この記事では、iPhoneをバックアップする方法について解説します。。バックアップデータを確保しておけば、iPhoneを機種変更したとき、紛失したとき、修理交換となったときに、新しいiPhoneへ手軽にデータを移行することができます。

  • (写真)バックアップ中のiPhone

    iPhoneのバックアップ、やらなきゃと思いつつ先送りにしている人も多いのでは?

機種変更や突然の不調に備えて、iPhoneのバックアップを

iPhoneの調子が悪くなったとき、AppleStoreなどに修理に持っていくと、スタッフの方から「バックアップはとっていますか?」と聞かれることがあります。「バックアップって何?」という人も少なくないと思いますが、簡単に言えばiPhoneのデータをパソコンやiCloudにコピーしておくことを指します。

バックアップを用意しておけば、iPhoneを新しく買い替えたり、iPhoneの紛失や盗難に遭ったり、あるいは修理で本体交換となったときなどに、これまでに撮影した写真やメッセージのやりとりなどのデータを新しいiPhoneに手軽に移すことができます。バックアップをとるには、「iCloudを使う方法」と「MacやWindowsパソコンに保存する方法」の二通りがあります。

iCloudにバックアップする方法、パソコンなしで可

「パソコンを持っていない」という人は、アップルが提供するクラウドストレージサービス「iCloud」を利用しましょう。Wi-Fiに接続する必要がありますが、ユーザーが操作しなくても毎日自動的にバックアップしてくれるので、「バックアップし忘れて、古いデータしか保管していなかった」という残念な事態を回避できるメリットがあります。

ただし、最大のネックとなるのが、iPhoneをバックアップできるだけの空き容量がiCloudに必要であることです。ひとつのApple IDにつき、iCloudを無料で利用できるのは「5GBまで」。これでは、多くの人は足りないのではないでしょうか。その場合は「iCloudストレージに十分な空き領域がないため、このiPhoneのバックアップは作成できません。」というメッセージが表示されます。

iCloudストレージのアップグレード料金

iCloudの容量が足りない場合は、有料でプランをアップグレードできます。下表のように月額料金が掛かりますが、思い出の詰まった写真やデータを失った時の絶望感は計り知れません。まさかの時に備える保険として、iPhoneをバックアップできる容量にアップグレードすることをおすすめします。200GBと2TBプランは、ファミリー共有を使って家族と分け合うこともできます。

容量 月額料金 ファミリー共有
5GB 無料 非対応
50GB 130円 非対応
200GB 400円 対応
2TB 1300円 対応

ちなみに、音楽聴き放題サービス「Apple Music」(月額980円)に入会しているユーザーがiCloudの50GBプラン(月額130円)に入る場合は、「Appe One(個人プラン)」(月額1,100円)に入った方がお得です。10円安くなるうえ、映像配信サービス「Apple TV+」とゲーム遊び放題の「Apple Arcade」も楽しめます。

iCloudでバックアップする手順

iCloudに今すぐiPhoneのデータバックアップするには、以下の手順で実行できます。

  • iCloudでバックアップする手順 その1

    【1】iPhoneをWi-Fiに接続したあと、ホーム画面から「設定」を開きます

  • iCloudでバックアップする手順 その2

    【2】最上段の「(自分のユーザ名)。Apple ID、iCloud、メディアと購入」をタップします

  • iCloudでバックアップする手順 その3

    【3】「iCloud」をタップします

  • iCloudでバックアップする手順 その4

    【4】下にスクロールして「iCloud バックアップ」をタップします

  • iCloudでバックアップする手順 その5

    【5】「今すぐバックアップを作成」をタップします

  • iCloudでバックアップする手順 その6

    【6】バックアップが始まります。バックアップが終わるまでWi-Fiに接続したままにしておきましょう

iCloudに自動でバックアップするには

iCloudに自動でバックアップするように設定しておけば、iPhoneが電源に接続され、Wi-Fiに接続され、かつiPhoneの画面がロックされているときに、毎日バックアップを実行してくれます。

  • バックアップ手順紹介の【5】と同じ画面で「iCloud バックアップ」をオンにすると、ユーザーが操作しなくても自動でバックアップするようになります

MacやWindowsパソコンにバックアップする方法

MacまたはWindowsパソコンを持っている人は、それらにiPhoneのデータをバックアップすることが可能です。iPhoneとパソコンをLightningケーブルで接続するため、Wi-Fiを使用するiCloudでのバックアップよりも早く終わるうえ、インターネットにつながっていない移動中などの空き時間にもバックアップできます。さらに、パソコンのSSDやHDDといったストレージを利用するので(内蔵でも外付けでもOK)、iPhone内のデータが多い人でもバックアップできる可能性が高く、iCloudの容量をアップグレードして毎月お金を払い続ける必要もありません。

デメリットとしては、パソコンが必要であること、パソコンが壊れた場合はバックアップも一緒に失われてしまう可能性があること、そしてiPhoneとパソコンを接続するためのLightningケーブルが必要である点が挙げられます。

MacやWindowsへバックアップするには、macOS CatalinaまたはmacOS Big Surを搭載するMacの場合は「Finder」、macOS Mojave以前のMacあるいはWindows パソコンへバックアップするには「iTunes」を使用します。ここではmacOS Big Surの「Finder」を使った手順を紹介します。Windows版のiTunesで大きく異なる部分のみ補足説明しますが、基本的な流れはほぼ同じです。

  • 【1】iPhoneとパソコンをケーブルで接続します。iPhoneとパソコンを初めて接続した場合は、iPhoneのパスコードの入力を求めるメッセージや「このコンピュータを信頼しますか?」というメッセージが表示されます。パスコードを入力して「信頼」をクリックします

  • 【2】「Finder」のサイドバーにある「場所」にiPhoneが表示されるので、それをクリックします

  • 【補足】Windows版iTuneでは、上部メニュー「コントロール」の下付近に現れるiPhoneアイコンのボタンをクリックします。サイドバーの「デバイス」欄にあるiPhoneをクリックしても次の工程には進めません

  • 【3】①「iPhone内のすべてのデータをこのMacにバックアップ」を選択してから、②「今すぐバックアップ」をクリックすると、バックアップが始まります。Windows版iTuneでは①に該当する項目がないので、そのまま②「今すぐバックアップ」をクリックします

次のページでは、iCloudやパソコンにバックアップされないデータにはどのようなものがあるかについて解説します。