Dell Technologiesは、米国ラスベガスで開催した「Dell Technologies World 2019」おいて、「Making 5G Real」と題したトークセッションが行われ、5G時代に必要なインフラについて、識者が意見を交わした。

参加したのは、Dell Technologies OEM & IoT Solutions Senior Vice President and General ManagerのBryan Jones氏、Intel Data Center Group 兼 Network Business Incubator Division General Manager Caroline Chan氏、VMware Executive Vice President Strategy & Corporate Development 兼 Telco NFV Group GM Shekar Ayyar氏、Pivotal Senior Vice President of Strategy James Watters氏の4名。

モデレータは、Futurum Research Principal Analyst 兼 Founding PartnerのDaniel Newman氏が務めた。

  • 左からDaniel Newman氏、Bryan Jones氏、Caroline Chan氏、Shekar Ayyar氏、James Watters氏

インフラは4Gから5Gになってどう変わっていくのか?

Caroline Chan氏:5Gなれば、クラウドネイティブな技術が入ってくる。これまでは、目的に沿ったインフラを導入していたが、今後は特定の電話用ということではなく、いろいろなアプリを走らせることができるようにしなければならない。ネットワークはもっとクラウドネイティブにすることが大切で、それによっていろいろなエコシステムが広がっていく。

Shekar Ayyar氏:クラウド業界の人にとって5Gは、これまでやってきたことの継続だと思うかもしれないが、テレコムやキャリアにとっては、新しい驚きだ。キャリアは、機敏な展開やアプリサービスの面で遅れていた。エンタープライズのビジネスは、テレコム側よりも早く変化してきており、すぐにアプリケーションを展開していくのが当たり前の世界だ。5Gによってクラウド環境がテレコムの世界にも入ってくるのは、うれしいことだ。今後は業界のスタンダードを作り、クラウドネイティブなアプリの展開を担保しなければならない。

James Watters氏:テレコムのプロバイダは、もっとクラウドネティブな会社と一緒に連携し、ビジネスをもっと早く回さなければならない。最近はチップの進化や帯域の改善だけでなく、コンテナやDevOpsなども出てきている。キャリアの人たちも、これらに無関心であったわけではなく、対応できる人材も採用してきた。ヨーロッパのキャリアの人たちは、基盤を変更するのに4年かかると言っていたが、コンテナを利用すれば、1週間でできる。ただ、1-2年もすれば、クラウドプロバイダのスピードに追いついてくるだろう。

Bryan Jones氏:旧来のエッジは、コンピュータ、ストレージ、ネットワークなど、タワーベースで行っていたが、今後はもっとたくさんのエッジが増えてくる中で、それらをどう束ねていくのかだ。そこに大きなチャンスがある。キャリアは今後、新しいアプリや機能をビジネスにダイナミックに入れていかなければならない。キャリアのビジネスも大きく変わっている。われわれはこれまでのように何年というレベルではなく、何時間という単位でアプリを提供できるようにサポートしている。これまで、誰も思いつかなかったような機会が訪れる。

Shekar Ayyar氏:われわれはポイントベースの戦術に惑わせられているところがある。キャリアは木を見て、森を見ずというところがある。ネットワークの仮想化というようなことではなく、5Gによって新しいビジネスが生まれてくる、クラウドプロバイダーとの競争になるといった大きな視点で見る必要がある。キャリアはもっど5Gの未来を見据える必要がある。インフラを提供している側は、これから新しいビジネスが生まれてくるという思いがあるが、キャリアはどうしても直近のことや売上、マネタイズいうことに目を奪われて、5Gを長期的に見ない傾向がある。

Shekar Ayyar氏:キャリアというは、これまでの4Gのインフラがあって、5Gに入っていかなければない。インフラを、これまであったものから、どうやって新しいものに変更していくかだ。ヨーロッパでは、これまでLTEや4Gにたくさん投資してきた中で5Gが出てきた。4Gをサポートしながら5Gにいくには巨大な投資が必要になるという懸念がある。

Bryan Jones氏:だからこそチャンスがある。Carolineが言ったように、これからは1つの専用ボックスを使うのではなく、仮想化を使えばすべての機能を同じプラットフォームに載せることができ、大きな柔軟性を手に入れることができる。インフラは1つの専用ボックスを1つの目的のために使うのではなく、より仮想化、コンテナ化することによって、より多くの能力を載せることができる。そうすれば、4Gをやりながら、5Gに移行できる、その際、VMwareが重要なコンポーネントになる。

Shekar Ayyar氏:5Gに移行することで、3Gや4Gの投資を無駄にすることはない。ネットワークスライシングを考えると、真にEnd to Endでネットワークスライシングを提供しようとすれば、ネットワークやストレージのところも対応しなければならない。5Gを待っているということではなく、5Gになったらどういうインフラが必要になるかを考え、取り組んでいる。これまでのインフラを捨てていくのではなく、これまでのものに新しいスタックを載せていけばいい。

5Gのマネタイズとユースケースは

Caroline Chan氏:ある投資銀行のマネージャーが、投資対応のビルの物件に5Gのコネクティビリティがあるのかどうかを監査の対象にすると言っていた。対応していなければ、評価額を下げると。こういう発言は、エンタープライズの世界のプレッシャーになっている。病院でも、5Gに対応していなければ、それがリスクになる。競争力を失うかもしれない。企業のCEOが投資プランにコネクティビティを考慮しなければいけない時代になった。エンタープライズの世界で5Gがどうなっていくかわからないにしても、先取りして準備はしておかなければならない。

James Watters氏:小売の世界では、1つのデータセンターにコンピュータリソースのすべてをおこうと集中化を図っているが、スーパーなどはレガシーなネットワークを利用している。アプリも小さな帯域向けに作っている。そこに5Gが入ってくれば、新たなショッピング体験を提供できる。ウォルマートのようなことはできなくても、レジで会計せずに出てくることができるようになるかもしれない。

Bryan Jones氏:製造業にも大きなチャンスがある。これまでよりも大きな帯域が使えれば、AIやマシンラーニングも利用できる。単なる監視という面だけではなく、自動化でのチャンスがある。人間ができなかったことを追加できる。

Caroline Chan氏:Jamesがいったようにリテールは積極的だ。スポーツ分野も積極的だ。PoCは必要だが、新しいマネタイズのモデルが出てくるだろう。

Shekar Ayyar氏:自動運転やスマートシティの話はよく出てくるが、もっと日々のエンタープライズの活動が5Gで大きく変わるだろう。

標準化を見据えた対応を

トークセッションのあと登場した、光ファイバーケーブル、バックボーンのテスト計測を行っているVIAVI SolutionsのVice President Amit Malhotra氏は、5Gについて次のように語った。

「5Gは4Gを高速にしたものだけという見方は違う。チップによって、すべてのものがつながることを可能にするものだ。自動車、スマートシティ、何百万のスマートメーターがクラウドに接続することを可能にする。高速性、ストリ-ミングにようなパフォーマンスが必要なもの、帯域が低いが広く分布しているようなスマートメーターなど、それぞれがユニークなネットワーク特性を求めており、これらが1本のネットワークでつながらなければならない。5Gの標準が作成されるのは来年といわれているが、実際の展開はすでに始まっている。周波数や帯域はバラバラで、今後、5Gがどうなっていくかを標準を含めて考えていかなければならない」

  • Amit Malhotra氏(右)とモデレータのDaniel Newman氏(左)

そして、「どうなったら5Gの時代といえるのかといえば、1つのキャリアが対応しただけではだめだ。すべてのサプライヤーから同じ仕様で提供されて、初めて5Gの時代が来たといえる。それは、2020年以降だ。1Gや2Gの時代に比べ、いろいろなアプリが出てきた。そのため、エッジの状況に応じて帯域を変えていくような柔軟性が必要だ。キャリアの進捗が遅いといわれているが、最終的には彼らがやらないと5Gは実現できない。彼らにもそれなりの考えがあるので、いろいろな考え方がある中で、その中間点で折り合いをつけないければならない」と述べた。