「Windows 10ミニTips」は各回の作成時点で最新のWindows 10環境を使用しています。

OneDriveの資格情報を更新する

先日の記事を執筆する際、OneDrive/OneDrive for Businessにおける同期の競合に関する調べたところ、OneDriveの資格情報が原因で発生するケースがあるという。

実際にファイル名が競合している場合を除いても、長いファイル名やフォルダー名、深いフォルダー構造、つまり“パスが長い”ケースや、OneDrive/OneDrive for Businessクライアントのキャッシュなどバグが理由のケースでも競合が発生することがある。前者はファイル名やフォルダー構造をシンプルにすることで競合を回避できるが、後者はクライアントのバグ修正を待たなければならない。だが、資格情報が原因の場合は対処可能だ。

  • 「Win」+「R」キーを押して「ファイル名を指定して実行」を起動し、テキストボックスに「control.exe /name Microsoft.CredentialManager」と入力して「OK」ボタンをクリック/タップする

  • 「Windows資格情報」→「OneDrive Cached Credential」もしくは「OneDrive Cached Credential Business」→「削除」→「はい」ボタンと順にクリック/タップする

OneDrive/OneDrive for Businessの資格情報は「汎用資格情報」に格納しているが、この情報を上記手順で強制更新することで、意図しない同期の競合を回避することが可能だ。当然ながら、OneDrive/OneDrive for Businessクライアントの再起動が必要となる。

  • 通知領域のOneDrive/OneDrive for Businessアイコン→「その他」→「OneDriveを閉じる」→「OneDriveを終了する」と順にクリック/タップする

  • 「Win」+「S」キーを押すなどして検索を起動して、テキストボックスに「OneDrive」と入力後、検索結果の「OneDrive」をクリック/タップする

  • OneDrive/OneDrive for Businessのフォルダーが開くと同時に、再サインインをうながされるので、「OK」ボタンをクリック/タップする

  • MicrosoftアカウントもしくはAzure ADアカウントへのサインインのパスワードを入力して、「サインイン」ボタンをクリック/タップする

本手順はMicrosoftのサポート情報にも記載されているが、同社は「問題が解決しない場合は、OneDrive/OneDrive for Businessをアンインストールし、再インストール」する旨を推奨している。OneDrive / OneDrive for Businessで意図しない同期の競合が発生した場合はお試しいただきたい。

著者 : 阿久津良和(あくつよしかず)

1972年生まれのITライター。PC総合誌やDOS/V専門誌、Windows専門誌など、各PC雑誌の編集部員を経たのちに独立。WindowsとLinuxをこよなく愛しつつ、PC関連の著書を多数手がける。近年はBtoCにとどまらず、BtoBソリューションの取材やインタビューが主戦場。休肝日を設けず日々飲み続けてきたが、γ-GTP値が急激に増加し、早急な対応を求められている。ご連絡は以下のサイト内設置したフォームからお願いいたします。
https://www.cactus.ne.jp/