六本木炉端や、飲食店ネット予約・顧客管理システム「TableSolution」を採用 [事例]

[2017/09/20 09:00] ブックマーク ブックマーク

  • ソリューション
  • ● 関連キーワード
  • 導入事例

ソリューション

VESPERは9月20日、オンサイド・インターナショナルが運営する飲食店「六本木炉端や」が、VESPERの越境飲食店ネット予約・顧客管理システム「TableSolution(テーブルソリューション)」を採用したと発表した。

TableSolutionは、レストランの予約管理・顧客管理機能と、インターネット予約ページを提供する総合管理システム。予約ページからのアクセスに対して予約台帳と連動し、最新の空席状況に応じて予約を受け付けることができるほか、グルメサイトからの予約の自動取込機能や電話自動応答機能などを備え、12カ国語に対応する。

TableSolutionの利用イメージ

飲食業界において、予約の無断キャンセル・ドタキャンが課題視される昨今、六本木炉端やでも1カ月間で最高100名以上の無断キャンセルが発生するなど、深刻な問題となっていた。

そこで、従来紙の台帳で行っていた予約管理をインターネット上で予約・顧客管理を行うTableSolutionへと切り替え、同システムの基本機能であるキャンセルプロテクションの利用を開始した。

キャンセルプロテクションは、インターネット予約の際に利用できるクレジットカード・オンライン決済機能。予約時にクレジットカード情報の入力を必須にすることで、無断キャンセル時のキャンセル料の請求が可能となる。また、店舗側の設定によって予約時にコースメニューなどの事前決済を行うこともできる。

六本木炉端やでは、現在、5名以上の予約の無断キャンセルにはキャンセル料を設定しており、繁忙期となる年末年始については、1名の予約から対象にする予定だという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

ANAセールス、旅行商品の価格作成業務に「Red Hat JBoss BRMS」を採用 [事例]

ANAセールス、旅行商品の価格作成業務に「Red Hat JBoss BRMS」を採用 [事例]

レッドハットは9月12日、ANAセールスがビジネスルール管理システム「Red Hat JBoss BRMS」を採用したと発表した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る