チョコレートの元祖は飲み物だった

甘くておいしいチョコレート。その歴史は以外と古く、3000年以上前から人類に愛用されてきたことが分かっています。

現代は、板チョコやチョコレート菓子などに代表されるように、固体の印象が強いチョコレートですが、その原産地でもある中南米では古代、飲み物として貴族を中心に愛用されていたことが分かっています。

  • カカオポッド

    カカオポッド。1つの実の中に約30~40粒のカカオ豆が入っているそうです

その後、中米に栄えていたアステカ帝国(アステカ王国)を滅ぼしたスペインにより、カカオはヨーロッパへと伝播。砂糖と組み合わせた甘いホットチョコレート(ショコラショー)として17世紀以降、欧州各国で親しまれ、今も人気を博しています。

一方の日本は、というと、約100年ほど前に板チョコレートの国内製造が始まって以降、"食べる"という文化は根付いたものの、飲むという文化はなかなか浸透してきませんでした。そんなチョコレートを飲む、という文化を日本に根付かせたい、という想いで2018年9月に設立されたのがミツバチプロダクツというベンチャーです。パナソニックが創立100周年記念イベントで、パナソニック アプライアンス社とベンチャーキャピタルが共同で設立したスタートアップ支援企業「BeeEdge」の第1号案件として紹介され、注目を集めたことでも知られる同社の代表取締役社長である浦はつみさんに、なぜチョコレートを飲むという文化を広めようと思ったのか、お話を聞いてきました。

チョコレートとココアは違うもの

ちなみに、飲むチョコレートと聞いてココアを思い浮かべた人も居るかと思いますが、厳密に言えば、別物となります。ココアはカカオマス(カカオ豆をすりつぶしたもの)から脂肪分であるカカオバターを取り除いたもので、チョコレートはカカオマスにカカオバターを加えたものとなります。

歴史的に見ると、飲み物のチョコレートの後、19世紀に入って、ココアの製法が生み出され、その後、あまったカカオバターを活用する形で食べるチョコレートが生まれることとなりました。

  • カカオ豆

    カカオ豆。これを粗く砕いたものが「カカオニブ」(最近、スーパーフードとして注目を集めつつあります)。カカオニブを細かくして加工したものが「カカオマス」になります

30秒で飲めるこだわりのマシン

ミツバチプロダクツのビジネスの根幹は、30秒でホットチョコレートを作り出せるマシン「∞ミックス(インフィニミックス)」の開発、製造を手がけ、それをパティシエやショコラティエ、飲食店などに販売することで、ホットチョコレートを普及させようというところにあるそうです。

  • ∞ミックス

    ∞ミックスと、ミツバチプロダクツの皆さん。左から、事業企画の袴田竹宏さん、社長の浦はつみさん、リードエンジニアの桐石卓さん (写真:マイナビニュース)

浦さんによると、欧州のホットチョコレートは、店ごとにレシピが異なり、それぞれ独自のこだわりがあるとのことで、∞ミックスにはそうした無限の組み合わせ、という意味を持たせたそう。また、ホットチョコレートを作る職人ごとのこだわりに応えられるように、敢えて自動化はせず、独自開発のスチームブレンダー機構以外の機能は極力省いたシンプルな構成を1号機では採用したそうです。

そのため、一般的なホットチョコレートはチョコレート1に対し水や牛乳を4倍以上入れるのが普通ですが、∞ミックスを使えば、チョコレート1に対して水2、といった贅沢なホットチョコレートも作ることも可能で、浦さんも「香りを食べる感覚を味わえる」とその味を表現するほどです。また、「とあるショコラティエの方からは、単なるホットチョコレートという表現ではもったいない、という声もいただいているので、∞ミックスによるホットチョコレートを意味する新しい名称を生み出したい」ともしています。

作り方もシンプルなものにしており、1cm角程度に粗く砕いたチョコとそれに応じた水(液体は水以外のお茶やミルクなど、何でも大丈夫とのこと)をカップに入れて、∞ミックスのブレンダーの下に入れ込むだけ。∞ミックスのブレンダーから70~75℃に調整された蒸気がカップに注がれ、ブレンダーの刃により、蒸気で溶けたチョコレートが攪拌され、30秒ほどで出来上がりです。

  • ホットチョコレート

    作り方はシンプル。粗く砕いたチョコと水(液体)を適量混ぜて、∞ミックスにあてるだけ

実際に、製造工程を見せていただくと、チョコが溶けたあたりから、フワッと芳醇な香りが漂ってくるのが分かり、五感全体でチョコレートを感じることができるものとなっていました。また、見た目はココアのようですが、溶かすチョコごとに、そのチョコが持つ、本来の味が固形のときよりも、溶けて混ざることで、はっきりと分かるので、チョコ本来のおいしさをより味わいたい、という人にはおススメの飲み物となりそうです。

∞ミックスによるホットチョコレート作成の様子。チョコレートを粗く砕いて、カップに水とともに混ぜて、∞ミックスのスチーム機能つきブレンダーに30秒ほどあてるだけで完成です

プロからBtoB、そしてBtoCへ

そんなこだわった技術で生み出された∞ミックスですが、内部の構成は意外とシンプルで、主なものは、制御用の基板、蒸気を作るための沸騰用ボイラー、そしてブレンダーを回転させるためのモーターといった組み合わせでできているそう。

ただ、それを元AppleのiPhoneのデザインなどに携わったプロダクトデザインエンジニアの手によるドリンクの作りやすさにこだわったデザイン性の高い意匠の中に、機構を含めて、基板やモーターへの熱対策や安全性の確保、メンテナンスの容易さ、といった目に見えないが、ものづくりにおいて必要とされるものまで盛り込んで実現するのは、非常に苦労の連続で、2018年11月に開催されたパナソニックの100周年記念イベントで初めて披露される直前まで、無事に動くか分からない、といった状況だったとのことでした。

  • ∞ミックス
  • ∞ミックス
  • ∞ミックス
  • ∞ミックスの外観。非常にシンプルで、操作系は蒸気の量のコントロール、蒸気のオン/オフ、ブレンダーの回転速度といったくらいしかありません

メンテナンスの容易さについては、食べ物(飲み物)を扱うため、かなり気をつかっていて、1号機では、1日1回ノズル(ブレンダー部分)を外して洗浄することを推奨しているほか、130℃まで急速に昇温可能なボイラー部分は、月に1回のクエン酸洗浄の推奨により、スケール(水垢)が溜まることを防止できるようになっています。また、1号機にはボイラー部分の水位センサがないため、溜まっている水が中途半端な状態の場合、一度、排水するための機構があり、外部にホースがでているのですが、2号機では、それを内部で循環利用できるようにし、排水機構をなくすことで、さらなるデザイン性の向上につなげたいともしています。

ブレンダー部分の洗浄の様子。おいしいホットチョコレートを作るのには、チョコの味が混ざらないよう、メンテナンス性も重要になります

また、ブレンダーは現在、チョコのタブレットを攪拌して対流を起こす程度の強さしかないとのことですが、 ビジネスが軌道に乗った数世代先には、搭載されている刃を素材に応じて交換できるように取り揃えることで、さまざまな用途、それこそパティシエやショコラティエによるホットチョコレートだけでなく、BtoCの個人での利用まで、幅広い用途に応じることを可能にしたいとのことで、この数年でブレンダーについてのノウハウを確立させていきたいともしていました。

  • ブレンダーの刃

    ブレンダーの刃の様子。チョコのタブレットを攪拌することを目的に作られた形状になっています

ブレンダーの刃が回転している様子。チョコの硬さに併せて、回転速度を調整することができるそうです

「プロのパティシエやショコラティエだけでなく、働き方改革の一環として、ウォーターサーバーのようにオフィスに∞ミックスを置いてもらったりといったことも考えられます。カカオポリフェノールの健康効果などの研究も進んできていますし、飲んだときに幸せな気分になれる、そんな飲み物はほかにないと思っています」と浦さんはBtoBの分野での活用なども視野に入れています。

そんなBtoCやBtoBの分野での活用に向けては、レシピを頭に叩き込んでいるプロのパティシエやショコラティエではない人も扱うということで、そうした細かい作業や感覚の部分を補えるように半自動化も可能にしていきたいと浦さんは語っています。2019年中にはその実現に向けて動きはじめたいと考えているそうですし、単にホットチョコレートマシンを売るのではなく、将来的には月定額によるチョコレートの提供などといったサブスクリプションのサービスとも組み合わせたビジネスやリース提供などへも発展させていきたいともしています。

1号機は3月より発売、その前に実際に体験できるイベントも

∞ミックスの製品1号機は2019年3月より50台限定で発売される予定とのことです。価格は25万円前後を予定しており、「まずはホットチョコレートを広めてくれる仲間を増やすことだと思っていて、1号機はそうした役目を持ったマシンになっています。すでに飲み物にもこだわられているショコラティエの方などからも声をかけていただいています」とのことですが、本格的な営業活動はこれから、ということで、この発売をきっかけに、将来は海外での販売なども視野に入れていきたいとのことです。

ちなみに、すでに2019年2月9日および10日の2日間にかけて、長崎のハウステンボスにあるショコラ伯爵の館にて、来場者に好きなチョコレートを選んでもらってドリンクの提供を実施する予定(テーマパーク初の試みだそうです)や、チーズティー専門店で知られる東京・原宿のフォーチュナー ティーボックスにて、実機を用いた実演が2月11日に予定されているそうです(取材させていただいた時点では、どういったものを提供するかの詳細はまだ未定とのことでした)。また、チョコレート大手の明治も∞ミックスに興味を持っているとのことで、単に飲み物としてチョコレートを楽しむだけではない新しい価値も生み出されていくことも期待できるようになってきました。

本格的な市場展開はこれからですが、日本におけるチョコレートの新たな市場を切り開く技術を生み出すミツバチプロダクツの活動は、今後も注目する必要がありそうです。

参考文献

日本チョコレート・ココア協会 - 世界の歴史
GODIVA - チョコレート文化&歴史
ホットチョコレート - 明治デイリーズレシピ
上野聡 著 「チョコレートはなぜ美味しいのか」(集英社新書)