[PR]

ソーラーカーポートとは?メリット・デメリットやパネル設置費用相場を解説

ソーラーカーポート
本ページはプロモーションが含まれています。

電気代削減効果も期待できるソーラーパネルの設置場所として、自宅の車庫を検討しているものの「ソーラーカーポートって本当に節電になるの?」「設置費用って高いの?」など、疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。

ソーラーカーポートはデッドスペースの有効活用などメリットも多数ある一方で、気候状況や素材次第では設置が難しい場合もあります。

本記事では、ソーラーカーポートの種類や導入するメリット・デメリット、設置費用の相場導入に向いている人のタイプを解説します。導入費用の負担を抑える方法も紹介しますので、ソーラーカーポートの導入を検討中ならばぜひ参考にしてください。

\太陽光発電を検討するなら/
  • 太陽光発電に興味があるなら、まずはどれくらいの費用がかかるか調べるのがおすすめ!
  • 費用を調べるときは、必ず1社ではなく複数社から見積りをとって比較しよう!
  • 一括見積もりサイトを利用することで最大100万円も初期費用の節約が可能!

太陽光発電一括見積りサイト利用者が選んだおすすめサービスTOP3

紹介するランキングは、太陽光発電メーカーの利用者に向けておこなったアンケート結果を集計し、マイナビ編集部が独自のロジックで作成したものです。(クラウドワークス調べ 2021/11/18〜2021/12/1 回答者45人)
4位以下のサイトはこちらの記事で紹介しています。
太陽光発電一括見積もりサイトおすすめランキング5選!【2024年最新】口コミや注意点も紹介◆専門家監修
太陽光発電の一括見積もりサイトのおすすめランキングを紹介する記事です。優良業者からの見積もりが簡単に取得でき、実際の利用者の口コミやサイトの利用方法、注意点についても詳しく解説されています。太陽光発電の設置業者選びの際の参考に、ぜひご活用ください。

ソーラーカーポートとは

solar-carport

ソーラーカーポートとは、車庫の屋根に太陽光パネルや配線類を固定したものを指します。日中集めた太陽光を電気へ変換することができるため、自宅用の電力を補填したり、電気自動車へ充電したりして活用できます。

導入する場合は太陽光発電業者にも相談可能ですが、既存のカーポートに追加で設置する場合は破損の恐れなどもあるため、ソーラーカーポートに特化した専門業者に依頼するほうがよいでしょう。

参考文献:環境省「ソーラーカーポートとは」

ソーラーカーポートの種類は3つ

ソーラーカーポートには大きく分けて3種類の導入方法があります。一つずつの仕組みを見ていきましょう。

フラットなデザインの「太陽光発電一体型」

すでに太陽光パネルがデザインとして組み込まれているのが、太陽光発電一体型です。デザイン面と省スペース化が両立しており、あらかじめ太陽光パネルを設置することが前提となっているため、外観は平らな屋根でスマートな印象にまとまります。

一方でカーポート単体の商品と比べると、まだデザインの選択肢が少ないのが現状です。設置したい太陽光パネルメーカーが対応していないケースもあるため、収納したい車の台数や設置面積によっては選びづらい場合もあります

後付け可能な「太陽光発電搭載型」

既にあるカーポートに対し、ソーラーパネルと発電システムを架台を利用して後付け設置する方法です。太陽光発電一体型と比較すると、設置できるソーラーパネルのメーカーが広がり、住環境に合わせた商品を選ぶことができます。

ただし、カーポートの屋根へ使用されている素材によっては、そもそもソーラーパネルの設置に向いていない場合があります。ある程度の強度が求められるため、例えばポリカーボネートと呼ばれる素材でできた屋根には設置できません

希望サイズで設置できる「オーダーメイド」

設置環境に合わせてオーダーメイドできるタイプもあります。完全オーダーメイドとなるため、上記の太陽光発電一体型や太陽光発電搭載型と比較すると、さらに自由度の高いデザインや商品の選び方が可能となるでしょう。一方で、費用面では高くなる可能性が高いため、こだわりたい部分が明確な場合に選んだ方が良いといえます。

※以下に記載されたリンク先からの情報をもとに、制作・編集しております。
環境省:ソーラーカーポートの導入について

ソーラーカーポートの5つのメリット

solar-carport-merit

光の刺激で飛び出した電子をパネルの中に閉じ込め、一定の流れを作ることで電流を生み出すのが太陽光発電の仕組みです。発電量は時間や環境、設備によって異なりますが、ソーラーカーポートを設置した場合、次の5つのメリットが期待できます。

  • 電気代の節約になる
  • デッドスペースの活用が可能
  • 発電電力の売電収益がある
  • 導入費用の負担が少ない
  • 設置工事が簡単

実際にどのようなメリットなのか、詳しくみていきましょう。

電気代の節約になる

ソーラーパネルを設置することで、その発電容量に応じた電気代の節約効果が得られます。カーポートの面積と設置した太陽光発電システムの容量、その日の天候にもよりますが、太陽光発電によって得た電気を日中使用し、余った電気を蓄電池へ貯めて夜に使うこともできるためです。

例えば車2台を停められるカーポートに4.5kWのソーラーパネルを家の南向きに設置した場合、年間でおよそ4,774kWhの発電量が見込めます。一般家庭の年間消費電力は5,400kWhから5,650kWhとされるため、自宅の電気使用量の7割ほどを太陽光発電で補える可能性があるのです。太陽光発電は設置面積が広くなると発電量も増えるため、カーポートが広ければさらに多くの電気代を節約できるでしょう。

デッドスペースの活用が可能

デッドスペースとなっている屋根部分の敷地を有効活用できます。カーポートは通常、車庫や物置としての役目しか持ちませんが、ソーラーパネルを設置できれば、他にも次のような活用が行えます。

  • 災害時に非常用電源として利用できる
  • 電気自動車の充電を行える
  • 既存の太陽光発電システムの発電量を増加できる

既に屋根にソーラーパネルを設置している場合は、カーポートにも設置することで、今よりも多くの発電量を得られる可能性があります。デッドスペースの有効活用として、検討する価値があるでしょう。

発電電力の売電収入がある

太陽光発電により得られた電力のうち、余剰電力を電気会社へ販売することで、売電収益を得られるのもメリットです。国では、再生可能エネルギーの導入を進めるために、一定期間は同じ金額で電力会社が電気を買い取る固定価格買取制度(FIT制度)という制度を実施しています。例えば2021年度は住宅用の太陽光発電は1kWhあたり19円、事業用では1kWhあたり12円+税で買い取られています。

参考文献:経済産業省「固定価格買取制度(FIT制度)とは」

2台用のカーポートにソーラーパネルを設置した場合の売電収入は?

ここで2台用のカーポートにソーラーパネルを設置したと仮定して、年間の売電収入がどのくらいになるかを試算してみましょう。ソーラーパネルの1年間の発電量は8,000kWh、発電された電力のうち自宅で消費される電気量を1年間で1,500kWhと仮定します

電気代削減効果を計算する場合、式は次の通りです。

年間の自家消費電気量×売電単価=電気代削減額

日中の電気料金を1kWhあたり27円として、1年間でおよそ4万500円の電気代削減効果が期待されます。売電による利益を計算する場合、式は次の通りです。

(年間の発電量-年間の自家消費電気量)×売電単価=売電による利益

2021年の売電単価が1kWhあたり19円であるため、およそ12万3,500円の売電による収入を得られる可能性があります。

導入費用の負担が少ない

カーポート単体を導入する場合と比較して、ソーラーパネルを追加で導入する、あるいは最初から太陽光発電一体型のカーポートを建設することで、売電収益により将来的に導入費用の元を取れる可能性があります。2台用のソーラーカーポートを導入する場合、設置費用は約180万~240万円です。売電収益が毎年12万3,500円と仮定すると、約14~19年で元を回収できます。

電気代削減効果も含めて考えると、通常のカーポート単体で購入するよりも、お得に導入できる可能性があるといえるでしょう。

設置工事が簡単

ソーラーパネルを住居の屋根に設置する場合に比べると、カーポートは高さがなく、地上からでも作業をおこなうことができます。そのためソーラーパネルの設置工事が早く済みます。条件にもよりますが、基本的には1日ほどでソーラーパネルの設置が可能です。

ただし、設置前の確認や計画にある程度の時間がかかる可能性があります。例えば、ソーラーパネルとカーポートが一体型になっているソーラーカーポートを設置する場合は、時間がかかることがあります。カーポートを設置してよい土地か地盤調査をおこなったり、基礎工事をする必要があるためです。また、既存のカーポートにソーラーパネルを載せる場合は、カーポートの耐久性能が低いことも考えられるため、工事期間自体は短くても、準備に時間を要することがあります。

※以下に記載されたリンク先からの情報をもとに、制作・編集しております。
環境省:ソーラーカーポートの導入について

ソーラーカーポートの5つのデメリット

solar-carport-demerit

ソーラーカーポートは、通常の住宅屋根や更地に設置するよりも環境や設置場所によって発電量に大きく影響を受ける場合があります。導入によるデメリットもしっかり把握しておきましょう。

  • 期待した発電量にならない場合がある
  • 災害などで破損や劣化の恐れがある
  • 固定資産税がかかる場合がある
  • まとまった初期費用が必要になる
  • 設置に手間がかかる

ここではデメリットが生じる理由とその対策について解説します。

期待した発電量にならない場合がある

カーポートの位置によっては、1日のうち発電が行われない時間帯ができ、シミュレーションによって導き出された発電量が得られない可能性があります。これはカーポートの多くが、住宅よりも低い位置に屋根があるためです。積雪が多い地域や樹木が多い地域では、雪や木々の影によって発電量が下がる場合もあります。

効率よく発電をおこなうためには、現地調査が重要です。時間や季節によって、カーポートに影ができる時間帯やその影響を業者に確認してもらい、どのような向きが最も効率の良い発電量となるか見てもらいましょう。

災害などで破損や劣化の恐れがある

カーポートは基本的に、重たいパネルを載せた屋根を柱で支えているため、通常の住宅屋根や更地に設置するよりも脆いことが予測できます。降雪や台風が多い地域では特に破損や劣化の進行が早い可能性があるので、居住地の気候状況を十分に考慮したうえで導入を検討しましょう。

固定資産税がかかる場合がある

カーポートのタイプによっては固定資産税がかかり、売電収入によるメリットが薄れる場合があります。固定資産税の課税対象となるのは次のような場合です。

  • 地面に基礎が埋め込まれている
  • 3方向以上が壁で囲まれている
  • 屋根があり作業スペースや貯蔵スペースとして利用可能
  • 発電量が10kW以上

ただし、既にあるカーポートにソーラーパネルを載せる場合は、固定資産税の対象とはなりません。新しくソーラーカーポートを設置する場合には、上記の条件に当てはまらないものを建設することで対策が可能です。

まとまった初期費用が必要になる

最終的に売電収入で元が取れるとしても、初期費用の用意は必須です。必要となる費用には、次のような内容が挙げられます。

  • ソーラーパネルの費用
  • 架台の費用
  • 設置にかかる工事費用

ソーラーローンと呼ばれる太陽光発電システム導入のためのローンもありますが、その場合は毎月返済額が発生します。あらかじめ予算を決めてから業者に見積もりをしてもらいましょう。

設置に手間がかかる

ソーラーカーポートを新たに導入する場合、カーポートは「建築物」に当たるため、自治体窓口に建築確認申請を提出する必要があります。提出を怠ると違法建築物とされ、撤去されてしまう可能性もあります。

カーポートごと新しく設置を検討する場合には、そのような書類提出の手間がかかることも覚えておきましょう。

※以下に記載されたリンク先からの情報をもとに、制作・編集しております。
環境省:ソーラーカーポートの導入について

【専門家の回答!】太陽光と比較するとソーラーカーポートのデメリットは多い

ソーラーカーポート-デメリット-専門家-解説

編集部
編集部

太陽光と比較した場合のソーラーカーポートのデメリットは?

髙島さん
髙島さん

太陽光と比べるとソーラーカーポートのデメリットは多いです。

 

まず、費用感としてカーポートを設置する費用が掛かってくるためコスパが悪いです。

他にも、影の影響を受けやすい、固定資産税を払わなきゃいけない、自家消費量が30%以上なければいけないなど太陽光と比較するとデメリットが多いです。

 

しかし、簡単に発電量を増やせるといったメリットもあります。

 

ソーラーカーポートの設置が向いている人

solar-carport

ソーラーカーポートを設置するのがおすすめな人は、次のタイプに当てはまる人です。

  • 住宅の屋根にソーラーパネルを設置したくない人
  • 住宅の屋根にソーラーパネルを設置している人
  • 電気自動車を所有している人

それぞれの理由を解説します。

住宅の屋根にソーラーパネルを設置したくない人

ソーラーパネルをカーポートに設置することで、次のようなデメリットを回避できます。

  • ソーラーパネルを屋根に設置することで住宅の外観が悪くなる
  • 屋根の場合は設置方向に隣家があり影響が心配
  • 屋根の形状が複雑でメンテナンス作業に手間がかかる

特に住宅の外観を重視する場合、カーポートへのソーラーパネルであれば、工事の際に屋根や壁に傷をつけるリスクを減らせます。デザイン面から屋根にソーラーパネルを設置したくないという人にも、カーポートへのソーラーパネルの設置はおすすめです。

住宅の屋根にソーラーパネルを設置している人

既に住宅の屋根にソーラーパネルを設置している場合、カーポートにも載せることで発電量が増加し、より多くの電気代節約につながります。発電量が増え、10kW以上の出力が得られるようになれば、余った電気代を売る余剰売電ではなく、発電したすべての電気を売却できる全量売電)のもメリットです。ただし全量売電は契約時に選択する必要があるため、不可能となる場合もあります

しかし、全量売電を利用できない場合でも、カーポートの発電量を合算して10kW以上になれば、FIT制度における買取期間が20年まで延長されます。注意したいのは、買い取り価格自体は増設した年度の価格になってしまうことです。10kWを超えた方がお得なのかをシミュレーションすることをおすすめします。

電気自動車を所有している人

電気自動車用のEVコンセントをカーポートへ増設することで、電気自動車への充電も可能になります。ガソリンの代わりに充電が必要な電気自動車は、急速充電を行うことでバッテリー自体が劣化してしまう、充電を待つ時間が必要などのデメリットがあります。しかしカーポートにEVコンセントがあれば、ソーラーパネルによって発電された電力も利用できるのです。

また、太陽光発電を利用することで、電気自動車が使用する電気そのものも環境に配慮したエネルギーを使うことになります。ただし、追加でEVコンセントを設置する費用は必要となるため、初期費用やその後のメンテナンス費用も加味して検討してみるとよいでしょう。

ソーラーカーポート設置にかかる価格相場

solar-carport-cost

ソーラーカーポートを設置する場合、費用の目安は駐車したい車の台数と設置するソーラーパネルのkW数、工事費用など条件によって異なります。

以下の表は、ソーラーパネル一体型のカーポートと後から搭載するもの2タイプに対し、2台用と3台用、4台用の費用相場をまとめたものです。

タイプ 2台用 3台用 4台用
ソーラーパネル一体タイプ 約180万円~240万円 約250万円~約300万円 約300万円~380万円
ソーラーパネル搭載タイプ(後から設置) 約200万円~230万円 約270万円~約300万円 約400万円~約460万円

注意したいのは、道が狭い、設置場所が急斜面といった理由から設置時に追加費用が必要となるケースもある点です。ソーラーパネルそのものの費用以外にも、工事費用を含めたトータルコストをよく確認しておくとよいでしょう。

ソーラーパネル設置費用の負担を減らす方法

solar-carport-cost-idea

将来的なメリットは大きくても、ソーラーパネルをカーポートへ設置するには初期費用として100万円以上必要です。しかし負担を減らす方法もあります。ここでは次の5つの負担を減らす方法について詳しく解説します。

  • ソーラーローンを利用する
  • 補助金を活用する
  • 屋根貸しをする
  • 電気購入契約(ソーラーPPA)をする
  • 複数の業者に見積もりを出してもらう

ソーラーローンを利用する

簡単に言えば太陽光発電システムを導入する際に利用できるローンのことです。通常の住宅ローンなどと同じく、審査に通過する必要はありますが、金利も1.8%から3.5%と低く、個人でも融資を受けやすくなっています。ソーラーローンを活用することで、費用面での負担を軽くしつつ、太陽光発電システムを導入できるでしょう。

ただし、デメリットもあるのは事実です。ソーラーローンのメリットとデメリットについて、表にまとめました。

メリット デメリット
  • 返済期間が10年から15年と長く設定できる
  • 頭金なしでも借り入れられる
  • 太陽光発電システム自体を担保とできるため保証料がかからない
  • 金利の状況次第で返済額が変わる
  • 施設トラブルで支払いが滞るリスクがある

ソーラーローンを借りる際に注目したいのが金利です。そもそも金利とは、お金を借りた人が貸した人に対し支払う手数料のことをいいます。つまり、ソーラーローンの金利が低いほど、ソーラーローンを扱う金融機関へ支払う手数料が安くなり、負担を軽くすることに繋がるのです。

注意したいのは、金利には固定金利と変動金利の2通りがあることです。固定金利は毎年の金利に変化はありませんが、変動金利の場合は一定期間が経過するごとに金利が変わります。そのため、将来的に当初と支払額が変わる可能性も加味し、ソーラーローンを借りる先を選ぶことが大切です。

ソーラーローンについては、以下の記事で詳しく解説しています。

太陽光発電ローン(ソーラーローン)について詳しく知りたい方はこちら
太陽光発電ローン(ソーラーローン)の金利について詳しく知りたい方はこちら

補助金・助成金を活用する

ソーラーパネルやソーラーカーポートの費用に対し利用できる補助金・助成金制度を設けている自治体がありますただし現状はソーラーカーポートの導入に対する補助金・助成金は法人・事業者向けばかりで、個人向けのものはありません。

なお、自治体の補助金・助成金制度については、都道府県がおこなうもの市区町村単位でおこなうものの大きく2種類に分けられます。年度途中であっても変更や新たな制度が追加になるなど日々更新されているので、居住地の市区町村だけでなく都道府県の事業も、随時調べてみるとよいでしょう。

太陽光発電の補助金・助成金制度については、以下の記事で詳しく紹介しています。

東京都の太陽光発電・蓄電池の補助金の最新情報(2023年度)について詳しく知りたい方はこちら
太陽光発電と蓄電池の補助金最新情報(2023年度)について詳しく知りたい方はこちら

屋根貸しをする

屋根貸しとは、カーポートの屋根を太陽光発電の設置業者へ貸し出し、利用料を受け取るという方法です。メリットとして、次の3つが挙げられます。

  • 業者が設置するため初期費用0円
  • メンテナンス・修理費用は業者負担
  • 利用料で定期収入が得られる

これらの点から、屋根貸しは費用面とメンテナンス面でのメリットが大きいといえます。ただし、屋根貸しができるのは10kWh以上の発電設備が設置できることが求められるため、ある程度の広さが必要です。契約条件によっては、発電した電気を家主が使えないこともあるため、設置しても電気代の節約にならない可能性も考慮して選ぶとよいでしょう。

電気購入契約(ソーラーPPA)をする

電力販売会社に対し、電気の使用量を支払う代わりに、太陽光発電を無償設置してもらう方法です。まず電力販売会社は銀行や投資家より、資金を調達します。その資金を通じて契約を結んだ人の敷地にソーラーパネルを設置し、発電された電気を電力会社に対して売却した利益は電力販売会社が得るという仕組みとなっています。

メリットは、一定期間は売電による利益は得られないものの、将来的に太陽光発電システムを0円で導入できることです。契約中であればメンテナンス料もかからず、万が一停電が起きた際には自家発電設備として利用できます。

デメリットは、契約完了までは太陽光発電システムによる電気代の節約や売電による利益を得られないことです。電気購入契約(ソーラーPPA)によって実質0円で将来的に導入できるとはいっても、契約が完了するまで10年からそれ以上の期間がかかります。利用する際は、カーポートに太陽光発電システムを設置する目的に、電気購入契約(ソーラーPPA)が合っているかどうか、よく検討しましょう。

参考文献:環境省「PPAについて」

複数の業者に見積もりを出してもらう

ソーラーカーポートやソーラーパネル設置業者同士を比較することで、より費用が安く、求めるサービスを提供してくれる業者を探すことができます。複数の業者に見積もりを出してもらうことで、費用の比較だけでなく、設置にあたってのアイデアやアドバイスなど、情報収集にも活用できるでしょう。

対応している業者を探すのが難しいこともあるため、見積もりを依頼する際は一括見積もりサービスを利用することをおすすめします。決して初期費用が安くないからこそ、納得のいく見積もりやプランを提案してくれる業者を探しましょう。

太陽光発電一括見積もりなら「ソーラーパートナーズ」がおすすめ

太陽光発電や蓄電池の設置で、希望に合う施工業者を効率よく探すなら、太陽光発電・蓄電池の一括見積もりが便利です。

中立的な立場から、あなたの状況に合うおすすめの施工業者を紹介し、契約までサポートしてくれます。

特に編集部がおすすめしたいサービスが「ソーラーパートナーズ」です。

なぜおすすめなのか、理由をまとめています。

  • 数ある太陽光発電一括見積サイトの中で4年連続No.1の実績
  • 下請けに流さず自社で工事する業者のみを比較できる
  • テレビ出演多数、書籍も出版するアドバイザーが在籍しているので安心

無料一括見積もりはこちら

まとめ

solar-carport-summary

ソーラーパネルをカーポートに設置するのに向いている方は、住宅の屋根にソーラーパネルを設置したくない人や、住宅の屋根にソーラーパネルを設置している人、電気自動車を所有している人です。デッドスペースを有効活用しつつ、太陽光発電による電気代削減効果や売電による初期費用の回収を、効率よく進めていけるでしょう。

また、ソーラーパネルをカーポートに設置する場合、初期費用は駐車したい車の台数と設置するソーラーパネルのkW数、工事費用などにより、200万円から300万円以上と幅があります。

ソーラーローンや補助金制度の活用、屋根貸し、電気購入契約(ソーラーPPA)など、さまざまな初期費用の負担を軽くする手段もあるため、複数の業者から見積もりを貰ったうえで検討を進めてみましょう。

\太陽光発電を検討するなら/
  • 太陽光発電に興味があるなら、まずはどれくらいの費用がかかるか調べるのがおすすめ!
  • 費用を調べるときは、必ず1社ではなく複数社から見積りをとって比較しよう!
  • 一括見積もりサイトを利用することで最大100万円も初期費用の節約が可能!

太陽光発電一括見積りサイト利用者が選んだおすすめサービスTOP3

紹介するランキングは、太陽光発電メーカーの利用者に向けておこなったアンケート結果を集計し、マイナビ編集部が独自のロジックで作成したものです。(クラウドワークス調べ 2021/11/18〜2021/12/1 回答者45人)
4位以下のサイトはこちらの記事で紹介しています。
太陽光発電一括見積もりサイトおすすめランキング5選!【2024年最新】口コミや注意点も紹介◆専門家監修
太陽光発電の一括見積もりサイトのおすすめランキングを紹介する記事です。優良業者からの見積もりが簡単に取得でき、実際の利用者の口コミやサイトの利用方法、注意点についても詳しく解説されています。太陽光発電の設置業者選びの際の参考に、ぜひご活用ください。

監修者情報

本記事の監修者
比連崎 実/Webマーケター
大学院卒業後、システムエンジニアを経てマスコミ業界に勤務。約8年間、関東や東海、近畿地方のテレビ局で気象キャスターを経験。現在はWebマーケターとして、住宅会社を中心としたコンサル業務にあたる。Instagramを活用した集客を得意としており、「家を売るためのInstagramマーケティング」などのセミナーにも多数登壇。
本記事の監修者 
株式会社EX-World 代表取締役     髙島 岳彦 
太陽光や蓄電池等の専門家。2017年より某外資系パネルメーカーに所属し年間1000件以上の太陽光を販売しトップセールスを記録。これまでの知見を活かしたYouTubeが業界NO,1の再生数を誇り、2021年に開業。現在は一般の方向けに自社で販売〜工事を請け負う。Youtubeチャンネルはこちら

※「マイナビニュース太陽光発電」は以下に記載されたリンク先からの情報をもとに、制作・編集しております。
https://www.kankyo.metro.tokyo.lg.jp/index.html
https://kodomo-ecosumai.mlit.go.jp/
https://www.city.katsushika.lg.jp/kurashi/1000062/1023018/1030818.html
https://www.meti.go.jp/shingikai/santeii/pdf/20220204_1.pdf


◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
タイトルとURLをコピーしました