この記事では、iPhoneを機種変更する際に、古いiPhoneから新しいiPhoneへデータを移行する方法について解説します。古いiPhoneが手元にあれば、パソコンやiCloudは必要ありません。バックアップを取っていなくても「クイックスタート」で簡単に移行できます。

機種変更時は「バックアップ→復元」よりも「クイックスタート」が手軽

iPhoneを機種変更する際のデータ移行方法としては、(1)「クイックスタート」、(2)「iCloudバックアップからの復元」、(3)「パソコンにとったバックアップからの復元」という3種類があります。このなかで最も手軽なのが「クイックスタート」です。

「クイックスタート」とは

「クイックスタート」とは、新旧2台のiPhoneを近づけるだけで、古いiPhoneから新しいiPhoneへデータを直接転送できる機能です。ワイヤレスでデータを転送するためケーブルは不要ですし、「バックアップを一切とっていない」というユーザーでも、新旧2台のiPhoneが手元にあれば簡単に移行できます。もちろんパソコンも使いません。

データ移行後も古いiPhoneのデータは消えず、そのまま保持されます。ただし、iOSのバージョンが「12.4以降」である必要があります。以下、「準備段階」と「実行手順」に分けて解説していきます。

  • iPhone「クイックスタート」の画面

    iPhoneのデータ移行には「クイックスタート」を利用するのがおすすめです

iPhoneのデータ移行(引き継ぎ)を始める前に必須の準備

iPhoneのデータを移行する前に、必ずやっておきたい準備がいくつかあります。これらの準備を忘れるとデータを引き継げない場合もありますので、新しいiPhoneの電源を入れる前に以下の項目をチェックしておきましょう。

  • Apple IDとパスコードを確認して控えておく
  • 新旧両端末ともWi-Fi接続できる環境で行う
  • 旧端末のBluetoothをオンにする
  • 中古の新端末は念のため初期化する
  • 最新版のiOSにアップデートしておく(とくに新機種は注意)
  • 新端末のストレージ容量が足りるか確認(旧機種の使用量より大)
  • LINEの移行準備をする

まずは、Apple IDとiPhoneのパスコードを確認して控えておきます。そして、新旧どちらのiPhoneもWi-Fi接続できる環境下にあることを確認し、古いiPhoneのiOSを最新バージョンにアップデートしましょう。また、新しいiPhoneを中古で購入した場合は、iOSのバージョンを最新版にアップデートしたのち、iPhoneを初期化(リセット)します。新品のiPhoneでも、購入のタイミングによってはiOSのバージョンが最新版でない可能性があるので、「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」と画面を進めて確認しましょう。

データの移行には古いiPhoneで使用している容量よりも新しいiPhoneのストレージ容量のほうが大きい必要があるため、足りるかどうかを確認します。さらに、「LINE」アプリなど、引き継ぎが必要なアイテムの移行準備を行います。

  • iPhoneストレージの空き容量を確認する方法

    旧端末のストレージ使用量は、「設定」を開き「一般」>「iPhoneストレージ」の順にタップすると表示されます。「使用済み」の数値が新端末のストレージ容量よりも小さくなければ、「クイックスタート」では移行できません

LINEの引き継ぎ準備

「LINE」はiPhoneのデータ移行で特に注意が必要なアプリです。以下に説明する事前準備をしないと、トーク履歴をはじめ、友だちリストやグループ、プロフィール情報、タイムラインの内容、LINE Pay残高などのデータを新しいiPhoneに引き継げないので気をつけましょう。

iPhoneからiPhoneへの機種変更の場合、やるべき設定は二つ。「トークのバックアップ」と「アカウントを引き継ぐ」をオンにすることです。なお、通知音の設定とトークルームごとの通知設定(通知ON/OFF)は移行できないので、新しいiPhoneで設定し直しましょう。詳しくは下記の関連記事をご参照ください。

【関連記事】
LINEトーク履歴を機種変更して引き継ぐ方法、バックアップから復元まで

  • LINEの引き継ぎ準備1

    LINEアプリを開き、ホーム画面右上の歯車アイコンをタップして設定画面を開いたら、「トーク」>「トークのバックアップ」>「今すぐバックアップ」の順にタップします

  • LINEの引き継ぎ準備2

    設定画面に戻って「アカウント引き継ぎ」を選んだら、「アカウントを引き継ぐ」をオンにします。なお、「アカウント引き継ぎ」をオンにしてから36時間以内に移行する必要があります

新端末のSIMカードはどのタイミングで挿すべき?

iPhoneを機種変更する場合、古いiPhoneに入っているSIMカードを新しいiPhoneへ入れ替える必要があります。入れ替えるタイミングは、データの移行前でも移行後でもどちらでも構いません。筆者はデータを移行する前に入れ替えておくとスムーズに行えると思います。

  • SIMの入れ替え作業は、iPhoneの電源をオフにして行いましょう。SIMカードは、iPhoneの側面にある小さな穴に付属のピンをグイッと押し込むと、トレイごと出てきます

Wi-Fi環境がない場合の解決法は?

「クイックスタート」はワイヤレスでデータを移行できて楽ちんですが、自宅にWi-Fiがない、あるいはWi-Fi環境が遅かったり不安定だったりする場合は、別売りの「Lightning-USB 3カメラアダプタ」を介して、Lightningケーブルで新旧のiPhone同士をつなぐ方法があります。

  • Lightning-USB 3カメラアダプタ

    Lightning-USB 3カメラアダプタ。データ移行に使う場合は、古いiPhoneにこのアダプタを取り付けて、新しいiPhoneとLightningケーブルで接続します

TwitterなどSNSのログイン情報は控えておかなくても大丈夫?

「クイックスタート」で移行した場合、TwitterやInstagram、FacebookといったSNSアプリのログイン情報はほぼ完全に復元され、アプリを開くだけで自動的にログインできます。ユーザーIDやパスワードを入力する手間は要りません。なお、筆者の環境ではTwitterのみ「通知」に関する設定をし直す必要がありました。

GoogleアカウントやAdobeアカウントのログイン情報は引き継がれる?

GmailやGoogleドライブ、Googleフォト、Googleスプレッドシートなど、Googleが提供するサービスのアプリは、初回起動時にログイン情報を入力する必要があります。ただし、いずれか一つのGoogleサービスにログインすると、ほかのGoogle関連アプリは自動的に連携してログイン操作が不要になります。また、Adobe系のアプリも再ログインが必要となります。その他のアプリについては次ページの付録を参照してください。

ゲームアプリの引き継ぎ方法は?

iPhoneを機種変更することで、頑張って築き上げたゲームのデータやレベルが初期化されてしまうのは悲しいですよね。ただ、データの保管方法はゲームによってまちまちです。「クイックスタート」で移行できるゲームもありますし、ユーザーIDとパスワードの入力、あるいは発行されたコードを入力することでサーバー経由でデータを引き継げるものもあります。ゲーム運営元のWebサイトや情報ブログなどから方法を確認しましょう。

「クイックスタート」でiPhoneのデータを移行する(引き継ぐ)方法

いよいよここから「クイックスタート」でiPhoneのデータを移行する実際の手順を解説していきます。おおまかな流れは以下の通りです。

  • 新端末の電源を入れ、「クイックスタート」の画面までセットアップを進める
  • 新端末の画面に表示された青いイメージを旧端末のカメラで読みとる
  • 新端末にパスコードを入力し、データ転送を開始する
  • クイックスタートでiPhoneのデータを移行する方法1-a

    【1-a】新しいiPhoneに電源を入れたら、「こんにちは」画面を上にスワイプして(またはホームボタンを押して)、古いiPhoneと新しいiPhoneを近づけます

  • クイックスタートでiPhoneのデータを移行する方法1-b

    【1-b】もしくは、新しいiPhoneの言語設定や国・地域の設定を進めると、「クイックスタート」画面が表示されます。このタイミングで古いiPhoneを新しいiPhoneに近づけます

  • クイックスタートでiPhoneのデータを移行する方法2

    古いiPhoneに「新しいiPhoneを設定」画面が表示されるので、そこに書かれたApple IDを確認して「続ける」をタップします。エラーが出る場合は、古いiPhoneと新しいiPhoneの両方を再起動して、もう一度試しましょう

  • クイックスタートでiPhoneのデータを移行する方法3

    新しいiPhoneの画面には青い模様が、古いiPhoneの下半分にはカメラが表示されます

  • クイックスタートでiPhoneのデータを移行する方法4

    古いiPhoneのカメラの円に、青い模様が収まるようにかざします

  • クイックスタートでiPhoneのデータを移行する方法5

    新しいiPhoneにパスコード入力画面が表示されるので、古いiPhoneで使っていたパスコードを入力します

  • クイックスタートでiPhoneのデータを移行する方法6

    新しいiPhoneに表示される案内に従って、Face IDまたはTouch IDを設定します

  • クイックスタートでiPhoneのデータを移行する方法7

    新しいiPhoneにApple IDのパスワードを入力し、データの転送方法を選ぶ画面が表示されたら「iPhoneから転送」を選びます

  • クイックスタートでiPhoneのデータを移行する方法8

    利用規約に同意したら、位置情報サービスをオンにします。その後、Apple Pay(Wallet)やApple Watch、Siri、iPhone解析などの設定が表示されます。あとで設定できる項目は「あとで設定」を押しても構いません

  • クイックスタートでiPhoneのデータを移行する方法9

    データ転送がスタートします。念のためiPhoneを電源に接続し、新旧のiPhoneを近くに置いたまま完了するまで待ちましょう

  • データ移行が完了した直後の新しいiPhoneの画面です。アプリはApp Storeから順次ダウンロードされます。Wi-Fiの届く場所にiPhoneを置きましょう。早く使いたいアプリはアイコンを長押しして「ダウンロードを優先」を選ぶと、インストールの順番が繰り上がります

次のページでは、「クイックスタート」でデータ移行した後に行うべき作業について解説します。