[PR]

オープンハウスで家を建てて後悔したケースはあるか調査!満足した人の声も紹介

サービス紹介
本ページはプロモーションが含まれています。

CMでもおなじみのオープンハウスで理想の家を建てたいと考えてはいるものの「信頼して任せていいの?」「実際に建てた人はどう思っているの?」など、気になっていることもあるのではないでしょうか。

オープンハウスなら、安い価格帯で地震に強く安心できる家を建てられます。しかし他のハウスメーカーと比べ保証期間が短いことや、標準仕様では物足りないケースがあるなど注意も必要です。

そこでこの記事では、実際にオープンハウスで家を建てた人が後悔したケースと満足したケース14選を中心に、後悔しないためのポイントもあわせて解説します。

すぐわかる!この記事3つのポイント!
  • オープンハウスで家を建てた後に、床の軋みや欠陥があったという後悔の声があり、これには構造的な問題が影響している場合があるでしょう。
  • 保証期間が短いことや、標準装備では満足できないという意見もあり、追加で高額なオプションが必要になることが負担となる場合がある。
  • コストパフォーマンスの良さや、災害に強い住宅を提供する点での評価が高く、狭小地でも対応可能な点が強みとして挙げられています。
ハウスメーカーポジションマップ

ハウスメーカーポジションマップ

編集部
編集部

ここでは、「家づくりをしている」、「家づくりを考えている」方に利用して欲しいサービスをご紹介します!どちらのサービスも家づくりに間違いなく役立つサービスなので積極的に利用しましょう!

オープンハウスで後悔したケース7選

まずは、オープンハウスで家を建てた人が後悔したケース7選を紹介します。失敗しないためにも、実際にどのようなことで後悔したのかしっかり留意しておきましょう。

新築なのに床が軋んだ

新築なのに床の軋みで後悔したケースがあります。床の軋みは、木造住宅にありがちな「家鳴り」という現象です。気温などによって乾燥していた木材が水分を含んで膨張したり、逆に水分が抜けて縮んだりするときに起こります。

対処法としては、重い家具が一ヶ所に集まらないように分散させるほか、室外との温度差を少なくすることで抑えることが可能です。多少の家鳴りは仕方ないとしても、事前に確認しておくとよいでしょう。

欠陥があった

新築なのに欠陥が見つかって後悔しているケースがあります。一部のオープンハウスですが、実際に床の傷や傾き、配管に穴などの欠陥が見つかっています。せっかく建てた家に欠陥が見つかるのは、もはや致命的な問題といえるでしょう。

傾いているかどうかは住み始めてみなければ気づきにくく、誰もが予測できることではありません。オープンハウスを候補に入れている人は、欠陥事例があることを把握して検討する必要があります。

保証期間が短い

最長30〜60年まで延長可能な保証制度を設けているハウスメーカーも多いなか、オープンハウスの保証は引き渡しから10年のみと短期です。定期点検も2回までは無料ですが3回目以降は有償のため、アフターケアに不満を感じている声も見られます。

何十年も住むことを前提とする家に対して保証期間が短いのは、後悔する大きなポイントといえるでしょう。

外観の自由度が低い

オープンハウスは外観に関する自由度が低く、独創的なデザインは得意ではありません。外装にこだわりたい人がオープンハウスを選択した場合は後悔してしまう可能性が高いです。

標準装備では満足できない

オープンハウスは比較的リーズナブルに家を建てられる分、設備は標準装備ばかりです。設備にこだわりたい場合はオプションやグレードアップが必要になり、予算よりも金額が高くなってしまう可能性があります。

オープンハウスで家を建てたい人は、標準装備やオプションの内容を見積もりの段階でよく確認しましょう。他社と悩んでいる場合は、同じ条件で見積もりを出してもらうことで比較しやすくなります。

断熱性能が頼りない

オープンハウスは低価格で家を提供できるように、断熱材の性能は最低限のものを使用しています。オープンハウス自体は寒冷地域で事業を展開していないので、標準装備でも問題ないと判断しているためです。

もし予算にある程度余裕があり、断熱性能も重視したい人はグレードアップを検討してみてください。

営業担当者の対応が悪い

オープンハウスで後悔しているケースの1つに、営業担当者の対応が悪いという口コミがあります。例えば「夜間に連絡してくる」「レスポンスが多すぎる」「連絡がしつこい」などの不満です。

営業担当者とは家を建てたあとも長く付き合っていくため、悪い印象を受けたときや相性が悪いと感じた場合は、担当者変更を願い出るとよいでしょう。

\無料+2分で完了/
カタログを請求する

オープンハウスで後悔よりも満足が勝ったケース7選

オープンハウスで後悔したことよりも、満足度のほうが高いケースもあります。ここからは、オープンハウスで家を建てた人の満足点を7つ紹介します。

安く建てることができる

オープンハウスは、他社よりもリーズナブルに家を建てられるのが特徴です。地価が高い都市部でも坪単価が50万円を切る場合もあります。家を建てたいけれど大きな予算は出せない人にとっては、土地に関係なくローコストで建てられるオープンハウスは大きな魅力があるといえます。

狭小地でも建てることができた

オープンハウスの得意なことは、狭小地でも家を建てられることです。家を建てるには扱いにくい三角形や台形、傾斜のある土地でも対応してもらえます

限られた土地でも理想の家を建てられる可能性が高いため、狭小地を所有している人はオープンハウスを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

地震に強く安心

オープンハウスはローコストメーカーではありますが、安心・快適に暮らすための家づくりに余念がありません。例えば、木造軸組在来工法という日本で最も普及している建築構法を採用しており、部材は柱と筋交いを用いて建物の剛性を上げています。

また柱や梁だけでは地震の力には耐えられないため、水平力に抵抗する耐力壁を外周全体に配置するなど、万一の災害による倒壊リスクに備えた設計で建築しています。

住宅ローンに関する相談ができる

オープンハウスは、資金計画や住宅ローンについて相談することが可能です。個別相談会を実施しており、ファイナンシャルプランナーによるアドバイスを受けながら計画的に進められます

家を建てたあとも生活費や固定資産税などの費用がかかるため、住宅ローンも加算されるとなると資金計画は極めて重要です。

災害に強い

オープンハウスは建築前に土地の調査と解析をおこない、地盤の軟弱さや傾きがあると判断された場合は補強や改良工事を実施しています。費用は建築費に含まれており、追加費用がかかる心配はありません。

地盤保証システムとして、最高5,000万円と最長20年間の保証があります。

地盤改良以外にも、地震エネルギーを吸収して地震発生時の揺れを軽減する制震装置を設置しているほか、火事が起きた場合でも延焼や倒壊を防止できるように、内装や外装に耐火性が優れた材料を使っています

日本は地震大国であり、いつどんなときに地震や火事が起きるかわかりません。住人の身の安全だけでなく建物自体の被害リスクも抑えられるため、災害に耐えられる家づくりをしたい人におすすめです。

主要都市圏の土地の仕入れが得意

オープンハウスは好立地な都市圏の土地の仕入れを得意としており、販売まで一貫体制を構築しています。他社では購入できない限定物件も取り扱いしているのがオープンハウスの強みの1つです。

首都圏を中心に主要都市圏の土地の仕入れが得意なので、その圏内で家を建てたい人はオープンハウスをおすすめします。

クレーム対応窓口がある

オープンハウスは、お客様相談室や電話問い合わせによるクレーム対応窓口を設置し、苦情やトラブルに迅速に対応できる体制があります。

家を建てるときや建てる前後で不安な点などあれば、相談してみるとよいでしょう。

オープンハウスの基本情報

※画像引用元:オープンハウス公式サイト

基本情報
会社名 株式会社オープンハウス
所在地 東京都渋谷区渋谷一丁目13番9号(2022年1月1日以降)
創業年月日 2021年4月1日
資本金 1億円
事業内容 ・不動産売買の代理、仲介事業
・新築戸建分譲事業
・マンションディベロップメント事業
・不動産投資事業
・不動産金融事業
・前各号に付帯関連する事業
免許・資格 国土交通大臣(1)第9996号
平均坪単価 55万円
公式サイト https://oh.openhouse-group.com/

オープンハウスは首都圏を中心に展開し、名古屋、大阪、福岡など全国エリア拡大中のハウスメーカーです。土地の仕入れから販売までをグループ内でおこない、都心部でも比較的リーズナブルに家づくりを実現しています。

「好立地、ぞくぞく」というキャッチフレーズのとおり、限られた土地でも豊富な実績とノウハウによる設計力と提案力を活かした家づくりをおこなっています。顧客ニーズに合わせた理想の家を建てることができるでしょう。

オープンハウスが安い理由

オープンハウスが安い主な理由には、以下があげられます。

  • 施工まで一貫しておこなっている
  • 割安な土地を取得している
  • 標準装備が最低限に抑えられている

オープンハウスは、自社物件でオープンハウス・ディベロップメントが施工をおこないます。施工まで一貫しておこなうことで中間マージンがカットされているため、安い価格が実現可能です。また企業努力によって割安な土地が取得でき、価格が抑えられています。

そのほか、標準装備が最低限に抑えられているのも価格が安い理由のひとつです。要望によってはオプション追加が必要なケースもあるため注意しましょう。

\無料+2分で完了/
カタログを請求する

オープンハウスの戸建て参考プラン

オープンハウスで後悔しないために戸建ての参考プランを紹介します。

二階建て

オープンハウスの二階建て参考プランです。3LDKの間取りで、2階リビングの構造になっています。リビングはだいたい20畳、各部屋がだいたい5〜9畳と十分な広さに設計されており、価格の目安は約1,150万円(税込)です。

三階建て

オープンハウスの三階建て参考プランです。コンパクトな3LDK設計で、都心部などにおすすめの間取りとなっています。リビングは2階で約15畳確保できており、四人家族でも余裕を持った生活が可能です。価格の目安は約1,200万円(税込)となっています。

騙されたと後悔しないためのオプション例

 

 

家の基本性能やデザイン性にこだわりたい人は、オプションを追加して要望を反映してもらう必要があります。ここでは騙されたと後悔しないためのオプション例を紹介します。

基本性能をアップさせるオプション

基本性能をアップさせる主なオプションには、以下があります。

  • 制震装置
  • ピン工法
  • 高性能断熱
  • 樹脂窓

地震の揺れを抑える制震装置や、在来軸組工法に精度と頑強さを加えたピン工法などは耐震性や家の強度を高めたい人におすすめです。そのほか、高性能断熱樹脂窓など、断熱性を高めるオプションも人気があります。

デザイン性を高めるオプション

デザイン性を高める主なオプションには、以下があります。

  • 鉄骨階段
  • アクセントクロス
  • フローリング
  • モザイクタイル

高級感のある鉄骨階段や、手軽に取り入れられるアクセントクロスなどおしゃれなオプションが人気です。またフローリングモザイクタイルなど、床から印象を作れるオプションもあります。

機能性をあげるオプション

機能性をあげる主なオプションには、以下があります。

  • 調光機能付ダウンライト
  • 水まわりの収納
  • 宅配ボックス
  • 調湿材エコカラット

リラックスできる空間作りをしたい人は、調光機能付ダウンライトがおすすめです。また、水まわりの収納宅配ボックス調湿材エコカラットなど、実用性の高いオプションも人気があります。

オープンハウスで後悔しないためのポイント

数多あるハウスメーカーから1社に絞るのは決して簡単ではありませんが、1社に決める以上は後悔したくないはずです。

そこでオープンハウスで後悔しないためのポイントを3つ紹介します。

焦って契約しない

好立地など条件の良い土地はすぐに売れてしまいがちです。しかし焦って契約すると、後々不満が出てきても断れなくなってしまいます。契約解除には違約金が発生することもあるため、慎重に決断しましょう。

オープンハウスで土地のみを購入するのか、土地購入から建築まで一貫して任せるのかも、よく考えてから契約しましょう。

営業担当者の力量を見極める

後悔しないためには、営業担当者の力量を見極めることが大切です。いくら不動産業界に長く身を置いている人でも、家づくりについて理解し、顧客の要望を的確に反映できるかどうかは担当者のセンスも影響します。

また威圧的な態度をとる、専門用語ばかりで説明がわかりにくいといった担当者も避けたほうがよいでしょう。人柄や自分との相性に不安を覚える場合は、担当変更を申し出ることもおすすめです。

複数のハウスメーカーと比較する

いきなりオープンハウスに決めるのではなく、気になるいくつかのハウスメーカーに見積もり依頼をしましょう。複数社を比較することで最適なハウスメーカーを絞り込めます

以下の記事では、さまざまなハウスメーカーや工務店をさらに詳しく紹介しています。オープンハウスを検討しつつ、他社も視野に入れてじっくり吟味してみましょう。

【2024最新】ハウスメーカー・工務店のおすすめランキング30選比較|坪単価や選び方も徹底解説
「ハウスメーカーや工務店は数がありすぎて、どう選んだらよいのかわからない……」「どのサービスも魅力的に書かれていて迷ってしまう」など、悩んでいませんか? 全国には人気のハウスメーカー・工務店が多数ありますが、特徴や得意とするデザイン・...
編集部
編集部

ここでは、「家づくりをしている」、「家づくりを考えている」方に利用して欲しいサービスをご紹介します!どちらのサービスも家づくりに間違いなく役立つサービスなので積極的に利用しましょう!

オープンハウスがおすすめな人・おすすめでない人

ハウスメーカーにも相性がありますが、オープンハウスがおすすめな人は次のとおりです。

  • 狭小地などの扱いにくい土地を活用したい
  • 好立地にこだわりたい
  • できるだけ低価格で家を建てたい

オープンハウスの強みといえば、主要都市部の土地仕入れが得意で、他社だと取り扱わない土地でも対応してもらえることです。好立地に家を建てたい人や狭小地・変形地の土地活用をしたい人におすすめします

また、ローコストなのも魅力の1つ。他社よりもリーズナブルに家を建てられるため、予算は多く出せないものの家を建てたい人にも向いています

一方でおすすめできない人は、家への理想が高くてとことん要望を詰め込みたい人や、オープンハウスが得意とする主要都市部ではなく、地方に家を建てたい人です。こだわりが多い場合は、完全自由設計のハウスメーカーや工務店がおすすめです。

オープンハウスとあわせて検討したいメーカー3選

さまざまなハウスメーカーがある中で、オープンハウスとあわせて検討するとよいおすすめのハウスメーカー3社を紹介します。

タマホーム

※画像引用元:タマホーム公式サイト

基本情報
会社名 タマホーム株式会社
本社所在地 東京都港区高輪3丁目22番9号 タマホーム本社ビル
設立年月 1998年6月3日
資本金 43億1,014万円(2022年5月31日時点)
事業内容 建築、設計、不動産業、保険代理業
工法 木造軸組工法
施工エリア 全国
平均坪単価 44万円(編集部調べ)
保証内容 地盤保証制度、住宅瑕疵担保責任保険、シロアリ10年補償、最長60年長期保証・点検
URL https://www.tamahome.jp/

タマホームは注文住宅を得意とする大手ハウスメーカーです。CMでおなじみの「20代の家」のように、まだ年収の低めな若年世代にもマイホームが手に入りやすいコストパフォーマンスで知られています。

中間業者を挟まない直接施工管理、設備の大量発注、生産者と直接つながる流通システム「タマストラクチャー」により、中間マージンなどのコストを削減しているため、コストを抑えられるのが特徴です。

住宅性能に関しては断熱、劣化対策、耐震性などは基準を満たしており、ローコストでありながら高性能な理想の家を実現できます。

タマホームはこんな人におすすめ

  • ローコストに抑えたい人
  • 住宅性能の高さを求めている人

\無料+2分で完了/
カタログを請求する

アキュラホーム

アキュラホーム

※画像引用元:アキュラホーム公式サイト

基本情報
会社名 株式会社AQ Group
本社所在地 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビルディング34F
設立年月 1986年5月
資本金 9,314万円
事業内容 ・注文住宅事業(各種木造注文住宅の建設・販売など)
・分譲住宅事業(分譲地の仕入・分譲住宅の建設・販売など)
・工務店支援事業(FC店・工務店・ビルダーへノウハウ提供など)
・リフォーム事業(住宅、事務所、店舗等のリフォームなど)
・資産活用事業(土地活用提案、賃貸アパートの建設、運用コンサルティングなど)
・研究開発事業(住宅及び関連品、システムの研究開発など)
・ロジスティックス事業(建築及び構造物の部材等の販売及び流通など)
工法 メタルウッド工法
施工エリア 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、静岡県、愛知県、
岐阜県、大阪府、兵庫県、三重県、奈良県、京都府、岡山県、広島県
平均坪単価 85万円(編集部調べ)
保証内容 最長35年の長期保証プログラム
URL https://www.aqura.co.jp/

アキュラホームは間取りや外観、内装、設備など、完全自由設計で家を建てられるハウスメーカーです。

木造軸組工法では、難しい結合部を強固なものにできるメタルウッド工法や、耐震性を高めるトリプルストロング床を採用。さらに独自開発した「8㌧壁」という一般的な耐力壁の15倍の耐力がある壁を用いることで、高耐震性と高耐久性のある家を実現しています。

資材や設備などを直接発注したり大量に仕入れたりして、中間マージンを削減します。完全自由設計かつ高性能な家にもかかわらず、ローコストな家づくりができるのが魅力です。

アキュラホームはこんな人におすすめ

  • 家に理想を詰め込みたい人
  • ローコストに抑えたい人

\無料+2分で完了/
カタログを請求する

アイ工務店

※画像引用元:アイ工務店公式サイト

基本情報
会社名 株式会社アイ工務店
本社所在地 大阪府中央区心斎橋筋1-9-17 エトワール心斎橋9F
設立年月 2010年7月13日
資本金 1億円
事業内容 注文住宅の企画・販売・設計・施工、土地活用事業
工法 金物併用工法
施工エリア 全国
平均坪単価 61万円(編集部調べ)
保証内容 20年初期保証(3ヶ月、1年、2年、5年、10年の無償点検で追加工事費不要)
URL https://www.ai-koumuten.co.jp/

アイ工務店は「家族に愛を、住まいにアイを」をモットーに、自由設計かつ高品質な住宅を適質価格で提供する工務店です。

地元の住宅会社として社員や大工と共に団結し、土地探しや設計だけでなく、住宅建築に関する手続きやアフターメンテナンスをサポートしています。

また、アイ工務店は従来の木造軸組工法ではなく金物併用工法を採用。柱と梁の接合部がより強固なものとなり、地震時の揺れにも耐えられる性能の高さを誇っています。

アイ工務店はこんな人におすすめ

  • 自由設計な家を建てたい人
  • 高性能な家を建てたい人

\無料+2分で完了/
カタログを請求する

アイ工務店の評判はやばい?口コミやメリット・デメリットも解説
他のハウスメーカーの評価や評判が気になる人は、おすすめハウスメーカー・工務店ランキング30社を紹介した記事でまとめて比較できます。ぜひご覧ください。 アイ工務店ってどんな会社? 項目 評価 特徴 価格 ...
アイ工務店の坪単価は平均61万円|安い理由や実際に建てた方の口コミを紹介
アイ工務店は比較的ローコストで注文住宅を建てられると評判のハウスメーカーです。しかし比較的安いとは言っても、大きな買い物であることに変わりはありません。目安となる価格や施工内容を詳しく知りたい人も多いのではないでしょうか。 そこでこの...

ハウスメーカー選びで後悔しない方法

「どんな家が欲しいのか?」が明確になっていないうちに、何社かに絞って比較していませんか?

ハウスメーカー選びの失敗で多いのが、最初から絞りすぎて、後から「こんなハウスメーカーもあったのか…」と後悔するパターンです。

編集部
編集部

後悔しないためには、まずはカタログやWEBサイトで情報収集することから始めるのがおすすめです。

各社のカタログを見ていると自分が住みたい家のイメージも付きやすいので、自分たちに合ったハウスメーカーが効率的に探せます。

最初から住宅展示場に行く人も多いのですが、見学できるのは1日2〜3件程度です。

カタログであれば展示会に行かずとも家でゆっくり比較できるため、自分たちのペースで家づくりが進められます。

カタログを見るなら、無料で各社の資料を取り寄せできるLIFULLカタログ一括請求が便利です。

2分程度で申し込めるので、まずは各社のカタログを請求して比較してみましょう。

\無料+2分で完了/
【公式】
LIFULLでカタログを
一括請求する

「そもそも、どんな家が欲しいのかイメージがわいていない」という人でも安心してください!

LIFULLでは、ローコスト住宅などのテーマ別でも選べるので自分に合いそうなテーマを見れば、ハウスメーカーの候補が決められるでしょう。

カタログ請求まではカンタン3step

Flow of collective request for catalogs 【無料】LIFULLでカタログ請求する>>>

資料請求した人に家づくりノートをプレゼント!

LIFULLでカタログ請求すると、家づくりの資金や、土地探しの手順、スケジュール、見学会など知っておきたいことをまとめた「家づくりノート」がもらえます!

A-notebook-explaining-how-to-build-a-house

\無料+2分で完了/
【公式】
LIFULLでカタログを
一括請求する

まとめ

オープンハウスは「保証期間が短い」「外観の自由度が低い」「営業態度が悪い」という後悔ケースがあれば、「ローコストで建てられる」「狭小地でも対応できる」「災害に強い」といった満足できたケースもあります。

オープンハウスに限らず、どんなハウスメーカーでも良し悪しはあります。自身の要望を叶えてくれるハウスメーカーを選ぶためにも、口コミなどをチェックして後悔しない選択をしましょう。

その他の住宅メーカー、工務店の後悔したケースに関する記事

・積水ハウスで建てて後悔した?満足したケースと比較して決めよう
・ミサワホームは後悔する?蔵のある家の評判やおすすめな人を紹介
・オープンハウスで家を建てた人が後悔&満足したケース14選を紹介
・スウェーデンハウスで後悔or満足したケース14選!おすすめの人も
・秀光ビルドで建てて後悔した?おすすめの人や家づくりポイントも紹介
・無印良品の家を建てて後悔?満足したケースや失敗を防ぐポイント解説
・BESSの家を建てて後悔・満足したケース14選を紹介!他社比較も
・1,000万円の家は後悔する?ローコストで建てた人の意見を紹介
・ログハウスはやめたほうがいい?後悔事例9選やおすすめの人を紹介
・やめた方がいいハウスメーカー・工務店15選|会社選びに役立つポイントも解説

※「マイナビニュース不動産査定」は以下に記載されたリンク先からの情報をもとに、制作・編集しております。
https://www.land.mlit.go.jp/webland/
https://www.rosenka.nta.go.jp/
https://www.retpc.jp/chosa/reins/
https://www.land.mlit.go.jp/webland/servlet/MainServlet
https://www.zentaku.or.jp/cms/wp-content/uploads/2022/02/2021-fudousan-anke-to.pdf


◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
タイトルとURLをコピーしました