ConceptD」はエイサーのクリエイター向け新ブランドです。ゲーミングPCとクリエイター向けPCは求められる機能が近いですが、ConceptDは「動きに強いこと」よりも「自分が表現したい色を表示できること」に重点が置かれています。

今回レビューする「ConceptD 7」は、15.6型4K液晶ディスプレイを搭載したクリエイター向けノートPCで、AdobeRGB比で100%の色域をうたっています。というわけで、スペック、外観チェック、ベンチマークに加えて、ディスプレイの色域についてもチェックしてみましょう。

  • 日本エイサー、15.6型4KノートPC「ConceptD 7」

    ConceptD 7は、NVIDIA Max-Qデザインの15.6型ノートPC。15.6型で4K解像度のIPS液晶ディスプレイを搭載しています

  • 日本エイサー、15.6型4KノートPC「ConceptD 7」

    クリエイター向けということで、第9世代(Coffee Lake)Intel Core i7プロセッサと、リアルタイムレイトレーシング対応のNVIDIA GeForce RTX 2080 MAX-Q(8GB)が組み合わされています

  • 日本エイサー、15.6型4KノートPC「ConceptD 7」

    「動きに強いこと」よりも「自分が表現したい色を表示できること」を重視したConceptD 7ですが、ゲーミングノートPCとして見ても実力はハイレベル。映像美の対価として負荷が重いことに定評のある「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク」でも、高いスコアを記録しています(この画面は、4K・標準品質の結果)。詳しくは記事後半のベンチマークをご覧ください

Core i7-9750H & GeForce RTX 2080のタッグでハイパフォーマンスを実現

ConceptD 7のラインナップは1モデルのみ。OSはWindows 10 Pro 64ビット版(バージョン1903)、CPUはIntel Core i7-9750H(6コア12スレッド、2.60~4.50GHz)、外部グラフィックスはNVIDIA GeForce RTX 2080 with Max-Q Design(8GB)、メモリは32GB PC4-21300 DDR4 SODIMM(16GB×2、最大32GB)、ストレージは1TB(NVMe接続、512GB×2、RAID 0)を備えています。

  • 日本エイサー、15.6型4KノートPC「ConceptD 7」

    15.6型4K液晶のハイエンドモデル「ConceptD 7 CN715-71P-F73Z8」は、Acer Direct楽天市場店で税込384,800円で販売されています(3月中旬の時点)

液晶ディスプレイは15.6型4Kノングレア(3,840×2,160ドット、16:9、IPS、LEDバックライト、AdobeRGB比100%)を搭載し、通信機能はGigabit Ethernet、IEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax準拠の無線LAN、Bluetooth 5.0をサポートしています。

2台のSSDで「RAID 0」(ストライピング)が組まれている点は、アプリとデータを1ストレージ内に記録できるので管理しやすく、また読み書き速度の点でも有利。ただ、最大メモリ容量が32GBなのは、クリエイティブ系アプリを複数立ち上げたまま作業するユーザーには、将来的にもの足りなくなるかもしれません。

  • 日本エイサー、15.6型4KノートPC「ConceptD 7」

    本体天面。エイサーのほかのノートPCとは異なり、メーカーロゴは中央ではなく上部に小さく入ります

  • 日本エイサー、15.6型4KノートPC「ConceptD 7」

    本体底面。ハイパフォーマンスなCPUと外部グラフィックスを搭載しているので、吸気口は大きめ。比較的簡単に分解できそうですが、特殊ネジが使われています

■試用機の主な仕様 [製品名] ConceptD 7(CN715-71P-F73Z8) [CPU] Intel Core i7-9750H(6コア12スレッド、2.60~4.50GHz) [メモリ] 32GB PC4-21300 DDR4 SODIMM(16GB×2、最大32GB) [グラフィックス] NVIDIA GeForce RTX 2080 with Max-Q Design(8GB) [ストレージ] 1TB(NVMe接続、512GB×2、RAID 0) [光学ドライブ] なし [ディスプレイ] 15.6型4Kノングレア(3,840×2,160ドット、16:9、IPS、LEDバックライト、AdobeRGB比100%) [OS] Windows 10 Pro 64bit版 [バッテリー駆動時間] 約8時間 [本体サイズ/重量] 約W358.5×D255.0×H17.9mm / 約2.1kg [実勢価格(税込)] 384,800円

最大4枚のマルチディスプレイ環境を構築できるインタフェース

ConceptD 7のボディは、「The White」で着色されたアルミニウム合金。本体サイズは約358.5×255.0×17.9mm、重さは約2.1kg。84Whの大容量バッテリーを搭載していることを考慮すれば、NVIDIAのMAX-Q Designを採用していることもあり、薄型&軽量ボディといって差し支えないでしょう。

インタフェースとしては、USB Type-C 3.1 Gen2(右側面×1、最大10Gbps、映像出力、Thunderbolt 3対応)、USB Type-A 3.0(右側面×2、左側面×1)、HDMI(左側面×1)、Mini DisplayPort(右側面×1)、有線LAN端子(左側面×1)、マイク入力(左側面×1)、ヘッドフォン出力(左側面×1)が用意されています。

  • 日本エイサー、15.6型4KノートPC「ConceptD 7」

    上が本体前面、下が本体背面

  • 日本エイサー、15.6型4KノートPC「ConceptD 7」

    本体右側面は、左からUSB Type-C 3.1 Gen2、Mini DisplayPort、USB Type-A 3.0×2、セキュリティーロックスロット。本体左側面には、Gigabit Ethernetの有線LAN端子、USB Type-A 3.0、HDMI、マイク入力、ヘッドフォン出力が配置されています

USB Type-C、HDMI、Mini DisplayPortを使えば、本体のディスプレイを含めて最大4枚のマルチディスプレイ環境を構築できるわけですね。一方、クリエイター向けノートPCなのに、フルサイズSDメモリーカードどころかmicroSDメモリーカードスロットを搭載していない点は残念です。

  • 日本エイサー、15.6型4KノートPC「ConceptD 7」

    本体は実測で2,215g

  • 日本エイサー、15.6型4KノートPC「ConceptD 7」

    ACアダプターと電源ケーブルの実測値は602g。せっかく本体が薄型・軽量なので、ACアダプターもGaN方式を採用して小型、軽量化してほしいところです

  • 日本エイサー、15.6型4KノートPC「ConceptD 7」

    今回の試用機には、180W ACアダプターと電源ケーブル(約1m)のみが付属していました。製品版には、ほかに説明書類(セットアップガイド、保証書、修理依頼書、国際旅行者保証書、ノートブック説明)が同梱されます

  • 日本エイサー、15.6型4KノートPC「ConceptD 7」

    ACアダプターの仕様は、入力100-240V~2.5A、出力19.5V・9.23A、容量180W

ディスプレイ品質は優秀、実測でAdobeRGBカバー率99.8%

まず、ディスプレイの色域について、カラーキャリブレーション機器「i1Display Pro」と色度図作成ソフト「ColorAC」で実測してみましたが、sRGBカバー率100.0%、sRGB比143.1%、AdobeRGBカバー率99.8%、AdobeRGB比106.1%という値が出ました。

日本エイサーに問い合わせたところ、公式に「AdobeRGB比100%の色域」を訴求しているとのことでしたが、今回のテスト結果ではそれ以上の色域が確認されたわけです。また、色域はRGBを頂点とした三角形で表現することが多いのですが、「Adobe RGBの三角形」にどれだけ近いかを示す指標が「Adobe RGBカバー率」です。これが100%に近いほど、Adobe RGBの再現性が高いといえます。ConceptD 7の実測値はAdobeRGBカバー率99.8%ですから、かなり優秀です。

  • 日本エイサー、15.6型4KノートPC「ConceptD 7」

    画面対ボディ比は81%。ベゼルが狭いおかげで、15.6型という数字より画面が大きく感じられます

  • 日本エイサー、15.6型4KノートPC「ConceptD 7」

    実測したsRGBカバー率は100.0%、sRGB比は143.1%(※警告が表示されたので計測結果に誤差が発生している可能性があります)

  • 日本エイサー、15.6型4KノートPC「ConceptD 7」

    実測したAdobeRGBカバー率は99.8%、AdobeRGB比は106.1%(※警告が表示されたので計測結果に誤差が発生している可能性があります)

なお、ColorACでカラープロファイルを読み込むとき、「注意:このICCプロファイルのLUT Green Blackにクリップ(値が飽和)の可能性がみられます」という警告メッセージが表示されたので、計測した色域に誤差が発生している可能性があります。今回の計測結果はあくまで参考にとどめてください。

  • 日本エイサー、15.6型4KノートPC「ConceptD 7」

    15.6型4Kノングレア液晶ディスプレイの上部には、720pのWebカメラとデュアルマイク。WebカメラはWindows Helloの顔認証に対応

  • 日本エイサー、15.6型4KノートPC「ConceptD 7」

    ディスプレイは180度開きます。対面の人と画面を見ながら作業するために採用されたヒンジ機構ではないでしょうか

キーボードは・・・

さて、ConceptD 7を試用していて、個人的に慣れることができなかった部分があります。それはキーボード。

Enterキーの右に電源、Home、PgUp、PgDn、End、右カーソルキーが1列並んでいるうえ、Enterキーと「]」キー、Back Spaceキーと「\」キー、Shiftキーと「\」キーが密着しているのです。私がConceptD 7を試用している間、Enterキーを押したつもりで「]」キーを何度も誤って押してしまいました。もし筆者がConceptD 7を購入したとしても、このキーボードに慣れるのには相当な時間がかかりそうです。

  • 日本エイサー、15.6型4KノートPC「ConceptD 7」

    キーボードは90キーの日本語仕様。Enter、Back Space、右Shiftキーがほかのキーと密着しているため、慣れが必要です

  • 日本エイサー、15.6型4KノートPC「ConceptD 7」

    Enterキーが「\」キーと密着していますが、日本語キーボードよりも打ちやすそうです(Acerの海外サイトから転載)

  • 日本エイサー、15.6型4KノートPC「ConceptD 7」

    キーボードバックライトは4段階に調整可能

キーピッチは実測18.7mm前後、キーストロークは実測1.6~1.7mm前後が確保されており、打鍵感は良好。打鍵音も低めに抑えられています。タイピング自体はしやすいですね。

今回の試用で誤入力を多発したのは「]」キーですが、個人的にはまったく使わないキーです。もし私がConceptD 7を購入したら、キー設定ユーティリティー「KeySwap for XP」などで「]」キーにEnterキーを割り当てて使うと思います。

  • 日本エイサー、15.6型4KノートPC「ConceptD 7」

    キーピッチは実測18.7mm前後

  • 日本エイサー、15.6型4KノートPC「ConceptD 7」

    キーストロークは実測1.6~1.7mm前後

  • 日本エイサー、15.6型4KノートPC「ConceptD 7」

    打鍵感は良好。だからこそキーの配置が惜しいです

クリエイティブ用途にだけ使うのはもったいないゲーム性能

パフォーマンスについては、総合ベンチマーク「PCMark 8 v2.10.901」、3Dグラフィックスベンチマーク「3DMark 8 v2.11.6866」、CPU/OpenGLベンチマーク「CINEBENCH R15.0」、3Dゲームベンチマーク「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク」、ストレージベンチマーク「CrystalDiskMark 7.0.0」、バッテリーベンチマーク「BBench」で検証しました。

6コア12スレッドのCore i7-9750Hを搭載しているだけに、CINEBENCH R15.0のCPUスコアは大台の1030 cbを記録。ハイパフォーマンスノートPC向けのHプロセッサが、多くの薄型ノートPCが採用するUプロセッサとは段違いのパフォーマンスを発揮しています。

■PCMark 8 v2.10.901
Home Accelerated 3.0 : 3971
Creative Accelerated 3.0 : 5359
Work Accelerated 2.0 : 4481

■3DMark 8 v2.11.6866
Time Spy : 7025
Fire Strike : 16166

■CINEBENCH R15.0
OepnGL : 118.78 fps
CPU : 1030 cb
CPU(Single Core) : 193 cb

外部グラフィックスにNVIDIA GeForce RTX 2080 with Max-Q Designを搭載しているため、3DMarkやFINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマークのスコアを優秀です。特に後者は、1,920×1,080ドット・標準品質でまったくストレスなくプレイできる「とても快適」という評価を記録しています。クリエイティブ用途にだけ使うのはもったいないですね。

  • 日本エイサー、15.6型4KノートPC「ConceptD 7」

    FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク

■FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク
1920×1080ドット、標準品質:10397(とても快適)
3840×2160ドット、標準品質:3900(普通)

  • 日本エイサー、15.6型4KノートPC「ConceptD 7」

    「CrystalDiskMark 7.0.0」の結果。NVMe SSD×2台のRAID 0ということで、単独のNVMe SSDよりもかなり高いスコアです

バッテリー駆動時間については、ディスプレイ輝度40%、バッテリー残量5%までという条件で6時間42分27秒という結果となりました。今回はカタログスペックには届きませんでしたが、ディスプレイ輝度はまだかなり下げられる余地があります。個人的には15%ぐらいまでは実用的な輝度だと感じました。そこまで下げれば、バッテリー駆動時間はもっと延ばせるはずです。

サーモグラフィーカメラで計測した本体の発熱は、キーボード面はともかく、底面がかなり高めで最大54.3度を記録しました。最大温度を記録したのはヒンジ側の排気口付近ですが、底面吸気口の中心部付近も50度前後に達しています。フルパワーで動作しているときは、膝上で利用するのは避けましょう。

  • 日本エイサー、15.6型4KノートPC「ConceptD 7」

    キーボード面の最大温度は43.4度

  • 日本エイサー、15.6型4KノートPC「ConceptD 7」

    底面の最大温度は54.3度。吸気口中心付近も50度前後に達しています

自宅や仕事場でクリエイティブワークを快適にこなすためのマシン

ノートPCとしてはかなりお高めなConceptD 7ですが、処理性能、ディスプレイ品質、高級感ある外装の作り込みを考えれば納得です。ACアダプターが重いので携帯するノートPCには向きませんが、自宅や仕事場でクリエイティブワークを快適にこなすマシンを探しているなら、魅力的なモデルといえるでしょう。

  • 日本エイサー、15.6型4KノートPC「ConceptD 7」