さまざまなジャンルの動画コンテンツを楽しめるYouTube。企業が公式でアップロードしている子ども向けの動画や、人気のホビーを紹介する動画なども多く存在するため、YouTubeを子育ての一つのアイテムとして使用している方も多いかと思います。

しかし、なかには子どもにとって不適切な成人向けの動画もあり、予期せず子どもが視聴してしまう可能性も――。そんな不安をなくすためのサービス「YouTube Kids(キッズ)」をご存知でしょうか?

本記事では、YouTubeキッズの詳細、および使用方法について紹介します。

  • 子どものための「YouTubeキッズ」とは? 安心してYouTubeで楽しもう

    子どものための「YouTubeキッズ」とは? 安心してYouTubeで楽しもう

子どもも安心して楽しめる「YouTubeキッズ」とは?

YouTubeキッズは、2017年に正式にリリースされた子ども向けの公式アプリです。

スマホやタブレットなどでYouTubeを視聴する際に、公式のYouTubeアプリを使用しているという方は多いでしょう。YouTubeキッズは、そのアプリの“子ども向けバージョン”と考えるとわかりやすいです。

  • 子どもたちのためのアプリ「YouTubeキッズ」

    子どもたちのためのアプリ「YouTubeキッズ」

「どうしてわざわざアプリを分ける必要があるの? 」という疑問を抱く方もいるかもしれません。しかし、YouTubeの現状を考えてみると自然にその答えが見えてきます。

ご存じの通り、YouTubeはユーザーが自由に動画をアップロードすることのできるサービスです。この動画配信によって世界的な人気を得た人も少なくありません。ですが、YouTubeで公開されている動画は「すべてが安全で素晴らしいものである」とは言えないのが現状です。

投稿される動画のなかには、性的・暴力的コンテンツなど、子どもに見せるにはふさわしくないものも含まれています。そのような動画から子どもを守るために、YouTubeでは「年齢制限」機能もリリースしていますが、それでもまだすべての危険性を排除することはできていません。

そこで、「一旦アプリを切り離して、より安全に子どもがYouTubeを利用できるように」という目的のもと、リリースされたのがYouTubeキッズです。

YouTubeキッズは無料! アプリストアから入手可能

YouTubeキッズは無料でダウンロードし、利用することができます。

利用を始めるには、まずはスマホやタブレットにアプリをダウンロードしましょう。Google PlayストアとApp Storeの両方に用意されていますので、OSを問わず利用することができます。

■ダウンロードはこちらから
YouTube Kids 【Google Play】【App Store

アプリをダウンロードしたら、あとはGoogleアカウントでログインしていくつかの設定作業を行うだけで利用を開始することができます。

YouTubeキッズで何ができる? 通常のYouTubeとの違い

YouTubeキッズでは、通常のYouTubeと異なる以下のような機能を備えています。

  1. 不適切なコンテンツの除外・ブロック・報告
  2. 検索機能のオン・オフ
  3. タイマーによる視聴時間の制限

以下、順番に説明します。

■機能1. 不適切なコンテンツの除外・ブロック・報告

YouTubeキッズでは、子どもが視聴することを前提としているため、不適切なコンテンツは除外されています。

基本的には年齢制限と同じ仕組みですが、YouTubeの不適切動画への監視はより強まっていますので、以前よりもはるかに高い精度で子どもに見せたくない動画をカットしてくれます。

とはいえ、YouTubeには膨大な数の動画があり、さらに毎日のように増え続けています。そのため、現在でも100% 不適切な動画を除外できているというわけではありません。

YouTubeキッズそれほど過激ではない内容であったとしても、子供に見せたくないと思えばその動画をブロックすることが可能です。また、それによって、類似する動画も表示されにくくなります。

不適切な動画を見つけた場合はブロックするのみでなくYouTube側に報告することも可能です。こうすることによって、より高い精度で不適切な動画を除外することができるでしょう。

■機能2. 検索機能のオン・オフ

検索機能のオン・オフもYouTubeキッズならではの機能です。

子どもが自分で検索することによって、不適切な動画にたどり着いてしまう可能性があります。そのため、親はYouTubeキッズにおける検索機能の設定をあらかじめ「オフ」に変更することが可能です。

ただし、検索はYouTubeを便利に楽しく利用するために欠かせない機能のひとつでもあるため、子どもの年齢などに合わせてオン・オフの設定は切り替えることが好ましいでしょう。

■機能3. タイマーによる視聴時間の制限

特に注目の機能がタイマーによる視聴時間の制限です。子どもがいつまでも連続して動画を見続けることにならないように視聴時間を設定し、それを過ぎたら警告が表示されるようにできます。

この機能は、アプリを強制的に終了する、もしくは起動できなくする――といったものではありませんが、警告を表示できるだけでもある程度の効果を期待できます。

そのほか、子どもが見ている動画履歴の確認などもできますので、子どもがどのようにYouTubeを利用しているかを把握できるだけでも、メリットがあると言えるでしょう。

  • YouTubeキッズでできること

YouTubeキッズ設定時のポイント

YouTubeキッズは通常のYouTubeアプリよりもさらに細かな設定が可能となっています。ここでは、より安全に子どもにYouTubeを利用してもらうための設定の3つのポイントを紹介します。

  1. 子どもの年齢に合わせて設定内容は変更する
  2. 不適切な動画は発見次第ブロック・報告をする
  3. 検索設定のオン・オフはこまめに変更する

工夫次第でさまざまな使い方ができますので、適切な設定内容を考えてみましょう。

■ポイント1. 子どもの年齢に合わせて設定内容は変更する

子どもといっても小学校低学年と高学年ではまったく考えも行動力も異なります。そのため、一度設定したらずっとそのままにするのではなく、成長に合わせて設定を適宜変更していくことが重要です。

特に小学校高学年以上になると、自分自身でかなりの判断をすることができるようになります。そのため、検索オフなどといった制限は子どもにストレスを与えることになるかもしれません。

反対に、まだ幼い子どもの場合には、不意に危険な動画を視聴してしまうリスクを考えて、視聴時間を含めてより厳しく監視できる設定にしておくことをおすすめします。

■ポイント2. 不適切な動画は発見次第ブロック・報告をする

不適切な動画を発見したらすぐにブロックし、報告することも重要なポイントとなります。それだけでもより不適切な動画を排除できるようになります。

■ポイント3. 検索設定のオン・オフはこまめに変更する

先ほども触れましたが検索設定は簡単にオン・オフすることができますので、小さなお子様でも大人と一緒に視聴しているときはオンにして、1人の時は使えないようにするといった使い方も可能です。

  • YouTubeキッズの「設定」は子どもの成長に合わせて変えていきましょう

    YouTubeキッズの「設定」は子どもの成長に合わせて変えていきましょう

まとめ

YouTubeキッズを活用することで、子どもに安心してYouTubeを見せられるようになります。しかし、「YouTubeキッズを使えば完全に安心」という訳ではないため、保護者は設定などの機能をうまく活用する必要があります。

なお、機能については2020年9月執筆時点の情報となります。YouTubeキッズは比較的新しいサービスであるため、短い期間であっても使い方が変化する可能性もあるため、仕様変更などは注視しておく必要があるでしょう。