米Appleは7月10日、iOSの次期バージョン「iOS 14」のパブリックベータ版の提供を開始しました。「これ、本当にiPhoneなの?」と思わせる大胆な変化も多く、iPhoneがさらに快適&便利に使えるなと感じました。iOS 14の進化点や注目機能を、パブリックベータ版を導入したiPhoneで実際にチェックしていきましょう。

  • 長年iPhoneを使い続けている人ほど「変わったなぁ」と実感できる大きなアップデートが施されたiOS 14。進化点や注目機能を、パブリックベータ版で改めておさらいしましょう

今回の記事は、取材に基づく特別な許可を得たうえで、パブリックベータ版をインストールした端末の画面を掲載しています。今秋リリースされる正式版とは画面や内容が異なる可能性もあります。

ウィジェットが大幅進化、大きさや配置が自由自在

今回提供が始まったiOS 14のパブリックベータは、正式リリース前の開発中バージョンながら、一般のユーザーも「Apple Beta Software Program」から無料でダウンロードできます。ただ、あくまでも開発途中のバージョンなので、アプリが正常に動作しなくなるなどの不具合が発生する可能性もあります。ふだん使っているiPhoneにはインストールせず、機種変更して使わなくなった旧モデルを利用して試すのがよいでしょう。

iOS 14でまず大きく変わるのがホーム画面。わざわざアプリを開かなくても、リアルタイムに更新されるさまざまな情報をサッと確認できる「ウィジェット」が、ホーム画面の好きな位置に配置できるようになりました。これまでは、ホーム画面をわざわざ一番左に送らないと表示できなかったので、ウィジェットの実用性は格段に増したと感じます。大きさも3段階から自由に選択できます。

  • ウィジェットをさまざまな場所に配置したホーム画面(左)。ウィジェットは一番左の画面か、画面の長押しで追加できる(右)。まだアップル純正のウィジェットしか表示されないが、サードパーティー製のウィジェットが加われば華やかになりそうだ

ユニークなのが、ユーザーの日ごろの利用状況を基に、ウィジェットの情報を自動的に切り替える「スマートスタック」機能です。朝に天気をチェックし、昼休みに写真を見て、夕方に株価をチェックする習慣がついている人は、ある程度使い込むと必要とするウィジェットが自動的に表示されるようになるでしょう。

  • 複数のウィジェットを重ねるスタック表示にも対応し、スワイプで自由に切り替えられる。ユーザーの利用状況に応じて内容を自動的に切り替えるスマートスタックの機能も持つ

ホーム画面の最後のページには、SNSやエンターテイメント、Apple Arcadeなど、iPhone内のアプリをジャンルごとに自動分類する「Appライブラリ」という機能が追加されました。特定のホーム画面を非表示にする機能を併用すれば、何ページにもわたってアプリのアイコンが散乱していたズボラな人でも、手間をかけずに整理整頓できます。ちなみに、アプリを新たにインストールした際は、Appライブラリに格納されるようになります。

  • ホーム画面の一番右端に設けられるAppライブラリ。フォルダの名称変更や位置の変更はできないようだ

ホーム画面まわりでは、動画がピクチャ・イン・ピクチャで表示でき、別のアプリを使いながら見られるようになったのは注目できます。大きさは2段階に変更でき、位置も四隅の好きな場所に移動できます。いまのところ、Safariで閲覧できるYouTube動画(Webサイトに組み込まれているもの)やApple TV+のみの対応となっているようで、iPhone内の動画やYouTubeアプリなどのサードパーティー製アプリではピクチャ・イン・ピクチャの表示はできないようです。今後、アプリ側が対応すれば、より便利に使えるでしょう。

  • 動画を表示させた際、左上にあるアイコン(斜め矢印の書かれたアイコン)をタップすれば、動画がピクチャ・イン・ピクチャ表示に切り替わる

  • 動画のサイズはピンチイン&ピンチアウトで変更できるほか、位置も四隅から選べる

カメラアプリ、待望の露出補正機能が追加!

iPhoneで利用する人の多いカメラアプリも進化していました。

特に注目したいのが、撮影時に明るさを調節する「露出調整」(露出補正)の機能が加わったこと。画面の上にある矢印アイコンをタップすると現れる「±」のアイコンをタップするとゲージが現れ、ゲージを+方向にスライドさせれば明るく、逆に-方向にすると暗く調整できます。調整は1/3段単位で-2~+2段の範囲でできるなど、一般的なカメラと同じ仕様なのがうれしいところ。日ごろカメラを使い慣れている人ならば、「逆光気味なので+2/3段補正すれば期待した明るさになるな」という具合に直感的に調整できます。

  • 画面の左(縦位置撮影時は上)にある矢印アイコンをタップすると現れる機能アイコンの中に、「±」の表示を持つ露出調整のアイコンが加わった

  • 露出調整のアイコンをタップすると、シャッターボタンの左(縦位置撮影時は上)に露出補正のゲージが現れ、スワイプ操作で調整できる。被写体が黒っぽいと、自動露出ではどうしても実際よりも明るくなりすぎてしまう

  • マイナス方向に露出を調整すると見た目に近くなり、黒が引き締まってきた

これまでも、画面をタップしたあとに上下にスワイプさせれば明るさを調整できましたが、しばらくすると明るさが元に戻ってしまい、使い勝手は決してよくありませんでした。その不満が解消され、狙い通りの写真が撮りやすくなるでしょう。

「設定」→「カメラ」→「設定を保持」で「露出調整」の項目をオンにしておけば、露出調整の値も確認できるアイコンが常に表示され、そこをタップすればワンタッチで調整できるようになります。臨機応変に露出補正をしたい人は、あらかじめ設定を変えておくのがよいでしょう。

  • 「設定を保持」で「露出調整」の項目をオンにすると、露出調整のインジケータが常に表示されるようになる

  • 左下に見えるのがインジケータ。これをタップすれば一発で露出調整が呼び出せるほか、露出調整の値が常に確認できるメリットもあるので、表示させる設定が断然オススメだ

Siriや電話の着信時、画面が真っ暗にならなくなった

使い勝手の向上としては、「Siriの起動や電話の着信の際に画面がブラックアウトしなくなった」という点も挙げられます。

これまで、Siriを起動したり電話がかかってきた際は、画面全体がブラックアウトし、作業途中の画面が見えなくなってしまいました。iOS 14では、Siriの回答は画面の最上段に、電話の着信は通知のように上部に控えめに現れる形になり、作業直前の画面が残ったままになりました。ちょっとした変化ですが、スマートさは明らかに高まりました。

  • Siriを呼び出して「今日の天気は?」と尋ねると、画面はそのままに回答が上部に現れる(左)。電話が着信した場合も、通知のようにそっと上部に表示される(右)

背面タップでさまざまな機能を呼び出す機能も搭載

ユニークなところでは、背面を指でトントンとタップするとさまざまな機能が呼び出せる機能が追加されました。2回連続のダブルタップ、もしくは3回連続のトリプルタップで、それぞれ異なる機能が呼び出せます。

  • 背面を2回、もしくは3回軽くタップすると事前に設定した機能が呼び出せる

呼び出せる機能は、SiriやSpotlight、コントロールセンター、音量の上げ下げ、消音、通知センター、拡大鏡、上下へのスクロールなどが用意されており、手の小さな人では操作しづらいコントロールセンターや、押し間違いやすいスクリーンショットなどが便利に使えると感じました。

  • 設定は「アクセシビリティ」から。機能は20種類以上から選べる

標準では機能がオフになっているので、「アクセシビリティ」→「タッチ」→「背面タップ」をオンにし、それぞれ好みの機能を割り当てれば設定できます。

時刻の入力がダイレクトにできるように

地味ながら便利だと感じたのが、カレンダーやアラームなどで時刻を入力する際の機能です。これまでは、時間や分の項目をスワイプして回していく方式でしたが、iOS 14ではキーボードから「1230」といった具合に数字を直接入力できるようになりました。数字が行きすぎた…とイライラすることがなくなり、うれしい改良といえます。最初は変化に戸惑うかもしれませんが、慣れるとグンと使いやすくなりますよ。

  • iOS 13以前は、時間や分の項目をそれぞれスワイプして切り替えていた(左)。iOS 14では、テンキーを使ってダイレクトに入力できるようになった(右)

魅力的な新機能はまだまだ盛りだくさん

今回試したパブリックベータ版では、アプリをインストールする必要なく主要な機能が利用できる注目の新機能「App Clips」や、自転車を用いたルート案内をしてくれるマップの新機能が日本語版ではまだ実装されていないなど、iOS 14の実力をすべてチェックできたとはいえません。ウィジェットも、今後サードパーティー製のものが追加されれば、よりホーム画面が便利かつ華やかになるはずです。

  • アプリの一部機能をインストールせずにサッと利用できる新機能「App Clips」の使い勝手など、iOS 14の気になる部分はまだまだ多い

iOS 14は、長年iPhoneを使い続けている人ほど「変わったなぁ」と実感できる大きなアップデートとなります。最初のうちは戸惑う部分もありますが、使い込むごとに「使いやすくなった」と感じられるでしょう。常に通信できる状態のスマートフォンでは重要となるセキュリティ関連の機能も強化されており、さらに安心して使えるようになるのも見逃せません。正式リリースは今年の秋と少し先になりますが、iPhoneユーザーは期待しておきましょう!