フジヤエービック主催のオーディオイベント「春のヘッドフォン祭 2019」が、4月27日、28日の2日間にわたり、東京・中野サンプラザにて開催されました。話題のイヤホンやヘッドホンなどのオーディオ製品が一堂に会する貴重な機会。本記事では、筆者が会場で見つけた気になる製品、こだわりの逸品をピックアップします。

Kickstarter発、インイヤーなヘッドホン「nuraphone」が日本へ

クラウドファンディングサービス「Kickstarter」にて、異例の資金(180万ドル、約2億円)を集め話題となったワイヤレスヘッドホン「nuraphone」が、国内でも正式発表となりました。会場ではnuraphoneの発表会が行われ、試聴も可能となっていました。

  • nuraphoneは、クラウドファンディングから生まれた最新ヘッドホン。インイヤー部から鮮明なサウンドを再生するとともに、オーバーイヤー部から豊かな低音を発します。試聴してみると、細かいディテールやリアリティをサウンドに感じました

nuraphoneの特徴はなんといっても、ヘッドホンのオーバーイヤーと、カナル型イヤホンのインイヤーが合体したユニークなスタイル。インイヤー部分はフレキシブルな構造となっているため、装着は見た目よりもカンタンで、フィット感も優れています。iOS / Andoroidに対応した専用アプリを利用することで、耳孔内の反射音から個人の聴覚特性を測定し、サウンドを最適化(パーソナライズ)できるのも大きな特徴です。

専用アプリを使って、60秒ほどで自動的に個々のプロファイルを測定・作成でき、自分の耳に合ったサウンドを楽しめます。ノイズキャンセリング機能も搭載しました。専用アプリと連携し、個人の耳に合わせた音楽を楽しめるのは、昨今のトレンドといえるでしょう。

  • 見た目は通常のヘッドホンと変わりません

  • インイヤー部分はフレキシブルな構造で、耳にスポっとはまる感覚がありました

ユーザーに合わせて音響空間をカスタムする技術「Super X-Fi」

ヘッドフォン祭に初出展したCREATIVEブースでは、独自のオーディオ ホログラフィ技術「Super X-Fi」を採用した製品を展示。ヘッドホンやイヤホンで、マルチスピーカーシステムでのリスニング体験を実現するといいます。

Super X-Fiは、1台のヘッドホンやイヤホンで、マルチスピーカーによるサラウンドシステムの音場を再現するための技術です。スマートフォンで顔と両耳の写真を撮影し、専用アプリに写真を登録することで、AIが個人の頭や耳の形をスキャン。アプリで作成したパーソナルデータを、スマートフォンやPCを使って、Super X-Fi対応ヘッドホンやヘッドホンアンプに保存することで、個人の耳の特徴に合わせてカスタマイズされた立体音響体験が可能です。

ブースには、ヘッドホンアンプ「CREATIVE SXFI AMP」や、USB接続のヘッドセット「CREATIVE SXFI AIR C」、Bluetoothヘッドホン「CREATIVE SXFI AIR」がラインナップされ、来場者の注目を集めていました。いずれもSuper X-Fiをサポートし、リアリティのある立体サウンドを楽しめます。

  • Super X-Fiに対応したヘッドホン製品

試聴してみたところ、多方向からの定位感というより、従来のステレオサウンドに対して空間がさらに広がるような余裕を感じました。長時間のリスニングでも聞き疲れしなそうです。

  • Super X-Fi対応のヘッドホンアンプ「CREATIVE SXFI AMP」

  • Super X-Fi非対応のヘッドホンやイヤホンの3.5mmAUX端子をアンプにつなぐと、Super X-Fiのサウンドが楽しめます

人気アーティスト「LiSA」とJust earのコラボイヤホン

ソニーが提案するテイラーメイドイヤホン「Just ear」に、人気アーティスト・LiSA(敬称略)とのコラボレーションモデル「XJE-MH/L1SA」が登場しました。LiSAといえば、数多くの人気アニメーション主題歌を手がける女性シンガー。そんなLiSAとJust earのコラボレーションが実現しました。

  • 見た目も美しいJust earのイヤホンですが、LiSAとのコラボモデル「XJE-MH/L1SA」では、サウンドもLiSAの好みにチューニングされています

  • 左右イヤホンのプレート部分には、「ANOTHER GREAT DAY」という文字が刻印されていました

  • LiSAいわく、「このイヤホンで私の作った楽曲を聴いて頂けたら『あ、LiSAってこういう音を作りたかったんだなあ』というのが明確に感じてもらえると思います」とのこと

XJE-MH/L1SAは、2019年4月27日~8月31日までの期間限定販売となっており、本体プレートには「GREAT ANOTHER DAY」の文字が刻印されています。パッケージはLiSA自身がデザインしており、LiSAの直筆サインとメッセージが印刷されたポストカードなども付属します。

オーディオマニアのみならず、一般ユーザーにも浸透しつつあるカスタムIEM。Just earのアーティストコラボモデルは、アーティストのファンにまでカスタムIEMの裾野を広げてくれそうです。なにより、アーティスト本人が目指すサウンドを、自分のイヤホンで完全再現できるのは大きなメリットに感じました。今後も、多くのアーティストモデルの登場に期待したいところです。

アウトドアやレジャーにも最適、振動スピーカー「docodemoSPRAKER DP-1」

耳をふさぐことなく、骨伝導により音楽を楽しめるイヤホン「earsopen」などを取り扱うBoCoのブースでは、接している物体をスピーカーに変えるユニット「docodemoSPEAKER SP-1」を発見しました。本体と接している物体を震わせて音を伝えるデバイスとなっており、本体は直径77mmと手のひらサイズでありながら、出力100W級のホームオーディオと遜色ない高音質で力強いサウンドを実現したとのこと。

  • docodemoSPEAKER SP-1は、振動によって音をテーブルや椅子、車体に伝え、あらゆるものをスピーカーに変えます

  • BoCoといえば、骨伝導イヤホン「earsopen」で有名

本体に充電式リチウムイオン電池を内蔵し、約7時間の連続使用が可能。生活防水仕様となっており、アウトドアやレジャー、キッチンなどの水回りでも安心して使えそうです。専用アクセサリの完全防水カプセル「bathCAPSULE SPC-1」を組み合わせれば、お湯が入ったお風呂の浴槽もスピーカーとなります。

これからやってくる夏。レジャーにdocodemoSPRAKERを持って出かければ、キャンプ場やビーチなど、さまざまシチュエーションで仲間と盛り上がれそうです。

  • 防水カプセル「bathCAPSULE」を使い、水中でのデモンストレーションも行われていました

  • 水で音を鳴らすのは不思議な感じがしましたが、音は意外にパワフルでフラット

ヘッドホンだけじゃない! 「ニアフィールドリスニング」向けスピーカーに注目

春のヘッドフォン祭 2019では、近年盛り上がりをみせている「ニアフィールドリスニング」用のスピーカーも数多く展示されていました。どのメーカーも、コンセプトやルックス、サウンドなどがユニーク。作り手の想いが色濃く製品に現れているのがわかります。

日本国内では、居住環境や住居スペースの都合上、必然的にニアフィールドリスニングとなるケースも少なくありませんので、今後も人気が高まっていくのではないでしょうか。

  • AudiFillは、強さと粘りをあわせ持ち、豊かで深みのあるサウンドを響かせる国産ひのきを使ってスピーカーを製作する工房。繊細なサウンドと、美しい木目が印象的な小型2wayスピーカー「Concept-SOLA」(完全受注生産)も展示されていました。オイルを繰り返し塗布し、美しく仕上げられたSOLAのボディは手触りも最高です

  • オリジナル加工の木製iPhoneケースなどでも知られる松葉製作所。木材の精密加工を得意とする同社は、そのスキルを活用した木製積層スパイラルホーンスピーカーを展示しました。総無垢ウォールナットの質感は、上質なインテリアとしてもおすすめできます

  • A&Cオーディオが取り扱うTRIPHONICブランドでは、直径6cmのフルレンジスピーカー(F60A型)を搭載し、カラーバリエーションも美しいデスクトップスピーカー「Evangelist-061」と、2wayの小型ブックシェルフスピーカーの最新作「Evangelist-102」が人気となっていました。小型サイズからは想像もできないサウンドが魅力のEvangelist-061ですが、16色と豊富なカラーオプションも魅力。パールはインスタ映えしそうな艶やかな色合いで、女性の部屋にも合いそうでした

  • MH audioは、「世界最小の本格オーディオ」をうたうオーディオメーカー。クリアで立体的に音楽を再生可能なアコースティックスピーカー「WAON(和音)」をはじめ、ミニマルデザインのスピーカーや超小型オーディオアンプ「DA-1」などがラインナップされ、多くの人が集まっていました。WAONは小型でシンプルな形状と色合いで、サウンドは腰があり艶感があります。WAONはカフェや書店、インテリアショップなどでも導入されているそうです