住宅ローンでネット銀行はどこがおすすめ?厳選7社を比較して紹介

fudousan75437 住宅ローン

住宅ローンを利用する際はメガバンクや地方銀行だけではなく、ネット銀行でも住宅ローンを組むことが可能です。現在多くのネット銀行が住宅ローンを取り扱っていますが、それぞれのローンサービスには特徴があり、その銀行独自のサービスを用意しているところもあるので注目です。

今回は、住宅ローンを利用する際におすすめのネット銀行やそれぞれのサービスの特徴、住宅ローンを組む際に押さえておくべきポイントについて網羅的に紹介します。ぜひ今回の記事の中身に目を通し、住宅ローンを組む際の参考にしてください。

住宅ローンでネット銀行を比較するポイント

ネット銀行が取り扱う住宅ローンのサービスの中身は様々です。これまで一度も利用したことがない方の中には、一体どのネット銀行を利用すれば良いのか分からず悩んでいる方もおられるでしょう。

住宅ローンでネット銀行を比較する場合、着目すべきポイントがいくつかあります。ここでは、その中でも特に押さえるべき比較ポイントを3つ紹介します。

住宅ローンの金利の安さ

ネット銀行を比較する場合、まずは住宅ローンの金利に注目しましょう。多くのネット銀行では、住宅ローンの金利は0.5パーセント前後となります。しかし中には1パーセント以上の高い金利を設定している銀行もあるので、それぞれの銀行の金利をしっかりと比較することが大切です。そもそも住宅ローンの借入金額は大きく、支払い期間も長いため、金利の違いはわずかだとしても全体の支払い額に大きな影響が出るのです。

ネット銀行の住宅ローンには固定金利と変動金利が用意されており、申し込む際はいずれか一方を選択します。固定金利は変動金利より高い反面、将来の支払い額が分かりやすい特徴がありますが、変動金利は下限が固定金利より低い一方で、上限は固定金利よりも高く設定されているケースが多いので慎重に判断しましょう。

住宅ローンの仕組みについてさらに詳しく知りたい人は、以下のサイトもおすすめです。

住宅ローンの仕組みを知ろう!金利タイプや返済方法の特徴を解説!
この記事では、住宅ローンの基礎知識から金利・返済方法の仕組みなどを分かりやすく解説していきます。どんな金利タイプや返済方法を選べばよいか、ご自身でシミュレーションできるように網羅していますので、ぜひ本記事をお役立てください!

住宅ローンで支払うことになる諸費用の安さ

ネット銀行を比較する際は、住宅ローンを利用した際にかかる費用にも注目することが大切です。住宅ローンを利用すると、支払う必要がある費用は以下の通りです。

  • 事務手数料
  • 印紙代
  • 団信の保険料
  • 繰り上げ返済手数料
  • 保証料

上記のように、借入額の返済以外に費用が発生します。特に保証料には注意が必要です。金融機関の中には通常より高く保証料を設定している場合もあるので、忘れずに確認しましょう。

ネット銀行で提供されるサービス内容

ネット銀行では、それぞれ独自のサービスを用意しています。住宅ローン専門の生命保険である団体信用生命保険の保証内容や相談窓口の有無、対応の丁寧さ、ホームページの分かりやすさなども重要です。

比較する際は各ネット銀行のホームページを確認するだけでなく、実際に問い合わせを行い、対応の迅速さなどを考慮して総合的に判断すると良いでしょう。

住宅ローンが可能なネット銀行7選

現在数多くのネット銀行が存在しますが、その全てが住宅ローンに対応しているわけではありません。したがって住宅ローンの申し込みをする際には、取り扱いがあるのかどうかネット銀行ごとに確認する必要があります。

ここでは、住宅ローンを取り扱っているネット銀行の中で特におすすめの銀行を7つ紹介していきます

auじぶん銀行

auじぶん銀行は、KDDIを親会社とするネット銀行です。auじぶん銀行の住宅ローンに関する基本情報は以下の通りです。

項目 基本情報
金利 変動金利 0.410パーセント

固定金利 0.525パーセント〜0.995パーセント

手数料 借り入れ金額に対して2.20パーセント
借り入れ条件
  • auじぶん銀行に円普通預金口座を保有
  • 年齢が満20歳以上満65歳未満、最終返済時が満80歳の誕生日まで
  • 前年度の年収(自営業の場合は申告所得)が200万円以上
  • auじぶん銀行指定の団体信用生命保険に加入
  • 借入対象物件にauじぶん銀行またはauじぶん銀行が指定する保証会社を第一順位の抵当権者とする抵当権を設定
  • 日本国籍、または永住許可を受けている外国籍

また、auじぶん銀行では金利優遇割キャンペーンを行なっています。au回線とauのじぶんでんきをセットで申し込むと、金利が最大0.1%引き下げとなるのでお得です。

なお、審査の結果によっては保証付金利プランとなり、保証料相当額が金利に上乗せされる場合もあります。

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は、三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同出資してできたネット銀行です。住信SBIネット銀行の住宅ローンに関する基本情報は以下の通りです。

項目 基本情報
金利
  • 変動金利 0.44パーセント
  • 固定金利 1.34パーセント
手数料 借り入れ金額に対して2.20パーセント
借り入れ条件
  • 安定継続した収入
  • 日本国籍、または永住許可を受けている外国籍

なお住信SBIネット銀行では、一部繰上返済は手数料が無料です。団体信用生命保険や全疾病保障、女性限定のがん診断給付金特約が金利の上乗せがなく、付帯している特徴もあります。

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行は、2000年に設立したネット銀行の草分け的存在です。ジャパンネット銀行の住宅ローンに関する基本情報は以下の通りです。

項目 基本情報
金利
  • 変動金利 0.380パーセント
  • 固定金利 0.499パーセント
手数料 一部繰上返済手数料が無料
借り入れ条件 確定申告書や納税証明書、給与明細書の提出が必要

ジャパンネット銀行の特徴は、保証料や一般団信の保険料、返済口座への資金移動、収入印紙代などが0円であることです。団体信用生命保険のラインナップが豊富であり、申し込みから借り入れまで捺印は不要でスムーズな点も魅力的です。

ソニー銀行

ソニー銀行は、2001年に設立したソニーグループ傘下のネット銀行です。ソニー銀行の住宅ローンに関する基本情報は以下の通りです。

項目 基本情報
金利
  • 変動金利 0.457パーセント
  • 固定金利 0.550パーセント
手数料 借り入れ金額に対して2.20パーセント
借り入れ条件
  • 日本人または永住権のある外国人
  • 無職やアルバイトは不可
  • 年金収入のみは不可

ソニー銀行の住宅ローンは、保証料や金利変更手数料、団体信用生命保険料、返済口座への資金移動、繰り上げ返済手数料など全て無料です。

団信のラインアップが豊富であり、住宅ローンを利用すれば優待プログラムのClub Sのステージも自動的に1つランクアップします。手続きが全てネット上で完結する点もソニー銀行の住宅ローンの特徴だと言えます。

楽天銀行

楽天銀行は、楽天カード株式会社の子会社のネット銀行です。楽天銀行の住宅ローンに関する基本情報は以下の通りです。

項目 基本情報
金利
  • 変動金利 0.537パーセント
  • 固定金利 0.917パーセント
手数料 一律330,000円
借り入れ手数料 パート社員や派遣社員でも、継続収入があれば融資可能

楽天銀行の住宅ローンには、がん保障・全疾病保障の特約付き団体信用保険料や、住宅ローンの新規借入で楽天ポイント10,000ポイントのプレゼントが用意されています。

イオン銀行

イオン銀行は、イオングループ傘下にあるネット銀行です。イオン銀行の住宅ローンに関する基本情報は以下の通りです。

項目 基本情報
金利
  • 変動金利が0.520パーセント
  • 固定金利が0.620パーセント
手数料 借り入れ金額に対して2.20パーセント
借り入れ条件
  • 申込時の年齢が満20歳以上満71歳未満で、最終返済時の年齢が満80歳未満
  • 永住許可または特別永住許可を受けている方
  • 契約社員・派遣社員
  • (健康保険・厚生年金保険の被保険者であり、雇用保険への加入が確認できる)
  • 給与収入のある方は勤続6カ月以上
  • 会社経営者の方や事業所得のある方は事業開始後3年を経過

イオン銀行の住宅ローンでは、スマホやパソコンから気軽に利用できるオンラインの無料相談が用意されています。イオン店舗でも申し込みは可能であり、契約が成立するとイオングループでの買い物が5%オフになる特典が付いてきます。

新生銀行

新生銀行には、新生パワーダイレクトというスマホ認証対応のネットバンキングが用意されています。新生銀行の住宅ローンに関する基本情報は以下の通りです。

項目 基本情報
金利
  • 変動金利 0.45〜0.65パーセント
  • 固定金利 0.75パーセント〜1.05パーセント
手数料 借り入れ金額に対して2.20パーセント
借り入れ条件
  • 新生総合口座パワーフレックスを開設
  • または、申込と同時に新生総合口座パワーフレックスを開設
  • 借入申込時の年齢が20歳以上65歳以下であり完済時年齢が80歳未満
  • 団体信用生命保険への加入資格を有する
  • 連続した就業2年以上、かつ前年度税込年収が300万円以上の正社員または契約社員
  • 自営業の方については業歴2年以上、かつ2年平均300万円以上の所得(経費控除後の金額)を有する
  • 日本国籍または永住許可を有する
  • 永住許可を有しない場合は、配偶者が日本国籍または永住許可を有し、かつその配偶者が連帯保証人となる

新生銀行の特徴は、変動型金利や固定金利とは別にステップダウン金利がある点です。ステップダウン金利では、借り入れから10年は借入時の金利のままですが、10年経過後は5年ごとに適用金利が下がります。

事務手数料には定額型と定率型があります。定額型はサービス内容に応じて55,000〜165,000円と幅があり、定率型は借り入れ金額に2.2パーセントを乗じた額となります。

住宅ローンをネット銀行で組むメリット

住宅ローンは様々な金融機関が取り扱っています。多くの金融機関の中からネット銀行で住宅ローンを組むメリットはどこあたりにあるのでしょうか。

ここでは、住宅ローンをネット銀行で組む際のメリットを4つあげ、それぞれの中身について紹介していきます

住宅ローンの金利の安さ

住宅ローンをネット銀行で組む際のメリットは、金利の安さにあります。実店舗があり多くの従業員が必要な一般的な金融機関に比べて、ネット銀行は実店舗がなくあらゆる面でコストカットが可能となります。

その結果、ネット銀行は通常よりも金利を安く設定できているのです。

住宅ローンの手続きの簡単さ

ネット銀行の2つ目のメリットとして、手続きの簡単さがあげられます。口座開設や入金、出金など、通常店舗で行う手続きを全てネットを通じて行うことが可能です。全国対応しているため、田舎や僻地など金融機関の実店舗まで距離がある人でも気軽に利用できます。

ネット銀行の多くが、住宅ローンの申し込みから貸付までネットで完結するシステムを用意しています。ネットに繋がりさえすれば、いつでもどこでも申し込みが可能である点も魅力的です。

住宅ローンの諸費用の節約

多くのネット銀行では、住宅ローンを申し込む際は機関保証が必須となっています。ネット銀行では保証会社に支払う保証料が無料になっているケースが多く、費用を抑えることができるため大きなメリットといえるでしょう。

ただし保証料が無料になる場合には、その分手数料が発生する場合もあるので注意が必要です。一般的に借入期間が短ければ、保証料は安くなる傾向があります。その場合はネット銀行よりも、従来型の銀行の方が総費用が安くなる場合がある点も念頭に置くことをおすすめします。

住宅ローンをネット銀行で組むデメリット

ネット銀行で住宅ローンを組む場合は、便利である一方で複数のデメリットもあるので注意が必要ですここからは、住宅ローンをネット銀行で組む際の具体的なデメリットを3つ紹介します。

住宅ローンの審査が機械的

ネット銀行はあくまでインターネットを介したサービスであり、パソコンやスマホなとを使用して手続きを行います。従来型の銀行で行われている対面での対応はなく、受付や担当者との直接的なやりとりがないことから不安に感じる方もいることでしょう。

ネット銀行では登録情報が全てであり、住宅ローンを申し込んだとしても機械的に判定される可能性があります。従来型の銀行に比べて審査のハードルが高くなる傾向もあり、事前審査の精度が低い点も一部懸念材料となっています。

住宅ローンの審査が甘い金融機関について詳しく知りたい人は、こちらの記事もおすすめです。

住宅ローン審査が甘い金融機関の特徴は?基礎から審査のコツまで解説
初めての住宅ローンの利用は不安なことも多いものです。住宅ローンの審査を通すには審査が甘い金融機関を選ぶのも方法です。本記事は審査に通りやすい金融機関の特徴から住宅ローンの基礎知識や審査が通りやすくなるポイントについても併せて解説しています。

不明な点を気軽に相談できない

ネット銀行のデメリットとして、基本的に自力で手続きを進めなければならず、分からない点などを気軽に相談できない点があげられます。

ネット銀行の中には、サイト上にQ&Aを設けたり、チャットで問い合わせに対応するところ、専用のコールセンターを設置して対応するケースもあります。しかし、問い合わせの中にはこれらのサポートに不向きなものもあり、機械的な対応に不満を感じる方もいるでしょう。

住宅ローンの相談先について詳しく知りたい人は、こちらの記事もおすすめです。

住宅ローンの相談窓口はどこが良い?窓口の選び方や注意点など紹介!
住宅ローンで家の購入を考える際、どこに相談すれば良いの分からない方は多いのではないでしょうか?住宅ローンの相談は、ご自身のケースに合う相談窓口を選ぶ必要があります。本記事では、住宅ローンの相談窓口の選び方や流れ、注意点などをご紹介します。

融資が始まるまでの長さ

ネット銀行のデメリットとして、住宅ローンの審査が長くなる点があげられます

通常ネット銀行における住宅ローンの審査は、事前審査と事後審査の2段階制となっています。事前審査は数日で終わるものの事後審査には時間がかかる傾向があり、場合によっては2ヶ月程度かかるケースもあります。

必要な書類などは自力で作成する必要がある点にも注意が必要です。もし記入漏れなどがあれば再び作成して送付しなければならず、余計に手間や時間がかかります。

最適な住宅ローンを組む方法

住宅ローンは借り入れ金額も大きく返済期間も比較的長くなるため、住宅ローンを組む際は慎重に判断することが大切です。

住宅ローンを組む際は、具体的にどのような点に注意して選択すれば良いのでしょうか。ここでは、最適な住宅ローンを組む方法を3つのポイントに絞って紹介していきます。

金融機関は1つの基準だけで選ばない

金融機関を選ぶ際は、1つの基準だけでなく様々な情報をもとに多角的に判断することをおすすめします。具体的には、金利の安さや発生する費用、保証内容やサポート体制の充実度などを総合的に判断することが大切です。

多くのメガバンクや地方銀行などは、従来通りの実店舗を持ちながらネットによる受付も行なっています。ネットで完結するシステムに不安があるのであれば、これらの銀行が運営するネット銀行を利用すると良いでしょう。

住宅ローンの基礎知識について詳しく知りたい人は、こちらの記事もおすすめです。

住宅ローンとは?基礎知識から利用の流れや選び方、メリット・デメリットも
家を購入する際、多くの場合で住宅ローンを利用するでしょう。自分に合っていない借入をすると、その後の生活が苦しくなる恐れもあります。本記事では住宅ローンを組むメリット・デメリットや、自分に合った住宅ローンの選び方、その手順まで説明しています。

手取りの年収で余裕のある返済比率

たとえ金融機関の審査が通ったとしても、支払いに余裕があるとは限りません。収入があまり多くないにも関わらず審査が通る場合もあり、余裕のある計画を立てて返済しなければ資金繰りに窮することになりかねないのです。

住宅ローンの返済比率を年収の20%程度にして返済計画を立てると、手取りの年収で計算しても負担は重くなりすぎないのでおすすめです。

返済比率について詳しく知りたい人は、以下の記事もおすすめです。

住宅ローンの返済比率はどのくらいが理想的!?仕組みと注意点を解説
金融機関の住宅ローンには返済比率という目安が存在します。返済比率について理解を深めることで無理のない返済計画を立てることが可能です。ここでは返済比率について解説するとともに、住宅ローンを組む際のポイントと注意点について徹底解説していきます。

借り換えはシミュレーションをしてから

一度住宅ローンを組んだ場合でも、より低い金利のローンに借り換えできれば支払いの総負担額を減らすことが可能です。

しかし金利が低くなったとしても、手数料などが加算されてトータルの支払いが増えるケースもあります。借り換えには煩雑な手続きも必要となるため、時間も労力もかかるのです。借り換えを行う際は、まずは時間をかけて丁寧にシミュレーションを行うことを心がけましょう

まとめ

今回は住宅ローンでおすすめのネット銀行やそれぞれの特徴、ネット銀行を利用するメリットやデメリットを紹介しました。ネット銀行を利用すると簡便に手続きを進めることができる一方で、従来型の銀行のような手厚いサポートを受けることができず不便に感じる場面も多々発生します。

ネット銀行で住宅ローンを組むのであれば、メリットだけでなくデメリットも許容した上で金融機関を選択することが重要です。ぜひ今回の記事を参考にして、自分にとって最適な住宅ローンを組みましょう。

タイトルとURLをコピーしました