ウォーターワンのウォーターサーバーの引っ越し手続き総まとめ!

メーカーで選ぶ

ウォータワンを契約している最中に、引っ越しをすることになった!

そんな時、気になるのは、「引っ越し先でも利用できるのか?」という疑問や「引っ越し費用は発生するのかな?」ということではないでしょうか?

ウォーターワンへの満足度が低かったという方であれば「引っ越しを機会に他のサーバーへ乗り換えようかな?」と検討しているケースもありますよね?

この記事では、ウォーターワンを利用中の方が引っ越しを行う際に知っておいた方が良い「引っ越し手続き」についてや、「サーバーの移送はどうなるのか」などの疑問にお答えしています。

ウォーターワンを契約中で引っ越しの予定があるという方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

ウォーターワンのウォーターサーバーは引っ越しできるの?

まずは「ウォーターワンのウォーターサーバーは引っ越しできるのか?」という点について紹介していきます。

ウォーターワンの引っ越しは可能

結論として、ウォーターワンは引っ越し可能なウォーターサーバーです。ただし、手続きなしで引っ越ししてしまうと、元々の住所にお水などが届いてしまうので、必ず引っ越しの手続きを行うようにしましょう。

手続きの方法やサーバーの移送方法については、別の項目で紹介しますね。

年数縛り(最低利用期間)の有無について

ウォーターワンの引っ越しは解約の手続きではないので、契約年数、使用年数に関わらず引っ越し可能です。

契約後、思わぬ引っ越しで短期間での引っ越しになったとしても問題ないので、ウォーターサーバーの年数縛りは気にせずに引っ越しの手続きを進めましょう。

必要な引っ越し費用について

ウォーターワンの引っ越し費用は、無料になるケースと有料になるケースがあります。

有料になるケースとしては、契約から5年未満の状態でサーバーの配送をウォーターワンに依頼する形で引っ越しをする場合、13,200円(税込)の料金が発生します。

無料で引っ越しできる条件としては、サーバーの移動などを利用者が行う場合と、契約から5年が経過している場合があります。

そのため、契約から5年未満での引っ越しの場合、引っ越し業者に他の荷物と一緒に運んでもらうことで、13,200円(税込)の費用を支払わずにすむということになりますね。

引っ越し向けのキャンペーンはあるの?

ウォーターワンには、引っ越し向けのキャンペーンがあります。

キャンペーンの内容としては「サーバーの移動を利用者自身で行った場合、お水が2本もらえる」という内容です。ということは、引っ越しキャンペーンを利用することで、配送を依頼する際の13,200円(税込)が無料になった上にお水が2本もらえるということなので、ダブルでお得になるわけですね。

引っ越し業者にまとめて運んでもらえる方や、自家用車などでご自身で運べるという方は、引っ越しキャンペーンを利用してみましょう。

引っ越しキャンペーンは引っ越し後に申し込むことは出来ないので、利用する場合は必ず引っ越し前に「引っ越しキャンペーンを使う」という意思を伝えましょう。

ウォーターワンを引っ越す際の移送や梱包はどうなるの?

続いて、ウォーターワンを引っ越す際のサーバーの移送や梱包はどうなるのか?という疑問について解消していきましょう。

水抜きは利用者が行うのか?業者が行うのか?

ウォーターワンのサーバーを引っ越し先でも利用する場合、ウォーターサーバーの水抜きを利用者が行う方法と、業者に任せるという方法の2通りあります。

利用者側で行う場合は、お水・お湯側のコックを押して、出なくなるまで繰り返すという形で水抜きを行います。移送中に水漏れしては大変なので、しっかり水抜きを行いましょう。ゴミが入らないように、ホルダーはセットしたままにしておきます。

サーバーの水抜きをウォーターワンに任せたい!という場合は、ウォーターワンにお願いすることも可能です。ただし、契約年数によっては有料になってしまったり、引っ越しキャンペーンの対象外になってしまうので、そのあたりを考慮して判断しましょう。

移送は利用者が行うのか?業者が行うのか?

ウォーターワンのサーバーは、水抜き同様、利用者が行う方法とウォーターワンにお願いする方法の2つの方法があります。

利用者側で運ぶ場合は、サーバーを横にしたりせずに立てた状態で運びます。転倒させたりしないように注意しながら運びましょう。

サーバーの移動を自分で行うのは不安だという方は、ウォーターワンに依頼するか、引っ越し業者などに依頼するという選択もできます。

ウォーターワンに依頼する場合は13,200円(税込)の費用が発生しますが、安全に移設したいという方はウォーターワンに依頼しましょう。

引っ越し先での設置は利用者が行うのか?業者が行うのか?

引っ越し先に移動させたウォーターワンのサーバーは、誰が設置するのでしょうか?こちらはサーバーの移動を誰が行ったのかによって変わります。

まず、サーバーの移動をウォーターワンに依頼した場合、サーバーの設置もウォーターワンの方が行ってくれます。

サーバーの移動を利用者自身や引っ越し業者などが行った場合は、サーバーの設置は利用者で行うことになります。

引っ越し後の環境にも注意が必要

ウォーターサーバーの引っ越しには、引っ越し後の環境にも注意が必要です。ウォーターサーバーによっては地域によって利用できない場所があるケースや、料金が変わるということもあります。

ウォーターワンの場合はどのような注意点があるのか確認しておきましょう。

引っ越し後の地域で利用できるか確認する

ウォーターワンは、利用地域によって利用できないお水があるので注意しましょう。引っ越し先が「沖縄県」の場合は注意が必要です。

沖縄でウォーターワンを利用する場合「ウォーターワン沖縄」というお水を注文することになります。

ウォーターワンには富士山の天然水や南阿蘇の天然水などもありますが、沖縄の場合はウォーターワン沖縄のみの利用になってしまいます。沖縄に引っ越す際は注意しましょう。

引っ越し後の地域で料金に違いが無いか確認する

ウォーターワンは、利用する地域によって送料が違うという特徴があります。ある地域では送料が無料のお水が、他の地域では有料になる場合があります。

そのため、引っ越し先での送料がどうなるのかは把握しておく必要があります。

ウォーターワンの地域とお水毎の送料は下記表のようになっています。

富士山南阿蘇島根沖縄
北海道100円400円400円500円
北東北・南東北・関東・信越・北陸・東海(中部)0円200円200円400円
関西・中国・四国100円200円0円500円
九州100円0円200円500円
沖縄0円
※(単位/本、税抜価格)
※代引きの場合、300円(税抜)が別途必要。1万円以上の場合は 400円(税抜)

上記のように、同じ富士山の天然水でも関東では送料無料で、関西では100円(税抜)が必要になるという送料の違いがあります。引っ越しの際は注意しましょう。

ウォーターワンの引っ越し手続きの方法

ウォーターワンの引っ越し手続きは、電話による申込みとなります。HPからの手続きやメールでの手続きはできません。

通話料が有料のナビダイヤルを利用することになるので、通話料が気になる方は質問などをまとめてから電話することをおすすめします。電話番号は下記の番号です。

電話番号
0570-00-4132(通話料有料)
9:00~18:00

ウォーターワンから他社へ乗り換えるという選択肢もある

どうしてもウォーターワンを引っ越し先でも使いたい!という理由がなければ、引っ越しを機会に他のウォーターサーバーへ乗り換えるというのも選択肢としてありだと思います。

例えばウォーターワンに不満な点があったということでしたら、その不満を解消してくれるようなサービスがあれば乗り換えてみたいですよね?

この項目では、ウォーターワンに対する不満の内容に対して、どのようなウォーターサーバーへの乗り換えがおすすめなのか?について紹介していきます。

お水は少ししか使わない→アクアクララ

初回金なし
あんしんサポート料1,000~3,000円(税抜)/月
水代1,200円(税抜)/12L
900円(税抜)/7L
配送料無料※1
休止手数料なし
解約手数料3,000円(税抜)※2
※1 一部商品・地域のみ、宅配料がかかる場合あり
※2 ウォーターサーバー設置後6カ月(180日)を経過しない間に退会した場合は、3,000円(税抜)の退会手数料が発生。

ウォーターワンの定期配送は、3カ月以上休止する場合1,000円(税別)の休止手数料が発生してしまいます。

そのため、お水が不要なタイミングだったとしても、2カ月に1度はお水を注文しなくてはならない最低注文数が設定されています。この最低注文数が負担だったという方は、最低注文数が設定されていないウォーターサーバーに乗り換えてみましょう。

最低注文数が設定されていないウォーターサーバーにはアクアクララがあります。アクアクララは必要な分を必要な時に注文するタイプのウォーターサーバーなので、注文のノルマがありません。

また、他社からの乗り換えの場合はギフトカードがもらえるという特典もあるため、現状でウォーターワンを契約しているという方には、お得に乗り換えられるウォーターサーバーとなっています。

ボトル交換が大変だった→コスモウォーター

初回金なし
サーバーレンタル料無料※1
水代2,052円(税込)/12L
配送料無料※2 
休止手数料880円(税込)/月※3
解約手数料9,900円(税込)※4
※1 smartプラス(ウッド・ライトウッド)の場合のみ、初回に限定カラー料2,000円(税別)が別途かかる。
※2 北海道の場合は、お水1本につき送料200円(税別)が別途かかる
※3 2カ月以上連続して停止する場合(特選水の場合、1カ月以上連続して停止する場合)は、休止手数料として1台につき、月額税込880円の支払いが必要
※4 規定利用期間(2年)満了前に解約する場合、サーバー引取手数料税込9,900円が発生

ウォーターワンのサーバーは、どのサーバーを選んでもボトルを上部に設置するタイプのサーバーです。そのため、ボトルを上部に設置するのが大変で負担に感じている方もいるかと思います。

そんなボトルの設置を負担だと感じている方は、ボトルの設置が楽なウォーターサーバーへの乗り換えを考えてみましょう。

ボトルの設置が楽なウォーターサーバーには、【コスモウォーター】があります。コスモウォーターは足元でボトルの設置を行うタイプのサーバーが用意されているので、お水ボトルを持ち上げる必要なく交換可能です。

コスモウォーターは、他社からの乗り換えの場合5,000円分のキャッシュバックがもらえるというキャンペーンを行っています。ボトルの設置が楽になるうえにキャッシュバックまでもらえるのであれば、引っ越しを機会に乗り換えてみるのも良い選択かも知れませんよ。

お水をたくさん使いたい→ウォータースタンド

初回金なし※1
サーバーレンタル料2,480円~7,980円(税抜)/月※2
水代使用した水道代
配送料なし
休止手数料- ※3
解約手数料10,000円(税抜)※4
※1 代理店対応エリアの一部では初期設置費用が別途有料になる場合あり
※2 通常プランの場合の料金。お得な「長得プラン」もあり
※3 設置から1年未満の利用休止(一時的利用停止)の場合、撤去費用10,000円(税抜)
※4 設置から1年未満の解約の場合、撤去費用10,000円(税抜)

ウォーターワンのお水は気に入っているけれど、お水ボトルの料金のことを考えると節約しながら使っていて、もっとたくさん使いたい…。お水の値段が気になって節約しているという方は、飲み放題のウォーターサーバーに乗り換えてみてはいかがでしょうか?

飲み放題のウォーターサーバーにはウォータースタンドというサービスがあります。ウォータースタンドは水道水を使用するウォーターサーバーです。そのため、ボトルの購入は不要でどれだけ使用してもかかる料金は水道代だけです。(※ウォーターサーバーのレンタル料は掛かります。)

しかも、他社からの乗り換えであれば、違約金や撤去費用などを10,000円分(ポイント還元)サポートしてくれるという特典が付いてきます。現状でウォーターワンの解約金が発生するという条件の方にとっても嬉しい乗り換え先となっています。

ウォーターワンのウォーターサーバーの引っ越し まとめ

ウォーターワンは、引っ越し可能なウォーターサーバーです。サーバーの移送を自分で行うこともできれば、ウォーターワンにお願いするという選択も出来るウォーターサーバーとなっています。

利用者側でサーバーの移送を行うということであれば、引っ越しキャンペーンでお水がもらえる特典があるので、ご自身でサーバーの移送を行うのもありだと思います。

また、引っ越しを機会に他のサーバーに乗り換えるという選択もあるので、他のウォーターサーバーについても確認し、引っ越し先の新生活をそのサーバーでスタートするのかを考えるのも楽しい時間になるのではないでしょうか?

この記事を監修した人
水メガネ

大手企業で6年間ウォーターサーバーの営業を経験し、そこで得たお客様からのダイレクトな意見を活かして本当におすすめ出来るウォーターサーバーについての日々研究しています。これまでに複数のウォーターサーバーを自ら試した経験からニーズに合わせた最適なウォーターサーバーをご提案します。

水メガネをフォローする
メーカーで選ぶ
水メガネをフォローする
ウォーターサーバー比較
タイトルとURLをコピーしました