかかります。

資格を取得するために勉強すれば、短期間で必要な知識が効率よく学べるメリットがあります。

また、フラワーアレンジメントの資格を取得していれば、必要な知識や技術が身についている証明となって、就職にも有利です。

取得する資格によっては、自宅でスクールを開講できるでしょう。

フラワーアレンジメントの資格を取得することは、効率よく技術を身に付け、スキルアップや活動の幅を広げられるメリットがあります。

資格を取得するべきかお悩みの方は、取得することでどのようなメリットがあるのか事前に把握しておきましょう。

フラワーアレンジメントのスキルが短期間で効率よく身に付けられる

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

フラワーアレンジメントの技術は、本や動画で学べます。

しかし、フラワーアレンジメントの技術といっても、さまざまな技法や技術があり、全てを独学で学ぶには限界があります。

また、基本的な知識が身についていない状態では、思うようにアレンジできなかったり、お花を綺麗な状態で保てなかったりする可能性もあるでしょう。

テキストがわかりやすくまとまっていたので、フラワーアレジメントのノウハウをわかりやすく取得することができました。パーティーから自宅での様々なアレジメント方法や花材の選び方など楽しんで学べました。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

通信講座を利用して資格を取得した方の口コミからも、資格取得を目指すことで、フラワーアレンジメントのノウハウが効率よく身につくことが分かります。

短期間でも、ポイントを押さえて、必要な知識や技術が着実に習得できるでしょう。

諒設計アーキテクトラーニングのフラワーアレンジメント講座では、初心者でも最短2ヶ月で資格取得が可能です。

フラワーアレンジメントの基礎知識から、実践的な技法まで学べる学習カリキュラムで、必要な知識や技術が効率よく習得できます。

特にフラワーアレンジメントに初めて挑戦する方や、植物に関連する知識がない方はまずは資格取得がおすすめです。

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

フラワーアレンジメント関連の就職で有利になる

フラワーアレンジメントの資格を取得することは、専門的な知識や技術を習得している証明になります。

資格を取得することでアピールポイントとなり、就職に有利になるでしょう。

また、講師として活動したい方や作品を発表・販売するときにも、有資格者の肩書きがあることで信頼感につながります。

SARA スクールジャパンで学んだことが、仕事でいかされています。今後は お花と アロマ を融合させた癒しサロンを開きたいと考えています。

(引用元:SARAスクール公式HP)

資格を取得した方の口コミからも、仕事に活かせる実践的な知識を習得できることが分かります。

SARAスクールで取得できる「フラワーアレンジメントデザイナー」と「プリザーブドフラワーデザイナー」の資格は、資格取得後にフラワーアレンジメント講師としても教室を開講できます。

フラワーアレンジメントの分野で活躍したい、活動の場を広げたいと考えている方も資格取得がおすすめです。

自宅でスクールを開講できる

取得する資格によっては、フラワーアレンジメントの講師として活動が可能になり、自宅教室を始められます。

主に、自宅にて、生花、プリザーブドフラワー、クラフト等の教室を開講しています。特に、「育児中で、受講したいけど時間の都合をつけにくい。でもストレス解消や、リフレッシュのため、お花のレッスンを受けたい」という方の希望を叶えようと、できるだけ日程や時間を合わせて、お子様同伴でもできる教室を。と、心がけています。

(引用元:FDAフラワースクール公式HP卒業生・活躍者の声)

自宅だけでなく、カルチャースクールや出張スクールなど、さまざまな場所でフラワーアレンジメントの技術を教えられるようになるでしょう。

自宅開業を考えている方は、知識や技術を確実に取得し、資格を有効活用するためにも、取得する資格の種類や取得方法をよく検討するといいでしょう。

フラワーアレンジメントにおすすめの通信講座

各通信講座の費用と取得できる資格・講座内容・学習期間を比較し、おすすめのフラワーアレンジメントの通信講座4選をランキング形式でご紹介します。

学校名 費用 取得できる資格 学習期間
SARAスクール
  • フラワーアレンジメント資格取得講座
  • 基本コース:59,800円(税込)
  • プラチナコース:79,800円(税込)
  • 日本デザインプランナー協会「フラワーアレンジメントデザイナー資格」
  • 日本インストラクター技術協会「プリザーブドフラワーデザイナー資格」
  • 6ヶ月(最短2ヶ月)
諒設計アーキテクトラーニング
  • フラワーアレンジメントW資格取得講座
  • 基本講座:59,800円(税込)
  • スペシャル講座:79,800円(税込)
  • 日本デザインプランナー協会「フラワーアレンジメントデザイナー資格」
  • 日本インストラクター技術協会「プリザーブドフラワーデザイナー資格」
  • 6ヶ月(最短2ヶ月)
ユーキャン

現在休講中

  • フラワーアレンジメント講座/38,000円(税込)
  • なし
  • 12ヶ月(最長18ヶ月)
FDAフラワースクール
  • フラワーデコレーター講座1級コース/407,000円(税込)
  • フラワーデコレーター講座2級コース/275,000円(税込)
  • フラワーデコレーター講座1級+2級コース/418,000円(税込)
  • プリザーブドフラワー講座1級/198,000円(税込)
  • プリザーブドフラワー講座2級/198,000円(税込)
  • プリザーブドフラワー講座1級+2級/330,000円(税込)

【オプション講座】

  • フラワーカラーコーディネーター1級講座/198,000円(税込)
  • フラワーカラーコーディネーター2級講座/198,000円(税込)
  • アーティフィシャルフラワー講座/110,000円(税込)
  • フローリスト検定対応講座/132,000円(税込)
  • プリザーブドフラワーライセンス
  • フラワーカラーコーディネーター
  • フラワーデコレーター
  • フローリスト検定
  • 12ヶ月(最短10ヶ月)

「SARAスクールのフラワーアレンジメント講座」は、フラワーアレンジメントの2つの資格が短期間で取得できるおすすめの講座です。

講座を受講することで、フラワーアレンジメントの基礎から効率よく学習し、初心者でも無理なく資格取得が目指せるでしょう。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

SARAスクール・フラワーアレンジメント講座

(引用元:SARAスクール公式HP)

最短2ヶ月で「フラワーアレンジメントデザイナー資格」と「プリザーブドフラワーデザイナー資格」の資格が取得できる講座です。

講座名 SARAスクール・フラワーアレンジメント講座
取得できる資格
  • 日本デザインプランナー協会「フラワーアレンジメントデザイナー資格」
  • 日本インストラクター技術協会「プリザーブドフラワーデザイナー資格」
費用
  • 基本コース:59,800円(税込)
  • プラチナコース:79,800円(税込)
教材
  • ガイドブック
  • 学習テキスト01・02
  • 練習問題集/解答
  • 模擬試験/解答
  • 添削課題(5回分)
  • 卒業課題(プラチナコースのみ)
サポート
  • 回数無制限の質問サポート
  • 添削指導
学習期間
  • 6ヶ月(最短2ヶ月)
サイトURL https://www.saraschool.net/syokubutsu/flower/

フラワーアレンジメントデザイナーに必要な、フラワーアレンジメントの基礎知識を学び、日常のインテリアやイベント・式典に合わせたアレンジメントの技術・技法を習得できます。

更に、プリザーブドフラワーデザイナーの資格取得に向けて、生花とは異なるプリザーブドフラワーの扱い方を学び、ブーケやリース作りの実践的な内容も学べるでしょう。

フラワーアレンジメントデザイナーとプリザーブドフラワーデザイナーの試験内容は以下の通りです。

フラワーアレンジメントデザイナー
  • フラワーアレンジの基礎/フラワーアレンジメントとは/花材の見分け方/用具の種類/花をケアする/花の取り合わせ/水あげとは
  • アレンジのテクニック/花材の扱い方/花材の切り分け方/花材のため方/花留め/茎を曲げる/伸ばす/葉に動きを出す/形/色/バランス
  • ブーケ/リース/コサージュ/グリーンのアレンジ/アレンジの応用/実もののアレンジ/ツルのアレンジ/植物以外でアレンジ/プリザードフラワー/ウェディング
プリザーブドフラワーデザイナー プリザーブドフラワーとは/生花との違い/色相環/同色系の組み合わせ/反対色の組み合わせ/ミックスの組み合わせ/パステルカラーの組み合わせ/高さのバランス/花器のもつ印象/ブーケとは/基本のブーケの作り方/ラッピングの手順/リボンの結び方/リースとは/リースの土台/リースの作り方〈生花〉/リースの作り方〈ドライ〉/リースの作り方〈キャンドル入り〉/コサージュとは/ワイヤリング/テーピング/まとめ方

(引用元:日本デザインプランナー協会・日本インストラクター技術協会公式HP)

フラワーアレンジメントデザイナーとプリザーブドフラワーデザイナーは、試験範囲が幅広く、フラワーアレンジメントの総合的な知識・技術の習得が必要不可欠です。

SARAスクールでは、試験の網羅性が高いテキスト学習と、練習問題や模擬試験を利用したアウトプット学習をバランスよく行うことによって、試験合格の実力を身につけられるでしょう。

SARAスクールのフラワーアレンジメント講座では、基本コース・プラチナコースの2種類のコースが選択できます。

基本コース・プラチナコースの違いは、試験免除システムの有無です。

(引用元:SARAスクール公式HP)

基本コースは講座終了後に、自分で試験を受ける必要がありますが、プラチナコースでは、卒業課題を提出することで試験が免除されます。

(引用元:SARAスクール公式HP)

講座の受講から資格取得まで含まれたオールインワンカリキュラムで、短期間に効率よく資格を取得したい方や確実に資格を取得したい方におすすめです。

また、SARAスクールでは、通信講座でもスムーズに学習を進められるよう「質問制度」と「添削指導」の2つの学習サポートを用意しています。

質問制度は、メール・郵送どちらにも対応していて、回数も無制限なので、分からないことがあったらすぐに確認できるのがメリットです。

更に、計5回の添削指導では自分の実力や苦手な部分を見える化できるので、フィードバックを活かし、試験合格に必要な知識を習得できるでしょう。

SARAスクール・フラワーアレンジメント講座は、短期間でフラワーアレンジメントの2資格が取得できます。

フラワーアレンジメントを初めて学ぶ方にもおすすめで、趣味を充実させたい方も仕事のスキルアップを目指す方も資格を取得することで活躍の場を広げられるでしょう。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

諒設計アーキテクトラーニング・フラワーアレンジメントW資格取得講座

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

1日30分程度の学習で「フラワーアレンジメントデザイナー資格」と「プリザーブドフラワーデザイナー資格」の資格が取得できる講座です。

講座名 諒設計アーキテクトラーニング・フラワーアレンジメントW資格取得講座
取得できる資格
  • 日本デザインプランナー協会「フラワーアレンジメントデザイナー資格」
  • 日本インストラクター技術協会「プリザーブドフラワーデザイナー資格」
費用
  • 基本講座:59,800円(税込)
  • スペシャル講座:79,800円(税込)
教材
  • 完全攻略テキスト
  • 練習問題集/解答集
  • 模擬試験/解答集
  • 添削課題(5回分)
  • 卒業試験(プラチナコースのみ)
サポート
  • 回数無制限の質問サポート
  • 添削指導
学習期間
  • 6ヶ月(最短2ヶ月)
サイトURL https://www.designlearn.co.jp/flower/

諒設計アーキテクトラーニングのフラワーアレンジメントW資格取得講座なら、すきま時間を利用して、最短2ヶ月、初心者でも約6ヶ月の学習期間で無理なく資格取得が目指せます。

引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP

講座で利用するテキスト・問題集・添削課題はフラワーアレンジメント専門家「原口光恵先生」が監修しています。

初心者でも分かりやすい解説で、フラワーアレンジメントの基礎から実践的な技術・技法の応用編まで総合的に学び、習得できるでしょう。

講座内容は以下の通りです。

フラワーアレンジの基礎 フラワーアレンジとは/花材の見分け方/一年中手に入る丈夫な花々/花材のチェックポイント/用具の種類/花バサミ/花ハサミの使い方/フローリストナイフ/選ぶチェックポイン/フローリストナイフの使い方/花器/花器の手入れの方法/洗いにくい花器の洗い方/花留め/剣山/その他の用具/花をケアする/花を長持ちさせる/つぼみを咲 かせる/花びらが傷んだら/傷んだ花びらのとり方/花の取り合わせ/花材の分類を知る/水あげ/なぜ水あげが必要か/水あげを使い分ける/水あげ前にすること
アレンジのテクニック 花材の扱い方/日表と日裏/花材の持ち方/花材の置き方/花材の切り方/切り分け実例/花材のため方/花留め/留め木/茎を曲げる伸ばす/茎の曲げ方/葉に動きを出す/葉をしならせる/葉をカールさせる
アレンジの実践 ラウンド(半球形)/トライアングル/ホリゾンタル/ダイヤモンド/ファンシェイプ/バーティカル/Lライン/Y字形/インクライン/スクリーン/トライシメトリカル/V字形/ハートシェイプ/カラーハーモニー/色相環/同色系の組み合わせ/反対 色の組み合わせ/ミックスの組み合わせ/パステルカラーの組み合わせ/高さのバランス/花器のもつ印象/ブーケ/ブーケとは/基本のブーケの作り方/ラッピングの手順/リボンの結び方/リースとは/リースの土台/リースの作り方 〈生花〉 /リースの作り方〈ドライ〉/リースの作り方〈キャンドル入り〉/コサージュ/コサージュとは/ワイヤリング/テー ピング/まとめ方
アレンジの応用 爽やかなグリーンのアレンジ/華やかなグリーンのアレンジ/キャンドルとグリーンのアレンジ/熟れる前の実を使った涼しげなアレンジ/淡い反対色とツルで印象的なアレンジ/果物を使ったアレンジ/ツルのアレンジ/ツルを使った動きのあるアレンジ/プリザーブドフラワー/プリザーブドフラワーとは/生花との違い/箱に詰めるアレンジ/ウェディ ングブーケ/キャスケードブーケの作り方/ヘアオーナメント/ブートニア

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

仕事や作品作りに活かせる実践的なテクニックまで、幅広い知識と技術を習得できることが講座の特徴です。

また、諒設計アーキテクトラーニングでは、試験の取得方法が異なる2種類の講座が選択できます。

基本講座・スペシャル講座それぞれの資格取得方法は以下の通りです。

基本講座
  • 学習
  • 添削
  • 卒業
  • 試験申し込み
  • 試験
  • 資格取得
スペシャル講座
  • 学習
  • 添削
  • 卒業
  • 資格取得

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

基本講座は、自分で資格試験を受験する必要がありますが、費用を抑えながら試験合格に必要な基礎知識を身につけたい方におすすめです。

スペシャル講座は、卒業課題を提出することで資格が取得できるので、最短ルートで資格取得を目指せます。

自分の目的や学習計画に合わせてコースが選択できるのも、諒設計アーキテクトラーニングの講座の魅力です。

短期間・短時間で資格取得を目指す方や、在宅で資格を取得したい方にもいいでしょう。

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

ユーキャン・フラワーアレンジメント講座

(引用元:ユーキャン公式HP)

フラワーアレンジメント初心者でも始めやすい、必要な道具と学習教材がセットになった講座です。

休講中です。

講座名 ユーキャン・フラワーアレンジメント講座
費用
  • 38,000円(税込)
教材
  • メインテキスト(基礎編・応用編)
  • レッスンDVD
  • お花屋さんへ行こう!BOOK
  • 花あしらいアイディアブック
  • フラワーダイアリー
  • 花レシピカード
  • オリジナル花器5点セット
  • 花ばさみ
  • 吸水性スポンジ
  • オリジナル花バッグ
  • セロファン
サポート
  • 質問サポート(1日3問まで)
  • 添削指導
  • 最大18ヶ月までの延長サポート
学習期間
  • 12ヶ月(最長18ヶ月)

フラワーアレンジメントの道具がない方でも、教材の到着と同時に始められる手軽さが人気の理由です。

花図鑑やアレンジのアイディアを掲載した副教材も充実しています。

カラー写真を豊富に使ったメインテキストは「基礎編」と「応用編」に分かれ、ステップアップしながら学べるのが魅力です。

レッスンDVDもあり、プロの手さばきを実際に目で見て学び、習得できるでしょう。

学習期間は12ヶ月、最長18ヶ月までサポートが受けられるので、自分のペースで基礎からゆっくり学びたい方におすすめです。

ユーキャンのフラワーアレンジメント講座は、資格取得に特化した通信講座ではありませんが、フラワーアレンジメント資格取得を見据えて基礎知識と技術が習得できるでしょう。

ユーキャンのHPで講座詳細を見る

FDAフラワースクール

引用元:FDAフラワースクール

FDAフラワースクールは「プリザーブドフラワーライセンス」「フラワーカラーコーディネーター」「フラワーデコレーター」など、複数の資格取得が目指せる通信講座です。

講座名 FDAフラワースクール/フラワーデコレーター講座・プリブザーブドフラワー講座
取得できる資格
  • プリザーブドフラワーライセンス
  • フラワーカラーコーディネーター
  • フラワーデコレーター
  • フローリスト検定
費用
  • フラワーデコレーター講座1級コース/407,000円(税込)
  • フラワーデコレーター講座2級コース/275,000円(税込)
  • フラワーデコレーター講座1級+2級コース/418,000円(税込)
  • プリザーブドフラワー講座1級/198,000円(税込)
  • プリザーブドフラワー講座2級/198,000円(税込)
  • プリザーブドフラワー講座1級+2級/330,000円(税込)

【オプション講座】

  • フラワーカラーコーディネーター1級講座/198,000円(税込)
  • フラワーカラーコーディネーター2級講座/198,000円(税込)
  • アーティフィシャルフラワー講座/110,000円(税込)
  • フローリスト検定対応講座/132,000円(税込)
教材 【フラワーデコレーター2級コース】
  • テキスト
  • 理論レポート
  • 花図鑑
  • DVD
  • ハサミ
  • フローラルテープ
  • ローソク
  • ワイヤー
  • 実技レポート
  • 吸水性スポンジ
  • リボン
  • ブーケホルダー
サポート
  • 質問サポート(1日3問まで)
  • 添削指導
  • 最大18ヶ月までの延長サポート
学習期間
  • 12ヶ月(最短10ヶ月)

メイン講座にオプションを追加できるシステムで、必要な資格を選択してオリジナルの学習カリキュラムを作れます。

講座の学習教材には、花図鑑やハサミ・スポンジ・アレンジ用の装飾品などフラワーアレンジメントに必要な道具も全て含まれているので、別途購入する必要がありません。

講座料金は、通信講座の中でも比較的高めですが、学習カリキュラム・教材が充実し、資格取得まで一貫教育が受けられることから、通学並みの学習環境で学べるでしょう。

DVDとテキストを中心としたインプット学習と、添削課題に取り組むアウトプット学習のバランスがよく、必要な知識と技術を効率よく身につけられます。

コース選択が豊富なので、資格取得の目的や学習期間・費用に合った講座を選択するといいでしょう。

FDAフラワースクールのHPで講座詳細を見る

【地域別】フラワーアレンジメントにおすすめの教室

フラワーアレンジメントを趣味で楽しみたい方や、プロから直接指導を受けたい方におすすめの教室を紹介します。

各エリアでおすすめの教室は以下の通りです。

【関東エリア】
  • プリザーブドフラワー教室MATIERE(マティエール)
  • フラワーギブドリーム

【関西エリア】

  • フルール・ド・ソレイユ
  • フェアビアンカ

フラワーアレンジメントの教室は、全国各地で開催されています。

継続して教室に通いたい方や無理なく通える教室をお探しの方は、身近で開催されている教室を探してみるといいでしょう。

フラワーアレンジメント教室の費用は1回約3,000円~1万円で、開催地域や講座の内容によっても異なるので、合わせて確認することをおすすめします。

教室でのレッスンは、手軽にフラワーアレンジメントを楽しめるのが魅力ですが、資格を取りたいならオールインワンカリキュラムで効率よく学べる通信講座がおすすめです。

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

関東エリア

関東エリアでは、プリザーブドフラワーやハーバリウムなど、さまざまなフラワーアレンジメントを学べる教室が充実しています。

定期的に通いたい方は、アクセスの良さを確認し、無理なく通えるエリアで探すのがおすすめです。

駅からのアクセス抜群の「プリザーブドフラワー教室MATIERE(マティエール)」と、レッスン内容が充実した「フラワーギブドリーム」2つの教室を紹介します。

プリザーブドフラワー教室MATIERE(マティエール)

(引用元:プリザーブドフラワー教室マティエール公式HP)

五反野駅から徒歩30秒で通えるアクセスの良さが魅力のプリザーブドフラワー教室です

1名〜のプライベートレッスンにも対応し、チケット制や自由予約など、忙しい方でも通いやすい制度が整っています。

プリザーブドフラワーだけでなく、ウェディングフラワーのレッスンもあるので、結婚式でオンリーワンのフラワーアレンジメントを用意したい方にもおすすめです。

フラワーギブドリーム

(引用元:フラワーギブドリーム公式HP)

1dayレッスンから本格的な資格取得レッスンまで、幅広く対応した教室です。

レッスン内容は以下の通りです。

  • プリザーブドフラワー
  • アーティフィシャルフラワー
  • パフュームフラワー
  • フラパージュクリスタル
  • アロマストーン
  • ハーバリウム
  • レジン

少人数でアットホームな雰囲気の中、さまざまな種類のフラワーアレンジメントレッスンを受講できます。

1dayレッスンは、ギフト用のフラワーアレンジメントを作りたい方や、初めてフラワーアレンジメントに挑戦する方も気軽に楽しく参加できるでしょう。

資格取得コースでは、年会費や継続費が一切かからない永久ライセンスを取得できるので、講師活動を始めたい方や、費用を抑えてライセンスを取得したい方におすすめです!

関西エリア

関西エリアには、パリスタイルのおしゃれなフラワーアレンジメントが学べる教室があります。

ヨーロッパ各国のアレンジメントが学べる「フルール・ド・ソレイユ」と大阪・京都で3校を展開する「フェアビアンカ」を紹介します。

フルール・ド・ソレイユ

(引用元:フルール・ド・ソレイユ公式HP)

パリやフランス、オランダなどヨーロッパ各国のフラワースタイルが習得できるおしゃれなフラワーアレンジメント教室です。

初心者向けの月1回のセゾンコースやパリの花コース・ヨーロピアンコース・フラワーディスプレイコースなど、フラワーアレンジメントのスタイル別に分かれているのが特徴です。

自分好みのスタイルを自由に選択してしっかり学べるので、フラワーアレンジメント技術のスキルアップを目指したい方や、趣味を充実させたい方にもおすすめです。

フェアビアンカ

(引用元:フェアビアンカ公式HP)

心斎橋教室・熊取教室・京都東山教室の3校でパリスタイルのフラワーアレンジメントレッスンを提供している教室です。

月に1~2回開催されるレッスンは、開催曜日も決まっているので定期的に通いたい方や習い事として始めたい方にもおすすめです。

「花男子コース」と呼ばれる男性向けのフラワーアレンジメント教室もあるので、教室に通いにくいと思って躊躇していた男性の方でも通いやすいでしょう。

料金が安いフラワーアレンジメントの教室は?

フラワーアレンジメント教室の相場は1レッスン約3,000円~1万円です。

体験レッスンや1dayレッスンは、比較的リーズナブルな価格で参加できます。

資格取得向けのコースが安いフラワーアレンジメント教室は東京都にある「フラワーギブドリーム」です。

フラワーアレンジメントの基礎知識や技術・技法を学び、フラワードリーム教室のオリジナルライセンスが取得できます。

資格取得コースの受講料は、12単位を取得するレッスンと、ライセンス登録料を含めて117,500円(税込)です。

年会費・継続費不要の永久ライセンスを取得できるので、講師活動を続けたい方や費用を抑えながらプロの直接指導を受けたい方にもおすすめです。

フラワーアレンジメント教室は、全国各地に多数ありますが、レッスン内容や回数、レベルによってもレッスン費用が大きく異なります。

資格取得を視野に入れた場合は、約30~100万円の費用が必要なことも多く、安い費用で資格を取得したい場合は、通信講座を受講するのがおすすめです。

通信講座であれば、費用を抑えながら、すきま時間やスケジュールに合わせて無理なく資格が取得できるでしょう。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

フラワーアレンジメント資格の通信講座の口コミ

SARA スクールジャパンを選んで 本当に良かったと思っています。短期間で 二つの資格も取れて、隙間時間を有効に使って 勉強ができ 充実した 2ヶ月間でした。

(引用元:SARAスクール公式HP)

SARA スクールジャパンで学んだことが、仕事でいかされています。今後は お花と アロマ を融合させた癒しサロンを開きたいと考えています。

(引用元:SARAスクール公式HP)

SARAスクールの口コミでは「すきま時間を使って勉強できる」「学んだ知識が仕事に役立った」など、良い口コミが多く見られました。

厳選された学習カリキュラムで、効率よく学べる通信講座ということが分かります。

短期間・短時間で資格が習得できるので、仕事や家事・育児と両立しやすいでしょう。

添削のお返事を頂いたとき、大きな自信がつきました。質問もよくしましたが、分かりやすく丁寧で嬉しかったです。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

テキストがわかりやすくまとまっていたので、フラワーアレジメントのノウハウをわかりやすく取得することができました。パーティーから自宅での様々なアレジメント方法や花材の選び方など楽しんで学べました。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP)

諒アーキテクトラーニングは、添削指導・質問制度などの学習サポートやテキスト内容に関する良い口コミが大半でした。

丁寧な個別指導を受けられるので、自宅学習でもモチベーションを維持しやすく、分からないところもすぐに聞けるメリットがあります。

また、テキストは図解を多用し、分かりやすくまとめられているので、初心者でも取り組みやすく、楽しみながら資格取得が目指せるでしょう。

ユーキャンの通信講座は、他の通信講座と比較してもリーズナブルな価格で受講できることや、自分のライフスタイルに合わせながら無理なく学習できるのが特徴です。

「安く勉強できる」「育児をしながら資格が取得できた」など、良い口コミが多く見られました。

費用をできる限り抑えて資格を取得したい方や、学習期間に余裕がある方におすすめです。

FDAフラワースクールでは、アレンジメントの基礎から応用、色彩、さらにそれらの指導方法まで、幅広く学べました。好きなことでしたので、学校との両立も苦にはなりませんでした。

(引用元:FDAフラワースクール公式HP卒業生/活躍者の声)

私は、お花屋さんに勤めたこともありませんし、フラワーデコレーターの勉強をするまでは、アレンジメントの基本も全く知りませんでした。 勉強した今では、基本を応用して、こんな感じのものは作れないかなど、色々なアイディアに繋がっています。

(引用元:FDAフラワースクール公式HP卒業生/活躍者の声)

FDAフラワースクールでは、フラワーアレジメントの知識や経験がない初心者でも学べる、レベル別の学習コースが充実しています。

取得できるフラワーアレンジメント資格の種類も幅広く、目的に合った講座が受講できます。

学習カリキュラムに沿って効率よく学べるので、学業や仕事とも両立しやすいでしょう。

フラワーアレンジメントの資格取得が向いている方

フラワーアレンジメントの資格取得が向いている人・おすすめできる人を紹介します。

フラワーアレンジメントの資格取得がおすすめできる人
  • フラワーアレンジメントに関係する仕事に就きたい方
  • 花や自然が好きな方
  • 手先が器用な方

フラワーアレンジメントの資格取得は、効率よく専門知識や技術を習得できるので、就職・転職を考えている方や仕事のスキルアップを目指す方におすすめです。

また、細かい作業や技法が多いフラワーアレンジメントは、手先の器用な方も向いているでしょう。

フラワーアレンジメントの資格は、花や植物が好きで、フラワーアレンジメントに関係する仕事につきたい方、活動の幅を広げたい方におすすめの資格です。

資格取得によって習得した知識・技術を最大限に活用するためにも、自分に合っているのか、事前に確認することをおすすめします。

フラワーアレンジメントに関係する仕事に就きたい方

フラワーアレンジメントの資格取得は、フラワーショップやウェディング業界など、フラワーアレンジメントに関連する仕事に就きたい方におすすめです。

資格を取得することで、フラワーアレンジメントの知識や技術を身につけている証明となり、就職・転職にも有利になるでしょう。

独身の頃からフラワーアレンジメント教室を開くことが夢でした。結婚後に退職したので、資格を取得し、今では教室を開くことができました。夢に向かって行動したら、夢はかなうんだなと嬉しく思っています。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP受講生の口コミ・体験談)

今までフラワーアレンジメントの実務経験がない方は、資格を取得することで基礎知識が身につき、実務ですぐに役立つスキルを習得できます。

花や自然が好きな方

花や植物、自然が好きな方は、フラワーアレンジメントの資格取得が向いています。

フラワーアレンジメントの資格取得には、技術・技法だけでなく、花や植物の種類・扱い方・管理方法など基礎知識から学んでいきます。

子供の頃の夢はお花屋さんでした。好きなお花の事なので苦にならず学べました。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP受講生の口コミ・体験談)

花や植物が好きな方は興味を持って学べるため、勉強を継続しやすく、より意欲的に取り組めるでしょう。

手先が器用な方

フラワーアレンジメントの技術や技法には、細かく複雑な作業があります。

フラワーアレンジメントって、簡単そうに見えて意外と難しいです。

(引用元:諒設計アーキテクトラーニング公式HP受講生の口コミ・体験談)

手先の不器用な方は、思うようにアレンジができず、技術・技法の習得に時間がかかってしまう可能性があります。

もちろん、手先の不器用な方でもフラワーアレンジメントの資格を取得することは可能です。

しかし、細かい作業が多いフラワーアレンジメントは、手先が器用な方が向いている仕事といえます。

フラワーアレンジメントの仕事内容

フラワーアレンジメントの資格を取得すると、どのような仕事に活かせるのか紹介します。

代表的な仕事は以下の3つです。

  • フラワーデザイナーとして働く
  • フローリストとして働く
  • アレンジメントフラワーの教室を開く

フラワーアレンジメントの資格は、フラワーショップでフローリストとして働く際に役立ちます。

また、ウェディング・パーティーなどでフラワーデザイナーとして花の装飾を手掛けることも可能です。

独立すれば、フリーランスとして活躍の場を広げられるでしょう。

資格取得後に講師の認定を受ければ、自宅でアレンジメントフラワーの教室を開くことも可能です。

フラワーアレンジメントの資格を取得すると、フローリストとして働くだけでなく、フラワーデザイナーや講師として活躍するなど、仕事内容の幅を大きく広げられます。

取得した資格を有効活用するためにも、資格をどのように活かしたいのか、どのような職業に就きたいのかイメージしておくといいでしょう。

フラワーデザイナーとして働く

フラワーデザイナーとは、プレゼントのブーケや花束、会場のフラワーアレンジメントなど、花を使った演出を手掛ける仕事です。

フラワーショップやウェディング業界、ホテル・レストランなどさまざまな場所で活躍できます。

フリーランスとして、テレビや雑誌用のフラワーアレンジメントを担当することも可能です。

会場の雰囲気やテーマに合わせて、会場を彩るフラワーデザイナーの仕事は、美的センスが問われる仕事であり、やりがい・達成感もあります。

フラワーアレンジメントに関する仕事の中でも特に人気がある職業です。

フローリストとして働く

フローリストとは、フラワーショップで、花の仕入れや管理・販売を行う仕事です。

いわゆる花屋さんのことで、花屋の経営や従業員として働くことを指します。

フローリストは、花の仕入れから管理・販売だけでなく、イベントでの花束やブーケの注文を受けるなど、業務内容は多岐に渡ります。

花や植物・フラワーアレンジメントに関する幅広い知識と技術が必要なため、資格を取得することで実務のスキルアップにつながるでしょう。

アレンジメントフラワーの教室を開く

フラワーアレンジメントの資格を取得すると、講師として認定され、フラワーアレンジメント教室を開講できます。

自宅教室では、自分のライフスタイルに合わせながら働けるので、子育て中の女性や家事と両立したい女性に特に人気があります。

少人数でも開講できることから、初期費用も抑えられ、手軽に講師活動を始めたい方にもおすすめです。

SARAスクールでは、講師活動ができるフラワーアレンジメントの資格を最短2ヶ月で取得できます。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

フラワーアレンジメントの資格に関するよくある質問

フラワーアレンジメントの資格に関するよくある質問をまとめました。

  • フラワーアレンジメントの国家資格とは?
  • 趣味で楽しめる花資格は?
  • 取得する費用が安いフラワーアレンジメントの資格は?
  • フラワーアレンジメントの資格は独学でも取れる?
  • フラワーアレンジメントの試験対策本はある?

フラワーアレンジメントの資格について詳しく知りたい方は、ぜひ参考にして下さい。

フラワーアレンジメントの国家資格とは?

フラワー装飾技術士は、フラワーアレンジメントの資格の中で唯一の国家試験です。

花の装飾に関わる知識だけでなく、維持・管理方法や植物一般にまつわる知識まで、幅広い知識とフラワーアレンジメントの技術が問われます。

フラワー装飾技術士の試験は、レベル別に1級~3級まで分かれていますが、2級以上の試験を申し込むには実務経験が必要です。

1級の合格率は約50%で、フラワーアレンジメント資格の中でも難易度の高い試験ですが、スキルアップを目指す方や就職・転職に有利な資格を取得したい方におすすめです。

趣味で楽しめる花資格は?

フラワーアレンジメントの資格をとることで、知識が増えてアレンジの幅も広がるため、趣味としても、より楽しめるようになります。

フラワーアレンジメント初心者でも取得しやすく、おすすめの資格が、日本デザインプランナー協会の「フラワーアレンジメントデザイナー資格」です。

フラワーアレンジメントの基礎知識や、アレンジメントに欠かせない基本的な技術・技法まで幅広く学べます。

短期間で学べるのもメリットで、今まで独学でアレンジメントを楽しんでいたけれど、基礎からしっかり学びたいという方も、効率よく知識が習得できるでしょう。

日本デザインプランナー協会の「フラワーアレンジメントデザイナー資格」を、短期間で効率よく取得するには「SARAスクールのフラワーアレンジメント講座」がおすすめです。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

取得する費用が安いフラワーアレンジメントの資格は

フラワーアレンジメントの資格は、取得する資格によって費用に大きな差があります。

各資格試験の受験料は以下の通りです。

資格名 受験料
フラワーアレンジメントデザイナー
  • 10,000円(税込)
プリザーブドフラワーデザイナー
  • 10,000円(税込)
フローリスト検定(1級~5級)
  • 3,050円~5,190円(税込)
フラワー装飾技能士
  • 学科試験:3100円(税込)
  • 実技試験:18200円(税込)

費用が安い資格は「フローリスト検定(1級~5級)」「フラワーアレンジメントデザイナー」「プリザーブドフラワーデザイナー」です。

1万円以下で試験を受験でき、安い費用でフラワーアレンジメントの実力が身につくでしょう。

「フラワーアレンジメントデザイナー」「プリザーブドフラワーデザイナー」の資格を取得したい方は、2資格が同時に取れる諒設計アーキテクトラーニングのフラワーアレンジメントW資格取得講座がおすすめです。

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

フラワーアレンジメントの資格は独学でも取れる?

フラワーアレンジメントの資格は、独学でも取得可能です。

しかし、資格によっては指定の講座を受講したり、学校に通い履修科目を終了したりする必要があるため取得できる資格が限定されます。

独学は、自分のペースで学べるのがメリットですが、教材選びから試験対策・受験申し込みまで自分で済ませる必要があり、長期的な学習計画が必要でしょう。

資格取得には短期間で効率よく学べる通信講座の受講がおすすめです。

フラワーアレンジメントの試験対策本はある?

日本フラワーデザイナー協会が出版する「NFDフラワーデザイナー資格検定試験テキスト」は、フラワーデザイナー資格を目指す方におすすめです。

フラワーアレンジメント試験対策本は、ほとんど一般販売されていませんがフラワーアレンジメントの基礎が学べるテキストとして以下のテキストもおすすめです。

  • フラワーデザイン入門:花と遊ぶ・花を学ぶ(日本フラワーデザイナー協会)
  • フラワーアレンジメントの基本メソッド:花束やアレンジメントを制作するための理論と実践

資格取得の際の副教材としても役立つでしょう。

まとめ

フラワーアレンジメントにおすすめの資格や資格取得が目指せる通信講座・教室を紹介しました。

フラワーアレンジメントの仕事は、フローリストやフラワーデザイナーとして働くほか、独立・開業も可能で、活躍の場が広い人気の仕事です。

費用を抑えて効率よく資格を取得するには、通信講座を利用するといいでしょう。

フラワーアレンジメントの資格取得におすすめの通信講座は以下の4社です。

学校名 費用 取得できる資格 学習期間
SARAスクール
  • フラワーアレンジメント資格取得講座
  • 基本コース:59,800円(税込)
  • プラチナコース:79,800円(税込)
  • 日本デザインプランナー協会「フラワーアレンジメントデザイナー資格」
  • 日本インストラクター技術協会「プリザーブドフラワーデザイナー資格」
  • 6ヶ月(最短2ヶ月)
諒設計アーキテクトラーニング
  • フラワーアレンジメントW資格取得講座
  • 基本講座:59,800円(税込)
  • スペシャル講座:79,800円(税込)
  • 日本デザインプランナー協会「フラワーアレンジメントデザイナー資格」
  • 日本インストラクター技術協会「プリザーブドフラワーデザイナー資格」
  • 6ヶ月(最短2ヶ月)
ユーキャン

現在休講中

  • フラワーアレンジメント講座/38,000円(税込)
  • なし
  • 12ヶ月(最長18ヶ月)
FDAフラワースクール
  • フラワーデコレーター講座1級コース/407,000円(税込)
  • フラワーデコレーター講座2級コース/275,000円(税込)
  • フラワーデコレーター講座1級+2級コース/418,000円(税込)
  • プリザーブドフラワー講座1級/198,000円(税込)
  • プリザーブドフラワー講座2級/198,000円(税込)
  • プリザーブドフラワー講座1級+2級/330,000円(税込)

【オプション講座】

  • フラワーカラーコーディネーター1級講座/198,000円(税込)
  • フラワーカラーコーディネーター2級講座/198,000円(税込)
  • アーティフィシャルフラワー講座/110,000円(税込)
  • フローリスト検定対応講座/132,000円(税込)
  • プリザーブドフラワーライセンス
  • フラワーカラーコーディネーター
  • フラワーデコレーター
  • フローリスト検定
  • 12ヶ月(最短10ヶ月)

SARAスクール諒設計アーキテクトラーニングでは、「フラワーアレンジメントデザイナー資格」と「プリザーブドフラワーデザイナー資格」の資格が取得できます。

短期間でフラワーアレンジメントの資格を効率よく取得したい方におすすめです。

記事を参考にして、自分に合った通信講座を見つけ、フラワーアレンジメントの資格取得を目指しましょう。

SARAスクールのHPで講座詳細を見る

諒設計アーキテクトラーニングのHPで講座詳細を見る

徳永浩光

キャリアコンサルタントの国家資格を所有しています。実際に資格取得で役に立った情報をお届けしていきますので、これから資格取得を考えているあなたの手助けができれば幸いです。

マイベストプロ掲載ページ

キャリコンサーチ掲載ページ

徳永浩光をフォローする
[PR]
◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
おすすめの資格や通信講座を比較|マイナビニュース資格
タイトルとURLをコピーしました