JOLEDと豊田通商は7月20日、豊田通商が東京本社を構える品川に有機ELディスプレイ(OKED)の活用提案・販売拡大を目的とした商談ルーム「JOLEDデモルーム品川」を開設したことを発表した。

JOLEDは、印刷方式の有機ELディスプレイ製造メーカーで、2019年末より量産ラインの稼働ならびに顧客へのサンプル出荷を開始しており、今後、従来のパイロットラインから量産ラインへパネル生産を移行することで、中型の有機ELディスプレイの製品ラインアップ拡充などを図っていくことを計画していることから、顧客への提案力強化が求められていた。

今回の同デモルーム開設は、JOLEDが手掛ける有機ELディスプレイパネルの製品ラインアップを一堂に集め、商談相手が実際にそれらを体験して、その特長を体験してもらうことを目的としたもの。

今回のデモルーム開設を受けて豊田通商は、グループ会社の幅広いネットワークを生かして、有機ELディスプレイの活用提案・販売拡大に取り組んでおり、両社が協力してデモルームを活用して、有機ELディスプレイに関心のある企業などに向けて、導入を促進していきたいとしている。

なお、2020年7月20日時点のデモルームに展示されている製品・開発品は以下の通りとのことである。

  • 32インチ、27インチ、22インチ有機ELモニター
  • 22インチ有機EL円筒ディスプレイ
  • 14インチ有機ELフレキシブルディスプレイ
  • 12.3インチ有機EL車載ディスプレイ
  • 22インチ有機EL各種ガラスサイネージ、など
  • 「JOLEDデモルーム品川」

    「JOLEDデモルーム品川」の様子 (出所:JOLED Webサイト)