沖縄のウォーターサーバーならウォータースタンドがおすすめ?

メーカーで選ぶ

「沖縄県の水道水はまずい」と思われている方が多いようです。その理由は残留塩素が多いことや、お水の硬度が硬水に近いことが原因だと考えられています。

沖縄でおいしい飲料水を飲むためには、サンエーやかねひでなどのスーパーマーケットやコンビニエンスストアで購入したり、ウォーターサーバーを設置したりするなどの対応が必要になります。

そこで、ウォーターサーバーの設置について調べてみると、沖縄がサービス提供エリア外であったり、提供エリア内であっても費用が高額になってしまうなど、条件の良いウォーターサーバーが見つからず困ってしまうということが多いです。

希望に合うウォーターサーバーが見つからず、仕方なく水道水をそのまま飲むと、残留塩素のニオイが気になったり…。だからといって、ミネラルウォーターを飲むにはスーパーなどで都度購入する手間が発生します。このように不便な思いをしている人も少なくないのです。

実は、沖縄で利用できるウォーターサーバーとして、ウォータースタンドが挙げられます

ここからは、ウォータースタンドは本当におすすめなのか?という内容についてや、沖縄の水道水がまずいと言われる根拠についてなど、沖縄の水道水についての豆知識もご紹介。沖縄でウォーターサーバーの設置を検討中の方は、ぜひ参考にしてくださいね。

沖縄の水道水がまずいと言われる3つの根拠

まずは沖縄の水道水がまずいと言われる根拠を順にご紹介します。

  1. 残留塩素が多い
  2. 日本人の口に合わない硬水に近い
  3. 貯水タンク

上記の内容はSNSなど一般の方のリアルな口コミや、下水道局などの信頼値の高い情報をもとにしています。それでは詳しくみていきましょう。

根拠(1)残留塩素が多い

水道水がまずいと言われる理由に、残留塩素 があります。残留塩素のおかげで、衛生上安心して水道水を飲むことができます。しかし、残留塩素はカルキ臭を発生させるので、カルキ臭が気になる方にとっては、残留塩素のせいでお水をまずく感じてしまいます。

那覇市上下水道局のHPを見ると、残留塩素については「水道水に含まれる残留塩素の量は水系感染症の病原菌に対しては効果がありますが、人に対して有害となるような量ではありません」 と記載されているので、カルキ臭がしたとしても、人に対しては無害の量だということです。

また、那覇市上下水道局のHPには、残留塩素があることで、水道水が衛生上安心して飲めることを意味していると記載されています。そして、カルキ臭が気になる方や、水道水の味が良くないと感じる方は、水道水を3~5分程度沸騰し続けることとで、残留塩素を取り除き、同時にトリハロメタンも低減する という「残留塩素対策」が紹介されています。

注意点としては、残留塩素を取り除いたお水は、消毒効果が無くなってしまうので、早く飲みきる必要があります。残留塩素のカルキ臭が気になるからと言って、残留塩素を取り除いた状態でお水を放置し、水質が変化してしまったお水を飲んで体調を崩しては本末転倒です。水道水を沸騰させて残留塩素を取り除いたお水は、早めに飲むように心がけましょう。

那覇市上下水道局のHPに、カルキ臭についての対策が記載されているということは、それだけ水道水の残留塩素を気にしている人が多いということが考えられます。SNSのリアルな口コミを見てみると、以下のような書き込みがありました。

このように、SNSでも「沖縄のお水がまずい」という口コミを沢山見かけます。他県と比較した結果、沖縄のお水がとくにまずいという投稿もあります。沖縄の水道水を美味しく飲みたい方は、残留塩素対策を行いましょう。

根拠(2)日本人の口に合わない硬水に近い

沖縄の水道水がまずいと言われる根拠に、お水の硬度もあります。日本の全表土の3分の1は火成岩土壌でできているので、カルシウムが少なく軟水の水がほとんどです。そのため、日本人は軟水を飲み慣れていて、軟水を好む方が多いのです。

沖縄の水道水は硬度が高く、移住してきた方などは普段飲み慣れたお水と違うので、多くの方が沖縄のお水はまずいと感じるのでしょう。

たとえば那覇市の水道水 の硬度は、かつて170mg/L前後でした。硬度170mg/Lがどの程度の数字かというと、あと10mg/Lで「非常な硬水」に分類されるほどの硬度です。日本における水道水の硬度の基準は300mg/L以下なので、数字上は基準の範囲内となっています。しかし、数値が基準値内であっても、軟水と比較して味に違いを感じるほどの差があることから、まずいお水と言われてしまいます。

那覇市水道水の硬度を、平成4年度からのデータ から見ると、西原浄水場から送水されているお水の硬度は170mg/L前後と高いですが、北谷浄水場から送水されるお水の硬度は50mg/L前後の軟水でした。このデータを見ると、沖縄の水道水の中には、軟水のエリアと硬水のエリアがあることがわかります。

硬度が高かった西原浄水場から送水された水道水ですが、平成15年に硬度低減化施設を導入し、硬度の適正化を進めました。これにより、西原浄水場から送水された水道水の硬度は80mg/L程度となり「中程度の軟水」にまで硬度が下がりました。大阪の水道水の硬度が40~50mg/L 程度なので、大阪と比較するとまだ2倍ほど高い数値ですが、「非常な硬水」に近い数値が「中程度の軟水」になったことは、大きな改善です。

硬水は、ミルクの調乳や薬を飲む水としてあまりおすすめできません。硬水を飲むとお腹がゆるくなるケースもあるので、味の好みだけでなく、体質に合わないこともあります。硬水が苦手な方が沖縄で生活する際は、飲料水対策も考える必要がありますね。

根拠(3)貯水タンク

沖縄のお水がまずいと言われる要因には、各家庭が用意している貯水タンク もあります。

沖縄の川はどれも短く、雨が降ってもすぐに海に流れ出てしまいます。そのため、水不足に悩まされてきた歴史があるのです。その対策として、沖縄では家の屋根の上に貯水タンクを設置し、水不足対策をしている家庭が多くあります。

この貯水タンク、お水を貯水し断水に備えられる点は便利ですが、メンテナンスをさぼると不衛生になり、お水が飲用に適さない水質になってしまうことも。そのため、貯水タンクの手入れができていない場合、お水をまずく感じる原因となってしまうのです。

メンテナンスが必要とはいえ、貯水タンクがあると災害時に役に立ちます。台風の多い沖縄では、頻繁に停電による断水が発生するので、貯水タンクがあると便利なのです。

台風時の広範囲による停電は、共同住宅等のポンプが使えず、断水状態になってしまいます。ポンプに電気が供給されなければ、給水できませんからね。

停電以外にも、台風時の突風や飛来物により、給水管が破損し、断水してしまうケースもあります。このように、台風の多い沖縄では、メンテナンスが必要とはいえ、貯水タンクがあることで、台風時の水の確保に役立つのです。

沖縄に移住した方のブログ を見ると、屋上の貯水タンクは要注意だと紹介されています。特に中古物件の住まいを探している場合、貯水タンクの管理状態が悪いと「藻・サビ・ヘドロ・雑菌が繁殖」し、内壁はヌルヌルということもあるそうです。

貯水タンクは災害への備えとしては役に立ちますが、メンテナンスを怠っていると水質が悪くなり、まずいお水の原因となってしまいます。沖縄への移住を検討していたり、県内でアパートの引っ越しなどをする際は、貯水タンクの管理がきちんとできているか確認しましょう。

ウォータースタンドが沖縄で選ばれる理由

続いて、ウォーターサーバーの中でもウォータースタンドが沖縄で選ばれている3つの理由を紹介します。

  1. 水道直結型で水の交換、注文が不要
  2. 水代は水道水のみでOK
  3. オンラインサービスが充実

沖縄でウォーターサーバーを利用する場合、水ボトルの送料が高額になるサービスもあるので、水道直結型という点は魅力的です。また、お水代が水道料金のみでOKというのも、沖縄だからこその利点があります。詳しくみていきましょう。

理由(1)水道直結型で水の交換、注文が不要

ウォータースタンドが沖縄で選ばれる理由には、普通の水道水感覚で使える点があります。ウォータースタンドは水道直結型のウォーターサーバーなので、使いたい時に使いたいだけお水が出ます。水道水の蛇口をひねるような感覚で、おいしいお水が飲めるのです。

使用するお水は水道水なので、天然水のように毎回お水を注文する必要がなく、当然宅配で届くお水を受け取るという手間もありません。また、お水のボトルが宅配されてくる場合、サーバーにお水のボトルを設置しなければならないという手間が生じますが、それも必要ないのです。

水道水を使用するため、途中でお水が足りなくなり、追加注文後お水が届くまで待つという不便さもなく、常にお水が出る状態を維持できます。お水をどのくらい注文するかなどを考えなくても良い点も水道直結型のメリットです。

また、ボトルを注文するタイプの場合、宅配されたお水を保管しておく必要があります。お水は飲み物なので、外に放置しておくのは不安です。そのため、室内など、安心して保管できる場所で保管したいもの。

ボトルを室内に保管するとなると、保管場所を確保するのも大変です。直射日光をさけて保管するなどの注意点もあるので、保管に適した場所が空いてなければ困ってしまいます。

他にも、水宅配式の場合は使用後のボトルの管理も考える必要があります。お水のボトルを再利用するタイプの場合、ボトルの回収日まで使用後のボトルを保管しておく必要があります。再利用のボトルは、水が入っている時のボトルと同じ大きさなので、回収日まで保管するのは正直邪魔です。

使用後はゴミとして捨てるタイプのボトルもあります。この使い捨てタイプの場合、ボトルをつぶしてゴミ袋に入れて捨てる必要があります。ボトルはつぶせるとはいえ、市販のペットボトルなどと比べると大きなゴミです。そのため、その都度捨てるのはゴミの量が増えて負担に感じることも。

ウォータースタンドであれば、このようなボトルの保管や処理が一切不要なので、ボトル管理でも悩むことがありません。ボトルのことで悩みたくない方は、ウォータースタンドのような水道水を利用するタイプのウォーターサーバーがおすすめです。

理由(2)水代は水道水のみでOK

ウォータースタンドが沖縄で選ばれる理由に、使い放題のウォーターサーバーという点があります。

先に述べたようにウォーターサーバーには、お水のボトルを1本ずつ購入するようなタイプと、ボトルを購入せずに水道水を使用するタイプがあります。ボトルを購入する場合、12Lの値段が2,000円や3,000円程度するなど、安い買い物ではありません。そのため、本当はもっと沢山使いたくても、ガマンしながら利用するケースもあります。

ウォータースタンドは使い放題のウォーターサーバーなので、どれだけお水を使用しても、お水代は水道水代のみでOKです。お水代以外で毎月発生する費用はサーバーレンタル料金のみなので、料理でお水を沢山使う方や、家族の人数が多く、沢山お水を使用する家庭でも、遠慮なくお水を使えます。

沖縄は1世帯あたりの人数が全国と比較して多いので、お水を使う量も多くなります。平成27年のデータでは、全国の1世帯当たりの平均人数は2.33人なのに対し、沖縄は2.50人 でした。

このように、沖縄は東京や全国と比較して、1世帯あたりの人数が多いため、お水の使用量も多くなります。そのため、ウォータースタンドのような使い放題のウォーターサーバーはコスパがよく人気があるのです。

理由(3)オンラインサービスが充実

ウォータースタンドが沖縄で選ばれる理由には、オンラインサービスが充実している点があります。

ウォーターサーバーの契約は、料金プランやサーバー選び、設置場所を決めるなど、悩むことが沢山あります。契約前の悩みは、公式サイトなどを参考にインターネット上で解決する方法や、電話での相談を通し悩みを解決しながら契約する方法があります。

インターネットで解決する場合は、サイトで情報を調べることに慣れている方におすすめで、電話で相談するのは通話だけでも悩みが解消できそうな場合に活用できます。そして、PCやスマートフォンのビデオ通話を使用したオンラインでの相談は、画面を見ながらの相談したい場合に最適な方法となっています。

ウォータースタンドのオンライン接客の内容は、4つの内容に分かれています。

  1. ウォータースタンドの概要説明
  2. 機種選び相談と費用の確認
  3. 不明点を確認してから申込み
  4. その他の案内

ウォータースタンドの概要説明

ウォータースタンドの機種やサービスについて、基本的な内容を相談できるなど、まずはウォータースタンドがどのようなサービスなのかを知りたい!という方におすすめのメニューとなっています。

機種選び相談と費用の確認

ウォータースタンドの機種選びのサポートが受けられます。機種によって機能や費用に違いがあるので、気になるサーバーの機能や維持費を比較したい時に利用したいメニューです。

不明点を確認してから申込み

ウォータースタンドの申し込みから設置までの流れについて相談できます。機種が決まり、あとは申し込むだけという状況で、契約前に確認したいことや、不安な部分などを相談したい時に、こちらのメニューを活用しましょう。

その他案内

先の3つのメニューとは違う内容を相談したい時に活用しましょう。

オンライン接客には、直接会わなくても画面越しで相談できるというメリットがあります。画像や動画を用いる事で、正確でスピーディーな悩みの解決も可能です。

このように、ウォータースタンドではオンラインで相談できるという安心感があるため、より安心して契約したいという方から人気があるのです。

水道直結型のウォータースタンドなら沖縄県内90.2%に対応

ウォータースタンドは沖縄県内の90.2%に対応している水道直結型のウォーターサーバーです。沖縄県には全く対応していないウォーターサーバーも多い中で、90.2%のエリアに対応しているウォータースタンドは、ぜひ検討したいウォーターサーバーだと言えます。

この項目では、沖縄で非対応のウォーターサーバーや、対応していても送料が高額になるケースなどについてお話しします。

沖縄は非対応のサーバーメーカーが多い

沖縄は、サービスエリア非対応のウォーターサーバーが多いです。

沖縄非対応主要メーカー
  • コスモウォーター
  • 信濃湧水
  • アルピナウォーター
  • フレシャス
  • ハミングウォーター
  • マーキュロップ

など

例えば「コスモウォーター」は、北海道から九州までが対応エリアですが、沖縄や離島はお届けエリア外です。「信濃湧水」も沖縄と離島はエリア外、「クリクラ」も北海道から九州までの対応となっています。他にもアルピナウォーター、富士の湧水、フレシャスなども沖縄は非対応です。

このように、沖縄では利用できないウォーターサーバーが多いため、沖縄でも契約できるウォータースタンドは貴重なウォーターサーバーとなっています。

サービス対応エリアでも送料がかかるメーカーが多い

沖縄も対応エリアとしているウォーターサーバーには、対応はしているけれどお水の送料が高いメーカーも多々あります。

メーカー沖縄県北海道その他の地域
プレミアムウォーター220円/箱220円無料(※離島除く)
アクアセレクト1,100円/箱990円/箱無料(※離島を除く)
うるのん1,738円/本638円/本無料の地域もあり
ふじざくら命水733円/2箱524円/2箱無料の地域もあり

たとえば「アクアセレクト」の場合、配送料無料のエリアがある中で、沖縄は1箱1,100円の配送料が発生します。また、「うるのん」の場合は1本1,738円の送料が、「ふじざくら命水」の場合は733円の送料が、沖縄エリアの送料として発生します。

さらに、沖縄だからということで、サーバーの配送料金も高くなる場合があります。たとえばふじざくら命水の場合、関東や東海エリアではサーバーの送料は無料です。しかし、沖縄で利用する場合は、サーバーの送料が4,400円発生します。無料で配送できる地域があるのにもかかわらず、沖縄だからと4,400円もの送料が発生するのは、なんだか損をした気分になりますね。

このように、ウォーターサーバーを沖縄で使用する場合、ボトルの送料などが高くなることがあります。そのため、そもそもボトルの送料という概念のないウォータースタンドは、沖縄でおすすめできるウォーターサーバーといえるのです。

ウォータースタンドのサービス対応エリア

ウォータースタンドは、沖縄の90.2%のエリアに対応しているウォーターサーバーです。石垣市、宮古島市など一部のエリアは未対応ですが、未対応とされるエリアでも導入の相談をすることは可能です。現在のエリアの対応状況は以下のようになっています。

サービス対応中エリア糸満市・浦添市・うるま市・沖縄市・宜野湾市・豊見城市・名護市・那覇市・南城市・国頭郡大宜味村・国頭郡恩納村・国頭郡金武町・国頭郡国頭村・国頭郡今帰仁村・国頭郡東村・国頭郡本部町・島尻郡南風原町・島尻郡八重瀬町・島尻郡与那原町・中頭郡嘉手納町・中頭郡北中城村・中頭郡北谷町・中頭郡中城村・中頭郡西原町・中頭郡読谷村
サービス非対応のエリア石垣市・宮古島市・国頭郡伊江村・国頭郡宜野座村・島尻郡粟国村・島尻郡伊是名村・島尻郡伊平屋村・島尻郡北大東村・島尻郡久米島町・島尻郡座間味村・島尻郡渡嘉敷村・島尻郡渡名喜村・島尻郡南大東村・宮古郡多良間村・八重山郡竹富町・八重山郡与那国町

未対応のエリアでも申し込みは可能か相談する際は、いったん資料請求を行い、その後ウォータースタンドから案内がくるので、そのタイミングでウォータースタンドを利用できないか相談しましょう。

サービスにさえ対応していれば、水道直結型なのでお水の送料は不要ですし、使い放題でウォーターサーバーを利用できるようになります。

ウォータースタンドの種類とおすすめ機種

ウォータースタンドが沖縄におすすめである、人気であるということが分かったかと思います。では、一体どの機種を選べばいいのでしょうか。

ウォータースタンドの種類は、新規受け付け中のもので12種類用意されています。12種類も用意されているので、機能重視で選ぶこともできますし、おしゃれさで選ぶことも可能です。大きくナノシリーズとプレミアムシリーズの2つに分かれています。

ナノシリーズは7種類

ナノシリーズ一覧
  • ガーディアン
  • メイト
  • ネオ
  • トリニティ
  • ナノスタンド
  • エコサーバー・ネオ
  • エコサーバー・トリニティ

ナノシリーズは7種類で「ガーディアン」「メイト」「ネオ」「トリニティ」「ナノスタンド」「エコサーバー・ネオ」「エコサーバー・トリニティ」から選べます。

「ガーディアン」は、省スペースかつ利便性とECOを連立したサーバーで、「メイト」は一番コンパクトな低価格モデル。「ネオ」は。機能・使い勝手・価格がベストバランスな人気の定番モデルで、「トリニティ」は冷水サービスに特化した機種です。「ナノスタンド」は電力不要のエコサーバースタンド。

「エコサーバー・ネオ」は卓上タイプのネオに補助タンクが搭載された床置きモデル。「エコサーバー・トリニティ」は卓上タイプのトリニティに補助タンクが付いた床置きモデルです 。これらの補助タンクが搭載されている機種であれば、沖縄県内の水不足時にも少し安心です。

プレミアムシリーズは5種類

プレミアムシリーズ一覧
  • S3
  • ステラ
  • ネオス2
  • L2
  • ROスタンド

プレミアムシリーズは5種類で「S3」「ステラ」「ネオス2」「L2」「ROスタンド」から選べます。

「S3」は冷たさキープの冷水プラス機能付きモデルで、「ステラ」はウォータースタンドのフラッグシップモデルです。「ネオス2」はシンプルかつ電力不要で低価格のエコモデル、「L2」は大容量なのに、スリムでスタイリッシュな床置きタイプ。「ROスタンド」は圧倒的な造水スピードが魅力的なサーバー。

この中で最もおすすめの機種は、一番人気の定番モデルのナノシリーズ「ネオ」です。ネオは機能面や使い勝手、価格の3つのバランスが良いサーバーです。白いボディに黒を用いたデザインは、部屋のインテリアとしてもシンプルで、女性にも男性にもおすすめできます。

とにかく月額を安くしたい!という方には「メイト」がおすすめ。メイトは月々2,200円のレンタル料で利用できます。お水の温度は常温水のみですが、電気を使用しないため電気代無料で利用できますし、台風による停電時も安心です。サイズが横幅130×奥行410(受け皿使用時)×高さ308mmとコンパクトなので、スリムで低コストなサーバーを探している方にもおすすめです。

沖縄のウォーターサーバーならウォータースタンド!まとめ

ウォータースタンドは、沖縄でおすすめしたいウォーターサーバーです。エリアの対応率は90.2%と広く、非対応とされるエリアでも相談することが可能です。

他のウォーターサーバーメーカーの場合、エリアは対応していても、沖縄だからと送料が通常よりも高く設定されていたり、サーバー設置の際の送料も余分に発生することがあります。同じウォーターサーバーを使うのに、他のエリアよりも高額になるのは悔しいですよね。

ウォータースタンドであれば、水道水を使用するため、エリアに対応していればお水の送料は発生しません。ボトルも不要ですから、水ボトルの注文の手間が無く、ボトルの保管場所で悩む必要もありません。

機種が12種類と豊富なので、ウォータースタンドが用意している機種の中から、希望に合うサーバーが見つかることでしょう。

このように、沖縄でウォーターサーバーを利用するのであれば、ウォータースタンドは良い条件のウォーターサーバーだと思います。まずはウォータースタンドのサイトを見てみて、希望に合う機種がないかチェックしてみましょう。

この記事を監修した人
水メガネ

大手企業で6年間ウォーターサーバーの営業を経験し、そこで得たお客様からのダイレクトな意見を活かして本当におすすめ出来るウォーターサーバーについての日々研究しています。これまでに複数のウォーターサーバーを自ら試した経験からニーズに合わせた最適なウォーターサーバーをご提案します。

水メガネをフォローする
メーカーで選ぶ
水メガネをフォローする
ウォーターサーバー比較
タイトルとURLをコピーしました