1,000万円の家は後悔する?ローコスト住宅の特徴や実際に建てた人の意見を紹介

「1,000万円で満足できる家は建てられる?」と疑問に思っていませんか?結論からいうと、間取りやハウスメーカー選びなどの工夫次第で1,000万円台の安い家を建てることも可能です。しかし、価格が抑えた家について、「失敗や後悔が怖い……」「安全面に問題があるのでは?」など不安に思う人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、1,000万円台に価格を抑えた家を建てたい人向けに、後悔している人の意見・満足している人双方の意見を紹介します。

さらに1,000万円で家を建てる際に後悔しないためのポイントや、ローコスト住宅を扱うおすすめのハウスメーカーも紹介しているので、最後まで読み進めて家づくりの参考にしてください。

すぐわかる!この記事3つのポイント!
  • 1000万円で建てる家は、規格住宅が中心で、設備や部材のグレードを低く抑えた結果、安価に仕上がっていますが、後にメンテナンス費用が高くつく場合があります。
  • ローコストな家は家の狭さや住宅性能の不満が後悔の原因となりやすいが、家具や家電にこだわれるというメリットがあるでしょう。
  • 1000万円の家を建てる際には、お金をかける部分の優先順位を決め、シンプルなデザインの選択や水回りをまとめることでコストダウンを図ることが推奨されているようです。
目次

1,000万円で家を建てて後悔している人の意見

1,000万円で家を建てた人のなかには、「家の中が狭い」「床がボロボロになった」と後悔している事例があります。1,000万円で家を建てて後悔している人の意見をまとめました。

家の中が狭い

1,000万円で家を建てて、ライフスタイルの変化により部屋が狭いと後悔しているケースがあります。予算を抑えるために坪数を減らした場合や、無理に部屋数を増やすために各部屋を小さく設計した場合に起こりがちです。

また子どもの成長などが要因となり、当初の予定よりも部屋が手狭に感じたり、室内のものが思ったより増えて収納に困ったりするケースがあります

ライフプランの見直しや各社サイトでの建築事例の確認をおこなうなど、家を建てる前にしっかり準備しましょう。

床がボロボロになった

1,000万円で建てられる家のプランでは、床のコーティングは別料金が基本です。予算の都合上コーティングしなかった人は、床に傷がついてボロボロになって後悔しているケースがあります。

床をコーティングせずに使用を続けた場合、めくれる部分が出てきたり椅子がすれて傷だらけになったりなど、床に傷みが出るため注意が必要です。

床を長くきれいなままに保ちたいなら、標準プランで床がコーティングされない場合は、別途料金を支払ってでも依頼しましょう。

作りが安っぽく見える

1,000万円の家は、コストを抑えるために使用される部材のグレードが低いことが多いです。グレードの低い部材は安っぽく見えてしまい、仕上がりに不満を感じるケースがあります。

さらにローコスト住宅は、コストを抑えるために内装や外装のデザインがシンプルになりがちです。装飾などが抑えられているため、高級感が出にくく安っぽい印象につながる場合もあります。

またモデルハウスを見学する際にも注意が必要です。モデルハウスはオプションを贅沢に取り入れ、豪華に仕上がっています。同じような仕上がりにしたい場合は、倍以上の金額が必要なケースも多いため間に受けないようにしましょう。

メンテナンス費用が高くついた

安価な部材で家を建てた場合には、仕上がりの見た目だけでなく家の寿命にも注意が必要です。家を維持するためには、壊れた個所があれば修繕をおこない、設備機器の故障があれば交換をおこなう必要があります。

1,000万円の家は平均的なグレードの部材を使った家に比べ、強度や耐久性が低いことも多いです。短いスパンで修繕や交換などが頻繁に必要となり、かえってメンテナンス費用が高くついてしまうケースがあるため注意しましょう。

住宅性能に不満がある

1,000万円のローコストな家は、平均的な価格帯の家に比べて住宅性能が劣ります。断熱性や機密性が低くなり、四季の気温変化に対応しきれないケースがあるため要注意です。

断熱性や気密性の低い住宅は外気温による影響を受けやすくなるので、夏はとても暑くなる一方、冬はとても寒くなります。家の中の寒暖差が大きくなり、ヒートショックのリスクが上がることも注意点です。

1,000万円で家を建てて満足している人の意見

1,000万円で家を建てて後悔している人がいる一方、「家具などに費用をを充てることができた」「返済があっても家計が安定した」と満足している人もいます。

ここでは、1,000万円で家を建てて満足している人の意見を紹介します。

家具などに費用を充てることができた

予算を低く抑えられたぶん、家具の購入費用など、別の用途に充てる予算に余裕ができたと満足している人も多いです。

限られた予算でどの部分を充実させるかは、満足できる家を建てるために重要なポイントです。家の間取りや設備より家具や家電などにこだわりたい人は、1,000万円の家を検討してみましょう。

返済があっても家計が安定した

家の値段を1,000万円に抑えたことで、住宅ローンのコントロールが容易になった人も多いです。家のコストを抑えられれば、毎月の支払いがあっても生活に影響が出ないように、無理のない範囲で住宅ローンが組めます

また、頭金やボーナス払いが不要で毎月の返済費用も抑えやすく、返済期間を短く設定して早く完済できるなど、家の費用を抑えるメリットは豊富です。

掃除に時間がかからない

1,000万円の家は部屋数が少なく狭いことが多いため、掃除の手間が少ないと満足している人もいます。掃除機がけや窓拭きなども少ない範囲だけで掃除を済ませられるため、少し時間をかければ丁寧な作業も可能です。

一方お金をかけて広々とした家を建てた場合は、広さのぶん掃除が必要な範囲も広がります。さらに作業時間もかかるため、きれいな状態を保つためにより労力が必要です。

狭くても満足している

家族の人数が少ない人は、家が狭くても不便を感じないケースもあります。子どものいる家庭や2世帯など住む人数が多い場合は、快適に生活するためにはある程度の広さの家が必要です。

しかし大人2〜3人で生活する場合などは、家の広さの優先順位は下がります。家を広くするよりはキッチン回りを充実させたいなど、広さにこだわりがない人も1,000万円の家がおすすめです。

ハウスメーカー数社から見積もりをとり、こだわりたいポイントが手厚くなっているメーカーを選びましょう。

1,000万円の家のメリット・デメリット

続いて、紹介した後悔の声・満足の声を踏まえて、1,000万円台の家のメリット・デメリットを紹介します。また、1,000万円台の家づくりに向いている人も解説するので、予算の設定にぜひ役立ててください。

1,000万円の家のメリット・デメリット

1,000万円台の家づくりに関する意見でわかった1,000万円の家を建てるメリット・デメリットは次のとおりです。

1,000万円の家を建てるメリット

  • 家具・家電などの他の費用に多く充てられる
  • 月々の返済負担が抑えられて生活が安定する
  • 掃除など家事にかかる時間を節約できる
  • コンパクトで家族の距離が近く過ごしやすい

1,000万円の家を建てるデメリット

  • 広い空間をつくりにくい
  • 床のコーティングなど追加料金がかかることも多い
  • 外装や内装のグレードが低く安っぽく見える
  • メンテナンス費用が高くついた
  • 住宅性能が低く快適性が低い場合がある

1,000万円で家を建てるのがおすすめな人

メリット・デメリットを踏まえると、1,000万円での家づくりに向いているのは次のような人です。

  • 家を建てる費用を抑えたい人
  • 家具や家電など家以外に費用をかけたい人
  • 間取りやデザインなどへのこだわりがない人
  • 住宅ローンの返済額や返済期間を抑えたい人
  • 少人数世帯で住む予定の人

将来設計や経済状況などの理由から、家を建てる費用を抑えたい人には1,000万円のローコスト住宅がおすすめです。

家具や家電など、家以外の部分に費用をかけたい人や間取りやデザインなどへのこだわりがない人も、1,000万円で要望にあった家を建てられるでしょう。

また、家の費用を1,000万円に抑えられれば、住宅ローンの負担も減らすことが可能です。頭金やボーナス返済を利用しなくても毎月の返済額を少なく抑えたり、返済期間を短く設定できたりといった利点があります。

1,000万円で家を建てて後悔しないためのポイント

1,000万円で家を建てて後悔しないためには、知っておきたいポイントがあります。1,000万円で家を建てて後悔しないためのポイントをまとめました。

お金をかける部分の優先順位を決める

1,000万円で家を建てる場合は使える予算が限られています。1,000万円以内で希望をすべて叶えることはできないため、どこにお金をかけるかを決めておきましょう

「立地にこだわりたい」「間取りは3LDK必要」など、まずはこだわりたい部分について家族で話し合い、リストアップします。そして出揃った要望をもとに、お金をかける部分の優先順位を決めてハウスメーカーへ伝えましょう。

またハウスメーカーを比較することも重要です。それぞれプランの内容や価格、オプションでできる範囲などが異なるため、各社の内容を比較して、優先順位の高いポイントを安く施工できる業者を選ぶのもおすすめです。

水回りをまとめる

トイレや浴室、キッチンなど水回りを集約させれば水道管やガス管などの配管を短くでき、そのぶん費用を抑えることが可能です。また水回りはそれぞれの位置を離して設計すると、家事導線が悪くなるデメリットもあります。

設備が近くなれば家の中をスムーズに移動できるので、実際に建てた家で暮らしはじめてからの負担を減らすためにも、水回りはまとめましょう。

シンプルなデザインを選択する

1,000万円の家は基本的にプランの決まった規格住宅ですが、ハウスメーカーによっては自由に設計できるケースもあります。しかし複雑な構造や凝ったデザインを取り入れた場合は、費用が高くなるため注意しましょう。

複雑な構造を採用すると、必要な建築資材が増えてコストが上がるため、家の形はシンプルな箱型がおすすめです。箱型なら必要な資材を減らせるだけでなく、汎用性の高い一括仕入れのしやすい資材を使用することで、さらにコストを抑えられるため安く施工できます。

アフターフォローの手厚い会社を選ぶ

1,000万円で家を建てたあとに、住める状態を保つためにはメンテナンスが重要です。メンテナンスにはハウスメーカーのアフターフォローが利用できます

ハウスメーカーを選ぶ際は、安心して暮らしていけるアフターサービスを提供しているかを確認しましょう。保証内容を確認し、不具合や故障が発生したときのフォロー体制が整っていることが重要です。

また将来的にフォローを継続してもらうために、大手メーカーや地元で実績のあるハウスメーカーを選ぶのがおすすめです。倒産してしまった場合など、将来的なアフタフォローが受けられなくなるため、継続して営業できるメーカーを選びましょう。

1,000万円の家ってどんな家?ローコスト住宅の特徴

そもそも1,000万円で建てられる家とはどのような家でしょうか?この章では1,000万円台で建てられる家の特徴を紹介します。

土地抜き価格が1,000万円台の家

「1,000万円台の家」「コミコミ1,000万円の家」といったハウスメーカー・工務店の広告を見たことはありませんか?

こうした広告で扱われている価格は、そのほとんどが土地価格が含まれない建築費用のみの価格です。本記事でも、土地抜き価格が1,000万円台の家について主に解説しています。

家を建てる土地を持っていない場合には、追加で費用が発生すると考えておきましょう。

「コミコミ1,000万円の家」といったハウスメーカーのプランに含まれるのは、本体工事費・付帯工事費・諸費用の3つです。

費用内訳
本体工事費・基礎工事費用
・外内装費
・設備設置工事費用
・人件費
付帯工事費・外構工事費用
・ガスや水道工事費
・地盤改良費
・解体工事費
諸費用・住宅ローン借り入れ費用
・登記費用
・印紙代
・各種手数料

なかでも本体工事費が最も高く、全体の7割程度を占めます。

注文住宅の建築費用(土地抜き価格)の全国平均は3,935万円です(国税庁令和4年度住宅市場動向調査報告書」)。1,000万円台で建てる家は、平均よりもかなり安い水準にあることがわかります。

プランが決まっている規格住宅

1,000万円台の家を建てるためには、基本的に間取りやデザインが決められた規格住宅のプランを利用します。

規格住宅は注文住宅とは異なり、プランが決まっているため設計の自由度が低いです。注文住宅なら、要望にあわせて間取りなどをある程度自由に設計できます。一方、規格住宅は決まった設計を利用してコストを下げているため、間取りが変更できない、または変更に別途料金が必要です。

ただし規格住宅のプラン内容はプロが考案しており、暮らしやすく機能的な間取りや人気のあるデザインが取り入れられているので、失敗が少ないメリットもあります。

設備や性能は平均的

1,000万円台の家は、使用する設備や部材のグレードを低くして費用を抑えています。キッチンや洗面台などの設備はコストを抑えた仕様のモデルが使われ、最新モデルではなく型落ちモデルでコストを抑えているケースも多いです。

また部材は大量仕入れをおこないコストを抑えています。仕入れ済みの部材を使用して家を建てるため、部材の選択肢が限定されることもあります。

ハウスメーカーによっては、オプションで設備のグレードを上げられるケースもあります。キッチンにはアイランドキッチンを採用したりなど、こだわりたい部分がある場合はピンポイントに予算をかけましょう。

種類は平屋か2階建て

ハウスメーカー各社のプランをチェックすると、1,000万円台で建てられる家の種類は平屋か2階建てが多い傾向です。1,000万円台で要望に近い家を建てたいなら、両方のパターンで見積もりを取りましょう。

平屋の場合、間取りは1〜2LDKが基本です。トイレや洗面台など水回りの設備を1ヶ所に抑えられることや、建築する際に大がかりな足場を作る必要がないことなど、コストを抑えやすい構造をしています。

しかし土地価格の高い都市部では、1,000万円台で平屋に必要な広さの土地まで確保することが難しいケースも少なくありません。

同じ延床面積で比較すると、2階建ては平屋よりも屋根や基礎の面積を抑えてコストを下げられます。なお1,000万円台で2階建てを設計する際は、1〜4LDKの間取りになることが多いです。

ローコスト住宅の建築におすすめのハウスメーカー2選

1,000万円台での家づくりには、ローコスト住宅を扱うハウスメーカーを選ぶことが重要です。ここからは、1,000万円台での家づくりを目指す人におすすめのローコスト住宅向きのハウスメーカーを紹介します。

タマホーム

タマホーム公式サイト
※画像引用元:タマホーム公式サイト
会社名タマホーム株式会社
所在地東京都港区高輪3丁目22番9号 タマホーム本社ビル
設立1998年6月3日
資本金43億1,014万円(2022年5月31日時点)
工法木造軸組在来工法
業務内容建築、設計、不動産業、保険代理業
平均坪単価44万円(編集部調べ)
対応エリア全国47都道府県
URLhttps://www.tamahome.jp/

タマホームは、低価格で高品質な住宅を扱うハウスメーカーです。全国ネットのテレビCMを展開する大手ですが、坪単価は48万〜76万円とローコストで家を建てられます注文住宅を得意としており、ベストセラーの大安心の家や木の優しさやぬくもり感にこだわった木麗な家などが主力商品です。

タマホームでは施工を自社支店の工務チームが直接管理し、中間業者にかかるコストを削減して低価格を実現しています。直接管理によって業務が効率化されるうえに工期も短縮されるため、さらにコストを抑えることが可能です。

また仕入れにもコストカットするために工夫されており、住宅設備をそれぞれ専門の設備メーカーから大量購入をおこなっています。大量に仕入れることで、ハイクオリティな製品を低コストで提供しています。

タマホームの口コミ評判や坪単価について、詳しくは以下の記事で紹介しているので、あわせて参考にしてください。

  • 口コミ評判・坪単価については以下の記事をご覧ください。

アキュラホーム

アキュラホーム公式サイト
※画像引用元:アキュラホーム公式サイト
会社名株式会社AQ Group
所在地東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビルディング34F
設立1986年5月
資本金9,314万円
工法メタルウッド工法
事業内容・住宅事業(各種木造注文住宅の建設・販売など)
・工務店支援事業(工務店・ビルダーのノウハウ提供)
・研究開発事業(住宅及び関連品とシステムの研究開発など)
平均坪単価85万円(編集部調べ)
対応エリア東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、静岡県、愛知県、岐阜県
大阪府、兵庫県、三重県、奈良県、京都府、岡山県、広島県
URLhttps://www.aqura.co.jp/

アキュラホームは、適正価格を追求しているハウスメーカーです。平均坪単価は85万円ですが、なかには坪単価50万円程度と低価格で建てられた事例もあります。

低価格を実現する工夫のひとつがコストバランスの見直しです。釘1本、ビス1個など、家づくりに必要な約20,000項目をデータベース化し、細部に渡ってコストバランスが見直され、高品質とコストダウンを両立しています。

また日本最大の工務店ネットワーク、ジャーブネットを主宰しており、共同で大量一括仕入れが可能です。さらに製造工場への直接発注や海外からの直接仕入れなど、中間マージンを排除して有名メーカーの人気住宅設備を適正価格で提供しています。

アキュラホームの口コミ評判や坪単価について、詳しくは以下の記事で紹介しているので、あわせて参考にしてください。

  • 口コミ評判・坪単価については以下の記事をご覧ください。

まとめ

1,000万円で家を建てる場合はローコストな規格住宅が中心となり、住宅の設備や性能は平均的になるのが基本です。

しかし、お金をかける部分の優先順位を決めて水回りをまとめて設計するなど、工夫することでコストを抑えながら要望を反映させられます。

今回紹介したポイントやローコスト住宅を扱うハウスメーカーを参考にして、1,000万円で後悔しない家づくりを目指しましょう。

その他の住宅メーカー、工務店の後悔したケースに関する記事

・積水ハウスで建てて後悔した?満足したケースと比較して決めよう
・ミサワホームは後悔する?蔵のある家の評判やおすすめな人を紹介
・オープンハウスで家を建てた人が後悔&満足したケース14選を紹介
・スウェーデンハウスで後悔or満足したケース14選!おすすめの人も
・秀光ビルドで建てて後悔した?おすすめの人や家づくりポイントも紹介
・無印良品の家を建てて後悔?満足したケースや失敗を防ぐポイント解説
・BESSの家を建てて後悔・満足したケース14選を紹介!他社比較も
・1,000万円の家は後悔する?ローコストで建てた人の意見を紹介
・ログハウスはやめたほうがいい?後悔事例9選やおすすめの人を紹介
・やめた方がいいハウスメーカー・工務店15選|会社選びに役立つポイントも解説

※「マイナビニュース不動産査定」は以下に記載されたリンク先からの情報をもとに、制作・編集しております。
https://www.land.mlit.go.jp/webland/
https://www.rosenka.nta.go.jp/
https://www.retpc.jp/chosa/reins/
https://www.land.mlit.go.jp/webland/servlet/MainServlet
https://www.zentaku.or.jp/cms/wp-content/uploads/2022/02/2021-fudousan-anke-to.pdf


◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

マイナビニュース不動産査定編集部は、家の売却、家づくり、リフォームなど不動産に関わる様々な情報をわかりやすくお届けします。

目次