ウォータースタンドの最低利用期間や解約金はいくら?

メーカーで選ぶ

定額でRO水が飲み放題のウォータースタンド。使ってみたものの、「思ったより配線が目立つ」「やっぱり天然水が飲みたい」「他のウォーターサーバーが気になる」ということはありませんか?

そんな方に向けて、この記事ではウォータースタンドの解約方法を紹介します。解約金や最低利用期間、手続きの流れなど。ひと通り読んでいただけるとウォータースタンドの解約時のギモンを解消できますよ。

また、他社のウォーターサーバーも気になる方へ、ウォータースタンドから乗り換えにおすすめなウォーターサーバーを厳選してご紹介します。解約を検討している方も、まだ解約する予定が無い方もぜひ参考にしてみてください。

ウォータースタンドの最低契約期間と解約金

まずウォータースタンドの最低契約期間と、解約金をみてみましょう。ウォータースタンドを利用中の方の確認ポイントは2つです。

  1. 長得(ちょーとく)プランを利用して22ヶ月以上経ったかどうか
  2. 現在の「利用期間」が1年以上あるかどうか

あらかじめコールセンターや契約書で確認しておくと、解約にかかる負担金が一目でわかりますよ。

ウォータースタンドの最低利用期間

ウォータースタンドの最低契約期間は1年間です。契約から1年以内に解約した場合、撤去費用が発生するので注意しましょう。なお引っ越しによる移設費用はかかりません。

また、1年以内にサーバーの機種変更をした場合も手数料が必要です。ウォータースタンドの機種は10種類以上。違うサーバーを使ってみたい方は、1年たってから検討しましょう。

ちなみに長得プランを利用して22ヶ月未満で解約すると損してしまうので要注意。解約や変更の前に、いままでの契約期間を確認しておくとスムーズに手続きできますよ。

ウォータースタンドの解約金

最低利用期間が確認できたら、気になる解約金をチェックしていきましょう。

契約から1年以内の解約は、撤去費用として10,000円(税別)が請求されます。また、長得プランを利用して22ヶ月未満で解約すると、割引金額が前払い金額を下回るので要注意。

長得プランは登録料10,000円(税別)を前払いすることで毎月のレンタル料が480円OFFになるサービスです。解約しても10,000円(税別)の返金はありません。解約するかどうかは、負担金を含めてしっかり検討しましょう。

他社は2年~3年の最低利用期間が多く、中には解約費用が10,000円以上かかるケースも。

ウォータースタンドの最低契約期間は比較的短く、解約全般のハードルは低いほうだといえるでしょう。

ウォータースタンドの解約方法

メーカーによって解約方法は異なるもの。ここではウォータースタンドの解約方法を詳しく説明していきます。

「手続きが面倒で解約を先延ばしにしてしまった・・・」ということが無いように、チェックしておきましょう。

電話による解約方法

ウォータースタンドの解約方法は電話のみ。コールセンターに電話し、あなたの契約情報と、解約したいことを伝えてください。「電話だと解約を引きとめられそう・・・」と思われるかもしれませんが、10分もかかりませんので大丈夫です。

また、解約時の負担金やサーバーの返却方法などを詳しく教えてもらえます。コールセンターのスタッフと直接話してギモンを解消できるので、スッキリして解約することができますよ。

<解約の手続き>
ウォータースタンドお客様センター
0120-032-114
(受付時間/9:00~21:00)年中無休

受付時間は年中無休、21時までと長め。平日忙しい方も、お休みの日やお仕事終わりに電話をかけることができるのではないでしょうか。

マイページから解約できる?

ウォータースタンドにはマイページがありません。解約や変更の手続きはコールセンターへ電話する必要があります。

電話での問い合わせが難しい場合は、ホームページのお問合せフォームから連絡することができます。お問合せ内容を記録に残しておきたい方はこちらを利用しましょう。

解約前に利用休止という選択肢はある?

ウォータースタンドには利用休止サービスはありません。

解約するかどうか悩んでいる場合、とりあえず利用を休止したいと考えている方もいるのではないでしょうか。残念ながら、ウォータースタンドは全く使わない月でもレンタル料は発生します。定額で使い放題のサーバーは、全く使わない月はデメリットになってしまいます。

もし数日間使わない場合は、止水栓を閉めておくとトラブルが回避できますよ。旅行やお仕事で留守になる場合は、忘れずにバルブを閉めておきましょう。

解約時のサーバーの取り扱い方法について

解約の手続きが終わったら、最後にサーバーの返却が必要です。サーバーは意外と重そうなので、返却作業は大変に感じるかもしれません。

業者に回収してもらえるのか、自分で作業する必要があるのか。気になるポイントを説明します。

サーバーは業者が回収に来てくれる?

ウォータースタンドは水道直結型なので取り外し工事が必要です。解約手続きをすると、スタッフがサーバーの撤去と回収にきてくれるので、作業はおまかせでOK。

工事には立ち合いが必要なので、解約申し込み日から1カ月以内の回収日を選びましょう。解約手続きの前に、スケジュールを確認しておくとスムーズです。

返却時には水抜きなどの処理が必要なのか?

ウォータースタンドの場合は水抜きや梱包作業は必要ありません。スタッフが撤去と回収にきてくれるので、自分では何もしなくていいのは嬉しいですね。

いっぽう他社の場合、水抜きや梱包作業を自分でしなければならないケースも。サーバーはメーカーによっては10kg以上あります。

女性や体力に自信のない方にはかなりの重労働となりますが、回収日までにこれらを済ませておく必要があります。

【解約した理由別】乗り換えるウォーターサーバーはコレ

ウォータースタンドの解約を考えている方は、もっと自分に合ったウォーターサーバーを探しているのかもしれません。

一度ウォーターサーバーのある生活に慣れると、ウォーターサーバー自体の利用はやめづらいもの。そこで、他社への乗り換えという選択はいかがでしょうか。

ここでは、よくある解約理由をもとに、ウォータースタンドからの乗り換えをおすすめできるウォーターサーバーを2つ厳選しました。参考にしてみてくださいね。

(1)置き場所が移動できない→フレシャス

ウォータースタンドの最低利用期間や解約金はいくら?
初回金 なし 
サーバーレンタル料 無料~※1
水代 925円(税抜)/4.7L
1,155円(税抜)~/7.2L
1,506円(税抜)/9.3L
配送料  無料
休止手数料 1,000円(税抜)/月※2
解約手数料 9,000円(税抜)〜※3
※1 一部サーバーは条件付き無料
※2 自己都合により2カ月連続してサービスを中断した場合、翌月以降、サービス再開するまで月額税抜1,000円の休止手数料が発生
※3 レンタルプランで契約後またはサーバー交換後、1年未満で解約した場合、解約金として税抜15,000円、また、1年経過後、2年未満で解約した場合は、税抜9,000円が発生

ウォータースタンドのサーバーは設置の際に取り付け工事が必要です。一度設置場所を決めると簡単には移動できません。

また、プレミアムシリーズの設置場所は水栓から3~5m以内に限られます。子どもの成長に合わせて置き場所を変えたり、お部屋の模様替えなどを機に気軽に置き場所を変えたい方はフレシャスに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

「フレシャスdewo・mini(デュオ・ミニ)」のサーバーは業界最小の卓上ウォーターサーバー。

コンセントからコードさえ届けば、置き場所を選びません。サーバーの重量は7.3kgとコンパクト。機能はそのままに、従来モデルの1/3のサイズダウンを実現しています。

カラーバリエーションは選べる3種類。メタリックブラックはクールな印象で、アーバンなオフィスにマッチ。スカイグレーのやわらかな雰囲気は、どんなテイストのお部屋にもなじむことができます。

そしてモダンから和室まで自然と調和できるカッパーブラウン。お部屋のアクセントとして活躍できそうですね。

ウォータースタンドの最低利用期間や解約金はいくら?

お水パックは軽量な4.7L。重たいお水ボトルを持ち上げる必要はありません。女性や体力に自信の無い方も、簡単に交換できますよ。

フレシャスの乗り換えキャンペーン

ウォータースタンドの最低利用期間や解約金はいくら?

フレシャスは、乗り換えキャンペーンを実施中。他社から乗り換えた場合、解約手数料を最大16,500円までキャッシュバックしてくれます。

ウォータースタンドを1年以内に解約しても、撤去費用の10,000円がフレシャスから戻ってくるので、負担がゼロに。キャンペーンは期間限定なので、お早めにチェックしてみてくださいね。

(2)天然水が飲みたい→プレミアムウォーター

ウォータースタンドの最低利用期間や解約金はいくら?
初回金 初回登録事務手数料3,300円(税込)
サーバーレンタル料 0〜1,100円(税込)/月
水代 3,542円(税込)~/7 L×2本
3,974円(税込)~/12L×2本
配送料 無料~※1
休止手数料 800円(税抜)~※2
解約手数料 10,000円(不課税)~※3
※1 基本的には全国送料無料、ただし選択する水の種類によって一部地域で配送料が必要となるので要確認。
※2 60日間連続で休止した場合は800円(税抜)の休止事務手数料が発生。さらに、90日間経過後も800円(税抜)、120日間経過後で強制解約となる。
※3 基本プランに加入していて2年以内に解約の場合には、早期解約手数料として10,000円~(税抜)、PREMIUM3年パックの場合には3年以内に解約で15,000円~(税抜)がかかる。マムクラブの場合は3年以内に解約で20,000円~(税抜)がかかる。

ウォータースタンドの原料は水道水です。サーバー内のフィルターを通すことで不純物を除去する仕組み。

水道水特有の臭いや味を取り除いたRO水はクリアな飲みごこちだと言われています。ですが、天然水のまろやかな味わいにこだわりたい方は物足りなく感じるかもしれません。

プレミアムウォーターを選べば、自然がはぐくんだミネラル豊富な天然水を飲むことができますよ。

プレミアムウォーターは100%天然水。こだわりの「非加熱処理」により、天然水ならではの口当たりの良さ、まろやかさをそのままにお届け。「生」のおいしさを楽しむことができますよ。

採水地は北アルプス、富士吉田、南阿蘇など。国内屈指の水質を誇るナチュラルミネラルウォーターを味わってみてはいかがでしょうか。

また、プレミアムウォーターは送料無料(一部地域を除く)。プレミアム3年パックを選べば、定期購入でお水代が最安クラスになります。送料、サーバーレンタル料はかかりません。純粋にお水の料金だけで続けることができ、オトクですよ。

プレミアムウォーターの乗り換えキャンペーン

ウォータースタンドの最低利用期間や解約金はいくら?

プレミアムウォーターも、乗り換えキャンペーンがあります。他社からの乗り換えで、解約金を最大16,500円キャッシュバック。さらに、新規の申し込みで全員にAmazonギフト券2,000円分をプレゼント。これはぜひ利用したいところですね。

飲んだら貯まるプレミアムウォーターポイントを導入。貯まったポイントは契約者限定オンラインショップでさまざまなアイテムと交換できますよ。お水の消費量が多いご家庭や、人数の多いオフィスはどんどんポイントが貯まりますよ。

ウォータースタンドの最低利用期間や解約金 まとめ

ウォータースタンドの解約について簡単にまとめると…

  • 1年間以内の解約で、撤去費用10,000円がかかる
  • 解約の手続きは電話受付のみ
  • サーバーの利用休止はできない
  • サーバーの撤去、回収作業はウォータースタンドにおまかせでOK

 

ウォーターサーバーがある生活に慣れると、いろいろなメリットを実感しますよね。乗り換えにおすすめできるメーカを厳選してご紹介しました。

ウォータースタンドを解約しても、ご自分に合ったウォーターサーバーを選んで賢く乗り換えてみてはいかがでしょうか。

この記事を監修した人
水メガネ

大手企業で6年間ウォーターサーバーの営業を経験し、そこで得たお客様からのダイレクトな意見を活かして本当におすすめ出来るウォーターサーバーについての日々研究しています。これまでに複数のウォーターサーバーを自ら試した経験からニーズに合わせた最適なウォーターサーバーをご提案します。

水メガネをフォローする
メーカーで選ぶ
水メガネをフォローする
ウォーターサーバー比較
タイトルとURLをコピーしました