ウォーターサーバーで安いのは? 月額コスト比較6選

料金で選ぶ

ウォーターサーバーを使ってみたい。けれど、ウォーターサーバーには高額な月額費用がかかると思っていませんか? 

しかし、ウォーターサーバーはあなたに最適なサービスやプランを選ぶことでコストを抑えることが可能です。一人暮らしなのか、家族で住んでいるのか、ライフスタイルの違いによって「安いウォーターサーバー」のメーカーや機種は変わってくるのです。

今回はランニングコストが安いお得なウォーターサーバー6社と、利用環境に合った選び方をご紹介します。

ウォーターサーバーのランニングコスト(月額費用)とは

ウォーターサーバーを契約するにあたり、毎月発生するコスト、いわゆる「ランニングコスト」として発生する費用は一般的に次の通りです。

・メンテナンス費用

・電気代

・サーバーレンタル料

・お水ボトル代

・注文ノルマ

・解約手数料

ウォーターサーバーを利用するにあたり、これだけの項目の費用がかかります。ただし、費用の高い項目を抑えることができればウォーターサーバーのランニングコストも安く抑えることができます。

メンテナンス費用

ウォーターサーバー本体のメンテナンスにかかる費用です。メーカーにより無料のところや月々で徴収されるところもあります。

電気代

ウォーターサーバーは本体の中で常にお水を冷やしたり、すぐに熱湯が出せるように温めたりしています。ウォーターサーバーの種類にもよりますが、エコサーバーを出しているメーカーやエコモードがついているウォーターサーバーもあります。

気になるウォーターサーバーの電気代ですが、エコモードや省エネサーバーを使用した場合は300円~500円/月の電気代がかかり、通常モードでの利用で~1,000円/月程度の電気代がかかるのが目安となります。

サーバーレンタル料

ウォーターサーバーはレンタルが一般的です。また、サーバーは定期的に交換する必要があります。メーカーにもよりますがレンタル料金は月々1,000円以下のメーカーが多いです。

ただし、おしゃれだったり、多機能な上位機種の場合はレンタル料が1,000円を超えるものがあるので、契約前に確認が必要です。

レンタル料金が無料のメーカーはお水ボトル本数の注文ノルマがあったり、ボトル料金が高い傾向にあります。

サーバーを買い取りできる会社もありますが、不要になった時の処分費用を負担しなければなりません。

お水ボトル代

ボトル料金はボトルの種類や容量や本数によって変動します。

ボトルを繰り返し使うリターナブル方式と使い捨てのワンウェイ方式があり、ワンウェイ方式のほうがボトル料金が高い傾向にあります。また、ワンウェイ方式は使い捨てのため、ボトルをユーザーが処分しなけばなりません。

注文ノルマ

ウォーターサーバーは月々の注文ノルマがあるメーカーと、注文ノルマがないメーカーがあります。

注文ノルマがあるメーカーの場合は、お水の消費量と利用人数を把握しておく必要があります。目安としては1カ月で1人が消費するお水の飲用量が20Lと言われています。

また、お水が次回の注文まで消費しきれない場合は救済措置として、注文を休止できるメーカーもあります。

解約手数料

ウォーターサーバーは設置後、メーカーごとに定められた契約期間があり、契約期間内の解約には手数料が発生するので注意が必要です。契約期間は多くのメーカーが半年から3年ほど。まれに契約期間のないメーカーもあります。

ここで特に注目したいのが・水ボトル代・注文ノルマ・解約手数料です。なぜならこの3つの項目がランニングコストの大半を占めるからです。

要チェック!必ず確認したいコストとは?

ウォーターサーバーを利用するにあたりランニングコストはとても重要です。ランニングコストが高ければウォーターサーバーを維持することが難しいからです。

最悪の場合、ウォーターサーバーを導入したけど月額費用が高く、維持できなくて解約をしようと思ったら契約期間内だったので解約手数料を取られてしまうといったケースも。

メーカーにより各料金・最低契約期間が異なるため、以下のコストを必ず確認し、契約前に比較検討しておくことをおすすめします。

お水ボトル代

各メーカーで価格は異なりますが「天然水」は費用が高く、「RO水」は費用を安く抑えることができます。

おおよそ

・天然水(12L)約1,900円

・RO水(12L)約1,700円

という価格設定となっています。

「天然水」は特定の水源から採取された地下水を原水とする水のことを指します。「RO水」は水道水や天然水をRO膜というフィルターでろ過し、不純物を取り除いた純水です。ミネラル成分も除去されてしまうため、ミネラル成分を後から加えている場合が多いです。

ランニングコストを抑えたい場合はRO水を使用しているメーカーを選びましょう。

また、ボトルは返却が必要な「リターナブル方式」と使い捨ての「ワンウェイ方式」があります。ワンウェイ方式のほうがボトル料金が高い傾向にあります。RO水を使用しているメーカーはリターナブル方式を採用しているケースが多いです。

注文ノルマ

多くのメーカーは、一定期間で一定量のお水ボトルを注文しなければなりません。これにより毎月、お水ボトル代がかかってしまいます。

定期注文をスキップできるメーカーもありますが、2カ月連続休止で強制解約や1カ月休止するだけでもペナルティー費用が発生するメーカーもありますので、十分な注意が必要です。

解約手数料

ウォーターサーバーを解約する時にかかる料金です。契約期間内の解約でも解約手数料0円のメーカーもあれば、30,000円程度かかるメーカーもあります。

また、契約期間によっても金額が変動するメーカーもあるため注意が必要です。メーカーとの契約前に必ず確認しておきましょう。

月額費用が安いウォーターサーバー6選【徹底比較】

では、ランニングコスト(月額費用)が安いウォーターサーバーにはどんなものがあるのでしょうか。

そこで、おすすめの月額費用の安いウォーターサーバーを6つ紹介します。

メーカーアクアクララアルピナウォータークリクラプレミアムウォーターエブリィフレシャスウォータースタンド
レンタル料1,100~3,300円/月(あんしんサポート料)629円〜959円/月460円/月(あんしんサポートパック)0〜1,100円/月3,300円/月2,728円~8,778円/月
お水ボトル代1,404円/12L1,134円/12L1,460/12L1,987円~/12L
配送料無料無料〜
※利用地域によって異なる
無料無料
ノルマなしなしありあり
解約手数料6,600円〜5,238円〜なし10,000円~11,000円〜11,000円
月額最低料金目安3,908円/月〜4,031円/月〜3,380円/月〜3,974円/月〜3,300円/月2,728円/月〜

年に1度の定期メンテナンスで衛生的!アクアクララ

あんしんサポート料1,100~3,300円/月
お水ボトル代※11,404円/12L
配送料無料※2
注文ノルマなし
解約手数料6,600円〜※3
※1 2年割プラン適用の料金
※2 一部商品・地域のみ、宅配料がかかる場合あり
※3 ウォーターサーバー設置後1年を経過しない間に退会した場合は6,600円の途中解除料がかかる。また、2年割プラン・子育てアクアプランを契約の場合、2年未満の解約で11,000円の途中解除料がかかる。

アクアクララは最低注文数の制限がなく、あまり水を飲まない方にもおすすめのサーバーです。水代も12Lあたり1,404円〜とウォーターサーバーの中でもかなり安い部類に入ります。

アクアクララの特徴は他のメーカーにはない「あんしんサポート」。選ぶサーバーによって月々のあんしんサポート料は異なりますが、送料無料やサーバーレンタル料が無料など、定期メンテナンスなどのサービス面が充実しています!

お水をおまり使わない一人暮らしの方、定期メンテナンスで衛生的に使いたいという方におすすめできるウォーターサーバーです。

またアクアクララは当サイト限定でお水ボトル4本無料チケットプレゼントという特典が付いています!コスパが良いウォーターサーバーを探している方はぜひチェックしてみてくださいね!

一人暮らしの人におすすめ!アルピナウォーター

サーバーレンタル料月々629円(スタンダードサーバーの料金)
お水ボトル代1,134円(12L/1本)
配送料東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城(一部除く)は無料
その他地域は有料※1
注文ノルマなし
解約手数料5,238円〜※3
(※1)トーエル配送エリア外は有料。本州:385円/箱 北海道・四国・九州:660円/箱
(※2)サーバー設置後1 年以内にサーバー引上げを行う場合は、サーバー解約手数料として11,000円/台が発生

アルピナウォーターは一人暮らしや、利用人数が1人~2人のご家庭におすすめです。

アルピナウォーターの最大の特徴は、注文ノルマがありません。多くのメーカーはボトル注文がない場合には休止手数料などがありますが、アルピナウォーターはそれもありません。注文ノルマにせかされることなく、飲みたい時に自分のペースでお水を飲むというスタンスです。

一般的に1人が1カ月に消費するお水の飲用量が20Lと言われています。アルピナウォーターの場合は1回の注文がボトル3本(36L)なので1回注文すれば2カ月は注文しなくてよいのでランニングコストを抑えることができます。まさに一人暮らしに最適のウォーターサーバーです。

ランニングコストが安いアルピナウォーターではありますが1点だけ注意点があります。それは「配送エリア」が狭いことです。契約前に、まずは自宅が配送エリア内なのかを確認する必要があります。

2人~3人で活用する人におすすめ! クリクラ

あんしんサポートパック月々460円
お水ボトル代1,460円(12L/1本)※
配送料無料
注文ノルマあり※
解約手数料なし
※1回の注文本数は店舗により異なる
※3カ月のボトル利用本数が6本未満の場合サーバーレンタル料が1,100円/月

クリクラのランニングコストはアルピナウォーターと、さほどかわりません。

最大の特徴は無料お試しができるということです。お試しでウォーターサーバーを利用してそれから契約することができます。そのため、クリクラのメリットやデメリットなどの口コミ情報を調べなくても自分でお試しをしてから決めることができます。

注文ノルマはありませんが、3カ月のボトル利用本数が6本未満の場合はサーバーレンタル料金がかかるため、クリクラは利用人数が2人~3人程度がおすすめです。

また、サービス対象エリアが広いため、アルピナウォーターが対象外の方でもご利用いただける可能性が高いでしょう。

クリクラは1週間、無料でお試しすることができます!初めてウォーターサーバーを導入するという方は無料体験からはじめてみてはいかがでしょうか?

ウォーターサーバーをおしゃれに活用!プレミアムウォーター

サーバーレンタル料0〜1,100円/月
お水ボトル代※11,987円~/12L※1
配送料無料
注文ノルマあり
解約手数料10,000円~※3
※1 PREMIUM3年パックの料金
※2 60日間連続で休止した場合は880円の休止事務手数料が発生。さらに、90日間経過後も880円、120日間経過後で強制解約となる。
※3 基本プランに加入していて2年以内に解約の場合には、早期解約手数料として10,000円~、PREMIUM3年パックの場合には3年以内に解約で15,000円~がかかる。マムクラブの場合は3年以内に解約で20,000円~がかかる。

プレミアムウォーターは、非加熱の純度の高い天然水を飲むことが出来るウォーターサーバーです。富士と名水百選の南阿蘇から採取できる天然水となっているので、味わいが非常に豊かとなっています。

プレミアムウォーターの最大の特徴としてはウォーターサーバー自体のデザイン性の高さが挙げられるでしょう。どれも非常に可愛らしいデザインのウォーターサーバーとなっているので、お部屋をさらに彩り豊かなものにしてくれます。

また、プレミアムウォーターは初期費用や送料が無料なので、非常にコスパ良く運用できます。水の価格も500ml辺り68円~と非常に安い価格設定になっており、リーズナブルとなっているのが特徴的です。

上記の理由からも、デザイン性が高く、コストパフォーマンスを優先したいという方はプレミアムウォーターが非常におすすめです。ネットでいつでも水の注文や変更が可能なので、使いやすさも確かなウォーターサーバーとなっています。

卓上でコンパクトに使える!水道水補充型「エブリィフレシャス」

サーバーレンタル料3,300円
お水ボトル代水道水(水道料料金は自治体により異なる)
配送料
注文ノルマ
解約手数料11,000円〜※1
※1 1年未満で解約した場合、解約金として1年未満22,000円、また、1年経過後、2年未満でご解約された場合は、16,500円また、2年経過後、3年未満でご解約された場合は、11,000円が発生

every frecious(エブリィフレシャス)は水道水補充型(注水タイプ)のウォーターサーバーです。専用のカートリッジできれいで美味しいお水に浄水するタイプのウォーターサーバーです。カートリッジで浄水するタイプのウォーターサーバーは適切なタイミングでカートリッジを交換すること。

エブリィフレシャスでは6カ月に一度、無料で自宅に交換カートリッジが届くので交換のタイミングもわかりやすいです。

ウォーターサーバーで気になる衛生面も殺菌効果がある「UV機能」でサーバー内部をきれいに維持してくれます。もちろん、温水・冷水がいつでも使えるエブリィフレシャス。

初期費用、追加費用は一切かからず月額3,300円で使い放題!(※別途水道代はかかります)

水道管に直接つなぐいて使い放題!ウォータースタンド

サーバーレンタル料2,728円~8,778円/月※1
お水ボトル代水道水(水道料料金は自治体により異なる)
配送料
注文ノルマ
解約手数料11,000円※2

※1 通常プランの場合の料金。お得な「長得プラン」もあり
※2 設置から1年未満の解約の場合、撤去費用11,000円

ウォータースタンドも使い放題のウォーターサーバーです。サーバーを水道に直接つなぐタイプのウォーターサーバーなので、お水のボトルを注文する必要もなく、自分で注水する必要もありません。

サーバーの種類が豊富で、標準的なサーバーだけではなく、電力不要のエコサーバーなども用意されています。サーバーの種類が多いことからサイズも複数あるため、設置スペースにあったサーバーという視点での選び方も可能になります。ただし、選んだサーバーによって月額に違いがあるので、サーバーの情報を見る時は料金も確認しながら選ぶようにしましょう。

ウォータースタンドは、お値打ちなサーバーを選ぶことで月額2,728円で利用することができる使い放題のウォーターサーバーです。飲み放題のウォーターサーバーに興味がある方は、検討の候補に入れておきましょう。

利用環境に合う安いウォーターサーバーを選ぼう

せっかくランニングコストを安く抑えたウォーターサーバーを選んでも利用環境に合っていなければ月々のランニングコストが高くなってしまうこともあります。

利用環境に合ったというのは、ウォーターサーバーを何人で利用するのか、利用頻度はどのくらいかということです。


1人暮らし赤ちゃんのいる3人家族3世代同居の5人家族
アルピナウォーター
「スタンダードサーバー」
1,722円/月4,031円/月6,299円/月
アクアクララ
「アクアスリム」
2,504円/月5,312円/月8,120円/月
クリクラ
「クリクラサーバー」
3,020円/月4,840円/月7,760円/月
プレミアムウォーター
「スリムサーバーⅢ」
1,987円/月5,961円/月9,935円/月
エブリィフレシャス
「mini」
3,300円/月3,300円/月3,300円/月
ウォータースタンド
「ネオ」
3,500円/月3,500円/月3,500円/月
※1人暮らしの場合:消費量を12L/月として3カ月を一定期間として計算
※※3人暮らしの場合:消費量を36L/月として3カ月を一定期間として計算
※※※5人暮らしの場合:消費量を60L/月として3カ月を一定期間として計算

1人でウォーターサーバーを使用する場合

最安は「アルピナウォーター」1カ月1,763円!

・メンテナンス費用:無料(水素水サーバーを除く)

・サーバーレンタル料:月々629円

・お水ボトル代:1,134円(12L/1本)※1回の注文はボトル3本から注文可能

・注文ノルマ:なし

アルピナウォーターの場合は1回の注文で3,402円(36L/3本)とサーバーレンタル料が629円/月です。


※消費量を12L/月として3カ月を一定期間として計算

3,402円+1,887円=5,289円 5,289円÷3=1,763円

アルピナウォーターの場合は1カ月で1,763円

3人家族以上(36L/月)で使用する場合

最安は「エブリィフレシャス」1カ月3,300円!

・メンテナンス費用:無料

・サーバーレンタル料:3,300円

・水ボトル代:水道水(水道料料金は自治体により異なる)

・注文ノルマ:なし

エブリィフレシャスの場合は利用人数に関係なく1カ月で3,300円。

このように一人暮らしなど、使用する水の量が少ない場合はアルピナウォーターがランニングコストを抑えることができます。

また、1カ月に2回以上ボトルを注文する必要がある場合はエブリィフレシャスのほうがコストを抑えることができます。

ウォーターサーバーは利用環境に合わせて選ぶことが大切です。

以上のようなことから、ウォーターサーバーを契約する前に利用人数や利用頻度を把握しておくことをおすすめします。

まとめ

・ウォーターサーバーのランニングコストを把握する

・メーカーの特徴を事前に把握しておく

・利用環境にあったウォーターサーバーを選ぶ

ランニングコストを安く抑えたウォーターサーバーを選んでも、利用環境に合っていなければ意味がありません。せっかくランニングコストを安く抑えたウォーターサーバーを選んでも月々のコストが高くなってしまう場合もあります。

また、メーカーにより特徴がさまざまなため、事前に把握しておく必要があります。メーカーを選ぶ際はランニングコストやそれぞれの特徴を把握し、利用環境に合ったウォーターサーバーを選びましょう。

この記事を監修した人
水メガネ

大手企業で6年間ウォーターサーバーの営業を経験し、そこで得たお客様からのダイレクトな意見を活かして本当におすすめ出来るウォーターサーバーについての日々研究しています。これまでに複数のウォーターサーバーを自ら試した経験からニーズに合わせた最適なウォーターサーバーをご提案します。

水メガネをフォローする
料金で選ぶ
水メガネをフォローする
ウォーターサーバー比較
タイトルとURLをコピーしました