レノボ・ジャパンは10月4日、新製品発表会を行いYogaブランドの新製品4製品を発表しました。今回発表されたのはコンバーチブル型の2in1ノート 3モデルとスリムなクラムシェルノートPC 1モデルの計4モデルです。

・Yoga Book C930

通常の液晶画面の他、E Inkのタッチパネルを加えたダブルディスプレイです。E Inkタッチパネルはキー入力ができるほか、別売りのペンを使った入力も可能。屋外でも視認性の良いE Inkで書き込みをして、それをそのままクリップボード経由でアプリに入れて彩色することも可能です。

  • Yoga Book C930

  • 仮想キーボードを使用しており、キーボード部はE Ink表示のため、キーレイアウトも変更可能です

・Yoga C930

従来タイプのYoga製品とも言えますが、ヒンジ部分を大幅に変えてヒンジにスピーカーを搭載。Dolby Atmosに対応して音響がよいだけでなく、4K IPSディスプレイにはDolby Visionを使用した画質も魅力の製品です。

  • Yoga C930。型番が似ていますが、こちらは従来のYogaのグレードアップ。ヒンジ内にスピーカーを組込、4KディスプレイとDolby Atmos/Vision対応となっています

・Yoga C630

CPUにQualcommのSnapdragon 850を使用したコンパーチブル製品で25時間連続使用可能という圧倒的なバッテリ寿命でモビリティの新しい形を提唱します。こちらは2018年中に発売予定で発売日等は別途公表します。

  • Yoga C630。こちらは製品版ではないのでキーボードも英語版です。最長25時間利用可能なので、個人的には非常に気になるのですが発売日、価格共にまだ未定です

・Yoga S730

クラムシェル型の最上位機種で本体は薄型軽量。ディスプレイは極狭のベゼルで製品をよりスマートにみせています。

  • Yoga S730。非常にオーソドックスな作りのノートPCですが、かなり薄いいい感じの作りになっています。今回発表の製品の中では唯一のプラチナカラーとなっています

「みんなと同じじゃつまらない」とYogaは個性を強調するプレミアムブランドへ

製品発表会では、執行役員常務の河島良輔氏が「Yogaはコンシューマー向けのプレミアム製品にリブランディングする」と発言しました。もともと、レノボは変形して、いくかのモードで利用できる製品を「Yoga」と名付けていました。エントリーからハイエンドまで、変形すればとりあえず「Yoga」だったわけです。

  • レノボ・ジャパン 執行役員常務の河島良輔氏

この"Yoga"という言葉はPC業界で広く使われだしていて、他メーカーでも「Yogaスタイル」と2in1製品を紹介することもありました。

高いブランド力を持つYogaですが、レノボのスローガン「Differnt is better」を踏まえ、「みんなと同じじゃツマラナイ」と個性を重視したプレミアム製品シリーズへと立ち位置を変えます。

  • ブランドコンセプトを紹介したムービー。スマホもPCも操作もみんなと同じなのはつまらない、ちがっているからオモシロイと個性を重視したというのがYogaの根底となっています

  • レノボのスローガンは「Different is better.」売れ筋商品だけでは面白くないというコモディティからの脱却のメッセージでしょう

これからは変形機構を備えていても、メインストリームやエントリーの製品は「Yoga」ではなく、ideaシリーズとして投入されます。逆に今回発表となった 「Yoga S730」のように変形しなくてもプレミアムセグメントであれば「Yoga」となります。

  • レノボの個人向けPCの2018年秋冬主力ラインナップ。今回の発表会ではこれらがすべて展示されていました

E Inkディスプレイでドキュメントを見る、ペンで描く、マルチランゲージキーボードにも

製品の詳細はコンシューマ事業部製品統括 部長の櫛田弘之氏が細かく紹介しました。

  • レノボ・ジャパン コンシューマ事業部製品統括 部長の櫛田弘之氏。持っているのはYoga C930で、ヒンジの部分にスピーカーが配置されています

Yoga Book C930が今回の発表の目玉ともいえる製品です。9.9mmで775g(Wi-Fiモデル)と極めて薄く軽く仕上がっているのですが、何といっても最大の特徴は液晶とE Inkのデュアルディスプレイです。

  • Yoga Book C930は種類の異なるディスプレイを採用しているのが最大の特徴で、屋外でのメモ利用やPDF文書の閲覧に威力を発揮しそうな感じです

極薄ボディなのでディスプレイが開きにくいのですが、「knock to open」という仕組みが入っており「本体を二回軽くたたく」とパカっと開きます。ただ、この仕組みは内部の加速度センサーを使っているため机に置いて、机をドンドンと叩いても開いてしまいます(この機能をOFFにして、ボリュームダウンボタンで開くことも可能)。

  • 従来のYogaよりもエッジがあり、蓋をあけるのはやや困難。そこでトントンと叩くとこのようにカパっと開くknock to openが用意されています

キーボードはE Ink部分にキーが表示される仮想キーボードです。30言語のキートップが用意されており、英語キーが好きな人は英語キーにする事も可能です。また、タッチパッドとキーが同時に表示されるクラシックモードと、スペースバーが必要に応じてタッチパッドになるモダンモードが用意されています。モダンモードはタッチパッドのスペースの分だけ広いキーで使えます。

  • 仮想キーボードは画面のモダンモードとタッチパッドが同時に見えるクラシックモードが用意されています

  • クラシックモードキーボードの例。スペースバーとマウスパッドが両方表示されている一方、キートップの奥行きがやや短くなっています

  • E Inkキーボードは現在30言語に対応していますが、ユーザーカスタマイズ配置等は今のところ対応しないそうです

仮想キーと言っても入力したという事は音と振動、そしてキー画面がアニメーション表示することで認識できるほか、指の癖を自動的に学習する機能も付いています。

Lenovo Precisionペンは筆圧を4096段階で判断でき、紙に書いたようなペンの強弱や濃淡が表現できます。本体が薄すぎてペンを収納することはできませんが、液晶パネルの左右に磁石が入っているので、そこに止めておくことができます。

  • 背面。従来タイプの「時計のバンドのようなヒンジ」を使用しています。スタイラスペンは磁石でモニターの左右どちらでも止める事ができます

Yoga Book C930は11月上旬発売で市場想定価格は124,800円~となっています。なお、LTEモデルはWiFiモデルよりも遅れて販売を開始するということでした。

このほかのYoga製品も進化

Yoga C930は従来のYoga製品のグレードアップ版と言った感じです。今回はヒンジに改良を加え、ヒンジの中にツイータースピーカーを内蔵しています。画面は13.9インチ4KIPS液晶に加え、サウンドはDolby Atmos、表示はDolby VisionとDolby社の技術が入ったAV機能が魅力となっています。

  • Yoga C930。ヒンジ部にスピーカーを内蔵したサウンドバーヒンジを採用し、さらにDolby Atmosでいい音を追及。ディスプレイも4KIPSなので、オンライン動画再生に威力を発揮しそうです

  • サウンドバー近辺をドアップ。ツイータースピーカーが配置されており、ボディ内にウーファーが入っています

  • Yoga C930の分解写真。ウーファーがバッテリーで押さえられています。冷却ファンも左右別パーツで形も微妙に変えてあり、ThinkPad X1と同等のコダワリがみえます

この製品にもペンが同梱されていますが、このペンは本体にすっぽりと収納され、収納時に充電されるのでペンの実用性が高いのも特徴となっています。細かい所ではwebカメラにシャッターが付いており、スライドするだけで無効になります。

  • 背面のドアップ。中央左に見えるのが収納されているスタイラスペンで、ぴったり収まっている上、収納中は充電されているのですぐに使えます

  • 従来(左)はタブレットモードにすると段差が目立ってしまっていたのですが、どのモードでもいいデザインを目指し、C930のタブレットモードはエッジもスッキリまとまっています

Yoga C930は11月上旬発売で市場想定価格は店頭予想価格は税別179,800円前後から。となっています。

小型軽量と長時間利用はなかなか両立しないのですが、これを大きく変えたのがYoga C630です。バッテリ寿命が長いのはCPUにIntelやAMDのCPUではなく、スマホでおなじみのQualcommのSnapdragon 850を使っているからです。

  • デバイスマネージャーを開いてみました。たしかにCPUにSnapdragon 850の文字が見えます

日本のJEATA基準ではまだ測定されていませんが、最長25時間という「丸一日使える」バッテリ寿命と常にスタンバイというスマホライクな使い勝手が魅力です。一方、価格と発売時期はまだ未定で今年中の発売を予定しています(発売チャネルも現在検討中だそうです)。

  • Yoga C630はチップセットにQualcommのSnapdragon 850を使う事で最長25時間と驚きのバッテリライフを実現してます

以上の三製品はすべてアイアングレーのカラーのみとなります。この辺りを櫛田さんに尋ねたところ「色も個性的にしたかったが、販売店からのヒアリングの結果、無難なカラーになった」とのこと。個性的なカラーリングのPCが売れるというわけではないのもわかりますが、Web販売限定色に期待したいところです。

最後にYoga S730が紹介されました。Sはスリムを意味しており、一番厚い部分でも11.9mm。アルミを多用したスタイリッシュな製品となっており、この製品にもDolby Visionに対応するほか、左右3.62mm、上6.69mmと非常に薄いフチになっています。

  • Yoga S730は伝統的なクラムシェルデザインながら左右3.62mm、上部6.69mmと薄いベゼル、本体最厚部でも11.9mmと薄型モデルの製品です

バッテリーはCore i5モデルで12時間。Yoga C930は11月上旬発売で市場想定価格は139,800円~です。S730はプラチナカラーの提供となります。

また、今回の製品を含め、Yogaシリーズには水没や盗難紛失にも対応するアクシデント・ダメージ・プロテクション(ADP)が1年付属します。この辺もプレミアムモデルを意識した体制です。

  • YogaはLenovoのプレミアムモデルという扱いになったため、サポートも従来オプションだったADP一年となっています

  • 2018年秋冬のIdea製品群。すでに発表済ですが、一番左のIdeacentre AIO 730Sはweb販売を主体としており、展示はレアとのことです

「個性的タレント」キングコングの西野亮廣さんも登場

今回Yogaの個性的なイメージを持つタレントとして、お笑いだけでなく絵本作家としても知られるキングコングの西野亮廣さんがゲストとして登壇しました。

  • 個性派PCのゲストということで登場したのがキングコングの西野亮廣さん

絵本など複数のクリエイターと共同作業を行っている西野さん。移動中にスタッフに指示をすることも多く、これまで「絵を書いて」それをスタッフに送っていたといいます。

  • 実際にYoga Book C930を使って、イラストをサクサクと描いています

  • スクリーンに作成中の画面が出ていました。普段のスタッフへの連絡にも絵を使っているそうです

Yoga Book C930ならば、小型軽量で持ち運び安く、ペンで描いたものをそのまま送れるようになるとコメントしていました。ブランドコンセプトの「Differnt is betterはいい。果敢に挑戦していく姿に共感する」といい、個性派ブランドの登場に期待を寄せているようでした。

  • フォトセッション左から、執行役員常務の河島 良輔氏、キングコングの西野亮廣さん、コンシューマ事業部製品統括 部長の櫛田弘之氏

  • キングコングの西野亮廣さん。持っているYoga Book C930に先ほど書いたイラストが