「Windows 10ミニTips」は各回の作成時点で最新のWindows 10環境を使用しています。

Windows Defenderの除外リストに追加

先日Windows 10を「回復」でリセットしてから、とあるトラブルに悩まされていた。テキストファイルに関連付けたアプリ(秀丸)が起動するまで、数秒を要することがある。常に発生するのであればトラブルシューティングも簡単だが、発生条件が不明確なのだ。

エクスプローラーのトラブルは多様な原因で発生するため、Windowsのトラブルシューティングツール集「Sysinternals」のAutorunsでシェル拡張を確認したものの関連しそうなものは見当たらず。続けてProcess Monitorで動作を可視化してみたところ、MsMpEng.exe(Microsoft Malware Protection Engine)が「%APPDATA%\Microsoft\Windows\Recent」フォルダーに生成したリンクファイルのチェックを行っていた。

  • Process MonitorでMsMpEng.exeの動作を確認

そこで思いついたのがWindows Defenderウイルス対策がおよぼす悪影響(MsMpEng.exeは、Windows DefenderやSecurity EssentialsなどWindowsのセキュリティ機能で使われるプロセス)。スキャン機能が過剰に働いていると仮定して対処したところ、ようやくトラブルを回避できた。

  • 通知領域の「Windowsセキュリティ」をクリック/タップする

  • 「ウイルスと脅威の防止」をクリック/タップする

  • 「ウイルスと脅威の防止の設定」に並んだ「設定の管理」をクリック/タップする

  • 「除外」に並んだ「除外の追加または削除」をクリック/タップする

  • 「除外の追加」→「ファイル」と順にクリック/タップする

  • お使いの環境に合わせて関連付けたアプリの実行ファイル(画面の例ではメモ帳を使用)を選択し、「開く」ボタンをクリック/タップする

  • これで指定したアプリがスキャン除外対象に加わる。実行ファイルが明らかに安全である場合にトライしてみて欲しい

前述のとおりエクスプローラーのトラブルは多岐にわたる。筆者の環境では本操作でトラブルを回避できたが、必ずしも読者諸氏の環境で解決するとは限らない。だが、似たトラブルに遭遇した場合、試してみる価値はあるだろう。

著者 : 阿久津良和(あくつよしかず)

1972年生まれのITライター。PC総合誌やDOS/V専門誌、Windows専門誌など、各PC雑誌の編集部員を経たのちに独立。WindowsとLinuxをこよなく愛しつつ、PC関連の著書を多数手がける。近年はBtoCにとどまらず、BtoBソリューションの取材やインタビューが主戦場。休肝日を設けず日々飲み続けてきたが、γ-GTP値が急激に増加し、早急な対応を求められている。ご連絡は以下のサイト内設置したフォームからお願いいたします。
https://www.cactus.ne.jp/