酷似サイトにご注意ください
PR

【秋田県】で急いでいる人のための安心できる蛇口交換業者5選

2023.03.15
2023.06.15
◆本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

秋田県にお住いで、急な蛇口のトラブルにお困りの方はいらっしゃいませんか。早急に業者に修理を依頼して応急処置を施すと、トラブルによる被害を最小限に抑えることができます。業者の選定には時間がかかるものですが、本記事では信頼できる蛇口修理業者を複数ご紹介しているので、選定の時間を省略することができます。トラブルの内容によっては蛇口の交換が必要になりますが、いずれの業者も蛇口交換にも対応できる業者ですので、安心してご依頼ください。

秋田県 蛇口の修理交換業者

秋田県 内の水道屋さん

目次  [閉じる]
寺田 有志
監修者

水道設備業者 水道水栓設備主任

寺田 有志 (株式会社プログレス)

株式会社プログレス 入社平成23年5月 暮らしの中で必要なレスキューサービスを提供する株式会社プログレスにて水道水栓設備主任を担当。水回り業務に7年従事し、累計2000件以上の水道水栓関連のトラブルを解決。多くのお客様に信頼される「水道水栓」のスペシャリスト。

続きを読む

秋田県 の蛇口修理業者ピックアップ

業者名 公式サイト 料金 水道局指定 緊急駆けつけ 定休日 受付時間
水の生活救急車
水の生活救急車イメージ
作業料金8,800円~ 最短30分 なし(年中無休) 8:00〜22:00、22:00〜8:00(自動音声)
ほんま設備
ほんま設備イメージ
記載なし 記載なし 日曜日 8:00-18:00
生活水道センター
生活水道センターイメージ
\WEB割引アリ/
5,000円~ 最短15分 年中無休 24時間

秋田県 の信頼できるおすすめ蛇口修理業者・水道屋さん

水の生活救急車

  • ●到着時間 最短30分
  • ●受付時間 8:00〜22:00、22:00〜8:00(自動音声)
  • ●定休日 なし(年中無休)
  • ●料金 作業料金8,800円~
●運営実績 施工対応数240万件以上

詳細は公式HPでご確認ください

おすすめ理由

水の生活救急車は電話一本でスピード駆けつけをおこなう水道修理業者です。拠点数は全国2,300以上あるため、最短5分で作業員を手配して一番近い拠点から駆けつけてくれます。

TBSやフジテレビのTV取材も多数受けており、生活救急車での施工実績は40万件以上あるので、知名度や企業実績も問題なく安心できる業者です。業者選びに迷うときは一度相見積もりをしてみてはいかがでしょうか。

20:00~7:59分までの駆けつけには夜間早朝料金の時間外料金が発生する点だけご注意ください。出張料、見積もり料、キャンセル料は無料なので、まずは公式サイトをのぞいてお電話してみることをおすすめします。

ほんま設備イメージ 引用元: ほんま設備
  • ●到着時間 記載なし
  • ●受付時間 8:00-18:00
  • ●定休日 日曜日
  • ●料金 記載なし
●運営実績 記載なし

詳細は公式HPでご確認ください

おすすめ理由

ほんま設備は、秋田市および秋田市周辺地域にて水道設備修理から住宅配管工事・軽微なリフォーム工事全般を手掛けております。営業時間は8:00~18:00で、日曜日が定休日となっております。ご相談は電話、問い合わせフォームより受付けております。

修理の際に発生する出張交通費は、依頼内容とお住まいのエリアによって異なります。秋田市内と周辺であれば依頼内容にかかわらず無料ですが、それ以外の方は料金が発生することがあります。HPに分かりやすい図と説明が掲載されているのでご確認ください。調査・見積もり費用無料なので、その時に直接確認していただいても構いません。

生活水道センター

  • ●到着時間 最短15分
  • ●受付時間 24時間
  • ●定休日 年中無休
  • ●料金 5,000円~
●運営実績 年間実績50,000件

詳細は公式HPでご確認ください

おすすめ理由

生活水道センターは、25年以上の営業年数を持つ実績豊富な水道屋さんです。生活水道センターも、「水道局指定工事店」の認定を受けています。

生活水道センターは日本全国でサービスを展開しており幅広い地域でのサポートに対応しています。

電話受付は年中無休・24時間体制で対応していますので、トラブルの際にはいつでも相談が可能です。

ただし、実際に修理に出動してくれるのは朝8時から夜9時までなので、そこは注意が必要でしょう(担当者がいる場合は夜9時以降も対応可能)。

生活水道センターの料金体系は非常に明瞭で、どの作業でも基本料金は一律5,000円から対応しています。また、生活水道センターは「早割り」というサービスを提供しており、一週間前に作業の事前予約をすることで、14%の値引きを受けられます。それゆえ、緊急性の薄いトラブルの場合には、この早割り制度を利用すると非常にお得です。

生活水道センターはクレジットカード支払いができるほか、TSUTAYAのTポイントカードに対応しているのも大きな特徴です。

クラシアンイメージ 引用元: クラシアン
  • ●到着時間 最短30分
  • ●受付時間 24時間
  • ●定休日 年中無休
  • ●料金 作業料金8,800円〜+事務手数料
●運営実績 依頼件数194万件以上(2023年累計)

詳細は公式HPでご確認ください

おすすめ理由

クラシアンはTVCMを放送しており、その知名度の高さは信頼できるポイントですよね。

業界問わず、多くの企業も利用しており、そういった点でも間違いなく悪質な業者ではありません。

作業にかかる金額自体は他の業者とそれほど変わらず、残念ながら割引等もありませんが、2回目以降は10%OFFで修理·交換を行ってくれます。

支払い方法も豊富ですし、他の業者同様、見積費用や出張費、キャンセル料がかかりませんので、こちらも見積もりに利用するのがよいでしょう。

給排水設備イメージ 引用元: 給排水設備
  • ●到着時間
  • ●受付時間 8:00~20:00
  • ●定休日 年中無休
  • ●料金 3,000円~
●運営実績

詳細は公式HPでご確認ください

おすすめ理由

給排水設備は、全国の水回りトラブルの対応や水回り設備のリフォームサービスを提供している業者です。各都道府県によって対応エリアが異りますが、HPをご覧いただくと詳細な対応エリアを知ることができます。

営業時間は8:00~20:00、年中無休です。お問い合わせは電話の他に問い合わせフォームもあるので、営業時間外のトラブルをなるべく早く解決してほしいという方にもおすすめです。

作業料金は材料代+工賃の明快料金となっており、3,000円から修理を依頼できます。見積もりは無料なので、相談も兼ねて利用できる業者です。

蛇口のメンテナンス方法

蛇口は半永久的に使えるものではないです。年数が経てば劣化します。劣化したままでは水漏れなどのトラブルが発生しやすいです。少しでも長く使うためには、定期的に蛇口のメンテナンスを行いましょう。

具体的には、部品の手入れや消耗品の交換です。ここでは、蛇口のメンテナンス方法について詳しく解説します。

ナットを閉める

毎日使っている徐々に部品が緩んでしまうことがあります。部品の中でもナットが緩むことによって水漏れが発生することがあります。水漏れ被害を出さないためにも、定期的にナットを閉めましょう。

まずは、モンキーレンチを準備します。モンキーレンチでナットを挟んで閉めます。ここで締めすぎには注意です。あまりきつく締めすぎると、蛇口が壊れる危険性があります。

消耗品のパッキンを交換

蛇口の部品は消耗品です。蛇口内部にあるパッキンが劣化すると水漏れを起こしやすいです。劣化してしまう前に新しいものと交換すれば、水漏れ被害にあうことが無いでしょう。

ハンドルタイプの蛇口の場合モンキーレンチやドライバーなどの工具を使用してハンドルを取り出します。ハンドルの下にカバーナットがあり、その下にパッキンがあるので、交換します。

シングルレバーの場合には、トライバーでねじを外しレバーを引き抜き、レバーの下の部品を取り出しパッキンを交換。

カートリッジも消耗品です。消耗してしまう前に取り換えるのがおすすめです。カートリッジもパッキンと同じく蛇口内部にあります。パッキン交換の時と同じく使う工具はモンキーレンチやドライバーです。ハンドルタイプの場合には、ハンドルを取り外したその下にカートリッジがあります。

シングルレバーの場合は、レバーの下です。パッキンを交換する時一緒にカートリッジも交換すると、二度手間にならないです。

メンテナンスに必要な工具

メンテナンスではボルトを外したり閉めたりします。その際に必要なものがモンキーレンチです。上アゴと下アゴのサイズを自由に変えられるので、どんな大きさのボルトでも開けたり閉めたりできます。

カートリッジやパッキンを取り出す際にあると便利なのが、ピンセットです。細かいパーツは手でつかもうとしても難しい場合があります。ピンセットならどんなに細かいものでは簡単につかめます。100円ショップに行けばさまざまなタイプのピンセットを購入可能です。

精密ドライバーも準備しておきましょう。精密ドライバーがあれば通常のドライバーでは回せないような小さなねじも回せることができます。

関連記事:蛇口交換で使う工具を解説!家にある工具で自分で交換する方法

蛇口トラブルの際にやっておくべき応急処置方法

蛇口から水漏れなどのトラブルが発生した場合、自分で修理するか業者に連絡する必要があります。どちらの方法で修理するにしても、最低限やっておくべき応急処置方法があります。蛇口トラブルの際にやっておくべき、具体的な応急処置の方法についてご紹介します。

止水栓を閉める

蛇口から水漏れが起こった場合は、まず止水栓を閉めましょう。止水栓が見つからないときは、水道の元栓を閉めてください。止水栓の設置場所は、トイレ、キッチン、浴室、洗面所の付近にあるのが一般的です。

水道の元栓は、戸建ての場合は庭にあるのが一般的です。マンションの場合は、玄関ドア横の給湯器が入っている扉の中にがあるのが一般的です。止水栓や水道の元栓を閉めても、水道管に溜まっていた水が、少しの間だけ漏れてくることがあります。

栓を閉めてからしばらくの間は水漏れしている箇所に、タオルや雑巾を巻いて水漏れをキャッチしましょう。バケツや桶を下に置いておくとより安心です。

賃貸の場合は管理会社や大家さんに連絡する

賃貸に住んでいる場合は、水漏れを発見したらまず管理会社または大家さんへ連絡をしましょう。自分で解決しようとして無理すると、さらに事態が悪化する恐れがあり危険です。

安易に考えてと放置しておくのも、カビや結露の発生の原因になるので避けてください。逆に突然天井から水がぽたぽた落ちてきたなど、他の部屋からの水漏れの被害の場合も、発見したら管理会社や大家さんへ連絡をしましょう。

水漏れの発見が夜間などで、管理会社へ連絡がつながらない場合は、自分で水道業者へ修理を依頼しましょう。

水漏れ放置のリスク

蛇口から少しだけポタポタと水が漏れている程度なら、そのまま放置しておいても大丈夫だと安易に考える人もいるかもしれません。

しかし、水漏れを修理せずに放置することはさまざまなリスクがあります。水漏れを何時間も何日も放置しておくと、かなりの水量になり水道料金が高くなります。

蛇口からの水漏れは減免制度が利用できないので、早めに対処してください。パッキンなどの部品の劣化が原因である水漏れを放置すると、部品の劣化が進み水漏れが悪化していきます。

水漏れが悪化すると、蛇口をどれだけ強く閉めても部品の劣化による隙間ができるので水は止まりません。蛇口を強く閉めるという行為は、蛇口本体を傷めてしまう恐れがあります。蛇口本体を傷めてしまうと、蛇口ごと交換しなければならなくなる恐れがあります。

水漏れの勢いが増していく前に、自分で解決しようとせず、早めに業者に修理依頼しましょう。

関連記事:蛇口からポタポタ水漏れ!自分で応急処置してから修理する方法

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

※記事内で紹介した水道業者様は編集部が独自にリサーチを行い、料金や口コミ等、様々な情報を基に
順位付けをしております。

PR
◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
水まわりのレスキューガイドがおすすめ! 蛇口の交換修理業者
蛇口のお役立ちコラム
タイトルとURLをコピーしました