PR

信濃湧水のウォーターサーバーの引っ越し手続き総まとめ!

メーカーで選ぶ
本ページはプロモーションが含まれています。

引っ越しが決まったんだけど、ウォーターサーバーの手続きってどうすればいいのだろう?とお悩みではございませんか?

電気や水道などさまざまな手続きの中、「そういえばこれってどうするんだろう?」と疑問に思うのがウォーターサーバーの手続きです。意外とその手順は知られていないですよね。

この記事では、信濃湧水の引っ越しについてまとめました。現在信濃湧水のウォーターサーバーを利用していて、今度引っ越しすることが決まったという方は、参考にしてください。

信濃湧水のウォーターサーバーは引っ越しできるの?

信濃湧水のウォーターサーバーの引っ越しは可能なのでしょうか?

引っ越し前後の居住地のエリアによって条件が変わってきますので、そのあたりを詳しく確認していきましょう。

信濃湧水のウォーターサーバーは引っ越しは可能

信濃湧水のウォーターサーバーは引っ越し可能です。

基本的には利用者自身で、もしくは、引っ越し業者に依頼してウォーターサーバーを移動できます。

そして、引っ越し前、引っ越し後の住所が共に関東地方を中心とした自社配送(トーエル配送)エリア内に入っていれば、サーバーの移動は依頼をすればトーエルが行ってくれます。

なお、現在の居住地が自社配送(トーエル配送)のエリア内で、新しい引っ越し先が自社配送のエリア外になってしまう場合には、現在使用中のサーバーはトーエルが回収してくれます。

そして後日、新居宛に宅配便でサーバーを届けてくれるというサービスがあります。数日間サーバーがない日があっても問題ないという方は、一度トーエルに相談してみましょう。トーエルに依頼してウォーターサーバーを移動しても料金はかかりません。

年数縛り(最低利用期間)の有無について

信濃湧水は、サーバー設置後1年以内に解約する場合のみ、サーバー1台につき10,000円(税抜)の解約金が発生します。

そのため、契約後1年未満で引っ越しする際に解約すると解約金が発生してしまいます。引っ越しを機に解約しても解約金は発生しません。

サーバー設置後1年以内の引っ越しだったとしても、引っ越し後も変わらず利用するのであればそのまま継続使用の扱いになります。

必要な引っ越し費用について

信濃湧水のウォーターサーバーは、引っ越しするにあたり発生する費用はありません。

自社配送(トーエル配送)エリア内同士の移動で、サーバーの移動をトーエルにお願いする場合も費用は無料です。

そしてエリア内からエリア外に引っ越すときに、トーエルにサーバーの回収を依頼し、後日新居に宅配便でサーバーを届けてもらう場合にも、配送料などは無料で行ってくれます。

信濃湧水のウォーターサーバーを引っ越す際の移設や梱包はどうなるの?

引っ越しで信濃湧水のウォーターサーバーを移設する際、水抜きや梱包など何をどこまで行ったらよいのでしょうか。

水抜きや梱包は利用者が行うのか?業者が行うのか?

信濃湧水のウォーターサーバーを引っ越す時には、サーバーを移動するのが利用者自身や引っ越し業者に依頼する場合は、利用者自身で水抜する必要がなります。トーエルに依頼して引っ越しする場合でも、水抜きは利用者自身で行わなければなりません。

ただし、梱包に関しては自社配送(トーエル配送)エリア内間の引っ越しでトーエルに依頼する場合は不要です。そしてエリア内からエリア外へ引っ越す際に、トーエルに回収を依頼する際も梱包は不要です。

利用者自身で引っ越し先まで移送する場合は、利用者自身で梱包する必要があります。

引っ越し後の環境にも注意が必要

ウォーターサーバーはどのエリアに住んでいるかによって、送料や利用できるお水など条件が異なる場合があります。

信濃湧水のウォーターサーバーでは、エリアによってどのような違いがあるのかを確認しておきましょう。

引っ越し後の地域で料金に違いが無いか確認する

信濃湧水のウォーターサーバーは、配送エリアが自社配送(トーエル配送)エリア内である場合、具体的には「関東(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県(一部除く)」の場合は、お水のボトルの配送料が無料ですが、2箱(4本)からの注文受付となります。

ですが、上記以外の本州エリアの場合、同じく送料無料ですが1箱(2本)からの注文受付となります。

本州以外の「北海道・九州・四国」エリアの場合には、配送のたびに1箱あたり配送料459円(税抜)が必要となり、1箱(2本)からの注文受付となります。なお、沖縄県・離島への配送はしていません。

ご自身の引っ越し先によって、配送可能な本数と配送料に変化がありますので、事前にどのエリアに該当するのかを確認しておきましょう。

他にもこんな違いに注意

信濃湧水のウォーターサーバーは、自社配送(トーエル配送)エリアと、それ以外の宅配便配送のエリアに分かれているのですが、自社配送エリア内でも地域によって配送スケジュールが決まっています。

たとえば、東京都内でも「足立区の場合は、配送日が火・土」「板橋区の場合は月・水・金」「渋谷区の場合は水・土」のように曜日が指定されているのです。

自社配送(トーエル配送)エリア外の宅配便配送エリアの場合には、宅配業者による宅配なので、お水のボトルの受け取りができなかった場合には「不在連絡票」がポストに投函されます。

そのため、各自再配達の依頼をすればまた再配達をしてくれるのですが、自社配送(トーエル配送)エリア内の場合には再配達の場合もある程度の曜日の指定がありますので、この点も注意しておきましょう。

ボトルを切らすことがないよう、前もって少し早めに注文する必要があるかもしれません。

詳細な配送スケジュールを知りたい場合にはこちらのページより確認することができますので、ご自身のお住まいの地域を選択して確認してみてください。

その他の信濃湧水ウォーターサーバー引っ越し時の注意点

信濃湧水のウォーターサーバーは、利用者自身(引っ越し業者を含む)で移設することが可能ですが、その際に気を付けるべき点を確認しておきます。

サーバー本体を傾けない様にする

信濃湧水のウォーターサーバを移動する際には、事前に水を空にする水抜きの作業が必要になります。

事前に水を抜いた状態で運ぶのですが、「ウォーターサーバーを傾けることなく、立った状態のまま運ぶ」ことが重要になります。

万が一、運び方が原因で故障してしまった場合には、「通常の使用範囲外の故障」とみなされて、修理代の実費負担が発生してしまう可能性もありますので、くれぐれも慎重に運ぶようにしましょう。

信濃湧水ウォーターサーバーの引っ越し手続きの手順

信濃湧水ウォーターサーバーの引っ越しの手続きの方法についてご紹介します。引っ越しが決まったらどのような手順で手続きを進めていくのかを事前に確認しておきましょう。

手順(1)引っ越しの連絡をする

引っ越しが決まったら、まずは専用コールセンターへ連絡しましょう。

(TEL:0120-15-7777)へ連絡し住所変更手続きや、トーエル回収について相談することをおすすめします。

専用の問合せページから手続きも可能となっています。

手順(2)引っ越し前・引っ越し後の住所を伝えて移設方法を決める

利用者の引っ越し前・引っ越し後の居住エリアによってサーバーの移動方法が変わります。

トーエルに移設を依頼するのか、自分たちで移動するのか、回収だけをトーエルに依頼して、後日宅配便でサーバーを配送してもらうのか、さまざまな選択肢が存在します。

専用コールセンターに電話し、手続きを行う場合は、配送方法についても相談しましょう。

手順(3)サーバー本体の移設を完了させる

手順1・2に従って、移設の方法が決まったら、その日程でサーバーの移動を行います。

自分たちで移動させる場合には慎重に丁寧に運びましょう。無事に移動ができたら、ウォーターサーバーの引っ越し完了です。

信濃湧水のウォーターサーバーから他社へ乗り換えるという選択肢もある

信濃湧水のウォーターサーバーの契約期間が1年以上経過している場合には、解約金が発生しない時期に入っているので、引っ越しを機にサーバーそのものを他社に乗り換えるという選択肢も出てきます。

もともと信濃湧水のウォーターサーバーに対して不満などがあった場合には、引っ越しを機会に見直してみるのもいいですね。

乗り換えを検討する場合、信濃湧水を利用していたときに不便だと感じていた点を解消してくれるウォーターサーバーを選びましょう。

最低利用本数が負担になっていた→アクアクララ

アクアクララ おすすめウォーターサーバー比較
あんしんサポート料 1,100~3,300円(税込)/月
水代 1,404円(税込)/12L
1,080円(税込)/7L
※1 2年割プラン適用の場合
解約手数料 6,600円〜11,000(税込)※2
※1 一部商品・地域のみ、宅配料がかかる場合あり
※2 ウォーターサーバー設置後、通常プランのお申込みで1年未満の退会の場合は、6,600円(税込)、2年割プランのお申込みで2年未満の退会の場合は、11,000円(税込)の途中解除料をお支払いいただきます。

信濃湧水のウォーターサーバーには「直近3カ月間の購入本数が2箱(4本)未満の場合、事務手数料月額800円(税抜)/台がかかる」という条件があります。

好きなタイミングで好きな本数を注文できる(エリアによって最低注文箱数の指定はある)とはいっても、実際には条件をクリアしないと事務手数料が発生してしまいます。

こんな点に不満をもっている方でしたら、注文ノルマもなく、配送料もかからないウォーターサーバーへの乗り換えがおすすめです。

例えばアクアクララというウォーターサーバーであれば、好きな時に好きな分だけ注文するというサービスなので、定期的に注文する必要がありません。

お水をあまり使わないという方や、毎月の利用本数に変動があるという方におすすめです。

使い放題が良い→ウォータースタンド

信濃湧水のウォーターサーバーの引っ越し手続き総まとめ!
初回金 なし※1
サーバーレンタル料 2,480円~7,980円(税抜)/月※2
水代 使用した水道代
配送料 なし
休止手数料 – ※3
解約手数料 10,000円(税抜)※4
※1 代理店対応エリアの一部では初期設置費用が別途有料になる場合あり
※2 通常プランの場合の料金。お得な「長得プラン」もあり
※3 設置から1年未満の利用休止(一時的利用停止)の場合、撤去費用10,000円(税抜)
※4 設置から1年未満の解約の場合、撤去費用10,000円(税抜)

信濃湧水のウォーターサーバーでは、真夏でも雪が残るという北アルプスの中でも、高い位置、標高1,220メートル「矢沢水源」を水源とした天然水を飲むことができます。

ミネラルをたっぷり含んだ大自然のおいしい天然水が飲めるのはとても嬉しいことですが、やはりコストはかかってしまいますよね。

おいしいお水をたっぷり飲みたい!でもコストはかけたくない!という方におすすめのサーバーがあります。

例えばウォータースタンドであれば「ボトルを配送する」というスタイルではなく、自宅の水道水を使って、それをおいしいお水に変えるタイプのウォーターサーバーです。

どれだけたくさんのお水を飲んでも、元をたどれば自宅の水道水。好きな時に好きなだけ飲めますし、なによりコストのことを考えずに使うことができます。

もしも乗り換えを検討するのであれば、もともと使っていたウォーターサーバを解約するときに発生する違約金や撤去費用を10,000円(ポイント還元)までサポートしてくれるというキャンペーンも行っています。
※キャンペーンは2021年2月時点の情報です。

信濃湧水のウォーターサーバーとの契約期間が1年未満で、解約金が発生するパターンだった場合でも、乗り換え先として選びやすいウォーターサーバーです。

信濃湧水のウォーターサーバーの引っ越し まとめ

信濃湧水のウォーターサーバーでは、大きな費用の負担がなく引っ越しできることがわかりましたね。

ウォーターサーバーを移設するのはなかなか手間のかかることです。トーエルに丸ごと依頼できる場合はまだいいですが、もしもご自身で運ばなくてはならないのであれば、引っ越しを機に他社のウォーターサーバーに乗り換えを検討する良いタイミングなのかもしれません。

他社に乗り換る場合は「新規入会キャンペーン」などでお水のボトルをプレゼントしてもらえるなどの特典がもらえるケースもあります。

一度使い始めたらなかなか切り替えるタイミングが難しいウォーターサーバー。引っ越しは新たなサーバーへの切り替えのチャンスかもしれません。

この記事を監修した人
水メガネ

大手企業で6年間ウォーターサーバーの営業を経験し、そこで得たお客様からのダイレクトな意見を活かして本当におすすめ出来るウォーターサーバーについての日々研究しています。これまでに複数のウォーターサーバーを自ら試した経験からニーズに合わせた最適なウォーターサーバーをご提案します。

水メガネをフォローする
PR
◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
メーカーで選ぶ
水メガネをフォローする
ウォーターサーバー比較
タイトルとURLをコピーしました