無料であらゆる動画コンテンツを楽しめるYouTubeは、大人・子どもを問わず、幅広い人気を集めています。しかし、“良くも悪くも”動画コンテンツが充実しているため、時には子どもが不適切な動画を目にしてしまう可能性も……。

そんな事態を避けるために、YouTubeには「年齢制限」が備えられています。本記事では、YouTubeにおける年齢制限の細かな仕様、および設定方法について紹介します。

「子どもがYouTubeを使用しているが、しっかりと不適切なコンテンツが除かれているかを知りたい」「子どもにYouTubeを利用させる際に、年齢制限をかけて不適切な動画をフィルタリングしたい」という方は参考にしてください。

また、「誤った操作で年齢制限がかかってしまったため、解除したい」という方に向けて、設定の変更方法も紹介します。

  • 子どもにYouTubeを使用させるときの注意点と対策

    子どもにYouTubeを使用させるときの注意点と対策

YouTubeの年齢制限とはどういったもの?

YouTubeの年齢制限により「YouTubeにログインしていないユーザー」および「18歳未満のユーザー」は、制限のかかった動画を視聴できなくなります。

具体的には、年齢制限のかかっている動画は検索にヒットしなくなり、万が一リンクを踏んだとしても、再生できないようになっています。

年齢制限がかかる動画の例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 成人向けコンテンツ
  • 暴力的・ショッキングなコンテンツ
  • その他、YouTubeによって判断年齢制限が付けられたコンテンツ

成人向けコンテンツとは、主に“性的な表現が含まれる”もの。年々取り締まりが厳しくなっている領域であり、たとえ動画内で直接的な表現がされていなくても、性的な表現を想起させるような発言があっただけでも制限されてしまうケースもあります。

また、暴力的なコンテンツや、“過激なドッキリ”などのショッキングなコンテンツも年齢制限の対象となります。

そのほか、YouTubeの方針などによって「18歳未満が視聴すべきではない」と判断されたコンテンツも視聴できなくなります。これはYouTubeのガイドラインによるものであり、現状制限がかかっていないコンテンツでも今後制限がかかる可能性があります。

子どものYouTube使用に年齢制限・操作制限をかける方法

YouTubeは、ログイン時のアカウント情報を元に、ユーザーの年齢を認識しています。つまり、YouTubeアカウント(Googleアカウント)に設定している生年月日により、視聴制限がかかる仕組みです。

そのため、例えば「普段は自分がYouTubeを使用しているが、たまに子どもにYouTubeを使用させるためにデバイスを渡すことがある」というケースにおいて、“YouTubeに保護者のアカウントでログインしている場合”、年齢制限はかかりません。

上記のようなケースでは、子どものためのYouTubeアプリである「YouTube Kids(キッズ)」を活用することをおすすめします。あらかじめ設定をしておいた同アプリを使用することで、年齢制限と同等、もしくはそれ以上の制限をかけることが可能です。

合わせて読みたい : 子育ての救世主? 子どものためのアプリ「YouTubeキッズ」とは

子どもにYouTubeを使用させる場合には、「Googleファミリーリンク」の活用がおすすめです。このサービスを使用することで、管理権限を保護者が所有したまま、子どもが使用するデバイスに年齢制限をかけることが可能です。

ファミリーリンクを活用すると、YouTubeに限らず、子どものアプリの利用内容・時間なども同時に管理することができるため、より安心して子どもにネットを使用させることができます。

  • Googleファミリーリンク

    Googleファミリーリンク

ダウンロードはこちらから
保護者向け Googleファミリーリンク【iOS版】【Android版

年齢制限の解除方法、設定変更方法

次に「18歳未満ではないが、なぜか年齢制限がかかっているため、解除したい」という場合の対処法を紹介します。

予期せず年齢制限がかかっている状況においては、以下のようなパターンが考えられます。

  • そもそもYouTubeにログインができていない
  • アカウントの登録情報が誤っている

先述の通り、YouTubeの年齢制限はアカウントの年齢に基づいているため、YouTubeの視聴に利用しているアカウントにログインして生年月日を修正することによって年齢制限を解除することができます。

アカウントに登録した年齢を変更するにあたっては、Googleアカウントの設定画面から、生年月日を変更するページにアクセスして適切な情報に修正しましょう。

YouTube使用に年齢制限・操作制限をかけるメリット

YouTubeキッズやGoogleファミリーリンクなどによって、未成年者のYouTube利用に年齢制限をかけるメリットは、以下の通りです。

  • 不適切な動画の視聴ができなくなる
  • 視聴時間を管理できる

もっとも大きなポイントは不適切な動画が視聴できなくなるという点です。これは未成年者を保護するという視点から考えるととても大きな要素であると言えるでしょう。実際に不適切な動画を視聴し、影響されてしまうという子どもも少なくありません。こういった問題を解決する上で、とても効果的であるといえます。

また、少々変わった視点にはなりますが、年齢制限のかかった動画は収益化することができなくなるため、お金目当てで不適切な動画をアップロードする人が少なくなり、YouTube全体のクリーン化にもつながることでしょう。

そのほか、GoogleファミリーリンクやYouTubeキッズを利用することで、子どもの動画視聴時間を管理することが可能となります。子どもは何かに夢中になると、ずっと同じ行動を続けてしまう傾向があります。もちろん、YouTubeを見ることが悪いことではないのですが、しっかりと家庭でルールを設けて視聴時間を制限することは重要でしょう。

  • YouTubeにおける年齢制限のメリット

    YouTubeにおける年齢制限のメリット

YouTube使用に年齢制限・操作制限をかける上での注意点

ただし、YouTubeで年齢制限・操作制限をかけていても、完全に安心できるわけではありません。以下のような注意点があることを覚えておきましょう。

  • 子どもでも年齢制限の解除ができてしまうケースがある
  • 完全に不適切な動画を排除できるわけではない

子どものYouTube仕様に年齢制限をかけたとしても、仕組みさえ知っていれば子どもでも年齢制限の解除ができてしまうケースがあります。

例えば、アカウントの年齢変更であれば比較的簡単に行うことができます。ですので、ある程度の年齢になったら自分で制限を解除してしまう可能性があるでしょう。

また、年齢制限により、完全に不適切な動画を排除できるわけではありません。現在、YouTubeではかなり細かく動画がチェックされていますが、どうしてもそこから漏れてしまうものもあります。つまり、年齢制限をかけていたとしても不適切な動画を見られてしまう可能性はゼロではありません。

上記の理由から、子どもにYouTubeを視聴させる場合はしっかりと親が管理する必要があると言えます。

  • YouTube使用に年齢制限・操作制限をかける上での注意点

    YouTube使用に年齢制限・操作制限をかける上での注意点

まとめ

YouTubeの年齢制限は未成年者を守るための大切な機能です。しっかりと保護者がその仕様を理解し、未成年者が適切な利用ができるようにサポートしましょう。