サントリー天然水のウォーターサーバーを実際に使ってわかったメリット・デメリット

メーカーで選ぶ

ウォーターサーバーについて調べていると、あのサントリーの天然水が飲めるウォーターサーバーを発見して、驚いたという方もいるのではないでしょうか?

有名なメーカーなのでウォーターサーバーを検討中なら気になりますよね。

そこで、筆者が実際にサントリー天然水のウォーターサーバーを使ってみた感想を紹介します。

サントリー天然水のウォーターサーバーの特徴や、使用したからこそわかったメリットやデメリットなど。検討中の方は、参考にしてみてくださいね。

サントリー天然水のウォーターサーバーの特徴

まずはサントリー天然水のウォーターサーバーの特徴を確認しておきましょう。

サントリー天然水のウォーターサーバーのレンタル料金

サントリー天然水のウォーターサーバーを実際に使ってわかったメリット・デメリット

サントリー天然水のウォーターサーバーのレンタル料金は無料です。メンテナンス料も無料なので、サーバーは無料でレンタルすることができることになります。

また、初期費用も無料なので、レンタルの初月に初期費用を請求される心配もありません。必要になるのは注文したお水代のみとなっています。

また、1カ月に6箱以上のお水を使うという場合は、バリュープランというお水が割引されるプランが用意されています。バリュープランの場合は月会費が1,100円必要になるので、お水代以外にも費用が発生することを覚えておきましょう。

サントリー天然水のウォーターサーバーのデザイン

サントリー天然水のウォーターサーバーを実際に使ってわかったメリット・デメリット

サントリー天然水のウォーターサーバーは、据え置き型となっています。色はホワイトとブラックが用意されています。

デザインはスタイリッシュで、どのような空間にも合うシンプルさが魅力的です。

サントリー天然水のウォーターサーバーのサイズ

サントリー天然水のウォーターサーバーを実際に使ってわかったメリット・デメリット
※モデルの女性の身長160cm

サントリー天然水のウォーターサーバーのサイズは、横幅37cm×奥行45cm×高さ124cmです。サーバーの上部にはお水を設置する場所があるのですが、そこに付いているフタのサイズは29cmとなっています。

設置場所に必要なイメージとしては、新聞片面の半分のスペースなので、手元にメジャーが無い状況で、近くに新聞紙があるという場合は、新聞紙でスペースを確認してみるのも良いですね。

サントリー天然水のウォーターサーバーの給水口

サントリー天然水のウォーターサーバーを実際に使ってわかったメリット・デメリット

サントリー天然水のウォーターサーバーの給水口は、2つです。左側がお湯給水口、右側が冷水給水口となっています。受け皿は丸ごと取り外すことが可能です。

給水口の高さは、床から81cmにある操作ボタンの少し下です。この高さで給水する際に、高すぎる、低すぎるなどの違和感がないか、イメージしてから契約すると良いでしょう。

給水口の手入れは、除菌アルコールウェットティッシュで拭くなどして行います。

サントリー天然水のウォーターサーバーの機能

サントリー天然水のウォーターサーバーの、魅力的な機能を紹介します。

おいしさキーパー機能

サントリー天然水のウォーターサーバーを実際に使ってわかったメリット・デメリット

サントリー天然水のウォーターサーバーには、おいしさキーパー機能が搭載されています。業界最高水準のオートクリーンシステムにより、天然水の美味しさを守っています。

おいしさキーパー機能は1日1回、希望の時間を設定して作動させることができます。おいしさキーパー機能が作動している間は、「おいしさキーパーランプ」が点灯し、サーバーを使うことが出来ないので、使用しない時間帯に設定することをおすすめします。

また、「おいしさキーパーランプ」が消灯した直後は、30℃前後の水が出る状態なので、適温で飲めるようになるには3時間ほど待つ必要があります。

適温になるまでの時間も考慮しながら、おいしさキーパー機能を活用しましょう。

4段階温度設定機能

サントリー天然水のウォーターサーバーを実際に使ってわかったメリット・デメリット

サントリー天然水のウォーターサーバーには、温度を4段階に設定できる「4段階温度設定機能」が搭載されています。「4段階温度設定機能」は、お湯2段階、冷水2段階で設定されます。

冷水の2段階であれば、通常モードが4℃から9℃、弱冷モードが12℃から15℃になります。お湯の2段階は、通常モードで85℃から92℃、弱温モードで70℃から75℃の温度で設定されます。

このように、冷温水対応サーバーの中でも、合計4段階の温度調節ができるタイプなので、温度設定が複数あると嬉しいという方に嬉しいサーバーとなっています。

2重のチャイルドロック機能

サントリー天然水のウォーターサーバーを実際に使ってわかったメリット・デメリット

サントリー天然水のウォーターサーバーには、サントリー独自の「2重のチャイルドロック機能」が搭載されています。

「2重のチャイルドロック機能」の内容として、1つめのロック機能は「全操作ロックボタン」です。このロックは、給水ができないようにロックするだけではなく、全てのボタン操作ができなくなるというロックです。全操作ロックボタンは、扉の内側に設置されているので、簡単には操作できない形で搭載されています。

2つ目のロック機能は「注水ロックボタン」です。こちらは注水に対してだけのロック機能となっていて、冷温水の両方をロックしてくれます。給水ボタンのところに「ロック解除」というボタンがあるので、こちらを2秒以上長押しすることで解除し、5秒後には再びロックされます。

使うたびに冷温水ともにロックを解除するのが面倒という場合は、お湯と冷水を個別にロックすることも可能となっています。自由度の高いロックが標準で搭載されているのはとても助かりますね。

持ち上げ楽チン!天然水ボックス

サントリー天然水のウォーターサーバーを実際に使ってわかったメリット・デメリット

サントリー天然水のウォーターサーバーは、軽くて持ち上げやすい天然水ボックスを使用しています。

まずお水の重さですが、7.8Lとなっているので、ウォーターサーバーでよく見かける12Lのボトルと比べて軽い設計になっています。この重さでしたら、力の弱い方や年配の方でも持ち上げることができますね。

また、軽めの容器とはいえ、顔の高さまで持ち上げるとなると簡単な作業では無くなってしまいます。そのため、ボックスの交換は胸の高さで行えるようにし、お水の交換が楽に行えるように設計されています。

サントリー天然水のウォーターサーバーが選ばれる理由

なぜ、数あるウォーターサーバーの中から、筆者はサントリー天然水のウォーターサーバーを選んだのか。その理由についてです。

サントリー天然水ウォーターサーバーを利用して感じる便利なポイント、おすすめポイントを交えながら紹介します。

スッキリ見せる!ボトルが隠れるデザイン

サントリー天然水のウォーターサーバーを実際に使ってわかったメリット・デメリット

サントリー天然水のウォーターサーバーは、セーバーのデザインがスッキリしていて魅力的でした。

特にお水のボックスを設置するところが隠れるデザインは、家に設置するには良いなと感じました。お水のボトルがむき出しのタイプでも、職場や待合室であれば良いと思いますが、家でお水むき出しには抵抗があります。

全体的にシンプルで、どんなインテリアにも合いそうなデザインが魅力的です。

4段階の温度設定が便利!

サントリー天然水のウォーターサーバーを実際に使ってわかったメリット・デメリット

サントリー天然水のウォーターサーバーは、4段階のお水の温度で使用できます。

一般的なウォーターサーバーでは、温度は冷水と温水の2種類が用意されているサーバーが多く、さらに細かい温度設定があるサーバーはそう多くはありません。

再加熱で熱湯を作るサーバーも見かけましたが、それでも温度は3種類ということになります。

4段階の温度設定は他のサーバーとの比較として自由度が高く用途に応じて便利に使えます。

サーバーレンタル料や初期費用が無料!

サントリー天然水のウォーターサーバーは、サーバーレンタル料や初期費用が無料であることも魅力のひとつです。

他メーカーのウォーターサーバーでは、サーバーのレンタル料が数百円や数千円というものも見かけました。当然機能の差などがあると思うので、レンタル料金が必要なサーバーもあると思うのですが、サントリー天然水のウォーターサーバーも十分な機能を備えています。にも関わらず、レンタル料や初期費用が無料なのはサントリー天然水ウォーターサーバーの魅力といえるでしょう。

チャイルドロックが2重で小さい子どもがいても安心!

サントリー天然水のウォーターサーバーを実際に使ってわかったメリット・デメリット

サントリー天然水のウォーターサーバーの「2重のチャイルドロック機能」は、子どもがいる環境では安心して使える要素の一つです。

ウォーターサーバーは、できるだけ子どもが触れないように配慮が必要ですが子どもというのは大人が思っている以上に行動的で、気が付いたらサーバーを触ってしまうもの…。そんな子どもがいる環境の中でウォーターサーバーを使うのであれば、チャイルドロック機能は要チェック項目の一つです。

サントリー天然水のウォーターサーバーは、全ボタンロックという強力なチャイルドロックが付いているということと、冷水と温水に個別でロックをかける機能もついているので、小さな子ども・やんちゃざかりの子どもがいる家庭でも安心して使えます。

お水が軽く交換が楽チン!

サントリー天然水のウォーターサーバーを実際に使ってわかったメリット・デメリット

サントリー天然水のウォーターサーバーのお水は、他のウォーターサーバーと比較すると軽いというのも特徴の一つです。

一般的なウォーターサーバーのボトルのサイズは12Lのものが多いのですが、サントリー天然水のウォーターサーバーのお水は7.8Lです。

ウォーターボックスは小学生の女の子でも持ち上げることができる程度の重さなので、女性でも比較的簡単に交換できるのも魅力です。

お得なキャンペーンを活用できる!

サントリー天然水のウォーターサーバーを実際に使ってわかったメリット・デメリット

サントリー天然水のウォーターサーバーでは新規申し込みの方全員に2箱プレゼントというキャンペーンを開催しています。キャンペーン中に契約すると、お水がもらえるなどウォーターサーバーをお得に使うことが出来ます!ウォーターサーバーの導入を検討している場合は必ずキャンペーン情報も確認しましょう!

すでに他社サーバーを利用している場合は…

サントリー天然水のウォーターサーバーを実際に使ってわかったメリット・デメリット

すでに他社サーバーを利用している方も、サントリー天然水ウォーターサーバーへお得に乗り換え出来ます。他社での利用状況がわかる証明書を添付することで、新規契約キャンペーン同様お水ボックス2箱に加えてギフトカード8,000円分のプレゼント。

今、利用しているウォーターサーバーに満足していない方でサントリー天然水ウォーターサーバーへの乗り換えを検討している方もキャンペーン情報をチェックしておきましょう!

サントリー天然水は飲みなれていて安心だった

サントリー天然水のウォーターサーバーを実際に使ってわかったメリット・デメリット

サントリー天然水は今までにもペットボトルで飲んでいたので、安心して利用できると思いました。

知らないところのウォーターサーバーを契約して、お水が口に合わなかったら嫌だなと思っていました。サントリーの天然水が飲めるウォーターサーバーであれば、お水の味が嫌いという心配はないと思ったので、安心して選ぶことができました。

知名度の高いところの飲んだことがあるお水というのは、圧倒的なアドバンテージだったと思います。

サントリー天然水のウォーターサーバーを実際に使って感じたメリット・デメリット

ここからは、サントリー天然水のウォーターサーバーを使って感じたメリットとデメリットを紹介します。

サントリー天然水のウォーターサーバーに感じたメリット

まずはサントリー天然水のウォーターサーバーに感じたメリットからお伝えしていきます。

メリット(1)冷温水がある生活はとにかく楽!

サントリー天然水のウォーターサーバーを実際に使ってわかったメリット・デメリット

サントリー天然水のウォーターサーバーがある生活はとにかく楽です。

飲みたい時に冷たいお水が出ますし、沸かさなくてもすぐにお湯も出ます。飲みたい時に飲みたい温度のお水が用意できることは、とても便利なんだなと感じています。

考えてみると、人間は水がなければ生きていけないわけですから、お水のことで便利になるということは、生活が便利になることに直結しているのだなと思うようになりました。

冷温水がある生活はとても便利です。

メリット(2)チャイルドロックはやっぱり安心!

サントリー天然水のウォーターサーバーのチャイルドロックは、思っていた通り必要でした。

親が見ている時は良いですが、子どもを部屋に置いた状態では、不安で離れることができません。離れるといっても1分にも満たない程度の時間ですが、その短時間でも子どもは思いもよらない行動をとるからです。

今は基本全ロックを使用していますが、もう少し子どもが大きくなって、操作させても良いかな?と思えるようになれば、温水をロックした状態で使ってみたいと思っています。

全ロックなんて解除が面倒と思うかもしれませんが、お湯を沸かす時間を思えば一瞬のことです。

メリット(3)ペットボトルのお水を買わずにすむ!

サントリー天然水のウォーターサーバーを設置して以降、スーパーでお水を買うことはなくなりました。

それに伴って買い物は楽になり、ペットボトルのゴミも減りました。どちらもあまり気にしていませんでしたが、荷物やゴミが減ることは嬉しいなと、使い始めて思うようになりました。

メリット(4)飲み慣れたサントリーの天然水が美味しい!

サントリー天然水のウォーターサーバーを実際に使ってわかったメリット・デメリット

サントリー天然水は今までにもペットボトルで飲んでいたので、安心して利用できますし、今までペットボトルで購入していたお水が自宅で、いつでも飲めるのはメリットです!

試したことがないウォーターサーバーを契約して、お水が口に合わなかったら嫌だなと考えている人にとっては圧倒的なアドバンテージです。お水の味にこだわりたい方、お水の味に敏感な方におすすめしたいウォーターサーバーです。

サントリー天然水のウォーターサーバーに感じたデメリット

続いて、サントリー天然水のウォーターサーバーに感じたデメリットをお伝えしていきます。

デメリット(1)お水の箱が小さい

サントリー天然水のウォーターサーバーを実際に使ってわかったメリット・デメリット

サントリー天然水のウォーターサーバーは、お水の箱が軽いところが魅力の一つです。

とはいえ、軽いからこそ1回で設置できるお水の量は少ないので、交換の頻度は多くなるなと感じています。

以前利用していた12Lボトルのウォーターサーバーよりも交換頻度が高いため、その点はデメリットかもしれません。

デメリット(2)ボトル設置が難しい

サントリー天然水のウォーターサーバーを実際に使ってわかったメリット・デメリット

お水の箱が小さく、持ち上げやすいウォーターボックスではありますが設置にはちょっとしたコツが必要です。ウォーターボックスから白い口部を取り出し、サーバー本体の接続部にはめ込む作業が必要なのですが、この作業がちょっと難しく面倒かもしれません。使い続けているうちに慣れるのかもしれませんが、交換が面倒というのはデメリットの一つかもしれません。

サントリー天然水のウォーターサーバーはこんな人におすすめ

ここまでお伝えした内容をもとに、サントリー天然水のウォーターサーバーはどのような方におすすめのウォーターサーバーなのか?について紹介します。

知名度の高いウォーターサーバーが良いという人におすすめ

サントリー天然水のウォーターサーバーを実際に使ってわかったメリット・デメリット

サントリー天然水のウォーターサーバーは、サントリーの天然水という圧倒的な知名度のある天然水が飲みたいという方におすすめのウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーを調べていると、良さそうなサービスは沢山あります。それでも、それはあくまで良さそうであって、本当に良いのかはわかりません。

一方、サントリー天然水のウォーターサーバーであれば、少なくともお水は飲んだことがあったり、ペットボトルで購入して飲んでみることができます。

美味しそうではなく美味しいと確認してから安心して利用したい!という方は、サントリー天然水のウォーターサーバーがおすすめです。

ボトルが見えないウォーターサーバーが良いという人におすすめ

サントリー天然水のウォーターサーバーを実際に使ってわかったメリット・デメリット

サントリー天然水のウォーターサーバーは、お水の設置場所が隠れるタイプのサーバーです。

そのため、ボトルがむき出しのタイプと比べて、とてもスタイリッシュで空間に馴染みます。

いかにもウォーターサーバーというサーバーではなく、一見ウォーターサーバーなのか分からないくらいのサーバーが良いという方は、サントリー天然水のウォーターサーバーを選びましょう。

チャイルドロックが強力なウォーターサーバーが良いという人におすすめ

サントリー天然水のウォーターサーバーは、2段階のチャイルドロックが魅力的です。

子どもを持つ親としては、熱湯で火傷でもしたらと考えると、恐ろしくてウォーターサーバーを利用できないという方もいると思います。

サントリー天然水のウォーターサーバーは、全ロックのチャイルドロックまで付いているので、子どもがいる家庭にもおすすめできます。

サントリー天然水のウォーターサーバーを使用した感想 まとめ

サントリー天然水のウォーターサーバーは、あのサントリーの天然水が飲めるウォーターサーバーです。

その知名度は圧倒的なので、有名なところのウォーターサーバーを使いたい!という方にとっても、安心して利用することができます。

サーバーのレンタル料は無料ですが、2重のチャイルドロックや4段階の温度設定があるなど、十分な機能を兼ね備えたサーバーだと思います。

サントリーの天然水を飲んだことがある方は、安心してサントリー天然水のウォーターサーバーを契約してみましょう。

この記事を監修した人
水メガネ

大手企業で6年間ウォーターサーバーの営業を経験し、そこで得たお客様からのダイレクトな意見を活かして本当におすすめ出来るウォーターサーバーについての日々研究しています。これまでに複数のウォーターサーバーを自ら試した経験からニーズに合わせた最適なウォーターサーバーをご提案します。

水メガネをフォローする
メーカーで選ぶ
水メガネをフォローする
ウォーターサーバー比較
タイトルとURLをコピーしました