現在利用しているiPhoneから新しいiPhoneに乗り換える……いわゆる機種変更のためのデータ移行を行うのですね? iPhone間のデータ移行は、"ワンクッション"を置くことが原則です。ここでいうワンクッションとは、データをiPhone以外のどこかに一時保存/バックアップするという意味で、パソコン(iTunes)かクラウド(iCloud)の二択です。

パソコンを持っていないということは、バックアップ先がiCloudに限定されることを意味します。Apple IDを作成すると、iCloudストレージが5ギガぶん無料で割り当てられますが、iPhoneに写真やビデオをたくさん貯めていると5ギガでは足りないことがあります。データを削除することなく新しいiPhoneへ移行しようとすれば、有償でiCloudストレージを増やさなければなりません。

バックアップと復元(データを新しいiPhoneに書き込むこと)のスピードにも差があります。バックアップ先にiCloudを利用する場合は、必ずWi-Fi経由でインターネットへデータを送受信することになるため、Lightningケーブルで有線接続できるパソコンより時間がかかりがちです。

とはいえ、無料で使える大容量ストレージが内蔵され高速データコピーも可能なパソコンが手もとにないとすれば、いちどiCloudにバックアップしたデータを新しいiPhoneに復元することで移行作業を行わねばなりません。iCloudストレージの有償プランは月単位の課金ですから、とりあえずiCloudストレージを増やしてバックアップを行い、移行完了後に解約するという方法を検討しましょう。

なお、iOS 12.4からは新旧iPhone間のデータ移行をワイヤレスで(2台のiPhoneが直接Wi-Fiで通信)処理できるようになりました。新しいiPhoneと利用中のiPhoneを近づけ、同じApple IDでサインインすればデータコピーが始まります。ただし、アプリ本体はApp Storeからダウンロードし直すことになるため(どのデータ移行方法を選んでも同じです)、パケット料金が発生しないWi-Fi環境で作業することをお勧めします。

  • パソコンを持っていませんが、iPhoneからiPhoneへのデータ移行はどうすれば?

    パソコンなしでiPhoneからiPhoneへデータ移行する方法があります