日本オラクルは8月17日、Oracle Cloud VMware Solutionの提供を開始すると発表した。これは、オンプレミスで稼働しているVMware vSphereのワークロードをオラクルのOracle Cloud Infrastructure(OCI)に移行し、クラウドネイティブなVMwareソリューション環境を実現するもの。東京および大阪の国内のリージョンをはじめとする全世界の商用リージョンと、2020年7月から提供を開始した「Oracle Dedicated Region Cloud@Customer」のクラウドインスタンスで提供する。

  • 「Oracle Cloud VMware Solution」の概要

  • 全世界の商用リージョンと「Oracle Dedicated Region Cloud@Customer」のクラウドインスタンスで提供される

Oracle Cloud VMware Solution は、2019年9月に、米サンフランシスコで開催された年次イベント「Oracle OpenWorld 2019」で、ラリー・エリソン会長兼CTOが基調講演で発表し、注目を集めていた。

VMwareソリューションをOracle Cloudで利用可能に

Oracle Cloud VMware Solutionは、データセンター内のオンプレミス環境と同等の体験をクラウドで提供し、オラクルの自律型データベースであるOracle Autonomous Databaseをはじめとする第2世代のクラウドインフラストラクチャとシームレスな統合を実現。vSphereのバージョンやセキュリティツール、自動化サービスなどをコントロールするとともに、自社テナンシーの実現により、VMwareソリューション環境へのアクセスと制御が可能となる。

数1000に及ぶVMware Ready アプリケーションやツールといったよる検証済みのVMwareソリューションも利用可能であり、オンプレミスのvSphere上で稼働している既存のオラクルのアプリケーションやデータベースを、Oracle Cloud VMware Solutionに移行して、クラウドならではの拡張性と経済的メリットを享受できる。

  • 「Oracle Cloud VMware Solution」の構成

日本オラクル テクノロジー事業戦略統括 ビジネス推進本部の佐藤裕之本部長は、「Oracle Cloud VMware Solutionでは、オンプレミスで稼働中のエンタープライズアプリケーションをクラウド上でそのまま実行できるほか、オンプレミスとクラウドの両方で同じアプリが動作できる」と説明する。

「オンプレミスでVMwareを稼働させている企業の中には、クラウドファーストの方向性を打ち出しているケースが増加している。また、VMwareをオンプレミスで活用しながら、ハイブリッド環境で運用したいというケースも多い。さらに、本場環境はオンプレミスだが、テスト環境はクラウドで構築したいというニーズもある。こうしたニーズへの対応したい」(佐藤氏)

オラクルは、vSphereのバージョン6.5および6.7をサポート。vSphere、vCenter、ESXi、vSAN、NSXを含めた、オンプレミスで使用している既存ソフトウェアやスキルセット、ツールを活用できるため、トレーニングが不要である点もメリットだとした。

また、佐藤氏は「Oracle Cloud VMware Solutionは、オンプレミスと同様の操作性を重視して開発しており、クラウド上に移行しても、設計変更が不要であり、管理性が異なるといったこともがない。また、オンプレミスで稼働させるよりも、インフラ管理コストを低減できること、オラクルが得意とするデータベース環境を生かすなど、さまざまなクラウドサービスとシームレスに連携ができるという特徴がある」とも説明する。さらには、迅速なリフト&シフトの実現、データセンターの廃止、オンデマンドでのキャパシティの追加などのメリットもあるという。

オンプレミスと同様の操作性の実現では、顧客専有のVMware環境をクラウド上で提供。他のユーザーだけではなく、オラクル自らもアクセスが不可能な高い分離性とセキュリティを実現。オンプレミスで使用している様々なサードパティの管理ツールが使用可能であるほか、パッチやアップデートも顧客の任意のタイミングで実施可能といったように、オンプレミスと同様の環境を実現した。

インフラ管理コストの削減という点では、Oracle Cloudのコンソールによって、VMware環境のプロビジョニングを可能にしているほか、わずか数時間でVMware環境をデプロイでき、ESXiホストの追加や削除といったVMware環境の拡張や縮小もコンソールから操作できるようにした。

「Oracle Cloud VMware Solutionを利用することで、これまでと同様に、業界標準の VMwareのツールを使用して、環境をアップグレードしたり、パッチやチューニングを行ったりしながら、OCI上で、主要なVMware Cloud Foundation機能セットのプロビジョニングや導入が行えるようになり、本番環境で重要なワークロードを実行できるようになる」としている。

そして、クラウドサービスとのシームレスな連携では、VMware環境を顧客の仮想クラウドネットワーク内に配置する一方、データベースなどのクラウドサービスと、Oracle Cloud Infrastructureを、低遅延および高速なネットワークで接続。Oracle Databaseなどの様々なクラウドサービスを利用できるようにする。また、仮想クラウドネットワーク(VCN)は、顧客自身で制御が可能なため、顧客の要件に応じた柔軟なネットワークセキュリティの設定を可能にしているという。

  • 「Oracle Cloud VMware Solution」のアーキテクチャ

なお、VMwareに関するテナンシー全体に対するワンストップサポートをオンラクが提供するという。

3つの障害ドメインによって可用性を確保

Oracle Cloud VMware Solution では、1ノード当たり52コア、768GBメモリ、25Gbps×2ネットワーク、51.2TBのローカルNVMeストレージによるコンピュートインスタンスを、最低3ノード(156コア)から利用可能で、クラスタ当たり最大 64ノードまで拡張が可能だ。これを超える場合は、さらに複数のクラスタにまたがった提供も可能にしている。

3つの障害ドメイン(FD)にESXiホストをデプロイすることでサーバの可用性を確保する一方で、vSANによって複数のESXiホストでデータを複製して保持し、データの可用性を確保。VMwareソリューションに必要なエンタープライズスケールの環境を、クラウド上で実現する。

すべてのVMwareコンポーネントはFDに分散されるほか、vSANによりデータはESXiホスト間で複製されるため、高い可用性が得られるという。

また、SDDC(Software-Defined Data Center)は、仮想クラウドネットワーク上のレイヤー2ネットワーク(VLAN)を使用して構成。OCIのネットワークのスケールとパフォーマンスのメリットを享受でき、レイヤー2のネットワークを必要とするアプリケーションもサポートしている。

さらに、Oracle Cloudを提供している世界19カ所の商用リージョンやガバメントリージョンにおいて、レプリケーションやバックアップが可能であり、東京と大阪の国内のリージョンを活用するといった対応を含め、必要に応じた災害復旧対策が可能になっている。

そのほか、NVMeを使用した高速なストレージ、広帯域および低遅延のネットワーク、最新のCPUにより、高い性能を発揮。高性能と高拡張性、認定された環境での動作が可能になる。

特徴は「フルマネージドにはしていないこと」

今回のOracle Cloud VMware Solutionで特徴的なのは、「あえてフルマネージドにはしていない」という点だろう。

例えば、VMware Cloud on AWSでは、データセンター、物理インフラ、仮想ネットワーク、VMware環境はすべてベンダーが管理するが、Oracle Cloud VMware Solutionでは、データセンターと物理インフラはベンダー管理であるのに対し、仮想ネットワーク環境やVMware環境は、顧客が制御・管理する形にしている。

「オンプレミスと同様の環境を実現する上で、顧客によるvCenterへの柔軟な管理アクセスやセキュリティ管理のほか、任意のタイミングでのパッチやアップグレードを実現できるようにした。ベンダー側のスケジュールに依存すると、オンプレミスの運用とは異なる状況になる。オンプレミスの運用形態を踏襲する意味で、あえてフルマネージドの環境にはしていない」と説明する。

価格は、156コアの最小構成時で月額2万3570ドルから。OCIおよびVMwareの両方を含んだ価格となっている。最低1カ月からの利用が可能になっている。

「OCIは、アウトバウンド通信のデータ転送コストでは圧倒的な低価格を実現している。ここは見落とされがちな部分であるが、Oracle Cloud VMware Solutionでも、こうした部分でのコスト競争力を生かすことができる。また、オンプレミスと同様の管理手法を導入できる点も、結果として、コストメリットにつながるということもできる」と、佐藤氏は説明する。

最小構成が156コアという規模であることから、一定規模で稼働をさせている顧客がまずは対象となる。将来的には、より小さい規模から活用できる環境の実現にも期待したいところだ。

  • 「Oracle Cloud VMware Solution」の特徴