PR

【2024年4月】スズキ ワゴンRの車検費用はいくら?安く抑えるためのポイント解説

スズキ ワゴンRの車検費用はいくら?安く抑えるためのポイント解説

本ページはプロモーションが含まれています。

スズキ ワゴンRは、1993年から販売しているスズキのトールワゴンです。
2010年には国内累計販売台数350万台を達成するほど人気の高い車ですが、今既にスズキ ワゴンRに乗っている方、これからスズキ ワゴンRの購入を検討している方にとって、「スズキ ワゴンRはどれくらいの維持費がかかるのか?」気になりますよね。今回はその中でも「車検費用」に注目してみました。

本文では、スズキ ワゴンRの車検費用の内訳や具体的な金額、車検を安く抑えるためにできることなどを解説していきますので、気になる方は是非読んでみてください。

・スズキ ワゴンRの車検費用は、ディーラー車検は約7万円〜15万円。車検業者は約4万円〜10万円が相場!
・車検を安く抑えたいなら、楽天Car車検で複数業車から見積もりを!

\ スズキ ワゴンRの車検費用を比べるなら♪
楽天Car車検はこちら

 


当サイトがおすすめする車検、車買取に関するコンテンツは、総務省ならびに消費者庁が管轄する関連諸法およびWebサイトにて公表している情報を参考にし、実際の利用者や第三者による調査結果などの客観的事実を根拠として作成しております。コンテンツ制作ポリシーはこちら , 広告掲載ポリシーはこちら

スズキ ワゴンRの車検費用は約4万円〜

スズキ ワゴンRの車検費用はいくら?安く抑えるためのポイント解説スズキ ワゴンRの車検費用相場・目安は、ディーラー車検の場合は【約7万円〜15万円】、民間の車検業者の場合は【約4万円〜10万円】です。

では実際に、スズキ ワゴンRの車検費用はどれぐらいかかるのか、「ディーラー車検」「楽天Car車検」「民間整備業者」の3つの業者を比べて確認してみましょう。
なお、車検基本料金はどの業者に依頼するかによって点検や整備、事務作業などにかかる費用が大きく異なりますので、あくまで目安としてお考えください。

スズキ ワゴンRの車検費用相場

1993年の発売から、安定した人気を誇っているスズキ ワゴンR。トールワゴンタイプの軽自動車で、街中でも走っているところをよく見かけることがあるのではないでしょうか。

現行車は2023年に発売された6代目。旧モデルもまだまだ現役ですが、消耗品の交換等で整備費用が嵩むケースが多いようです。当サイトで独自に調査した結果、部品交換代として2万円〜が相場でした。

整備費用に関しては各業者ごとに異なりますので、あくまで目安として参考にしてくださいね。

※指定工場(民間車検場)での料金です。認証工場の場合は印紙代が100~700円上乗せされます。
参考:国土交通省 – 自動車重量税額について
ディーラー参考:スズキ名古屋

スズキ ワゴンRの車検費用相場
法定費用 整備費用 合計
自動車重量税 自賠責保険料 印紙代 車検基本料金 検査料金 手数料
ディーラー 6,600円 17,650円 1,800円 27,500円〜 7,700円〜 10,780円〜 74,110円〜
楽天Car車検 16,740円 42,680円〜
車検館 7,700円 12,100円 45,540円〜
車検の速太郎 14,300円〜 40,240円〜
車検のコバック 14,300円〜 36,190円〜

スズキ ワゴンRの車検にかかる費用の内訳

スズキ ワゴンRの車検費用はいくら?安く抑えるためのポイント解説
スズキ ワゴンRに限ったことではありませんが、車検費用は大きく分けて「法定費用」と「車検基本料」から成り立ちます。

  • 法定費用:国によって定められた最低限かかる費用
  • 車検基本料:各店舗に任されたその他の費用

「法定費用」は国によって定められた最低限かかってくる費用となります。
そのためどの店舗に依頼しても変動はありません。

一方「車検基本料」は車検を通すための予備検査代金や車両の整備料金、車検代行料などを指します。こちらの料金に関しては相場こそあるものの最終的な計算は各車検店舗に任されています。

分類 項目名 詳細
法定費用
(一律)
自動車重量税 車両重量の増加に応じて課される税金。
自家用乗用車、軽自動車を問わず、新車購入時の初回登録時および継続車検時に、
次回の車検までの3年ないし2年間の税額をまとめて納める。
自賠責保険料 車の所有者が必ず加入しなければならない保険。
加入後に交付される「自賠責保険証明書」は、運転時に携帯する義務が課されている。
印紙代 検査費用や車検証の発行手数料を支払うための印紙と証紙の代金。
印紙は国に、証紙は地方自治体に支払った税金や手数料を納めたことを証明する証票のこと。
車検基本料
(車検店舗によって異なる)
点検手数料 名称は各お店によって異なるが、車検の点検料金のこと。
依頼するお店や内容によって料金も変動する。
その他諸費用 車検に係る書類作成代や整備以外のテスター使用料など。
依頼するお店によって異なる。

法定費用は自動車重量税・自賠責保険料・印紙代で成り立っていて、車によって費用が異なります。つまり、どの車検業者でも費用が一律になるということです!
一方車検基本料は業者毎に自由に金額を設定出来る項目となり、これによって車検費用が高い業者と安い業者の差が生まれます。

法定費用一覧

法定費用の料金表を車種毎にまとめました。あなたの車はどれくらいの費用がかかるのか確認してみましょう。

軽自動車 小型自動車 中型自動車 大型自動車 特大自動車
0.5〜1t未満 1〜1.5t未満 1.5〜2t未満 2〜2.5t未満
自賠責保険料 17,540円 17,650円 17,650円 17,650円 17,650円
重量税 6,600円 16,400円 24,600円 32,800円 41,000円
(エコカー) (5,000円) (10,000円) (15,000円) (20,000円) (25,000円)
(13年経過車) (8,200円) (22,800円) (34,200円) (45,600円) (57,000円)
(18年経過車) (8,800円) (25,200円) (37,800円) (50,400円) (63,000円)
印紙代 1,800円 1,800円 1,800円 1,800円 1,800円
法定費用合計 25,940円 35,850円 44,050円 52,250円 60,450円
(エコカー) (24,340円) (29,450円) (34,450円) (39,450円) (44,450円)
(13年経過車) (27,540円) (42,250円) (53,650円) (65,050円) (76,450円)
(18年経過車) (28,140円) (44,650円) (57,250円) (69,850円) (82,450円)

※印紙代は業者によって多少前後する場合があります。

スズキ ワゴンRの車検はどこで受けるのが正解?

スズキ ワゴンRの車検費用はいくら?安く抑えるためのポイント解説

みなさんはスズキ ワゴンRの車検はどこで受けていますか?または、どこで受けるのが正しいと考えているでしょうか?

車検はそのブランドのディーラーに任せるべきだ!という方も多いですが、実はディーラー以外の民間整備業者でも車検可能です。以下では「ディーラー車検」「ガソリンスタンド車検」「カー用品店での車検」のそれぞれのメリット・デメリットを簡単にまとめました。

ディーラー車検のメリット・デメリット

ディーラー車検はいつでも高品質な車検サービスが受けられる点に加え、専属のサービスエンジニアによる点検、純正部品を使ったパーツ交換等の車を安全・安心に乗るための車検に特化しています。

・質の高い整備が保証されている
・純正部品での交換なので安心
・メーカー車の知識が豊富な整備士による点検
・メーカー保証、アフターサポートが充実している
・車検費用が高くなってしまう傾向がある
・車検にかかる時間が(他業者と比較すると)長い

ディーラー車検のメリットの一番のメリットは、整備の質の高さが挙げられるでしょう。車検用の整備はもちろん、その後も安心で快適なカーライフを送る為の「予備整備」を実施することが多いほか、交換部品が必要な際は確実に純正品が使えます。またメーカー保証が使えるのも大きなメリットと言えます。

一方でデメリットとしては、費用が高くなる傾向にあります。また、車検にかかる日数も預けてから1週間前後かかる事が多いので、車検スピードを重視する方には向かないかもしれません。

ガソリンスタンド車検のメリット・デメリット

ガソリンスタンドでの車検は、ディーラー車検と比べると車検費用が安く済む点が一番の特徴です。リビルドパーツの使用や、最低限の整備、キャンペーン開催などで費用を大幅に抑えることが可能です。

・整備工程が複数の整備士で分担されているため、効率的でスピーディー
・給油や洗車クーポンなどの付帯特典が多い
・必要最低限の車検を受けられるため、とにかく費用を安く抑えられる
・代車が借りられないケースもある
・店舗によって整備やサービスの質にばらつきがある

近年では設備面の充実や専門スタッフの配備などによりガソリンスタンドで車検を行う人も増えてきました。

その大きな要因の一つが料金相場が安いという点です。実際に一般的な修理工場と比較すると1万円程度、ディーラーとは2万円以上の違いが出る場合もあります。また通い慣れた場所で車検を行えることも選ばれる理由になっています。

デメリットとしては整備士の能力がわからないということです。あくまで給油がメインの業者なので、車検経験が浅かったり、知識が少なかったりする場合もあります。近所だし費用が安いから、という理由だけで選ぶと整備面で納得が出来ない場合もあるので口コミなどで評判を確かめる事が必要かもしれません。

カー用品店での車検のメリット・デメリット

カー用品店での車検は、ガソリンスタンド車検と同様に車検費用が比較的安く抑えることができる点や、幅広い車種に対応できる部品の豊富さが特徴です。
全国各地に店舗があるのも利用しやすいポイントですね。

・店舗数が多く利用しやすい
・タイヤなどの消耗品がお得に利用できる
・店舗によってTポイントや楽天ポイントなどが付与される場合もある
・店舗によってコースやサービスに差がある
・土日対応が出来ない場合がある

オートバックスやイエローハットなどTVCMでもお馴染みのカー用品店でも車検を行うことが出来ます。

こちらの良い点はオイル、タイヤ、ワイパー、バッテリーなどのいわゆる消耗品を安く購入出来るところです。他にも車検スピード自体が早かったり、会員サービスなどが充実していたりするところもメリットと言えます。デメリットとしては整備士の技術、設備などの理由で重整備に対応出来ないケースがあることが挙げられます。

店舗の規模に差があるので、そういった面の下調べが必要になります。

結局どこで車検を受けるのが正解なの?

結論としては、ディーラー、民間整備業者(ガソリンスタンド、カー用品店など)のどこで車検を受けても問題ありませんが、迷っている方は楽天Car車検を利用することをお勧めします!

楽天Car車検では複数の車検業者をまとめて比較検討することができるので、「安く」「高品質」な車検業者探しが簡単に行えます。ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

\ 車検業者をまとめて比較◎ /
楽天Car車検はこちら

ユーザー車検(車検代行)ってお得なの?

スズキ ワゴンRの車検費用はいくら?安く抑えるためのポイント解説
「ユーザー車検(車検代行)」は車検を安く抑えるのに有効な方法と耳にする方もいると思いますが、実際はどうなのでしょうか?

車検の手続きから陸運局に車を納車し、自分で車検を行うユーザー車検。車検業者に依頼するとかかる車検基本料金などが不要なため、安価に車検を済ます事ができます。

しかし、「平日のみの受付」という点や、「部品交換が必要になり、結局部品交換代が嵩んでしまった」「ある程度車の知識が必要」などのデメリットも考えられます。ユーザー車検(車検代行)を考えている方は、メリット・デメリットをよく理解した上で検討することが重要です。

スズキ ワゴンRの車検をお得に行うための2つのポイント

スズキ ワゴンRの車検費用はいくら?安く抑えるためのポイント解説

ここからは実際に車検をお得に行う為に必要なポイントを2つご紹介します。

1.複数あるポータルサイトを横断的に比較する

車検業者を選ぶ際に大切なのは複数の業者を比較することです!

その際に出来るだけ近く、安くて、信頼出来る車検業者を探すのに便利なポータルサイトというのが複数存在します。中でも「楽天Car車検」「EPARK車検」「とことん車検ナビ」などは掲載数も非常に多く、納得のいく車検業者を見つけられます。

上記で紹介した複数のポータルサイトの情報を横断的に比較し、お得に車検を受けましょう!

\ 車検業者をまとめて比較◎ /
楽天Car車検はこちら

2.大切なのは日頃からのメンテナンス

費用が安く信頼出来る業者を見つけることが出来ても、肝心の車の状態が悪ければ当然整備箇所や部品交換などが増え、結果的に高額になってしまう可能性があります。

車検を安く、お得に受けたいのであれば、業者選びと同様に日頃からの手入れやメンテナンスもとても重要です。

気になる箇所があれば車検時期でなくても点検・整備などをし、良い状態を保てば実際の車検実施時も必要最低限で済むので費用を抑えることに繋がります。

まとめ

スズキ ワゴンRの車検費用はいくら?安く抑えるためのポイント解説
今回はスズキ ワゴンRの車検費用について紹介しました。

ディーラー車検は約7万円〜15万円。車検業者は約4万円〜10万円が相場!
・車検業者選びは、複数の車検業者を比較検討することが大切。
・まとめて比較するには楽天Car車検がお勧め!

車検を安くお得に済ませたい方には、車検専門店などの車検業者をお勧めしますが、「ディーラー以外で車検を受けるのはなんだか不安」と思う方もいらっしゃるかもしれません。車検業者はディーラーと同じく国土交通省より指定された車検工場を持っていたり、年間車検実績の多さなど、信頼性も高いです。気になる方は見積もり依頼や口コミを確認することをお勧めします。

楽天Car車検では、複数の車検業者をまとめて比較する事ができるので、自宅近くの車検業者探しにも最適です。また、楽天ポイントが貯まったり、ネット限定の割引特典など、さまざまなサービスが豊富に揃っています。もちろん無料で利用可能ですので、是非一度試してみてください。

\ ポイントでお得に車検を受けよう♪ /
楽天Car車検はこちら

本当に!?車検をやめて「車を高く売る」ほうが得なの?

はい、正解のこともあります!車検前は、車を高く売る最後のチャンスです。

車検費用が高額なら、この機会に車を高く売ることを検討してはどうでしょうか?車検が近い時期は、車を高く売って新車買い替えの軍資金を手にするチャンスです!当然ながら、【車検が切れる前の時期が買取価格は最大になります!】

愛車を少しでも高く売りたいなら、業界大手の【MOTA車買取】がおすすめです!査定費用は無料で、最高買取金額がすぐにチェックできます。入力はたったの30秒!いますぐ愛車の最高査定相場を無料で確認しましょう。
※もちろん、無料一括査定をしても車を必ず売却する義務はありませんのでご安心ください。
※しつこい営業電話なし!交渉は高額査定店だけ!

しつこい営業電話なし!“2度目に選ばれる”一括車買取査定【MOTA車買取】 ”2度目に選ばれる”一括車買取査定 MOTA車買取はこちら 【徹底比較】車検業者おすすめベスト10!料金相場や費用を抑えるコツも解説!
PR
◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
この記事を書いた人
店長

カー用品店の店長を6年務める中で、お客様から車検に関する多くの悩みをいただきました。その経験から、多くの方が車検に対して抱いている「不安や疑問を解決したい」と思い執筆活動を開始。プロだからこそわかる視点で「技術力が高く」「安い」おすすめの車検屋さんや、車検の豆知識やノウハウをお伝えします!

車検車種で確認
マイナビ車検ガイド
タイトルとURLをコピーしました