日本では、今年の春に5Gの携帯電話向けサービスが始まりました。これと入れ替わるようにして2022年3月以降順次、国内大手通信キャリアの3G携帯電話向けサービスが提供終了を迎えようとしています。この機に、いよいよ“ガラケー”(フィーチャーフォン)からスマホへの移行を検討している人も多いと思いますが、あまりIT機器に詳しくないシニアならばiPhoneがオススメ。その理由や、トラブルなくスマートに乗り替えるための豆知識、知ってトクするお役立ち情報などをまとめて解説したいと思います。

  • 3G対応のフィーチャーフォンを長らく愛用してきて、いよいよスマホへ買い替えよう…!と思っているシニアも少なくないかもしれません。iPhoneをオススメする理由をまとめてみました

使い方を教えてもらえるユーザーが多くいるiPhoneはスマホ初心者に最適

アップルのiPhoneは、日本のユーザーにとても人気の高いスマホです。2017年に発売された「iPhone X」以降は、Face IDを搭載するフルスクリーンデザインのiPhoneが主力となり、Touch IDを内蔵するホームボタン搭載のiPhone SEと、ユーザーインターフェースと操作方法が少しだけ違うiPhone 11シリーズが現行のラインナップを構成しています。

  • iPhoneの現行モデルには、Face IDを搭載する大画面のiPhone 11シリーズ(右)と、ポータビリティに優れるコンパクトなTouch ID搭載のiPhone SE(左)があります

とはいえ、基盤のプラットフォームであるiOSによる体験がすべてのiPhoneに共通しているため、電話やメール、Webブラウジングなどの基本操作やトラブルシューティングについては「iPhoneユーザー同士」であれば知識を共有しやすく、一緒に課題を解決することも容易です。

周りに家族を含む多くのiPhoneユーザーがいることは、初めてiPhoneを使うビギナーにとって大きな利点になります。例えば、コロナ禍のいま、遠くに住む家族のもとへ直接足を運びづらくても、iPhoneユーザー同士であれば互いの端末の画面を見ながら、あるいは遠くからでも音声通話で話しながら操作方法を教えることも難しくありません。また、多くのユーザーがいるからこそ、携帯電話を販売するキャリアショップなどで「iPhoneの使い方」をレクチャーしてくれる予約制の講習サービスもよく開催されています。百聞は一見にしかず。言葉による指示だけでは分かりにくかった操作方法も、対面による講習サービスを受ければ、簡単にマスターできる可能性が高くなります。

他方、Androidスマホの場合はメーカーや機種ごとに個性豊かな端末がそろっていることは魅力的なのですが、それぞれのメーカーの“作り込み”の違いによって搭載する機能やユーザーインターフェースが大きく違う場合があります。そのため、同じAndroidスマホのユーザー同士なのに、知識やノウハウが共有できないことも起こり得るのです。

筆者の母も、最近フィーチャーフォンからiPhoneに乗り替えました。今まで、家電製品の使い方は比較的苦もなく飲み込めてきた母でしたが、最初はやはりスマホの扱い方に慣れなかったようです。ところが、筆者だけでなく弟の家族や母の友だちにiPhoneユーザーが多く、その人たちに支えられながら比較的早く“スマホ独り立ち”ができたので、母がiPhoneを選んでくれて良かったと思いました。

フィーチャーフォンからスマホに乗り替えたビギナーの人たちは、最初にどんなところにつまずきがちなのでしょうか。iPhoneを使い慣れている人にも役に立ちそうな機能紹介も織り交ぜながら、よくあるトラブルの解決策を整理整頓してみましょう。

データ移行やWi-Fiの導入など、初期設定でつまずきがちなこと

新しい携帯電話に乗り替える際、最初に気になることは家族や友人の連絡先を記載したアドレスや電話帳データがちゃんと問題なく移行できるかどうかでしょう。

フィーチャーフォンからiPhoneに連絡先データを移すためのツールや方法は、通信キャリアごとに提供されています。筆者の母は、auケータイからiPhoneに乗り替える時にショップへ足を運んだところ、アドレス帳のデータ移行からSIMカードのアクティベーションと装着、その他のデータ移行の相談まで、ていねいにサポートしてもらえたと満足そうでした。ショップに足を運ぶ際には事前予約と、書類など準備の必要なものがあると思うので、あらかじめキャリアのWebサイトなどで調べておくと安心です。

【参考】大手通信キャリアの「データ移行・バックアップの方法」

・auの場合:「データ移行・バックアップについて

・NTTドコモの場合:「データのバックアップと復元

・ソフトバンクの場合:「[スマートフォン]ケータイから新しいスマートフォン(Android)に電話帳を移行する方法を教えてください。

初めてiPhoneを購入する場合、ユーザー固有のアカウントである「Apple ID」の作成が必要です。ショップで端末を購入・契約する段階で、Apple IDに関連するメールアドレスやパスワード、秘密の質問を一気に決めようとすると混乱してしまいます。事前に、Webサイト上でApple IDを作成できますので、iPhoneを購入する本人のために、PCやスマホの扱いに慣れている家族が代わりに作成しておくのもよいでしょう。

  • Apple IDは、あらかじめアップルのWebサイトから作成できます。店頭でiPhoneを購入する場合も、事前にApple IDを準備しておけばスムーズにセットアップができるでしょう

iPhoneを新たに購入した家族や家庭には、Wi-Fi環境の導入も勧めたいところです。Wi-Fiルーターのセットアップは、慣れている人にとっては造作もない作業ですが、母の住まいへ気軽に足を運べない以上、電話でセットアップ方法を伝えるのはとても苦戦しました。あとから知ったのですが、SSIDとパスワードの設定は事前にWebサービスなどを活用してQRコード化したものを紙にプリントアウトして、Wi-Fiルーターの製品と一緒に送ると良いかもしれません。iPhoneのカメラアプリには、ORコードを読み取ってWi-Fiのアクセスポイント設定を自動的にできる機能があるので、これを使うといくらか手間が省けるからです。

  • Wi-Fiルーターのセットアップは、ルーターのメーカーが提供するQRコードによる設定サービスを使うと便利です

iPhoneの初期セットアップが完了したら、iPhoneユーザー同士であれば遠隔地に住む家族にも画面のスクリーンショット撮影(Face ID搭載のiPhoneは「電源+音量上ボタンを同時押し」/Touch ID搭載のiPhoneは「電源+ホームボタンを同時押し」)、または画面収録の機能を使って操作手順を動画で記録し、iMessageで共有すればトラブル解決の手段を視覚情報も加えて教えることができます。Apple JapanのYouTubeチャンネルでも、詳しい操作方法が紹介されています。

  • iPhone 11 Proの場合、電源ボタンと音量アップボタンを同時に押し込むと画面キャプチャーが撮れます

“当たり前の使い方”が意外なハードルになっているかもしれない

スマホを使い慣れた人にとっては“当たり前”に感じる基本操作が、初めてスマホを手にした特にシニア層のユーザーにとっては大きな壁になっていることがあります。

筆者の母の場合、タッチ操作の“強弱”に慣れるまでの間、ちょっとした誤操作で書きかけのメッセージが送られてきたりと、ハプニングが絶えませんでした。多くの場合は「ちょっと画面に触れただけでボタンを押しちゃった」ことによる誤操作でした。母の場合、タッチパネル系のインターフェースは「しっかり押し込む」操作の方が安心できるようだったので、「設定」アプリの「アクセシビリティ」→「タッチ」に入り、「タッチ調整」の中にある「保持継続時間」を0.1秒以上に設定して、しっかり押し込む操作感にチューニングを変えたところ、誤操作が減りました。

  • iPhoneは、タッチパネルの感度を好みに合わせて変えることができます。保持継続時間を長くすると、アイコンなどをぐっと押し込むような操作感になります

  • iPhone SEに搭載されている指紋認証機能のTouch IDには、複数の指の指紋が登録できます。片方の親指でTouch IDが反応しづらくなってきたら、反対側の親指や人差し指などを設定して、正確に動作するか確認してもよいでしょう

意外な盲点だと感じたのが、「スマホも夜は電源を切るものだ」と母が思い込んでいたこと。充電が減ることが気になるから…と言われれば納得できなくもありませんが、万が一に備えて夜間でも緊急連絡を取り合いたいので、スリープ状態にしておくことを勧めました。

少し話が逸れますが、iPhoneユーザーには有事に備えて「ヘルスケア」アプリから「メディカルID」を登録しておくことをおすすめします。メディカルIDには、自分の生年月日や血液型などの情報、緊急時の連絡先として用いる家族の電話番号などが登録できます。

iPhone 8以降の機種は、サイドボタンといずれかの音量調節ボタンを長押しすると、画面にメディカルIDのスライダーが表示されます。「緊急SOS」を選択すると、警察(110)/海上保安庁(118)/消防署(119)への通話メニューが表示されます。

  • ヘルスケアからメディカルIDを登録しておくと、万が一の際に安心です

iPhoneをなくしてしまったらどうしよう…と漠然とした不安を抱えながら使っている人は、ベテランのiPhoneユーザーの中にもいるはずです。「探す」アプリを使えば、ファミリー共有グループに参加する家族のデバイスから、紛失したiPhoneを地図上で探せます。デバイスを「紛失としてマーク」しておけば、なくしたiPhoneのロック画面に、見つけてくれた人が連絡を取れるように電話番号などが表示できます。紛失して見つからない場合、あるいは海外旅行などに出かけて運悪く盗まれた場合などには、iPhone内のデータに悪意ある操作ができないように、遠隔操作でデバイスのデータを消去できます。

  • もしiPhoneをなくしてしまっても、「探す」アプリを使えば見つけられる可能性が上がります

覚えておきたい! iPhoneビギナーに役立つTIPSあれこれ

初めてiPhoneを使うビギナーに役立ちそうな便利機能をいくつか紹介したいと思います。

iPhoneの画面表示が小さい、あるいは文字が小さくて読みにくいと感じる場合は、次のような解決策があります。「設定」から「画面表示と明るさ」に入り、画面を下にスクロールした場所にある「表示」から「拡大」を選ぶと、コンテンツ全体が拡大表示されます。なお、本機能は現行モデルの「iPhone 11 Pro」と、過去機種の「iPhone XS/iPhone X」には対応していません。これらの機種は、代わりに「画面表示と明るさ」のメニュー内からテキストサイズの変更や文字の太字表示が選べます。

  • iPhone SEには、画面のコンテンツ全体を拡大表示にできる機能(画面右)があります。iPhone 11 Pro(画面左)はテキストサイズや太さの変更ができます

または「設定」→「アクセシビリティ」から「画面表示とテキストサイズ」を選択すると、文字サイズなど画面表示を見やすくチューニングできます。コントロールセンターの「テキストサイズ」も、Webサイトの文字が小さくて見づらい場合などに適宜変更する際に使いやすいと思います。

  • コントロールセンターにテキストサイズ変更を登録しておくと、コンテンツごとに素速く切り替えられるので便利です

iPhoneに表示される「通知」が煩わしい、あるいはどんなリアクションをして良いのかわからないという声も、シニア層のユーザーから聞こえてくることがあります。まずは、スマホのプッシュ通知が一般的な機能であることと、特にリアクションが必要なものではないということを伝えてあげましょう。そして「設定」から「通知」に入ると、不要なものについては個別のアプリごとに「通知を許可」ボタンからオフにできます。

  • 通知は、アプリごとにオンオフが設定できます

有料サービスの申し込みなどを積極的に通知してくるアプリもあります。これらが表示された場合はサービスを申し込んだり、説明を読まない限り次に進めないと思っているビギナーもいるようです。バナー広告などが表示された場合、これを無視したければ「スキップ」や「閉じる」アイコンをタップして、通知をスルーしても問題ないことを伝えましょう。もし、家族が怪しげな通知に困っていたら、画面をスクリーンショットしてもらい、先ほどの要領でiMessageなどで共有してサポートするとよいでしょう。

iPhoneのアプリは、初めて位置情報にアクセスする際に許可を求めてきます。むやみに位置情報を許可することに抵抗を感じて「許可しない」を選んでしまう気持ちも分からなくありませんが、なかにはユーザーが位置情報へのアクセスを許可しないと「マップ」アプリのように自身の現在地が判定できなくなり、便利なサービスが使えなくなることもあります。設定から「プライバシー」を選択して「位置情報サービス」に入ると、ユーザーが位置情報をオンに、あるいは疑わしい場合はオフ(なし)にするアプリを自身で決められます。iPhoneに使い慣れた家族が設定を手伝ってあげるとよいでしょう。

  • 位置情報も、マップアプリなどではオンにしておく方が絶対によいので、アプリ単位で管理することをオススメします

アプリをストアから購入したり、ダウンロードする方法をマスターしていないうちは、誤ってアプリ内課金を申し込んでしまったり、必要なアプリをうっかり削除してしまうこともあるでしょう。「設定」の「スクリーンタイム」に入り、「コンテンツとプライバシーの制限」を選んでから「iTunesおよびApp Storeでの購入」を選択すると、アプリのインストールと削除、コンテンツ内課金を「許可しない」設定が選べます。削除を「許可しない」とすれば、誤操作の不安も軽減されるでしょう。

  • スクリーンタイムから「iTunesおよびApp Storeでの購入」を選択すると、うっかり課金コンテンツの決済をしてしまったり、アプリを消してしまう心配から解放されます

そして、「設定」からユーザー名をタップして、「iCloud」のリストをスクロールすると見つかる「iCloudバックアップ」は可能な限り「オン」にしておくと、Wi-Fiに接続されている間に大切な写真ライブラリ、書類やアカウント設定などが自動でクラウドストレージにバックアップされるので、iPhoneが故障した場合などに備えられます。設定方法はApple JapanのYouTubeチャンネルの紹介動画でも確認できます。

はじめてのiPhone、自分に選ぶ機種を見つけるコツは?

シニアの家族がフィーチャーフォンからiPhoneに乗り替える場合、「はじめてのiPhone」にはどの機種がよいのでしょうか。iPhone SEはコンパクトで携帯性に優れ、画面の大きなiPhone 11シリーズも表示の視認性が高くシニア向きといえます。iPhone SEの方が手ごろな価格で購入できるメリットがありますが、充実したカメラ機能やサウンドの聴きやすさなどを考えれば、iPhone 11シリーズの方が長く快適に使えるかもしれません。

  • 小型軽量で価格もお手ごろなiPhone SEと、画面が大きくAV性能も優れるiPhone 11シリーズ、どれを選ぶかは悩ましい

通信キャリアのショップなどには、たいていの場合iPhoneの現行ラインナップがそろっていますので、iPhoneを手に取って確かめてみるのがよいでしょう。筆者の母は、スマホを見るために初めてショップを訪れた時、端末の見分けがつかずに戸惑っていました。シニアにiPhoneを勧める場合、目的の端末までたどり着けるように機種名のメモを渡したり、事前にカタログを送付してあげるとよいかもしれません。もちろん、視察や購入に同行できれば最高です。

はじめは戸惑うことも多いかもしれないですが、近くに住む家族であれば、アプリのダウンロードやタッチ決済など、iPhoneでやってみたいことを聞き取って、最初のうちは一緒に試しながら成功体験を積み重ねていけば、初心者が早くスマホに慣れる近道も見えてくるでしょう。