[PR]

【2024年最新】不動産仲介ランキング17選!信頼できる業者選びのポイントとは

不動産売却
本ページはプロモーションが含まれています。
すぐわかる!この記事4つのポイント!
  • 23年の取扱高1位は「三井のリハウス」、2位は「東急リバブル」です。どちらも最大手の企業で、実績も申し分ないでしょう。信頼できる不動産会社を探している方には大手の利用をおすすめします。
  • 24年最新!不動産仲介会社ランキング17選」では、取扱高や仲介件数など最新の情報を掲載しています。どのサービスを利用するか悩んでいる方はランキングから自分に合ったサービスを探してみましょう。
  • 不動産仲介会社の利用には悪い口コミが多いですが、サービスの特性的に悪い口コミを書きたくなるものです。自分に合ったサービス選びができれば満足の行く不動産売却ができるはずです。不動産会社選びで失敗しないポイント」と「注意点」を把握して、リスクを回避できるようにましょう。
  • 専門家インタビューを通じて業界の動きを知りましょう。

不動産売買を依頼するなら、できるだけ実績が豊富な業者を選ぶのが一般的です。不動産会社の仲介実績は、株式会社住宅新報が発表する「不動産売買仲介実績ランキング」で確認できます。

「経営の安定した大手に仲介依頼したい」とお考えの方は上位の企業を利用するのもひとつの方法です。

順位 不動産会社 取扱高(百万円) 仲介件数 手数料収入(百万円) 店舗数
1位 三井不動産リアルティグループ 1,918,415 39,106 91,047 291
2位 東急リバブル 1,821,310 29,577 82,644 206
3位 住友不動産販売 1,396,127 34,906 72,549 249
4位 野村不動産ソリューションズ 1,060,313 9,985 45,257 98
5位 三井住友トラスト不動産 566,112 8,128 24,981 68
6位 三菱UFJ不動産販売 499,669 4,341 21,159 35
7位 みずほ不動産販売 451,618 3,815 18,834 49
8位 オープンハウス 363,324 8,497 15,780 68
9位 積水ハウス不動産グループ 262,605 7,075 12,339 108
10位 東宝ハウスグループ 251,720 6,268 11,846 20

“参考:不動産流通推進センター2023不動産業統計集」”

ただ、実績だけで選ぶのがベストな選択とは限りません。担当者の応対品質など、ほかにも比較すべき点はあります。

本記事では、上記の仲介実績に加えて各社の「知名度」「利用者の満足度」なども踏まえたおすすめランキングを紹介します。

編集部
編集部

専門家監修のもと、信頼できる大手不動産会社の選び方や注意点など詳しく解説するので、ぜひ参考にして自身にピッタリの不動産会社を見つけてください。

 

編集部おすすめ【不動産仲介会社ランキングTOP3】

まずは人気の不動産会社をチェックしたい人や、自分で探す時間がない人には以下の3社をおすすめします。

全国展開の大手企業をピックアップしているので、ぜひ参考にしてください。

順位 1位 2位 3位
サービス 三井不動産リアルティ
「三井のリハウス」
「三井不動産リアルティ」ロゴ画像
住友不動産販売
「すみふの仲介ステップ」
「住友不動産販売」ロゴ画像
東急不動産ホールディングス
「東急リバブル」
「東急リバブル」ロゴ画像
おすすめ
ポイント
37年連続仲介実績1位 相談からアフターフォローまで
同じ担当者が対応
東急沿線の取引に強い
詳細
調査概要:クラウドワークスを使った調査結果をもとにランキング
調査期間:2022/6/16〜7/25(回答者:88人)

※本記事は、専門家監修のもと作成しています。監修者情報はこちら

2024年最新!おすすめ不動産仲介会社ランキング17選比較

編集部が調査した、売買実績に加えて、知名度やアンケートの満足度も高かった不動産仲介会社を17社紹介します。

木暮さん
木暮さん

不動産仲介会社選びに迷った場合、まずは売りたい物件の近くに店舗があるところを検討してみましょう。

順位 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 11位 12位 13位 14位 15位 16位 17位
会社名 三井不動産リアルティ
「三井のリハウス」
「三井不動産リアルティ」ロゴ画像
住友不動産販売
「すみふの仲介ステップ」
「住友不動産販売」ロゴ画像
東急不動産ホールディングス
「東急リバブル」
「東急リバブル」ロゴ画像
センチュリー21
「センチュリー21」ロゴ画像
SREホールディングス
「SRE不動産」
「SRE不動産」ロゴ画像
野村不動産グループ
「野村の仲介+」
「野村不動産グループ」ロゴ画像
みずほフィナンシャルグループ
「みずほ不動産販売」
「みずほ不動産販売」ロゴ画像
三菱UFJ信託銀行グループ
「三菱UFJ不動産販売」
「三菱UFJ不動産販売」ロゴ画像
積水ハウスグループ
「積水ハウス不動産」
「積水ハウス不動産」ロゴ画像
オープンハウス
「オープンハウス」ロゴ画像
DAIKYO
大京穴吹不動産
「大京穴吹不動産」ロゴ画像
大成建設グループ
「大成有楽不動産販売」
「大成有楽不動産販売」ロゴ画像
住友林業ホームサービス
「住友林業ホームサービス」ロゴ画像
長谷工リアルエステート
「長谷工の仲介」
「長谷工リアルエステート」ロゴ画像
三井住友信託銀行グループ
「三井住友トラスト不動産」
「三井住友トラスト不動産」ロゴ画像
三菱地所リアル
エステートサービス
「三菱地所リアルエステートサービス」ロゴ画像
イエステーション
「イエステーション」ロゴ画像
総合
満足度
3.09点
3.07点 2.92点 2.47点 2.86点 2.64点 2.43点  2.43点 2.30点  2.29点 2.16点 2.07点 2.06点 2.01点 1.93点 1.79点 0.21点
取扱高
(2023/3)
1,918,415百万円 1,396,127百万円 1,821,310百万円 682,751百万円 調査中 1,060,313百万円 451,618百万円 499,669百万円 287,876百万円 363,324百万円 154,886 百万円 173,710百万円 191,716百万円 88,381 百万円 566,112百万円 355,950百万円 調査中
仲介件数
(2023/3)
39,106 件 34,906件 29,577件 27,009件 調査中 9,985件 3,815件 4,341件 7,973件 8,497件 4,528件 3,579件 4,495件 2,160件 8,128件 1,197件 調査中
対応
不動産
マンション・戸建て
・土地・投資用不動産
マンション・戸建て
・土地・事業用
・投資用不動産
マンション・戸建て
・オフィス・店舗
マンション・戸建て
・土地
戸建て・マンション
・土地
マンション・戸建て
・土地
マンション・戸建て
・土地
マンション・戸建て
・土地・投資用
・事業用物件
戸建て・マンション
・土地・その他
・戸建て・マンション
・土地・ビル
マンション・戸建て マンション・戸建て
・土地・投資用不動産
マンション・戸建て
・土地・分譲住宅
マンション・戸建て
・土地
マンション・戸建て
・土地・投資用不動産
マンション・土地・ビル
・店舗・ホテル・工場
物流施設
・駐車場 
マンション・戸建て
対応
エリア
札幌、東北、首都圏、
関西、中国、九州
北海道、宮城、東京、埼玉
神奈川、千葉、大阪、京都
兵庫、滋賀、奈良、愛知、
岡山、広島、福岡
札幌、仙台、東京、神奈川、
埼玉、千葉、名古屋、大阪、
兵庫、京都、福岡、海外
全国 東京、神奈川、埼玉、
大阪、兵庫、京都、奈良
東京、埼玉、千葉、神奈川
大阪、兵庫、京都、滋賀
愛知、海外
 全国 首都圏、名古屋、関西   46都道府県(沖縄以外) 東京23区、横浜市、川崎市
さいたま市、川口市、蕨市
戸田市、船橋市、浦安市
市川市、名古屋市、福岡市
春日市、大野城市
全国 東京、神奈川、埼玉、
千葉、茨城、大阪
東京、神奈川、千葉、
埼玉、愛知、大阪、
京都、兵庫、福岡
首都圏・名古屋・関西
・福岡
東京、神奈川、千葉、
埼玉、愛知、三重、大阪、
兵庫、京都、奈良、滋賀、
岡山、広島、福岡、熊本
全国  全国
特徴 37年連続仲介実績1位 相談からアフターフォローまで
同じ担当者が対応
東急沿線の取引に強い ワンアクションでの査定   マンションAIレポート   土地活用の経験が豊富  経験豊富な宅建士が担当  バーチャルリノベーション

大手メーカーの総合的サポート

実績豊富な買取サービス

プロカメラマンによる撮影 手放す理由を隠した売却  土地の境界の問題も解決 

独自のサポートや保証充実

 不動産の欠点まで査定 

法人対象サービス全国展開

   空き家対策    
リンク

“参考:不動産流通推進センター2023不動産業統計集」”

調査概要 クラウドワークスを使った調査
期間:2022/6/16〜7/25、回答者:88人
アンケート
評価項目
査定結果やその根拠に対する納得度に対する満足度
営業担当者の質に対する満足度
買主探しに積極的に動いてくれたかに対する満足度
売却成立までのスピード感に対する満足度
アフターフォローの充実度に対する満足度
企業としての信頼度に対する満足度
機会があればまた利用したい、親族や友人にも勧めたいかに対する満足度

おすすめ大手不動産仲介ランキング

1位:三井不動産リアルティグループ「三井のリハウス」

mitsui_rehouse_osusume

※画像引用元:「三井のリハウス」公式サイト

総合評価点:(3.43点)
基本情報
設立 1969年7月15日
資本金 200億円
対象エリア 札幌、東北、首都圏、関西、中国、九州
対応不動産の種類 マンション、戸建て、土地、投資用不動産
事業内容 個人向け不動産仲介事業
法人向け不動産仲介事業
駐車場事業
その他事業
URL https://www.mf-realty.jp/

三井不動産リアルティは37年連続して不動産の仲介件数1位を獲得し、顧客満足度ランキングでも上位の会社です。

不動産仲介はグループ内の「三井のリハウス」でおこない、個人・法人・外国人向けなど、さまざまなニーズに合わせてプランニングしてくれます。

編集部
編集部

売買のサポートも充実していて、建物保証を一般媒介契約にまでつけたり、支払い能力がある相手なのかのチェックをしてくれたりします。

また投資目的の仲介の相談から不動産相続の悩みまで、依頼者に寄り添って対応してくれます。

売却が妥当なのかや資産運用すべきなのかなど、今後の見通しを含めてアドバイスしてくれるでしょう。

三井のリハウスの口コミ・評判

良い口コミを見る悪い口コミを見る

営業の方が親切丁寧で好感が持てたし、思った以上に早く売却できたから。(東京都/区分マンション/40代)

大手だったので会社の信頼度としては良かった。(東京都/区分マンション/30代)

信頼できてよかったです。(大阪府/戸建て/40代)

打ち合わせが多く大変だった(東京都/区分マンション/40代)

大手ゆえ、価格の安い物件であまり積極性を感じられなかった。(東京都/区分マンション/30代)

三井のリハウスはこんな人におすすめ

  • 仲介実績の豊富さを重視したい人
  • サポートが充実した不動産仲介業者を利用したい人
  • 将来の資産運用についても相談したい人

三井のリハウス
公式サイトはこちら

三井のリハウスについて詳しく知りたい人は「仲介実績1位の「三井のリハウス」の評判は?口コミからメリット・デメリットを徹底分析」の記事もおすすめです。

2位:住友不動産販売「すみふの仲介ステップ」

sumitomofudosan_osusume

※画像引用元:「すみふの仲介ステップ」公式サイト

総合評価点:(3.39点)
基本情報
設立 1975年3月1日
資本金 29億7,000万円
対象エリア 北海道、宮城、東京、埼玉、神奈川、千葉、大阪、
京都、兵庫、滋賀、奈良、愛知、岡山、広島、福岡
対応不動産の種類 マンション、戸建て、土地、事業用・投資用不動産、賃貸の仲介
事業内容 不動産の売買、賃貸の仲介業務
不動産の受託販売業務
不動産の賃貸業務
前各号に付帯関連する業務
URL https://www.stepon.co.jp/

住友不動産販売の「すみふの仲介ステップ」は、全国に販売網を持つがゆえの情報量や、担当者のきめ細かなサポートが強みの会社です。

手軽にいつでも相談できるフリーコールサービスや、最新の不動産情報のメルマガも提供しています。

編集部
編集部

相談からアフターフォローまで同じ担当者に依頼できるので、不動産売買の知識がなくても丁寧なサポートに安心して利用できるでしょう。

売却サポートでは、条件次第で、住まいの健康度チェックや宅地測量、土地調査を住友不動産販売が費用負担して受けられます。

また、買取業者へ物件を紹介し、オークション形式で売買できる場合もあります。

一般売却も並行しておこなってもらえるため、希望する形で、かつ、高額売却を目指せるのが強みです。

すみふの仲介ステップ
公式サイトはこちら

すみふの仲介ステップの口コミ・評判

良い口コミを見る悪い口コミを見る

パンフレットがわかりやすく何をしたらよいか一目瞭然だった事。(東京都/区分マンション/50代)

やはり、大手なので、問い合わせ件数が多いのと、物件写真もプロが撮ってくれるところが良かったと思います。(兵庫県/区分マンション/40代)

終始紳士的な対応でした。店舗に伺った際の担当ではない職員の方もよく教育されていて気持ちの良い接客だった。

早く売りたいところだったのでその都度こまめに連絡をくれたのはよかった。

リフォームをある程度入れたほうが買ってもらいやすいとのことで水回りのリフォームをかけたが、提携している業者をすぐに紹介してくれた。

税金対策の確定申告をしたほうがよいとのアドバイスもいただけて対応できた。

丸投げできる感があり安心できた。(北海道/区分マンション/40代)

個人の業者のほうが仲介手数料の提示が安かった。

もうしばらく待てばもうちょっと安くなったかもしれなかった。

また、賃貸として貸すかについて、賃貸だったらいくらぐらいが相場かを聞いたところ賃貸は全く別物なのでわからないといわれた。

当時は早く売りたくて焦っていたし、今が売りどきと言われ焦ってしまった。(北海道/区分マンション/40代)

担当が抱えている件数が多いため、個人の案件相談への対応が少し遅い気がします。(兵庫県/区分マンション/40代)

すみふの仲介ステップはこんな人におすすめ

  • 身近な店舗で不動産の相談がしたい人
  • 最新の地域別の不動産売買情報を得たい人
  • 相談からアフターフォローまで同じ担当者にお願いしたい人

すみふの仲介ステップ
公式サイトはこちら

すみふの仲介ステップについて詳しく知りたい人は「住友不動産販売の評判は?リアルな口コミから特徴・注意点を徹底解説」の記事もおすすめです。

3位:東急不動産ホールディングス「東急リバブル」

tokyulivable_osusume_2

※画像引用元:「東急リバブル」公式サイト

総合評価点:(3.20点)
基本情報
設立 1972年3月10日
資本金 13億9630万円
対象エリア 札幌、仙台、東京、神奈川、埼玉、千葉、名古屋、大阪、兵庫、京都、福岡、
海外(台湾、シンガポール、ロサンゼルス、ダラス)
対応不動産の種類 マンション、戸建て、オフィス、店舗
事業内容 不動産仲介業(売買仲介および賃貸仲介)
新築販売受託業(新築マンション・建売等の販売代理)
不動産販売業(新築マンションの分譲・リノベーション事業等)
URL https://www.livable.co.jp/

東急リバブルは不動産の売買だけでなく、その後のライフプランも考えて提案をしてくれる不動産仲介会社です。

サービスの種類の豊富さが特徴で、リフォーム後イメージのCG作成や住み替えプランの提案などがあります。

編集部
編集部

特に目玉なのは、新居の家具購入費用が割引になるサービスで、いざ備品が壊れてしまったときの対応も万全です。

東急リバブルの利用者が再度住み替えをおこなうときには、手数料の割引制度も利用できます。

ライフスタイルや人生計画を視野に入れたサポート体制で、不動産売買を成功へと導いてくれるでしょう。

東急リバブル
公式サイトはこちら

東急リバブルの口コミ・評判

良い口コミを見る悪い口コミを見る

東急リバブルを利用して良かった点は、営業マンの皆が「宅建を保有しているため、安心して任すことができた」ところです。(大阪府/戸建て/30代)※自社作成アンケートによる回答

何よりも担当者の感じが良く、素人の私達が無茶苦茶なことを言っても一度聞いてわかりやすい言葉で説明してくれたので納得ができ、会社に電話する時間も短く自分で考えて決断できる人だったので好感が持てました。

また、希望の価格で短期で売却できたので何も言うことはありません。(東京都/戸建て/50代)※自社作成アンケートによる回答

買い手の数が多く、価格交渉が来ても次の買い手を待てば見つかりそうだったので、価格交渉に応じる必要性があまりなかった点。(東京都/区分マンション/20代)※自社作成アンケートによる回答

「東急線以外は高値で買い取ってもらえない」ところです。東急線にある家は、高値で買い取ってもらえるそうなのですが、それ以外で売却しても、高値で買い取ってもらうことはできませんでした。(大阪府/戸建て/30代)※自社作成アンケートによる回答

仲介手数料が他の大手不動産と同じく既定の金額がかかるため、もう少し交渉すべきだった点。(東京都/区分マンション/20代)※自社作成アンケートによる回答

売却に要した期間が思いのほか長くかかった。

担当者はすぐ売却ができるという説明に終始したが、内覧しても契約に至らないケースが多く、売却額の見直しなど、積極的に検討すべきと思われたが、楽観的すぎる態度に不信感を持った。(北海道/区分マンション/60代)※自社作成アンケートによる回答

東急リバブルはこんな人におすすめ

  • 口コミ重視で探している人
  • サービスの種類の多さで選びたい人
  • ライフステージに合ったサポートを受けたい人

東急リバブル
公式サイトはこちら

東急リバブルについて詳しく知りたい人は「東急リバブルの評判は?口コミからわかったメリット・デメリットなど徹底解説!」の記事もおすすめです。

4位:CENTURY21

century21_osusume.png

※画像引用元:「CENTURY21」公式サイト

総合評価点:(2.72点)
基本情報
設立 1983年10月21日
資本金 517,750,000円
対象エリア 全国
対応不動産の種類 マンション、戸建て、土地
事業内容 フランチャイズ加盟店の募集、各種情報システムの提供
加盟店の経営者ならびに営業スタッフに対する教育・研修
テレビコマーシャルなどの共同広告の実施
加盟店および加盟店の顧客に対する金融・保険サービスの斡旋
その他加盟店をバックアップするための各種サービス
URL https://www.century21.jp/lp/sale/

CENTURYセンチュリー21は、他に類を見ない簡単査定システムを提供しています。

全国996店舗でフランチャイズ展開していて、蓄積されたデータによって、通常よりも少ない項目で査定が可能です。

編集部
編集部

特にスピーディなのはマンション査定で、マンション名を入力するだけで査定結果を受け取れます。

また、住まいるサポート21というサービスを提供しており、売却前に住宅診断をおこない「保証付き物件」としてお墨付きをもらうことも可能です。

査定時の入力が面倒な人や保証付きという付加価値をつけて売り出したい人は、ぜひ試してみましょう。

CENTURY21
公式サイトはこちら

CENTURY21の口コミ・評判

良い口コミを見る悪い口コミを見る

立地条件が良い店舗にあるため、来店がしやすい点です。

駅前にあることが多いため、仲介依頼する際には便利な立地条件です。(神奈川県/土地/40代)

土地における有用性を将来の可能性を見定めながら丁寧に説明してくれたので、最後の最後まで信頼できる会社だと実感しました。(東京都/土地/30代)

綺麗に写真を取り、詳細な説明とともネットにアップして売り出しを行ってくれました。

買い手がなるたけ早く着くように計らってくれる態度に好感が持てました。(岡山県/土地/30代)

時期によるものなのかもしれませんが、当時だと契約したことによる特典がこれといってなく、お得感が薄いとも思えました。

そこは気になる要素でした。あとは概ね良好です。』(岡山県/土地/30代)

前回お世話になった時はスタッフさんの接客態度が非常に良く好印象でしたが、今回利用した店舗のスタッフさんはとっつきにくい感じで困りました。

すべての店舗がフランチャイズということは後から知りましたが、店舗によって対応にバラツキがあるのは気になります。(東京都/区分マンション/30代)

CENTURY21はこんな人におすすめ

  • ワンアクションで簡単に査定したい人
  • 店舗数が多い不動産仲介会社に依頼したい人
  • 保証付き物件として売却したい人

5位:SREホールディングス「SRE不動産」

srefudosan_osusume

※画像引用元:「SRE不動産」公式サイト

総合評価点:(2.50点)
基本情報
設立 2014年4月14日
資本金 4,088,600,000円
対象エリア 東京、神奈川、埼玉、大阪、兵庫、京都、奈良
対応不動産の種類 戸建て、マンション、土地
事業内容 不動産テック事業、AIクラウド&コンサルティング事業
URL https://sre-realestate.com/

SRE不動産は、東証プライム上場のソニーグループ傘下の不動産会社です。

ソニーのIT技術を駆使したマンションAIレポートや、大手ポータルサイトなどで幅広く広告掲載できるネットワークの広さが魅力です。

編集部
編集部

SRE不動産は片手仲介に特化している珍しい不動産会社で、両手取引による「囲い込みリスクがない」点が大きな特徴です。

売主・買主それぞれに別の営業担当者がつくエージェント制度を導入し、顧客目線のサービスを展開しています。

対応エリアは限られますが、マンション・戸建ての売却に強く、2023年1月時点の調査では顧客満足度93.2%の評価を獲得しています。(自社アンケートにより売買仲介サービスを利用して「知人にも勧めたい」と回答したユーザーの回答結果)

SRE不動産の口コミ・評判

良い口コミを見る悪い口コミを見る

古い家だったので、いくらで売れるか不安だったのですが、予想以上に高い金額になってうれしかったです。(大阪府/戸建て/20代)

古い家だったので、いくらで売れるか不安だったのですが、予想以上に高い金額になってうれしかったです。(大阪府/戸建て/20代)

SRE不動産はこんな人におすすめ

  • 都心部の戸建て、マンションを売却したい人
  • 囲い込みが心配な人
  • 価格推移を随時チェックしながら不動産投資も検討したい人

SRE不動産
公式サイトはこちら

SRE不動産について詳しく知りたい人は「SRE不動産(旧ソニー不動産)の評判は?口コミやメリット・デメリットもあわせて解説!」の記事もおすすめです。

6位:野村不動産グループ「野村の仲介+」

「野村の仲介+」公式トップ画像

※画像引用元:「野村の仲介+」公式サイト

総合評価点:(2.48点)
基本情報
設立 1957年4月15日
資本金 20億円
対象エリア 東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、兵庫、京都、滋賀、愛知、海外
対応不動産の種類 マンション、戸建て、土地
事業内容 マンション分譲事業、戸建分譲事業、投資・開発事業
ビルディング事業、建築・設計事業、資産運用事業 など
URL https://www.nomu.com/plus/

野村不動産グループの「野村の仲介+」の特徴は、住み替え時のサポートが充実していることです。

例えば、新居に引っ越すまでの荷物の預かりサービスや、住み替えに必要な資金を融資するサービスなどを展開しています。

編集部
編集部

売却時には、土地の整地作業やホームステージングもトータルでおこなってくれるので、より早く新生活をスタートできます。

また、土地活用など、不動産を有効活用したいときのサービスも充実しています

マンションが老朽化したときの活用方法や、余っている土地での賃貸経営など、長年のノウハウを生かして提案してくれます。

「リノベーションして売却したい」「リノベーション済みの物件を購入したい」といった人にもおすすめです。

野村の仲介+
公式サイトはこちら

野村の仲介+の口コミ・評判

他社さんでなかなか買い手がつかなかった物件を2か月程度で売却してくれた。(東京都/区分マンション/30代)

最終的に売却できたので、後悔したポイントはありません。(東京都/区分マンション/30代)

野村の仲介+はこんな人におすすめ

  • 住み替えサポートに強い会社を探している人
  • すでに貸し出している不動産運営で困っている人
  • リノベーションに特化した提案を受けたい人

野村の仲介+
公式サイトはこちら

7位:みずほフィナンシャルグループ「みずほ不動産販売」

「みずほ不動産販売」公式トップ画像1

※画像引用元:「みずほ不動産販売」公式サイト

総合評価点:(2.43点)
基本情報
設立 1986年7月
資本金 15億円
対象エリア 全国
対応不動産の種類 マンション、戸建て、土地
事業内容 不動産の売買・交換の仲介、代理およびこれに付帯・関連する業務
URL https://www.mizuho-re.co.jp/company/

みずほフィナンシャルグループ「みずほ不動産販売」は、資産運用や相続、資産の組み替え、投資用不動産のコンサルティングに力を入れています。

相続物件の売買は税金面でも複雑なことが多いため、相続物件で悩んでいる人にとっては心強い味方となってくれるでしょう。

編集部
編集部

買主側にもメリットのあるサービス展開が魅力です。

敷地調査サービスや建物状況調査サービスなど、不動産販売の安心感を高めてくれる無料サービスが4つ用意されています。

また、みずほ不動産販売は2022年4月時点で、在籍する宅地建物取引士の人数は684人と豊富です。

営業マンの中でも、不動産仲介営業の経験年数が平均約12年と、実績ある人員がそろっています。

みずほ不動産販売
公式サイトはこちら

みずほ不動産販売の口コミ・評判

良い口コミを見る悪い口コミを見る

担当の方は営業のような対応ではなく非常に親身な対応をしてもらえましたし、ビジネス感がなかったのは相談もしやすくて助かりました。(広島県/戸建て/30代)

みずほ銀行のグループ企業ということもあって知名度が高く大手というところに安心感がありました。それと担当者の知識が深く経験豊富な担当者が付いてくれるところが良かったです。(千葉県/土地/40代)

媒介契約の内容に不服があったのか担当者が親身になって相談に乗ってくれなかったので、そうした対応をされたことに不満を感じました。(千葉県/土地/40代)

仲介手数料の割引交渉が出来なかった。(大阪府/区分マンション・アパート/40代)

みずほ不動産販売はこんな人におすすめ

  • 相続した土地・戸建て・マンションを売りたい人
  • 経験のある営業マンへ依頼したい人
  • 資産運用にも興味を持っている人

みずほ不動産販売
公式サイトはこちら

8位:三菱UFJ信託銀行グループ「三菱UFJ不動産販売」

「三菱UFJ不動産販売」公式トップ画像

※画像引用元:「三菱UFJ不動産販売」公式サイト

総合評価点:(2.43点)
基本情報
設立 1988年6月14日
資本金 3億円
対象エリア 首都圏、名古屋、関西
対応不動産の種類 マンション、戸建て、土地、投資用・事業用物件
事業内容 不動産の売買・交換の媒介・代理およびこれに付帯・関連する業務
URL https://www.sumai1.com/

三菱UFJ信託銀行グループ「三菱UFJ不動産販売」は、さまざまな技術を用いた独自サービスで、売買を効率的に進められるのが強みです。

たとえば、WEBで内見できるバーチャルオープンハウス」や、内装をCGでリノベーションした状態で買主に提示できる「バーチャルリノベーション」があります。

編集部
編集部

中古物件で内装に自信がない物件でも、買主側にリフォームした後の印象を伝えられるため、リフォーム分の代金を上乗せした売却もしやすいのがメリットとなります。

買主側から見ると、自宅にいながら3Dで物件を見学できるため、忙しくて現地まで行く時間がない人からも購入申し込みを受けられる可能性があります。

三菱UFJ不動産販売
公式サイトはこちら

三菱UFJ不動産販売の口コミ・評判

良い口コミを見る悪い口コミを見る

築年数が結構経った一軒家の売却に関する相談をしたときに、丁寧な対応に満足したのでお世話になることに決めました。

私の場合は目標額にとどかなかったので売却不成立となりましたが、不動産関連の相談事にはほとんど全て対応してもらえるので、はじめての方でも三菱UFJ不動産販売はおすすめです。(愛知県/戸建て/40代)

価格設定は相場通りであり、仲介手数料の割引で売主の利益を上げてくれた。(東京都/戸建て/20代)

後悔した点としては自分自身としては思った以上に時間がかかってしまったことだと思います。(愛知県/戸建て/30代)

強いて言うなら、依頼できる都道府県が限られているため、三菱UFJ銀行と付き合いがあったとしても、エリア内に物件がないのであれば依頼はできませんので注意が必要です。(愛知県/戸建て/40代)

三菱UFJ不動産販売はこんな人におすすめ

  • 首都圏・名古屋・関西エリアで不動産を売却したい人
  • オンラインから売却相談をしたい人
  • 内装をリフォームしてから販売したい人

三菱UFJ不動産販売
公式サイトはこちら

9位:積水ハウスグループ「積水ハウス不動産」

「積水ハウス不動産」公式トップ画像

※画像引用元:「積水ハウス不動産」公式サイト

総合評価点:2.3(点)
基本情報
設立 2021年11月1日
資本金 1億円
対象エリア 沖縄を除き46都道府県に対応
対応不動産の種類 戸建て、マンション、土地、その他
事業内容 不動産の売買及び賃貸借の仲介及び代理、賃貸借及び管理
不動産の売買、一般土木建築、造園の設計、施行、請負及び監理
損害保険代理業及び生命保険の募集に関する業務
情報処理サービス事業並びに出版物の製作及び売買、債務の保証及び動産リース業
旅館、ホテル、簡易宿所の経営並びにこれらに関する経営コンサルティング
前各号に付帯する諸般事業をなすこと
URL https://www.sekisuihouse-f.jp/

積水ハウスグループ「積水ハウス不動産」は全国100店舗以上の仲介事業所を構え、戸建てやマンション以外にも、さまざまな物件の売買を扱っています。

編集部
編集部

売却時には、積水ハウス不動産に家を買い取ってもらう選択肢も用意されています。

また、積水ハウスは「スムストック(優良ストック住宅推進協議会)」に加盟する会社です。

スムストックに加盟するメーカーの家は、長く住める優良な家として、売買時に有利になる可能性があります。

通常、家の資産価値は20年たつとゼロになってしまいますが、スムストック査定では、建物の構造部分と、内装、設備を別々に評価してもらえるのが特徴です。

ほかの不動産会社では値段が付かなかった場合にも、スムストック査定なら価格が付く可能性があります。

積水ハウス不動産
公式サイトはこちら

積水ハウス不動産の口コミ・評判

良い口コミを見る悪い口コミを見る

担当者と上司二人担当で報告もきちっとしていて、情報共有もされていた。(大阪府/区分マンション・アパート/50代)

売却の際の活動もすごく頑張って下さったように感じたのですぐ買主が決まりましたし、担当の方も親切で親身なって下さり大変満足しています。(大阪府/戸建て/40代)

スピードある行動で買主を見つけてくれて無事売却する事が出来ました、相場価格よりはだいぶ低い価格での売却となりましたが個人的には手放したい土地だったので納得の上売却出来たので本当に良かったです、素直に積水ハウスグループを利用して良かったなと思いました。(茨城県/土地/40代)

どういう経緯でた査定結果なのかの説明が分かりづらくて査定結果に納得出来ませんでした。(大阪府/土地/20代)

正直自分が思っていた査定内容よりもとても低く不満で交渉もしたかったのですが全く受け付けてはくれなかったため売却不成立となりました。(京都府/戸建て/50代)

現状渡しという契約なのに買い手が雨漏りなどを指摘してきたという連絡がきた。

契約は済んでいるのだから引き渡し後にそういった連絡をこちらにしてくるのはいかがなものか。(埼玉県/戸建て/30代)

積水ハウス不動産はこんな人におすすめ

  • スムストックに認定された家を売りたい人
  • 大手の不動産会社で取引を進めたい人
  • 積水ハウスが施工した家やマンションを売却したい人

積水ハウス不動産
公式サイトはこちら

10位:オープンハウス

「オープンハウス」公式トップ画像

※画像引用元:「オープンハウス」公式サイト

総合評価点:(2.23点)
基本情報
創業 平成12年9月19日
資本金 1億100万円
対象エリア 東京23区、横浜市、川崎市、さいたま市、川口市、蕨市、戸田市、船橋市、
浦安市、市川市
対応不動産の種類 戸建て、マンション、土地、
事業内容 不動産売買の代理・仲介事業、新築戸建分譲事業
マンション・ディベロップメント事業、不動産投資事業
不動産金融事業、前各号に付帯関連する事業
URL https://kaitori.openhouse-group.com/

不動産仲介で買主を探すのではなく、買取を依頼できるのが、オープンハウスの特徴です。

2020年は約6,000棟の不動産を仕入れて売却し、実績を伸ばしています。

編集部
編集部

注意したいのは仲介売買に比べるとやや低めの価格で買い取られることが多く、希望額通りの売却が進まない面がある点です。

24時間以内に買取金額を査定してもらえるなど、なるべく早期に売却したい人にはおすすめのサービスといえるでしょう。

また、オープンハウスでは売りにくい狭い土地や古屋、借地なども買い取り対象に挙げられています。

首都圏などで売却に悩んでいる人におすすめのサービスです。

オープンハウス
買取サイトはこちら

オープンハウスの口コミ・評判

良い口コミを見る悪い口コミを見る

地域密着だったから(大阪府/戸建て/40代)

作業が早く、ピンポイントで必要事項をお話ししてくださいました。(大阪府/区分マンション・アパート/20代)

とても丁寧に熱心に対応してもらえ、売却と購入がスムーズに行きました。(神奈川県/戸建て/50代)

他社との比較をやれば、もっと高く売れたのかもしれないという後悔があります。(神奈川県/区分マンション・アパート/40代)

オープンハウスはこんな人におすすめ

  • 早めの売却を希望する方
  • 売却を周りに知られたくない方
  • 仲介売却ではなかなか売れない方

オープンハウス
買取サイトはこちら

オープンハウスについて詳しく知りたい人は「オープンハウス(注文住宅)はやばい?口コミ評判や体験レビュー、デメリットがないかを徹底調査!」の記事もおすすめです。

11位:DAIKYO「大京穴吹不動産」

「大京穴吹不動産」公式トップ画像

※画像引用元:「大京穴吹不動産」公式サイト

総合評価点:(2.16点)
基本情報
設立 1988年12月7日
資本金 1億円
対象エリア 全国
対応不動産の種類 マンション、戸建て
事業内容 不動産の売買、仲介、賃貸借、管理、リフォーム
不動産の管理、賃貸借および売買の受託
不動産に関する調査、研究、鑑定およびコンサルティング業務
URL https://www.daikyo-anabuki.co.jp/

大京穴吹不動産は、売買活動を充実させるために広告手法を工夫してくれる特徴があります。

複数の大手不動産情報サイトへ広告を掲載してくれたり、プロのカメラマンに写真撮影を依頼してくれたりします。

編集部
編集部

年末年始以外は年中無休なので、仲介依頼期間をフルに活用することが可能です。

売買活動でこれらのサービスを利用するならば、買主や良い物件に巡り合うチャンスが広がるでしょう。

大京穴吹不動産はこんな人におすすめ

  • ネット広告を重視する人
  • プロカメラマン撮影サービスを利用したい人
  • 仲介依頼期間を最大限に有効活用したい人

大京穴吹不動産
公式サイトはこちら

12位:大成建設グループ「大成有楽不動産販売」

「大成有楽不動産販売」公式トップ画像

※画像引用元:「大成有楽不動産販売」公式サイト

総合評価点:(2.07点)
基本情報
設立 1986年1月
資本金 5億円
対象エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、大阪
対応不動産の種類 マンション、戸建て、土地、投資用不動産、賃貸物件
事業内容 不動産売買仲介・買取事業、不動産賃貸仲介・管理事業
戸建分譲事業、新築販売(販売代理)事業、リフォーム・リノベーション事業
不動産ソリューション事業、保険代理事業(損害保険)
URL https://www.ietan.jp/

大成有楽不動産販売を利用した人からの口コミでは、「コロナ禍でも予想以上の結果に結び付けてくれた」という意見が目立ちます。

また、不動産を手放す理由を公にしたくない人向けサービスを設けたり、いち早く現金化につなげられるように買取サービスも手堅くおこなっています。

大成有楽不動産販売はこんな人におすすめ

  • 売買戦略をしっかりサポートして欲しい人
  • 売れ残りで困っている人
  • 売却理由をあまり公にしたくない人

大成有楽不動産販売
公式サイトはこちら

13位:住友林業ホームサービス

「住友林業ホームサービス」公式トップ画像

※画像引用元:「住友林業ホームサービス」公式サイト

総合評価点:(2.06点)
基本情報
設立 1964年9月1日
資本金 4億円
対象エリア 東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、京都、兵庫、福岡
対応不動産の種類 マンション、戸建て、土地、分譲住宅
事業内容 不動産業、不動産関連業
URL https://www.sumirin-hs.co.jp

住友林業ホームサービスは、不動産情報サイト「すみなび」を運営している不動産仲介会社です。

外部の専門機関に所属する建築士が、建物の安全性能を評価してくれるという特徴があります。

編集部
編集部

通常不動産仲介会社は自社の調査士を用いて建物を調査しますが、第三者が間に入ることで売主・買主共に安心感のある取引がおこなえます。

また、土地の境界トラブルを未然に防ぐために、土地家屋調査士による境界標の調査や設定も依頼可能です。

不動産仲介の力だけではなく、透明性重視を徹底していることで高い評価を得ています。

公式サイトはこちら

14位:長谷工リアルエステート「長谷工の仲介」

「長谷工の仲介」公式トップ画像

※画像引用元:「長谷工の仲介」公式サイト

総合評価点:(2.01点)
基本情報
設立 1994年8月5日
資本金 1億円
対象エリア 首都圏、名古屋、関西、福岡
対応不動産の種類 戸建て、マンション、土地
事業内容 不動産の売買、交換、賃貸借およびこれらの代理、媒介
リノベーションマンションの企画、設計、施工および販売
不動産の運用、管理ならびに企画提案、前各項に付帯する関連事業
URL https://www.haseko.co.jp/hre/

マンション施工に多くの実績を持つ、長谷工コーポレーションのグループ会社で、中古住宅やマンションの仲介を広く手掛けています。

なかでも注目したいのは、個人売買における建物の不具合に関する保証期間を、最長で10年まで保証してくれる「建物保証10です。

設備についても、プレミアムプランを活用することで最長2年までサポートしてもらえます。

編集部
編集部

特にマンションの売買では、グループ全体に蓄積された豊富な知見を活かした売却が可能です。

長谷工の仲介
公式サイトはこちら

15位:三井住友信託銀行グループ「三井住友トラスト不動産」

「三井住友トラスト不動産」公式トップ画像

※画像引用元:「三井住友トラスト不動産」公式サイト

総合評価点:(1.93点)
基本情報
設立 1986年1月24日
資本金 3億円
対象エリア 東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、三重、大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、
岡山、広島、福岡、熊本
対応不動産の種類 マンション、戸建て、土地
事業内容 不動産の売買・交換の仲介およびこれに付帯・関連するコンサルティング業務
URL https://smtrc.jp/

個々の不動産を見極めて、良い面だけでなく、悪い面も誠実に査定してくれることに定評がある不動産仲介会社です。

査定能力にムラが出ないように、徹底した教育もおこなわれています。

また地域に密着し近隣住民のことまで把握しているため、売却したあとの評判にまで配慮した買主選定をおこなってくれます。

査定から売却活動まで信頼性の高さを期待できるサービスです。

三井住友トラスト不動産
公式サイトはこちら

16位:三菱地所リアルエステートサービス

「三菱地所リアルエステート」公式トップ画像

※画像引用元:「三菱地所リアルエステートサービス」公式サイト

総合評価点:(1.79点)
基本情報
設立 1972年12月20日
資本金 24億円
対象エリア 全国
対応不動産の種類 マンション、土地、ビル、店舗、ホテル、工場、物流施設、駐車場
事業内容 不動産の売買、仲介及び鑑定、不動産の管理、貸借及び売買の受託
不動産の所有、管理及び貸借、駐車場の管理及び運営、駐車場の管理及び運営の受託
前各号に関連する業務の開発、販売、企画及びコンサルティング業務
金融商品取引法に基づく第二種金融商品取引業及び投資助言・代理業
M&Aに関する仲介、斡旋及びアドバイザリー業務
URL https://www.mecyes.co.jp/

法人を対象とした仲介取引に強いのが、三菱地所リアルエステートサービスの特徴です。

対象不動産の収益性や将来性など、さまざまな側面から評価し、事業用不動産売買をサポートしてくれます。

編集部
編集部

法人用・事業用の物件を探している人にとっても情報がそろっています。

なお、三菱地所グループ全体でみると、個人向けのサービスである三菱地所の住まいリレーも展開されています。

個人の家やマンションの売却を検討している人は、こちらのサービスを選ぶようにしましょう。

三菱地所リアルエステート
公式サイトはこちら

17位:イエステーション

「イエステーション」公式トップ画像

※画像引用元:「イエステーション」公式サイト

基本情報
設立 2002年9月
資本金 3,000万円
対象エリア 北海道、東北、関東甲信越、北陸中部関西、中国四国、九州沖縄
対応不動産の種類 マンション、戸建て
事業内容 不動産売買専門のフランチャイズ本部
URL https://www.yes1.co.jp/

地域に根差した不動産仲介会社だけあって、売主や買主に対しての接し方に秀でています。

さらに、空き家を保有する人向けに、家の状態を維持する提案や、収益を上げるプランを提案しています。

編集部
編集部

急ぎではないものの売却を検討している人には、長期的な売却計画を勧めたり、即時売却を希望する人には買取を提案したりなど、4種類のプランを提案してもらえます。

空き家問題とともに絡んでくる相続問題も解決してくれる心強い味方です。

イエステーション
公式サイトはこちら

簡単に不動産会社を厳選したい人は【不動産一括査定サイト】がおすすめ

※クラウドワークス、クロスマーケティング調べ(2021/4/9~2021/4/13実施 回答数380人)

こちらは、サービス利用者のアンケート結果による「おすすめの不動産一括査定サービスTOP3」です。実際の利用者の声と編集部の知見が合わさってできたランキングですので、ぜひ参考にしてください。

また、次の記事ではより多くのサービスを含めたランキングや「査定結果の満足度TOP3」「親族・友達におすすめしたいTOP3」などカテゴリ別にもランキングを紹介しています。さらに詳しく知りたい方は読んでみてください。

不動産一括査定サイトおすすめランキング|20社分の評判を徹底解説【2024年2月】
おすすめの不動産一括査定サイト20選を、利用者の満足度採点を基に人気ランキングで紹介します。各サービスの特徴・口コミ評判や、自分に合うサイトが分かる診断ツールなど、サイト選びに役立つコンテンツを盛り込み、サービスを徹底比較。不動産一括査定サイトのメリット・デメリット・売却依頼時の注意点も解説します。

ランキング外でおすすめの不動産会社

ランキングには入らずとも、独自の強みを持つ中小企業や、特定のエリアに根付いたサービスを展開する企業など、良い不動産会社は多数存在します。

そこでここからは、ランキング外でおすすめしたい評判の良い不動産会社をピックアップして紹介します。

独自の物件調査が強みの【アドキャスト】

「アドキャスト」公式トップ画像

※画像引用元:「アドキャスト」公式サイト

基本情報
設立 2006年8月
資本金 8,000万円
対応エリア 東京23区、神奈川、千葉の一部エリア
対応不動産の種類 戸建て、土地
支店の場所 恵比寿・駒込・高円寺・中延・錦糸町・明大前・等々力・新宿
事業内容 不動産購入売却に関するコンサルティングサービス業
不動産有効活用に関するコンサルティング業、不動産仲介業
賃貸管理事業、住宅関連セミナー業務 他
URL https://www.ad-cast.info/

アドキャストは、東京都内に10の支店を構える地域密着型の不動産会社です。

その特徴は新居の購入に関するすべての不安を解消させる」というコンセプトで、次のような独自サービスを提供している点です。

  • ファイナンシャルプランナーに将来設計やローン返済計画について相談できる
  • 騒音や近所トラブルなど「住んでから気になりやすいこと」に対し独自基準の調査をおこなう
  • 不動産売買で損をしないためのコツを解説する無料セミナーやYoutubeチャンネルを運営

売買を検討中でも、希望エリアの不動産の相場などを質問できる無料オンライン相談会も開催しています。気になる人は気軽に問い合わせてみましょう。

アドキャスト
公式サイトはこちら

アドキャストについて詳しく知りたい人は「アドキャストの評判・口コミを調査!独自のサービスや注意点も解説」の記事もおすすめです。

大手と中小企業のメリット・デメリット

大手と中小ではどちらかが優れているということはなく、それぞれにメリット・デメリットは存在します。

2つの特徴を表にまとめました。どちらが自分にマッチしそうか、参考にしてみてください。

会社規模 メリット デメリット
大手
  • 幅広く売り手・買い手情報を集められる
  • 広告活動を大々的におこなってくれる
  • どの店舗でもサービスが均質化されている
  • 地域の事情に精通していないこともある
  • 仲介手数料の交渉は難しい
地域
密着型
  • 大手に負けない独自サービスを提供する会社も
  • 地域の周辺環境などの情報に詳しい
  • 柔軟な対応をしてくれる
  • 会社や社長によってサービス品質が変わる
  • 特殊な不動産売買には対応できないことも

大手と中小の不動産業者について紹介している「不動産売却はどこがいい?おすすめの不動産業者を大手・中小に分けて紹介!」の記事もあわせてご覧ください。

信頼できる不動産会社選びの5つのポイント

ランキング上位の会社を参考にすると、徐々に候補が定まってきますが、そのなかで不動産会社を比較する際は、以下の5つのポイントに着目しましょう。

対応エリア

不動産会社の選び方「対応エリア」図解イラスト

まずはどの地域の取引きに対応しているのか確認しましょう。

公式サイトで「全国対応」と謳っていても、実際は対象外のエリアがあったり、得意な地域に偏りがあったりする場合があります。

スムーズな取引を目指すためには、希望地域の情報に精通していて、ネットワークをうまく活用できる不動産会社を選ぶことが先決です。

編集部
編集部

希望エリアを拠点とする事業所があるのかで、会社の対応範囲がある程度判断できます。

また、実際にコンタクトをとった際は、営業担当者が地域情報に詳しいかもチェックしましょう。

広告手法

不動産会社の選び方「広告手法」図解イラスト

不動産の売却においては、どのような広告手段をとっているのかという点も見逃せません。

以下のような広告手法がとられているかを確認してみましょう。

  • 不動産情報サイトへの広告掲載
  • 売却不動産周辺地域でのチラシ広告
  • すでに仲介契約している買主候補への紹介
  • 不動産会社の公式サイトや連携している業者への広告
  • レインズへの登録
編集部
編集部

レインズとは不動産会社だけが利用できる物件情報共有システムで、レインズへの物件情報登録は、ほかの不動産会社から買主の紹介を受けるために欠かせません。

営業担当者の質

不動産会社の選び方「担当者の質」図解イラスト

不動産取引がうまくいくかは担当者の能力や相性次第です。担当者の質を知るために次の点をチェックしましょう。

説明がわかりやすく接客態度も心地よい

不動産取引では専門用語や複雑な手続きが多いですが、依頼者にわかりやすい言葉で丁寧に説明してくれるかどうかが重要です。

またこちらからの質問にも快く笑顔で対応してくれるかもポイントです。

顧客の不安に親身に寄り添い、納得がいくまで丁寧に説明してくれる担当者であれば、信頼して依頼することができるでしょう。

対応が早い

不動産売買では、スピード感のある対応が欠かせません。対応が遅れると、せっかくのチャンスを逃してしまうこともあります。

売却の際は、不動産査定を依頼してから結果が届くまでのスピードでも判断できます。

レスポンスが早い担当者であれば、今後売却チャンスの際にも素早く対応してくれることが期待できます。

知識や経験が豊富

早期売却するための戦略や、質問への受け答えなどで、担当者のノウハウもチェックしましょう。

不動産取引の資格「宅地建物取引士」を保有しているからといって必ずしも経験が豊富とは限りません。

木暮さん
木暮さん

さまざまな不動産会社がありますが、最終的には担当者の力量が大きく影響してきます。

過去にどんな物件をどれくらい取り扱ったことがあるか質問してみるのも良いでしょう。

付帯サービス

不動産会社の選び方「付帯サービス」図解イラスト

他社との差別化をはかるために付帯サービスを充実させている不動産会社も多数あります。

仲介サービスだけでは比較が難しいときは、以下のような付帯サービスの有無で、より得られるメリットが多い不動産会社を選ぶのも一つの方法です。

  • プロカメラマンによる広告用写真撮影
  • 物件の魅力的を引き出すホームステージング
  • 物件設備が壊れたときの保証
  • 物件不具合時の24時間駆け付けサービス
  • 不動産即時買取
  • 売却できないときの買取保証
  • 物件買取後も賃貸として借りられるサービス
  • 設備の事前チェックやサポートサービス

知人からの評判や紹介

気になる不動産会社を利用したことのある知人がいれば、なぜその不動産会社に決めたのか、また利用した感想などを聞いてみるのもよいでしょう。

自分の知人におすすめするという行為はそれなりの責任を感じるものです。快く紹介してくれる場合は、少なくとも優良な不動産会社であることが考えられます。

また知人からの紹介でなくとも、その不動産仲介会社のホームページに「紹介してもらうことが多い」といった記載があれば、有力候補として考慮することもできるでしょう。

不動産売却の成功の鍵は仲介業者選び!選ぶポイントから注意点を網羅」の記事もおすすめです。

不動産会社を決める際の注意点

おすすめの不動産会社の特徴や、会社選びのポイントなどを見てきましたが、いよいよ仲介会社を決めるとなった際は、次のような点にも注意しておきましょう。

売上が良い業者は囲い込み・両手仲介の危険性も

囲い込みとは、不動産仲介会社が売主と買主の双方から仲介手数料を受け取るため(両手取引)、他の不動産会社から紹介が来たとしても、顧客には伝えない行為です。

囲い込み 図解

会社としては売上が2倍となりますが、顧客としては売買するチャンスを逃す可能性もあるため、囲い込みはデメリットとなりえます。

編集部
編集部

売上が良いということは、両手取引をメインにおこない仲介手数料を多く得ていることが考えられるため、囲い込みのリスクに繋がりやすいともいえるのです。

レインズに登録されている情報でも、まだ販売中の状態にも関わらず「申し込みあり物件」として他社からの問い合わせをシャットアウトする悪質な業者もあります。

囲い込みに合わないようにするためには、次の対策をおこなうことが有効です。

  • 媒介契約前に囲い込みをすることがないか直接問い合わせる
  • レインズのステータスを定期的にチェックする
  • 囲い込みが違法行為であることを知っていることを伝える

両手仲介とは

1つの不動産会社が、売主と買主双方と契約を結び、仲介手数料を双方から受け取る状態のことです。

売主と買主が契約した不動産会社が異なる場合は、片手仲介といいます。

両手仲介と片手仲介、それぞれのメリットとデメリットをまとめました。

仲介方法 メリット デメリット
両手仲介
  • 積極的に売却活動してもらえる可能性がある
  • 不動産会社が得意とする物件なら高額で売れることもある
  • 買主は細かな情報まで知ることができる
  • 売主・買主どちらか一方が不利になりやすい
  • 囲い込みにより不利益を被ることがある
  • 売却完了まで時間がかかることがある
片手仲介
  • より広い情報網で買主を探してもらえる
  • 売主の利益を最優先してもらいやすい
  • 買主側に情報が届かない可能性
  • 物件の特徴によっては売りにくい

両手仲介は、不動産会社にとって利益につながりやすいため、積極的な売却活動を期待できる面も持っています。

しかし、囲い込みのリスクを挙げたように、望まぬ契約になってしまう可能性もゼロではありません。

両手取引について詳しく解説している「不動産売買で両手取引は危険?!片手取引との違いやメリデメを解説」の記事もおすすめです。

不動産売買における仲介手数料とは

仲介手数料は不動産仲介会社のメインの収入源で、手続きのサポートした報酬として受け取ります。

仲介手数料の上限額は宅地建物取引業法により次のように決まっています。

不動産の売買価格 仲介手数料の上限
200万円以下の部分 金額×5%+消費税
200万円越え400万円以下の部分 金額×4%+消費税
400万円を超える部分 金額×3%+消費税

もし売却価格が3,000万であれば仲介手数料の上限は100万円を超えます。

多くの不動産仲介会社は、仲介手数料を上限額に設定します。

編集部
編集部

万一、上限以上の支払いを求られた場合は、法律違反を指摘し、別の業者を当たる方が賢明です。

仲介手数料の下限については決まっておらず、一部の不動産仲介会社では顧客確保のため0円をアピールするところもあります。

売却費用を節約したい場合は、仲介手数料の値引きが可能か交渉してみるのも一つの方法です。

仲介手数料について詳しく解説している「不動産売買の仲介手数料は上限が決まっている?上限額の計算方法を解説」の記事もおすすめです。

査定額の高さで選ばない

不動産売却の基本ですが、最初から1社に絞って査定依頼をおこなうのは賢明ではありません。

希望の会社が本当に信頼できるのか、提示された査定額が適正なものなのかを判断するには、一括査定サービスで複数社に査定依頼を出し、査定結果や担当者の対応を比較するとよいでしょう。

選択範囲は大手だけに絞らない

ランキングで紹介した不動産仲介会社は、いずれも多くの店舗を構えて知名度があるところばかりです。

しかし地域に密着した小さな会社であっても、信頼できるところは存在します。

気になった不動産仲介会社には、遠慮なく問い合わせをしましょう。

基本的に正式な媒介契約を結び売買が成立するまでは、費用は発生しません。

編集部
編集部

不動産の売却でスムーズに複数の会社を比較するなら条件を入力するだけで優良な会社をリストアップしてくれる不動産一括査定サイトがおすすめです。

一括査定サービス利用者が選んだおすすめサービスTOP3

※クラウドワークス、クロスマーケティング調べ(2021/4/9~2021/4/13実施 回答数380人)

こちらは、サービス利用者のアンケート結果による「おすすめの不動産一括査定サービスTOP3」です。実際の利用者の声と編集部の知見が合わさったできたランキングですので、ぜひ参考にしてください。

なお、不動産一括査定サービスは、それぞれ対応するエリアや提携する不動産会社が異なるため、1つだけでなく複数のサービスを利用することをおすすめします。

次の記事ではより多くのサービスを含めたランキングや「査定結果の満足度TOP3」「親族・友達におすすめしたいTOP3」などカテゴリ別にもランキングを紹介しています。さらに詳しく知りたい方は読んでみてください。

不動産一括査定サイトおすすめランキング|20社分の評判を徹底解説【2024年2月】
おすすめの不動産一括査定サイト20選を、利用者の満足度採点を基に人気ランキングで紹介します。各サービスの特徴・口コミ評判や、自分に合うサイトが分かる診断ツールなど、サイト選びに役立つコンテンツを盛り込み、サービスを徹底比較。不動産一括査定サイトのメリット・デメリット・売却依頼時の注意点も解説します。
木暮さん
木暮さん

信頼できる不動産会社かは売買資料や契約書の作成に必要な、物件の調査力がある会社であるかもポイントです。

専門家に聞いた!不動産会社の仲介について直撃インタビュー

★本記事のインタビューご協力者

宅地建物取引士、3級FP技能士、既存住宅アドバイザー、少額短期保険募集人
土井 雄介さん


2008年、数字主義の不動産仲介業者に就職し、不動産営業の厳しさや独特の世界観を経験。その後フリーランスとして独立。不動産売買、賃貸、管理、リノベーション、住宅ローン斡旋を主な業務としている。自身は「押し」の営業ではなく「引き」「待ち」の営業を心掛けている。所謂ギラギラ系営業が苦手。

編集部では、不動産のスペシャリストとして日々活躍する土井雄介さんに直接オンラインインタビューをおこない、不動産会社の仲介事業について詳しくうかがいました。

不動産会社を選ぶポイントは?

土井さん

不動産仲介業者は大手と地元密着の中小とさまざまあり、それぞれ傾向も違います。

 

大手は査定表や価格に基づく資料がとにかくこまかくしっかりしていますし、中小は資料作りにお金をかけられないぶん営業さんの手腕にかかります。ベテラン営業さんでしたらさまざまな提案をしてくれると思います。

土井さん

大手か中小かは正直好みにもよるかと思いますが、まずは「良い担当者に出会えるか」を軸に選ぶと良いです。

 

話しやすさや応対品質など、初見で感じたことはその後の取引にも大きく影響するのでよくチェックすることが大切です。

不動産会社の仲介手数料は高い?値引きは可能?

土井さん

大手は基本、手数料の値引きはしません。

売却においては通常、3%+6万円の手数料を請求され、だいたいが契約時半金、決済時残金の支払いの流れです。

土井さん

ただ、過去に私が買主側の仲介業者として取引をした三井のリハウスでは、値引きに対応されたケースもありました。

担当者によっては交渉の余地は多少あるかもしれませんね。

 

大手不動産会社の囲い込みって本当にあるの?

土井さん

レインズという仲介業者向けのポータルサイトで、「申込有り」のステータスが何週間も続いている大手の物件を実際に見たことがあります。すでに買主が見つかったので新規申込は受付ないという状態です。

 

通常ならこの状態が何週間も続くのはおかしいので、囲い込みの可能性は十分に考えられますね。

編集部
編集部

囲い込みがおこなわれているかどうか、売主が気付く方法はあるのでしょうか?

またそのような場合、売主にできる対処法はありますか?

土井さん

現状のステータスがわかるようにPC画面をコピーしてもらうなど、レインズの登録情報をそのまま見せてもらうと良いと思います。

 

不動産会社には売主に情報を共有する義務があるので、要望を伝えればすぐに見せてもらえるはずですよ。

 

不動産仲介ランキング上位3社の強みとは

1位:三井のリハウスの強み

土井さん

実績が豊富で、特に区分マンション売買に関しては、査定依頼した建物のいずれかの部屋が自社の成約事例があるのではと思わせる程の取引件数です。

 

実績から得られる高い安心感は、他社にはない強みでしょう。

編集部
編集部

業界でも仲介実績トップを維持する三井のリハウスですが、それだけ顧客に支持を得る理由や価値はなんだと感じますか?

土井さん

圧倒的なネームブランドと、リハウスガールを起用した定番のCMが顧客の支持を得るポイントになっていると思います。

とにかく大手、ネームブランドのある業者を使い安心感を得たい顧客向けかと思います。

2位:すみふの仲介ステップの強み

土井さん

マンション、土地、戸建てまんべんなく対応できる印象があります。

都市部、郊外も広く対応しているのも特徴だと思います。

編集部
編集部

顧客にとってすみふの仲介ステップを利用する最大の利点や注意点はありますか?

土井さん

三井のリハウスと同じく過去の成約事例を多く持っていることだと思います。

担当者は必ず宅建士資格保持者なので安心感もあります。

 

ただ、自社で抱える顧客が多いため両手仲介の傾向が強いので、一般媒介契約で他社にも依頼したい人には向いていないかもしれません。

3位:東急リバブルの強み

土井さん

仲介売却はもちろんですが、買取査定にも力を入れているように感じます。

 

また、東急沿線上の物件取引に強みがあるといわれていますが、それ以外のエリアでもしっかり対応されている印象です。

編集部
編集部

東急リバブルはすみふの仲介ステップと肩を並べる大手ですが、どのような人に向いているといえますか?

土井さん

他2社と同じくネームブランド、宅建士保有率に重点を置く人向けかと思います。

 

ただ、どの会社でも当てはまることですが、対応力が人によって異なるようなので、本当に信頼できる担当者かどうかは都度見極めていくことは重要です。

★編集部コメント

不動産会社には大手・中小の違いがあり、それぞれに強み・弱みもあるので業者選びには迷うところです。

 

本記事で紹介する上位3社については、特に成約実績も豊富で資格保有者率も高いなど、大手ならではの安心感を得たい人には最適な会社といえます。

 

しかし、両手取引による囲い込みリスクや柔軟性に欠けるなどの懸念はあるので、大手のブランド力に頼りきらず、担当者の信頼性や提案力をしっかりチェックし、理想の売却パートナーを見極めましょう。

 

まとめ

不動産の売買では、信頼できる優良な不動産会社に仲介を依頼することがなにより重要です。

特に初めての取引であれば、仲介実績が豊富で多くの利用者に支持を得ている大手企業が安心です。

本記事では、不動産流通業界で注目されている仲介実績ランキングと、編集部が厳選したおすすめ企業を多数紹介しました。

ぜひ参考のうえ、売買のパートナーとなる最適な不動産仲介業者を見つけ、満足のいく不動産売却につなげましょう。

不動産売買仲介実績数で選ぶなら「三井のリハウス」がおすすめ

■三井のリハウスがおすすめな理由
  • 36年連続して不動産の仲介件数1位の実績!
  • 全国289カ所に店舗を展開することで、都心から地方まで強い!(2021年6月1日時点)
  • 担当者の対応にも定評あり!丁寧なサポートが魅力!

\不動産仲介実績36年連続1位/
三井のリハウスで査定依頼する

監修者情報

監修いただいた専門家
木暮 伸太朗
宅地建物取引士(株式会社マイナビ不動産)

※「マイナビニュース不動産査定」は以下に記載されたリンク先からの情報をもとに、制作・編集しております。
https://www.land.mlit.go.jp/webland/
https://www.rosenka.nta.go.jp/
https://www.retpc.jp/chosa/reins/
https://www.land.mlit.go.jp/webland/servlet/MainServlet
https://www.zentaku.or.jp/cms/wp-content/uploads/2022/02/2021-fudousan-anke-to.pdf


◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
タイトルとURLをコピーしました