ウォータースタンドは安い?料金まとめ&他社比較による検証!メリット・注意点も紹介

ウォータースタンドは安い?料金まとめ&他社比較による検証!メリット・注意点も紹介 メーカーで選ぶ

ウォーターサーバーは、おうち時間充実や健康増進を目指す方から人気の高いアイテムです。安く使えるウォーターサーバーを探した結果、水道直結型のウォーターサーバー「ウォータースタンド
に興味を持った方もいるでしょう。とはいえ、こんな疑問はありませんか?

  • ウォータースタンドは水代や送料がかからないって本当?
  • 結局のところウォータースタンドは安いの?注意点はないの?

そこでこの記事では、ウォータースタンドは本当に安いのかどうか、料金体系や他社ウォーターサーバーとの料金比較表を紹介します。またウォータースタンドのメリットや、契約前に知っておきたい注意点についてもお伝えするので、あなたが抱える疑問や不安をスッキリ解消できるはずです。

ウォータースタンドを検討中の方、コストの安いウォーターサーバーを探している方は、ぜひ最後までチェックしてくださいね!

ウォータースタンドは安いの?料金体系をチェック

ウォータースタンドは安い?料金まとめ&他社比較による検証!メリット・注意点も紹介

ウォータースタンドは定額制で水代がかからないウォーターサーバーですが、結局のところ料金は安いといえるのでしょうか。まずは、ウォータースタンドの料金体系やサービス概要を詳しくチェックしていきましょう。

ウォータースタンドの料金体系とサービス概要

ウォータースタンドは安い?料金まとめ&他社比較による検証!メリット・注意点も紹介

ウォータースタンドの概要表
月々の料金 税込2,200円~(※1)
各種手数料 ・初回設置費:税込9,900円
・撤去費:税込6,600円(※2)
・機種変更費:税込9,900円(※3)
支払い方法 クレジットカード
タイプ 水道直結型浄水サーバー
サービス提供会社 ウォータースタンド株式会社

※1:機種により月々のレンタル料が異なります。
※2:本体設置から1年未満で撤去する場合にかかります。
※3:本体設置から1年未満で機種変更する場合にかかります。

ウォータースタンドは、浄水能力を持つ水道直結型のウォーターサーバーです。ご家庭の水道栓に分岐部品を取り付け、サーバー本体と接続することにより給水を行います。

そのためウォータースタンドは、ボトル型のウォーターサーバーのように水代や水の送料がかかりません。サーバー本体の定期メンテナンスやフィルター交換(※)も無償なので、月々かかるコストはサーバー本体のレンタル料のみ。月額税込2,200円から、浄化されたきれいなお水を好きなだけ使える点が、ウォータースタンドの大きなメリットです。

ウォータースタンドのレンタル料は、どの機種をレンタルするかによって決まります。各機種のレンタル料や特徴について、さらに詳しく見ていきましょう。

※「アイコン」は音声ガイダンス操作に従ってフィルター交換するタイプの機種のため、定期メンテナンスはありません。

機種別レンタル料一覧|最安は月2,200円~

ウォータースタンドのレンタル料は、一番安い「メイト」が月額税込2,200円です。逆に一番レンタル料が高い「ROスタンド」は月額税込8,250円となっています。

レンタル料が安い機種のなかには、冷水や温水に対応していないものもあるため要注意です。各機種のレンタル料とおもな機能を一覧にしたので、見比べて自分に合う機種を探してみてください。

機種別レンタル料一覧
機種名 画像 レンタル料金(税込) 常温水 冷水 温水 コンパクト 省電力 フィルター
メイト ウォータースタンドは安い?料金まとめ&他社比較による検証!メリット・注意点も紹介 2,200円 × × 電源不要 ナノトラップ
ナノスタンド ウォータースタンドは安い?料金まとめ&他社比較による検証!メリット・注意点も紹介 3,300円 × × × 電源不要 ナノトラップ
ネオス2 ウォータースタンドは安い?料金まとめ&他社比較による検証!メリット・注意点も紹介 3,300円 × × 電源不要 RO
ネオ ウォータースタンドは安い?料金まとめ&他社比較による検証!メリット・注意点も紹介 3,850円 × ナノトラップ
トリニティ ウォータースタンドは安い?料金まとめ&他社比較による検証!メリット・注意点も紹介 3,850円 × × ナノトラップ
アイコン ウォータースタンドは安い?料金まとめ&他社比較による検証!メリット・注意点も紹介 4,400円 ナノトラップ
ガーディアン ウォータースタンドは安い?料金まとめ&他社比較による検証!メリット・注意点も紹介 4,400円 ナノトラップ
S3 ウォータースタンドは安い?料金まとめ&他社比較による検証!メリット・注意点も紹介 5,280円 × RO
ステラ ウォータースタンドは安い?料金まとめ&他社比較による検証!メリット・注意点も紹介 6,050円 × RO
L2 ウォータースタンドは安い?料金まとめ&他社比較による検証!メリット・注意点も紹介 7,150円 × × RO
ROスタンド・クール ウォータースタンドは安い?料金まとめ&他社比較による検証!メリット・注意点も紹介 7,700円 × × RO
ROスタンド ウォータースタンドは安い?料金まとめ&他社比較による検証!メリット・注意点も紹介 8,250円 × RO

料金の高い機種・安い機種の違いは「フィルター」と「搭載機能」

ウォータースタンドは安い?料金まとめ&他社比較による検証!メリット・注意点も紹介

ウォータースタンドのレンタル料は、税込2,200~8,250円と機種によってかなり差があるため、高い機種・安い機種の違いが気になりますよね。

まずウォータースタンドのフィルターは「ナノトラップフィルター」と「ROフィルター」の2種類があり、どちらを搭載しているかによってレンタル料金が違います。ROフィルターは宇宙ステーションでの浄水に使われるほど高水準のフィルター性能を持っているため、ROフィルター搭載機種はナノトラップフィルター搭載機種に比べレンタル料が高めです。

とはいえナノトラップフィルターも十分な浄水力を持っていますし、お水のおいしさにつながるミネラルが除去されないというメリットもあります。月々のコストをできるだけ安くしたい方は、ナノトラップフィルター搭載機種を選ぶとよいでしょう。

各フィルターの特徴
  • ナノトラップフィルター:ウイルスやバクテリアを99%以上除去。ミネラルはそのままなので、お水本来のおいしさを味わえる
  • ROフィルター:ナノトラップよりさらに高いフィルター性能を持つ。水分子以外の不純物をほぼ完全に取り除き、純水をつくる

次に、各機種の搭載機能によってもレンタル料は変わってきます。冷温水抽出・省電力・チャイルドロック・自動除菌システムなど、機能が充実するほどレンタル料は高くなります。

例えば月額税込4,400円の「ガーディアン」は、電気代約150円、23cm×23cmの省スペース設計、温水は3段階の温度設定で抽出可能と高機能な機種です。そこまでの省電力機能や省スペースを求めていない方は月額税込3,850円の「ネオ」を選ぶなど、必要な機能に絞って機種を決めれば月々のコストを安く抑えられます。

1週間の無料レンタルあり

ナノトラップフィルター搭載のウォータースタンドが気になっている方に朗報です。ウォータースタンドは、「ネオ」「トリニティ」2機種のエコサーバータイプ(給水タンク型)を1週間無料でお試しレンタルしています。エコサーバータイプは水栓接続不要のため工事なしで好きな場所に設置でき、手軽にウォータースタンドのお水の味や使い勝手を確かめられます。

まずは1週間無料レンタルをしてみて、「この料金なら安い!」と思えた場合に契約を検討してみてはいかがでしょうか。

【安さを検証】ウォータースタンドと他社ウォーターサーバーの料金比較表

次に、他社の浄水型ウォーターサーバーの料金を比較し、ウォータースタンドは安いのかどうか検証してみましょう。以下は代表的な浄水型ウォーターサーバーの料金比較表です。

浄水型ウォーターサーバー料金比較表
月額料金 初期費用 電気代 契約期間 契約期間内に解約した場合の費用(※5) 給水方法 初月無料
ウォータースタンドウォータースタンドは安い?料金まとめ&他社比較による検証!メリット・注意点も紹介 税込2,200円~ 税込9,900円 約150円/月~(※1) 1年 税込6,600円 水道直結 ×
Loccaウォータースタンドは安い?料金まとめ&他社比較による検証!メリット・注意点も紹介 税込3,146円 税込3,300円 3年 15,000円(不課税) タンク ×
エブリィフレシャスウォータースタンドは安い?料金まとめ&他社比較による検証!メリット・注意点も紹介 税込3,300円 なし 約360円/月~(※2) 3年 1年未満:税込22,000円
2年未満:税込16,500円
3年未満:税込11,000円
タンク
ハミングウォーターウォータースタンドは安い?料金まとめ&他社比較による検証!メリット・注意点も紹介 税込3,300円 税込2,200円 約475円/月~(※3) 2年 税込16,500円 タンク
楽水ピュレストウォータースタンドは安い?料金まとめ&他社比較による検証!メリット・注意点も紹介 税込3,278円~ 税込5,500円~ 3年 残り契約月数×レンタル料の40% 水道直結 ×
Kirala Water フレッシュサーバーウォータースタンドは安い?料金まとめ&他社比較による検証!メリット・注意点も紹介 税込4,378円~ なし 約880円/月(※4) 3年 税込16,500円 水道直結 ×

※1:ガーディアンの場合
※2:トールの場合。ミニの場合は約410円/月~
※3:エコモードを1日2回使用した場合
※4:エコモードを使用した場合
※5:解約金や撤去費用など

ウォータースタンドは初期費用が税込9,900円と他社に比べ高いですが、税込2,200円からレンタルできる機種もあり、月々のランニングコストは安いです。しかも、現在他社のウォーターサーバーを使っている方は、他社のりかえキャンペーン適用により初期費用0円でウォータースタンドを始められます。

また機種によっては電気代がぐっと安くなる点、契約期間が他社より短く解約手数料が発生しにくい点も、ウォータースタンドのメリットです。

コスト面以外では、機種の種類豊富なところがウォータースタンドならではの特徴です。他社は2~3種類の機種ラインナップであるのに対し、ウォータースタンドは12種類の機種から自分に適したものを選べます。

安いだけじゃない!ウォータースタンドのメリット6つ

ウォータースタンドのメリットは、ランニングコストの安さだけではありません。以下6つのメリットがあります。

それぞれ詳しく解説していきます。

メリット1.定額制だから、たくさんお水を飲む方も安く利用できる

ウォータースタンドの月々のコストはサーバー本体のレンタル料だけです。水代や水の送料、定期メンテナンス料、フィルター交換代は発生しません。また、故障対応や経年劣化によるサーバー本体交換もレンタル料に含まれています。引越しなどによる移設費用も無償対応です。

定額制で好きなだけ使えるウォータースタンドなら、たくさんお水を飲む方ほどコストが割安になります。ウォーターサーバーを置きたいけど水代・送料が気になる方、毎日気軽にお水を使いたい方に、ウォータースタンドはぴったりです。

メリット2.水交換や宅配受取などの手間がかからない

ウォータースタンドは安い?料金まとめ&他社比較による検証!メリット・注意点も紹介

ウォータースタンドは水道水を浄水するタイプのウォーターサーバーなので、ボトル型のウォーターサーバーと違い、水交換やボトルの宅配受取の手間がかからない点がメリットです。また水道直結で給水するため、タンク型のウォーターサーバーのように都度手動でお水を給水するわずらわしさもありません。

もちろんお水のボトルを廃棄・回収に出す必要もないので、「とにかく手間をかけずにきれいなお水を楽しみたい!」という方は、ウォータースタンドの快適さに驚くことでしょう。

メリット3.サイズがコンパクトで設置しやすい

水道直結型のウォーターサーバーはキッチン周りに設置するのが一般的なため、できるだけコンパクトなものを選んだほうがキッチンを広く使えて便利です。

ウォータースタンドのサーバーは、他社の水道直結型浄水サーバーと比べてもサイズが小さく、圧迫感がありません。一人暮らしの小さなキッチンにも設置しやすいのがメリットです。

水道直結型ウォーターサーバーのサイズ比較
製品サイズ 設置面積
ウォータースタンド ウォータースタンドは安い?料金まとめ&他社比較による検証!メリット・注意点も紹介

メイト

H308mm × W130mm ×D402.7mm 524㎠
ウォータースタンドは安い?料金まとめ&他社比較による検証!メリット・注意点も紹介

ガーディアン

H471mm × W230mm ×D230mm 529㎠
ウォータースタンドは安い?料金まとめ&他社比較による検証!メリット・注意点も紹介

アイコン

H385mm × W180mm ×D340mm 612㎠
Kirala Water フレッシュサーバー ウォータースタンドは安い?料金まとめ&他社比較による検証!メリット・注意点も紹介

ヌゥーボ

H407mm × W180mm ×D514mm 926㎠
楽水ピュレスト ウォータースタンドは安い?料金まとめ&他社比較による検証!メリット・注意点も紹介

卓上タイプ

H480mm × W300mm ×D400mm 1,200㎠

メリット4.専門スタッフによる定期メンテナンスが無償

基本的にウォーターサーバーは長期間設置するものなので、故障や衛生面が気がかりですよね。

ウォータースタンドなら定期的に専門スタッフが自宅を訪問し、サーバーをメンテナンスしてくれるので安心です。抽出口やサーバー内部など汚れがたまりやすい箇所の清掃、フィルター交換も専門スタッフにお任せできるため、自分でお手入れするのが面倒な方にもおすすめです。

ただし、ウォータースタンドの「アイコン」という機種だけは、音声ガイダンス操作に従って、自分でフィルター交換する必要があります。逆にいえば、専門スタッフの定期訪問がわずらわしいという方は、アイコンのレンタルを検討するとよいでしょう。

メリット5.電気代が安い機種もある

一般的なウォーターサーバーの電気代は月500~1,000円ほどとされています。年間6,000~12,000円にもなることを考えると、軽視できないコストです。

その点、ウォータースタンドのサーバーの電気代は割安で、ガーディアンなら月150円ほど、トリニティなら月230円ほどで済みます。

またメイト・ナノスタンド・ネオス2は常温水のみ対応の機種のため、電源不要で電気代がかかりません。「冷水・温水機能は不要。浄水だけできればいい」という方は3機種のいずれかを選べば、電気代を気にせずウォーターサーバーを使えます。

メリット6.他社のりかえで初回設置費0円になるキャンペーンあり

ウォータースタンドは安い?料金まとめ&他社比較による検証!メリット・注意点も紹介

ウォータースタンドでは、他社ウォーターサーバーからののりかえで税込9,900円の初回設置費が0円になるキャンペーンを実施しています。このキャンペーンは、水道直結型はもちろんボトル型・タンク型のウォーターサーバーも対象です。

キャンペーンを利用すれば初期費用なしでウォータースタンドを始められるので、現在他社のウォーターサーバーを使っている方は、この機会にのりかえを検討してみてはいかがでしょうか。

安いけどここは妥協が必要!ウォータースタンドの注意点3つ

ウォータースタンドにはメリットが多くありますが、注意点も3つあります。

「安いから」とウォータースタンドを検討している方も、契約後に後悔しないよう注意点をチェックしておきましょう。

注意点1.天然水が飲みたい場合は向かない

ウォータースタンドは水道水をろ過して浄水するタイプのウォーターサーバーなので、天然水が飲みたい方には不向きです。特に、ミネラルまで除去するROフィルター搭載機種の場合は「天然水と味が違う」と感じやすいため注意しましょう。

天然水が飲みたい方は浄水型のウォーターサーバーではなく、ボトル型のウォーターサーバーのなかから、天然水を使っているサービスを選ぶようにしてください。

注意点2.設置場所が限られる

ウォータースタンドは水道栓と接続して給水するタイプのウォーターサーバーなので、設置場所はキッチンなど水道栓から近いところに限られます。

ROフィルター搭載機種の設置範囲は、水道栓から3~5m以内が目安です。ナノフィルター搭載機種は水道栓から10m以上の場所でも設置可能ですが、水圧によっては設置できない場合もあります。また、水道栓の形状によっては分岐部品が取り付けできず、設置できないことがあります。

ウォータースタンド設置前にスタッフが事前確認に来る流れとなっているため、設置したい場所がある方はその際に希望を伝えましょう。

注意点3.断水すると使えない

災害時の備蓄水を兼ねてウォーターサーバーを検討している方に、ウォータースタンドは向きません。水道直結型のウォーターサーバーは、断水すると使えなくなってしまうからです。

ただし、ROフィルター搭載機種およびネオ、トリニティはタンクを内蔵しているため、断水中でもタンク内に残っているお水を抽出できます。とはいえ大量のお水を貯めておくことはできないので、備蓄水としての用途を求めている方はボトル型のウォーターサーバーを選んだほうが無難です。

ウォータースタンドは安い?よくある質問

ウォータースタンドは安い?についてよくある質問に回答します。

Q1.ウォータースタンドには買い切りプランはありますか?

ウォータースタンドはレンタルプランのみで、買い切りプランはありません。浄水サーバーは定期的なフィルター交換が必要なので、消耗品代を考えるとレンタルのほうがおすすめです。

買い切りプランのある浄水サーバーを探している方は、エブリィフレシャスや楽水ピュレストを検討してみてください。

Q2.ウォータースタンドのおすすめ機種はどれですか?

機種によってフィルターの種類や搭載機能、給水温度などが違うため、人によっておすすめの機種は異なります。公式サイトの「ウォータースタンド診断」で自分に合う機種を確認できるので、一度試してみてください。

Q3.ウォータースタンドは、レンタル料以外に費用がかかりますか?

ウォータースタンドは月々のレンタル料のほか、以下手数料がかかります。

レンタル料以外の費用
  • 初回設置費:税込9,900円
  • 撤去費:税込6,600円(※1)
  • 機種変更費:税込9,900円(※2)

定期メンテナンス・フィルター交換はレンタル料に含まれているため無償です。

※1:本体設置から1年未満で撤去する場合にかかります。
※2:本体設置から1年未満で機種変更する場合にかかります。

Q4.ウォータースタンドの電気代はどのくらいですか?

ウォータースタンドの電気代は月500~700円程度といわれていますが、利用環境によって異なります。省電力タイプの機種を選ぶと、より電気代を安くできるのでおすすめです。

省電力タイプ機種の電気代目安
  • ガーディアン:月150円程度
  • トリニティ:月230円程度
  • メイト・ナノスタンド・ネオス2:電源不要機種のため0円

まとめ

ウォータースタンドは月額税込2,200円から定額で利用できるウォーターサーバーなので、たくさんお水を使う方ほど割安になります。

また、電気代が安い機種がある、他社からのりかえで初回設置費0円になるキャンペーンがあるといったメリットもあります。そのためウォータースタンドは、できるだけコストの安いウォータサーバーを求めている方におすすめです。

飲料水としてはもちろん、料理やティータイム、ペットの飲み水など、日常のなかできれいなお水を気軽にたくさん使いたい方は、ぜひウォータースタンドを検討してみてくださいね。

この記事を監修した人
水ガール

大手企業で6年間ウォーターサーバーの営業を経験。
そこで得たお客様からのダイレクトな意見を活かして本当におすすめ出来るウォーターサーバーを日々研究しています。これまでに複数のウォーターサーバーを自ら試した経験から、ニーズに合わせた最適なウォーターサーバーをご提案します。

水ガールをフォローする
メーカーで選ぶ
水ガールをフォローする
ウォーターサーバー比較
タイトルとURLをコピーしました