ジャパネットウォーターを解約するといくらかかる?解約方法をわかりやすくご紹介

メーカーで選ぶ

ジャパネットウォーターを利用していたものの、お水をあまり使わなくなったり、逆にたくさん使うようになって飲み放題のウォーターサーバーに興味が湧いたりして、ジャパネットウォーターの解約を検討している方もいるかと思います。

しかし、実際に解約の手続きするとなると、違約金が発生しないかや、家にあるサーバーをどうしたら良いのかなど、不安な点が出てきます。

この記事では、そんなジャパネットウォーターの解約について悩んでいる方のために、解約する際の解約金についてや、規定利用期間について紹介しています。

ジャパネットウォーターの規定利用期間と解約金

まずはジャパネットウォーターの規定利用期間と、解約金の金額について紹介します。

今このタイミングで解約した場合に解約金が発生したとしても、数カ月後には発生しないなんてこともありますから、必ず確認してから解約の手続きを進めましょう。

ジャパネットウォーターの規定利用期間

ウォーターサーバーを解約する場合、規定利用期間内で解約するとペナルティーが発生する場合があります。

ウォーターサーバーによっては契約が自動更新されて、更新月以外の解約はペナルティーがあるというケースも存在するので、解約時には注意が必要です。

では、ジャパネットウォーターの規定利用期間はどのように設定されているのでしょうか?

ジャパネットウォーターは違約金なし

ジャパネットウォーターには、そもそも契約年数縛り(最低利用期間)が設定されていません。そのため、解約しても違約金は発生しません。

ただし、ジャパネットウォーターの場合、契約時に初期費用として14,080円支払っているため、初期費用分損する形になります。

初期費用なしの場合

キャンペーンなどで初期費用がかからないケースがあります。その場合、サーバーを設置してから2年未満で解約すると初期費用として14,080円支払わなければなりませんので注意が必要です。

解約後の返金に応じない場合

ジャパネットウォーターの解約で、もう1つ注意が必要なのが解約後のサーバーの取り扱いです。解約後は、ウォーターサーバーを返却しなくてはなりません。

ですが、返却に応じなかった場合や所在が不明などでウォーターサーバーを返還しないとウォーターサーバー1台あたり28,000円を請求される可能性があります。

解約後は速やかにサーバーを返却するようにしましょう。

ジャパネットウォーターの解約方法

続いて、ジャパネットウォーターの解約方法について紹介していきます。

解約方法の種類

ジャパネットウォーターを解約する際は、電話で手続きを行うことになります。解約する際は、お水の次回配送日の7営業日前までに連絡する必要があります。

タイミングによってはお水が配送される可能性があるため、解約の申し出タイミングにも注意が必要です。

解約した理由によって乗り換えるウォーターサーバーはコレ

ジャパネットウォーターを解約すると決めたものの、ウォーターサーバー自体は継続して使いたい。希望する条件のサービスがあれば乗り換えしたい…。

そこで、この項目では、ジャパネットウォーターのデメリットの部分を解消してくれるウォーターサーバーを紹介していきます。

ボトル交換が簡単→コスモウォーター

初回金なし
サーバーレンタル料無料※1
水代2,052円/12L
配送料無料※2 
休止手数料880円/月※3
解約手数料9,900円※4
※1 smartプラス(ウッド・ライトウッド)の場合のみ、初回に限定カラー料2,200円が別途かかる。
※2 北海道の場合は、お水1本につき送料220円が別途かかる
※3 2カ月以上連続して停止する場合(特選水の場合、1カ月以上連続して停止する場合)は、休止手数料として1台につき、月額税込880円の支払いが必要
※4 規定利用期間(2年)満了前に解約する場合、サーバー引取手数料税込9,900円が発生

ジャパネットウォーターは、お水の設置位置がサーバーの上部です。そのため、力の弱い方にとっては、設置が大変で嫌だなという気持ちになることもあると思います。

お水の設置位置に不満があったという方は、お水を足元で設置できるウォーターサーバーに乗り換えてみてはいかがでしょうか?

お水を足元で交換できるウォーターサーバーにはコスモウォーターがあります。コスモウォーターにはお水のボトルを足元で設置できるタイプのサーバーが用意されているので、重たいお水を上に持ち上げる必要がありません。そのため、女性や年配の方でもボトルの設置が楽に行えます。

コスモウォーターの乗り換えキャンペーン

コスモウォーターは、他社からの乗り換えで5,000円分のキャッシュバックがもらえるというキャンペーンがあります!他社で掛かった解約金額に関係なく、もれなく5,000円がキャッシュバックされるので、解約金が掛からなかった解約でもキャッシュバックが受け取れますよ!

乗り換えを検討している場合はぜひ活用してお得に乗り換えしましょう!
※キャンペーンの情報は2021年6月時点の情報です。詳細は公式サイトをチェックしてください。

ボトルの設置位置に不満があったという方は、コスモウォーターに乗り換えてみてはいかがでしょうか?

使い放題が良い→ウォータースタンド

初回金なし※1
サーバーレンタル料2,728円~8,778円/月※2
水代使用した水道代
配送料なし
休止手数料– ※3
解約手数料11,000円※4
※1 代理店対応エリアの一部では初期設置費用が別途有料になる場合あり
※2 通常プランの場合の料金。お得な「長得プラン」もあり
※3 設置から1年未満の利用休止(一時的利用停止)の場合、撤去費用11,000円
※4 設置から1年未満の解約の場合、撤去費用11,000円

ジャパネットウォーターは、お水料金が決して安いサーバーではありません。そのため、たくさん使おうと思うと料金が気になってしまい、

少しずつ使っているという方もいるでしょう。もしも現状でお水を使う量を我慢しながら利用しているという方は、使い放題のウォーターサーバーに乗り換えてみてはいかがでしょうか?

使い放題のウォーターサーバーにはウォータースタンドというサービスがあります。ウォータースタンドは水道水を利用するタイプのサーバーなので、お水の注文は行いません。

当然ボトルの追加注文料金は発生しませんから、気軽にたくさんのお水を使うことができます。今までお水を節約しながら利用していたという方には、非常に嬉しいウォーターサーバーです。お水代を気にせずたくさん使いたいという方におすすめです。

ウォータースタンドの乗り換えキャンペーン

ウォータースタンドは他社のサービスからの乗り換えに対して、10,000円分のポイントをプレゼントというキャンペーンがあります。

ポイントは月々のサーバーレンタル料に使用できるのでウォータースタンドを契約後、お得に利用できるというキャンペーンです。

毎日たくさんお水を使いたい、月々のお水料金を気にせず使いたい!という方はお得な乗り換えキャンペーンを活用してチェックして思う存分、ウォーターサーバーを使ってみませんか?

ジャパネットウォーターの最低利用期間や解約金 まとめ

ジャパネットウォーターは初期費用が高額なサーバーなので早期解約するともったいないです。また、初期費用無料キャンペーンを活用した場合2年未満で解約すると初期費用と同様の解約金が発生します。

解約を検討している場合は慎重に検討しましょう。

ジャパネットウォーターからの乗り換えを検討している場合は、解約の理由別にご紹介した2つのウォーターサーバーを検討してみてくださいね。

この記事を監修した人
水メガネ

大手企業で6年間ウォーターサーバーの営業を経験し、そこで得たお客様からのダイレクトな意見を活かして本当におすすめ出来るウォーターサーバーについての日々研究しています。これまでに複数のウォーターサーバーを自ら試した経験からニーズに合わせた最適なウォーターサーバーをご提案します。

水メガネをフォローする
メーカーで選ぶ
水メガネをフォローする
ウォーターサーバー比較
タイトルとURLをコピーしました